神様は乗り越えられない試練を与えない。 乗り越えられない試練(壁)はないというのは嘘です!なぜなら‥

人生が辛い時の乗り越え方!神様は乗り越えられる試練しか与えない

神様は乗り越えられない試練を与えない

神様は乗り越えられない試練は与えないことがわかる本【読書感想文・書評】 本の概要・あらすじ 中谷彰宏さんの自筆の短い文章と、実際に 書かれた絵で構成されています。 時々読み返したくなるような、 心に響く短い言葉が集められています。 キャッチコピーのような 元気が出る言葉を読むことができます。 本書を読もうと思った理由 理由は中谷彰宏さんの本だからです。 中谷彰宏さんの本は「全部読む」気持ちでいます。 どんなジャンルの本でも、中谷彰宏さんの本が発売されれば内容を問わずに買います。 月に4冊くらい発売されますので、週刊誌のように読んでます。 本書に期待したこと 「心に響く1行があれば良い」と思い、期待しました。 たった1行、心にグッとくるものがあれば元を取った気持ちになれます。 1行で行動が変わるかもしれません。 行動が変われば思考が変わります。 思考が変われば人生が変わります。 たった1行でいいのです。 実際に読んでみると1行どころか、10以上のグッとくる言葉をもらいました。 受験に失敗したときでも、滑り込みで行く大学が出てきました。 初めてのプレゼンでも何とかなりました。 仕事で大きな失敗をしたときでも先輩が助けてくれました。 仕事での失敗が一番心臓に悪かったですが、何とかなるものです。 2.乗り越えられなくても死ぬことはないから 失敗しても命が取られることはありません。 受験は失敗に終わりましたが、命は取られませんでした。 仕事で失敗してお客様にお叱りをいただくことはたくさんありましたが、命は取られませんでした。 死ぬことはないのです。 3.何が起きようと時間が解決するから 失恋して痛手を負っても、時間が解決します。 どんな大きな失敗をしても10年後は忘れています。 「今から10年前の大きな失敗を克明に思い出してください」と言われても困ります。 何が起きても時間が解決してくれます。 休職生活がどのように着地するかは予想もつきません。 ・がんばっているのに、目に見える成長が感じられないとき。 ・努力の結果が得られないとき。 ・どんなに継続しても結果が出なくて不安に押しつぶされそうなとき。 誰だって目に見える成果がすぐ欲しいです。 成長は右肩上がりの直線ではありません。 努力に比例して上がっていかないのが辛いです。 続けていれば、いつか結果は出ます。 目に見える結果が得られないときは、力を蓄えているときです。 高くジャンプするために、しゃがんでいる状態です。 踊り場で足を止める時間があってもいいのです。 自分を信じて、ひたすら根を伸ばしましょう。 第3位 あっちへうろうろ、こっちへうろうろ でもふり返ると一本の道 ずっとうろうろしています。 ・中学はサッカー部に入部 ・高校はゲームセンター通い ・大学は理系に進学 ・大学時代に社会人バドミントンをやる ・就職は旅行業界に入る ・英語の勉強をする ・慢性蕁麻疹になる ・適応障害になる ・休職をしてブログを書く ずっとうろうろしています。 現在はブログの結果が出なくて、心折れそうな毎日です。 心折れたら、違うことを始めるかもしれません。 でも、ふり返ると「ブログを書くために、いろいろなことをやってきたのだ」と感じます。 人生で経験したことがブログの基礎になっています。 すべて今のための今までなのです。 どんなにうろうろしても、ムダなことは一つもない 全て必要なことです。 今、ブログで心折れそうになっていることも必要なことです。 この後、花を咲かせるには、今にも折れそうな心がなければ面白くありません。 すべては物語を盛り上げる演出です。 寄り道があってこその今なのです。 今まで積み上げてきたことを振り返りましょう。 何もしていないことは、ないはずです。 神様は乗り越えられない試練は与えないことがわかる本【読書感想文・書評】『会う人みんな神さま』中谷 彰宏【著】まとめ 本記事ではの読書感想文を書きました。 本書から学んだこと 言葉には言霊が宿っていて誰にも壊せないことです。 自分だけの大切な言葉を心にしまい、つらい時は思い出しましょう。

次の

神は乗り越えられる試練しか与えない でも、一人で抱える必要ないよ

神様は乗り越えられない試練を与えない

人生を楽しむためには、なぜプラス思考であることが必要なのでしょうか? 楽しいことよりも、辛いことの方が多いのが人生。 そして楽なことよりも、試練の方が多いのが人生。 自分よりも他人の方が幸せそうに見えてしまうのが人間ですが、人生が試練の連続なのは誰にとっても同じです。 ただ、違ってくるのは、その考え方。 プラス思考で生きている人は、人生が楽しくなりますし、常にマイナス思考な人は、暗い人生になります。 神が与えた同じ試練を、プラス思考の人は楽しく乗り越えて行くのに対し、マイナス思考の人は、それを悲劇と捉え、その重さに押しつぶされ暗い人生を送ってしまいます。 神は、乗り越えられる試練しか与えないのです!! それを信じて、その試練をプラス思考で楽しく乗り越えていくことで、幸せな人生が送れます。 では、そのプラス思考とは、どのような考え方のことを指すのでしょうか? ここでは実際に6つのプラス思考について解説してみます。 神は乗り越えられる試練しか与えない!!人生を楽しむ6つのプラス思考 興味のあるところから読んでくださいね• 自分の身に起こることは、全て人生を豊かにする経験! 人生の中で自分の身に起こることは、全て自分の人生を豊かにする経験なのだと考えましょう! 人生経験は人を成長させますし、薄っぺらで空っぽの人生なんてつまりません。 自分の人生は一度きり。 その一度きりの人生の中で起こった全ての出来事は、あなたにしか味わえない貴重な体験なのです。 良い経験も悪い経験も、神が与えてくれた人生を豊かにするための贈り物だとプラス思考で考え、自分自身を成長させるの大切なものとして受け入れていきましょう。 神は乗り越えられる試練しか与えません。 そう信じれば、辛い経験があなたに訪れても大丈夫。 乗り越えられます。 そしてそんな辛い経験も、後々思い浮かべてみると、微笑ましい、人生の大切な思い出になっていたりもします。 失敗することは、成功に一歩近づくヒントをもらったということ! 失敗のないところに、成功はありません。 人間である以上、失敗するのは当然のこと。 その当然のことを受け入れ、自分を責めるのではなく、ポジティブ思考で、許せるようになることが大切です。 失敗してしまったということは、成功に近づくためのヒントを一つ得ることができたということです。 また、成功への階段をまた一段登ったということでもあるのです。 神も理由なしに失敗させたりはしません。 成功までの道のりの中では、どうしても避けて通ることのできない、失敗という通過点もあるのです。 努力は必ず報われる日がくる! 努力をしていれば、必ず神はそれを認めてくれ、報われる日が来ます! 目標が大きければ大きい程、また越える壁は高ければ高い程、それに平行して努力もたくさんしなければなりません。 時間もかかってくるでしょう。 ただ、こつこつと努力を続けていくということは、報われる日に、その目標達成の日に一歩一歩確実に近づいているということです。 人生、一生懸命頑張っていれば、神が必ずそれに見合った良いことをプレゼントしてくれるようになっています。 そのことを信じて、プラス思考でめげずに努力を続けましょう! どんなに深い夜でも、朝陽は必ずまた昇る! どんなに真っ暗闇で深い夜でも、次の日の朝には必ず明るい朝陽が昇ります。 曇りの日もあるかもしれません。 雨が降っている日もあるかもしれません。 しかし、太陽はどんな時でも必ず訪れてくれます。 これは条件を問わず、絶対的な事実です。 私たちの人生においても同じこと。 どんなに辛い、真っ暗闇の中でも生き延びていけるのは、いつか太陽が必ず昇ってくるからです。 そうでなければ、世の中誰も生きてはいけません。 暗闇は太陽の光をより眩しく感じるための準備段階なのだとプラス思考に考えることで、どんな暗闇もポジティブに乗り越えられるようになりましょう! 神は、永遠の暗闇をあなたに与えたりはしません。 自分は世界にひとりだけの素晴らしい存在。 他人と比べることは無意味! 他人と自分を比較することは、マイナス思考につながります。 他人のことは、誰にでも自分よりも賢こそうに、幸せそうに写るもの。 でも実際は、そんなことありません。 自分が勝手な推測をしてしまっているだけで、みんな大変な思いをして生きています。 よって、相手のことをあれこれ想像し、自分と比べる行為はマイナス思考につながるだけで、良いことはありません。 自分は自分。 世界にただ一人の、誰とも比べ物にならない素晴らしい存在です。 今まで、どんなに辛いことでも、頑張って乗り越えてきたのです。 そんな自分を褒め、自信を持って堂々と生きましょう! 笑いながらいきても、泣きながら生きても一度きりの人生! 常にマイナス思考で泣きながら生きても、またプラス思考で笑いながら生きても、人生はただの一度きり。 そして、その人生の時間は限られており、全ての人に100%の確立で終わりは訪れます。 「もうこれしかない」 「お金をドブに捨てた」 「また怪我をした。 自分はとことんついてない」 こんなマイナス思考の連続からなる人生と 「まだこんなにある!」 「自分の勉強の為に良い投資をした」 「生きててよかった」 と、考えるプラス思考の人生。 どちらが楽しいかは明らか。 物事の考え方を反転させるだけで、プラス思考な考え方ができ、こんなにも人生が変わってくるのです。 『私に試練しか与えない』 のではなく、『神は乗り越えることで、人生に喜びを与える試練しか与えない』 とプラス思考で考え、一度きりの人生を楽しんで満喫できるようにしましょう! まとめ いかがでしたか? 人生は、ただ考え方をプラス思考に変えるだけで、その姿をガラリと変えます。 辛いときでも、それは神が自分に与えてくれた、今後の幸せな人生に必要不可欠な試練であるとプラス思考で受け止め、神は乗り越えられる試練しか与えないのだと信じることで、乗り越えていきましょう。 そして、その試練を乗り越えた先には、素晴らしい喜びも待っています。 たった一度きりの人生。 プラス思考で、楽しみながら、一歩一歩確実に歩んでいきましょう! jimさん、コメントありがとうございます。 確かに、jimさんのおっしゃるとおり、難病で苦しみ、最終的に、完治することなく、この世を去られる方も多いと思います。 そういった方々に対して、安易に、『この言葉だけ』を伝えるのは、もはや、バカにしているのも同然でしょう。 ただ、もう一度、記事を読んでいただければ、わかっていただけると思いますが 私が伝えたいことは 『どんな試練も考え方ひとつで変えられる』 という事です。 難病による問題は、医学の進歩や医療費、家族の協力等、闘病者だけでは解決できないことが想像しただけでもあります。 それを、気安く、頑張れば治りますよ、とは口が裂けても言えません。 しかし そのような環境に置かれて、ただただ悲観的に考えて残された時間を浪費するよりも 考え方をシフトして、このような環境『だからこそ』できること、やれることを見い出し、チャレンジする方がどう考えても楽しいと思えてなりません。 jimさんは、どちらが楽しいですか? 記事の表現の仕方が良くなかった部分があり、思いが正しく伝えられていなかったかもしれません。 もしそれが原因で誤解を招いてしまってりましたら、誠に申し訳ございません。 また、コメント頂けると有り難いです。 あなたが辛いとか苦しいと考えているものは、あなたの頭でそうイメージして、大き膨らませている事だと思います。 辛いとか苦しいとか思っていることは実際に存在するものではなく、あなたがそのように思っているだけだと思います。 起こっていることは人それぞれだけど、ほとんど苦しみは人と比べたら、過去の自分の健全な時と比べて、自分の頭の中で起こっているだけだと思います。 同じ出来が事でも捉え方や解釈の違いによって、その人の心境も違うでしょう。 だから、物事に対する捉え方や意味づけを前向きにすること、他の人と比べないこと、人として生きている奇跡に感謝したり、前向きに生きていくための理由づけはいくらでもあると思います。 全ては考え方や行動の習慣がその人の気持ちや気分まで変えられると思います。 最初からそのような考え方はできないと思いますが、時間をかけて前向きな考え方になれるように努力して、習慣化すれば今辛く苦しいと思っている気持ちも楽しく変えられると信じています。 色々な出来事に対して、辛くて苦しいと思っていることは全て頭の中で起こっていることなんです。 ! うちは障害の子がいて、うつが二年前から深まり生き地獄の毎日を送っています。 朝起きてから夜寝るまでずっとキシネンリョが耐えずあるんです。 子供はきれない、先行き不安、顔も変わり果て声も小さくなり、本当に孤独で孤立しています。 日光じんましんや子宮脱もあり、心身共に限界です。 ほんと死にたいです。入院もしましたがうつが一向によくなりません。 障害の子がいなくなれば、うつがよくなる気がしますがそんなの無理。 こんな限界の精神状態なのに、神様はこえられない試練を与えないなんて思えないんです。 こんなにつらく苦しみ続けているのに。ほんとその子を産まなければよかったし、私自身産まれなければよかったです。 こんなにこの世に生きることがつらすぎるとは。 私を産んだ母を恨む気持ちが深まり、私を小学生高学年時代に中学受験に熱心になりすぎて虐待もしてきました。 ほんと、優しい母親、優しいいい子に恵まれたかった。 そういう人たちもたくさんいるでしょうに、ほんとなんで私だけこんな目に。 ほんと死にたいです。 こんなつらく苦しみ続けているのに乗り越えられる試練なんでしょうか。

次の

聖書「乗り越えられない試練は与えない」

神様は乗り越えられない試練を与えない

聖書の言葉「神は乗り越えられる試練しか与えない」 「神は乗り越えられる試練しか与えない」という言葉は、実はすごく長い文章で、聖書に書かれています。 あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。 神は真実である。 あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。 出典:新約聖書「コリント人への第一の手紙」第10章第13節 どうやら神様は、『試練』と同時に『逃げ道』も用意してくれているらしいですよ。 ここからは、試練とは何か?なぜ人は悩み続けるのか?という観点から考えていきましょう。 なぜ「神は乗り切れる悩みしか与えない」と言わないのか? 【神は乗り越えられる試練しか与えない】と言うけど 【神は乗り切れる悩みしか与えない】と言わないのはなぜでしょうか? もしかしたら、翻訳した人の意図が隠されているかもしれないので、聖書の原文を確認してみましょう。 それに対して悩みとは、苦痛や負担を感じている状態です。 ちなみに、 悩むにはこんな意味もあります。 1 決めかねたり解決の方法が見いだせなかったりして、心を痛める。 思いわずらう。 また、病気になる。 非難する。 悩みではなく試練という言葉を使ったのは、 動的に対処することを前提としていたのかもしれなません。 「乗り切る」と「乗り越える」の違い 次に「乗り切る」ではなく「乗り越える」が使われている点についてです。 これも、2つの言葉の意味を調べてみました。 困難などを切り抜けて進む• 困難危機などを切り抜ける 乗り切るとは 【切る】が表しているように、障害物を攻略して物事のゴールにたどり着くこと。 それに対して乗り越えるとは、越えた先に何があるかはわからないので、まだまだ旅の途中というニュアンスがあります。 人はなぜ悩むのか? 先ほど解説した言葉の意味からもわかるように、 悩むとは、解決の方法がわからず精神的に苦痛を感じている状態です。 人間には危険を回避する能力があり、学習能力で1度嫌な思いをしたことに対策を打つこともできるのに、なぜ同じ理由で悩み続ける人がいるのでしょうか? 何度も結婚しては、同じ理由で離婚する人がいのはなぜか? 転職も離婚も最初から望んでいる人はいませんよね。 「今回の経験を活かして、次こそは同じ間違いをしないぞ!」と思って新たな機会に挑戦するのに、結局同じ理由で悩む。 なぜ人は悩むのか?なぜ同じことで何度も悩むのか? 出来事に対してではなく、どう受け取り考えるかで悩む 明治大学の諸富教授は、著書の中でこう解説しています。 人は、自分に起こった出来事に対して悩むのではなく、その出来事をどのように受け取り、考えるかで悩むのです。 自分からパニックに陥るのです。 引用:人生にいかすカウンセリングー自分を見つめる 人とつながる この考えは、論理療法によるものです。 倫理療法の創始者〈アルバート・エリス〉は、 諸富教授は、不合理な信念が続く原因を次の3つとしています。 実際は、過去にどのように教わったかではなく、自分がいまその信念に固執して自分で選択しているのです。 過去の経験で辛かったことや、現在の生活でつらいことは影響を及ぼすかもしれませんが、いまの落ち込みの原因とは考えられないのです。 いままでの習慣や信念を変えるには、強い意志と努力が必要なのです。 引用:人生にいかすカウンセリングー自分を見つめる 人とつながる 「そんなの当たり前じゃん」と思うようなことが書かれていますが、実はどれも無意識にやりがちなことです。 簡単そうに見えて、いざ実行するとなると難しい。 だから、みんな悩み続けるのではないでしょうか。 では、不合理な信念とは、どんな状況なのか。 具体的な例を出してみましょう。 うまくいかない原因を外からの影響と考え、自分の信念を変えないで、外からの事例を変えようとすること 「職場の上司が毎日嫌味を言ってくるので、仕事をやる気にならない。 だから転職しよう。 」 「課長は、ちょっとしたことですぐ怒鳴る。 私がどれだけ不快な思いをしているか気にもかけない。 もっと温和になればいいのに。 」 このケースの信念 「上司は文句を言ってはいけない。 上司は部下のモチベーションを上げるものだ。 」 「イライラしても、人に当たってはいけない。 いつも周囲に気を配り、自分の感情は抑えなければいけいない。 」 不合理な信念に気づき、どうすれば信念が変わるか考えて行動した例 「上司も人間だし、文句を言いたくなるものだ。 上司に頼らず仕事のモチベーションを上げる方法を考えよう。 」 「いつも周囲に気を配ることだけが良い人の条件なのか?人に当たるのはよくないけど、課長もプレッシャーを感じているのかもしれない。 もう少しコミュニケーション取ってみよう。 」 うまくいかないのは、過去にそのように両親や学校で教育されたと考えてしまう 「母親から『いつも笑顔で人には親切にしなさい』と言われ続けた。 だから、私は弱音を吐くのが苦手で人に頼ることができない。 」 「小学校の先生は『あなたが友達を作れないのは、相手の気持ちをわかろうとしないからだ』と言った。 今でも人と会話するときに、自分が空気を読めていない人間のようで不安になる。 」 このケースの信念 「自分の気持ちより相手の感情を優先しなければならない。 困っている人は、いつも率先して助けるべきだ。 」 「友達がいないのは悪いことだ。 人と関わるときは、相手の気持ちを理解しなければならない。 」 不合理な信念に気づき、どうすれば信念が変わるか考えて行動した例 「常に相手の感情を優先させなくてもいい。 私が助けられないときは、誰かにお願いしてみよう。 」 「友達が少なくても自分には価値がある。 相手の気持ちを全て察するのではなく、疑問が浮かんだときに確認しよう。

次の