鬼 滅 の 刃 彼岸 主眼。 鬼滅の刃見てる人ー!:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

青い彼岸花についての考察、あの人物が青い彼岸花なのでは?【鬼滅の刃】

鬼 滅 の 刃 彼岸 主眼

【鬼滅の刃】第202話「帰ろう」感想 【週末クーポン配布中!! 〜簡単あらすじ〜 鬼として覚醒した炭治郎は陽の光さえも瞬時に克服してしまう。 炭治郎を止めるために、心を鬼にして炭治郎に刃を向ける伊之助たちだったが、友である炭治郎を伊之助はどうしても斬ることができず…。 炭治郎の牙が伊之助に届くかと思われた瞬間、人間に戻った禰豆子が間に入って…!!? ついに禰豆子の出番か…。 それにしても今回もなかなか精神的にきついお話でしたね…。 カナヲ大丈夫なのかな…。 はたして 鬼となってしまった炭治郎を救う手立てはのこさえているのか!!? それでは、 『鬼滅の刃』第202話「帰ろう」の感想です。 *『鬼滅うの刃』単行本19巻発売中です!! 【週末クーポン配布中!! 禰豆子も炭治郎同様に泣きたくなるほどまっすぐに優しい性格の持ち主みたいです。 炭治郎を必死に止めようとする禰豆子と、鬼となって血の味を覚えてしまっても目の前の禰豆子を殺さない炭治郎 義勇曰く炭治郎が抗っているのかもしれないらしい の姿は、初めて義勇と会った雪の日の二人の姿と重なりますね。 伊之助と善逸。 友の拳。 そして、やっぱり炭治郎と切っても切り離せないのが人の縁。 炭治郎の優しさが繋いだ友との絆ですよね。 やっぱり、伊之助と善逸は最高ですよ。 それなのに、その大切な友たちを炭治郎の手で傷つけさせるとは…。 なんだかんだで、図らずも? 無惨の行為は炭治郎にとってもっとも残酷な報復となったのかもしれませんね。 『鬼滅の刃』第202話「帰ろう」より引用 炭治郎はまさしく無惨の力を全て引き継いだようで、背中からは形状は違うものの無数の触手が出て、無惨の使った衝撃波や、さらに見たこともない 別の漫画みたいな血鬼術まで披露します。 カナヲの最後の彼岸朱眼。 カナヲがここまで全然戦いに関与してこなかったのはそういうことだったのか…。 炭治郎を人間に戻す手段 薬 と実行に移す能力 眼 を持つ唯一の人物だったのか。 カナヲの最後の…。 もう…ちょっときついんですけど…。 せっかく、残った片目の視力すらも、許してもらえないんですね…。 それどころか、すれ違いざまのカナヲの出血…。 あれ無惨にやられた場所じゃないですよね…。 心臓、あるいは首筋あたりからの出血に見えるのですけど。 『鬼滅の刃』第202話「帰ろう」より引用 これカナヲ大丈夫ですよね!!? 視力どころか、ここまで生き延びたのに、炭治郎の手にかかって…なんてことにならないよね!!? もしカナヲが死んでしまったら、仮に炭治郎が薬で人間に戻れたとしても…。 それにしても、こうして炭治郎を人間に戻すための実質 最後の希望がカナヲの彼岸朱眼に託された形になったわけですが…。 花の呼吸の技名はすべて花の名が入っているので、ここでいう彼岸というのは彼岸花のことなわけですよね。 そうだとすると、当然3つ目の薬は愈史郎が持っているはず。 今回、愈史郎が陽の光のせいで炭治郎を止めに行けないでいる様子が描かれましたが、なぜ愈史郎は自分に薬を使わないんでしょう。 う〜ん、やはり3つ目の薬は別のところにあるのかな?? それとも、もう使ってましたっけ?? 愈史郎はこれからどうするんだろうか…。 とりあえず、現時点での愈史郎の生存も確認できましたが、そもそも炭治郎が人間に戻ったら愈史郎は消滅してしまうのでは…。 まあ、とにかく、まずはしのぶの薬が炭治郎に有効であることを願いましょう。 というわけで、『鬼滅の刃』第202話「帰ろう」の感想でした。 単行本第19巻も絶賛発売中です!! 【週末クーポン配布中!! さらに、紙媒体の書籍とは異なり見開きページなども綺麗な一枚絵としてストレスなく鑑賞できます。 忙しくて書店に行く時間が作れない人にもオススメ。 さらに週末クーポンなど、様々なクーポン・特典などが充実しており、漫画をお得に購入できます。 【前後話レビュー感想】 注目されている記事 過去24H•

次の

鬼滅のParty Parrot [ニコニコあっぷる]

鬼 滅 の 刃 彼岸 主眼

こんにちは! 202話最高でしたね。 禰豆子と同期組のセリフが感動でしたね。 胡蝶さんの久しぶりの登場で本当に 感動しました…… カナヲちゃんの両眼失明の覚悟での 花の呼吸 終ノ型 彼岸主眼 も良かったです。 珠世様は禰豆子の血などから 研究により人間返りの薬を作りました。 それにより胡蝶しのぶの藤の花から 作った人間返りの薬をは使われず カナヲに預けていました。 あれ? 藤の花で人間返り? 無惨が日光克服のために探し続けて きたのは青いです。 そしてカナヲの彼岸主眼 カナヲは花の呼吸の使い手そして彼岸主眼 青いを暗喩しているのでは? そー思います。 藤の花は鬼が嫌う花です。 無惨が青いを千年と 見つけて来れなかった理由も 納得できるのでは? 藤の花のは「決して離れない」 「歓迎」「優しさ」「佳客」「恋に酔う」 「忠実」等があります。 のは『情熱』『独立』『再会』『あきらめ』『転生』『悲しい思い出』 『思うはあなた一人』 『また会う日を楽しみに』等があります。 カナヲの炭治郎への想いが詰まって いるのでは無いでしょうか? 柱の中では義勇さんと実弥が 生存しています。 ですが未だ鬼化してから 実弥は出てきません。 稀血でもありますし今後なんらかの形で カナヲと同じように 役割が与えられてると思ってます。 一覧 mixinglecture.

次の

『鬼滅の刃』最終局面のあらすじ・死亡まとめ〈無限城編から〉

鬼 滅 の 刃 彼岸 主眼

青い彼岸花とは?【鬼滅の刃】 青い彼岸花とは 鬼が太陽の光を克服するために必要な薬と言われています。 この薬は病気で20歳までしか生きられないと言われていた鬼舞辻をなんとか助けようとした医者が作成していた薬で、わかっていることは調合に青色の彼岸花が必要ということだけです。 青い彼岸花の存在を知っていたのは医者だけだった この医者は処方された薬を飲んでも病状が一向に良くならないことに腹を立てた 鬼舞辻によって殺されています。 医者を殺した後に鬼舞辻は死なない体(鬼)になっているのに気付くのですがそれと同時に陽の光に当たると死んでしまうことにも気づきました。 そして陽の光を克服するため、この医者が残した情報をもとに青い彼岸花を探し始めます。 しかし原料の場所を知っている者はいくら探してもこの医者しかいなかったようで、 1000年以上仲間を増やしながら探したが見つかることはなかった のです。 何故なら1000年以上もかけて配下の鬼を増やして大人数で探しても見つからないなんてことは普通はありえないからです。 ということは 青い彼岸花とは文字通りの青色の彼岸花が存在している訳ではなく 何かの比喩表現 だと考えられます。 似たような言葉で 青い薔薇というものがありますね これは薔薇は本来赤い物であり、青い薔薇なんてものは作ることが出来ず存在しないことから 「 存在しない」、「 不可能」という意味を持っています。 (現在では品種改良で作ることが出来ます。 ) つまり青い彼岸花も青い薔薇と同じく、本来は赤くて存在しないものであるため存在しないもの、つまり 何か矛盾した存在を表す比喩と考えられます。 禰という文字あまりみなれない漢字ですよね。 これは 形成文字といって既存の文字である 示 しめす と 爾 なんじ の二つの文字を組み合わせてできた文字です。 この二つの漢字は象形文字で何かの形を元にして作られた文字です、その成り立ちを調べると面白そうな展開が想像できます。 示 神にいけにえを捧げる台から形をとって作られた文字• 爾 美しく輝く花から形をとって作られた文字 実は禰豆子の名前には花という意味を持つ漢字が含まれているのです。 さらに禰豆子は鬼でありながら太陽を克服した存在つまり 矛盾した存在です。 太陽を克服するのに太陽を克服した鬼が必要というのも矛盾していて 禰豆子自身が青い彼岸花という可能性があるのではないでしょうか。 そして 禰豆子の名前にはさらに面白い意味があって 禰は単体で「 父のおたまや」わかりやすく言うと 父の霊をまつる場所という意味があります。 つまり全ての鬼の父である鬼舞辻の死に場所となるのではないでしょうか。 そして神にいけにえをささげる台が禰豆子だとしたら生贄は青い彼岸花につられた鬼舞辻無惨ということになりますね。 たびたび鬼舞辻を鬼にした医者こそが黒幕なんじゃないかとも言われていますがもし本当に医者が黒幕だとしたら、この展開を望んでいて鬼舞辻が禰豆子を取り込んだ時に何かが起きるのかもしれないですね。 ちなみに禰豆子の漢字に使われている豆、これは鬼が嫌いなものの代名詞ですね。 鬼が豆を嫌うとされているのは魔(ま)を滅(め)するという当て字からなんですよ。 だから禰豆子に血で鬼を燃やす能力があるのも名前に隠されていたと考えることができますね。 まとめ 今回の考察はいかがだったでしょうか 禰豆子の禰という文字が面白い意味を持ちすぎていてもっといろんな考察パターンがありそうですよね。 炭治郎や他の兄弟に比べて禰豆子一人だけ難しい漢字が使われているので絶対何かしらの意味を持って付けられてる気がします。 この記事を見て別の意見や考察が浮かんだという人がいたらぜひお聞かせください!.

次の