ヘッドホン メーカー。 自分好みの音を鳴らすのはどのメーカー?ヘッドホンの音づくりの特徴を比べてみた|@DIME アットダイム

ヘッドフォンのメーカー、特徴を分かりやすく紹介してみる

ヘッドホン メーカー

覚えておきたいのが、ヘッドホンにはおおまかに2種類あるということ。 スピーカーの外側が網目状になって音が抜ける「オープンタイプ(開放型)」と、音が外部に漏れにくい「クローズタイプ(密閉型)」があります。 目的に合わせてこの2種類から選ぶ必要がありますので、頭に入れておいてください。 シーン別に正しく使い分けられるようになると、音の楽しみ方が180度変わりますよ! オープンタイプは名前の通り開放感があるサウンドが特徴で、広がりがある音の聞こえ方がします。 ただし音漏れがするので環境に注意が必要です。 クローズタイプはややこもった感じがしますが、繊細な音の聞き分けが可能。 音が漏れないので周囲に迷惑をかけないタイプとなっています。 無理に高いものを買わなくてもいい 数千円のヘッドホンを選ぶくらいなら、思いっきり高級なものを買ってしまったほうが長い目で見てコスパが良いのでは?とも考えられますよね。 良いものを長く使いたい、という方はそう思うかもしれません。 ヘッドホンで注意したいことの一つに、周辺機器との相性というものがあります。 高級なヘッドホンはその性能を活かすためにアンプやオーディオインターフェースなどの機械を使う必要があるんです。 安くて高音質なヘッドホンは、パソコンやスマホに直接つなぐ使い方で十分音が楽しめるように設計されています。 しかし高音圧対応の高級ヘッドホンは、パソコンに直接使用するだけでは本来の性能が発揮できないんです。 高音質のヘッドホンを楽しむには、それなりに周辺機器が必要になってしまいます。 目的に合わせて選ばないとコスパは悪い 街中の電気屋さんではあまりみかけない、ちょっとマニアックなヘッドホンがヤマハ。 ピアノの製造で世界トップの技術を誇っている同メーカーは、楽器製作の技術を活かして「本来の音を伝える」ヘッドホンを開発しています。 楽器や人の声を、生の音源に近い形で聞きたいのであればヤマハが一番おすすめです。 下手に色づけされた音は嫌い…というのであれば一度試してみるといいですよ。 普段の音楽鑑賞はもちろん、電子ピアノの練習用にも大変おすすめできます。 こちらはオープンタイプで抜けのいいサウンドが特徴です。 安いのに低音に不足感がなく、かつ全ての音域のバランスが良く聞こえるのが特徴。 テレビや動画視聴などの日常使いはもちろん、ゲームや音楽にも十分な音質です。 温かみのある厚い低音と明晰な高音が特徴のパイオニア。 音楽鑑賞をするために安いヘッドホンが欲しい、というライトユーザーにおすすめなのがこちらのモデルです。 耳にあたるパッド部分がふわふわしているので、疲れにくく圧迫感がありません。 パイオニアらしく音楽を聴くのに向いていて、1万円以上クラスのモデルといい勝負をしています。 音楽業界をリードしているメーカーらしく、リズム感のある音楽を聴くのに適しているモデルです。 重低音に厚みがあるヘッドホンは、低音の残響が残りやすくキレのあるリズム感の再現が難しい傾向にあります。 しかしソニーは低音域の振動を見直し、残響が生まれないヘッドホンの開発に成功しました!バンドミュージックやオーケストラまで、音楽鑑賞を目的にするなら持っておきたいヘッドホンです。 10,000円以下クラスで最後に紹介しておきたいのが、またもやオーディオテクニカ。 この価格帯は最強といってもいいほどで、語りつくせないほどの魅力が詰まっているメーカーです。 オープンタイプのヘッドホンで定評があるエアーダイナミックシリーズは、音の抜けと高音質を備えているのが特徴。 5,000以下クラスで紹介したヘッドホンと違うのは、音域のバランスの良さです。 低音から高音まで自然に鳴るので、長時間の装着でもストレスが無くまるで着けていないよう!と語る愛用者もいるんですよ。 プロからも支持があり、原音を忠実に再現できるヘッドホンといえばこれが最強なのではないでしょうか。 人の声や楽器の音を細かく表現できるため、解像度の高い音源を聴くと生音を楽しんでいるかのような錯覚に陥ります。 正直言って、2万円以下でこんなに高音質なヘッドホンはなかなか見つかりません! 街の電気量販店でよく見かけるので、実際に視聴して違いを実感してみてください。 ヘッドホンを変えるだけでこんなに違うのか…とびっくりしてしまうはずです。 2万円以内で買えるもので「聴きやすさ」にとことん注力したものは、これが一番なのではないでしょうか。 モニター用なので華やかさはありませんが、高音質でバランスの良い音を再現してくれますので音楽作成やゲームプレイと相性ばっちりです。 他のヘッドホンではすぐに聴きつかれてしまう…と悩んでいるなら、どの周波数でもバランスよく鳴るオーディオテクニカのモニターホンを試してみてください。 きっと世界がかわりますよ。 価格帯別におすすめのヘッドホンを紹介しましたが、もっと個人の生活に合わせて選びやすいようにシーン別比較を行っていきましょう!もしスポーツ観戦をよくするのであれば、オープンタイプ(開放型)のヘッドホンを選んでみてください。 クローズタイプと比べて音の抜けが良く、雑音や歓声が多いスポーツ観戦に非常に向いているんです。 音の抜けが良いため細かい音の聞き分けは難しいのですが、その分開放感があって雑音や実況など音が多い映像を鑑賞しても疲れにくいんですよ。 オープンタイプはクラシックや映画など小さい音を聴くのに不向きですが、スポーツを見るのには相性ばっちりです。 音域の鳴りはまんべんなく響いてくれるフラットなものを選ぶと、長時間のスポーツ映像を鑑賞しても疲れにくくなります。 スポーツ観戦におすすめのヘッドホン機種• 【オーディオテクニカ】 エアーダイナミックヘッドホン ATH-AVA300• 【オーディオテクニカ】エアーダイナミックシリーズ ATH-AD500X 音楽を聴くなら アーティストのライブに行くのが大好きで、あの時の思い出に浸りたくてツアーDVDを何度も観るのが好き…という方は多いのではないでしょうか。 筆者もそんな一人です! ライブ会場の臨場感って独特ですよね。 もし再現したいのなら、オープンタイプのヘッドホンがおすすめです。 音楽鑑賞ならクローズ型、とおすすめする音響プロは多いのですがライブ映像を見るならオープン型がいいですよ。 スタジオレコーディングされた音源を聴くならクローズ型の方がいいかもしれません。 低音が良く響くタイプを買えば雰囲気アップします。 音楽鑑賞におすすめのヘッドホン機種• ライブ音源なら【オーディオテクニカ】エアーダイナミックシリーズ ATH-AD500X• スタジオ音源なら【ソニー】 ヘッドホン MDR-ZX770 L 映画を観るなら 本当はホームシアタールームが欲しいけど…テレビにヘッドホンしかないから臨場感は諦めよう。 そう思っていませんか?ヘッドホンの選び方次第で映画鑑賞の楽しみは大きく変わってきますよ。 もし映画館で見るような音響を再現したいのなら、クローズタイプのヘッドホンがおすすめです。 ただし、激しいアクションシーンなどがあると疲れやすいのでジャンルによっては相性があるのが正直なところ。 静かなヒューマンドラマならクローズタイプ、アクションやSFならオープンタイプがおすすめ。 映画の迫力を出すために低音が響き、コードが長めのものが使いやすいでしょう。 映画鑑賞におすすめのヘッドホン機種• 【オーディオテクニカ】密閉型ヘッドホン テレビ用 ATH-300TV• 【オーディオテクニカ】 密閉型ワイヤレスヘッドホン ATH-DWL500 BK ゲームをするなら 遊べるソフトがたくさんあって、楽しみが多い家庭用ゲーム機。 音を楽しむためにヘッドホンにこだわりたいけど、どれを選んでいいのかわからない…という方も多いのではないでしょうか。 ゲームのジャンルによって相性があるので、好きなソフトの種類によって選び分けるとグッドです。 音楽ゲームが中心ならオープンタイプを、音の方向性を聴く必要があるアクションゲームならクローズタイプがおすすめ。 広いジャンルを遊びたい、というのであれば開放的な音が特徴のオープンタイプのほうが疲れにくくていいでしょう。 ゲームプレイにおすすめのヘッドホン機種• 音楽系なら【ソニー】重低音モデル MDR-XB550AP• TPSやFPS系なら【オーディオテクニカ】 プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M20x• 広く遊びたいなら【ヤマハ】HPH-PRO300 ダイナミック型 密閉型 長時間のドラマを観るなら 最近はドラマの動画配信サービスが充実していて、ゆっくり休みが取れる日に一気見する方が増えています。 平日撮りためたドラマを観る、ネットで連続して観るなどするときはオープンタイプのヘッドホンがいいでしょう。 長時間の鑑賞で疲れにくいのはフラットな音質なものです。 重低音が響くと疲れやすいためあまりおすすめできません。 テレビを使用して観るならコードが長いタイプを、スマホやタブレットなどコードが必要ないものは短いものを選んでみてください。 ドラマ鑑賞におすすめのヘッドホン機種• コードが長いタイプ:【オーディオテクニカ】密閉型ヘッドホン テレビ用 ATH-300TV• コードが気にならないタイプ:【オーディオテクニカ】 密閉型ワイヤレスヘッドホン ATH-DWL500 BK まとめ.

次の

おすすめのヘッドホン13選!高音質&コスパ最強のメーカーを公開

ヘッドホン メーカー

覚えておきたいのが、ヘッドホンにはおおまかに2種類あるということ。 スピーカーの外側が網目状になって音が抜ける「オープンタイプ(開放型)」と、音が外部に漏れにくい「クローズタイプ(密閉型)」があります。 目的に合わせてこの2種類から選ぶ必要がありますので、頭に入れておいてください。 シーン別に正しく使い分けられるようになると、音の楽しみ方が180度変わりますよ! オープンタイプは名前の通り開放感があるサウンドが特徴で、広がりがある音の聞こえ方がします。 ただし音漏れがするので環境に注意が必要です。 クローズタイプはややこもった感じがしますが、繊細な音の聞き分けが可能。 音が漏れないので周囲に迷惑をかけないタイプとなっています。 無理に高いものを買わなくてもいい 数千円のヘッドホンを選ぶくらいなら、思いっきり高級なものを買ってしまったほうが長い目で見てコスパが良いのでは?とも考えられますよね。 良いものを長く使いたい、という方はそう思うかもしれません。 ヘッドホンで注意したいことの一つに、周辺機器との相性というものがあります。 高級なヘッドホンはその性能を活かすためにアンプやオーディオインターフェースなどの機械を使う必要があるんです。 安くて高音質なヘッドホンは、パソコンやスマホに直接つなぐ使い方で十分音が楽しめるように設計されています。 しかし高音圧対応の高級ヘッドホンは、パソコンに直接使用するだけでは本来の性能が発揮できないんです。 高音質のヘッドホンを楽しむには、それなりに周辺機器が必要になってしまいます。 目的に合わせて選ばないとコスパは悪い 街中の電気屋さんではあまりみかけない、ちょっとマニアックなヘッドホンがヤマハ。 ピアノの製造で世界トップの技術を誇っている同メーカーは、楽器製作の技術を活かして「本来の音を伝える」ヘッドホンを開発しています。 楽器や人の声を、生の音源に近い形で聞きたいのであればヤマハが一番おすすめです。 下手に色づけされた音は嫌い…というのであれば一度試してみるといいですよ。 普段の音楽鑑賞はもちろん、電子ピアノの練習用にも大変おすすめできます。 こちらはオープンタイプで抜けのいいサウンドが特徴です。 安いのに低音に不足感がなく、かつ全ての音域のバランスが良く聞こえるのが特徴。 テレビや動画視聴などの日常使いはもちろん、ゲームや音楽にも十分な音質です。 温かみのある厚い低音と明晰な高音が特徴のパイオニア。 音楽鑑賞をするために安いヘッドホンが欲しい、というライトユーザーにおすすめなのがこちらのモデルです。 耳にあたるパッド部分がふわふわしているので、疲れにくく圧迫感がありません。 パイオニアらしく音楽を聴くのに向いていて、1万円以上クラスのモデルといい勝負をしています。 音楽業界をリードしているメーカーらしく、リズム感のある音楽を聴くのに適しているモデルです。 重低音に厚みがあるヘッドホンは、低音の残響が残りやすくキレのあるリズム感の再現が難しい傾向にあります。 しかしソニーは低音域の振動を見直し、残響が生まれないヘッドホンの開発に成功しました!バンドミュージックやオーケストラまで、音楽鑑賞を目的にするなら持っておきたいヘッドホンです。 10,000円以下クラスで最後に紹介しておきたいのが、またもやオーディオテクニカ。 この価格帯は最強といってもいいほどで、語りつくせないほどの魅力が詰まっているメーカーです。 オープンタイプのヘッドホンで定評があるエアーダイナミックシリーズは、音の抜けと高音質を備えているのが特徴。 5,000以下クラスで紹介したヘッドホンと違うのは、音域のバランスの良さです。 低音から高音まで自然に鳴るので、長時間の装着でもストレスが無くまるで着けていないよう!と語る愛用者もいるんですよ。 プロからも支持があり、原音を忠実に再現できるヘッドホンといえばこれが最強なのではないでしょうか。 人の声や楽器の音を細かく表現できるため、解像度の高い音源を聴くと生音を楽しんでいるかのような錯覚に陥ります。 正直言って、2万円以下でこんなに高音質なヘッドホンはなかなか見つかりません! 街の電気量販店でよく見かけるので、実際に視聴して違いを実感してみてください。 ヘッドホンを変えるだけでこんなに違うのか…とびっくりしてしまうはずです。 2万円以内で買えるもので「聴きやすさ」にとことん注力したものは、これが一番なのではないでしょうか。 モニター用なので華やかさはありませんが、高音質でバランスの良い音を再現してくれますので音楽作成やゲームプレイと相性ばっちりです。 他のヘッドホンではすぐに聴きつかれてしまう…と悩んでいるなら、どの周波数でもバランスよく鳴るオーディオテクニカのモニターホンを試してみてください。 きっと世界がかわりますよ。 価格帯別におすすめのヘッドホンを紹介しましたが、もっと個人の生活に合わせて選びやすいようにシーン別比較を行っていきましょう!もしスポーツ観戦をよくするのであれば、オープンタイプ(開放型)のヘッドホンを選んでみてください。 クローズタイプと比べて音の抜けが良く、雑音や歓声が多いスポーツ観戦に非常に向いているんです。 音の抜けが良いため細かい音の聞き分けは難しいのですが、その分開放感があって雑音や実況など音が多い映像を鑑賞しても疲れにくいんですよ。 オープンタイプはクラシックや映画など小さい音を聴くのに不向きですが、スポーツを見るのには相性ばっちりです。 音域の鳴りはまんべんなく響いてくれるフラットなものを選ぶと、長時間のスポーツ映像を鑑賞しても疲れにくくなります。 スポーツ観戦におすすめのヘッドホン機種• 【オーディオテクニカ】 エアーダイナミックヘッドホン ATH-AVA300• 【オーディオテクニカ】エアーダイナミックシリーズ ATH-AD500X 音楽を聴くなら アーティストのライブに行くのが大好きで、あの時の思い出に浸りたくてツアーDVDを何度も観るのが好き…という方は多いのではないでしょうか。 筆者もそんな一人です! ライブ会場の臨場感って独特ですよね。 もし再現したいのなら、オープンタイプのヘッドホンがおすすめです。 音楽鑑賞ならクローズ型、とおすすめする音響プロは多いのですがライブ映像を見るならオープン型がいいですよ。 スタジオレコーディングされた音源を聴くならクローズ型の方がいいかもしれません。 低音が良く響くタイプを買えば雰囲気アップします。 音楽鑑賞におすすめのヘッドホン機種• ライブ音源なら【オーディオテクニカ】エアーダイナミックシリーズ ATH-AD500X• スタジオ音源なら【ソニー】 ヘッドホン MDR-ZX770 L 映画を観るなら 本当はホームシアタールームが欲しいけど…テレビにヘッドホンしかないから臨場感は諦めよう。 そう思っていませんか?ヘッドホンの選び方次第で映画鑑賞の楽しみは大きく変わってきますよ。 もし映画館で見るような音響を再現したいのなら、クローズタイプのヘッドホンがおすすめです。 ただし、激しいアクションシーンなどがあると疲れやすいのでジャンルによっては相性があるのが正直なところ。 静かなヒューマンドラマならクローズタイプ、アクションやSFならオープンタイプがおすすめ。 映画の迫力を出すために低音が響き、コードが長めのものが使いやすいでしょう。 映画鑑賞におすすめのヘッドホン機種• 【オーディオテクニカ】密閉型ヘッドホン テレビ用 ATH-300TV• 【オーディオテクニカ】 密閉型ワイヤレスヘッドホン ATH-DWL500 BK ゲームをするなら 遊べるソフトがたくさんあって、楽しみが多い家庭用ゲーム機。 音を楽しむためにヘッドホンにこだわりたいけど、どれを選んでいいのかわからない…という方も多いのではないでしょうか。 ゲームのジャンルによって相性があるので、好きなソフトの種類によって選び分けるとグッドです。 音楽ゲームが中心ならオープンタイプを、音の方向性を聴く必要があるアクションゲームならクローズタイプがおすすめ。 広いジャンルを遊びたい、というのであれば開放的な音が特徴のオープンタイプのほうが疲れにくくていいでしょう。 ゲームプレイにおすすめのヘッドホン機種• 音楽系なら【ソニー】重低音モデル MDR-XB550AP• TPSやFPS系なら【オーディオテクニカ】 プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M20x• 広く遊びたいなら【ヤマハ】HPH-PRO300 ダイナミック型 密閉型 長時間のドラマを観るなら 最近はドラマの動画配信サービスが充実していて、ゆっくり休みが取れる日に一気見する方が増えています。 平日撮りためたドラマを観る、ネットで連続して観るなどするときはオープンタイプのヘッドホンがいいでしょう。 長時間の鑑賞で疲れにくいのはフラットな音質なものです。 重低音が響くと疲れやすいためあまりおすすめできません。 テレビを使用して観るならコードが長いタイプを、スマホやタブレットなどコードが必要ないものは短いものを選んでみてください。 ドラマ鑑賞におすすめのヘッドホン機種• コードが長いタイプ:【オーディオテクニカ】密閉型ヘッドホン テレビ用 ATH-300TV• コードが気にならないタイプ:【オーディオテクニカ】 密閉型ワイヤレスヘッドホン ATH-DWL500 BK まとめ.

次の

《2020年》おすすめヘッドホン15選! 高音質が魅力の注目人気モデル

ヘッドホン メーカー

Beats by Dre ビーツ Beats by Dreはアメリカのヘッドホンメーカーです。 レディガガやエミネムらトップアーティストが数多く所属するレコード会社「インタースコープレコード」の社長である「ジミー・アイオヴィン」と、ヒップホップ界の伝説的ラッパー「ドクター・ドレー」によって2006年に設立された 新進気鋭のヘッドホンメーカーです。 歴史の浅いメーカーですが、最高級の音質を目指して開発した「beatsシリーズ」が世界中で高い評価を獲得し、ミュージシャンやアーティストはもちろん、セレブやスポーツ選手の多くに愛用されました。 そのため、 設立からわずか数年でアメリカを代表する、世界的なヘッドホンメーカーとなりました。 Beats by Dreのヘッドホンは、知名度やデザインの良さも特徴ですが、ラッパーが開発したヘッドホンらしく「 重低音」の良さが特徴です。 周波数帯域の広さも特徴的であり、クリアで繊細なサウンドも魅力です。 そのためヒップホップはもちろん、ロックが好きな人におすすめのヘッドホンです。 日本の大手総合電機メーカー8社に数えられており、現在では電気機器以外にも金融や映画、ゲーム分野でも頭角を示しています。 1979年に「ウォークマン」を発売したのはあまりに有名であり、ポータブルオーディオを世界的に広めたメーカーです。 AV機器分野では世界屈指のメーカーと称されており、ヘッドホンに関しても非常に高い評価を世界中から得ています。 ソニーのヘッドホンは 幅広いラインナップが特徴の1つです。 低価格帯の簡素なヘッドホンから、高級ヘッドホンまで幅広く展開しています。 世界で初めてオープンエアー型のヘッドホンを開発したメーカーとして有名です。 ゼンハイザーのヘッドホンはプロの現場で使用されることも多く、世界中で高く評価されています。 音響業界のリーディングカンパニーとも称されており、ヘッドホンだけではなくマイクなどで業界の定番となる名機を多数輩出しています。 そんな ゼンハイザーのヘッドホンは、プロも唸るクオリティの高さです。 ヘッドホンとしての基本性能が高く、 プロのミュージシャンの多くが愛用している程です。 スピーカーが特に有名であり、高価格帯の商品が多いにも関わらずアメリカで15%、ヨーロッパで10%のシェアを握る リーディングカンパニーです。 ボーズは「生演奏の音の再現」を目指したヘッドホンの開発が行われており、これまでも数多くの新技術を確立してきました。 たとえば「 ノイズキャンセリング」や「ダイレクト・リフレクティング」もボーズが「生演奏の音の再現」の為に開発した技術です。 ボーズのヘッドホンは 低音の音質の良さが特徴です。 他にも自社で開発した技術である「ノイズキャンセリング」の性能にも強みがあります。 日本メーカーですが、日本国内よりも海外の方が知名度が高く、いあまり聞いたことのない方も少なくないと思います。 ヘッドホン以外にはマイクロフォンが有名であり、オリンピックやグラミー賞で使用されているほどです。 オーディオテクニカのヘッドホンも非常に高い評価を得ており、「ATH-M50」はアメリカのアマゾンで爆発的なヒットを記録しました。 音質の特徴としては、 伸びとバランスの良さに優れています。 開放型のヘッドホンの評価が特に高いメーカーです。 音響機器設計の技術に秀でたメーカーとして有名であり、きめ細やかな美しいサウンドが魅力の音響メーカーです。 アーカーゲーのヘッドホンは、鮮明な音が特徴です。 くっきりとした輪郭が分かるようなサウンドはアーカーゲーの醍醐味です。 プロの現場で使用される技術が濃縮したアーカーゲーのヘッドホンは、 世界中のプロの現場で愛されています。 歴史ある音響メーカーですが、ヘッドホンへの参入は2009年からと比較的歴史の浅いメーカーです。 しかしシュアのヘッドホンは高い品質と完成度によってプロ・アマ問わず高い評価を得、瞬く間にヘッドホンのトップブランドの仲間入りを果たしたメーカーです。 シュアのヘッドホンは、「音質」はもちろん「耐久性」や「使い勝手」など プロが納得する完成度の高さが特徴です。 モデルによって差はありますが癖のない素直なサウンドが魅力のメーカーです。 日本の大手総合電機メーカー8社に数えられており、ヘッドホンなどの音響機器にも強みを持つメーカーです。 パナソニックのヘッドホンは、低価格帯から高価格帯まで幅広いラインナップと、価格とデザイン、性能の バランスに優れている点が特徴です。 音の特徴としては、「ドンシャリ」と呼ばれる低音と高温の強調が特徴です。 スポンサーリンク Pioneer パイオニア パイオニアは日本の大手音響メーカーです。 オーディオブームの頃には「オーディオ御三家」と称されたメーカーですが、2015年3月からはパイオニアブランドのAV機器はオンキョーの完全子会社である「 オンキョー&パイオニア」が取り扱っています。 パイオニアのヘッドホンは、 スタイリッシュなデザインと重低音が特徴です。 DJやストリートダンサー向けの商品開発に注力している印象であり、ファッションアイテムとしても高い人気を博しています。 JVC ジェーブイシー 日本ビクターとケンウッドの合併によって生まれたグローバルブランド「 JVC」。 JVCのヘッドホンは、新構造の「ライブビートシステム」が特徴です。 この「ライブビートシステム」によって、リアルな重低音とクリアな中高音が両立し、ライブ感のあるサウンドが楽しめると評価されています。

次の