ピアノをやっている人の特徴。 日本で話題の「ピアノ習ってた人あるある」が当たってるwww【台湾人の反応】

ピアノが上手い人と下手な人の特徴と違いとは?上手な人の練習方法。

ピアノをやっている人の特徴

大手楽器店のピアノ教室 大手楽器店の代表といえば、ヤマハ音楽教室とカワイ音楽教室でしょう。 全国各地、世界各国にあり、誰でも知っている音楽教室です。 メリット• 教室が多い• インターネットで見つけやすい• コースが多彩でシ料金システムが分かりやすい• グレードテストなど試験を受ける制度がある• 大きな発表会がある• グループレッスンがある• 講師、スタッフの役割が明確なので退会やクレームなどが言いやすい デメリット• 個人教室に比べると費用が高め• 講師が選べない• 振替レッスンがない場合がある• 独自のカリキュラムがあり個々に合わせたレッスンが難しい• グループレッスンからスタートとなる場合がある• 急な担当講師変更もある 個人のピアノ教室 今は、個人のお教室でもホームページやブログ、教師紹介サイトなどで比較的簡単にお教室を探すことができます。 ブログやレッスンの写真など、教室の雰囲気も分かりやすいですね。 決まったカリキュラムはないのでお子様の習熟度や希望に合わせてレッスンが受けられます。 メリット• 希望にあったレッスンを受けやすい• お子様の性格にあった先生を選べる• 振替レッスンを設けているところが多い• 出張レッスン、オンラインレッスンが可能• 長期にわたり付き合えるので信頼関係ができやすい デメリット• レッスン代が教室によって違う• 講師により教え方が違う• お教室によって発表会の規模に差がある• 退会やクレームが言いにくい• グループレッスン対応教室は少ない 大手、個人それぞれにメリット、デメリットがありますね。 大手?個人?結局どっちが良い? 大手も個人もそれぞれ特徴があります。 正直申し上げて、どちらが良いということはありません。 まずは、 ピアノを習う目的が何かに基準を当てて考えてください。 たくさんのお友達の中で楽しくレッスンをさせたい• 専門的にコンクールなどを目指したい• お家から徒歩で通える範囲が良い 目的や条件を定めると選びやすくなりますね。 そして、何より大切なことは 先生との相性 それを見極めるには、まず、複数のお教室で 体験レッスンを受けてみることです。 実体験レポート わたしはこうやってお教室を選びました。 実際に何を基準にお教室を選ばれたのか、現在ピアノを習わせているお母様の声を聞いてみました。 選んだ基準、現在の様子を伺いましたのでご参考にされてくださいね。 女の子 5歳 個人教室 教室を選んだ基準 入会前に大手1つ個人3つの体験レッスンを受けました。 大手の教室は、指導がマニュアル的に感じたのと、もっと専門的に習わせたかったので見合わせました。 今の先生にお願いした主な理由は、基礎をしっかり指導してくれるところ、教室からコンクール入賞者を多く輩出されていること、希望すれば追加レッスンに対応して頂けるところです。 現在の様子 ピアノを始めて2年が経ちました。 今年初めてコンクールに参加し賞を頂くことが出来ました。 厳しい面もありますが、娘はタフなのか、厳しいほうが練習量も増え、ピアノのおかげで他の面でも自信が付いているようです。 来年は全国大会に行きたいと意気込んでいます。

次の

あなたは趣味でピアノを弾くのに向いている?診断してみよう

ピアノをやっている人の特徴

一から始める大人ピアノ初心者のなかでも、「メキメキ上達する人」と「なかなか上達しない人」がいます。 メキメキ上達する人の特徴をお教えします! 一から始める大人ピアノ初心者といっても、それぞれ個性も性格も違います。 だから「 メキメキ上達する人」と「 なかなか上達しない人」に分かれてしまうのです。 という訳で今回は、 一から始める大人ピアノ初心者が上達できる人の特徴をお話します。 大人ピアノ初心者で上手くなる人の特徴 両手を使って弾くピアノをスラスラと弾きこなせるようになるくらいまでになることは、子供から始めている人でも難しい。 それを大人になって一から始めるとなると、もっと大変なイメージがありますね。 だから、 難しい壁にぶちあたったときにやめていく人も。 難しい壁にぶち当たったときに上手に乗り越えていける人は、大人ピアノを長く楽しめます。 ピアノを弾きたい!という気持ちが強い人 当たり前のことかもしれませんが、 「ピアノを弾きたい!」という強い気持ちをもっている人は上達します。 練習を始めてみると分かるのですが、 ピアノの練習は思っているより地味。 ピアニストがダイナミックにカッコよく弾いている姿からは程遠いのが練習。 そのギャップに挫折する人がほとんど。 その 地味で単調な練習を楽しいと思える人は、大人ピアノ初心者でもメキメキ上達します。 また、夢でもあこがれでもいいから 「この曲をいつか弾いてみたい!」という強い気持ちのある人も挫折の壁を乗り越えます。 挫折の壁を乗り越えられるくらいの強いあこがれ感は上達を促します。 正しい練習法をきちんと積み重ねる人 メキメキ上達する人は、 正しい練習法を初期の段階から取り入れています。 独学でもレッスンを受けていても同じこと。 正しい練習法をまじめにコツコツ積み上げることを楽しいと思える人は上達します。 そんな人は できない部分があったときも、その現実ときちんと向かい合い、なんとか克服して前に進んで練習をすすめるから。 つまづいたり、分からないところに出くわしたときは、上達のチャンス!年配の人ほど時間はかかるかもしれませんが、丁寧に取り組むことで、苦手なところも乗り越えられます。 弾きにくいところの練習は苦痛です。 それでも ちょっと楽しんでやってみよう!という気持ちをもてる人は上達します。 自分の限界を決めつけない人 大人は経験値が長い分、自分の限界を決めてしまいがち。 子供は無邪気に新しいことでも「わーい」と面白がって取り組みます。 しかし 大人になると、「これは苦手!」と思う意識が働くと、やる前から嫌悪感を抱く人も。 「これは難しくてできない」という思い込みが上達を妨げます。 やろうと思えばできることなのに、自分の「できない」という決めつけで練習をしなくなってしまいます。 1つつまずいたところを克服せず練習しなくなると、だんだんピアノへのモチベーションもなくなってきます。 自分で始めから「できない」とか「難しい」とか自分の限界を決めつけないで、新しいことを何でも面白がれる人は上達します。 また、大人は 曲の完成形の理想が高いです。 テレビやプロの演奏会などでうまく弾く方を見すぎているせいか、弾きたい曲の理想像が高い・・・。 プロの演奏が自分の演奏目標となっている方も。 プロのピアニストは何十年も練習してきた人たち。 同じ曲を弾いても、全く同じような仕上がりにはなりません。 それが普通です。 プロの演奏を目標にすると、自分の演奏はすべてちっぽけに見えてきます。 自分自身の曲が仕上がったときの評価が下がります。 そうするとピアノの練習は楽しくありません。 自分の演奏を自分評価として認めてあげることが必要です。 自分のよいところも悪いところもすべて認めてあげなければ上達すらできません。 昨日よりも今日 今日よりも明日 あなたの弾いた曲が日々、うまくなっていれば大丈夫。 上手くなりたいと焦る必要はありません。 聴く力をつける勉強をしている人 ピアノの練習というと早く指が動くことが上達!と思っている人がいます。 それだけではありません。 ピアノは 響きを聴く力をつけることが上達への第一歩。 弾いた瞬間の音だけではなく、そのあと響いている音に注目します。 聴くことができると、 右手と左手のバランスがよくなり、音の出し方が丁寧になります。 そうすると、 自分がイメージしている音と近い音が出せるようになり上達します。 また、聴く力のある人は 「よい音楽」と「悪い音楽」を聴き分ける力が備わっている人。 ふだんからよい音楽を聴いている人は、無駄な練習が減るので上達が早いです。 さらに、 美的センスが良い人は、よい音楽をキャッチする力が強いので上達します。 普段から美しい音楽を聞いておくことは大事ですね・・・。 多趣味でない人 中高年でやたらめったら習い事が多い方は、ピアノの上達は難しいです。 なぜなら、ピアノ上達のためには練習時間が必要。 多趣味だと練習時間の確保が難しい から。 隙間時間であっても、家にいる時間を長くとってピアノに向かう時間がとれる人ほど上達します。 弾いてみたい曲がいっぱいある人 弾いてみたい曲がたくさんあるということは 音楽好きという証拠。 普段から音楽を聞いたりして、音楽と接しているから弾いてみたい曲がいっぱいあるのです。 もちろんすぐに弾けるようになる曲ばかりではないでしょう。 ただ、弾いてみたい曲があると、その 目標に向かって近道で到達できるように努力します。 憧れの曲に近い小さな曲を探して練習しようとします。 そういう行動が上達につながります。 素直な心で練習できる人 大人になると頑固になりがち。 今までの経験則でモノを考えるので、新しいことを学んでも素直に受け入れることができません。 新しいピアノ曲や音楽理論を学んでも、 素直な心で「1回試してみよう!」と何でも前向きにチャレンジできる人は上達します。 まとめ 一から始める大人ピアノ初心者でもメキメキ上達する人の特徴をまとめました。 どうせ始めるなら上達したいですよね?ちょっとした心がけで上達する人になれます。 ピアノライフを長く楽しみましょう! 東京に住む男の子2人の母です。 高校生と大学生になりましたが、まだまだ子供に振り回される毎日で、「私の子育てどうなってんだ???」と悩みがつきません。 大阪で20年以上育ち、東京にきて20年以上になるため、大阪弁も東京弁も使いこなす達人。 ピアノ歴45年。 ジャズもクラシックもポップスも何でもOK。 ライター歴、ブログ歴1年。 縁の下の力持ち系!理想の働き方を実現する案内人として、日々、奮闘しています。 仕事を放棄してしまいそうになるので、ほどほどにしています。 よろしくお願いします^^.

次の

効果・効能があるから大人ピアノを始めてはいけない!

ピアノをやっている人の特徴

ピアノが上手い人の特徴 同じ曲を弾いていても、人によって上手だったり下手だったりします。 なぜ、同じ曲を弾いているのに上手い人と下手な人に分かれてしまうのでしょうか。 ここではピアノが上手い人の特徴を紹介します。 高い技術を持っている ピアノが上手い人は高い技術をもっています。 まず、高い技術がないと曲を上手に弾くことができないうえに上手な表現もできないからです。 ピアノの技術を身に着けるためには、毎日の反復練習が欠かせません。 コツコツと努力をできる人がピアノを上手に弾くことができるのです。 表現力がある ピアノが上手い人は表現力があります。 ピアノはただ間違えずに弾くだけでは上手ではありません。 強弱をつけたり速度を変化させるなど、様々な方法で表現しなければなりません。 そのためには、記号の知識や曲の知識が必要不可欠です。 表現力をつけさせることが得意な先生もいるので、先生に教わるなどして表現力を磨きましょう。 ペダリングが上手 ピアノが上手い人は、ペダリングが上手です。 ペダルには音を響かせるダンパーペダルと音を小さくするソフトペダルがあります。 ピアノが上手な人は、ペダルの踏み方を工夫してよりよい表現をしています。 ペダリングは踏み方を変えるだけで音が変わってしまうので、技術が必要になります。 ペダリングが上手な人は、上手なピアノを弾くことができます。 曲を弾き込んでいる ピアノが上手な人は曲を弾き込んでいます。 曲を弾き込むことでより上手な表現が出来て技術もどんどん身につくからです。 ピアニストはリサイタルの前にはたくさん曲を弾き込んでいます。 上手なピアノを弾くためには曲を弾き込むことが不可欠です。 ピアノを弾き込むためには集中力と体力が必要なため、簡単なことではありません。 そんな努力ができるからこそ、曲を弾き込んでいる人はピアノが上手いのです。 曲を暗譜している ピアノが上手い人は、曲を暗譜しています。 楽譜を見て弾いたとしても、ほとんど暗譜ができている状態で弾いています。 暗譜をすると、旋律をどう弾くかということに集中することが出来るからです。 ピアノが上手い人は、旋律をどう弾くかに集中しています。 楽譜をみながらピアノを弾くと、楽譜に集中してしまい弾き方まで意識がまわりません。 そのため、曲を暗譜している人はピアノが上手に弾けるのです。 曲の背景を意識して弾いている ピアノが上手い人は、曲の背景を意識して弾いています。 曲の背景を意識することで、表現に対する意識が深まるからです。 ショパンの革命のエチュードを例にしてみましょう。 革命のエチュードが作られたとき、ショパンは祖国で革命が起きるなど絶望的な状況にいました。 ショパンが絶望的な気持ちの時に作った曲であることを意識して弾くと、曲の弾き方が変わりませんか? 激しく速い曲ですが、絶望を表すためにあえて叩くような打鍵を使ってみようとか、中間部と主題の落差をもっとだしてみようなど、様々なイメージがわくのではないでしょうか。 このように、曲の背景を理解して弾くことでより深い表現ができるのです。 音楽理論を理解している 音楽理論を理解してピアノを弾く人とそうでない人では、音楽理論を理解してピアノを弾いている人の方が上手いです。 ピアノを弾くときには、和声の知識や調の知識がある方がより曲に対しての理解が深まります。 曲を理解するためには、音楽理論の知識が必要です。 音楽理論の勉強は難しいですが、ピアノを上手に弾きたいときは音楽理論も勉強しましょう。 曲の雰囲気を変えることができる 曲の雰囲気を変えることができる人は、ピアノが上手い人です。 ピアノ曲は、雰囲気が一定ではありません。 激しいと思ったら静かになったり、楽しい旋律から悲しい旋律に変わるなど様々に変化します。 曲の雰囲気が変わるときに、旋律の雰囲気を変えることが出来る人はピアノが上手い人です。 曲の雰囲気を変えるためには、多彩な音を出すために鍵盤の押さえ方を研究することが必要です。 ピアノが下手な人の特徴 ピアノが上手い人には憧れるし、上手に弾きたいと思いますよね。 とはいえ、ピアノが下手な人がいるのも事実です。 ピアノが下手な人の特徴はどのようなものがあるのでしょうか。 ここではピアノが下手な人の特徴を紹介します。 ただ指を動かしている 曲を正しく弾けていても、ただ指を動かしているだけだと下手な演奏に聴こえてしまいます。 ただ指を動かしているだけだと表現することが出来ないからです。 「正しく弾けているのに上手じゃないね」 と言われてしまう人は、表現が出来ていない可能性があります。 曲を表現するためには、フレーズをどのように弾いたらいい表現が出来るかを考えなければいけません。 曲を正しく弾くことができたら、今度は表現することを意識してください。 そうすると、上手な表現ができるようになりますよ。 楽譜の指示を無視している 楽譜の指示を無視している演奏は下手な演奏です。 楽譜の指示は理想どおりに曲を表現するためにつけられたものです。 特にクラシックのピアノ曲は多くのプロのピアニストが演奏しているため、理想の演奏を聴きなれている人が多いです。 理想の演奏を知っている人の前で楽譜の指示を守らずに弾いてしまうと、とても下手に聴こえます。 そのため、楽譜の指示を守らない演奏は下手な演奏に聴こえてしまうのです。 レベルに合わない曲を弾いている 自分のレベルに合っていない曲を弾くと、とても下手に聴こえます。 なぜなら、自分のレベルに合わない曲は技術不足のためそもそも弾けないからです。 演奏会などで無理やりレベルに合わない曲を弾いても、完成度が低い曲になってしまいます。 しかも練習するためにたくさんの時間を取らなければならないため、上達するために必要な基礎練習ができません。 自分のレベルに合わない曲を弾いていると、下手に聴こえるうえに上達するための練習の妨げにもなるのでいいことはありません。 正しく弾けないのに速弾きをしている 正しく弾けていないのに速弾きをすると、とても下手な演奏になります。 速弾きをするためには正しく弾けていることが前提条件になるからです。 速い曲を練習するときなど、弾けていないのに速く弾きたくなる気持になることは必ずあります。 けれど、弾けていないのに速弾きをすると下手な演奏になる上に間違えた状態が体に染みついてしまいます。 正しく弾けていない速弾きはテンポや音がずれやすいのでとても下手に聴こえるのです。 正しく弾けるまで速弾きは我慢しましょう。 自分勝手なアレンジをしている 曲に対して自分勝手なアレンジをしていると、とても下手な演奏になります。 ピアノをアレンジするときはある程度のルールが存在しているからです。 即興演奏をするピアニストも音楽の理論を理解して弾いています。 あえて理論を無視して弾くピアニストも、理論が分かったうえで崩して弾いているのです。 音楽理論を理解していない人が、そんな人たちをマネして自分勝手にアレンジしても下手なだけです。 音楽の理論を理解していないうちは、自分勝手なアレンジはやめましょう。 叩くようにピアノを弾いている ピアノを弾くときに、叩くようにピアノを弾く人がいます。 速弾きをするときや強い音を出すときはピアノを叩いて弾きたくなりますが、音が汚くなり下手に聴こえてしまいます。 そのため、ピアノを叩くように弾くことはなるべく控えましょう。 プロのピアニストの演奏を動画などで見ても、強い音を鍵盤を叩くように弾く人はほどんどいません。 ピアノの詩人と呼ばれるショパンも、ピアノを叩くように弾いてはいけないといっています。 ピアノを叩くように弾く人の演奏は、不愉快な音が出るので下手に聴こえてしまうのです。 ピアノを上手に弾く方法 自分のピアノが下手だと思うと落ち込むかもしれません。 けれど、正しく練習をすればピアノは必ず上手になります。 ここではピアノを上手に弾く方法をお伝えします。 片手ずつ完璧に弾けるようになる ピアノを上手に弾くためには、片手ずつ完璧に弾けるようになりましょう。 ピアノ曲は左右の旋律を同時にひいて演奏するからです。 オーケストラやコーラスのように左右の手で旋律を調和させて弾くと、とても上手な演奏になります。 片手ずつ完璧に弾くというのは、あたりまえのことに感じるかもしれません。 けれど、このあたりまえのことを完璧にできるようになることが大切なのです。 ピアノを上手に弾くためには特別なことが必要と思うかもしれません。 けれど、上手になるために必要なことはあたりまえのことを完璧にできるようになることなのです。 弾けないところは抜き出し練習をする 弾けないところは抜き出し練習をしましょう。 抜き出し練習をすることで、弾けるようになるからです。 苦手なところや弾けないところがあるだけで、曲の完成度は一気に下がります。 完成度が低い状態で弾いてしまうと、とても下手なピアノになってしまいます。 ピアノを上手に弾くためには弾けないところを抜き出して練習しましょう。 弾けないところは速く弾かない 弾けないところは速く弾かずに必ずゆっくり弾きましょう。 弾けないところを速く弾いてしまうと、ごまかす癖がついてしまうからです。 弾けていないのに速さでごまかすと、自分自身は弾けていると思うかもしれません。 けれど、聴いているは側にっとては非常に聴き苦しい演奏です。 聴き苦しい演奏は誰が聴いても下手です。 弾けないところを速弾きすることは絶対にやめましょう。 楽譜の指示を守る ピアノを上手に弾くために、楽譜の指示を守りましょう。 楽譜に書かれている指示は、作曲家が指示したものや音楽学者が指示しているものです。 そのため、楽譜の指示は理想の表現をするためにつけられたものなのです。 自分なりの表現やアレンジを加えたくなり気持ちはわかりますが、それは基本的な表現ができた後でもできます。 自分なりのアレンジを加えているピアニストも、最初は楽譜の指示通りに弾いています。 ピアノが上手くなりたければ、必ず楽譜の指示を守りましょう。 ピアノの音の出し方を研究する ピアノを上手に弾くために、ピアノを音の出し方を研究しましょう。 ピアノは押せば音が鳴る楽器ですが、押し方を変えると音色が変わります。 ピアノの音の出し方を研究することはピアノが上手になるためには欠かせません。 ピアノが上手い人はピアノの音の出し方を研究しています。 よりよい表現のためにも、音の出し方を研究しましょう。 ピアノが上手になるためには練習の積み重ねと勉強が大事 いかがでしたか? ピアノが上手くなるためには、正確に弾けることが前提条件です。 正確に弾けるだけではなく、表現力もつけて曲を弾くことも上手に弾くために必要なことです。 そのためには練習の積み重ねと曲に対する理解が必要です。 大変に感じるかもしれませんが、上手にピアノを弾くことができるとピアノを弾くことが楽しくなります。 ピアノが上手い人になるために、ピアノの練習と曲の勉強に取り組みましょう。

次の