マンモス 展 福岡。 マンモス展(福岡)の混雑状況は?口コミ感想やチケット・グッズ情報も

11/23(土)~2/24(月・振休) マンモス展 その「生命」は蘇るのか[開催終了]

マンモス 展 福岡

まず、僕も拝見したんですけど、ユカギルマンモスの頭部、圧巻でした。 あれは学者の人たちから見て、どれだけレアなものなんでしょうか?。 〈近藤先生〉最近は、マンモスハンターの人たちが(高く売れる)牙だけを持って行ってしまうんです。 だから、マンモスで牙と頭部がそろって残っている標本というのは最近では非常に貴重なんです。 また、冷凍標本として出てくるマンモスは当時川で流されたりした子供のマンモスがほとんどなんですが、あのユカギルマンモスは50歳くらいの大人のマンモス。 完璧な状態で様々な情報が詰まった冷凍標本は、非常に珍しいです。 耳の大きさであったり、そこにある穴の大きさやそれが開いているか閉じているか、ということからも得られる情報はありますし、CTスキャンで脳の大きさも想定できます。 今のゾウとの違いを見ることによって、どこが進化して、逆にどこが変わらず残っているのかも判ってきます。 本当にいろいろなことが分かってくるんですね。 話は少し変わるんですが、僕はギャートルズ世代で、マンモスを見ているとマンモスの肉っておいしいのかな、という疑問がでてくるんですが、実際のところどうなんでしょう。 〈近藤先生〉冷凍マンモスを実際に食べた人がいるんですよ、日本人で。 戦時中にシベリアに抑留されていた人たちは、マンモスの肉のほかに食べるものがなかったようです。 本来食べるものではないんでしょうね。 〈いとうさん〉僕らがマンモス展の視察でサハ共和国にいったときに、現地で会った人が、マンモスを見つけたときにあんまりにも新鮮だったから、思わず食べたって言ってたよ。 美味しくなかったって。 ギャートルズが食べてたのは焼いたマンモスだったんじゃないかな。 あとは、野菜を食べられない地域に住むイヌイットの人たちが、ミネラル摂取のために、マンモスの内臓を食べていたという話もあります。 現地のひとたちはそれを美味しく召し上がっていたようですが、急に日本人が同じ状況でマンモスを食べるとなっても、まず匂いから受け付けられないんですね。 プロデューサーの田中さんが現地の料理を受け付けられなかった話と同じですね。 〈いとうさん〉ほかの国の人が納豆を食べられないのと同じだろうね。 そんなマンモス展ですが、お二人からみて、ほかの展覧会と「ここは違う!」という部分があれば教えてください。 〈いとうさん〉僕はこの展覧会のストーリーを作る部分に関わったんですが、この展覧会は「過去」にも触れられるし、「現在」の温暖化の話もかかわっているし、「未来」にこのマンモスを蘇らせようとしている科学者も紹介されている。 こんなに様々なテーマをもった展覧会って実はないんですよ。 あれだけ貴重な標本があるから、冷凍標本をみせて完結、となってしまいそうなところを、近畿大学の研究を取り上げて、どれくらい現在の科学が進歩していて、どこまで倫理的に許されるべきなのか、という問題にまで突っ込んでいる。 こういった未来に投げかけるテーマをもつことによって、この展覧会は時が何万年にも及んでいる。 そういったスケールの大きさもこの展覧会の特徴のひとつ。 今回のマンモスがでてきたというのも、地球温暖化が影響しているんですよね。 そういった切り口のテーマも設定されている。 自分も、この展覧会をみた後に、いろいろな感情がでてきました。 〈いとうさん〉そうなんだよ。 切ない展覧会でもあるんだよ。 最近は日本も地震や台風なんかで災害というもがますます身近なものになってきている。 そういう意味では他人ごとではない、私たちの生活にも関係のあるテーマを取り扱っているんだよ。 そういう展覧会にしたかったし、そういった気持ちが伝わっている実感もある。 福岡でも展覧会を見た後に「見たぞー!」というテンションの高い感想を持つ人よりは、じーと何かを考えて帰っていく人達の方が目立ちます。 僕もそうなりました。 〈いとうさん〉いい反応!そうなってほしかったんだよね。 扱いやすさだけはぼく負けませんから。 先生にとっての、この展覧会の、ほかの人が気づいていなそうな、一押しポイントは何でしょう? 〈近藤先生〉ケサイですね。 サイの骨格標本。 正直あまり印象に残っていなかったです。 〈近藤先生〉あれはね、古生物学者からすると本当に素晴らしいものなんですよ。 あのケサイについている角は、世界2本しか見つかってない非常に貴重なものなんです。 それがまた全身骨格として見られる。 凄いことです。 必ず一緒にいる。 マンモスの周りにはこのケサイがいたり、バイソンがいたり、ハイエナがいたり、これらの動物が群がる中にマンモスは存在していた。 こういったような「マンモス動物群」というマンモスをトップにおいた生態系の全体を見てほしい。 こう考えると、マンモスだけではなく、ケサイを含むほかの動物たちを復活させることも考えなければいけなくなる。 〈いとうさん〉すごい。 復活動物園じゃないですか(笑) 〈近藤先生〉そうなんです。 ロシアでは実際にそういった壮大な実験も現在進行形でとり組まれているんです。 そう考えると、本当に何回来ても違った楽しみ方ができる展覧会になっているんですね。 〈いとうさん〉今回の仕事を引き受けるにあたって、ちゃんと現場を見ていないと(お客さんに)見抜かれると思ったんですよ。 そうしてスタッフみんなで実際に現地の風土なんかも感じることで初めて、展覧会のビジュアルなんかも見えてきた。 やっぱり現地で見て、触れると全く得るものが変わってくる。 展覧会も同じで、記事などで情報を見聞きするだけではなく、実際に会場に足を運んで、自分の目で見て触って、感じてほしい。 〈近藤先生〉本当に命がけですよ。 トークでも話をしたけど、サハ共和国に行く途中、なんの予告もなく、よく知らない空港に着陸してしばらく足止めをくらったんんだよね。 その時なんて、隣のロシア人が泣いてたからね。 あの時はほんとに死を覚悟しましたよ(笑) 〈いとうさん〉そうそう。 着いたら着いたで馬小屋みたいなところに暫く滞在させられるしね。 〈いとうさん〉そういうことなんだよ。 うまいこと言えるようになったじゃない。 コンピューターの中で生物というものが成り立つようになってくる。 ヴァーチャルのマンモスがPCの中で生きてくる世界。 それを現実の中に持っていく、という世界になって来るが、そうなるとますます倫理的な面を考える必要がでてくるんですね。 科学者の考え方と、それを社会がどのようなコンセンサスを持って受け入れて、人類の平和と発展に寄与できるのかという問題が新たに出てくる。 実はそういったコンセンサスはまだ形成されていないんです。 研究や技術だけがどんどん先を行っているけれど、まだその部分が成熟していないんですよ。 もっと地球全体で問題提起や議論を発展させていく必要がありますね。 マンモス展というのはそこについて、皆さんに問いかけているんです。 それでは最後にいとうさん、マンモス展を何を見て感じてほしいか、教えてください。 〈いとうさん〉本当に、いろんな要素が万華鏡みたいに詰まっている展覧会なんです。 だから、どれに反応するかはあなた次第なんです。 でもただ、一つ言えるのは、今まで九州に上陸したことない古生物たちが、本当に昨日まで生きていたんじゃないかと思うような状態で、福岡市科学館に展示されています。 これを見たら、とにかく何か感じるはずだと、皆さんに強く訴えたいです。 ありがとうございました!.

次の

特別展 マンモス展 ~その「生命」は蘇るのか~【福岡市科学館】ついに福岡上陸!奇跡の発見を体験しよう!【2月24日まで会期延長】

マンモス 展 福岡

季刊誌8号のオリジナル絵本「マンモスのしっぽ」の世界に沿って展開される、様々なプログラムに参加しながら、マンモスや当時の環境について学ぶことができるよ。 子どもから大人まで楽しく学べる約30のプログラムを開催。 季刊誌8号掲載のオリジナル絵本「マンモスのしっぽ」を読んで楽しもう。 絵本のストーリーから生まれたテーマに合わせて展開するプログラムに参加しよう。 下部に表示されるプログラム一覧から各プログラムの詳細ページでご確認ください。 スタンプラリーに参加しよう。 プログラムに参加してスタンプを集めた方には、オリジナルグッズをプレゼント。 詳細は季刊誌をご覧ください。 クイズラリーについては をご覧ください。 詳細はをご覧ください。 開催場所 福岡市科学館 館内各所 料金 プログラムにより異なります。

次の

名古屋市科学館で「マンモス展 ~その「生命」の過去と未来~」開催|ナイスタイム(NICE TIME)

マンモス 展 福岡

当日 団体 大人 1,800円 1,600円 中人(小学生〜18歳) 1,400円 1,300円 小人(4歳〜小学生) 900円 800円 ちなみに、団体は8人から! 前売り券の販売は終了してるよ。 未来館近隣にも駐車場がありますのでご利用下さい。 チケット購入待ち時間は約20分です。 会場内はスムーズにご覧いただけます! 本日の閉館時間は17:00 最終入場16:30 です。 休館日は火曜日。 2019年6月7日(金)~11月4日(月・祝) 福岡・名古屋・大阪は? HPには、 福岡・名古屋・大阪にて巡回展開催! とだけ書いてあって、詳しくは書いてない・・・ しかし、チケットぴあには、福岡の展示情報が! 開催期間:2019年11月23日 土・祝 〜2020年2月23日 日 場所: チケット発売日:2019年7月6日 土 10:00から販売開始 注意: この情報は、チケットぴあから得たものだけど、公式HPには載っておらず、今後変わる可能性があるので、注意して下さい。 名古屋と大阪の開催日を予想してみたよ! まず、 東京:2019年6月〜11月(5ヶ月間) 福岡:2020年11月〜2020年2月(3ヶ月間) だとすると、この調子で行くと、 名古屋:2020年3月〜6月(3ヶ月間) 大阪:2020年7月〜10月(3ヶ月間) くらいかな。 予想ね!正確な情報じゃないからね!! アクセスは? 最寄り駅はこんな感じ! 東京国際クルーズターミナル駅(旧船の科学館駅)徒歩5分 東京テレポート駅 徒歩15分 ご飯を食べてから行くなら、絶対東京テレポートで降りるべし! 近くにダイバシティっていう大きなショッピングモールがあるから、 そこでご飯を食べて、日本科学未来館に向かうのがおすすめ! 東京国際クルーズターミナル駅には、周りになにもない。 All rights reserved. マンモス目的で来るなら、別にいらなかったかなぁって感じ。

次の