電力会社 ポイント付与 評判。 リミックスポイントの電気プランの特徴とは?評判やメリット・デメリットを解説|電気プラン乗換.com

リミックスポイントの電気プランの特徴とは?評判やメリット・デメリットを解説|電気プラン乗換.com

電力会社 ポイント付与 評判

dポイントとは!?提携店舗で貯まって使える共通ポイント dポイントとは、dアカウントさえ取得すればどなたでも利用できるポイントサービスです。 ドコモユーザー以外の方でも誰でも貯められますし使えます。 dアカウント取得は入会費、年会費無料• dポイント加盟店でdポイントカードを提示すればOK• ポイントの有効期限はポイント獲得から48ヶ月• 貯まったポイントは様々な支払いや買い物に使える dアカウントの取得は無料ですし、Webから簡単に手続きを終えられます。 Webだけではなく、使いやすい公式アプリもリリースされていますので、ぜひチェックしてみて下さいね。 dポイントは電気料金でも貯まる 様々な企業のポイントと交換できるdポイントは、dポイントを他ポイントに交換するだけではなく、もちろん他ポイントからdポイントに交換することも可能です。 公共料金の支払いで獲得した他ポイントをdポイントに交換• 大量のdポイント獲得も可能• 特に毎月高額になりがちな電気料金がオススメ• 支払い方法によっては更に貯められる 公共料金、特に電力会社のポイントは、毎月の支払いで必ず貯まりますよね。 貯まった電力会社のポイントをdポイントに交換すれば、かなり大量のdポイントの獲得が期待できます。 貯まったdポイントは提携店で1ポイント1円として利用できるから、電気代で貯めたdポイントを上手く利用すれば節約にも繋がるよ。 dポイントが貯まる既存の大手電力会社!貯まったポイントをdポイントに交換できる 実際、dポイントに交換できる独自ポイントを提供している電力会社はどこになるのでしょうか。 まずはdポイントが貯まる既存電力会社から紹介していきましょう。 東北電力• 東京電力• 中部電力• 北陸電力• 四国電力 現在、上記5社のいずれかの電力を利用している、かつ今後特に変更の予定がないのであれば、dポイントに交換できる独自ポイントを改めてチェックしてみてはいかがでしょうか。 大手5社のポイント名称と各種条件 dポイント公式サイトに記載されている大手電力会社5社では、以下のような独自ポイントを採用し、dポイントとの交換も可能としています。 毎月必ず発生する電気料金、ぜひお得にポイントにしてしまいましょう。 電力会社 独自ポイント 適用条件 東北電力 よりそうeポイント よりそうeネットへの加入 東北電力指定の料金プラン利用 東京電力 くらしTEPCOのポイント くらしTEPOCOの会員登録 東京電力指定の料金プラン利用 中部電力 カテエネポイント カテエネ利用登録 中部電力指定の料金プラン利用 北陸電力 ほくリンクポイント ほくリンク利用登録 北陸電力指定の料金プラン利用 四国電力 よんでんポイント よんでんコンシェルジュ利用登録 四国電力指定の料金プラン利用 各社のポイント名称は違いますが、条件はおおむね同一だと言えます。 各社サービスの利用登録と、対象となる指定料金プランに契約を変更することが条件となっているようです。 指定料金プランと言っても、不便であったり、法外な高額料金が発生するような悪質なものでは決してありません。 むしろご家庭によっては、今の料金プランよりもお得になる可能性があります。 新時代のご家庭の電力利用に向けた、お得な料金プランが用意されていると考えて差し支えないでしょう。 家計の見直しにもちょうど良い機会かもしれませんね。 500ポイントから同率でdポイントに交換可能!東北電力 東北電力の「よりそうeポイント」の特徴を見てみましょう。 1よりそうeポイント=1dポイント• 交換はよりそうeポイント500ポイントから可能• Web明細サービスを利用すると毎月50ポイント獲得• クレジットカード払いは毎月25ポイント獲得• 電気料金プラン継続利用年数に応じて毎月15~50ポイント獲得 500ポイントからの交換となると、かなり貯めにくいしあまり意味がないかな…と思いそうです。 しかし、元々電気料金は高額になりがちです。 ポイントもアッと言う間に溜まって行きます。 また、電気料金以外でも、明細書をWeb閲覧に変更、支払いをクレジットカード払いにしたり、電気料金プランを長く利用することによって、毎月相当数のポイントを獲得できるシステムになっています。 一度他ポイントへ要交換!東京電力 東京電力の「くらしTEPCOのポイント」は、実はdポイントと直接交換することができません。 しかし、同レートで交換できる他社ポイントに交換することが可能ですので、dポイントと相互交換が可能なポイントを選びましょう。 くらしTEPCOのポイントの特徴やレートは以下の通りです。 くらしTEPCOのポイント1,000ポイント=5ポイント• 自動的にPontaポイント、Tポイントに交換できる• 好きな時にWAONポイント、nanacoポイントに300ポイントから交換できる• Pontaポイントをdポイントに交換できる• 不定期のキャンペーン、アンケート参加でポイント獲得 「dポイントに交換できない!」と気付いた人もいることでしょう。 そこで注目して欲しいのは、「くらしTEPCOのポイントはPontaポイントに交換できる」ということです。 Pontaポイントはdポイントに、100%のレートで交換することができます。 つまり、東京電力の支払いで獲得したTEPCOのポイントをPontaポイントに交換し、その後にdポイントに交換すればOK。 Pontaポイントからdポイントへの交換は、お手持ちのモバイルから簡単に終えることができます。 dポイントを貯めたい時にはぜひ利用してみて下さいね。 100ポイントから同率でdポイントに交換可能!中部電力 中部電力の「カテエネポイント」は、dポイントに直接交換することができます。 1カテエネポイント=1dポイント• 交換はカテエネポイント100ポイントから可能• 抽選企画やサイト経由のショッピングでポイント獲得• 公式サイトのコラムを読むとポイント獲得• 電気の利用実績をWebでチェックするとポイント獲得• 別居の二親等以内の親族の同時契約で各世帯に毎月100ポイント• その他レシート送信、特売チラシの閲覧などもポイント獲得対象 カテエネポイントからdポイントに交換するには、カテエネポイントが最低100ポイントからとなります。 1カテエネポイントを1dポイント、同率で交換することができますので、お得なレートだと言えるでしょう。 また、カテエネポイントは、他の電力会社よりも貯まるシーンが非常に多いため、積極的に貯めたい人には嬉しいポイントサービスになっています。 1,000ポイントから同率でdポイントに交換可能!北陸電力 北陸電力の「ほくリンクポイント」は、以下のような特徴を持っています。 1ほくリンクポイント=1dポイント• 交換はほくリンクポイント1,000ポイントから可能• 新規会員登録、メルマガ登録、お客様情報登録で合計300ポイント獲得• ほくリンク会員継続で100ポイント獲得• Web利用状況確認で毎月50ポイント獲得• 不定期キャンペーン参加でポイント獲得 交換はほくリンクポイント1,000ポイントから、同率で交換することができます。 また、新規会員登録時にメルマガ購読登録や、お客様情報登録で合計300ポイント獲得のスタートダッシュができるのが嬉しいですね。 他にも会員継続やWeb利用状況確認、不定期キャンペーンなど、ポイントが貯まるチャンスが数多く用意されています。 100ポイントから同率でdポイントに交換可能!四国電力 四国電力の「よんでんポイントは」、以下のような特徴を持っています。 1よんでんポイント=1dポイント• 交換はよんでんポイント100ポイントから可能• よんでんコンシェルジュ会員登録、個人情報登録で合計200ポイント獲得• 誕生月にポイント獲得• メルマガ登録、Web利用確認、コラム・レシピ記事閲覧でポイント獲得• 不定期キャンペーンでポイント獲得• その他ゲームやアンケート回答等でポイント獲得 交換はよんでんポイント100ポイントから、同率で交換することができます。 会員登録や個人情報登録で200ポイントを獲得できますので、まずは確実に200dポイントが獲得できますね。 その他にも、四国電力ではポイントが貯まるチャンスが多く、契約しているご家庭なら、こまめに公式サイトを覗いてみることをオススメします。 ゲームやアンケート、不定期のキャンペーンで簡単に貯まりますよ。 電気代をクレジットカード決済すれば決済ポイントと電力会社のポイントを2重取りできるから是非おすすめだよ。 電気料金をクレジットカード払いすればポイント2重取りも可能 気になる電力会社はありましたか?どうせ乗り換えるのなら、少しでもお得にポイント獲得できる会社もまた魅力的ですよね。 ご紹介した各社は、積極的にポイントサービスを提供しています。 しかし、それだけでは足りない!と言う人にオススメしたいのが、料金の支払い方法の選択です。 クレジットカード払いならカードポイントが自動加算される• 電気料金ポイント+カードポイントで2重取り• dカードを使えばカードポイントもdカードで獲得できる• ドコモユーザーなら更にお得なカードもある クレジットカード払いなら、電力会社が手掛けるポイントと、カードの利用ポイントが同時に獲得できます。 つまり2重取りができるため、大変お得になるのです。 支払いのクレジットカードがdカードなら、獲得できるカードポイントが最初からdポイントとなり、更に有効活用できます。 dカードは多くの人にお得ですが、dカードの中にはドコモユーザーにとって最強とも言えるお得カードが用意されています。 ドコモユーザーもそうではない人も、ぜひ一度チェックしてみて下さい。 dポイントを貯めている方におすすめのdカード dカードは2種類リリースされています。 どうしてもドコモユーザー専用のイメージが強いかもしれませんが、全ての人が便利に利用することができます。 年会費無料で持てるdカード dカードはdポイント愛好家には基本的なカードだと言えます。 dポイントに対応しているローソンで最大5%お得になるサービスや、ポイント還元率が1%と高い設定、そして年会費も無料で持てるお得なカードと言えるでしょう。 保険関係では、dカードを使って購入した商品にが付帯します。 破損や盗難など、購入日から90日以内の被害が補償されます。 他にもdカードで利用している携帯が故障・破損した場合の買い替え費用の補償、旅行で便利なサポートデスクも自動付帯しています。 年会費も無料ですし、dポイント加盟店なら提示&決済でポイントを2重取りできるお得なクレジットカードです。 年会費 無料 スペック ・基本還元率1% ・お買い物あんしん保険付帯 ・dカードケータイ補償付帯(1年) ・VJデスク(旅のサポート)付帯 ドコモユーザーなら絶対コレ!最強のdカードGOLD dカードゴールドは特にドコモユーザーにオススメしたい一枚です。 ドコモのケータイ&ドコモ光料金が10%のポイント還元になる為、年会費もドコモユーザーの方ならポイントだけで元が取れてしまいます。 利用料金やdカードケータイ補償付帯の内容ももちろん、国内旅行・海外旅行の保険も非常に充実しています 国内空港ラウンジも無料で利用できますし、dポイントを貯めつつ、旅行も楽しみたい人にはうってつけの一枚です。 ドコモユーザーなら更にお得であることも間違いありません。 dポイントをより効率よく貯めるなら、dカードやdカードゴールドは絶対に必携だよ。 ポイントも2重取りできるから是非活用してね。 dポイントが貯まる新興勢力の電力会社をご紹介 電力自由化の波を受け、新規で電力業界に参入した新興勢力の中にも、独自ポイントを提供している会社が少なくありません。 獲得したポイントをdポイントに交換できる会社ももちろんあります。 東京ガス• MCリテールエナジー「まちエネ」• 西部ガスの電気• シン・エナジー• 九電みらいエナジー 電気業界に参入前から有名なエネルギー会社を始め、様々な会社が意欲的に電力の提供を行っています。 他社からの乗り換えを考える時、獲得できるお得なポイントについてもチェックしておきたいですね。 知っておきたい!各社のポイント名称と条件チェック! 各社のポイント名称や、獲得の条件をチェックしてみましょう。 人によっては先にご紹介した超大手電力会社よりもお得になるかもしれません。 電力会社 独自ポイント 適用条件 東京ガス パッチョポイント myTOKYOGAS会員への登録 東北ガス指定の料金プラン利用 MCリテールエナジー 「まちエネ」 Pontaポイント (独自ポイントなし) まちエネ会員登録 まちエネ指定の料金プラン利用 西部ガスの電気 西部ガスのポイント 西部ガス利用登録 西部ガス指定の料金プラン利用 シン・エナジー JALマイル (独自ポイントなし) JALマイレージバンク会員登録 九電みらいエナジー JALマイル (独自ポイントなし) JALマイレージバンク会員登録 九電みらいエナジー指定の料金プラン利用 東京ガス以外は、特に独自のポイントを持っているわけではないようです。 しかし、PontaポイントやJALマイルといった、dポイントと同率交換できるポイントが獲得できるため、選択するには充分な魅力があります。 獲得条件も厳しいものはなく、会員登録や指定料金プランの選択といった、大手電力会社と同内容だということが分かります。 なお、シン・エナジーは旧洸陽電機です。 2018年4月1日より、社名をシン・エナジーに変更しました。 元々洸陽電機への乗り換えを考えていた人は注意して下さいね。 500ポイントからdポイントに同率交換できる東京ガス 東京ガスの独自ポイント「パッチョポイント」は、新規参入会社にしては珍しく、dポイントに直接交換することができる特徴があります。 さすが大手のガス会社と言ったところでしょうか。 1パッチョポイント=1dポイント• 交換は500ポイントから可能• 毎月の電気料金1,000円で15ポイント獲得• 指定ガスプランと合わせて契約=電気・ガス共に1,000円で15ポイント獲得 パッチョポイントとdポイントの交換率は同率となっています。 交換は500パッチョポイントから可能です。 毎月の電気料金の1,000円ごとに15ポイントが獲得できるため、かなり高いレートだと言えるでしょう。 ガス会社の電気事業らしいお得プランも用意されています。 指定のガスプランと合わせて契約をすると、電気、ガスの利用料金がそれぞれ1,000円ごとに15パッチョポイントを獲得することができます。 派手なサービスはありませんが、大企業ならではの体力があるポイントシステムだと言えそうですね。 パッチョポイントが貯まりやすいため、dポイントもどんどん獲得できそうです。 獲得したPontaをdポイントに交換しましょう。 利用料金の1%分のPontaポイント獲得• 電気料金の支払いにPontaは使えない• Pontaポイントとdポイントを同率で交換できる Pontaポイントの付与率は利用料金の1%分です。 例えば1万円の利用料金なら100ポイントが獲得できます。 獲得したPontaポイントは同率でdポイントに交換できますので、利用料金が毎月実質1万円なら、100dポイントが獲得できるということになりますね。 ただ、交換の際には手数料が差し引かれますのでご注意下さい。 西部ガスのポイントは直接dポイントに交換できませんので、まずPontaポイントに交換した後に、dポイントに交換する流れになります。 200円で1西部ガスのポイント獲得• Pontaポイントに交換した後dポイントに 西部ガスのポイントは、200円ごとに1ポイントを獲得できます。 分かりやすいポイント獲得率ですね。 還元率としては0. 5%になります。 名称変更をして間もないのですが、電力サービス内容はシンプルで便利だという評判を得ています。 獲得できるポイントは自社の独自ポイントではなく、JALマイルが基本となっています。 200円ごとに1JALマイル獲得可能• JALマイルはdポイントに同率で交換可能• 交換は10,000マイル=10,000dポイント• 交換は同一年度(4月~翌3月)内で2回、20,000マイルまで シン・エナジーは料金の支払いごとにJALマイルが獲得できるというシステムです。 JALマイルの採用は業界初となり、注目を集めています。 JALマイルは同率でdポイントに交換ができます。 10,000マイルからの交換が可能となりますが、交換回数は同一年度で2回まで、20,000マイル(=20,000dポイント)が上限となっています。 利用料金によってJALマイルが獲得できるカラーをシン・エナジーよりも強く押し出している企業だと言えるでしょう。 マイラーには嬉しいカラーですね。 100円ごとに1JALマイル獲得可能• JALマイルはdポイントに同率で交換可能• 交換は10,000マイル=10,000dポイント• 交換は同一年度(4月~翌3月)内で2回、20,000マイルまで 九電みらいエナジーのJALマイル獲得率は、100円ごとに1JALマイルとなっています。 マイル還元率は1%、かなり高いと考えられます。 マイラーなら見逃せない還元率です。 dポイントへの交換は、JALマイルの規定通り、交換は10,000マイル=10,000dポイントとなっています。 交換回数、交換上限マイルも決められていますので、先に交換計画を立てておいた方が良いでしょう。

次の

dポイントが貯まる電力会社!電気代をdカードで払えばポイント2重取り

電力会社 ポイント付与 評判

リミックスポイントが提供する電気プランの特徴について、特徴やメリット・デメリット等を解説いたします。 皆様の電気料金プランのご検討材料としてお役に立てていただけますと幸いです。 また、電気料金プランの選択でお困りの方がおりましたら、当サイトではをご紹介しておりますので、宜しければご覧ください。 そのため、深夜電力を有効活用するオール電化等のご家庭に置かれましては逆に電気代が高くなる可能性があります。 もしオール電化の方がおられましたら、当サイトでは業界でも最高水準のプランである「」を推奨しております。 リミックスポイントによる電気料金プランの提供エリアは? 各電力会社が提供する電気料金プランは全国どこでも利用できる訳ではなく、プランによって使える地域・エリアが分かれています。 そのため、下記表にてリミックスポイントが提供する一般家庭用プランの提供エリアをご案内差し上げます。 皆さまがお住いのエリアで下記電気料金プランを利用可能であるかご確認ください。 これら基本料金や従量料金の単価は各電力会社のHPに掲載されておりますので、電気利用量と単価を計算式に当てはめることで、実際に支払う必要がある電気料金を割り出すことができます。 下記表は、リミックスポイントの公式HPにて公開されている単価情報から、「リミックスポイントの電気料金プラン」を利用した場合、年間でどの程度の電気料金となるのか想定値を整理したものとなります。 なお、世帯人数別の電気利用量については、総務省統計局による家計調査の数値をベースとして推計値を算出しています)。 電気料金プランの想定削減メリット・デメリットは? 電気料金プランの切替によって、どの程度お得になるかは皆さま気になるところかと想定しておりますが、下記にて年間想定削減額を整理しております。 こちらも上記表と同様、リミックスポイントの公式HP掲載の単価情報および総務省統計局のによる電気代を参考に、1人~6人暮らし毎に推定値を計算しておりますので、皆様の世帯人数に併せてご参照ください。 オール電化における削減メリット・デメリットについて 上記表は、一般的な住宅における想定メリット・デメリットのため、オール電化住宅の方は電気代が高くなる可能性があります。 なお、オール電化の方におかれまして、当サイトでは「」を推奨しております。 各電気料金プランのオプションは? 電気料金プランの利用によって、下記のオプションを利用できる可能性があります。 それら内容をご確認いただき、皆様のライフスタイルに沿ったオプション内容であれば、電気料金プランの削減メリットと併せて検討材料にして頂けますと幸いです。 なお、オプションによっては適用等で費用が発生するケースもございますので、詳細は公式HPをご確認ください。 プラン オプション 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 見つかりませんでした。 電力会社の切替でデメリットはあるの? 電力は公共インフラであり、止まったり品質が悪くなると、生命の危機に繋がるケースも多々あるので、電力会社を切り替えてもこれまでと全く同じ電気が届けられるようになっています。 ただ、あえてデメリットを挙げるとすると「違約金」と「倒産リスク」が存在します。 電力自由化の議論においても、電力の品質については一切の変動がないよう、これまでと同じ送配電ネットワークを使って電気が届けられるよう設計されており、にも公開されているよう、これまでと全く同一の電気が届けられます。 電力インフラの事故に関しては、短い期間であっても人命や社会インフラの存続に関わるものであり、その復旧に関しては、特定の電力会社や特定プランの顧客優先という視点は存在しません。 また、経済産業省や消費者庁(消費者保護、安全の確保、消費者啓発を目的とした団体)は、電力全面自由化の際、電力の消費者に対して、新電力は停電が増える、電気の品質が変わるといった誤解をしないよう情報発信しています()。 そのため、公式HPにて最新の情報をご確認の後、契約することをお勧めいたします。 ただ、電気の供給断絶は命に関わることもあるため、「リミックスポイント」が倒産等した場合でも、突然電気が止まることはないよう制度設計されています。 ただし、倒産してますので、同一の電力会社から電気を購入することはできなくなりますので、その点は注意が必要です。 電気を購入している小売電気事業者が倒産等により事業を廃止する場合、小売電気事業者は契約相手である消費者に対してあらかじめその旨周知しなければなりません。 つまり、電気の消費者(みなさま)としては、別の電力会社のプランへ切り替える必要があります。 なお、電気はセーフティネットがしっかりしており、最終的な電気の供給を実施すること(最終保障供給)が一般送配電事業者に義務づけられています。 例えば、それまで供給していた小売電気事業者が倒産等により事業を廃止したような場合には、需要家は、他の小売電気事業者に切り替えるまでの間、一般送配電事業者と契約することで最終保障供給を受けることもできます。 もちろん、別の新電力と契約することも可能です。 このように倒産した場合であっても、別の新電力との契約ができるほか、セーフティーネットも存在するため、倒産の周知があった際に電力切替の行動を起こせば停電することはありません。 ただし、倒産した後も全く何もせず、他の電力会社の料金プランへお申込み等しなければ、電気の供給が止まるおそれがあります。 このため、再度ご自身にあった電力会社を探すのは手間であることからも、倒産リスクは電気プラン切替のデメリットと捉えることができます。 本ページの情報は推計値等も含まれているため、最新の正確な情報を把握したい方は、リミックスポイントの公式HPをご確認ください。 本ページ掲載のプランは、オール電化、太陽光、時間帯別等料金プランに加入されている方は料金が高くなる可能性がありますので、ご留意ください。

次の

【まちエネの評判は?】ローソン電気のメリット&デメリット

電力会社 ポイント付与 評判

ENEOSでんきは電気供給の実績がある会社です。 家庭の電力自由化が始まる10年以上前からオフィスや学校などに電気を供給してきた実績があります。 新電力会社でも実績がある会社は少ない中、安心して申し込むことができる会社の一つです。 複雑なセット割もなく、ガソリンの値引きやポイント付与などの特典もあり! 長期契約者は2年割で1kWhあたり0. 2円お安く!3年目以降は0. ANAカード• ビューカード• エポスカード• エムアイカード• ティーエスキュービックカード• レクサスカード これらのカードで優待を受けることができます。 以上3つの特典から一つ好きな特典を受けることができます。 さらに「にねん とく2割」も選べます 「にねん とく2割」を契約すると電気料金がさらに割引 また「電気見える化」サービスによって今までは1ヶ月で電気をいくら使ったかしか見れなかったものが、1時間当たりの電気使用量を見ることができます。 これによって節電・省エネにつながっていきます。 ENEOSでんきのデメリット ENEOSでんきのデメリットは他社と比べてもほぼないといって問題ないかと思います。 料金がもっと安くなる新電力会社はありますが、特典等を含めると変わりなく2年割など加味するとかなりお得になります。 2年割のでは更新月以外の解約で違約金が1080円かかりますが、他社と比べても安いです。 また電力自由化が始まった2016年4月時点では申し込みが込み合って、対応が遅いなどの意見もありましたが現在は解消されていてネットでスムーズに申し込みができているようです。 電気料金 電気料金もシンプルで分かりやすいです。 支払いはクレジットカードまたは口座振替を選択できる 初期費用はかかりません 評判・口コミ ENEOSでんきは知名度も高く電気供給の実績がある会社なので、安心して申し込みできます。 ネットで簡単に申し込めたという意見も多いです。 また普段ガソリンスタンドのENEOSを利用している方はガソリンが安くなるという特典に魅かれて契約し、満足しているという方もいました。 ・会社概要 JXエネルギー株式会社 本社所在地:東京都千代田区大手町一丁目1番2号 資本金:1,394億円 設立:1888年(明治21年)5月10日 ・提供エリア 東京電力管内.

次の