ほうれん草 弁当 レシピ。 ほうれん草レシピ!つくれぽ1000越だけ【24選】殿堂入り人気1位は?簡単!おすすめ!

お弁当にぴったり!冷めてもおいしい【ほうれん草】のおかずレシピ8選

ほうれん草 弁当 レシピ

茹でず手軽に「ほうれん草カニカママヨサラダ」 ホウレン草は鉄分豊富な食材です。 貧血の時にオススメです。 ホウレン草は耐熱ボールに入れてチン。 その後水で灰汁を洗って絞っておきます。 そこにカニカマを入れゴママヨネーズと他の調味料を入れ混ぜて出来上がり。 菜の花で作っても面白いですよ。 定番の副菜「レンジでほうれん草の胡麻和え」 ゴマ和えがレンジで簡単に作れます。 お弁当の片隅にどうぞ。 まずホウレン草をラップをしてチンし、加熱後にすぐ水につけて絞ります。 その他の調味料とボウルに入れよく混ぜます。 そこにホウレン草を入れよく混ぜて出来上がりです。 耐熱容器だけで「ほうれん草サラダ」 ホウレン草はしみなどを防ぐ美肌効果があるんです。 あっという間に作れるのでヘルシー朝食にも大活躍します。 耐熱容器に入れてチン。 粗熱を取り合わせ調味料を入れてツナとコーンを入れ和えます。 冷蔵庫で冷やせば出来上がりです。 お弁当にもオススメ。 下準備もレンジで「ほうれん草ナムル」 ナムルもレンジを使うと簡単に出来ちゃいます。 もやし、ホウレン草、調味料を耐熱ボールに全部入れてレンジでチンします。 水分が出るので捨ててください。 ごまを振りかければ出来上がりです。 お急ぎでおつまみを作りたい時に大活躍! 鍋が要らない「ほうれん草のお浸し」 栄養満点のホウレン草、疲労回復も出来て素晴らしい食材です。 食卓やお弁当の一品にどうぞ。 ホウレン草をラップをしてチンします。 冷水でよく洗い、ボールに調味料を全て入れてよく混ぜます。 鰹節を乗せて完成です。 レンジでどんな「ほうれん草」料理を作った? ニラが安かったんで初めてニラキムチ作ってみました。 袋にニラ、市販のキムチ、カロリー0の甘味料、ゴマ入れて混ぜただけですが美味しかったです。 カツオの魚粉かけてみたけど、あわなかったんで今度イワシの魚粉買ってきます あと電子レンジでほうれん草のおひたし作ってみたけど楽でよい — hf hf201511 最近あげてなかった天才私の適当料理 レンジでカルボナーラリゾット レンジでほうれん草のソテー 寮の電子レンジだけでもご飯は作れる! — はな kukibuto 豚の軟骨ごと切ってあるやつがお求め安かったので炊飯器で炊いてる間にレンジでほうれん草ソテーに卵のっけたやつ作ったけどご飯も炊かなきゃないことに気づいた… — Su8 su8w1 お昼は、レンジでほうれん草ときな粉の蒸しパン!市販のレンジで蒸しパンは割高すぎるので、探したレシピで。 ホットケーキの粉でお手軽、粉チーズでコクあり。 — ぷーちゃん poopoodesu 時短簡単レンジでほうれん草やってみた。

次の

ほうれん草を使ったお弁当おかず&副菜レシピ特集!人気のアレンジ料理をご紹介♪

ほうれん草 弁当 レシピ

材料 (2人前)• 卵 Mサイズ 3個• ちぢみほうれん草 50g• お湯 ゆで用 1000ml• 塩 ゆで用 小さじ1• サラダ油 小さじ2 手順• ちぢみほうれん草は根元に十字の切り込みを入れます。 お湯を沸かした鍋に塩を入れ、1を加えて中火で30秒程ゆでたら流水で洗い、水気を絞ります。 根元を切り落とし、細かく切ります。 同じ様にこの工程を同様にあと2回繰り返します。 焼き上がったら、食べやすい大きさに切り器に盛り付けて完成です。 お弁当の定番のおかず「卵焼き」にちぢみほうれん草を加えたアレンジレシピをご紹介します。 ちぢみほうれん草は肉厚で甘みが強いのが特徴です。 卵と相性がよく、噛む度にほうれん草の甘みが口の中に広がりますよ。 ほうれん草をゆでる際は、根元に十字包丁を入れてくださいね。 火が早く通り、中までしっかりと塩気が浸透し、さらにおいしいほうれん草に仕上がります。 材料 (2人前)• ほうれん草 160g• 水 茹で用 1000ml• 塩 茹で用 小さじ1• 氷水 適量• しめじ 60g• コーン 缶詰 40g• 有塩バター 小さじ2• しょうゆ 小さじ1• 塩 少々• 黒こしょう 少々 手順• コーン缶は水気を切っておきます。 ほうれん草は根元を切り落とし、4〜5cmに切ります。 しめじは石づきを取り、手でほぐします。 お湯に塩を入れ、ほうれん草を30秒ほど茹で、氷水にさらします。 冷えたら水気を切ります。 フライパンで有塩バターを溶かし、しめじを中火で炒めます。 しめじに火が通ったら、2、コーンを入れてさっと炒めます。 全体が絡んだら、しょうゆを入れて中火で炒め、塩、黒こしょうで味を調え、器に盛り付けたら完成です。 きのこの旨味とコーンの甘みが詰まったほうれん草のバター炒めをご紹介します。 幅広い層から人気のしょうゆバター味なので、子どもから大人まで楽しめる一品です。 覚えておけば忙しい朝でもさっと作れる便利な炒め物ですよ!お弁当に入れる時は粗熱をしっかり取ってからお弁当箱に詰めてくださいね。 材料 (2人前)• ほうれん草 100g• お湯 適量• まいたけ 50g• しいたけ 3個• ごま油 大さじ1• 白いりごま 適量 手順• 鍋にお湯を沸かし、ほうれん草を根元の部分から入れ30秒ほどさっと茹でて水気を切り、根元を切り落とし5cm幅に切ります。 しいたけは軸を切りおとし、薄切りにします。 まいたけは石づきを切り落とし、一口大に切ります。 中火で熱したフライパンにごま油をひき、2、3をしんなりするまで炒めます。 器に盛り付け、白いりごまをかければ完成です。 香りが豊かな2種類のきのことほうれん草を使った炒め物のレシピをご紹介します。 ごま油で炒めることで香ばしい風味が食欲をそそる一品に仕上がります。 めんつゆを使えば味付けの失敗が少なく、少ない材料で作れるのが嬉しいポイント!他のきのこで代用も可能です。 お弁当のおかずに迷った時にぜひご活用くださいね。 材料 (2人前)• ほうれん草 150g• お湯 茹で用 1000ml• 冷水 冷やす用 適量• ニンニク 1片• ベーコン 70g• しょうゆ 小さじ2• 有塩バター 20g 手順• 鍋にお湯を沸かして塩を入れて、ほうれん草を1分ほど茹で、冷水にとって冷まし、水気を切ります。 1の根元を切り落とし、3cm幅に切ります。 ニンニクをみじん切りにします。 ベーコンを1cm幅に切ります。 フライパンにバターと3を入れて、中火で加熱したら4を入れて炒めます。 ベーコンに焼き色がついてきたら2を入れてさっと炒め、しょうゆを入れ、全体に味がなじんだら完成です。 続いてご紹介するのは、シンプルながら絶品のほうれん草とベーコンのしょうゆバター炒めです。 にんにくを効かせたしょうゆとバターの味わいは箸が止まらなくなること間違いなし!ほうれん草が苦手な方にもお試しいただきたいおすすめの一品です。 冷めてもおいしいのでお弁当にぴったりですよ。 材料 (2人前)• 鶏ひき肉 200g• はんぺん 100g 1枚• ほうれん草 50g 下茹で用• お湯 1000ml• 砂糖 小さじ1• サラダ油 大さじ1• 鍋に沸かしたお湯に砂糖を入れ、ほうれん草を2分程度茹でたら、流水にとり水気を絞るようにきります。 6等分にし、丸く成形したら中火に熱したフライパンにサラダ油を入れ、入れます。 両面焼き色がつき、中心に火が通るまで8分程度焼きます。 お皿に盛って完成です。 鶏ひき肉とはんぺんを合わせたタネに、刻んだほうれん草を混ぜ込んだハンバーグです。 甘辛い味付けはごはんが進むこと間違いなし。 彩りがよく、ミニサイズで食べやすいので、お弁当にもぴったりですよ。 材料 (2人前)• ほうれん草 200g• お湯 茹でる用 1000ml• 塩 茹でる用 小さじ1• 冷水 冷やす用 適量• ツナ油漬け 70g• サラダ油 小さじ2 手順• ほうれん草はよく洗っておきます。 ツナ油漬けは油を切っておきます。 鍋にお湯を沸かし、塩、ほうれん草を入れ、1分程茹でて冷水に取り、水気を絞ります。 根元を切り落とし、5cm幅に切ります。 中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、ツナを入れてサッと炒めます。 味が馴染んだら火から下ろし、器に盛り付けて完成です。 スパイシーなカレーの風味が食欲をそそる、ほうれん草とツナのソテーです。 味付けにはしょうゆやコンソメも使い、マイルドな辛さに仕上げているので、お子さまも食べやすいはず。 ごはんにもパンにも合うので、お弁当に便利な一品です。 材料 (2人前)• 豚バラ肉 スライス 4枚• ほうれん草 70g• お湯 茹で用 1000ml• 塩 茹で用 小さじ1• にんじん 70g• サラダ油 小さじ1 たれ• 砂糖 小さじ1 手順• にんじんは洗って皮を剥いておきます。 にんじんは6cm長さの細切りにします。 耐熱ボウルに入れてラップをし、500Wの電子レンジで2分程柔らかくなるまで加熱します。 鍋にお湯を沸騰させ、塩を加えてほうれん草を根の部分から入れます。 30秒ほどしたら葉の部分も入れ、30秒茹でます。 流水にさらして水気を絞り、根元を切り落とし6cm幅に切ります。 ボウルにたれの材料を混ぜ合わせます。 豚バラ肉を2の長さに合わせて3枚横に並べます。 手前を1cm空けて2を並べ、手前からきつめに巻きます。 同様に1も巻きます。 フライパンにサラダ油をひき、巻き終わりを下にして焼きます。 巻き終わりがくっついたらひっくり返して弱火でさらに焼きます。 焼き色がついたら取り出し、耐熱皿に乗せて500Wの電子レンジで2分肉に火が通るまで加熱します。 フライパンの油を軽く拭き取ります。 3を加えて弱火で加熱し、5を入れて味が馴染んだら火から下ろし、切り分けて完成です。 ほうれん草とにんじんを使ったうずまき模様の肉巻きです。 ひと手間加えるだけでいつもの肉巻きとは違った見た目に仕上がるので、遠足や運動会などのイベントのお弁当にもおすすめですよ。 他にも色々な野菜でアレンジができるので、ぜひお試しくださいね。 材料 (2人前)• 鶏もも肉 1枚 200g• 塩麹 大さじ3• ほうれん草 150g• お湯 茹で用 1000ml• 塩 茹で用 小さじ1• 水 さらす用 適量• しめじ 30g• 塩こしょう ふたつまみ• ごま油 大さじ1• 白いりごま 仕上げ用 適量 手順• 鶏もも肉の余分な脂は取り除いておきます。 しめじは石づきを切り落とし、ほぐしておきます。 鶏もも肉を一口大に切ります。 ポリ袋に入れ、塩麹、すりおろしニンニクを加えて揉み込みます。 冷蔵庫に入れ、30分漬け込みます。 鍋に沸騰させたお湯に、塩を入れます。 ほうれん草を根元から入れ、30秒茹でます。 葉を入れ、さらに30秒茹でます。 水にとり、水気を絞ります。 根元を切り落とし、5cm幅に切ります。 中火で熱したフライパンにごま油をひき、汁気を切った1を皮目から入れ、3分程度焼きます。 皮目に焼き色がついたら、しめじを入れ、炒めます。 鶏肉に火が通ったら3を入れ、さっと炒め合わせ、塩こしょうで味を調えます。 お皿に盛り付け、白いりごまをふり、完成です。 鶏もも肉とほうれん草を塩麹で味付けしたシンプルな炒めものです。 塩麹の優しい味わい中に、ほんのりニンニクの風味がアクセント。 味がグッと引き締まります。 鶏もも肉がゴロッと入って食べ応えがあるので、お弁当のメインになる一品です。

次の

お弁当におすすめ!ほうれん草レシピ10選|作り置きOK!子どもが喜ぶほうれん草のおかずを厳選♪

ほうれん草 弁当 レシピ

お弁当にぴったりなほうれん草のレシピを幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学館)に掲載されたなかからピックアップ。 作り置きできるおひたしやソテー、ほうれん草が苦手な子でも食べやすいオムレツや春巻きなど!幼稚園のお弁当にもぴったりなレシピをずらっとご紹介します! ほうれん草の作り置き|お弁当にぴったり! 【1】ほうれん草のツナ和え 超時短簡単レシピ!レンチンの間にタレを作って和えるだけで一品追加に。 【2】水にさらして水けを絞り、2~3cm長さに切り、缶汁をきったツナと【A】で和える。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネー ター、飾り巻き寿司インストラクター1級。 男の子のママ。 育児経験を生かした 簡単で栄養バランスのとれた料 理やかわいいレシピが人気。 『ベビーブック』2015年8月号 【2】ほうれん草のおひたし 基本のおひたしは、しょうゆ洗いがスッキリ味つけのコツ!シンプルですが、子供は意外にもたくさん食べてくれます。 【2】熱湯に塩を加え、【1】の根元を入れて30秒ほどおき、葉を入れてサッとゆで、冷水にとる(色止め=冷水にとることで色を鮮やかにする)。 【3】水けを軽く絞って、巻きすの上に互い違いにのせ、しょうゆを全体にふり、巻きすで巻いて水けを絞る(しょうゆ洗い=余分な水けを除き、下味をつける効果がある)。 根元をそろえて4~5cmの長さに切る。 【4】もやしはサッと洗って、ひげ根を取り、熱湯でサッとゆでて、ざるにとる。 【5】鍋に【A】を入れて煮立てる(だし割りしょうゆ=しょうゆの味をやわらげるのと同時にうまみを加えるため、薄味でもおいしく仕上がる)。 【6】【3】の水けを再度絞って、【4】とともに【5】に入れ、15分ほど浸す。 *かつお節をのせても。 巻きすで巻いて、ギュッと絞る。 教えてくれたのは ABC Cooking Studioさん ABC Cooking Studioは、初心者の方にもおすすめの、料理・パン・ケーキ作りが楽しく学べる女性専用の料理教室です。 少人数レッスン、復習にも最適なイラストレシピ、 HPや携帯からの予約など、システムが充実。 入会金不要、1回完結の「1dayレッスン」や授業の雰囲気を体験できる「体験レッスン」を毎日開催しています。 食べやすい長さに切り、切り口にごまをつける。 たっぷりの熱湯に軸から入れ、ひと混ぜして葉を入れて1分ゆでる。 水にとってよく冷まし、ギュッとしぼってキッチンペーパーを敷いた密閉容器にほぐしながら入れる。 教えてくれたのは ほりえさわこさん 祖母の故・堀江泰子先生、母のひろ子先生と3代にわたって料理研究家。 明るいお人柄と、ラクしておいしく作るアイディア豊富なレシピが人気。 幼い姪っ子から祖父まで、みんないっしょに食卓を囲んでいる。 『ベビーブック』2017年12月号 【4】柿とほうれん草のごま和え 秋にぴったり!熟した柿がとろ~りとおいしいく、緑とオレンジのコントラストがきれいなおかずです。 ほうれん草は耐熱容器に並べてラップをかけ、電子レンジで2分ほど加熱する。 粗熱がとれたら水けを絞り、2cm長さに切る。 【2】ボウルに【A】を合わせてよく混ぜ、【1】を加えて和える。 教えてくれたのは 鈴木薫さん シンプルで、おいしくて、センスのいいレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 『めばえ』2013年11月号 【5】ほうれん草とハムのケチャップソテー 大人気のケチャップで、子供が食べやすい味つけにアレンジ!いつもの炒め物の目先が変わります。 ハムは横半分に切ってから縦に細切りにする。 【2】フライパンにサラダ油を熱して【1】をサッと炒め、ケチャップと塩で調味する。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター、料理研究家。 テーマは「おいしくて、作りやすい家庭料理」。 NHK Eテレ『クッキンアイドル アイ! マイ! まいん! (2013年3月で放送終了)の料理も監修。 『ベビーブック』2015年4月号 【6】ほうれん草とキャベツのお好み焼き お好み焼きにもほうれん草をプラス。 ほうれん草は細かく刻む。 豚肉は大きいものは切る。 【2】【1】のキャベツとほうれん草をボウルに入れ、【A】を順に加え、さっくりと混ぜ合わせる。 【3】フライパンにサラダ油を中火で熱し、【1】の豚肉を炒め、火が半分通ったら【2】を全量流し入れ、平らにする。 【4】中火でふたをして3分焼き、返してふたをして弱火にし、3分焼く。 【5】【4】を切り分けて、合わせた【B】をかける。 教えてくれたのは 青木恭子さん 小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。 2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌やWEBなどで活躍。 『ベビーブック』2014年7月号 【7】かぼちゃとほうれん草のスパニッシュオムレツ 休日のブランチに食べたい、野菜の彩りがかわいらしくも、卵とウィンナーも入った栄養たっぷりの一品。 かぼちゃとほうれん草はそれぞれゆでて、細かく切る。 玉ねぎとパプリカはせん切りにしてラップに包み、電子レンジ(600Wの場合)で約1分加熱する。 【2】ボウルに【A】を混ぜ、【1】を加えて混ぜる。 【3】20cm程度のフライパンにオリーブ油を熱し、【2】を入れて大きく混ぜながら火を通す。 半熟状になったらチーズを加え、弱火にしてふたをして火を通す。 ひっくり返して裏面も焼く。 *お好みでケチャップをかけても。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 ふたりの女の子のママ。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 子どもの食物アレルギーをきっかけに、アレルギー料理にも力を入れている。 ベーコンは短冊切りに。 【2】ボウルに卵を割り入れ、牛乳を加えて混ぜる。 【3】耐熱用ココットにほうれん草を入れ、【2】を流し入れてベーコンとチーズをのせる。 ラップをかけずに、電子レンジ(600Wの場合)で2分30秒ほど加熱する。 教えてくれたのは 松尾みゆきさん 管理栄養士・料理研究家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌、書籍等、幅広く活躍。 自身も母として「食育」を実践している。 ほうれん草はゆでて冷水に取り、5~6cm長さに切ってしっかり水気を切る。 【2】春巻きの皮の角を上にして置き、10等分したチーズ、しらす、ほうれん草を順に、中央に一文字に重ねる。 【3】皮の左右を内側に折り、手前からくるくる巻く。 【A】を混ぜて巻き終わり部分に塗り、しっかり閉じる。 【4】フライパンに油を1cm深さまで入れて中火にかけ、【3】を入れて5~6分、こんがりと揚げ焼きにする。 教えてくれたのは 藤井 恵さん ふじいめぐみ/料理研究家、管理栄養士。 女子栄養大学在学中から料理アシスタントを務め、料理家の道へ。 25~30歳の5年間育児休業するも、復帰後、メディア各種、イベント、講演会など、幅広く活躍。 「キユーピー3分クッキング」(日本テレビ系)の講師としても人気。 『めばえ』2017年1月号 【3】ほうれん草のパングラタン パンにグラタンをのせて食べるのがおすすめ!子供が好きなお魚との組み合わせでほうれん草嫌いを克服していきましょう。 水にさらして水けを絞り、粗みじん切りにする。 鮭は皮と骨を除いて1cm角に切る。 【2】フライパンにバターを熱して【1】を炒め、小麦粉を加えてサッと炒める。 牛乳と塩を加え、かき混ぜながらとろりとするまで煮る。 【3】耐熱皿に半分に切ったパンを敷いてまわりにも並べ、【2】を入れて、チ ーズを散らす。 オーブントースターで10分ほど焼く。 教えてくれたのは 鈴木 薫さん おしゃれで実用的なレシピが人気。 双子の女の子と、男の子の母。 『ベビーブック』2012年5月号.

次の