えん ちょ ー li カッパ。 えんちょーLiカッパ в трендах youtube

5月08日の韓国さんパニック!編集後記?みたいな思い出し笑い帳:カッパえんちょーのブロマガ

えん ちょ ー li カッパ

youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. nicovideo. nicovideo. nicovideo. nicovideo. nicovideo. nicovideo.

次の

4月22日の韓国さんパニック!編集後記?みたいな思い出し笑い帳:カッパえんちょーのブロマガ

えん ちょ ー li カッパ

掲示板に書いてあるチャンネル以外は偽物です。 詳しくは下の方に書いてあります。 登録者数は表示・非表示ができるようで、カッパえんちょーは表示されていませんでした。 似たようなジャンルのKAZUYA Channelを見てみました! KAZUYA Channelの登録者数は68万人でした。 比較すると、ややカッパえんちょーの方が動画再生数が多いようです。 なので推測すると、 カッパえんちょーの登録者数は70万人ほどだと思われます。 KAZUYA Channelも面白いのでオススメ! 犬が問題提起 カッパえんちょーは顔出しを一切していません。 画像のような柴犬が首をかしげたり尻尾を振って話しています。 柴犬がリアルな話をしているところが笑えます。 ficerigというソフトを使用し、Vtuberのように柴犬が話す仕様になっています。 カッパえんちょーの中の人 Vtuberのように動きに合わせて話す柴犬ですが、中の人はどんな人か気になりますね! 現時点で分かっていることは ・埼玉県在住 ・分譲マンション住み ・45歳 2019. 23時点 ・友人にはYoutuberということを秘密にしている ・恐らく独身 これは毎日見ていてわかったことで、公式に発表はしていません。 後ほどコメントについて出てきますが、コメント欄はいつも共感の嵐で毎回同じ人がコメントしていることも多いので、ファンの多さを感じます。 品のある話し方で毒を吐きます。 そして声の良さについての賞賛もコメントでたまに見かけます。 声優のようなキャラ立った声も魅力の一つです。 その道具は パフパフラッパ チーンベル この2点です。 この効果音があるから、面白い話が余計に引き立ちます。 「こ~と~わ~る~!」ー断る 「ぶちこんどけ!」ー牢屋に入れる 「ぃやったね~」-やったね 「三冠王大統領」-文大統領 「宗主国さま」-中国 「リッチーくん」ーホワイト国からはずれた『り地域=韓国』 「アメリカ兄さん」-アメリカ これを覚えておくと話がより面白いですよ。 画面上では柴犬ですが、人間らしさを出していて好感が持てます。 カッパえんちょー動画のコメント欄 約束を守らない国と何を話し合えばいいのか。 会うだけ無駄。。 日本は韓国が無くなっても困らないし、韓国に譲歩するメリットがない。 はい終了 自分達で経済危機を乗り切った事一度もないだろ。 助けて貰ったのに恨みで返す国など滅びてしまえ。 二度と擦り寄るな。 リッチー韓国には忍耐とか我慢とか到底無理な話だよな。 なぜ「嫌」と言ってはいけないのか不思議ですね。 なかなか発言ができない時代だからこそ、共感できるYoutuberのチャンネルで共感とデトックスができるのです。

次の

えんちょーLiカッパ в трендах youtube

えん ちょ ー li カッパ

かっぱえんちょー 園長 って? 柴犬のyou tube動画です。 って嘘です。。。。 隣国と日本とのニュースなどを取り上げてコメントをする動画を発信されているyoutuberさんです。 睨みを効かせたお顔の柴犬が毒舌トークを炸裂! 私は園児として時々氏の動画を拝聴しております。 最近だと 「えんちょーと雑談」でしたが更新が停止されてしまいました。。。。 たくさん避難所を持っておられますが、圧力がかかると更新停止に追い込まれます。 誰がそうしているのかは・・・想像におまかせします。。。。。 かっぱえんちょーが言っておられる「りっちーくん」じゃないかと思います。。。。 りっちーくんとはり地域のことだと思います。 けれど追っかけがスゴイ数だと思う。 チャンネル登録もどれくらいの数なんだろう。 「ユーチューブに削除させないようにゲームを後ろに置こう。 」と書かれたえんちょー動画がありますが こちらもいつまで持つのか心配。 かわいい柴犬を見ていると時間が過ぎてく。 2020年にしゅうきんぺいを国賓として招くそうだけれど、一国民としては反対です。 愛知県の市議会議員も帰ってこないし 先日の大学教授も帰ってこない・・・・ 大学教授は中国に招かれて最終日に拘束されているし、罠にハマったとしか思えないよ・・・・ 中国も魅力的な観光地があるけど、怖くていけない国の一つになりました。 私としては隣国はこういうことは吐けるけれど中国についてもコメントは本当にギャグにならないというのが本音。 ですから隣国ネタは動画関連でも小気味よく聞いてしまいます。 だってねぇ・・・・反日報道見てると不愉快になるよね。

次の