顎 の 下 の ニキビ 原因。 顎のラインのニキビは食べ物や内臓疾患も原因に!?その予防策とは

顎(あご)ニキビの原因は胃腸に?改善に向けた対策5つ。

顎 の 下 の ニキビ 原因

[目次]• 頬ニキビができる6つの原因とは さまざまな原因が考えられる頬ニキビは、スキンケアの際に、 保湿を怠ったりすると肌が乾燥し、 皮脂が過剰に分泌することで頬にニキビができやすくなります。 その他にも、• 食生活の乱れ• 睡眠不足• ホルモンバランスの乱れ• ストレス• 不健康な生活習慣• 洗剤による影響 など、原因はさまざまです。 これらの要因が絡み、ニキビが突然あらわれたり、ときには大量にできることもあります。 ニキビによる肌トラブルが起こる原因については、以下の項目で見直してみましょう。 (1)ホルモンバランスの乱れ ホルモンバランスの乱れは頬にニキビができやすくなる原因の一つです。 ホルモンバランスの乱れを招く生活習慣には• 睡眠不足• ストレスを抱えやすい生活環境 などが考えられます。 排卵の際に起きる女性ホルモンのバランスの崩れが、頬のニキビの原因になることもあります。 生理不順の方は、特にこのホルモンバランスの乱れが頬のニキビを増やしていることもあるのです。 排卵のたびに頬にポツポツとニキビができてしまう方は、 ホルモンバランスを疑ってみましょう。 (2)肝機能の低下 肝臓の機能が低下すると、頬にニキビができやすい環境が整ってしまいます。 肝臓の機能が低下しやすい食生活には、• 肉類中心の食事• お菓子・ケーキ・チョコレートなど甘くて油分のあるもの• アルコールを毎日飲む習慣がある などがあり、上記に該当する方は要注意です。 特に、お酒を飲むとお酒に含まれる成分を無毒化しようと肝臓が活発に稼動します。 これを毎日続けていると、 肝臓に負担がかかり、肝機能が低下していき、頬ニキビを誘発させてしまいます。 厚生労働省が推奨する「1日の適度な飲酒量」[1]は、 純アルコールにして約20gです。 ビールならおよそ中びん1本分• 日本酒なら1合 が目安となりますので、アルコールと上手に付き合いましょう。 また、 休肝日を設け、肝臓を休ませることも大切です。 また、食事は 1日3食を心がけ、 油っぽいものや塩分が多い食品の摂りすぎに注意しましょう。 タンパク質も動物性と植物性をバランスよく摂取すると疲れた肝臓を回復させるのに役立ちます。 (3)胃腸の疲れ 肝臓と同様に、 胃腸の疲れも頬ニキビの原因になります。 胃腸の疲れやすい食生活には、• お菓子・ケーキ・チョコレートなど甘くて油分のあるもの• 肉やから揚げなど脂肪分が多いもの• 水分の摂りすぎ のような食事内容が多い場合は、胃腸に負担をかける大きな原因となっています。 また、頬ニキビは胃液の減少や胃腸が虚弱な場合にも起こりやすいとされています。 夏場は、暑さによる水分の摂りすぎにより 胃を冷やし、代謝が弱くなりがちになります。 水分は短時間に過剰に摂取するのではなく、コップ1杯程度の水を起床時や食事などタイミングを分けて飲むようにしましょう。 (4)偏った食生活による栄養不足 胃腸の疲れやすい食生活でふれた、糖分や油分の高い食べ物や肉などの脂肪分が多いものばかり食べていると、 栄養が偏り、肌のターンオーバーに欠かせないビタミンが不足がちとなります。 さらに、これらの食べ物は 皮脂の分泌を過剰にしてしまい、ニキビができやすい原因を作ってしまいます。 (5)肌を刺激する環境 頬のニキビは外的刺激からの影響原因となります。 頬に不衛生な環境を作ってしまう原因に、• 寝具(枕やシーツなど)• マスク• 間違ったスキンケア などがあげられます。 不衛生な寝具を使用すると、うつ伏せや、横向きで寝る場合、 寝具の汚れが原因となり、頬にニキビができやすくなります。 枕やシーツなど 頬がふれる寝具は常に清潔を保つようにしましょう。 むれやすいマスクは頬に直接ふれるため、摩擦により肌を刺激し、そこから雑菌などが繁殖し、ニキビの原因となります。 また、洗顔の際、間違ったスキンケアや 肌に合わない化粧品を使用していると、 肌のバリア機能が低下してニキビができやすくなります。 (6)化学物質が含まれた洗濯洗剤 肌に合わない洗濯洗剤などを使用していることも頬ニキビの原因となります。 洗濯に使用する洗剤は、洗いあがりのいいにおいを出す芳香剤や、きれいに汚れを落とすために合成界面剤などの化学物質が含まれています。 肌の弱い方がこれらの成分に肌がふれると、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを起こす場合があります。 石油系の合成界面剤や合成香料などの入った洗剤は避け、 弱酸性で肌にやさしい洗剤を選ぶようにするといいでしょう。 片頬にだけニキビができる原因は 片頬にだけ集中してニキビができる人もいます。 ニキビが頬にできる場所によって「想い・想われ・振り・振られ」といったものを占うようなスピリチュアルな側面があるともいわれていますが、ここでは生物学的な理由についてみていきたいと思います。 右頬または左頬のニキビは利き手と関係あり 右頬にできるニキビは、 特に右利きの人が右頬を無意識にさわっていることが考えられます。 これは、左利きの人が左頬と置き換えて考えてもらってもかまいません。 手で頬杖をついたり、スマートフォンを頬にあてて電話したりと、日常生活で、頬にふれる機会が多いと思いますが、 利き手側の頬をさわる機会が比較的多い場合、利き手側と反対側の頬に比べ、外的刺激による雑菌が頬につきやすく、結果として ニキビが生じやすいといわれています。 また、身体の一方だけリンパや血流の流れが悪いため、どちらかの頬に集中してニキビができることがあります。 頬ニキビを治してツルツル肌を目指す対策 頬のニキビの治し方を薬とスキンケアの観点からみていきたいと思います。 頬ニキビを治す治療薬 レチノイド製剤は、 ニキビができる原因の毛穴のつまりを予防し、新たに頬にニキビができるのを防ぐ働きがあります。 2008年に厚生労働省からディフィリンゲルという商品名でニキビ治療薬として認可されています。 主に 初期段階の白ニキビが悪化するのを防ぐために用いるといいでしょう。 また、 ニューキノロン系やマクロライド系の抗生物質は、アクネ菌が増殖していない初期段階の白ニキビには効果がありません。 抗生物質は主に炎症を抑える作用がありますので、 炎症をともなった赤ニキビに対して効果があります。 しかし一方で、ニキビ治療に抗生物質を長期間使用すると、ニキビの原因菌が抗生物質への耐性をつけてしまうおそれがあるため、 炎症が治まったら、外用薬に切り替えるなど使い方に注意しましょう。 どちらの薬も、皮膚への刺激や発赤などの 副作用も生じる可能性もあるので、 皮膚異常を感じたら医師に相談するようにしましょう。 頬ニキビをスキンケアで改善する方法 毛穴が詰まらないよう、正しいメイクオフを心がけましょう。 ごしごしと強く洗顔しないよう、 洗顔料をしっかりと泡立てて、やさしく軽く円を描くようにします。 泡が残らないように、 すすぎをしっかりと行い、タオルで水分をふき取る際も、 ゴシゴシとこすらず頬にやさしくタオルをあてるようにしましょう。 また、女性の場合は排卵期を過ぎたあたりから肌が乾燥しやすくなるなど、 生理周期によって肌質が変わります。 そのため、 肌質にあった洗顔料を選ぶとよいでしょう。 頬ニキビを悪化させないメイク方法 頬ニキビができていると、どうしてもメイクで隠してしまいがちです。 ただし、 厚塗りをしてニキビを隠そうとするのは、ニキビを悪化させてしまう可能性があるため控えましょう。 また、気になるからと 何度も手でニキビをさわらないように注意しましょう。 頬ニキビは、肌の乾燥によって悪化してしまうので、 メイク前にはしっかりと保湿を行います。 そして、ベースメイクに使うファンデーションは油分の割合の多いファンデーションではなく、 ニキビへの刺激が少ないミネラルファンデーションがおすすめです。 また、ニキビ専用のコンシーラーを使用して、 肌色に近いカバー力のあるものを選ぶとよいでしょう。 その際、コンシーラーは清潔なものを使用するようにします。 大人ニキビの治し方 大人ニキビは、• 化粧品やメイクによる毛穴のつまり• ストレス• 睡眠不足• ターンオーバーの乱れ などさまざまな要因が関係してきます。 大人ニキビは主に「洗顔法」「生活習慣」を見直してみましょう。 忙しい日々を送るなかで、メイクがしっかりと落とせていなかったり、十分な保湿をしないままクーラーのきいた部屋で睡眠をすると肌の乾燥がおこり、ニキビができやすくなります。 炎症を起こしている大人ニキビは、皮膚科など医療機関を受診して、 抗生物質などの内服薬で治療したり、 ピーリングやレーザー手術といった施術をうけることでニキビの治療を行います。 また、ニキビができにくい 食習慣や洗顔法を日々の生活で実践し、ストレスを適度に発散できる趣味やスポーツに没頭する時間をつくるなど、精神的・身体的両方の側面から予防を心がけるといいでしょう。 思春期ニキビの治し方 中学生、高校生くらいにできる思春期ニキビは、大人とは異なる思春期特有のニキビです。 できる箇所も 皮脂の多いおでこから鼻にかけてのTゾーンに現れやすいのが特徴で、成長過程のホルモンの分が増えることで思春期ニキビができるとされています。 時期を過ぎれば自然と治っていくのが普通ですが、炎症の見られるニキビについては、ケアを怠り放置していると、ニキビ跡が残ってしまうこともあります。 そのため、治療では炎症を抑えるための抗生剤や皮脂の分泌を抑えるケミカルピーリングなどを行います。 また、皮脂の量と水分量を適度なバランスに保つために、 こまめに洗顔をすることも大切です。 しかし、過剰な洗顔によって皮脂を洗い流すことも考えられるため、 皮脂分泌を抑える化粧水をつけるなどして、 スキンケアを欠かさないようにしましょう。 まとめ 頬は顔の中でも皮脂の分泌が少なく、Tゾーンなどに比べるとニキビはできにくいです。 しかし、頬にニキビができる6つの原因のうちどれかに当てはまれば、頬にニキビができやすくなっているので、原因にあわせた対処を行いましょう。

次の

フェイスライン(Uゾーン)ニキビの原因と治し方10選!

顎 の 下 の ニキビ 原因

【目次】 ・ ・ ・ 【顎ニキビ】原因は、油のとりすぎ!? 顎にできるニキビ…。 そもそも、原因って何なのでしょうか? ニキビの原因について、美容科学者 かずのすけ先生に教えてもらいました。 「ニキビの原因は 過剰な皮脂です。 生理前はホルモンの影響で皮脂が増えがちなので、生理前ニキビは仕方ありません。 com 【顎ニキビ】ニキビができたときは、正しく保湿をするべし! もし、ニキビができしまった場合、かずのすけ先生曰く「 正しい保湿をすることが大切」とのこと。 「保湿ができるのは油分ではなく 水分です。 特にニキビは油分が原因なので、 オイルフリーの保湿剤(化粧水、ジェルなど)が最適です。 また、ニキビは毛穴が炎症している状態なので、 抗炎症配合のものがおすすめです」 c Shutterstock. com 参照記事: 【顎ニキビ】薬に頼りすぎるのも良くない!? 顎ニキビを早く治すために、 薬を使う人も多いのでは? しかし、かずのすけ先生によると「 ニキビ薬に頼ると塗った場所にニキビが再発する可能性がある」と…。 「ニキビ薬の多くは、 殺菌作用や角質剥離作用によってニキビを改善するものです。 角質剥離作用は、ニキビができるとその周辺の角質が厚くなるので、これを剥がして毛穴の中のニキビ排出を促すものです。 しかし、薬品の力で角質を無理に剥がすことは、肌にとって 刺激になります。 継続的に行うと肌が逆にかたくなるうえ、その部分だけ 肌のバランスが崩れて、ニキビ・肌荒れが発生しやすくなります。 」 c Shutterstock. com 口周りにニキビができたら、まずは生活習慣を見直し、食事やスキンケアで油を取りすぎていないか、チェックしましょう。 そして、ニキビを繰り返さないためにも、薬の使い過ぎにはご注意を。 初出:しごとなでしこ.

次の

大きくてしこりのあるニキビはどう治す?粉瘤との違いって?【皮膚科医監修】

顎 の 下 の ニキビ 原因

なぜウザイくらい繰り返す?? ケアしても根本的に治らないのはなぜ?? 口周りのニキビの原因について見ていきます。 スキンケアで治せないのは当たり前!? なかなか治らない、一度治ったと思ったらまた出てくる・・・ そんな「繰り返しニキビ」の代表格である 口周りのニキビ。 こいつら、ホントにムカつきますよね。 絶妙な痛みと痒みがあって、大事な日に限ってポツっと現れる。 (多分緊張して前の日に寝れなかったのが原因でしょう・・・。 笑) 鼻の下やあごはもともと皮膚が薄く・弱く、敏感な部位なため、 ちょっとスキンケアを間違ったり、ちょっとした睡眠不足ですぐにニキビとして現れてしまうんですよね。 しかも、 あごは「 大きい赤ニキビ、加えてかなり痛がゆい!」 鼻の下は「 厄介な黄色い膿ニキビ、かゆい??」 ってな感じで、なかなかのキャラクター。 部位も部位ですし、できるニキビも相当厄介・・・ 当然目立ちますし、ボーッとしてれば無意識のうちに触ってしまうレベル。 つい気になって触り・潰してしまい、「 跡が残ってしまった・・・」なんて方は結構多いはず。 この口周り(鼻の下・あご周辺)のニキビの原因としては、 「生活習慣」に何らかの問題があるから。 が結論となります。 もちろんスキンケアも大切ですが、 「ちゃんと優しく・正しくケアしているのに治らない・・・」というのはこのためです。 口周りにニキビ=『大人のニキビ』としてしばしば扱われますが、 これは、「一人暮らしのストレス・食生活の乱れ」「会社でのストレス」などがかなり関係しているからだと思いますね。 この口周りのニキビが繰り返しでき、さらにいつまでたっても根本的に改善されないのは、 「 生活習慣の乱れ・体に何らかの不調があるから」なんですが、イマイチ原因をつかみづらいかと思いますのでもう少し詳しく見ていきます! スポンサードリンク 寝不足、疲労状態だと80%の確率で翌日「鼻の下」に・・・ これは私の10年以上のニキビ経験からのデータとなりますが、 「 かなり疲れた」「 ちゃんと食べなかった」「 あまり寝れなかった」という日の翌日に朝鏡を見るとかなりの確率(80%以上)で鼻の下にニキビがポツっとできてます・・・。 しかもほぼ100%の割合であのウザったい黄色い「膿ニキビ」。 今現在はニキビ肌から脱出したため、ちょっとした寝不足でもニキビができたりすることはほとんどなくなりましたが、何かの拍子にポツっとできて場合は、思い返してみれば「 寝不足や遊びすぎた」ことが原因になってます。 しっかりとスキンケアをいつもどおりに行っているのにも関わらず、そうして厄介なニキビが出てしまうので、 やはり「生活習慣」というのは侮れませんね。。。 (怖) 『 内蔵(特に胃腸)の疲れ』が原因となるのは、口周りに限らず顔全体・体など全てのニキビに対してですが、やはり鼻の下やあご周りなどはその影響を受けやすいようです。 *体調不良だったり内蔵の機能低下等は、「その改善法が分かればニキビなんて全て治せる!」くらいの奥の深いテーマなので、ここではお話しきれません。 生活習慣の乱れ・改善法などはまた別の記事で詳しくお話していくことにして、 まずは「 鼻の下・あごのニキビは体調不良と密接に関係している」ということを知っておいてもらえればなと。 まぁ実際は鼻の下のニキビって放置しておけば治りますし、そこまで深刻なニキビではありませんが、 やっぱり繰り返し出てくるというのはうざいですよね。 笑 なんとかして鼻の下にニキビができる頻度を極限まで減らしたい!という方は少なくないはず。 (特に男性の方であればヒゲが剃りづらくてホントイライラしますよね。。。 ) ここで、 ちょこっと簡単に鼻の下のニキビ(あごも含む)を治すポイントを挙げてみますね。 【口周りにニキビを発生させる大きな原因】 「体を不調にさせているモノがないか?」と考えていけば意外と簡単に出てきますよ。 スポンサードリンク 【補足】 仕事や人間関係のストレス等はもちろん、 「ニキビが顔にある」こと自体がストレスとなるので、 そのストレスが胃に負担をかけ結果的に「ちゃんとケアしてるのに治らない・・・」を招きます。 ストレスが溜まれば当然食生活が乱れたり(お菓子ややけ酒など)、 寝不足が続く、タバコをバンバン吸う・・・などなど。 思春期にもストレスはあるとはいえ、それに比べれば大人のストレスというのは計り知れません。 そのため、あごや鼻の下のニキビが『 大人のニキビ』と言われるのには納得ですね。 ただ、原因は思春期でも大人でも同じですが・・・。 w あごは「女性ホルモン」と「すすぎ不足」 あごは鼻の下と同様、もともと皮膚が薄く・弱く・敏感な部位です。 ちょっとしたことでニキビが発生してしまいます。 生活習慣面での原因も全く同じなので、ここでは生活習慣以上に関係していそうなモノを見ていきますね。 【あごニキビにかなり関係していそうな要素】 ・女性ホルモンの変化、乱れ(生理など) ・すすぎ不足(汚れによって炎症を悪化させやすい) ・虫歯(歯肉炎なども) 女性の「あごのニキビ」は多くの場合『 生理』が関係しています。 とはいえ、それを止めることなど不可能ですし、生理でホルモンバランスが乱れたからといってニキビや肌荒れは全くなく肌がキレイな人も山ほどいますよね。 「ニキビ肌」状態になってしまっていることが原因なので、 できるだけスキンケアを見直して行く必要がありそうです。 (女性の生理・妊娠とニキビの関係についてはまた別の記事で) >> あごニキビを治していく上でつい見逃してしまうのが「 すすぎ」ですね。 普段の洗顔(朝と夜)で意識的にあごをすすぐ回数を 2、3回増やしてあげてください。 そうすれば、汚れもいつもより少なくなりあごニキビも炎症しにくくなってくるはず。 最後になりますが、あごニキビで一番厄介なのが「虫歯」。 これは有名な話で、虫歯を治療したらいままで何をしても治らなかったあごのニキビがすっかり治った!という方はけっこういるみたいですよ。 あごのニキビは痛くてかゆくてかなり気になりますが、 絶対に触らないようお願いします。 時間がかかりますが、なかなか治らない「口周り」のニキビは生活面を見直していくことで改善が可能です。 Reiさん ご無沙汰しております。 おかげさまで、アゴ以外のニキビは落ち着いてきました。 しかし、アゴはなかなか治ってくれません。 今回はノンエーをいつまで使い続けるべきか?教えてください。 元々敏感肌のため、以前はニュースキンの洗顔料を使用しており、なんら問題はありませんでした。 アゴニキビはストレスが大きく関係しているとの事なので、アゴ以外のニキビが落ち着いた場合、元のニュースキンへ戻したとしても問題はないのかな、と。

次の