むかご 食べ 方。 むかごの育て方・栽培方法(ヤマノイモ科)

雲南百薬のむかご

むかご 食べ 方

むかごとは?旬、時期は? むかごとは、長芋や自然薯、山芋などのヤマノイモ属の地上部分に出来る 直径1cm位の肉芽です。 ヤマノイモは普通、地中に伸びて育っていくものですが、地上ではつるが枝分かれし、青々とした葉をつけていきます。 そのつるの一部が丸く太って出来たものが 「むかご」で、いわば、 ヤマノイモの赤ちゃんのようなものです。 むかごを土に埋めるとそこから芽が出てきます。 いわゆる種のような役割をするんですね。 ヤマノイモを栽培するとき、種となる芋を切り、それを土に植えつけて育てるのが一般的ですが、このむかごを植えて栽培することもあります。 むかごは 9月頃から付き始め、 9月下旬~11月初旬頃に収穫されます。 食べ頃の旬は葉の色が黄色くなる 10月~11月頃で、完熟すると指で触っただけでぽろっと取れるほどになります。 むかごの味、食べ方は?生で食べる? むかごには 芋の旨味や粘りがありますが、その味や形などは、ヤマノイモの品種や栽培環境によって違ってきます。 長芋のむかごなら長芋のような味、自然薯のむかごなら自然薯のような味、山芋なら山芋のようなそれぞれの味がします。 つまり1種類だけではないわけですから、色んなむかごを楽しめると言うわけです。 むかごの食べ方は 皮を剥かず、綺麗に洗うだけで そのまま食べることができます。 サラダなどに混ぜて食べるとシャキシャキして美味しいですよ。 また、 塩茹でやむかごご飯、素揚げなどにしていただくのも、お芋のホクホク感が感じられて美味しいです。 バター風味やガーリック風味に炒めると良いおつまみになります。 私もむかごは大好きです。 むかごは牛蒡と同じように、 皮に強い香りがあるので、そのままだと少し土臭いことがあります。 その場合、 すり鉢にむかごを入れて軽く手で転がし、細かい皮を取ってやると匂いが軽減しますよ。 むかごの保存方法、保存期間は? むかごの保存、常温では? むかごは常温のまま置いておくと 乾燥して表面にシワが出てきてしまいます。 また、湿度によっては カビが生えたりもします。 こういったことから、常温保存はあまりおすすめしません。 むかごの冷蔵庫での保存の仕方は? 冷蔵庫でむかごを保存する場合は、 乾燥しないように濡らして固く絞ったキッチンペーパーなどに包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の 野菜室で保存します。 このときも カビには注意しましょう。 保存期間は 2週間程度です。 むかごは冷凍できる? むかごは冷凍庫でも保存ができます。 綺麗に洗ったむかごをフリーザーバッグに入れて冷凍します。 調理の際は解凍せずに 冷凍のまま使えます。 保存期間は1ヵ月程度です。 スポンサーリンク むかごの栄養、効果効能は? むかごは 100g当たり94calと、小さいながらも栄養価はヤマノイモと同等か、それよりも 高いと言われています。 ヤマノイモ同様、 アミラーゼやアルギニン、ムチンが含まれており、 鉄分やカリウム、マグネシウムも豊富に含まれます。 それぞれの栄養素はどういった効果効能があるのか見てみましょう。 また、運動時の疲労感を引き起こすアンモニアを解毒したり、血管を拡張し 血流を改善する働きもあります。 さらに、肌を保湿し、 新陳代謝を促す働きもあるので、 美しい肌へと導いてくれます。 人間の体内にも存在しており、主に涙や唾液、鼻や胃腸などの粘膜に多く含まれています。 ムチンは優れた保水力を持ち、ドライアイを予防したり目の 疲労感を改善する効果があります。 また、 粘膜を保護する作用があり、強い胃酸から胃を守ったり、鼻や口の呼吸器から風邪やインフルエンザなどのウイルスが進入するのを防ぎます。 肝機能、腎機能を高める働きもあり、疲れを溜まりにくくしたり、 むくみや高血圧の改善にも効果があります。 さらに、たんぱく質の吸収を促進する働きもあり、 胃もたれを改善したり、 疲労回復を促してくれます。 ただ、ムチンは熱に弱いと言う性質があるため、ムチンを摂取したい場合は少し青臭いですが、 むかごを生のまま食べることをおすすめします。 またムチンは水溶性で調理の際にむかごの外に溶け出してしまいますが、 汁ごと頂くことで効率よく摂取することができます。 鉄分は血液中のヘモグロビンの成分で、これによって呼吸で取り込んだ 酸素を体の隅々まで運搬したり、筋肉を収縮させるためのミオグロビンの材料となったり、体内のさまざまな 代謝にかかわったりします。 不足すると、 貧血や疲労感、イライラや筋力低下などの症状が現れます。 また、ナトリウムとともに筋肉細胞に働きかけることによって筋肉の収縮に関わり、 筋肉を正常に保つ働きがあります。 また、神経の興奮を抑え、神経伝達を正常に保つ働きがあるので、イライラする気持ちを和らげ、 安定した精神状態を保つ効果もあります。 まとめ ヤマノイモの赤ちゃんと言われながらも高い栄養価であるむかご。 珍しい食材ですので、スーパーで余り見かけることはありませんが、見つけたら是非食べてみてください。 ホクホクしてほんとにおいしいです。 秋になり、ヤマノイモが取れるところに行けばたくさん落ちていたりするかもしれません。 見た目はあまり美味しそうではありませんが、食べるとやみつきになること間違いなしですよ。 スポンサーリンク•

次の

むかごに毒?毒性の見分け方は?どんな症状が出る?

むかご 食べ 方

スポンサーリンク むかごに毒性がある?芽が出た時も食べられる? むかごとは? (画像引用元:) むかご(零余子)とは植物の蔓にできる栄養繁殖器官の1つです。 山芋や自然薯のむかごは肉芽でできていて、5mm~1cmほどの球から楕円球で、色は緑がかった灰色。 調理して食べる事ができ、揚げて塩をまぶしたりご飯と炊き込んだりして頂きます。 (画像引用元:) 皮ごと食べる事が出来て、中は里芋のように少し粘り気があるのにホクホクで、栄養価も高いそうです。 ご飯と炊き込んだ「零余子飯」は晩秋の季語でもあります。 むかごに毒性がある? 一般的に私たちが食べる山芋や自然薯の むかごには毒性はありません。 スーパーなどでたまにお見かけするむかごも、山の物に精通している方が採集したものなので問題ないでしょう。 ただ、最近はスーパーなどでも多少流通するようになったためか、山芋や自然薯などの食べて美味しい種類以外の植物を食べてしまう人が続出しているそうです。 その人たちが間違ってしまうのが 「ニガカシュウ(苦何首烏)」という植物のむかごで、とても苦く、稀に毒性があります。 (画像引用元:) 山芋などのむかごと見た目がほとんど同じなので間違って取ってきてしまうんですね。 山芋などのむかごは対になって葉の根元にできますが、ニガカシュウは対にはなりません。 また、山芋のむかごは表面が滑らかですがニガカシュウはゴツゴツしているなどの見分け方があるようです。 自分で野山に分け入って見つける場合は良く注意して見極めをしたいですね。 スポンサーリンク むかごに芽が出た時も食べられる? むかごは「栄養繁殖器官」なので、落ちると芽や根が出て成長を始めます。 (画像引用元:) 採集したものや購入したものも成長の過程にありますので、そのまま置いておくと芽が生えてくる事があります。 じゃがいもなどは芽に毒性があり、芽が生えてしまったらしっかり取り除いて食べた方がいいと言われますよね。 むかごは芽にも毒性はないので、そのまま食べる事もできます。 でも食感が悪く感じる事もあるので、すり鉢などに入れて揉むように良く洗うと芽が取れて元のむかごと同様に食べられるそうです。 むかごに芽が出た時も食べられる!毒性のニガカシュウと間違わないように! 田舎ではその辺に(田んぼのあぜ道や、田んぼ脇の道路の街路樹に巻きついている事も!)存在する身近な存在のむかご。 近所のスーパーで300g入りのむかごが500円で売っている事を実家の母に話したら「都会の人はタダ同然のものにそんなにお金払うの!!」と笑っていたのを思い出しました。 見つけたと思って浮かれてしまって、ニガカシュウと間違わないように良く見極めたいですね。 みなさんも、機会があればむかごを食べて見てはいかがでしょうか?.

次の

むかごの収穫時期はいつ?どんな食べ方があるの?

むかご 食べ 方

ヤマノイモはアジア、アフリカなど熱帯、亜熱帯地方に広く分布し、世界では600種以上あります。 ナガイモには「長芋」、「銀杏芋(いちょういも)」、「つくね芋」といった品種がありますが、いずれも中国の雲南地方が原産で日本には平安時代に伝えられたといわれています。 一方、自然薯は日本に元々自生するいもで「出雲国風土記」、「日本書紀」や「正倉院文書」には「薯蕷 しょよ 」としての記述があり、これが自然薯と考えらています。 栄養豊富で稀少な自然薯は古来より珍重され、芥川龍之介の小説「芋粥」では主人公が生涯一度は腹一杯食べてみたい食材として登場しています。 ヤマノイモなどの蔓にできる実 「むかご(零余子)」は自然薯などヤマノイモにできる蔓の葉の付け根の部分、葉腋(ようえき)にできる小さな粒の芋です。 直径5~10mm程度で芋と呼ぶには小さいですが、1本の蔓から100個程度採れる事もある大量繁殖の芋です。 1粒1粒が種芋としての役割を果たす事ができ、土に埋めれば春には芽が出てきます。 「むかご」から育てた芋は通常3年ほどで収穫できますが、その間も蔓を伸ばすので同様に「むかご」を採る事ができます。 自然界では1本の蔓から100個も「むかご」ができたとしても、そのほとんどは地表に落ちても芽を出さず土に還ってしまいます。 正確な数はわかりませんが、100個の内のほんのわずかしか芽を出して芋になる事ができません。 自然の山の中ではヤマノイモが育っていますが、家庭菜園で栽培する場合はちゃんと「むかご」を土に埋めて栽培しなければなりません。 土の中に埋めて育てれば発芽率は格段に上がり、ヤマノイモを栽培する事ができます。 日当たりの良い場所で成長する事は難しく、ほとんど日陰の場所で生育します。 蔓が伸びなければ成長できませんので、必然的に何か絡む植物がなければなりません。 となると何かの木の下の日陰の土中で芋が成長し、蔓が木に絡まりながら葉の付け根に「むかご」ができる事になります。 「ふじやま」さんの畑では甘柿の木の下にヤマノイモができたようで、木に蔓が絡まっていました。 実はヤマノイモを別に栽培したわけではないのですが、いつの間にか勝手にできていたという感じです。 最初は蔓が絡まっている事にも気づかず、「むかご」にも気づかなかったのですが、丁度甘柿の収穫時期で柿の木を見ていたら見つけたというわけです。 こうして偶然にも「むかご」を見つけたのですが、どうしてヤマノイモが生育しているのか正直分かりませんでした。 「ふじやま」さんの菜園は結構色んな植物が勝手に生えているので、本物の天然の自然薯ができたのかもしれません。 「むかご」の収穫時期 「むかご(零余子)」の収穫時期は9月下旬から11月初旬ですが、旬の時期は10月から11月です。 「ふじやま」さんの菜園では10月下旬に柿の木に絡まった蔓から「むかご」を収穫しましたが、やはり旬だけあって良く育った艶のあるものばかりでした。 1本の蔓でしたので収穫できたのはお椀1杯分ほどでしたが、栄養満点と名高いヤマノイモの実である「むかご」は本当に貴重です。 自宅の畑で勝手に生えたので栽培物か天然物か微妙なのですが、何より鮮度は最高です。 今回は甘柿の収穫の際に偶然見つけたので旬の時期を意識してはいませんでしたが、蔓の葉が黄色くなった頃が収穫の適期のようです。 葉が黄色くなり蔓が枯れてしまえば後は「むかご」も地表に落ちてしまいます。 そうなる前に収穫すれば十分に成熟した旬の「むかご」を食べる事ができます。 「むかご」の調理法 自然薯などヤマノイモの小芋である「むかご」には色々な調理法があります。 素材の味が一番良くわかる「塩茹で」、塩・コショウをまぶした「素揚げ」、サクサクの「かき揚げ」、「バター炒め」、「茶碗蒸し」、他にも変り種で「むかごカレー」、「むかごグラタン」などいろんな料理に活用できます。 「むかご」は栄養満点で滋養強壮にも良い食材ですが、味も淡白でクセもないのでどんな料理にも合う事ができるのです。 作り方は簡単で、炊き込みご飯の要領で「むかご」を調味料と米と一緒に炊くだけです。 まずは「むかご」を水洗いして綺麗にします。 皮は剥かなくても全然構いませんが、どうしても剥きたければすり鉢で擂れば皮が剥けます。 皮は非常に薄いので大抵の場合は剥かずに炊きますので気にする必要はありません。 次に、いつも白飯を炊く要領で洗った米に応分の水を入れて炊飯器にセットします。 そして調味料をお好みに応じていれるのですが、調味料といっても、塩、しょうゆ、みりん、昆布、酒などを適量入れます。 調味料は塩だけでも良いですし、塩と酒を入れても構いません。 最後に「むかご」を御飯の上に投入して炊き込みスタートです。 後はじっくりと炊き上がるのを待つだけですが、炊き上がったら十分に御飯を混ぜて「むかご」を均等に行き渡るようにすれば完成です。 早速、「むかご御飯」を食べてみましたが、とっても美味しく出来上がりました。 「むかご」自体はそれほど味はありませんが、ホクホクと食感も良くて御飯との相性もバッチリです。 秋の味覚とでもいうのでしょうか、和食料理屋などでは締めのご飯として登場する事もある人気料理です。 「むかご」の保存方法 ヤマノイモの実である「むかご」は基本的にはヤマノイモの保存方法と同じです。 常温でそのままでも保存可能ですが、次第に乾燥して味が落ちてしまいます。 「むかご」を種芋として翌年の春に植え付ける場合は逆に常温で乾燥気味に保存した方が良いのですが、食用とする場合は冷蔵又は冷凍保存した方が良いです。 冷蔵する場合は湿らせたキッチンペーパーなどに包んで袋に入れて密封して、冷蔵庫の野菜室に入れます。 この場合は2週間位は保存可能です。 又、冷凍する場合は洗って水気を切って袋に入れて密封して冷凍庫に入れれば1ヶ月位は保存可能です。 関連動画 コメントありがとうございます。 返事が遅くなりまして申し訳ありません。 早速ですが、本記事のむかごと山芋は菜園にて自然発生したものを紹介しています。 ですから残念ながら栽培方法についてはそれほど詳しくはございません。 しかし、以前Dash村で自然薯栽培を放送しており、畝を作って10㎝間隔位でむかごを植え付けてまず種芋を育てていたのを覚えています。 藁や落ち葉などでマルチングをして蔓が絡みつく様にネットを張って栽培していました。 最初は種芋作りなので間隔は狭くても良く、種芋ができたらパイプなどで栽培していました。 ふじやまさんは別の種類の空中芋なるエアーポテトなるものも育てた事がありますが、基本的な栽培方法はむかごと同じです。 今後山芋の栽培の予定があれば詳しく紹介したいと思っていますが、現時点ではこれ以上の説明は難しいので他サイトや文献を参照して下さる様お願いします。

次の