フジテレビ 入社。 フジテレビ新人アナウンサーの顔画像公開!注目は藤井弘輝か?

フジテレビ日枝前会長退任も「院政」は確実! 負の遺産「とんねるず」の番組とコネ入社も続行か(2017年7月15日)|BIGLOBEニュース

フジテレビ 入社

4月1日、フジテレビの入社式が行われ、マスコミが一斉に報じた。 今年の注目は東大卒の藤本万梨乃アナ。 藤本は東大在学中からモデルとして活躍した才色兼備。 デビューの日が待ち遠しいと、女子アナファンの期待が高まっている。 さらにもう1人、注目を集めているのが堀池亮介アナだ。 「この名前を聞いてピンと来た人はかなりのサッカー通。 いや、相当のサッカー好きでもわからないかもしれません。 堀池アナの父親は元サッカー日本代表の堀池巧。 清水エスパルスで活躍し、日本代表としてドーハの悲劇を経験しています。 引退後は解説者として、また亮介アナの母校である順天堂大学の准教授、サッカー部監督として活動しています」(スポーツ紙記者) つまり、堀池アナはいわゆる二世。 フジテレビには二世が数多く入社しているのはよく知られている。 「高橋英樹の娘で、現在はフリーアナの高橋真麻、田淵幸一氏の息子の田淵裕章アナ、藤井フミヤの息子の藤井弘輝アナ、元サッカー日本代表の永島昭浩氏の娘である永島優美アナと二世アナが大勢います。 古くは故・永六輔の娘の永麻理(現・フリーアナ)もそうです。 また、アナウンサーではなく一般の社員ということであれば、かまやつひろしの息子、宇津井健の息子もいます。 毎回、『コネ入社ではないか?』という声が上がりますが、今回も同様の批判が上がっています」(週刊誌記者) だが、その一方で「コネではなくて実力なのでは?」という声もわずかにあるようだ。 「その理由は父親である堀池巧にそれほどのコネがあるのかということです。 日本代表での実績は永島昭浩氏よりはるかに上なんですが、ポジションが右サイドということもあって、スター性では負けている。 知名度も低いでしょう。 その堀池の息子だからといってコネで入社できるとは思えません」(スポーツライター) コネか、それとも実力か。 答えは今後の活躍しだいで明らかになっていくことだろう。 堀池亮介アナには批判を吹き飛ばすような活躍を期待したい。

次の

フジテレビ・コネ入社疑惑は誰?一覧でわかる親の七光り!

フジテレビ 入社

高島彩 あのアヤパンこと高島彩は、俳優である故・竜崎勝(りゅうざきかつ)氏の長女だったのです。 竜崎勝は1984年に他界していますので、直接コネを使えたか疑問に思われるかもしれません。 しかし竜崎勝は俳優座の第15期の同期で仲のよかった夏八木勲、地井武男、小野武彦、村井国夫、高橋長英、前田吟とともに「どりいみい7」という俳優事務所を立ち上げた事があります。 その6人はもはや重鎮とも言える存在で発言力も大きいでしょう。 どりいみい7の一員の地井武男さんは末期の頃 「見舞いは家族とどりいみい7だけにしてくれ」 と言っていたくらいですので、この7人の結束は強かったのでしょう。 それゆえ竜崎勝の忘れ形見である高島彩の事が可愛くて、便宜をはかった可能性も否定できません。 ただアヤパンのアナウンス力はダントツに高く、傑出した存在でした。 チャラチャラとした感じも全くなかったですし、例えコネであろうと、正規入社者以上の結果を出した存在だと思います。 高橋真麻 これも説明不要でしょう。 父親の高橋英樹としょっちゅう共演されています。 2013年10月8日よりフジテレビで「有吉弘行のダレトク!? 」が放送開始となりました。 MCは有吉弘行、アシスタントは高橋真麻です。 放送開始5日前の10月3日に行われた会見で 「噂やデマを流された困った事は?」 と質問された高橋真麻は 「フジテレビに入社した時にコネだと言われたこと」 と応えたので、すかさず有吉に 「ゴリゴリのコネだろ!」 と突っ込まれたのでした。 高橋真麻はアナウンス力が高く、そして何より明るいのでコネだろうと問題はないでしょう。 ただ、やはり偉大なる父親の加護があるから、周りからの扱いが良いというのは事実でしょう。 陣内太郎 苗字で分かりますね。 俳優としてトレンディードラマで大活躍した陣内孝則の息子さんです。 2011年4月14日に発売された「週刊文春」によると ツイッターでフジテレビ内の人事や研修内容をツイートしたり どんな時でも「あの陣内孝則の息子です」とアピールしたりで、煙たがっている上層部もいるらしい との事です。 永島優美 元サッカー選手で現在はスポーツキャスターとして活躍されている永島昭浩さんの長女です。 ただ父親の永島昭浩さんは滑舌が悪く噛みまくりなのは、知る人の間では有名です。 そのためコネといえるほどの存在か?との疑問はあります。 永島優美には入社時点で彼氏がいた事が報じられました。 ただ、彼氏の扱いが酷過ぎるのでした。 をよろしければご覧ください。

次の

大橋未歩アナ、フジ入社試験落ち悪態の過去→テレ東で正解。

フジテレビ 入社

今回はフジテレビの久慈暁子アナウンサー(25)にテレビ会議アプリ「Zoom」で聞きました。 情報番組「めざましどようび」(土曜・前6時)のメインキャスター。 一緒にメインを務める佐野瑞樹アナ(48)、西山喜久恵アナ(51)の両ベテランにもまれながら発信力を鍛えている。 (浦本 将樹) 大きな瞳でコロコロと笑う。 「めざましどようび」のメインキャスターを務めて4月で1年が経過。 見どころを語る声から充実さが伝わる。 「平日の『めざましテレビ』では入りきらなかった未公開映像も使って一週間のニュースをまとめます。 有名人の私生活や素顔に迫る西山さんの『キクエガキクヨ!』もあって、平日の朝よりも家族でゆっくりと見られます」 新型コロナウイルスの感染が拡大してからは、自身のスタジオでの解説も増えた。 分かりやすく伝えることを心がけながら、自らの役割も意識する。 「佐野さんや西山さんの意見と、私たちの世代とではちょっと違うところもある。 私がいる意味はそこにあると思います。 できるだけ若い人の考えを意識して取り入れようとしています」 コロナに関しては自身も細心の注意を払う。 「仕事で外出して帰ったらすぐにシャワーを浴びます。 手洗い、うがいと、全身についていたかもしれないウイルスも落とす。 服もすぐに洗濯します」 メインキャスターの大変さも実感している。 またCM前はトークをまとめる一言を言うのですが、トークが盛り上がっている最中にブツッと切れてしまうのが怖いです」 入社した年から「めざましテレビ」に出演。 早朝だけに早起きのプレッシャーも。 「午前3時起きです。 1年目は大変でしたが、もう慣れました。 アラームが鳴る前に起きることもあります。 (コツは)危機感ですね。 オンエアが始まっている夢をみて『やばいっ』と思ったら、まだ1時間しか寝ていなかった、ということもあります」 入社当初は自分が見えずに悩んだ。 「ガチガチでした。 東北で育ったので、面白いことを言ったり、人に突っ込んだりしたことがないんです」。 番組できちんとしたことを言おうとすると周囲に「力が入りすぎて伝わらない」と注意されたことも。 昨年2月に記者がインタビューした際も「面白いことが言えないんです」と吐露していた。 だが佐野アナの言葉で吹っ切れた。 心が軽くなった。 過去の失敗談を聞いても「占いを読んでいて『水瓶座』を『うみがめ座』と言ってしまいました。 まわりからも『うみがめ座って何?』と注意されるし、ネットのトレンドにも4位くらいに入って…。 テレビはすごく見られているんだ、と反省しました」。 今は自虐ネタもスラスラと出てくる。 今後は「めざまし」も続けながらバラエティー番組にも興味を見せる。 「フリートークの力を高めたい。 西山さんの何でも拾ってくれる瞬発力や、佐野さんの話題関係なしに盛り上がる力が勉強になっています。 お笑い芸人の方ともトークをしてみたい」 目標には大学の先輩で、報道番組のメインキャスターも務める三田友梨佳アナ(33)を挙げる。 「自分の意見をしっかり持って、画面で発信できるのがすごい」。 最近では、親しい友人と会話中にひそかに突っ込みを練習。 トーク力アップに向け、水面下での水かきを欠かさない。 25歳。 青山学院大経済学部卒業後の2017年4月、フジテレビ入社。 同期は安宅晃樹アナ、海老原優香アナ、黒瀬翔生アナ。 面白さの理由を研究.

次の