インスタ グラム 見方。 インスタのログイン時間がばれる?非表示の設定方法とは

インスタグラムの始め方・やり方を完全ガイド!登録の注意点から投稿・削除・非表示の方法まで紹介【Instagram:入れ方】

インスタ グラム 見方

1.インスタグラム【インサイト機能】活用方法 この記事では、インスタグラムに投稿した写真やキャプション(文章)、ハッシュタグなどのコンテンツのパフォーマンスを分析し、より魅力的になるコンテンツを作成するためのヒントを得るためのインスタグラム【インサイト機能】の活用術をご紹介します。 具体的には、リーチ、インプレッション数、ウェブサイトクリック数、エンゲージメント、コメント、シェア、プロフィールへのアクセス、保存済みなどを分析して、フォロワーや投稿を見てくれるユーザーからの反応を上げることができるようになります。 そのため、これを知らないユーザーの方から、筆者のLINEへのお問い合わせで「インサイトが見れないのですが…」「どうしたらインサイトを見れるようになりますか?」といったお問い合わせをいただきます。 そもそも、インスタグラムのアカウントには個人で登録する「 個人用アカウント」と、そのビジネスアカウントを含む「 プロアカウント」の大きく2つのアカウントの種類があります。 本章では、それぞれのアカウントの種類の違いを説明します。 まず、「個人用アカウント」とは、インスタグラムアカウントを開設した際、デフォルトで設定されるアカウントです。 一方で、先に述べた「プロアカウント」は一見、個人のプライベートで利用するものではなく、モノやサービスを提供する事業者向けのもの?という印象を受けます。 ともすると、有料でハードルの高いものでは?と思われる方も多いと思いますが、実際には異なります。 「プロアカウント」を利用することで、個人用アカウントでは可能なアカウントの非公開設定ができないという点だけ注意して頂ければ、単純に 「個人用アカウント」よりもできることの範囲が広がります。 具体的には、広告宣伝を除くあらゆる機能が無料で利用できます。 個人のプライベートで利用されている方でも、普段何気なく投稿している内容を、よりフォロワーにとって魅力的なものになるように工夫することができるようになるのです。 「個人用アカウント」から切り替えても、また個人用アカウントに戻すこともでき、投稿したコンテンツが消えるということもありません。 個人用アカウントの方は、プロアカウントに切り替えて、ここからご紹介する「インサイト機能」を活用していただければと思います。 4.インサイトとは インスタグラムの「インサイト」とは、 インスタグラムの投稿コンテンツと自身のアカウントに関する分析をすることができる機能です。 プロアカウントを利用していれば、次のように プロフィール画面より簡単にアクセスすることができます。 例えば、ざっと上げただけでも下記のようなことができます。 自分のアカウントのフォロワーの地域、年齢層、男女の性別、閲覧時間帯を把握できる• どんな経路で自分をフォローしたか、投稿を見に来たか、流入経路がわかる• どのフィード投稿が多く閲覧されているか、人気なのかわかる• ストーリー投稿のインプレッション数や移動方法、ストーリーからのフォロー数などがわかる• その他、プロフィールへのアクセス数、ウェブサイトのクリック数を把握できる これらを把握することで、何の役に立つか? フォロワーにとってより魅力的なコンテンツをつくったり、フォロワーが増えやすい流入経路を発見したりと、 フォロワーを増やしたり、コンテンツを拡散するために、やるべきことが見えてきます。 例えば、どのフィード投稿が見られているか、保存する人が多いか、傾向を分析することで、保存されやすいコンテンツをつくるという次のアクションを起こすことができますよね。 しかも、お金をかけずにできるというのが、インサイト機能の嬉しい特徴です。 次章で、詳しく活用方法を具体的な分析事例としてご説明します。 5.インサイト機能でできること~おすすめ分析手法3選~ では、具体的どんな分析ができるか?すぐに活用できる下記3つの切り口で、具体的に何をどのように分析すべきか、詳細を説明していきます。 (1)どんな投稿が「いいね」増やせる? (2)いつ投稿すれば多くの人に見られる? (3)自分のアカウントはどういう人に好まれやすい? 投稿したコンテンツに対して、「いいね」を増やしたいのは、インスタグラムユーザーの多くが願うことではないでしょうか。 そんなとき、まず最初に確認したいのが現在の「リアクション率」です。 リアクションとは、インスタグラム上での「いいね」や「コメント」、保存などの読み手のユーザーが、投稿を閲覧した後に起こす行動のこととします。 そのリアクションの数が、コンテンツのリーチ数に対してどの程度の割合を占めているか把握し、比較・分析することで、「いいね」を含む読み手のリアクションを、さらに増やす方法を見つけることができます。 ここでは、より多くの数字が見れるフィード投稿のコンテンツについて紹介します。 (1)どんな投稿が「いいね」を増やせる? まず、フィード投稿に対するリアクションとして代表的な「いいね」「コメント」「シェア」「保存」のそれぞれの数字を確認していきましょう。 インサイトの「コンテンツ」の「投稿」を開き、「すべてを見る」を選択します。 すると、投稿したコンテンツが一覧で表示され「投稿コンテンツの種類」「期間」「みたい数字」でしぼれるフィルターが出現します。 投稿コンテンツの種類は、 カルーセル投稿・写真・ショッピング投稿・動画でしぼることができますが、ここでは最も一般的な「写真」でしぼっていきます。 期間は、現在から 過去7日間・30日間・3か月・6か月・1年間・2年間とさかのぼることができますが、古い投稿ほど埋没していくので、最新の傾向を見るためには7日間又は30日間を見ることができれば十分です。 続いて「見たい数値」ですが、全部でこれだけの選択肢があります。 一覧化された投稿コンテンツ別に、上記の数字にて、パフォーマンスを確認することができるので、反応の良かった投稿の効果が一目瞭然でわかります。 例えば、「いいね」の最も多いコンテンツを分析すれば、さらにいいねの多いコンテンツをつくるためのヒントになりますよね。 一覧化したコンテンツの中で、最も数字のよいものを選びましょう。 さらに、そのコンテンツをタップすると、コンテンツの詳細インサイトが確認できます。 ここでは、コンテンツ単位で、より詳細のインサイトを確認することができます。 具体的には、下記のような内容です。 インタラクション…投稿を閲覧したユーザーが、次に起こした行動の回数が見れます。 発見…投稿にリーチしたアカウントの数と流入元がわかります。 ホーム(タイムライン)、地域(投稿に設定した位置情報)、ハッシュタグ、自身プロフィール経由のどこからが多いか特定することができるのです。 では、具体的にどのように活用するか? 例えば、この投稿Aのインサイトを見てみると、 292人(アカウント)にリーチして a 、362回閲覧されている b ことがわかります。 特に、ホーム画面からアクセスされている回数が330と全閲覧数を大きく占めている c ことから、閲覧者のほとんどがフォロワーの可能性が高いということがわかります。 そして、閲覧の結果23個の「いいね」 d と2つの「コメント」を獲得し e 、更に5人がこの投稿からプロフィールにアクセス f しています。 つまり、投稿Aについてはフォロワーの約6割(フォロワーは500人)が投稿を見ていて、うち 10%弱がリアクションをしているということがわかります。 一方で下画像の投稿Bは、フォロワーの約6割にあたる307人(アカウント)が投稿にリーチし g 、377回閲覧されている h に対し、「いいね」含むリアクションをしているのは約 15% i合算 と、リーチ数は投稿Aと大きく変わらないにも関わらず、リアクション率をより高く獲得できています。 このことから、 投稿Bのほうがフォロワーに刺さりやすいコンテンツといえるため、投稿Bがよりリアクションを獲得できたのは、画像が良かったのか?キャプションなのか?どの要素の影響が大きそうかという点を投稿Aと比較することで理解でき、次のコンテンツの作成に生かせるというわけです。 ただし、流入経路がハッシュタグの割合が多い場合については、フォロワーではなく、そのハッシュタグを利用しているユーザーに刺さりやすいコンテンツである必要があるので、 拡散の際の工夫(ハッシュタグやストーリー拡散)と併せて、その効果を確認しておくと、更なる拡散効果を期待することもできます。 (2)いつ投稿すれば多くの人に見られる? 実は、投稿する時間帯というのもコンテンツの内容と並んで重要な要素です。 下の画像を見てください。 これは、筆者の過去1週間のアカウントへのトータルのアクセス数です。 インサイトの「アクティビティ」から、このような形で、曜日別に推移を確認することができます。 傾向としては、土日月にリーチしたアカウントが多い(たくさんの人に見られている)です。 トータルのアクセス数のほとんどはフォロワーが占めていることを前提とすると、実際20~30代のフォロワーが多く、平日は日中は働いている人が多いので、インスタグラムを見る人が少ないのではないか。 結果として土日の流入数が増加傾向にあるのではという仮説が立ちます。 そのため、土日にかけて投稿を集中することで、各コンテンツのリーチをより伸ばすことができそうと推測できます。 (3)自分のアカウントはどういう人に好まれやすい? 最後に、自分のアカウントはどういう人に好まれやすいのか? 実際に今のアカウントのフォロワーの特性から、傾向を理解しましょう。 インサイトの「オーディエンス」で確認することができます。 見ることのできるデータは、 過去7日間のフォロワーの 「増減した人数」、フォロワーの「場所(国・市区町村)」「年齢層」「性別」情報、 フォロワーの曜日別のインスタグラム「滞在時間」、フォロワーがインスタグラム上でアクティブに活動している「曜日」です。 例えば、下のアカウントのインサイトでは、東京都からアクセスしているユーザーが多いことが分かります。 年齢は男女ともに、25歳~35歳がボリュームゾーン。 どちらかというと女性が多いものの、偏りは少ないです。 フォロワーの活動時間帯は、インサイトで全て下画像のように表示されたので、曜日共通で夜21時前後が一番多く、18時、15時の順番で稼働している人が多く、朝3時、6時前後は活動している人が少ないことがわかります。 つまり、男女問わず20代~30代が多く、日中は働いている層のユーザーが多いので、なるべく夜の時間帯にコンテンツを投稿するのが効果的ということがわかります。 加えて、男女でも割合が大きく異ならないので、どちらかの性別にターゲティングしてコンテンツ内容を変える必要はなさそうです。 以上のように、 自分の投稿コンテンツとアカウントのパフォーマンスを定量的に把握することで、 より効果的に拡散させる方法やリアクション数を増やす方法を考えることができます。 その他にも、インサイト機能で確認できる効果はたくさんあるので、いろいろ見てみてくださいね! 機能や見れる数字だけわかったところで、どう活用したらよいかわからないという方は、初めの一歩として、ぜひ上記の方法を実践してみてくださいね。 6.インサイトまとめ インスタグラムでフォロワーを増やしたり、投稿コンテンツへのいいねを増やすためには、宣伝広告など、費用をかけて実施できるものもありますが、 なるべくお金をかけずに集客したい、コンテンツを拡散したいという方に「インサイト機能」はとてもおススメです。 今回は、フィード投稿にしぼってご紹介しましたが、ストーリーズでもほぼ同様の手順で利用することができるので、ぜひ試してみて下さい。

次の

インスタのインサイトの見方と使い方!リーチ、人気投稿、保存数の確認と分析、見れない場合のやり方 | インスタグラムの使い方&集客方法!投稿とストーリー解説♪

インスタ グラム 見方

では、それぞれのやり方について「 どんな風に面白いのか?」と「 具体的にどんな操作をすればいいのか?」を併せて紹介していきます! 1. 「キレイな写真を眺める」楽しみ方 まずは、「キレイな写真を眺める」というやり方です。 【どんな風に面白いの?】 どこが面白いのかというと、もちろん 「あ~キレイな写真だなー。 」と癒されたり感動したりするところです。 もちろんインターネットで画像検索しても、写真はいっぱい出てきます。 でも、キレイな写真を見たいならインスタグラムを使うのが断然おすすめ。 なぜなら、 インスタグラムに投稿する人は写真に気を遣う人が多いからです。 メッセージやシェア・拡散よりも画像の投稿に特化したSNSなんですよね、インスタグラムは。 で遊んだり、して楽しむことも出来ますしね。 検索のタブを開く• 例えば、僕は猫ちゃんが大好物なので、検索窓に「ネコ」と入力してみます。 てことで、僕は渡辺直美さんをフォローします。 お気に入りの画像は「」したり、したりできますよ。 「友人・知人の投稿を見る」楽しみ方 次に、「友人・知人の投稿を見る」というやり方です。 【どんな風に面白いの?】 コメントも「いいね!」もせずに、友人・知人の投稿を見る面白さ。 それは、 親近感や 好奇心ですね。 使い方としてはに近いかも。 「へ~こんなとこ行ったんだー。 」 「ほぅほぅ。 こんな風に過ごしてるんだ。 」 そんな風に ご近所さんの暮らしを垣間見るような面白さと言えるんじゃないでしょうか。 インスタでは、タイムラインへの投稿よりもですね。 あなたと「既にで繋がっている人」や、「スマホの連絡先に電話番号やメールアドレスが登録されている人」など。 そういった人は、そこからも検索できます。 もしくは、あなたが 既にその人からフォローされているなら、あなたの 「フォロワー」の一覧の中から探すこともできます。 「スポットを探す」楽しみ方 投稿せずに楽しむ方法の最後は、「」というやり方です。 インターネットでお店を検索するように、で各地のスポット情報をゲットできます! 【どんな風に面白いの?】 これはストレートに、 インターネット検索では手に入らない情報が見つかって面白いです! GoogleやYahoo! で検索すれば、もちろん公式ページや各種サイトを見ることはできます。 でも、インスタ内で検索をすると、 そのスポットにまつわる利用者のリアルな写真やコメントに出会うことが出来るんです! 限りなく利用者の実態に近い「生」の様子が分かるので、インターネット検索よりもインスタ検索を重宝している人も少なくないようですね。 写真やコメントを投稿して、他の人に見てもらう• 写真やコメントを投稿して、他の人に見てもらう楽しみ方 まずは、「写真やコメントを投稿して、他の人に見てもらう」という楽しみ方です。 【どんな風に面白いの?】 何が面白いって、もちろん 自分が「キレイ!」とか「面白い!」と感じたことを誰かと共有したり、褒めてもらうところです。 してもらえるって、やっぱ人間だれしも嬉しいですからね。 子どもの「ほら!見てみて~!」というアレと同じことですが、人間いくつになっても根本は一緒。 【具体的にはどんな操作をすればいいの?】 写真やを投稿して誰かに見てほしいなら、具体的なやり方はいたってシンプル。 写真を選んで、キャプションを付けて、「シェア」をタップする ただそれだけです。 は別記事で詳しくまとめているので、参考にしてみてくださいね。 やTwitter等の 他のSNS内にも連動して投稿することも出来ますよ。 コメントや「いいね!」をやり取りする楽しみ方 次に、「コメントや『いいね!』のやり取りを楽しむ」というやり方です。 【どんな風に面白いの?】 他のインスタユーザーとお互い「」を押しあったり、コメントでやり取りしたり。 まさにこれは 会話する面白さと言っていいでしょう。 オンラインで誰かと交流する楽しさ。 これこそSNSの醍醐味って感じですね! 【具体的にはどんな操作をすればいいの?】 コメントや「いいね!」のやり取りを楽しむなら、具体的なやり方は2つあります。 もちろん、顔が見えなくても 礼儀・マナーはめちゃくちゃ大切に! インスタの本領発揮!? 画像を加工する楽しみ方 では、最後の楽しみ方です。 インスタグラムの楽しみ方の三つ目は「 画像を加工して楽しむ」という方法です。 SNSの性質を考えると、ちょっとこれは例外的なオマケな楽しみ方ですね。 実は「 画像加工ツールとしてインスタを使ってる」という人も意外と多いんです! はもちろん、豊富なツールで高級カメラさながらな写真に仕上げられてしまうインスタグラムの画像加工。 僕も使いまくっていますが、ほんと優秀。 大きく分けて インスタグラムの楽しみ方は3種類と覚えておいてください。

次の

インスタグラムの始め方・登録方法・初期設定【超入門】

インスタ グラム 見方

このアクティビティは、どこで確認ができるのかその方法について紹介しておきます。 アクティビティを確認するには、まずインスタグラムのアプリを起動して トップ画面を表示してください。 画面下部にアイコンが並んでいいますが、その中の 「ハートマーク」のアイコンをタップしましょう。 すると画面が切り替わり、「フォロー中」「あなた」のタブがあるアクティビティエリアが表示されるはずです。 ここで 「あなた」のタブに切り替えてみると、自分に対していいねやフォローをしたユーザーを一覧で確認が可能。 ユーザー名とその人があなたに対してどんな行動をしたのかが、メッセージという形で表示され「〇時間前」と時間も表示されています。 ですから、誰が自分に対して何をどのぐらい前にやったのか、アクティビティを見るとすぐに分かるのでとても便利。 ですが 裏を返せば自分が違う人に対して、いいねしたりフォローしたら、相手のアクティビティにあなたの名前が載る訳です。 さて、 「フォロー中」のタブでは、フォローしているユーザーが他の人に対していいねしたりフォローしたりといった行動をしたらメッセージが表示されるようになります。 フォローしている人が、どんな事柄に興味を抱いているのかが 視覚的に把握できるため参考になる部分も多いでしょう。 このように、インスタグラムでは簡単にアクティビティの確認ができるので、この機能を知らなかった人は早速確かめてみてください。 2.インスタグラムのアクティビティの公開範囲を変更するには? 自分に対してどんな行動をしたのか、フォローしている人がどんな活動をしているのか、アクティビティ欄はそうした情報が載っています。 フォローもフォロワー数も多い人で頻繁に投稿をしているなら、アクティビティの項目は目まぐるしい速度で更新されるでしょう。 誰が何をしているのか、行動履歴を閲覧できるのは楽しいですが、その一方で 自分の行動も他人に見られている事に繋がります。 それはちょっと嫌だな…と感じる人がいても、決して不思議ではありませんよね? そこでまずは、アクティビティの公開範囲はどこまで及ぶのか、この点を理解しておきましょう。 インスタグラムのアクティビティが公開、つまり自分の行動が他人のアクティビティ欄に表示される範囲はアカウントの状況で変わります。 あなたのアカウントが、非公開設定(鍵アカ)になっているならば、承認したフォロワーのみに公開されるのです。 もし非公開設定を設けていないオープンなアカウントであれば、フォローをされている関係なら誰でも閲覧ができてしまいます。 ですから、公開範囲を変更するには 非公開設定にして、フォロワーを承認制にして厳選する必要があるでしょう。 3.インスタグラムのアクティビティを非公開にすることは可能なの? フォローされている人、あるいはあなた自身が他人の投稿に「いいね!」やそのアカウントをフォローしたりすると、相手のアクティビティに行動履歴が記録されます。 自分が誰に対してどんな行動をしたのか、フォローしている人に見られてしまうのは、現実世界で知り合い同士なら少し気まずい思いをするパターンかもしれません。 たとえば、気になっている異性が、別の異性の投稿に対して反応を示していたことが分かるなら嫉妬してしまい、 感情的な行動に出る恐れがありますね。 このように知り合い同士なら気まずい思いをする可能性があるので、アクティビティをできるだけ見られたくないと考える人は多いです。 では、アクティビティを非公開(こちらの行動を相手に分からないようにする)ことは、可能なのでしょうか? インスタグラムの機能の一部になっているアクティビティは、操作側で非公開にすることは出来ません。 もし自分の行動を相手に知られたくないなら、該当する人をフォロワーから外してブロックするという方法が手っ取り早いです。 現実世界で知り合い同士なら、この行動をするのは勇気が必要ですし、気まずい雰囲気に発展しかねないので難しい場合もあるでしょう。 インスタグラムの仕様が非表示設定などが出来ないようになっているので、 残念ながら諦めるしかありません。 4.インスタグラムのDMにおけるアクティビティ表示の意味 インスタグラムで基本的に使われている「アクティビティ」は、トップ画面下部にある 「ハートマーク」アイコンをタップした先に表示されるものです。 ところが、インスタグラムには別の場所でもアクティビティという言葉が使われており、そこでは少し用いられている意味が異なっています。 これまで1回でもその人とDMでやり取りをしたことがあれば、「紙飛行機」アイコンをタップすると、その履歴が一覧で表示されます。 アイコンと名前の下に、 「昨日アクティビティがありました」などの表示があるのにお気付きでしょう。 ここで使われているアクティビティの意味は、 「ログイン状態」を指しており、単純にインスタグラムを起動したらアクティビティがあったと記録されます。 24時間以内にログインをしていたならば、 「〇分前にログイン」のように変わり、24時間以上が経過すると 「昨日アクティビティがありました」のように変わるのです。 相手がいつログインしているのか、そうした情報が分かるようになっているのでインスタグラムへのログイン頻度が確認できます。 5.インスタグラムのDMのアクティビティを非表示にする方法 インスタグラムのDMにも、アクティビティが表示されるようになりました。 フォロー関係にある人でなければ、アクティビティの時間まで表示されることはありませんが、それでも自分がどのタイミングでログインしたのかが 相手にバレるのは嫌ですよね? 消極的になりログインするのを躊躇ってしまう場合もあり、そうするなら友達の近況を知ることが出来なくなります。 ログインはしたいけれど、ログインの情報が相手に知られるのは嫌と感じる場合、DMのアクティビティを非表示にしましょう。 方法は簡単で、まずはインスタグラムアプリを起動して トップ画面を表示してください。 そして 「人型」アイコンをタップすると、プロフィール画面になるので画面右上の 「歯車」アイコンを選択しオプションメニューに切り替えます。 オプションに関する項目がズラリと並んでいるので、そこから 「アクティビティのステータスを表示」をオフにしましょう。 これで自分がいつオンラインになったか、その情報が知られるようなことは無くなります。 しかしそれと同時に、相手のステータスも非表示になるので、 相手がいつログインしたのかも分からなくなる事も覚えておいてください。 インスタグラムのアクティビティまとめ ここでは、アクティビティの見方や非表示設定の方法などについて紹介していきました。 アクティビティは自分に対して、あるいはフォロー中の人がどんな行動をしたのか リアルタイムで把握できる便利な機能です。 しかし逆を言えば、こちらの行動も相手に筒抜けとなるのでそれが嫌ならアカウントに鍵をかけて、フォロワーを厳選するしかありません。 インスタグラムでは相手の状況が分かる機能が多いので、慎重に使うことが求められるでしょう。

次の