ラファエル 過去動画。 ラファエルが会社経営する7つの業種と運用は?他業界の仕事も

人気YouTuber・ラファエル、猛反省!過去の過激動画は「99%“やらせ”」だった(テレ朝POST)

ラファエル 過去動画

スポンサーリンク ラファエルが会社経営する7つの業種:YouTuber活動のための会社 YouTuberとしての活動の為の法人が1社で、代表取締役社長として就任しています。 主に動画の企画、制作及び販売、キャラクター商品の企画、制作および販売などをされています。 ラファエルが会社経営する7つの業種:コンサル系 コンサルタント系の会社が1社で、代表取締役社長として就任しています。 動画投稿者、芸能タレント、音楽家などの育成及びマネージメントをされています。 ラファエルが会社経営する7つの業種:アプリ開発系 アプリ開発系の会社が2社で、代表取締役社長として就任しています。 主にIT企業としてアプリケーションソフトの制作業務をされています。 ラファエルが会社経営する7つの業種:医療転職サービス系 医療転職サービス系の会社が1社で、代表取締役社長として就任しています。 主に医療従事者、関係者の紹介マッチングなどの転職支援サービスをされています。 ラファエルが会社経営する7つの業種:アパレル系 アパレル系の会社が1社。 主にプロデュースした服の販売などをされています。 ラファエルが会社経営する7つの業種:そのほか 上記の会社経営のほか「 焼き肉店でもやろうかなって、常に起業することを考えている」と話しているため 飲食店の経営もしていると考えています。 Point バイアウトとは 価格操作や経営権の獲得を目的とした企業買収のこと、 または事業を売却して利益を得ること ラファエルの会社経営は他業種にも着手 これまでにラファエルさんの経営する会社についてまとめてきました。 起業家やユーチューバーとして成功を掴んでいるラファエルさんですが、 他業種の仕事にも着手していると明かしています。 石橋を叩きまくってから渡るタイプと自身を形容しているため、確実に儲かるとわかってから手を出していくそうです。 つまりラファエルさんが次に手を出す他業種があれば、それはもう確実に儲かるということになります。 注目している業種はあるそうで、そのうち YouTubeが中心ではなくなってくると明かしています。 両親の離婚、自衛隊や営業職などさまざまな苦難を乗り越えてきた精神力と行動力が今のラファエルさんを形作っているということですね。 マンガとアニメを無料で観たい・・・• マンガとアニメをいっき観したい・・・• アニメをリアルタイムで観れないし、そもそも時間に縛られたくないから好きな時間に観たい・・・ わたしも同じようなことを思っていた時期があり、解決できる方法はないかと悩んでいました。 マンガとアニメをお得に楽しむため、いろいろな情報を調べたり考えたりしていました。 そして にたどり着きすべての悩みが解決しました! 見放題作品であれば 無料 で楽しめます! またポイントが必要な作品でも登録初月に付与されるポイントを利用すれば 無料 で観ることができます! なぜ無料で楽しめるのかというと、無料トライアル期間があるからです! は、 登録日から31日間までにいつ解約してもOKで、その際の 一切の料金がかからないという仕組みです。 無料でマンガとアニメを楽しみたい方は、 をぜひオススメします!.

次の

ラファエルが会社経営する7つの業種と運用は?他業界の仕事も

ラファエル 過去動画

人気YouTuberのラファエルさんのYouTubeチャンネルが、2019年1月22日にBAN(アカウント停止)された。 その理由は、「コミュニティガイドラインに違反した」というもの。 同日、サブチャンネルでラファエルさんは、「アカウント削除について、誠に申し訳ございませんでした。 」とのタイトルの動画で謝罪。 「過激な動画は一切やめ、クリーンで夕飯時に家族の方がそろって見れるようなチャンネルを目指します」と誓った。 YouTubeのコミュニティガイドラインには、「暴力的で生々しいコンテンツ」など、避けるべき投稿内容に関するガイドラインが存在している。 謝罪動画でラファエルさんは、「『クマと戦ってみた』『ランボルギーニでひかれてみた』『他人の後頭部をバットでフルスイングで殴ってみた結果』などの過激な動画は一切やめ」るとしており、これらの動画も含め、これまで自らが投稿してきた動画に問題があったとの考えを示した。 今後は投稿内容を大幅に変更することを誓ったラファエルさん。 今回の騒動について、J-CASTニュース編集部はITジャーナリストの井上トシユキ氏に意見を聞いた。 過激な動画は「自然淘汰」されていく 「ラファエルさんは以前から過激な動画でファンを楽しませてきた方です。 その一方で、YouTube側のルールはコミュニティガイドラインのページを見ても分かる通り、大まかな目安とでも言える表現なので、YouTuberやユーザーには今一つ『何がいけないのか』が伝わってきません。 ですので、『以前から過激だったラファエルさんが今回なぜBANの処分を受けたか』との疑問への答えは非常に難しいです」 「昨今話題の目隠しをして危険な行為をする『バード・ボックス・チャレンジ』によってYouTubeの規約が変わるということはありましたが、ラファエルさんの行為は以前から過激でした。 なので、とりあえず思いつくのは、昨年12月にラファエルさんが動画で、埼玉県で行われている水耕栽培を『世界一儲かる投資』『利回り80%超え!? 』などとユーザーを煽りつつ紹介したことがありましたが、その辺りの動画がYouTube側に見咎められた、ぐらいしか思いつかないですね...... 」 また、今後のYouTubeも含めたネット上の動画について予想される展開についても井上氏に聞いてみた。 「『YouTubeを視聴する』という行為が今や一般的な行動になっていますから、今後、動画に対してはテレビ並みの厳しい倫理性がYouTube側からはもちろん、ユーザーからも求められていくでしょう。 ゆえに、ラファエルさんがこれまでに公開してきたような過激な動画はその過程で自然淘汰されていくのではないでしょうか。 また、YouTubeは今や子供さんが多数のユーザーとして利用しています。 ですから、『過激な動画』が淘汰されていくことは決してYouTubeにとってはマイナスではなく、どちらかと言えばプラスの傾向であるといって良いでしょう」 YouTubeが市民権を得ていく中、動画が選別されていくという大きな潮流が始まっているのかもしれない。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

ラファエル Raphaelの最新動画|YouTubeランキング

ラファエル 過去動画

200万人以上のチャンネル登録者を保有していたラファエルのメインチャンネルが凍結・アカウント停止という処分を受けたことで、現在は 「YouTubeのコミュニティガイドラインに違反していたため」とのGoogle側からの制裁やその理由について、様々な憶測が飛び交う事態となっています。 そこで、 この記事では200万人ものチャンネル登録者数を誇るラファエルのYouTubeメインチャンネルが、2019年1月22日に突如としてアカウント停止(垢BAN)された本当の理由や、YouTubeガイドラインに抵触したであろう違反動画の可能性について紹介していきます。 YouTubeからメインチャンネルを停止・凍結されたラファエル まずは人気ユーチューバー・ ラファエルのYouTubeメインチャンネルが凍結し、アカウント停止の処分を受けてしまったことを報じるネットニュースを引用します。 人気 YouTuber 「 ラファエル」さんのYouTubeチャンネルが1月22日、YouTubeのコミュニティガイドライン違反によりアカウントを停止(BAN)されたことが分かりました。 今回 BANされたのは、200万人以上がチャンネル登録していたメインチャンネルで、現在、アクセスしても全ての動画が見られない状態となっています。 なお、メインチャンネルの他にも、サブチャンネル(38万人)とゲーム用チャンネル(11万人)なども運営していましたが、こちらについては今のところ影響はないようです。 ねとらぼより一部抜粋 1月22日夜現在、ラファエルのメインチャンネルにアクセスすると以下のような画面が表示され、アカウント凍結(垢BAN)されていることが分かります。 アカウント凍結を示す画面 サブチャンネルでアカウント停止騒動を謝罪 なお、 ラファエル本人は1月22日の22時25分に自身のツイッターアカウントを更新し、今後はサブチャンネルから出直すことを動画内で報告。 普段の白に仮面姿ではなく、マスクをかぶりながら 今回のYouTubeチャンネルの削除・アカウント停止処分を猛省しているようです。 更生しました。 アカウント削除について、誠に申し訳ございませんでした。 より チャンネル登録宜しくお願いします — Raphael 時給日本一ユーチューバー Raphael05166140 ラファエルのファンや、彼の動画を楽しみにしていた方からすれば、やはり 気になるのはラファエルのメインチャンネルが突然アカウント停止・凍結という処分を受けてしまった理由ですよね。 しかし、 ラファエルというユーチューバーを知る方であれば、彼の動画内での振る舞いや言動、スタイルはいつYouTube側からアカウント停止という制裁が下りてもおかしくない状況だったと言えるでしょう。 ラファエルチャンネルのアカウントが一時停止された原因とは? さて、YouTubeに動画を投稿する ユーチューバーが今回のようなアカウント一時停止処分を食らってしまった場合、まず改善の目が向けられるべきはその 動画の内容やモラルということになります。 金融系ユーチューバー• 商品・サービス紹介• 散財・暴露系• オトナの話題 など、 主に20代後半から 30代、40代に向けたアダルトなオトナ向けの内容が多かったのも事実です。 そこでは、ユーチューバーとしての名を広めたいが為に、 時に過激すぎる内容となっていたことは誰の目にも明らかでした。 では、 具体的にどのような振る舞いや動画の内容がYouTubeを運営するGoogleから「コミュニティガイドライン違反」だと判定されてしまったのでしょうか。 しかし、いざその高利回りのカラクリを説明すると、• 野菜育成の為のLEDライトによる電気代の節約• 日本政府からの謎の補助金の存在 など、 多くの点で理解しがたいキナ臭い内容だったんです。 この ラファエルによる怪し過ぎる「水耕栽培投資案件」には、インフルエンサーで著名ブロガーの イケダハヤト氏も、自身のブログや動画内で不審な点や疑問を指摘し、騙されないよう読者へ注意を呼びかけていました。 そもそも YouTube運営は、動画内でのあからさまな商品紹介やアフィリエイト斡旋を嫌っており、こうしたラファエルの振る舞いは要注意なコンテンツだったと言えるでしょう。 もちろん、 YouTubeからの広告収入以外で、ラファエル自身が個人的に稼ぐ収入額を発表するのは問題無いのですが、 ラファエルは過去に何度か、「 YouTubeからの収益金額」や「 広告収入の額」を暴露・告白したことがあります。 それによれば、 2017年に企業とタイアップした企業案件数がYouTube界でトップであることを自負し、 「YouTubeからの収入は最低でも 月収3000万円」だと告白。 金額は凄まじいものであり、ラファエルの実力が確かだということが分かりますが、 このような発言はYouTubeを運営するGoogleからは好まれない類のものであり、今回のラファエルメインチャンネルの垢BANと無関係ではないかもしれませんね。 もちろんバストトップを映すなどの直接的な描写は無かったとはいえ、 そのような類のオトナな動画を1本や2本にとどまらず、合計で20本以上は掲載していた為、 YouTube運営からすれば、先の金融投資斡旋や、収入の暴露などと相まってアカウント停止・チャンネル凍結処分の対象となってしまったのでしょう。 つまり、簡単に言えば• ユーチューバーの悪ノリ・悪ふざけ• 視聴者に怪我をさせる可能性のある内容• 他者へ迷惑をかけ得るドッキリ企画 などの動画内容を一切禁じるというものです。 ラファエルは先に紹介した性的内容を含むものや、怪しい投資案件の斡旋、広告収入額の暴露だけでなく、過去には 刀剣やボーガン、モデルガンなどを紹介・操作している内容の動画もあり、 ユーチューバーのモラルや品格を向上させたいGoogle並びにYouTubeからすれば、ラファエルは禁止規定に含めたいターゲットとなっていたかもしれません。

次の