やまもと よし あき。 いけす料理 あき

山本あき展 Aki Yamamoto Exhibition

やまもと よし あき

1960年代に活動した全共闘運動活動家、物理学者。 大阪府生まれ。 東京大学大学院博士課程中退。 1960年(昭35)東京大学理科1類入学。 64年理学部卒業後、同大学院で素粒子論を専攻、京都大学基礎物理学研究所に国内留学する。 69年、大学院在籍中に全国全共闘連合議長に選出され、同じ日に東大安田講堂事件(1969年、全共闘派学生が安田講堂を占拠し、機動隊とのあいだで3日間にわたり攻防が続けられた)の首謀者として指名手配され、翌年逮捕される。 その後、全共闘運動が停滞して組織が解体した後も、東大では地震研究所や応用微生物研究所(名称いずれも当時)の闘争を発端とする東大全学臨時職員雇用問題を巡る闘争が長期にわたって展開され、その過程で山本は数少ない活動家の一人として最後まで係わった。 学生運動から退いた後は学校法人駿台 すんだい 予備校に勤務し、一物理学徒、科学史家として研究生活に専念する。 山本が大学に入学したのは60年安保闘争の年であった。 当初から特定党派には属さず、「非セクト活動家」であった。 62年大学管理法案反対闘争では「安田講堂前テント座り込み闘争」に参加。 65年「非セクト・個人加盟組織」を原則にした理学部学生中心の「東大ベトナム反戦会議」を結成。 ベトナム反戦闘争や全共闘運動の高揚のなかで、学問研究の内実や主体のあり方が厳しく問われ、日本物理学会においても山本をはじめ若い物理学徒はその主題を提起した。 67年、日本物理学会臨時総会では、1年前に開催された日本物理学会主催、日本学術会議後援「第8回国際半導体会議」に際して、米国陸軍極東研究開発局の資金が持ち込まれたことに対する厳しい理事会批判が行われた。 その結果、総会は「日本物理学会は今後内外を問わず、一切の軍隊からの援助、その他一切の協力関係をもたない」ことを決議した。 この決議は、その後28年間にわたって日本物理学会総会のプログラム第1ページに掲げられていた。 68年、東大安田講堂攻防戦の半年前、学内のセクト・ノンセクト活動家によって東大闘争全学共闘会議(東大全共闘)が結成された。 山本は司会をし、そのまま「代表」に選出されるはずであった。 しかし、「共闘会議はあくまでも構成員全員が代表であり、個人によって体現されるべきではない」という組織原則によって、「名目的代表」は置かないで、テーマ別に「実質的代表格」が任務を分担し、山本もその一人となった。 69年全国全共闘連合が結成され、山本を議長に、日本大学の秋田明大 あけひろ を副議長に選出する。 しかし全共闘連合はこの結成大会をピークに解体の一途を辿り、70年代前半で幕を閉じた。 では、山本が自らを封印して久しい全共闘運動の歴史的背景には何が存在していたか。 そこには、60年池田勇人 はやと 内閣の「所得倍増」のかけ声とともに始まった日本の高度経済成長政策に伴うインフレと労働力不足があり、同時に大学生数が百万名を突破(1964)、大卒者数が中卒者数を上回る(1970)というひずみを内包した大学再編過程と、それと表裏をなす大学の不正入試、学費値上げ、学生会館管理運営、学友会費凍結問題などのさまざまな個別的課題が混在していた。 これらの諸問題を契機にして、学園闘争はやがて大学叛乱・全共闘運動、70年安保・沖縄返還闘争へと合流していった。 さらに、第二次世界大戦後いち早く再建された大学自治会の活動組織形態については、これを戦後ブルジョア・デモクラシーという形式民主主義の虚妄性を象徴した管理組織=ポツダム自治会(第二次世界大戦後結成された全員参加型自治会)であり、全員加盟制、全員投票、多数決方式という形式主義的組織形態であると、否定的に批判しつつ、それを超えた自由で自立した諸個人による直接参加・行動に基づく自主的団結形態を基盤としたコンミューン型団結組織=全共闘会議という運動組織を提起して実現を目指し、その規模も全国主要大学の半数以上に達した。 山本はこのような激動の歴史のなかに自己の定立を求めた。 「デモから帰ると平和な研究室があり、研究できるというのはたまらない欺瞞である。 研究室と街頭の亀裂は両者を往復しても埋められない。 では研究をやめるべきか。 それは矛盾の止揚ではなく、矛盾からの逃避ではないか。 徹底した批判的原理に基づいて自己の日常的存在を検証し、普遍的な認識に立ち返る努力をすること。 そうして得られた認識に従って、社会に寄生し、労働者階級に敵対している自己を否定し、そこから社会的変革を実践する」(「攻撃的知性の復権」『朝日ジャーナル』1969年3月2日号所収)。 当時、山本は自身の置かれていた状況についてこのように述べていた。 70年安保闘争・全共闘運動の退潮と共に、多くの活動家が大学に復帰するなかで、山本は大学へは戻らず、教育の矛盾の結節点ともいうべき大学予備校の教師となった。 予備校生からは高い評価と人気を集め、大学で物理学、科学史、科学哲学を学ぶ多くの物理学徒を送り出し、自らも物理学者、科学史家としての研究を続けた。 学界に属さないため、東大物性研図書館で図書閲覧を拒否されるなど在野の研究者の不便を強いられたり、「研究者集団との没交渉」に不安を抱きつつも、予備校の教え子が外国から送ってくれた資料のコピーに助けられることも多かった。 このような孤高の物理学史研究の中で「プロの研究者が考えつかなかった独自の論点=遠隔作用」と綿密な文献考証によって画期的な力学通史『磁力と重力の発見』(2003)を発表し、同書で毎日出版文化賞、大仏 おさらぎ 次郎賞、パピルス賞(財団法人関科学技術振興記念財団が創設した賞。 科学・技術書部門、人文・社会科学書部門で学問と社会をつなぐ役割を果たした著書を顕彰する)を受賞した。 同書は、磁力と重力との親縁性を通じて、西洋近代科学の誕生を解き明かしたもので、とりわけ古代・中世に関する科学史的な考察は、日本では類を見ない。 しかも、これは専門の研究者集団の外で「手探りで勉強を続けながら」書かれ、それ故にこそ独創的な仕事となった。 そのほかの著書には『知性の反乱』(1969)、『熱学思想の史的展開』(1987)、『古典力学の形成』(1997)、『解析力学』(1998。 共著)などがあり、ボーアやカッシーラーの翻訳書もある。

次の

山本あき展 Aki Yamamoto Exhibition

やまもと よし あき

人物 [ ]• 石川県白山市鶴来(旧石川県)生まれ。 本名同じ。 演歌好きの母親が、特にファンだったにちなんで、「 亜紀」と名付けようとしたが、字画数が悪くなることなどから平仮名で「 あき」にしたという。 三人姉弟の二番目。 上に姉、下に弟。 父親は趣味の一環でありながら本格的な手品を披露するマジシャンで地元を中心に公演や講師活動を務め、母親も地元で活躍するプロ演歌歌手。 この様な芸能一家血筋で育ったあきも幼少時から次第に芸能界に憧れと志を持つ様になる。 弟も後に家族の影響を受け自費出版ながら自ら作詞作曲作品を発表し、ポップス系歌手活動中。 家族と共に数々のイベントに出演している。 幼少時代は、母親の勧めで地元放送局・(ITC)の歌番組『』などに出場。 学生時代は同級生とロックバンドを結成し、活躍していた。 高校卒業後もロックバンドで活動を続けていたが、メンバーの仕事や趣味との両立が困難となりやがて解散。 に企画イベントの一環として、市内の繁華街でギター片手に「流し」を体験。 演歌をはじめ、次第に大衆歌謡曲にも興味を持つようになっていった。 特に、の「」には強い感銘を受け、現在もコンサートなどで自らの弾き語りで披露している。 翌年に本格的に演歌のレッスンを開始。 作曲家のの門下生としてデビューまでの間、アルバイトで生活費を捻出しながらの下積みやレッスンが続いた。 数々の全国著名カラオケ大会にも出場し、ステージ実践感覚も養いながらプロになるための礎を築いてゆく。 そしてキングレコードの新人歌手オーディションに於いて、多数の受験者の中で激戦を勝ち抜き優勝。 念願のメジャー歌手デビューへの登竜門突破を果たす。 そして、キングレコードグループの全面的なバックアップと、キングレコード創業75周年記念アーティストという期待を込められた中、「哀しみ模様」でデビューした。 しかしながら、大型新人演歌歌手として鳴り物入りでデビューしたものの、週間シングルチャートの最高位は126位に終わり、必ずしも順調な船出とは言えなかった。 その一方、当時デビューする演歌歌手が少なかったこともあって将来性を評価され、新人賞を受賞した。 趣味は映画鑑賞やスポーツジムでのエクササイズ。 現在はマラソンに挑戦中。 パソコンやデジタル機器の扱いは大の苦手である。 高校時はバスケットボール部に所属。 2019年7月25日、「山本あきofficial web site」で2019年10月末日を持って活動休止することを発表 経歴 [ ]• 2006年6月21日 キングレコード創業75周年記念アーティストとして「哀しみ模様」でデビュー。 同年10月 新進歌手奨励賞受賞。 同年12月 第48回輝く! 日本レコード大賞新人賞受賞。 2007年5月23日 セカンドシングル「幸せの行方」発売。 2008年5月21日 3rdシングル「涙の河を越えて」発売。 2008年7月23日 オリジナル曲にカバー曲を加えた全12曲入りファーストアルバム『あきがたり』を発売。 五木ひろしのカバー曲「ふるさと」では山本の地元、石川県のファン達によるバックコーラス隊の歌声も収録され、レコーディング後は感激のあまり号泣したというエピソードを残した。 2008年11月28日 自身初の大規模ソロコンサート「ファースト・コンサート」を故郷ので開催。 ホールの席数キャパを越える観客が集まった。 2009年6月1日 公式ブログに替わり本格的HP、official web site開設。 (公式サイト参照)• 2009年6月10日 4thシングル「愛がみえない」発売。 デビューからの作品を歌い続けてきたが、今回は作詞:、作曲:の楽曲を受け、これまでと違ったサポート陣で挑戦する。 2010年3月10日 5thシングル「」発売。 この曲は1982年にがカバーした、花岡優平率いるフォークグループ「音つばめ」の楽曲である。 2011年2月9日 6thシングル「男女川〜みなのがわ〜」リリース。 今回は新たにが製作に参加。 NHKラジオ「ユアソング」の2月・3月度のタイアップソングに採用された。 同年12月 再び聖川湧の楽曲で7thシングル「恋…一夜」リリース。 第44回日本作詩大賞 最優秀新人賞作品となる。 2012年1月25日 セカンドアルバム「あきがたりII」発売。 同年9月26日 自身初となるご当地ソング 8thシングル「金沢わすれ雨」発売。 2013年7月24日 幸せ演歌9thシングル「春ふたつ」発売。 2014年4月23日 初の本格演歌10thシングル「砂の橋」発売。 この楽曲から着物を着て歌唱。 同年10月8日 初の全曲集「山本あき全曲集」発売。 同年11月5日 「歌カラ全曲集ベスト8山本あき」発売。 2015年2月4日 両A面11thシングル「十六夜化粧」「琵琶湖哀歌」発売。 同年10月5日 日本作曲家協会音楽祭2015に於いて「十六夜化粧」が奨励賞を受賞。 2016年2月10日 12thシングル初めて大阪をテーマにした作品「大阪さみしがり」を発売。 着物から洋服へ。 髪型もショートにしてイメージチェンジを図った。 同年2月27日 地元金沢東急ホテルに於いて初の自主公演。 デビュー10周年記念「山本あきディナーショー」感謝をあなたへ…。 を開催。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ] No. 哀しみ模様(作詞: 作曲: 編曲:)• オリジナル楽曲• 幸せの行方(作詞:麻こよみ 作曲:聖川湧 編曲:石倉重信)• オリジナル楽曲• 涙の河を越えて(作詞: 作曲:聖川湧 編曲:)• オリジナル楽曲• 時間(とき)のしずく(作詞:石原信一 作曲:聖川湧 編曲:石倉重信)• オリジナル楽曲• 想い出まくら(作詞:作曲: 編曲:高島政晴)• 小坂恭子のカバー楽曲• (作詞:作曲: 編曲:高島政晴)• のカバー楽曲• この線路をゆけば(作詞:森田由美 作曲:聖川湧 編曲:斉藤功)• オリジナル楽曲• 伝わりますか(作詞:作曲: 編曲:伊戸のりお)• のカバー楽曲• (作詞: 作曲: 編曲:伊戸のりお)• 藤圭子のカバー楽曲• 星空の下で(作詞:石原信一 作曲:聖川湧 編曲:斉藤功)• オリジナル楽曲• (作詞: 作曲: 編曲:伊戸のりお)• のカバー楽曲• (作詞: 作曲: 編曲:高島政晴)コーラス:ふるさと石川県コーラス隊• のカバー楽曲 あきがたりII [ ] 発売 KICX-817• 男女川~みなのがわ~• 愛の終りに(アナザーバージョン)• 別れのキャンドル• 愛がみえない• 終われない夏• 涙しか送れない• 愛は蜃気楼• のカバー曲• のカバー曲• 寄り道• 孤愁人 ベストアルバム [ ]• 山本あき全曲集 発売 KICX-4378• 歌カラ全曲集ベスト8 山本あき 発売 KICX-4398• 山本あき全曲集2016 発売 KICX-4526 DVD [ ]• 山本あきDVDカラオケ全曲集ベスト8 発売 KIBK-6026 番組出演 [ ] 主な出演 [ ]• NHK金曜バラエティー• NHK歌謡コンサート• NHKBS日本のうた• NHKラジオきらめき歌謡ライブ• NHKラジオ日曜バラエティー レギュラー出演していた番組 [ ]• 「歌の交差点」(毎週木曜午後7時~、全国10局ネット) 2016年12月29日番組終了• 「杉紀彦のラジオ村」(毎週月曜~金曜午前5時30分~6時30分)ランダムレギュラーアシスタント、ラジオ村の朝顔として出演 2017年3月31日番組終了• 「平成歌謡塾2」 毎週金曜午前5時30分~6時00分、隔月司会担当• 「歌謡塾」 水曜午前5時~5時30分 2019年4月5日、12日、19日、26日 BS12から放送枠移動 5月から「令和歌謡塾」に番組タイトル変更に合わせ司会者交代のため、出光仁美と共に降板 外部リンク [ ]•

次の

特別区長会 23区長の紹介

やまもと よし あき

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 やまも [ ] やまもか [ ]• (ヤマモガシか)【】• (ヤマモガシもく)【被子植物】 やまもと [ ]• (やまもと)【曖昧】 やまもとあ [ ]• (やまもとあい)【声優】• (やまもとあかね)【】• (やまもとあき)【】• (やまもとあきこ)【曖昧さ回避】• (やまもとあきひこ)【】• (やまもとあきや)【フードファイター】• (やまもとあきら)【架空人】• (やまもとあきら)【】• (やまもとあきら)【曖昧】• (やまもとあさみ)【歌手】• (やまもとあずさ)【女優】• (やまもとあつし)【曖昧】• (やまもとあつじ)【】• (やまもとあつむ)【】• (やまもとあやの)【】• (やまもとあゆむ)【】 やまもとい [ ]• (やまもといくえい)【レスリング選手】• (やまもといくこ)【歌手】• (やまもといせん)【実業家・教育者】• (やまもといそろく)【】• (やまもといたる)【声優】• (やまもといちた)【政治家】• (やまもといちりき)【】• (やまもといちろう)【】• (やまもといっせい)【】• (やまもとインターチェンジ)【常磐自動車道】 やまもとう [ ]• (やまもとうたろう)【技術者】 やまもとえ [ ]• (やまもとえいいちろう)【野球選手】• (やまもとえいいちろう)【野球選手】• (やまもとえいすけ)【軍人】• (やまもとえき)【曖昧さ回避】• (やまもとえみ)【】• (やまもとえみ)【声優】• (やまもとえみ)【タレント】 やまもとお [ ]• (やまもとおさむ)【漫画家】• (やまもとおさむ)【意匠家】• (やまもとおとや)【作家】 やまもとか [ ]• (やまもとかいと)【蹴球選手】• (やまもとかおり)【】• (やまもとかおり)【シンガーソングライター】• (やまもとかおり)【モデル、アイドル】• (やまもとかおる)【アナウンサー】• (やまもとかおる)• (やまもとかおる)• (やまもとかがくこうぎょう)【企業】• (やまもとがく)【俳優】• (やまもとかくよし)【武術家】• (やまもとかじろう)【映画監督】• (やまもとかずえ)【ゲーム作者】• (やまもとかずお)【者】• (やまもとかずお)【野球選手】• (やまもとかずお)【心理学者】• (やまもとかずき)【】• (やまもとかずき)【漫画家】• (やまもとかずとみ)【声優】• (やまもとかずとも)【】• (やまもとかずのり)【野球選手】• (やまもとかずのり)【野球選手】• (やまもとかずひこ)【】• 【漫画家】• (やまもとかずゆき)【アナウンサー】• (やまもとかずゆき)【野球選手】• (やまもとかずよし)【野球選手・指導者】• (やまもとかつみ)【曖昧】• (やまもとかつみ)【建築家】• (やまもとかつみ)【レーサー】• (やまもとかつみ)【法学者】• (やまもとかつら)【野球選手】• (やまもとかなえ)【】• (やまもとかなえ)【政治家】• (やまもとかなき)【軍人】• (やまもとかねひら)【声優】• (やまもとかよ)【タレント】• (やまもとかんさい)【意匠家】• (やまもとかんすけ)【】• (やまもとかんすけ)【】• (やまもとかんぞう)【戦国武将】 やまもとき [ ]• (やまもときゅうじょう)【曖昧さ回避】• (やまもときゅうじん)【画家】• (やまもときょうこ)【曖昧さ回避】• (やまもときょうじ)【音楽家】• 【撮影監督】• (やまもときよかず)【】• (やまもときよかず)【】• (やまもときよかつ)【軍人】• (やまもときよし)【映画監督】• (やまもときよし)【曖昧】• (やまもときよし)【労働問題研究者】• (やまもときよと)【レーシングドライバー】 やまもとく [ ]• (やまもとぐん)【】• 【廃郡】• 【廃郡】• 【廃郡】 やまもとけ [ ]• (やまもとけい)【俳優】• (やまもとけいいち)【】• (やまもとけいいちろう)【】• (やまもとけいこ)【声優】• (やまもとけいご)【サポーター】• (やまもとけいさぶろう)【政治家】• (やまもとケイジ)【】• (やまもとけいじ)【レスラー】• (やまもとけいすけ)【曖昧さ回避】• (やまもとけいぞう)【法学者】• (やまもとけん)【法学者】• (やまもとけんいち)【作家】• (やまもとけんいち)【曖昧さ回避】• 【自動車技術者】• (やまもとけんいち)【格闘家】• (やまもとげんき)【アナウンサー】• (やまもとげんきち)【囲碁棋士】• (やまもとげんきのサウンドコレクション)【】• (やまもとけんきち)【】• (やまもとけんじ)【作曲家】• (やまもとけんじ)【執筆家】• (やまもとけんじ)【作曲家】• (やまもとけんじ)【漫画家】• (やまもとけんじ)【実業家】• (やまもとけんじゅ)【野球選手】• (やまもとけんしょう)【俳優・声優・演出家】• (やまもとけんぞう)【】• (やまもとけんぞう)【家】• (やまもとけんと)【】• (やまもとげんぽう)【】 やまもとこ [ ]• (やまもとこういち)【政治家】• (やまもとこういち)【絵師】• (やまもとこういち)【政治家】• (やまもとこういち)【アナウンサー】• (やまもとこういち)【曖昧さ回避】• (やまもとこうがく)【企業】• (やまもとこうし)【野球選手】• (やまもとこうし)【】• (やまもとこうじ)【野球選手】• (やまもとこうじ)【野球選手】• (やまもとこうじ)【学者】• (やまもとこうじ)【】• (やまもとこうじ)【野球選手】• (やまもとこうじ)【競艇選手】• (やまもとこうじ)【曖昧さ回避】• (やまもとこうじ)【俳優】• (やまもとこうすけ)【サッカー選手】• (やまもとこうぞう)【政治家】• (やまもとコウタロー)【歌手】• (やまもとこうたろう)【旅行作家・劇作家】• (やまもとこうへい)【俳優】• (やまもとこうほ)【画家】• (やまもとここな)【モデル】• (やまもとこてつ)【レスラー】• (やまもとことの)【歌手】• (やまもとこやた)【】• (やまもとごんべえ)【政治家・軍人】 やまもとさ [ ]• (やまもとさおり)【アイドル】• (やまもとさこん)【運転手】• (やまもとさだゆき)【戦国武将】• (やまもとさちお)【政治家】• (やまもとさつお)【映画監督】• (やまもとさとこ)【歌手】• (やまもとサトシ)【漫画家】• (やまもとさとし)【曖昧さ回避】• (やまもとさとみ)【体操選手】• (やまもとさねひこ)【実業家・政治家】• (やまもとさもん)【政治学者】• (やまもとさやか)【タレント】• (やまもとさやか)【歌手・女優】• (やまもとさゆり)【声優】• (やまもとさわこ)【】• (やまもとさん)【マスコット】 やまもとし [ ]• (やまもとしおり)【】• (やまもとしげき)【】• (やまもとしげたろう)【官僚】• 【官僚】• (やまもとしげまさ)【野球選手】• (やまもとしげみ)【小説家】• (やまもとしげや)【イラストレーター】• (やまもとじしょう)【福祉活動家】• (やまもとしずお)【野球選手】• (やまもとしずか)【バドミントン選手】• (やまもとしずひこ)【警察官僚】• (やまもとしちへい)【】• (やまもとしのぶ)• (やまもとしほ)【アナウンサー】• (やまもとしゅう)【DJ】• (やまもとしゅう)【報道人】• (やまもとしゅうこ)【アナウンサー】• (やまもとしゅうごろう)【作家】• (やまもとしゅうじ)• (やまもとしゅうと)【サッカー選手】• (やまもとしゅぞう)【】• (やまもとしゅれい)【絵師】• (やまもとじゅん)【野球選手】• (やまもとじゅん)【アナウンサー】• (やまもとじゅんいち)【歌手】• (やまもとじゅんいち)• (やまもとしゅんいち)【衛生学者】• (やまもとしゅんきょ)【日本画家】• (やまもとじゅんこ)【歌手】• (やまもとじゅんじ)【漫画家】• (やまもとじゅんじ)【官僚】• (やまもとじゅんぞう)【政治家】• (やまもとじゅんぞう)【政治家】• (やまもとじゅんのすけ)【作曲家】• (やまもとじゅんや)【アナウンサー】• (やまもとしょう)【野球選手】• (やまもとじょう)【野球選手】• (やまもとしょううん)【日本画家・版画家】• (やまもとしょうご)【野球選手】• (やまもとしょうじ)【気象予報士】• (やまもとしょうじ)【騎手】• (やまもとじょうじ)【歌手】• (やまもとじょうじ)【政治家】• (やまもとじょうたろう)【実業家】• (やまもとじょうちょう)【武士】• (やまもとしょうへい)【俳優】• (やまもとしょうへい)【蹴球選手】• (やまもとしょうま)【俳優】• (ヤマモトしょくひん)【企業】• (やまもとしょてん)【】• (やまもとしろう)【英文学者】• (やまもとしん)【文学者】• (やまもとしんいち)【曖昧さ回避】• (やまもとしんいち)【アナウンサー】• (やまもとしんご)【】• (やまもとしんご)【出演者】• (やまもとしんじ)【彫師】• (やまもとしんでん)【曖昧】• (やまもとしんや)【映画監督】 やまもとす [ ]• (やまもとすぎ)【性医学者】• (やまもとスーザンくみこ)【歌手】• (やまもとすすむ)【研究家】• (やまもとすみか)【漫画家】 やまもとせ [ ]• (やまもとせいいち)【音楽家】• (やまもとせいこ)【レスラー】• (やまもとせいじろう)【検察官】• (やまもとせいぞう)【野球選手】• (やまもとせいふん)【食品メーカー】• (やまもとせん)【俳優・声優・ナレーター】• (やまもとせんじ)【政治家】• (やまもとせんじ)【選手】• (やまもとせんじろうともうします)【漫画】• (やまもとそういちろう)【政治家】• (やまもとそうじ)【法学者】 やまもとた [ ]• (やまもとだいき)【野球選手】• (やまもとだいき)【サッカー選手】• (やまもとたいじ)【バレーボール選手】• (やまもとたいすけ)【声優】• (やまもとだいすけ)【曖昧さ回避】• (やまもと たいと)【会社役員、政治家】• (やまもとたかあき)【アナウンサー】• (やまもとたかお)【TV局員】• (やまもとたかし)【】• (やまもとたかし)【評論家】• (やまもとたかし)【神話学者】• (やまもとたかし)【政治家】• (やまもとたかし)【TV制作者】• (やまもとたかし)【奏者】• (やまもとたかし)【選手】• (やまもとたかし)【曖昧】• (やまもとタカト)【画家】• (やまもとたかのり)【野球審判員】• (やまもとたかひこ)【政治家】• (やまもとたかひろ)【芸人】• (やまもとたかひろ)【選手】• (やまもとたかゆき)【官僚】• (やまもとたかゆき)【曖昧】• (やまもとたく)【曖昧さ回避】• (やまもとたくお)【音楽家】• (やまもとたくじ)【野球選手】• (やまもとたくま)【技術者】• (やまもとたくや)【曖昧さ回避】• (やまもとたくや)【サッカー選手】• (やまもとたくや)【フードファイター】• (やまもとたくや)【アナウンサー】• (やまもとたけし)【曖昧】• 【架空の人物】• (やまもとたけし)【俳優】• (やまもとたけし)【アナウンサー】• (やまもとたけとし)【歴史学者】• (やまもとたけはる)【作曲家・ギタリスト】• (やまもとたけひこ)【政治学者】• (やまもとたださぶろう)【実業家】• (やまもとたつお)【政治家】• (やまもとたつお)【バレーボール選手】• (やまもとたつき)【野球選手】• (やまもとたつひこ)【歌手】• (やまもとたつま)【パワーリフティング選手】• (やまもとたつろう)【歴史学者】• (やまもとためさぶろう)【実業家】• (やまもとたもつ)【政治家】• (やまもとたろう)【俳優】 やまもとち [ ]• (やまもとちおり)【料理人】• (やまもとちか)【バスケットボール選手】• (やまもとちかお)【軍人】• (やまもとちから)【指揮者】• (やまもとちくうん)【篆刻家・茶人】• (やまもとちとせ)【レスラー】• (やまもとちなつ)【タレント・グラビアアイドル】• (やまもとちゅうがっこう)【曖昧さ回避】• (やまもとちょう)【】• やまもとちょう• (やまもとちょう)【曖昧さ回避】• (やまもとちょうちょうみんバス)【コミュニティバス】• (やまもとちょうりつやましたちゅうがっこう) やまもとつ [ ]• (やまもとつとむ)【美術史学者】• (やまもとつよし) やまもとて [ ]• (やまもとてい)【東京都の建築物】• (やまもとていじろう)【政治家】• (やまもとてつじ)【者】• (やまもとてつじ)【ゲーム作者】• (やまもとてつじ)【馬主・実業家】• (やまもとてつや)【野球監督】• (やまもとてつや)【曖昧さ回避】• (やまもとてるゆき)【法学者】 やまもとと [ ]• (やまもととうこ)【】• (やまもととうごう)【俳優】• (やまもととうしゅう)【陶芸家】• (やまもととおる)【曖昧】• (やまもとときお)【】• (やまもとときこ)【夫人】• (やまもととくげん)【実業家】• (やまもととくさぶろう)【技師】• (やまもととしはる)【医師】• (やまもととみお)【政治家】• (やまもとともいち)【政治家】• (やまもとともひろ)【政治家】• (やまもととよいち)【彫刻家】• (やまもとトレーニングセンター)【競馬施設】 やまもとな [ ]• (やまもとないかく)【曖昧さ回避】• (やまもとなおき)【漫画家】• (やまもとなおき)【レーシングドライバー】• (やまっもとなおこ)【アニメーター】• (やまもとなおずみ)【音楽家】• (やまもとなおひで)【性教育者】• (やまもとなおひろ)【俳優・声優】• (やまもとなおふみ)【レスラー】• (やまもとなおみ)【芸人】• (やまもとなおや)【アナウンサー】• (やまもとなおよし)【実業家】• (やまもとなつこ)【女優】• (やまもとなつひこ)【】 やまもとに [ ]• (やまもとにぞう)【美術監督】 やまもとの [ ]• (やまもとのうがくどう)【大阪市の建築物】• (やまもとのぞみ)【声優】• (やまもとのぶき)【歴史学者】• (やまもとのぶと)【政治学者】• (やまもとのぶゆき)【曖昧】• (やまもとのぶゆき)• (やまもとのりふみ)【格闘家】 やまもとは [ ]• (やまもとはじめ)【ミュージシャン】• (やまもとはじめ)【曖昧さ回避】• 【解説委員】• 【アナウンサー】• (やまもとはたお)【シベリア抑留経験者】• (やまもとはちろう)【野球選手】• (やまもとはちろう)【釣り師】• (やまもとはちまんぐう)【曖昧さ回避】• (やまもとはな)【声優】• (やまもとはるきち)【音楽家】• (やまもとはるよし)【曖昧さ回避】 やまもとひ [ ]• (やまもとひこ)【テレビディレクター】• (やまもとひさし)【】• (やまもとひでお)【漫画家】• (やまもとひでお)【】• (やまもとひでお)【野球選手】• (やまもとひでおみ)【サッカー選手】• (やまもとひでとし)【実業家】• (やまもとひでみ)【音楽家】• (やまもとひとし)【野球選手】• (やまもとひろあき)【野球選手】• (やまもとひろこ)【神話学者】• (やまもとひろし)【曖昧さ回避】• (やまもとひろし)【】• (やまもとひろし)【曖昧さ回避】• (やまもとひろし)【アナウンサー】• (やまもとひろし)【曖昧さ回避】• (やまもとひろし)【政治家】• (やまもとひろふみ)【歴史学者】• (やまもとひろまさ)【サッカー選手】• (やまもとひろみ)【選手】• (やまもとひろみ)【】• (やまもとひろやす)【サッカー選手・指導者】• (やまもとひろゆき)【曖昧】• (やまもとひろゆき)【作曲家】• 【曖昧さ回避】• やまもとふ [ ]• (やまもとふじこ)【女優】• (やまもとふみえ)【TV制作者】• (やまもとふみお)【野球選手・審判員】• (やまもとふみお)【アナウンサー】• (やまもとふみお)【作家】• (やまもとふみや)【蹴球選手】 やまもとへ [ ]• やまもとへいきち 【地本問屋】• やまもとへいきち 【猟師】• やまもとへいや 【軍人】 やまもとほ [ ]• (やまもとほうすい)【】• (やまもとほくざん)【】 やまもとま [ ]• (やまもとまい)【籠球選手】• (やまもとまいこ)【アナウンサー】• (やまもとまこと)【哲学者】• (やまもとまこと)【野球選手】• (やまもとまごはる)【政治家】• (やまもとまさ)【野球選手】• (やまもとまさお)【サッカー選手】• (やまもとまさお)【野球選手】• (やまもとまさかず)【能楽師】• (やまもとまさかつ)【制作者】• (やまもとまさき)【蹴球選手】• (やまもとまさき)【社会福祉事業家】• (やまもとまさくに)【蹴球選手・指導者】• (やまもとまさこ)【女優】• (やまもとまさし)【映画監督】• (やまもとまさと)【曖昧さ回避】• (やまもとまさのぶ)【】• (やまもとまさのり)【野球選手】• (やまもとまさはる)【漫画家】• (やまもとまさひろ)【】• (やまもとまさひろ)【政治家】• (やまもとまさひろ)【実業家】• (やまもとまさひろ)【キックボクサー】• (やまもとまさふみ)【写真家】• 【芸人】• (やまもとまさみ)【曖昧さ回避】• (やまもとまさみち)【レーサー】• (やまもとまさゆき)【漫画家】• (やまもとまさゆき)【医学者】• (やまもとまさゆき)【生物学者】• (やまもとまさゆき)【歌手】• (やまもとまさよ)【作家】• (やまもとますひろ)【料理評論家】• (やまもとますみ)【アナウンサー】• (やまもとまたいちろう)【映画制作者】• (やまもとまち)【曖昧さ回避】• (やまもとまつよ)【翻訳家】• (やまもとまとり)【文化人類学者】• (やまもとまなか)【子役】• (やまもとまゆこ)【アナウンサー】• (やまもとまゆ)【女優】• (やまもとまゆみ)【レスラー】• (やまもとまゆみ)【女優・落語家】• (やまもとまゆり)【漫画家】• (やまもとまよ)【女優】• (やまもとまりあ)【声優】• 【ラジオ番組】• (やまもとまんた)【俳優】 やまもとみ [ ]• (やまもとみえ)【歌手】• (やまもとみか)【報道人】• (やまもとみき)【アナウンサー】• (やまもとみずき)【声優】• (やまもとみちお)【映画監督】• (やまもとみちこ)【曖昧さ回避】• (やまもとみちこ)【詩人】• (やまもとみつのぶ)【野球選手】• (やまもとみつゆき)【戦国武将】• (やまもとみどり)【女優】• (やまもとみゆう)【レスラー】• (やまもとみゆき)【歌手】• (やまもとみゆき)【声優】• (やまもとみらい)【女優】 やまもとも [ ]• (やまもとモナ)【アナウンサー】• (やまもともりお)【写真家】• (やまもともりひさ)【放送作家】 やまもとや [ ]• (やまもとやえ)【曖昧さ回避】• (やまもとやすいちろう)【アニメ監督】• (やまもとやすし)【野球選手】• (やまもとやすし)【野球選手】• (やまもとやすじろう)【海軍軍人】• (やまもとやすと)【漫画家】• (やまもとやすまさ)【自衛官】• (やまもとやすゆき)【アナウンサー】• (やまもちやへいきち)【】• (やまもとやま)【食品会社】• (やまもとやまだ)【歌手グループ】• (やまもとやまりゅうた)【力士】• (やまもとヤマト)【イラストレーター】 やまもとゆ [ ]• (やまもとゆう)【脚本家】• (やまもとゆうこ)【漫画家】• (やまもとゆうすけ)【アニメ監督】• (やまもとゆうすけ)【タレント】• (やまもとゆうじ)【新聞記者】• (やまもとゆうじ)【政治家】• (やまもとゆうじ)【軍人】• (やまもとゆうじろう)【プロレスラー、総合格闘家】• (やまもとゆうぞう)【劇作家】• (やまもとゆうや)【格闘家】• (やまもとゆかり)【歌手】• (やまもとゆかり)【女優】• (やまもとゆき)【タレント】• (やまもとゆき)【空手家】• (やまもとゆきこ)【実業家】• (やまもとゆきひこ)【教育者・政治家】• (やまもとゆきひさ)【作家】• (やまもとゆたか)【曖昧】• (やまもとゆみ)【モデル】• (やまもとゆみこ)【アナウンサー】• (やまもとゆみこ)【作家】• (やまもとゆりこ)【声優】• やまもとよ [ ]• (やまもとよう)【小説家】• (やまもとよういち)【俳優】• (やまもとようこ)【女優】• (やまもとようこ)【曖昧さ回避】• (やまもとようこ)【銅版画家】• (やまもとようじ)【意匠家】• (やまもとようすけ)【柔道家】• (やまもとようすけ)【作曲家】• (やまもとよしあき)【俳優】• (やまもとよしお)【軍人】• (やまもとよしき)【音楽制作者】• (やまもとよしき)【俳優】• (やまもとよしき)【蹴球選手】• (やまもとよしこ)【声優】• (やまもとよしこ)【選手】• (やまもとよしじ)【野球選手】• (やまもとよしたか)【哲学者】• (やまもとよしつね)【平安武将】• (やまもとよしのぶ)【政治学者】• (やまもとよしのぶ)【浮世絵師】• (やまもとよしのり)【ボディビルダー】• (やまもとよしひこ)【野球選手】• (やまもとよしひさ)【格闘家】• (やまもとよしまさ)【作家】• (やまもとよしみち)【幕末藩士】• (やまもとよしや)【人形師】• (やまもとよしゆき)【アナウンサー】• (やまもとよしろう)【実業家】• (やまもとよはね)【漫画家】 やまもとら [ ] やまもとり [ ]• (やまもとリエ)【アナウンサー】• (やまもとりけん)【建築家】• (やまもとりさ)【歌手】• (やまもとりさぶろう)【技術者】• (やまもとりな)【レースクイーン】• (やまもとりへえ)【浮世絵師】• (やまもとりへえ)【地本問屋】• (やまもとりゅう)【政治家】• (やまもとりゅうじ)【AV監督】• (やまもとりゅうじ)【俳優】• (やまもとりゅうじ)【音楽家】• (やまもとりゅうじ)【曖昧】• (やまもとりゅうぞう)【野球選手・審判員】• (やまもとりゅうどう)【浮世絵師】• (やまもとりゅうへい)【俳優】• (やまもとりょう)【曖昧】• (やまもとりょう)【政治家】• (やまもとりょう)【陸上選手】• (やまもとりょう)【サッカー選手】• (やまもとりょうこ)【タレント】• (やまもとりんいち)【俳優】• (やまもとリンダ)【歌手】 やまもとる [ ]• (やまもとルンルン)【漫画家】 やまもとれ [ ]• (やまもとれいこ)【料理研究家】• (やまもとれいさぶろうプロダクション)【映画会社】 やまもとろ [ ]• (やまもとろうじけん)【】 やまもま [ ]• 【植物】• (ヤマモモか)• 【企業】• (やまもりあそじんじゃ)【熊本県】• (やまもりえき)【廃駅】• (やまもり だいすけ)【曖昧】• 【俳優】• 【ミュージシャン】• (やまもりまさふみ)【野球選手】• (やまもりゆりこ)【アイドル】•

次の