カナヲ 未来。 【鬼滅の刃】花の呼吸 栗花落カナヲの強さ、過去などについてのまとめ

栗花落カナヲ「カナヲちゃんの未来の髪型について妄想するなどした 」

カナヲ 未来

おしながき• 禰豆子 まさかの、禰豆子が伊之助を助けるという展開。 こんなに一瞬で、炭治郎と伊之助の間に入れるとは少し驚きです。 前回までは、誰も禰豆子の存在に気づいていなかったので、ただの少女にしては動きが速すぎる。 もしかしたら禰豆子もまだ、鬼の影響が残っているのかも。 禰豆子が人間に戻ったのは、ほんの少し前のことです。 完全に鬼になるのに時間が掛かるのなら、完全に人間に戻るのにも、時間がまだ掛かっているということなのかも。 そこで気になったのが、炭治郎が禰豆子に噛みついているということ。 それに炭治郎は、爪でも禰豆子をひっかいています。 これでもし、炭治郎の攻撃に鬼の血が混ざっているのだとするなら。 もしかしたら禰豆子が再度鬼化、爆血を使えるようになる展開も… というのも、今回の最後でカナヲが薬を投与して、おそらく炭治郎と無惨との、精神世界での戦いのようなものが描かれる…はず。 そこで思いつくのが、最後は禰豆子の訴えかけや爆血により、炭治郎が完全に自我を取り戻すという展開。 これはそのための布石、なんてことがあったりなかったり。 それにしてもこの禰豆子の「どうして一生懸命生きてる優しい人達が、いつもいつも踏みつけにされるのかなあ」という言葉。 この言葉にはワニ先生の人生観が出ており、こういった状況を目の当たりにしてきたんだろうなというのが、よくわかります。 暴走 禰豆子の必死の訴えも、今の炭治郎には届かず。 正確には届いてはいるので、禰豆子を殺さないのだとは思いますが。 善逸も思わず飛び出し、禰豆子・善逸・伊之助の三人で、必死に炭治郎を止めようとしています。 伊之助が刀ではなくずっと殴り続けているのには、シリアスな場面ですが少し和む。 しかしそんなことで和んでいる暇もなく、炭治郎のターン。 もうすでに炭治郎は、術のようなものを身につけてしまっているようです。 無惨と同じく衝撃波のようなもので、善逸と伊之助をふっとばし、次のページでは、背中から骨と触手のようなものが出現。 この姿を見て、みなさん色々なキャラを想像したことでしょう。 私はちょっとマイナーなところで、ナルトの君麻呂を想像しました。 骨を使うといえば、私の中では君麻呂です。 そして、その後のエネルギー弾のような攻撃は、こちらもナルトの尾獣玉。 威力は地面を砕くほどで、これはまともに食らえば即死級の攻撃でしょう。 禰豆子が攻撃を邪魔したことで、軌道をそらすことはできたようですが、禰豆子の手は血まみれに… 尾獣玉と炭治郎の口との間に、禰豆子は手を差し入れたはずなのですが、尾獣玉を飛ばす衝撃波の影響を受けてしまったようです。 この禰豆子の手の血についてですが、これこそが、後の爆血を使う時に… これは、どうしても爆血をもう一度見たいという、私の願望です。 義勇 義勇について、今回の感想はただ一言。 タフすぎる義勇さん。 他の柱と同様ここまで戦い続け、同じくらいのダメージを負っているにも関わらず、義勇だけはまだ、呼吸を連発できるというタフさ。 同じ様に傷を負った実弥は重症、悲鳴嶼さん・小芭内・蜜璃は死亡濃厚といった状態です。 この状態で動けている義勇は、本当にすごい。 それほどまでに、炭治郎を止めないとマズイという、意思が強いということなのでしょう。 最後の柱が、ここで倒れるわけにはいかないと。 これは結構怖いところで、義勇はもう動かないはずの体を、無理やり酷使しているようにも思えます。 戦いが終わった時この反動が、一気にきてしまうような… 嫌な予感がします。 分析 今回の義勇の分析。 まずは、炭治郎が禰豆子を噛んだことで、血の味を覚えてしまったということについて。 鬼は一回血の味を覚えてしまうと、もう後には引けないということでしょうか。 思えば禰豆子は、炭治郎以外一度も人間を襲っていませんし、血の味を知ることはありませんでした。 もしも知っていたら禰豆子も、後には引けない状態になっていたのかも。 そして今回、炭治郎はそれを知ってしまった。 コミックス1巻で禰豆子を見た義勇が「鬼に変わる時もかなり体力を消耗する」と言っていました。 そして飢餓状態になっているため、人を襲いやすいと。 まさしく今の炭治郎もそうで、飢餓状態にあるのかもしれません。 人を殺す前に、なんとか炭治郎を殺さなければ。 義勇の必死さが伝わってきます。 そしてその後の「何故炭治郎は禰豆子を殺さないのか」という義勇の違和感について。 血の味を覚えてしまった飢餓状態の炭治郎が、どうして目の前の食い物を喰ってしまわないのか。 炭治郎は今抗っている。 義勇はそう感じています。 炭治郎を殺せないにしても、自我を取り戻すことができれば。 義勇もなんとか自分で、炭治郎に自我を取り戻させたいと考えているようですが、今は戦う以外に方法がないといった様子。 でもこれって、炭治郎が自我を取り戻す展開になるという、伏線的なものなのかも? 今週の最後で、人間に戻る薬を打ち込まれるものの、自我を取り戻さなければ人間には戻れないとか、そういった展開もありそう。 珠世としのぶの薬の違いも、ここら辺が関係してきそう。 愈史郎 「愈史郎はいつも、そのとき読者が欲しくてやまない言葉を、かけてくださる鬼だった」 このフレーズとても好き。 これはコミックス16巻で、お館様について悲鳴嶼さんが言った言葉を、少しいじったものです。 それはさておき、愈史郎は今回「俺にはもうできることがない」と言っていました。 私は、そんなことはないと思っています。 愈史郎にはまだ役目があります。 それは、目の見えなくなったカナヲに、炭治郎の顔を見せてあげるということ。 今回カナヲは「彼岸朱眼」を使ってしまい、あたかも自分が失明してしまうような発言をしています。 使用時間的に、失明を免れる可能性はまだありますが、もしもカナヲが失明してしまったら… 二度と炭治郎の顔が見れなくなってしまう。 いや、今はカナヲの命すら危ない状態。 失明と死がセットで、きてしまう可能性がある… そんなとき、せめて最後に炭治郎の顔を見たいと、愈史郎の札を使用する場面が、有るような無いような… そうだとしたら、カナヲを日陰に連れていき、愈史郎の札をつけて… 哀しくなってきますね。 カナヲとしのぶ カナヲが非常に心配。 最初からかなりフラフラしていますし、どう見ても軽傷者ではありません。 私はカナヲが、もっと元気なのかなと思っていました。 しかしこの状態では、非常に心配になってしまいます。 そしてなんとまた、しのぶの薬が登場してくるとは。 禰豆子が人間に戻らなかったときに、使うはずだった薬。 これは藤の花から作られているようで、珠世の薬とは少し違うようです。 この薬については、別の記事で詳しくやりたいと思います。 そして回想の最後。 しのぶが、珠世のことを人と呼び、最後は仲良くなれているような関係性が見えた。 このシーンはとても感動的でした。 ずっとしのぶは、鬼と仲良くしたいカナエの想いと、鬼を許せないという自身の想いとの間で、葛藤をし続けてきました。 それは最後の最後まで続いていたのですが、ここで珠世を人と認めるあたり、最後に少しは気が晴れたのかも。 これは余談ですが、コミックス15巻でしのぶが苛立っていたのも、珠世と研究をしなければならないためだったのですね。 今さらながらそれに気づきました。 彼岸朱眼 カナヲの目が残されたのは、このためだった。 好きな人である炭治郎を、人間に戻すため。 カナヲが炭治郎を好きだという描写はまだありませんが、私はそのように感じました。 しかし、それはちょっと違うと思うのです。 カナヲの残された目は、未来を見るための目。 好きな人を見るための目。 そうであってほしい。 カナヲが彼岸朱眼を使ってから、そんなに時間は経っていないと思うので、これは完全に失明をしていないと信じるしかありません。 カナヲは炭治郎に薬を投与した際に、炭治郎の攻撃を受け、その場に倒れこんでいます。 これが無事でいられるかどうか。 そこも気になるところ。 私は今まで、カナヲが犠牲になると考えていました。 でもよく考えたら、それでは炭治郎が人を殺したことになってしまいます。 なので多分大丈夫…なはず。 人を殺せば地獄、鬼になっただけなら天国。 そういった設定も見え始めているので、炭治郎は人を殺さないはず。 なのでカナヲも死なない。 そう信じましょう。 最後 炭治郎がカナヲに薬を投与された時、炭治郎の精神世界のような様子が描かれています。 炭治郎が無惨の細胞のようなものに、縛り付けられているような、そんな感じに見えます。 ここにいる炭治郎は、精神世界にいる本物の炭治郎。 どういうわけか、左目もまだ治っていません。 これは、赤ん坊の無惨に取り込まれたままの状態、ということですよね。 炭治郎はあの時のまま、無惨の細胞によって精神世界に閉じ込められてしまった。 そんな感じでしょうか。 カナヲのことをカナヲちゃんと呼ぶ、カワイイ禰豆子はひとまず置いといて、最後に炭治郎が「ドクン」と鼓動を打っているので、次週は炭治郎に何かがあるはず。 考えられるのは、また奴が現れるということですが… 次号の予想もまた、追って記事にしていきたいと思います。 まとめ的なもの 次号で炭治郎に何かが起きるということは、ほぼ間違いないでしょう。 しかし、これですんなり人間に戻って終わりとは、今までの流れからして考えにくいところです。 またまた読めない展開となりそうですが、色々妄想して楽しみたいと思います。

次の

【鬼滅の刃考察】栗花落カナヲがついに死亡?能力強さやヤバい過去まとめ【花の呼吸】【つゆりかなお】

カナヲ 未来

花の呼吸 花の呼吸は日の呼吸から派生した五つの呼吸のうちの一つ、水の呼吸から派生した呼吸法。 花の呼吸の使い手は胡蝶カナエと栗花落カナヲのみ判明しています。 胡蝶カナエは十二鬼月・上弦ノ弍・童磨に殺され花の呼吸の使い手はカナヲただ1人 妹の胡蝶しのぶは花の呼吸をさらに自分独自にアレンジして蟲の呼吸を生み出しています。 すべての型に花の名前が付いているのが特徴です。 花の呼吸 壱ノ型 不明 花の呼吸 弍ノ型 御影梅(みかげうめ) 自分の周り全方位に乱撃を放つ技。 この技で童磨の血鬼術を防ぎ切りました。 花の呼吸 参ノ型 不明 花の呼吸 肆ノ型 紅花衣(べにはなごろも) ただの斬撃ではなくねじれたような特殊な斬撃を放つ技。 型の名前のように斬撃が衣のようにも見えます。 花の呼吸 伍ノ型 徒の芍薬(あだのしゃくやく) 一瞬のうちに九連撃を叩き込む高速の剣技。 斬撃の軌跡が芍薬の花のようにも見えます。 童磨に対して使用しました。 花の呼吸 陸ノ型 渦桃(うずもも) 体を大きく捻りながら相手に切り込む技。 童磨の攻撃をかわしながら渦桃を繰り出しており体幹が強いと童磨は関心していました。 花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼(ひがんしゅがん) 栗花落カナヲの最終奥義 もともと優れていた動体視力をさらに極限まで高めたもので周りの景色がスローモーションに見えるというメリットがある反面、眼球にかかる圧力が凄まじいため強膜が血で赤く染まり、失明のリスクもある諸刃の剣です。 この技で童磨の血鬼術をくぐり抜け伊之助の手助けもあり上弦ノ弍である童磨を討ち取りました。 ただし右目がほぼ見えなくなった模様。 栗花落カナヲの他の能力 栗花落カナヲは目 同期である炭治郎は鼻、善逸は耳、伊之助は触覚、弦弥は味覚、 と最終選抜を生き抜いた5人はそれぞれ五感のうちの一つが優れています。 目 ずば抜けた動体視力を有しているカナヲ。 両親からの虐待を受けており 動きをよくみていないと殴られた際、必死に目で追っていたそう。 そのため動体視力がずば抜けています。 花の呼吸と組み合わせることにより終ノ型 彼岸朱眼を生み出しておりこの諸刃の剣の技を用いて上弦ノ弐である童磨を倒しています。 【鬼滅の刃】花の呼吸 カナヲが強い! まとめ 栗花落カナヲは幼少の頃の虐待で凄まじい動体視力を手に入れ、そのおかげで上弦の鬼の動きをも見切ることができています。 童磨いわく胡蝶しのぶよりもその嗣子であるカナヲの方が強いかもしれないのだそうです。 栗花落カナヲはいちど彼岸朱眼を使用し右目がほぼ見えていない状態、左目も怪しいといった感じなのでもしかしたら前線での戦いはもう無理かもしれないですね。 ただ師の思いを受け継ぎ童磨を討ち取ることができたのでカナヲはもう十分勉を果たしたと言えるでしょう。

次の

【鬼滅の刃】花の呼吸 栗花落カナヲの強さ、過去などについてのまとめ

カナヲ 未来

(鬼滅の刃2巻 吾峠呼世晴/集英社) そこで今回ドル漫では 「栗花落カナヲ(つゆりかなお)」の正体と能力強さをフルカラー画像付きで徹底的に考察していこうと思います。 栗花落カナヲは主人公・竈門炭治郎たちと共に、実は序盤から登場してた重要キャラ。 これまでの意外と知られてない過去や性格、栗花落カナヲの「悲しき結末」も考察してます。 『鬼滅の刃』最終盤の展開も含まれてるのでネタバレ注意です。 栗花落カナヲとは胡蝶しのぶの継子 まずは栗花落カナヲの正体をおさらい。 栗花落カナヲとは 蟲柱・胡蝶しのぶの「継子(つぐこ)」。 名前の 読み方は「つゆりかなお」。 誕生日は5月19日。 年齢は16歳。 出身地は東京府本所区(現在の墨田区向島)。 身長は156cm。 体重は46キロ。 声優CVは上田麗奈。 栗花落カナヲはとにかく戦闘の素質があり、女性でありながら竈門炭治郎と比べても反射神経や身体能力で群を抜く。 そのため胡蝶しのぶから絶対的な信頼を置かれてる鬼殺隊の隊員。 日輪刀の色は桃色。 カナヲのは「花の呼吸(詳細は後述)」。 (鬼滅の刃7巻 吾峠呼世晴/集英社) この「好きな男の子」とは、後にカナヲが出会う竈門炭治郎のこと。 「人の心が原動力だから。 心はどこまでも強くなれる」と天真爛漫に手をぎゅっと握られると、栗花落カナヲは炭治郎に恋心を芽生える。 まさに伏線の匂いもプンプンですが、答え合わせは最後に後述。 残念ながら、胡蝶姉妹は上弦の2・童磨によって殺されてしまう。 数年前に花柱(?)だった胡蝶カナエは偶然相見えた時に倒され、無限城で姉の恨みを晴らさんとした胡蝶しのぶも返り討ちに合う。 それでも胡蝶しのぶは全身を毒状態と化して食われることで童磨を弱らせ、栗花落カナヲが最後はとどめを刺した。 胡蝶しのぶからは「カナヲが頸を切ってとどめを刺して」と頼み込まれるなど、栗花落カナヲがいかに信頼されていたかが分かります。 それ故に、栗花落カナヲのショックはひとしお。 姉・胡蝶カナエが死亡した時はまだ過去の経緯を引きずっていた、素直に涙を流すことはできなかった。 妹・胡蝶しのぶに責められることはなかったが、だからこそ余計に辛かった。 何もできなかった自らの無力さに自責の念が募るばかり。 (鬼滅の刃163話 吾峠呼世晴/集英社) そこで栗花落カナヲはようやく初めて「大粒の涙」を流した。 胡蝶姉妹の髪飾りを抱きしめながら思い描く光景は、胡蝶姉妹が「天国で両親と笑顔で仲良く暮らす姿」。 両親も鬼に殺されており、本当に胡蝶一家は安息の日々を送っているのかも。 女子は自信を持てない人が多い模様。 栗花落カナヲに対して「共感」を抱く鬼滅の刃読者は多いのかも知れない。 栗花落カナヲの強さは胡蝶超え? ちなみに、 カナヲの名前は姉・胡蝶カナエが命名したとされます。 どちらかというと栗花落カナヲは姉・カナエの方が親密度はやや高かったか。 でも考えてみると、竈門炭治郎に出会うまで意思表示できなかったカナヲが鬼殺隊に入ったのか? 実は、栗花落カナヲが 鬼殺隊に入った理由は「人間として不器用すぎた」から。 栗花落カナヲは家事などができなかったため、胡蝶姉妹に貢献するために「修羅の道」を歩んだ。 天性の身体能力も手伝って、見様見真似で姉・カナエの花の呼吸(後述)を体得。 もちろん究極の指示待ち人間だった栗花落カナヲですが、カナエが殺されたことなども手伝って無意識的に「鬼を倒す」という目的に向かっていたそう。 鬼殺隊に入るための選別試験も、実は胡蝶しのぶに黙っての参加でした。 人の役に立つためには戦う方法以外になかった。 そこで続いては栗花落カナヲの強さを考察。 (鬼滅の刃162話 吾峠呼世晴/集英社) 続いては花の呼吸・ 終ノ型「彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」。 大量の血液を眼球に集中させることで、動体視力を極限まで引き上げる技。 それ故に眼球が真っ赤に染まる。 ただでさえ動体視力に優れる栗花落カナヲにとって、ブーストされた動体視力は周囲の動きは極端に鈍く止まって見える。 しかしながら、終ノ型「彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」は眼球に対するダメージは凄まじく、失明してしまう可能性が高い。 童磨戦では短時間の使用でしたが、栗花落カナヲは片目だけ失明してしまう。 まさに「終わりの最終型」。 栗花落カナヲの名言一覧 続いては「栗花落カナヲの名言」を考察。 当初はロボットのような性格でしたが、後に師匠・胡蝶しのぶの割とキツい性格を継承したのが毒舌も吐きます。 やはり女性だけあって観察眼や洞察力に優れる模様。 (鬼滅の刃157話 吾峠呼世晴/集英社) 童磨を追い詰めるように出た名言が「 貴方、何のために生まれてきたの?」。 既にネット上では「ねぇ今どんな気持ち?」並に、相手を煽る際に使用されることも多い模様。 具体的には「貴方には嬉しいことも楽しいことも苦しいこともつらいことも、本当は空っぽでなにもないのに滑稽だね。 ふふっ」という前段のセリフがあるわけですが、カナヲの指摘が図星だったため、直後に童磨も初めてブチ切れるのが笑います。 ただ栗花落カナヲは炭治郎との出会いで「凍った心」が溶けた。 童磨も炭治郎のような優しい人間と出会ってれば、もしかすると何かが変わった可能性もありそうです。 栗花落カナヲと童磨はある意味、対照的だけど同じだったのかも知れない。 【死亡】最期は炭治郎に殺されてしまう? 最後は「栗花落カナヲの現在」を考察。 ここからは完全にネタバレ注意です。 前述のように上弦の2・童磨に最終的にとどめを刺した後、栗花落カナヲもに嘴平伊之助と共に参戦。 珠世が開発した透明化の血鬼術を使って鬼舞辻無惨を翻弄するものの、最強のやたちと共に返り討ちに合ってしまう。 それでも最終的に鬼舞辻無惨に太陽の光を浴びさせて倒す。 しかしながら、無惨は最後のあがきで自身の細胞と血液を全て竈門炭治郎に注ぎ込む。 結果、日の呼吸を体得した竈門炭治郎は太陽の光を克服した「最強の鬼」と化してしまう。 (鬼滅の刃202話 吾峠呼世晴/集英社) まだ鬼化して間もない段階であれば炭治郎の攻撃をかい潜れると考えた栗花落カナヲは、花の呼吸・終の型「彼岸朱眼」を最期に発動。 そして、炭治郎の背中に鬼を人間に戻す薬をぶっ刺すことに成功した。 涙を流した瞬間にはきっと死を覚悟してたに違いない。 でもカナヲが最期に残した言葉は「炭治郎だめだよ。 禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ」。 栗花落カナヲは炭治郎が好きだったはずなのに、あくまで炭治郎の未来だけ気にかけていた。 伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の最期と違って、まだ年齢が幼かったせいか不憫な最期でした。

次の