ゼンリー 王冠マーク。 知ってれば安心。ゼンリーの友達アイコン表示のすべて。気になりますよね?

ピアノのロゴマーク

ゼンリー 王冠マーク

今回は位置情報共有アプリの『Zenly』について• Zenlyとは?• Zenlyの機能• Zenlyの評判 を解説していきます。 Zenlyは位置情報共有アプリ Zenlyは、2015年にフランスのパリでAlexis BonilloとAntoine Martinによって作成されたリアルタイムの位置情報共有アプリです。 位置情報を共有するってどういうことなのかと言うと、そのままズバリ 自分の位置と相手の位置がマップ上にずっと表示された状態となります。 カレンダーや予定表の共有だけでなく、位置情報まで共有する時代になったんですね! ちなみに場所の共有は「携帯番号を知っている人同士」に限定されています。 AndroidとiOSのどちらにもアプリが提供されており、日本だけなく世界中28の言語で展開されているため、今世界が注目する人気アプリとなっています。 続いて、Zenlyの詳しい機能について解説していきます。 スポンサードリンク Zenlyの機能紹介 Zenlyの主な機能は、 場所を友人と共有し、いつでも追跡すること。 また友人の端末のバッテリー残量と電力供給情報(充電状態)を把握することもできます。 リアルタイムの位置だけでなく、動いている方向(方角)、速度も共有できるため、 「どういった手段で・どこへ向かっているのか」まで把握することが出来るすごいアプリです。 無料で利用可能• SMS認証で登録 と簡単に利用を開始することができます。 また気になるプライバシーについても• 携帯番号を知っている友達としかつながらない• 友達との共通の友達が表示されるけど、承認しなければ居場所を知られることはない• どうしても現在地は知られたくない場合は、ゴーストモードに切り替えることで、自分の位置が誰にも分からなくなります• 登録されている一人ひとりに対し、ゴーストモードにするのかリアルタイム表示にするのか設定できます。 となっており、安心して利用することができます。 細かな各機能と利用シチュエーションは次の通り。 この機能を使うことで、例えば「駅へ向けて車で出掛けている」「徒歩で街を歩いている」「建物の中にずっといる」といった、個人の動きを追跡することが出来ます。 具体的には「時速50kmで北に移動へ向かっている」「時速5kmで原宿をウロウロしている」「日中に学校にいる」などの情報がマップ上に表示される仕組みとなっています。 出典:AppAtore また、マップで表示されている友達がいるところまでの到着時間を調べることも出来ますので、待ち合わせの時などに便利です。 出典:AppStore しかし、 ずっと監視されるのは気持ちの良いものではありませんよね。 ご安心ください。 Zenlyはプライバシー対策もばっちりです。 Zenlyにはちゃんと 自分の位置情報を隠す方法『ゴーストモード』が用意されています。 Zenlyでは登録したユーザ同士でメッセージ交換によるコミュニケーションを行う事ができます。 メッセージはテキスト(文字)だけでなく、スタンプや写真の送信も可能です。 バッテリー残量を事前に察知することが出来るので、連絡しても迷惑じゃないか?を心配する必要がありません。 この機能が一番発揮されるのは 雪山へ遊びに行くときや、台風で停電被害に遭っていた場合の安否確認では無いでしょうか? バッテリー状態って意外に重要な情報ですから、この機能を考えた製作者の方の先見の明には驚きます。 これによってマップ上で自分の移動したことがない場所、今まで行ったことのないエリアが分かるので、自分の移動圏が可視化されるので毎日の移動や、休日の散策が楽しいものに変わるでしょう。 また滞在する場所の情報が蓄積され、それに応じたトロフィーの獲得など楽しめる要素となっています。 出典:AppStore Zenlyの評判は? アプリユーザーからの意見をGooglePlayのユーザーレビューから抜粋してご紹介いたします。 利用ユーザーの評判を見ると、やはり位置情報の共有という機能が便利という声が多く聞こえました。 2017年頃のユーザーレビューではSMS認証について不審や不満を抱いた方も何名か見られましたが最近は改善されているようですね。 高評価コメント• 友だちの位置がわかるというのは、単純に待ち合わせの時とかに役に立つ• 接続は問題ないのですが、場所があっちこっち動いて正確な場所を示してくれません• 現在地が全然違うところになって全く役に立たない。 日本にいるのに現在地がロシアなんて 信用度ゼロ。 まとめ 位置情報共有『Zenly(ゼンリー)』の機能と評判についてご紹介しました。 知人友人とのコミュニケーションだけでなく、今後はビジネス利用なども考えられそうな便利機能の数々でしたね。 すでにZenlyを社員の管理に利用する企業もあるのではないでしょうか? Zenlyについて、使用方法や各種機能についても解説していきますので他の記事もご覧ください。 「この機能の使い方が分からない」「Zenlyでこんな事は出来るの?」「もっと詳しく知りたい!」など疑問・質問がある方はコメント欄へお気軽に書き込んでくださいね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 ~~~ この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます• 最近の投稿• 2020-07-20• 2020-07-18• 2020-07-17• 2020-07-16• 2020-07-14• 2020-07-09• 2020-07-08• 人気記事ランキング TOP10• アーカイブ• カテゴリー• 189•

次の

知ってれば安心。ゼンリーの友達アイコン表示のすべて。気になりますよね?

ゼンリー 王冠マーク

Zenly ゼンリー)とは、女子高生の間で人気を集める位置情報シェアアプリです。 このアプリは、友達の現在地がわかる便利なアプリですが、 「位置情報がシェアされるなんて危険なのでは?」 「女子高校生はどのように使っているの?」 という声もよく聞きます。 実は私自身もその一員で、「なぜ人気なのだろう」と疑問を持ち、インターネットで調査し、現役女子高生にも尋ねてみました。 今回はそのように調べ上げた、 Zenlyの便利な利用方法をまとめました。 また、注意点もまとめました。 もし使用する場合は、トラブルが起こらないように注意していただければと思います。 危険性はないの? アプリの機能によって、 個人情報の漏洩や 完全な位置把握によるトラブルへの対策をしています。 以下、App Store からの引用です。 セキュリティ ・携帯番号を知っている友達としかつながらないから、安心 ・友達との共通の友達が表示されるけど、承認しなければ居場所を知られることはありません ・どうしても今は知られたくない場合は、ゴーストモードに切り替えることで、自分の位置が誰にも分からなくなります ・繋がってるひとりひとりに対し、ゴーストにするのかリアルタイム表示にするのかを選択できます。 引用: 上記にも挙げられた特徴的な機能を2つ紹介します。 「プライベートモード」・・・現在の友達とアドレス登録者以外からの友達申請やメッセージを防ぐことができます。 つまり、 リアルなつながりがない(インターネット上のみのつながりの)人とは、アプリ上ではかかわりを持たないということです。 「ゴーストモード」・・・友達に 自分の現在の位置情報を隠すことができます。 いくら友達で会っても、完全に現在地を把握されていると息苦しく感じたり、ばれたくない場合に利用されます。 機能によっては、逆にトラブルを招きかねない場合も想定されますが、上手に使用すれば危険性はなさそうです。 一般的な活用法 ・待ち合わせや合流 大勢での待ち合わせや、約束していたイベントなど、すれ違いが起きやすい場面で目印がなくても会うことができます。 また、近くにいた友達に連絡をして合流するなどの利用方法もあります。 ・子どもの位置確認 こどもがスーパーで迷子になってしまったり、遊びに行っているときなど、親がこどもの安全と行動を確認するときに使われます。 ・携帯を探せる 自分の携帯を無くしてしまったときに、友達の携帯から簡単に自分の携帯の現在地を知ることができます。 ・浮気防止 位置情報を監視されているというスリルが、浮気防止につながるということもあるそうです。 ・「イマドコ」を楽しむ Instagramのストーリーのように、現在の位置情報をリアルタイムに知ることで、話のネタになることもあります。 変わった活用法 1 行った場所データをみることができる ゼンリーって「行った場所」に印がつくんですよ。 わたし的にはこれが気に入っていて。 もっといろんな場所に、行ってみたい気持ちになります。 この王冠マークは「友達で一番そこに行ってる人」です。 自分が渋谷に一番訪れてたら渋谷に王冠がつく。 わたしは王冠が25個あるみたい。 引用: 自分と友達が何度その場所にいったかをZenlyのマップに表示してくれます。 2 自分をやる気にさせる ある大学生は、学校の友だちとZenlyでつながってしまったため、春休みになってずっと家にいると友だちがいない暇人と思われるのが嫌で、出かけるきっかけとなっているという。 「バイトでも入っていたらいいけど、本当はそんなに出かけるところはない。 引用: 「インスタ映え」ならぬ「Zenly映え」という言葉を使っている人もいるようです。 人に見られることによってやる気がでるというタイプの人には動力源となる良い方法かもしれません。 Zenlyを利用する際の注意点 調査の中でいくつか気になるものがあったので書いておきます。 ・現在地設定がオフになっていたり、不具合によって正しく表示されない場合もあったようです。 ・家、職場、学校などが自動的に共有されます。 ・位置情報を常に許可することによって、電池の消耗が普段より大きい可能性があります。 (携帯によって様々です) 頭の片隅に入れておくとトラブルを軽減できるかもしれません。 最後に 私の現役女子高生の友達は、リアルな友達とは一切つながらず、インターネット上の人とのみ位置共有をしていました。 理由を聞くと、普段の生活を知らないからこそ、「家にいるから電話していいかな」「まだ学校だから連絡するのはやめよう」と相手に配慮することができる、とのことでした。 Zenlyを使うことで、トラブルになってしまう可能性もありますが、親しい間柄ならそれ以上の利点もあるのかもしれません。

次の

無料位置共有アプリ『Zenly(ゼンリー)』の基本的な使い方

ゼンリー 王冠マーク

自分の場所・相手の場所が更新できないという不具合は主にAndroidで発生しています。 端末の設定や、アプリの設定次第では、リアルタイムな場所を知ることが可能になります。 Wi-Fiを有効にする ゼンリーでは、詳細な場所を知るために、Wi-Fiを有効にしておく必要があります。 アクティブなWi-Fiでなくても、Wi-Fiポイントから収集することができるので、正確な位置を知ることができます。 コントロールセンターを呼び出し、Wi-Fiを有効にしましょう。 また、Androidの場合は、 データセーバーに制限をつける機能があります。 この制限がかかることで、上手く位置情報を取得できないこともあるので、ゼンリーを使うときは制限を解除しておきましょう。 位置情報の取得設定を確認する ゼンリーは位置情報の取得設定をオンにしておかないと、リアルタイムな場所を知ることができません。 起動時にも確認されますが、リアルタイムな場所が表示されない時は、一度端末の設定を確認してみましょう。 設定より、端末の位置情報が許可されているか確認してみましょう。 使用中のみオンにすると、バックグラウンドでは実行されないので、常にオンがおすすめです。 ロケーションサービスを有効にし、精度を上げる Androidの場合は、ロケーションサービスが無効になっていることで、正確な場所が表示されません。 設定よりオプションを開き、場所を選びます。 設定がオンになっている事を確認し、次に「高精度オプション」をオンにしましょう。 相手の設定でわからないようになっている ゼンリーには 「ゴーストモード」というモードがあります。 ゴーストモードがオンになっていることで、現在地をあいまいにすることができたり、場所の更新をとめることができます。 リアルタイムな場所を教え合いたいのであれば、友人に設定を変えてもらいましょう。 設定はプロフィールの名前の下にある「お化けのマーク」より変更することができます。 通信環境を確認する ゼンリーは通信環境が不安定な事により、リアルタイムな場所が更新されないことがあります。 アップデートでも改善できない場合は、再インストールより改善することもあります。 ゼンリーIDをプロフィールより確認しておき、再インストールを実行してみましょう。 しばらく時間をおく 時間をおくことで、不具合が改善することもあります。 自身だけでなく、ゼンリーを使っているユーザーに不具合が発生している場合は、サーバーが原因の可能性が高いです。 無理なアクセスを繰り返すと、データがクラッシュする恐れもあるので、しばらく時間をおくようにしましょう。 運営に問い合わせる 自身だけが不具合が発生している場合は、運営に問い合わせを行いましょう。 ゼンリーへの問い合わせはアプリより行うことができます。 プロフィール画面より「歯車マーク」をタップします。 下部に進むと「お問い合わせ」があるので、タップしましょう。 内容を入力していくことで、質問が可能になるので、自身で発生している不具合を報告しましょう。

次の