派遣の品格。 『ハケンの品格』は“2020年のリアル”を描いているのか 実際の派遣社員に聞いてみた(リアルサウンド)

平成生まれで元派遣社員の私が、はじめて『ハケンの品格』を見て“強烈な違和感”を覚えたワケ

派遣の品格

4月から「同一労働同一賃金」が導入され、正規雇用社員と非正規雇用社員の待遇格差が見直されるきっかけとなっている。 奇しくも時を同じくして、この6月から放送が始まった『ハケンの品格』(日本テレビ系)。 13年前のヒット作の続編で、脚本家・中園ミホが描く伝説のスーパー派遣・大前春子(篠原涼子)が令和の世に帰ってきた。 本作は中園が初めて自分からテレビ局に企画を持ち込んだ作品だといい、企画にあたり実際の派遣社員に取材を重ね、彼女らとはいまだに月に1度飲み会をする関係だそうだ。 前作が放送された2007年は日本も好況に湧いており、派遣社員は増加の一途を辿っていたが、2008年のリーマンショックの影響を直に受けて「派遣切り」が横行。 「年越し派遣村」が作られたりもした。 未曾有のウイルス感染に見舞われている現在、派遣社員を取り巻く実態はどうなっているのか、リアルな声を聞いてみた。 大前春子同様に営業系部署の事務職で派遣社員として働く30代女性によると、「大手企業の派遣ということもあってか、以前正社員として働いていた中小企業よりも余程待遇も良く、特段不満はありません。 派遣の意見も取り入れてくれる会社なので、ドラマ内で描かれていたように派遣社員が正社員に対して業務面で『出過ぎた真似かな』と遠慮したりすることはあまりありません。 福利厚生でグループの親睦を深める飲み会などへの補助金が会社から支給されますが、その人数にもカウントされています。 年に1度、会社への貢献度が高かった派遣スタッフの表彰もあります」とした上で、最近の悩みを教えてくれた。 「ただ、ここ最近コロナの影響を受けて業績が一気に落ち込んでいるのを見ると、この状況が続けば一番最初にしわ寄せを受けるのは自分たち派遣社員だろうなとは思っています」と本音を漏らす。 ちなみに、ドラマ内では大型受注を祝う営業部の輪から少し離れたところに若手派遣社員の福岡さん(吉谷彩子)や千葉さん(山本舞香)がいて、控え目に拍手を送っていたシーンがあったが、むしろ派遣社員が表彰のトロフィーを手配したり、部会での表彰スライドの作成を任されたりしているようで、それは双方にとって変に遠慮をさせない上手い役割分担として作用し、一体感を高めることに成功しているようだ。 「うちの会社は元々リモートワーク(在宅勤務)が推進されていたのですが、このコロナ禍においては完全リモートワークに。 緊急事態宣言が解除されてからも営業職の正社員はほぼ全員在宅勤務ですが、そんな中でもFAXや郵送物のチェックなどのために我々事務側はローテーションを組んで出社をしています」。 これは、派遣社員というよりは事務職という職種によるところも大きいようだが、少し思うところはあるようだ。 同じ派遣社員でも職種が違うとどうなのか。 営業職に従事する元派遣社員で、現在契約社員になった20代女性に聞いてみた。 「私が所属する営業部は正社員、契約社員、派遣社員の混合グループです。 ドラマとは違って同じ業務内容を任せてもらえるので、やりがいが感じられやすかったです。 ただ、毎月の目標達成者にはインセンティブが支給されるのですが、その金額が契約社員と派遣社員で倍違ったときは衝撃でした」 「とは言え、派遣社員だった頃は残業分も時給が発生したので、月給でいうと契約社員よりも多かったです。 試験に合格して契約社員として入社してくる人たちに、なんとなくそれがバレないようにしていました」 給与面については一概に契約社員や社員の方が派遣よりも多いとは言えなそうだ。 特にSE職で派遣社員といて働いたことのある男性曰く「SE系は時給2000円以上と高額なので、派遣社員として大手企業を渡り歩く人も少なくないと思います」とのこと。 ただ、前述の営業職の女性が言うには、「派遣社員の頃は、会社アドレスもドメインが契約社員や正社員と違うので、昇格してメールアドレスが変わったときは本当に嬉しかったです。 また、研修が充実している会社なんですが、派遣社員は受けることができない。 研修課題に取り組む皆の姿が羨ましかった。 ボーナスが出ないので当たり前なんですけどね」。 ドラマ第1話では、派遣社員の福岡さんが人事担当者に契約更新をチラつかされ、セクハラまがいの被害を受ける様子が描かれていた。 会社の規模感にもよるだろうが、彼女は人事部との接点はほぼなかったと言う。 また、宮部社長(伊東四朗)は「建前」だと言ってのける「同一労働同一賃金」が導入されてから、実際には雇用形態切り替えのチャンスは皆に広く開かれるようになったそうだ。 「これまでは派遣から契約社員、契約社員から正社員に切り替わるには、それぞれある程度の就労期間と上司からの推薦が必要でしたが、今は年に1回昇格テストが開催されるようになり、誰でも受験できます。 有能な人材にとっては早めに雇用形態が切り替えられるチャンスが増えました。 ただ、試験に落ちた場合、なかなかうちの会社で次の目標を見つけにくくなると思うので、基準に達していない派遣社員、契約社員がふるいにかけられやすくなっている気もしなくはありません」と、近々の会社の制度の変化にまつわるプラス、マイナス両面についても教えてくれた。 「このコロナ禍で、雇用形態切り替えのテストに合格していて本当に良かったと思ったのが正直なところです。 契約社員でも3年間は基本的にこの会社にいられると思うと、安定感、安心感が全然違います」と話す。 「ゆくゆく子どもも欲しいと思ったときに、やっぱり産休・育休を取れる正社員は本当に魅力的なので、そこを目指すつもりです」と今後の抱負についても語ってくれた。 正社員に副業を認める企業も増えており、リモートワーク化も加速する中で、大前春子が派遣社員という道を選ぶ理由として挙げている「自由度の高さ」や「しがらみからの解放」についても、実際には雇用形態にあまり影響を受けなくなってきているようにも思える。 『ハケンの品格』は今後どんな問題を炙り出してくれるのか。 「日本は沈没します」と断言する大前春子が描く今後のキャリア戦略も気になるところだ。 楳田 佳香.

次の

【ハケンの品格】ネタバレ・結末までの全話あらすじ。派遣を続ける理由と過去を解説

派遣の品格

新型コロナウイルス感染症の拡大で延期が決まった「ハケンの品格」。 高視聴率を記録した、シーズン1では、大前春子(篠原涼子)と東海林武(大泉洋)のかけ合い恋の行方が話題になりました。 あれから13年。 2人はあれからどうなったのか。 気になる2人の恋愛サイドをもう一度振り返ってみましょう。 記事末尾でコメント欄オープン中です! 全話平均20. 2%、最終回は26. 0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した「ハケンの品格」(日本テレビ 水曜夜10時)の新シリーズが今春よりスタートする。 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で初回放送は延期となり、先週今週の2回は「スーパーハケン・春子(篠原涼子)の歴史を振り返る春子の歴史に迫る特別編」(公式サイトより)が放送される。 そこで、本稿では2007年(13年前!)放映のシーズン1の特に恋愛サイドについて振り返ってみる。 恋愛ベタ同士の歯がゆいラブストーリー 新シリーズ放送が決まり、篠原涼子、小泉孝太郎、勝地涼、上地雄輔らの出演が発表された。 そして、最後の最後で明らかになったのが大泉洋の続投である。 「続編のお話をいただいた時には既に舞台の出演が決まっていまして…。 しかし『ハケンの品格』は私にとって非常に思い出深い作品ですので何としても出たい、とスケジュールなどいろいろ調整し、何とか出演できることになりました」(大泉) このドラマが人気を博した要因の大きなひとつに、大前春子と東海林武(大泉洋)による歯がゆいラブストーリーがある。 しかし、彼は自身のミスで辞表をポケットに忍ばせるほどの窮地に陥り、そのピンチを春子に救われた。 そして、東海林は春子に惹かれていく。 恋に不器用な東海林は春子と憎まれ口を叩き合い、2人の距離は近付いていった。 前シリーズの第4話に、こんなやり取りがあった。 東海林 「俺は派遣が嫌いだ。 でも、俺はあんたのことは認めてる。 すごい派遣だって思ってる。 俺はあんたと一緒にいい仕事がしたいんだよ。 一緒に働くってさ、一緒に生きるってことと同じだろ?」 春子 「何を言ってるんですか。 私はあと2カ月でいなくなる派遣です」 東海林「それが何だって言うんだ。 2カ月後に俺はもっとあんたのことを好きになってるかもしれない」 「働くことは生きること」、それは東海林だけでなく春子にとってもポリシーだった。 あと、恋に不器用なところも2人は似ている。 本人の前ではつれない態度だが、東海林に手渡された電話番号入りの紙を見つめて笑ったり、「仕事はできる」と東海林を陰で認めていたり、でもおくびにも出さない春子。 彼女も彼女で意地っ張りなのだ。 正社員と派遣社員の恋愛に多いトラブル 恋の障壁は両者の恋愛ベタだけではない。 東海林「俺のこと好き? 嫌い?」 春子 「好きとか嫌いとかじゃないんです。 すぐ辞める派遣だから誘いやすい。 軽く誘ってこじれたら切り捨てる。 そういう正社員を私は死ぬほど見てきました」 派遣会社社員で春子のマネージャーの一ツ木慎也(安田顕)も言っている。 「派遣のトラブルで1番多いのは時給の問題で、2番目に多いのが正社員との色恋沙汰です」 恋愛がこじれると正社員は派遣社員と顔を合わせづらくなる。 派遣社員は会社に行きたくなくなる。 こうなると、会社から去るのは派遣社員の側になるケースがほとんどだ。 「ハケンの品格」で描かれる恋愛は、男女(東海林と春子、里中と美雪)が均等な立場に立っていない。 そんな問題提起もこの作品には含まれている。 「ハケンの品格」ならではのラブストーリーだった。 前シリーズのエンディングはほとんどプロポーズだった 前シリーズのエンディングは感動的だった。 東海林が「なんでこんなところ来たんだよ!? 」と驚くと、春子は思わず目線をそらし、そして答えた。 「面談です。 契約は3カ月ということで。 私を雇って後悔はさせません。 今度はあなたに社長賞を取っていただきます! そのためにこんなところまで来ましたが何か? 私を雇っていただけますか?」 かつて、東海林は春子に「俺はあんたと一緒にいい仕事がしたいんだよ」と言った。 その答えを春子は2カ月越しの最終話でようやく返したのだ。 春子と東海林に共通するポリシーは「働くことは生きること」である。 「雇っていただけますか?」と自ら面談に来たということは「一緒に働いてほしい」、即ち「一緒に生きてくれますか?」という意味とも受け取れる。 ツンデレの春子が東海林にプロポーズしたかのような場面に思えたのだ。 だから、このドラマほど続編が望まれる作品はなかった。 今シリーズ、大泉は特別出演という扱いになっている。 やはり、彼は出番が少ないのだろうか? 春子と東海林の夫婦漫才のような掛け合いがこのドラマの醍醐味だっただけに、2人のバトルをたっぷり楽しみたいのだが。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、新シリーズの初回放送は延期になった。 そして、大泉が出演予定だった舞台も残念ながら公演中止になってしまった。 幸か不幸か大泉のスケジュールには余裕が生まれ、脚本を書き直す猶予もある。 脚本を務める中園ミホは大泉のファンである。 「ハケンの品格」が続きを期待された理由は数多い。 東海林は社長賞を取ることができたのか? 春子と東海林の仲は進展したのか? 「とっくり!」「くるくるパーマ!」とけなし合う2人だったが、今の大泉はさほどくるくるではないし、春子もこの季節にさすがにとっくり(タートルネック)は着ていないと思う。 今、2人はお互いをどう呼び合うのだろうか? 確かめたいことは山ほどある。 ホームページによると、現在の春子はシングルマザーで、東海林はバツイチという設定のようだ。 春子の前夫と東海林の前妻は誰なのだろうか。 いちいち意味深だ。 「ハケンの品格」 日本テレビ 水曜夜10時 脚本:中園ミホ 他 演出:佐藤東弥、丸谷俊平 チーフプロデューサー:西憲彦 主題歌:鈴木雅之「Motivation」(EPICレコードジャパン) 出演:篠原涼子ほか.

次の

【ハケンの品格】ネタバレ・結末までの全話あらすじ。派遣を続ける理由と過去を解説

派遣の品格

『お時給の分はキッチリ働きます』の宣言どおりバリバリ仕事しまくる春子。 午前9時ジャストに仕事開始。 正午ジャストにランチ。 午後6時ジャストに退社。 窮地の会社を救いまくり、はっきり言って 『お時給分以上』働いてます。 はじめは春子を『派遣のぶんざいで!』と卑下していた東海林主任(大泉洋)も、しだいに彼女を認め、いつしか恋に発展。 春子と同期採用となった 森美幸(加藤あい)は一生懸命だけど空回りしまくりのヤラカシ派遣。 物語が進むにつれ、春子の 悲しい過去が明らかになっていきます。 派遣社員の存在意義&正社員の在り方を問う、物語の核心となるイベントです。 果たしてハケン弁当は商品化されるのか?春子と東海林の恋、契約更新を希望する森ちゃんの結末とは? 物語は 感動のクライマックスへと突入します。 営業部課長に昇進していた里中(小泉孝太郎)は、かつてない業績不振にあえぐ【S&F】を建て直すため、再び大前春子を呼び寄せることを決意する。 派遣ランクが特Aから 特Sへとランクアップしていた春子。 かつて同僚だった浅野(勝地涼)、近くん(上地雄輔)、そしてクルクルパーマこと東海林主任(大泉洋)との再会を果たし、前回と同様3ヶ月間の雇用契約を結ぶことに…。 ハケンの品格 原作 ドラマ『ハケンの品格は』脚本家・ 中園ミホ氏によるオリジナルストーリー。 よって原作マンガや小説は ありません。 ちなみに2020年放送の『ハケンの品格 第2シリーズ』も中園ミホ氏が脚本を担当しています。 音楽:菅野祐悟 主題歌: 第1stシーズン:中島美嘉「見えない星」 第2ndシーズン:鈴木雅之「Motivation」 製作:日本テレビ 放送日 【1stシリーズ】 放送開始日 放送曜日 2007年1月10日 毎週水曜 放送時間 放送局 22時~ 日本テレビ系列 【2ndシリーズ】 放送開始日 放送曜日 2020年6月17日 毎週水曜 放送時間 放送局 22時~ 日本テレビ系列 ハケンの品格 ネタバレ ドラマ『ハケンの品格』のネタバレまとめです。 主人公・大前春子の情報、各話のストーリーの内容をご紹介しています。 参考: ドラマ『』第1話~最終話までのあらすじをご紹介。 第1話あらすじ:春子のクレーン車操縦に衝撃! スペイン・アンダルシア地方で休暇を楽しむ大前春子(篠原涼子)。 そこに派遣担当の一ノ木(安田顕)から『次の職場のご案内メール』が届き日本へ帰国。 『私を雇った事は後悔させません』マーケティング課に配属された春子は宣言どおりバリバリ仕事をこなすが、派遣が大キライな販売課主任・ 東海林(大泉洋)と初日からバチバチ火花を散らす。 即戦力となった春子とは対象的に、同期入社の新人ハケン・森美幸(加藤あい)はヘマしてばかり。 大事な資料を紛失するというミスをヤラカシ、いきなりクビのピンチに…! ラストでは春子が クレーン車を操縦し、森ちゃんのピンチを救った。 クルクルパーマが春子を『派遣さん』じゃなく『大前さん』と初めて呼んだシーンにジーンときた…。 集客のため マグロ解体ショーを行うことに。 東海林主任(大泉洋)は解体ショーのカリスマ・ ツネさん(小野武彦)に協力を仰いだが、ショーの前日、東海林の失態によりツネさんが負傷。 イベント中止の事態に追い込まれてしまう。 迎えたイベント当日。 ツネさんの代役としてステージに立ったのは、まさかの大前春子! 窮地を救われた東海林は、その夜、春子に キスをしてしまい…!? 派遣社員にいきなりキスとか 訴訟レベルなのだが…。 第4話ネタバレ:森ちゃんのズル休み事件 ハケンの品格 第4話のあらすじをネタバレ 東海林にキスされた春子だったが、 『あれはハエが唇にとまっただけ』とスルーw 一方、初給料日を迎えた森ちゃん(加藤あい)は、あまりの薄給にテンション激下がり!『このままでは家賃が払えない!』。 指導係に任命された森ちゃん(加藤あい)は、やる気ゼロの新人たちに 大苦戦…! イベント当日。 ハートの被り物をかぶってウグイス嬢役をこなす春子だったが、東海林主任(大泉洋)とバトルを繰り広げてしまいイベントを台無しにしてしまう。 春子は東海林とともにチョコ販売店に謝罪しに行くが、そこで社長の娘がまさかの陣痛をおこす。 『助産婦』の資格を持つ春子が対応することに…! 今日は春子の誕生日。 同僚たちに祝福される春子だったが、 『やめてください!』と声を荒げ帰ってしまう。 その後、ハケン弁当ショップ開店日にトラブルに見舞われていた里中たちを救うため、春子は空からスカイダイビングで登場。 役目を終えるとあっさり帰還。 退職から約9ヶ月後、東海林(大泉洋)が勤務する地方の配送センターにとつぜん現れ、3ヶ月間の雇用契約を結ぶ。 最終話では大型トラックに乗り自ら配送をこなしていた。 東海林からのプロポーズの返事は 『NO』のまま。 その後、二人がどうなったのかは不明(第2シーズンで判明するかも?)。 営業部販売課主任の東海林(大泉洋)。 ハケン弁当のプレゼンで部長の期待を裏切ったことで地方の配送センターに左遷させられてしまう。 新たな職場で東海林は 『おいネクタイ!』とバカにされまくり。 それでも東海林は本社復帰をめざし、逃げることなく仕事を続けていた。 10ヶ月後(最終話)、東海林のもとにハケン契約が終了した大前春子(篠原涼子)が現れ、 二人は同僚となった。 森美幸(加藤あい)の結末 ヤラカシ派遣・森ちゃん(加藤あい)の結末。 『森ちゃん』の愛称で親しまれてきたハケンの森美幸(加藤あい)。 最終話で念願の 契約延長が決定したが、『会社に長くいればいるほど仲間との別れが辛くなる』と考え、延長せずに退社した。 その後、ハケン弁当ショップがオープン。 森ちゃんは開店日にお手伝いに駆けつけてくれた。 派遣ではなく正社員として生きていく道を選んだ森ちゃん。 里中主任(小泉孝太郎)の結末 良い人すぎ社員・里中主任(小泉孝太郎)の結末。 マーケティング課主任の里中はハケン弁当の功績が評価され 社長賞を受賞。 しかし表彰台に上がった里中は『僕の手柄ではない』と受賞を辞退した。 その後、里中は念願だった営業部に返り咲く。 地方に飛ばされた東海林(大泉洋)の後任として販売課主任に就いた。 春子に想いを寄せていた里中だったが、結ばれることはなかった。 ハケンの品格 2020年 第2シーズンのネタバレ 2020年6月17日放送予定!『ハケンの品格』第2シーズンのあらすじをご紹介します。 「今、彼女が来てくれたら…」当時を知る浅野務(勝地涼)が聞く。 「まさかあの人呼ぶんですか!?」 「私を雇って後悔はさせません。 三ヶ月間お時給の分はしっかり働かせていただきます」 こうして、伝説のスーパーハケン 大前春子 篠原涼子 は戻ってきた。 「とっくりが舞い戻ったって本当か!」 旭川支社 支社長補佐の 東海林武(大泉洋)は春子との再会に感激するが、 完全に無視されるのだった…。 参考:.

次の