フレッツ光 更新月。 『フレッツ光が安くなる』という勧誘電話に気をつけろ!本当に安くする方法は3つだけ

ぷらら(フレッツ光)の解約金っていくら?解約の方法は?

フレッツ光 更新月

フレッツ光の「にねん割」とは2年間の利用を約束して料金が安くなるサービス? 「にねん割」は、フレッツ光の月額料金が割引され続けるサービスです。 フレッツ光を末永く使いたい人にとっては、魅力的な割引特典と言えるでしょう。 「にねん割」とはフレッツ光東日本を契約すると適用される割引 「にねん割」とは、東日本でフレッツ光を利用する場合、2年間の継続利用を約束することで適用される割引特典です。 西日本でフレッツ光を利用する場合は、「にねん割」が適用されません。 しかし、その代わり、「もっともっと割」を受けることができます。 西日本でフレッツ光を契約するか考えている人は、以下の記事を参考にしてください。 東日本でフレッツ光を利用する場合の月額料金は、戸建てで5,700円、マンションで3,350円から4,350円です。 「にねん割」を申し込むと、戸建てでは700円が、マンションでは100円が月額料金から割引されます。 フレッツ光東日本 月額料金 項目 戸建て マンション 月額料金 5,700円 プラン2 (16件以上 の契約が見込 める場合) プラン1 (8件以上 の契約が見込 める場合) ミニ (4件以上 の契約が見込 める場合) 3,350円 3,750円 4,350円 ギガ推し!割引 (30ヶ月間適用) -300円 -200円 -200円 -200円 にねん割 -700円 -100円 -100円 -100円 合計 30ヶ月間 4,700円 3,050円 3,450円 4,050円 31ヶ月目 移行 5,000円 3,250円 3,650円 4,250円 割引特典の名前が「にねん割」なので、契約してから2年間が経つと割引がなくなるのではないかと不安に思う人もいるでしょう。 しかし、 「にねん割」はあくまで「2年間の継続利用」を約束が条件なだけであり、契約してから3年目以降も続けて割引を受けることができます。 ちなみに、フレッツ光東日本は、契約してから30ヶ月間は「ギガ推し!割引」も並行して受けることができます。 フレッツ光のもともとの料金については以下の記事で解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。 定額サービス以外でも2年割のような割引を受けることができます 利用する人は多くありませんが、フレッツ光には定額サービスの他に、消費したデータ量によって料金が変動するライトプランがあります。 フレッツ光東日本のライトプランには、• フレッツ光ライトプラス• フレッツ光ライト この2種類があり、「フレッツ光ライト」を戸建てで契約する場合は、2年間の継続利用を約束すると月額料金が割引されます。 ちなみに、フレッツ光ライトで適用される割引特典の名前は「フレッツ光ライト もっとライトに!割引」です。 フレッツ光ライト もっとライトに!割引適用時の月額料金 項目 戸建て 月額料金 2,800~5,800円 割引 -500円 合計 2,200~5,200円 フレッツ光ライトを契約する人は多くありませんが、知識として覚えておいて損はないでしょう。 フレッツ光ライトについては、以下の記事を参考にしてください。 「にねん割」を受けるときに知っておきたい注意点 「にねん割」は、フレッツ光の利用料金が安くなる代わりに、解約するときのリスクが存在します。 そのため、契約する前には、解約時にトラブルが起きないように注意点を知っておく必要があります。 解約するときに違約金が必要になる 「にねん割」は、フレッツ光を2年間使うことを約束することで適用される割引です。 そのため、 契約してから2年以内に解約すると、違約金が請求されてしまいます。 特に、戸建ての場合は、違約金が9,500円と高額です。 ただ、マンションなどの集合住宅の場合は、2年以内に解約しても違約金は1,500円しか発生しません。 2年後の更新月が過ぎると契約期間が自動的に更新される 「にねん割」が適用される条件は、フレッツ光を2年間使うことを約束することです。 そのため、契約してから2年が経過すれば、いつ解約しても違約金が発生しなくなると思う人は多いでしょう。 しかし、「にねん割」は、フレッツ光を契約してから3年目以降になっても、解約するときに違約金が発生します。 「にねん割」には2年間に一度の更新月があります。 更新月にフレッツ光を解約すれば、違約金は請求されません。 しかし、更新月に解約をしなかった場合は、契約期間が自動的に更新されるので、さらに2年後の更新月にならないと違約金が発生してしまうのです。 なお、1度目の更新月は、フレッツ光を契約してから25ヶ月目と26ヶ月目です。 2年間だけフレッツ光を使おうと思っている場合は、更新月のタイミングを忘れないように注意が必要です。 引っ越しをしても違約金は発生しないが、例外がある 今まで使っているインターネット回線を引っ越し先で継続利用する場合、適用されていた割引がなくなることがあります。 しかし、 「にねん割」は、フレッツ光を引っ越し先で続けて使う場合でもなくなることがありません。 ただ、これは、あくまでも「東日本エリア内で引っ越しをする場合」です。 引っ越し先が西日本エリアの場合は、今使っているフレッツ光を解約して、引っ越し先の地域でフレッツ光を新しく契約しなければいけません。 これは、東日本と西日本でフレッツ光のサービス内容が異なることが原因です。 また、この場合でも、フレッツ光東日本を解約するときに違約金が発生します。 引っ越し時の費用については以下の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方はこちらも参考にしてみてください。 「にねん割」は本当にお得なのか?使うべき人と、そうでない人 「にねん割」は、割引金額が高くないので、絶対に使ったほうがいいわけではありません。 ただ、割引がないよりも、あったほうがいいですよね。 「にねん割」を使うべきかは、フレッツ光を申し込む人のタイプによって異なります。 「にねん割」を使うべきタイプと、そうでないタイプを知り、自分はどちらに当てはまるのか考えてみましょう。 フレッツ光を使い続けるつもりの人はおすすめ 「にねん割」には、更新月以外に解約すると違約金が請求されるデメリットがあります。 ただ、フレッツ光を契約してから使い続けるつもりなら、違約金はデメリットになりません。 「にねん割」の割引を受けて、お得にインターネットを使いましょう。 西日本への引っ越しなどで2年以内に解約する可能性がある人は使うべきではない 将来的に西日本エリアへの引っ越しするなどの理由で、フレッツ光を解約する可能性がある人には「にねん割」をおすすめできません。 「にねん割」を受けている状態でフレッツ光を解約すると、更新月ではない限り違約金が請求されてしまうからです。 「にねん割」を申し込むときは、2年以内に引っ越しをする可能性がないか考えてから契約することをおすすめします。 フレッツ光から光コラボへ移行する場合は違約金が発生しない フレッツ光を解約して他の光回線サービスを契約するときも、更新月ではない限り違約金が発生します。 ただ、新しく契約する光回線サービスによっては、違約金が請求されません。 違約金が発生しないパターンは、「フレッツ光から光コラボに乗り換える場合」です。 光コラボには、「ソフトバンク光」や「OCN光」などさまざまな名前のサービスがありますが、全てフレッツ光の回線を利用します。 フレッツ光から光コラボに乗り換えるときは、今使っている回線を続けて使い続けることになるので、解約という扱いになりません。 そのため、違約金が発生しないわけです。 (ちなみに、フレッツ光から光コラボへ乗り換えることを「転用」と言います。 ) また、フレッツ光から光コラボ以外の光回線サービスにも、乗り換える際に支払った違約金をキャッシュバックで負担してくれるものがあります。 将来的に他の光回線サービスに乗り換える可能性があったとしても、新しい契約先によっては違約金を心配する必要がないことは覚えて損はないでしょう。 評判の高い光コラボは以下の記事で紹介しているので、興味のある方はこちらも参考にしてみてください。 「にねん割」を受けるための方法 フレッツ光の「にねん割」を受ける方法は、とても簡単なものになっています。 また、今フレッツ光を契約した後からでも、「にねん割」を適用させることができます。 「にねん割」は基本的に自動適用されるが注意も必要 フレッツ光を申し込む窓口は、基本的に この選択は、代理店が運営する申し込みサイトで契約する場合も入力が必要なので、注意してください。 フレッツ光の電話窓口や家電量販店で申し込む場合は、基本的にスタッフが「にねん割」をすすめてきます。 スタッフが対応してくれる窓口で申し込むと、ほぼ自動的に「にねん割」が適用されると思っていいでしょう。 ただ、スタッフが対応する全ての窓口がそうとは限らないので、手続きのときは念のために「にねん割の割引を受けたい」と申告しておきましょう。 なおフレッツ光の家電量販店での契約については以下の記事でも解説しています。 こちらも参考にしてみてください。 フレッツ光を契約した後でも「にねん割」を受けることができる 「にねん割」は、フレッツ光を契約するときにしか申し込めないと思われがちです。 しかし、実はフレッツ光を契約してからでも、「にねん割」を申し込むことができます。 そのため、フレッツ光を契約してから検討することも、「にねん割」を受けるか検討することができます。 フレッツ光を契約してから「にねん割」を申し込む場合は、フレッツ光の公式ホームページか電話窓口で申請することができます。 ホームページから申し込む場合は、フレッツ光の会員ページへログインして手続きを行うため、会員用IDとパスワードが必要になります。 まとめ フレッツ光の「にねん割」は、戸建てで700円、マンションで100円の料金が毎月割引される割引です。 割引される金額は高くありませんが、末永くフレッツ光を使いたい人にとっては利用する価値があるでしょう。 2年以内に西日本エリアに引っ越す可能性がある人は、違約金というリスクがあるので、「にねん割」を受けるかは慎重に考えたほうがいいです。 将来的に他の光回線サービスへ乗り換えるかもしれない人は、新しい契約先がフレッツ光の違約金を負担してくれる場合があるので、解約するときの不安度は比較的低いと言えるでしょう。 速度が速く安い質の高い回線は以下の記事で厳選して紹介しています。 これから回線の契約を考えている方は、こちらもあわせて参考にしてみてください。

次の

フレッツ光の転用とは?

フレッツ光 更新月

目次 この記事でわかること• フレッツ光・にねん割は2年縛りの割引サービス そもそも「にねん割」とは何かという人のために、にねん割とは何かからはじめましょう。 「にねん割」は、NTT東日本の割引サービスで、フレッツ光の月額利用料金が割引されるサービスです。 フレッツ光ネクストの「にねん割」は、契約月から2年間、フレッツ光を使い続けるという前提で、戸建ての場合、700円が、集合住宅の場合、100円が、月額利用料金から割引されます。 二年間の契約ですから、二十四カ月、戸建ての場合、合計16,800円が、マンションの場合、2,400円が割引かれることです。 フレッツ光・にねん割が利用できるサービスプラン にねん割が利用できるフレッツ光のサービスプランをご紹介します! 戸建て向け・にねん割が利用できるサービスプラン サービスプラン 通常料金 割引金額 割引適用後金額 フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ 5,700円 700円 5,000円 フレッツ光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ 5,400円 700円 4. フレッツ光にねん割の自動更新と解約金 にねん割は、二年が経過し、契約期間が満了すると、自動更新されます。 にねん割を契約期間の途中で解約すると、戸建ての場合、9,500円、集合住宅の場合、1,500円の解約金を支払わなくてはなりません。 にねん割を解約しても解約金が発生しないのは、契約期間が満了する月の翌月と翌々月の二カ月間だけなのです。 にねん割を適用している場合は、戸建て向けプランと集合住宅向けプランとの間で、プランを変更する場合も、にねん割の解約金が発生してしまいます。 具体的には、戸建て向けプランから集合宮宅向けプランに変更する場合、集合住宅向けプランの解約金の金額である1,500円を、集合住宅向けプランから戸建て向けプランに変更する場合、戸建て向けプランの解約金である9,500円を、NTT東日本に支払わなくてはなりません。 フレッツ光・にねん割の解約で解約金が発生する場合としない場合 NTT東日本のフレッツ光・にねん割は、解約時に解約金が発生する場合と、発生しない場合があります。 特に注意が必要なのが、引っ越しの場合です。 解約したくなくても解約しなければならない場合もありますので、引っ越しも含めて、解約金が発生するパターンと、発生しないパターンをご説明します。 解約金が発生するパターン パターン1:更新月、または更新月の翌月以外でフレッツ光を解約する 解約日が更新月、または更新月の翌月以外にフレッツ光を解約すると、にねん割の解約金が発生します。 パターン2:NTT西日本エリアへの引っ越し NTT東日本とNTT西日本は、別の会社ですので、NTT東日本のエリアから、NTT西日本のエリアに引っ越す場合、NTT東日本のフレッツ光を解約しなければなりませんので、解約金が発生します。 パターン3:海外への引っ越し 海外へ引っ越しする場合、海外ではNTT東日本がサービスを提供していないためサービス継続できず、解約金が発生します。 解約金が発生しないパターン パターン1:戸建てから戸建てへの引っ越し 引っ越し先が、NTT東日本のサービスエリア内で、一戸建てから一戸建てへの引っ越しの場合、フレッツ光の契約を継続できるので、解約金は発生しません。 パターン2:マンションからマンションへの引っ越し 引っ越し先が、NTT東日本のサービスエリア内で、マンションからマンションへの引っ越しの場合、フレッツ光の契約を継続できるので、解約金は発生しません。 パターン3:一戸建てからマンションへの引っ越し 引っ越し先が、NTT東日本のサービスエリア内で、一戸建てからマンションに引っ越す場合、戸建て用のサービスプランを集合住宅用のサービスプランに変更することですが、にねん割の解約金解約金は発生しません。 パターン4:マンションから一戸建てへの引っ越し 引っ越し先が、NTT東日本のサービスエリア内で、マンションから一戸建てに引っ越す場合、集合住宅用のサービスプランを戸建て用のサービスプランに変更することですが、こちらもにねん割の解約金は発生しません。 パターン5:更新月か更新月の翌月の解約 にねん割の契約が満了する月を更新月と呼び、更新月と更新月の翌月に解約する場合、解約金は発生しません。 上記のパターンにあてはまらない場合、引っ越しをすると解約金が発生します。 パターン6:他社光回線の違約金負担キャンペーンを利用する 他社が行っている 違約金負担 還元 キャンペーンを利用するのもオススメといえます。 例えば ソフトバンク光なら最大100,000円まで、 auひかりなら最大30,000円まで フレッツ光などの違約金を還元してくれます。 にねん割の解約金は戸建てだと9,500円、マンションだと1,500円のため、十分まかなえる範囲でしょう。 また、各携帯料金から 1回線につき最大2,000円のセット割引もあるため、フレッツ光よりも安く通信費をおさえることができます。 現在フレッツ光に加入中でも、にねん割は利用が可能 現在、フレッツ光に加入していて、にねん割を契約していない場合、にねん割を契約できます。 にねん割は、自動的には付加されませんので、にねん割サービス開始前から、フレッツ光を利用していた場合、にねん割が付加されていません。 これを機会ににねん割を利用してはいかがでしょう。 月額利用料をプロバイダに払っていても、にねん割は契約できる 月額利用料金をプロバイダに払っている場合でも、にねん割を契約できます。 にねん割を契約すると、NTT東日本の利用料金をNTTファイナンスに支払う方式に変わります。 プロバイダの利用料金は、そのままプロバイダに支払う必要がありますので、プロバイダとNTTファイナンスとの両方から請求がくることです。 にねん割は新規契約でも自動付加されない フレッツ光に新規加入しても、にねん割は、自動的に適用されません。 にねん割を利用する場合は、にねん割を申し込む必要があります。 NTT西日本エリアに引っ越すなら「光もっともっと割」 NTT東日本の「にねん割」に相当するのが、NTT西日本の「光もっともっと割」です。 光もっともっと割は、長く使えば使うほど、割引金額が大きくなります。 はじめの二年間は、月額利用料金から1,100円が割引かれ、8年後には、最大1,790円まで割り引かれるという、とてもお得な割引サービスです。 現在NTT東日本の「にねん割」にご加入中で、NTT西日本エリアに引っ越す予定がある場合は、この「光もっともっと割」への加入をオススメします。 フレッツ光・にねん割の解約時の注意点 フレッツ光を解約するときには、以下の注意が必要です。 解約金が発生しないかチェックする にねん割の解約金が発生しないのは、二年に1回の更新月とその翌月の二カ月間だけです。 支払い明細書に記載されている利用期間を確認しておきましょう。 プロバイダの解約も忘れずに にねん割を解約するということは、フレッツ光を解約する場合がほとんどでしょう。 そのときに忘れてはならないのが、プロバイダの解約です。 もし、解約し忘れてしまうと、使っていないのに利用料金を取られたり、解約違約金を取られたりする場合があるので注意が必要です。 メールアドレスが使えなくなる プロバイダを解約すると、プロバイダのメールアドレスが使えなくなります。 対処方法としては、2つの方法があります。 1つ目は、プロバイダに、今後もメールアドレスを使えるようにしたいことを相談してみるという方法です。 2つ目は、プロバイダメールの代わりに、Gメールなどのフリーメールのアドレスを取得する方法です。 フレッツ光メンバーズクラブの特典ポイントの消費 フレッツ光を解約すると、解約時点でフレッツ光メンバーズクラブの特典ポイントが、消失してしまいます。 もったいないので、忘れずにポイントを消費してしまいましょう。 主要プロバイダの違約金 プロバイダの解約は、自分でしなければならないので、忘れないようにしてください。 また、プロバイダにも解約時に違約金がかかりますので、そちらも要注意です。 なぜなら、戸建ての場合、フレッツ光とプロバイダの解約金を合わせた額より、最初の2年間で割引される「16,800円」のほうが大きいのです。 一方、集合住宅の場合は、プロバイダの違約金の額に対して、にねん割の二年間での割引金額が「2,400円」と少ないため、あまりお得感がありません。 ずっと集合住宅に住み続ける場合、少しはお得ですが、近い将来一戸建てに引っ越すことを考えている場合、9,500円の解約金を支払わなくてなりませんので、お得とはいえません。

次の

ポイントプログラム|フレッツ光メンバーズクラブ|フレッツ公式|NTT東日本

フレッツ光 更新月

にねん割対象サービス• 戸建て向けサービス: 「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ/ファミリー・ハイスピードタイプ/ファミリータイプ」「Bフレッツ ハイパーファミリータイプ」• 集合住宅向けサービス: 「フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ/マンション・ハイスピードタイプ/マンションタイプ」「Bフレッツ マンションタイプ」• 割引料金: ファミリー 700円(税抜)/回線 マンション 100円(税抜)/回線 適用条件: 24カ月のフレッツ光継続利用 利用開始日: ・「にねん割」の利用開始日は、お申し込み日(新規にフレッツ光をご利用になるお客さまはフレッツ光利用開始日)の翌月1日です(申込内容の確認をさせていただくため、申込日の翌々月1日からの利用開始となる場合があります)。 同特典適用終了月の割引額は、特典終了後から月末までの日割となります。 「にねん割」の利用開始日は、お申し込み日(新規にフレッツ光をご利用になるお客さまはフレッツ光利用開始日)の翌月1日です(申込内容の確認をさせていただくため、申込日の翌々月1日からの利用開始となる場合があります)。 「にねん割」の利用期間は2年間(自動更新)です。 利用期間の途中(利用期間満了月の翌月[更新月]を除く)でフレッツ光を解約された場合、「にねん割」の解約金をお支払いいただきます。 なお、利用期間終了月以降の利用期間の自動更新はありません。 またフレッツ・ADSLやフレッツ・ISDN等の回線へ変更された場合、その時点で「にねん割」の解約となり、解約金が発生します。

次の