通勤電車 コロナ 危険性。 電車通勤でつり革に素手でつかまらないで!コロナ対策にこの手袋!

コロナ感染原因に「3連休の弛み・電車で隣の高熱男性が…」

通勤電車 コロナ 危険性

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全国で解除され、いつもの通勤風景が戻りつつある。 鉄道各社も対策を打ち出しているが、利用者の不安は消えない。 「新しい生活様式」が始まる中、リスクの少ない通勤電車の乗り方とは。 専門家に聞いた。 (前川茂之) 「手すりやつり革など人の触れるものは全て汚染されていると考えて対応してほしい」。 兵庫医科大(兵庫県西宮市)の竹末芳生教授(感染制御学)はそう指摘する。 JR西日本は在来線なら週1回、新幹線なら毎日、阪急電鉄は約10日間に1回、車内を消毒している。 しかし、竹末教授は「素材によって異なるが、つり革だとウイルスは少なくとも1日以上は生きる。 毎日消毒しないと意味がない」と断言。 「目的地に着いたら必ずアルコールで手指を消毒すべき」と強調する。 車内で使うスマートフォンにも注意が必要だ。 つり革や手すりを触った手でスマホを操作すれば、そこが汚染される。 「スマホも小まめに消毒するか、車内では触らない方がいい」と竹末教授。 全国の鉄道各社が加盟する鉄道連絡会は5月、国の方針に基づき感染症対策のガイドラインを公表した。 JR西は、在来線の全車両(約5200車両)のうち、京阪神を走る約3600車両を優先し、9月末までに抗ウイルス加工をすると決定。 残りの車両も順次、作業を進める。 ただ、この抗ウイルス加工はインフルエンザには効果が確認されているが、新型コロナへの有効性は不明。 それでも「やれることは全てやりたい」と同社。 竹末教授が利用者に勧めるのは、やはり時差出勤。 各社はホームページなどで混雑する時間帯の公開を始めている。 阪神電鉄の場合、大阪梅田駅が午前7時半~8時半、高速神戸駅が午前7時半~9時-などだ。 「3密を避けるには混雑した時間帯に乗らないのが一番。 ウイルスとの闘いはこの先2、3年続く。 自粛というより、自衛策を習慣にすることが大切」と竹末教授は話す。 一方、感染症対策に詳しい関西福祉大(兵庫県赤穂市)の勝田吉彰教授(渡航医学)は、各駅停車の利用を呼び掛ける。 快速や急行より頻繁に停車し、車内の空気が入れ替わる上、短時間で密集が解消されやすいからだ。 つり革や手すりを触るのを避ける人もいるが「転倒する危険がある」と推奨しない。 最近目立ち始めた手袋の着用については「逆に手を洗う回数を減らしてしまう人が多い。 手袋をした手で目や口、鼻を触ればリスクは変わらない」と警鐘を鳴らし、手洗いの徹底を訴える。 【記事特集リンク】.

次の

通勤時の満員電車が怖い?新型コロナウイルス感染予防のためにできる対策とは

通勤電車 コロナ 危険性

武漢への渡航歴のない日本人男性が、コロナウイルスに感染したことがわかりました。 このニュースの重要な示唆は、感染したかたはバスの運転手だということ。 武漢からの観光客のツアーバスの運転をしていました。 運転手ですから、それほど接近していないはずです。 よかったよかった。 (2月8日産経ニュースより)• コロナウイルス バス、電車は危険。 飛行機はまだマシ このニュースに関して本日1月29日のスッキリでゲストとして出演していた医療関係のかたが、下記のようなコメントをしていました。 バス、新幹線など。 電車は駅ごとにドアは開くので、長時間密閉された状態の新幹線やバスよりはよさそうですが、通勤電車などのように非常に接近した状態などはやはり危険性は増すように思います。 せきやくしゃみなどの飛沫感染以外にも、吊革も気を付けたいところです。 できることなら、時差出勤や在宅勤務に切り替えてはいかがでしょうか。 大阪-東京間など、夜行バスを利用されるかたも多いと思います。 長時間密閉された環境ですので、こちらも対策をしっかりして乗車したほうがよさそうです。 大企業はオリンピックに向けてテレワークの実験しているはずなので、こんなときこそ対応してはいかがでしょうか? 1月31日 08:49追記: 飛行機の空調システムは飛行中しか機能しないため、離着陸時は他の公共交通機関と同様の対策が必要とのこと。 また、2月18日(火)放送のミヤネ屋ではこんな情報も。 ドア付近は人が立って密集しているので、ウイルスが横に拡がらざるを得ない。 一方で、座席付近は前の人とのスキマがあるため、ウイルスが下に落ちる。 そのため、 立っている人のほうが、座っている人よりも感染リスクが高いと考えられるのだそうです。 基本的には満員電車を避ける• もし電車に乗る際は、可能なかぎり座席に座り、ある程度隙間を確保する そうは言っても、通勤しないわけにいかないですし、座席だって限られていますから、なかなか難しいですよね。 2月5日 朝日新聞DIGITALの記事より 2月5日の朝日新聞DIGITAL 「 」から要約引用してみます。 限られたところで24時間缶詰め状態 限られた場所で、 24時間缶詰め状態になると感染リスクが高まるとのこと。 クルーズ船内は個室を除けば近い場所で過ごすことになるので、感染予防には注意が必要です。 (新潟大医歯学総合研究科国際保健学分野の斎藤玲子教授(公衆衛生学)) 飛行機での感染について インフルエンザでの例ですが、 「飛行機内でインフルエンザの患者と乗り合わせても、半径1メートル内の席でなければ感染の可能性は低い」とのこと。 そして「機内は空気が入れ替わるので比較的安全」とのこと。 フィンランドなどの研究チームが18年に発表した論文では、 「ヘルシンキ空港でインフルエンザやコロナなどのウイルスがどこに付着しやすいかを調べたところ、 保安検査場のトレーから多く見つかった」とのこと。 スマホ、モバイルバッテリーや機内持ち込み荷物などを入れて、危険物がないかどうかチェックするあの場所にあるトレーです。 確かにみんなが触るわりには、消毒をしている様子は見られないですね。 (最近はやっているのかもしれません) 満員電車は接触感染に近い 会話をしているだけで1メートル以内にしぶきが飛ぶのだそうです。 「通勤電車だと、 知らないうちにつばを交換し合っていると考えてもよい」との指摘がありました。 ( 新潟大医歯学総合研究科国際保健学分野の斎藤玲子教授(公衆衛生学) ) 電車、新幹線、バスなどの乗り物で気を付けること ウイルスがどのようなときに手につくかというと、 ・つり革や手すりにつかまるときに ・新幹線ではトイレなどに移動する際に、手すりやドアノブを触るとき これらをふまえて、下記の対策が有効とのことです。 乗物から降りた時に手洗いや消毒をする。 公共交通機関を利用するときには手袋やマスクをし、飲食の前に外す。 私も手ピカジェルを探したのですが、なかなか売っていませんね。 しかたないので、アルコール除菌のウエットティッシュを持ち歩いています。 コロナウイルス スーパースプレッダーの存在の可能性があるのか? スーパースプレッダーという言葉を聞いたことありますか? ある特定の「人」のことをいいます。 東京都感染症センターによる説明では下記のとおりとなっています。 SARSの感染拡大経路の調査が各国で進んでいるが、多くの人への感染拡大の感染源となった患者の存在が明らかになってきた。 この特定の患者がスーパー・スプレッダーと呼ばれている。 今回みたいな「拡がりやすいやつ」。 てっきり、「ウイルスの生命力の問題」と思っていたのです。 でも、この説明をみるかぎり、ウイルスが入り込んだ「人」が問題になっているようです。 元気で発症しない人こそが、彼ら(ウイルス)にとっての生きのこる道なのかも。。 この記事のまとめ この記事は副都心線の電車内で書いています。 (1月29日) 現在午前10時過ぎ。 マスク着用率はかなり低く、3割程度です。 完全に移動を無くすのがいちばんですが、それをやるにはやはり行政の力が必要です。 でもそれを待っていると手遅れになります。 大きな人数を動かせる組織、企業が率先して動いてくれることを願っています。 2月19日(火)追記: 先週末、歌舞伎町で友人と飲む機会がありました。 都心の飲食店って、席が密集しているんですよね。 しかも、季節柄、鍋をみんなでつついている。。 感染しないわけないですね。 しばらくは飲み会は自粛しようと思いました。 ここまでお読みいただき、ありがとうございました。 関連記事:.

次の

コロナ感染原因に「3連休の弛み・電車で隣の高熱男性が…」

通勤電車 コロナ 危険性

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全国で解除され、いつもの通勤風景が戻りつつある。 鉄道各社も対策を打ち出しているが、利用者の不安は消えない。 「新しい生活様式」が始まる中、リスクの少ない通勤電車の乗り方とは。 専門家に聞いた。 (前川茂之) 「手すりやつり革など人の触れるものは全て汚染されていると考えて対応してほしい」。 兵庫医科大(兵庫県西宮市)の竹末芳生教授(感染制御学)はそう指摘する。 JR西日本は在来線なら週1回、新幹線なら毎日、阪急電鉄は約10日間に1回、車内を消毒している。 しかし、竹末教授は「素材によって異なるが、つり革だとウイルスは少なくとも1日以上は生きる。 毎日消毒しないと意味がない」と断言。 「目的地に着いたら必ずアルコールで手指を消毒すべき」と強調する。 車内で使うスマートフォンにも注意が必要だ。 つり革や手すりを触った手でスマホを操作すれば、そこが汚染される。 「スマホも小まめに消毒するか、車内では触らない方がいい」と竹末教授。 全国の鉄道各社が加盟する鉄道連絡会は5月、国の方針に基づき感染症対策のガイドラインを公表した。 JR西は、在来線の全車両(約5200車両)のうち、京阪神を走る約3600車両を優先し、9月末までに抗ウイルス加工をすると決定。 残りの車両も順次、作業を進める。 ただ、この抗ウイルス加工はインフルエンザには効果が確認されているが、新型コロナへの有効性は不明。 それでも「やれることは全てやりたい」と同社。 竹末教授が利用者に勧めるのは、やはり時差出勤。 各社はホームページなどで混雑する時間帯の公開を始めている。 阪神電鉄の場合、大阪梅田駅が午前7時半~8時半、高速神戸駅が午前7時半~9時-などだ。 「3密を避けるには混雑した時間帯に乗らないのが一番。 ウイルスとの闘いはこの先2、3年続く。 自粛というより、自衛策を習慣にすることが大切」と竹末教授は話す。 一方、感染症対策に詳しい関西福祉大(兵庫県赤穂市)の勝田吉彰教授(渡航医学)は、各駅停車の利用を呼び掛ける。 快速や急行より頻繁に停車し、車内の空気が入れ替わる上、短時間で密集が解消されやすいからだ。 つり革や手すりを触るのを避ける人もいるが「転倒する危険がある」と推奨しない。 最近目立ち始めた手袋の着用については「逆に手を洗う回数を減らしてしまう人が多い。 手袋をした手で目や口、鼻を触ればリスクは変わらない」と警鐘を鳴らし、手洗いの徹底を訴える。 【記事特集リンク】.

次の