わざわざのご連絡。 「ご連絡ありがとうございます」の意味と使い方、返事の仕方、英語表現を解説

「ご丁寧に」の言い換え「こまやかに」 ビジネス敬語のおすすめ類語

わざわざのご連絡

例えば先方から電話があった時に、たまたまこちらは不在で、 留守電に「メッセージを聞いたら連絡ください」と吹き込まれていたとします。 それを聞いてこちらが先方にかけて要件を聞いた所、相手の意には希望が添わなかったとします。 そして、最後に先方から 「わざわざご連絡ありがとうございました」なんてといわれると、 「連絡してと頼んでおきながら、わざわざ、ってその上から目線は?」とヤな気分なのは私だけでしょうか。 先方はこちらに手間をとらせて悪い、と気を使っているフリなのかもしれないけど、 実は先方にとってはこちらの要件なんて、取るに足らないような事だったんじゃないか、 わざわざ連絡したこちらの方がバカみたい、なんて感じます。 ユーザーID: 0526837885 やっぱりトピ主さんみたく思う人がいるんですね。 私は自分が「わざわざ」と書かなければならない状況になることがたびたびあります。 その度に「わざわざ」なんて書いたら相手に無理矢理お願いしてしまったふうに 感じないだろうか、でも他になんて言えば…と迷いつつです。 例えばビジネスシーンであれば「お忙しいところ」「お手数お掛けしました」などで 済ませますけど、友達との軽いやり取りでこれはないよなあ、と思って 口語で「わざわざ」としています。 上からでも気を遣ってるフリでもありません。 本当に気を遣って書いています。 いっそのこと書かない方がいいですか? こちらが手数をかけてしまってごめんなさい、という気持ちは伝わらなくていいですか? ユーザーID: 6706697685• ・・・普通にそういいますけど。 私は気心の知れた友人には「そんな、いいのに〜。 わざわざありがとう!」くらいのニュアンスで使います。 でも親しくない人には悪く誤解されないように「ご丁寧にありがとうございます」と言うようにしています。 本当は「わざわざ」ありがとうございますの方がしっくりくるのですが、なんとなく「わざわざ」って悪いときに使うイメージがあり、使うのを避けてしまいます。 「ご丁寧に」以外にしっくりきて、誤解も与えないような言い方探していますがピンとくるものはまだ見つからず。 本心から「手間をとらせてしまってごめんなさい。 電話をくれてありがとう」と思っているとき、 トピ主さまは、どういう言いかただと悪印象を持たないか、教えて頂けないでしょうか。 ユーザーID: 2684544806• なんで? トピ主です。 書き込みをありがとうございました。 同じような内容のトピックスがあるのは知りませんでした。 すみません。 「私が気にしすぎだ」というご意見があるのはごもっとも、私も相手に悪気がない事ぐらいは十分わかっています。 ただ、自分が言われて嫌だと思う様な言葉遣いは相手にはしたくありませんね。 友達同士ならともかく、ビジネスシーンでお客様相手なら、気を使うのが常識ではないでしょうか。 私の中での定義は「わざわざ」は、相手になにかご足労をかけた場合に、 「ご苦労様」とねぎらう意味で使うものだと思います。 例えば自分が客で、店の人に何か便宜を図ってもらったとか、取引先の上の立場なら別にいいのです。 あと「わざわざ、そんな事しなくてもいいのに」の時にも使いますね。 裏読みするあなたが悪い、とかそういうレベルの話ではなく、 日本語に含まれるニュアンスがわかる方なら、TPOで使い分けた方がスマートだという事ぐらいわかりますよね。 もちろん正しい言い方をわかっていらっしゃる方もいるようですね。 ユーザーID: 0526837885• (まさか文章を仕事にしているわけではないですよね?) そこで「上から目線」だとしか思えないのは、きっとあなただけです。 その「わざわざ」は、相手から連絡すべきところを(あなたが電話に 出なかったために)あなたから連絡させたことに対してのねぎらいの ようなもの。 一種の決まり文句です。 これが逆に、その手間にたいするねぎらいがなかったらなかったで 「わざわざかけてやったのに〜!」と憤るのでしょうね〜。 ユーザーID: 7153842728• ニーナさんにご紹介いただいた、類似トピのトピ主です。 先日、言葉のマナーをテーマにしたテレビを見ていたら、「わざわざという言葉には悪い意味もあるので、つかわない方がよい」と某大学教授がおっしゃっていました。 やはり、世の中にはトピ主さんや私のように、「わざわざ」という言葉をつかわれて嫌な気分になる人もいるということだと思います。 ただ、例のトピでレスしていただいた皆さんのおかげで、私は「そうはいっても、世の中のほとんどの人はお礼の際、『わざわざ』を悪い意味ではつかわない」と理解しています。 トピ主さんの場合も、おそらく相手に悪意はないと思いますので、気にしなくてもよいのではないでしょうか。 少しでもトピ主さんのお気持ちが楽になれば幸いです。 ユーザーID: 3569000288• 言葉の意味 「わざわざ」という言葉を辞書で調べると、 1. 他のことのついでではなく、特にそのためだけに行うさま。 特にそのために。 しなくてもよいことをことさらするさま。 故意に。 と出てきます。 つまり「わざわざ」を含む文章や言い方によって、 相手を思いやる意味になったり嫌味になったりするんですよね。 「わざわざ丁寧にお土産を持ってきてくれたの。 ありがたいよ。 」 「わざわざご丁寧にお土産まで持ってきたのよ。 嫌味よね。 」 こういう言い方の違いじゃないでしょうか? トピ主さんの中では、後者の「いちいち・余計な」というイメージが強いだけだと思うのですが。 「ご苦労様」って、一般的に立場が上だったり目上の人が、下の人に使う言葉ですよね。 私は宅配業者に時々言うことはありますが、それ以外では一切使いません。 日本語にこだわっている方のようだったので気になってしまいました。 ユーザーID: 8860245140• ニュアンス すみません。 トピ主さんのレスを読む前に投稿してしまったため、的はずれなお返事になってしまいました。 トピ主さんは、相手に悪意がないことは分かっていらっしゃるのですね。 失礼しました。 トピ主さんの説明はとても分かりやすく、的を射ていると思います。 「わざわざ」というのは、労をねぎらう言葉。 労をねぎらうというのは、上から下の立場の者にすること。 だから「上から目線」になるし、ましてや「へりくだって感謝の意を伝える言葉」ではない。 さらに悪い意味もあるということでよろしいでしょうか。 完全に同意します。 しかし、ここのレスを見ても分かるとおり、今回の件において、「日本語に含まれるニュアンスがわかる方」で「TPOで使い分け」できる方というのは少数派のようです。 言葉というのは、時代や人によって意味が変わるものなので、すべての人に「これが正しい」と強要することはできないとあきらめています。 現状を見て、私は「自分では『わざわざ』という言葉をつかわないが、つかう人のことを不快には思わないようにする」と決めました。 トピ主さんはどのようにお考えでしょうか。 ユーザーID: 3569000288• 自分の勝手な解釈を他人に強制するのはやめましょう。 このあなたの定義が間違っていると思います。 『わざわざ』には、 1 『特別に何かをすること』と 2 『しなくてもよいことをすること』の2つの意味があることをご存知ですか? 『わざわざ、ご連絡ありがとうございました』の場合は、前者の意味で使っていて手間を取らせてしまって申し訳ないという意味になりますよね。 『わざわざ』には、相手をねぎらうなんて意味はありませんし、用法的にも問題ないと思います。 言葉の正しい意味を理解しないで自分の勝手な定義を他の人に強制するのはやめましょう。 あと、上から目線なのは、あなたのレスのほうです。 トピを立ち上げて相談しておきながら、逆切れしてこんなレスを返すことこそ大人の態度ではありません。 自分に自信を持つのは良いことですが、人の意見を受け入れることもしないと最後には孤立してしまいますよ。 ユーザーID: 6812123913.

次の

敬語「ご連絡ありがとうございます」の使い方と類似表現のご紹介

わざわざのご連絡

「誠にありがとうございます」などの使い方をする場合もありますが「わざわざ」という言葉を「ありがとう」の前に置くことも多いです。 「ありがとう」というだけでは気持ちを伝えるのに物足りない感じがする、という場合に「わざわざ」や「本当に」、「誠に」などを言い添えます。 敬語の種類 「わざわざ」も「ありがとう」も丁寧な言葉遣いですが敬語なのかというとそうではありません。 「ありがとう」は敬語にすると「ありがとうございます」になります。 「ありがとう」を「感謝する」と言い換え「感謝いたします」「感謝いたしております」などの言い方をすることもあります。 使い方 「わざわざ来て下さって本当にありがとうございます」「わざわざすみません。 ありがとうございます。 助かりました」「わざわざご面倒だったでしょう。 ありがとうございます」などの使い方をします。 「わざわざありがとう」とだけ言うこともあります。 メールでの使い方 「わざわざありがとう」は丁寧な表現だといえます。 「ありがとう」だけでは感謝の気持ちを伝えるのに足りないという場合に言い添えることが多い言葉です。 しかし「わざわざ」という言葉はどことなく皮肉っぽいニュアンスもあります。 意図せずに皮肉っぽい意味合いに受け取られてしまう可能性もなくはありません。 「わざわざ」以外にも「ありがとう」という気持ちを強調する表現はいくつかありますので、ご紹介いたします。 本当にありがとう 「本当に」は「ありがとう」を強調する時に使われることが多い表現です。 しかし「本当に」はビジネスシーンで使う事は少ないです。 親しい友人などに対して感謝の意を伝える場面などでよく使われます。 「本当にありがとう」あるいは敬語に言い換えて「本当にありがとうございます」などの使い方をします。 誠にありがとうございます ビジネスシーンでは「本当にありがとう」ではなく「誠にありがとうございます」ということが多いです。 意味合いとしては「本当にありがとう」と同じです。 「ありがとう」というだけでは感謝を伝えきれないという場合に言い添える言葉です。 「誠に」は「ありがとうございます」という敬語とセットで使うことが多いです。 「この度は当ホテルにご来館くださいまして誠にありがとうございます」「この度はわが社の商品をお買い上げくださいまして誠にありがとうございます」「この度は私共にご協力くださいまして誠にありがとうございます」などの使い方をします。 ご面倒だったでしょう 「わざわざ」にニュアンスが近い言葉に「ご面倒だったでしょう」があります。 「持って来て下さったんですか。 わざわざありがとうございます。 ご面倒だったでしょう」など、親しい相手の労をねぎらいながらお礼を言いたい時などに使います。 「ご面倒だったでしょう」は丁寧語の形の敬語です。 「ご面倒でございましたでしょう」が尊敬語の形の敬語です。 「わざわざありがとうございます。 ご面倒でございましたでしょう」などの使い方をします。 嬉しいです 「嬉しい」は感情を表す言葉ですが、感謝の言葉に添えると感謝を強調する表現になります。 丁寧語の形で敬語にすると「嬉しいです」になり、謙譲語の形で敬語にすると「嬉しく存じます」あるいは「嬉しゅうございます」になります。 「参加してくださるんですか。 わざわざありがとうございます。 嬉しいです」「お越しくださってありがとうございます。 嬉しく存じます」などの使い方をします。 「わざわざ」は敬語として良い印象なのか 「わざわざありがとう」は敬語ではないですが、丁寧な表現だと言えます。 しかし「わざわざありがとう」の「わざわざ」は使うタイミングによっては皮肉っぽく受け取られてしまうことがあります。 相手が「わざわざありがとう」と言った場合は皮肉で言っているのではなく「ありがとう」を強調しているのだと受け取るようにしましょう。 自分が「わざわざありがとう」を使う場合は、「嬉しいです」「ご面倒だったでしょう」「助かりました」などの言葉をさらに言い添えると意味合いを誤解されにくくなります。 「わざわざありがとう。 嬉しいです。 ご面倒だったでしょう、本当に助かりました」などの使い方をします。 嫌味 「わざわざありがとう」という言葉を言う相手は、ほとんどの場合「ありがとう」という言葉を強調するために「わざわざ」を言い添えています。 このため、嫌味っぽく聞こえてしまうことがあります。 皮肉 「わざわざ」という言葉は、する必要のないことをした相手に対しても使うことがあります。 「へえ。 わざわざ持って来たんですか」などの言葉は、「持ってくる必要はなかったのに」という意味で言われることがほとんどです。 「わざわざありがとう」の場合の「わざわざ」は「面倒だったろうに私のためにありがとう」というような意味合いです。 しかし、「わざわざ余計な真似をして」「わざわざ持ってこなくていいものを持って来た」などの皮肉に聞こえてしまう事もあります。 「わざわざありがとう。 ご面倒だったでしょう。 嬉しいです。 ありがとう」など、ありがとうを強調する言葉をたくさん言い添えると意味合いが相手にきちんと伝わります。 「わざわざありがとう」は使わない方が良いのか 「わざわざありがとう」は敬語で言うと「わざわざありがとうございます」になります。 正しい敬語なので使っても問題はありません。 しかし「わざわざ」は、「わざわざ余計なことをする」などの言い回しで使う事もある言葉です。 感謝の気持ちを強調したいという場面では「わざわざ」だけではなく他の言葉も言い添えた方が丁寧だと言えます。 「誠にありがとうございます」「本当に感謝しています。 わざわざありがとう」「わざわざありがとうございます。 ご面倒だったでしょう。 感謝しています」「わざわざありがとうございます。 とても助かりました」など、ありがとうを強調する意味を持つ他の敬語も言い添えるようにするとより意味が正確に伝わります。 「わざわざありがとう」の敬語表現を使いこなそう!.

次の

ご連絡ありがとうございますの英語|ビジネスやメールでも役立つ8例文

わざわざのご連絡

「わざわざ」は敬語?正しい意味とは 「わざわざ」という言葉は何気なく使いがちですが、目上の人にも敬語として使えるのかどうかは大切なポイントです。 まずは正しい意味から解説します。 「わざわざ」はそのためだけに何かをすること 「わざわざ」には、特にそれをする、そのためだけに労力を惜しまずにする、いう意味があります。 何かのついでではなく、特別に意図して行うような意味です。 「わざわざ」をパソコンで変換すると「態々(態態)」という漢字が出てきますが、この態(わざ)とは、意識的に何かをするという意味があり、まさに「わざわざ」という単語そのものです。 たとえば、「わざわざ駅まで彼を迎えに行った」というと、彼のためだけに駅まで出向いた、という意味になります。 また、普段はそうしないが特別に迎えに行ったというニュアンスも生まれます。 「わざわざ」は敬語表現として使える 「わざわざ」という単語そのものが敬語というわけではありませんが、「わざわざ」という言葉は敬語表現でも使うことができます。 「わざわざご来社いただきありがとうございます」というように、敬語を伴う文章で使っても問題ありません。 取引先や目上の人にも使用できるほか、「特別にそれをする」というニュアンスが加わりますので、敬意や感謝を伝えたい時に使える表現です。 「わざわざ」には「しなくてもよいことを行う」という意味がある 「わざわざ」には、「特別にそれをする(そのためだけにそれをする)」という意味の他に、「しなくてもよいことを行う」という意味もあります。 前者が親切で良心的なイメージなのに対し、後者は嫌味に取られる可能性があるので注意が必要です。 たとえば「わざわざ迎えにいってあげたのに」というと不平不満をこめた表現になりますし、「わざわざ来てくれなくてもよかったのに」というと、余計なお世話・出過ぎた行為といった意味合いになります。 使い方ひとつでニュアンスが変わりますので、特にビジネスシーンでは使い方に注意が必要です。 「わざわざ」の使い方は? 「わざわざ」は実際にはどういった文脈で使用するのでしょう。 正しい使い方とあわせて、できれば避けたいNG例も紹介します。 「わざわざありがとうございます」は失礼な表現ではない 「わざわざ」を使った言い回しでよく耳にする表現として「わざわざありがとうございます」という言い方があります。 相手がしてくれたことに対して、その手間や配慮など労をねぎらうようなニュアンスを含む表現です。 同様の言い回しでは、「わざわざ遠いところ来て下さりありがとうございます」や「わざわざご連絡頂いただきましてありがとうございます」といった表現も、ビジネスシーンではよく見聞きします。 「わざわざ」を付け足すことで、より深い感謝を表現することができます。 「わざわざ来ていただく必要はございません」は嫌味になることがある 一方、相手の行為を断るような場合の「わざわざ」は嫌味な表現になることがあります。 たとえば、「わざわざ来ていただく必要はございません」というと、遠慮や配慮ではなく、拒否・拒絶ととられる可能性があります。 また、「わざわざお越しいただかなくてもよかったのに」や「わざわざご連絡いただかなくても」といった表現も、「しなくてもよいことをした」「でしゃばり」といった嫌味なニュアンスになります。 できればこうした表現は避けたほうが無難です。 自分の行為に「わざわざ」を使うのは失礼 「わざわざ」という単語は、自分の行いに対して使うことはあまりありません。 たとえば、「わざわざ連絡しました」とは言いません。 「あなたのために連絡してあげた」という意味になり、ぶしつけな印象を持たれる可能性があります。 友人など親しい間柄で「わざわざ予約してあげたのよ」というように冗談として使うことはあっても、ビジネスシーンで自分の行為に対して「わざわざ」を使うことはまずありません。 上から目線で、押しつけがましい印象になるので注意してください。 「わざわざ」を別の言い方にするなら?類語・代わりの言葉 「わざわざ」という言葉は、表現によっては皮肉や嫌味となることがあるため、別の言い方に変えたほうが良いこともあります。 「わざわざ」の類語や代わりとなる言葉を紹介します。 「わざわざ」の代わりに「せっかく」を使う 「わざわざご連絡いただかなくても」や「わざわざお越しいただいたのに」という場合には、「わざわざ」ではなく「せっかく」に言い換えた方が無難です。 「せっかく」は「わざわざ」の類語で、無理をして・苦労してといった意味があります。 そのため「せっかくご連絡いただいたのに」「せっかくお越しいただいたのに」と、代わりの言葉としてそのまま置き換えて使用可能です。 誤解されることの少ない、汎用性の高い表現として覚えておくと便利です。 「わざわざすみません」は「本当に」に言い換える 話し言葉として「わざわざすみません」という表現はいろいろなところで耳にします。 この場合の「わざわざ」は「本当にすみません」と言い換えることができます。 「わざわざありがとう」は「ご丁寧に」や「お忙しい中」も可 「ありがとうございます」に付け足す言葉では、「ご丁寧に」や「お忙しい中」も「わざわざ」の代わりに使用可能です。 たとえば、お礼の電話やメールをもらった際に「ご丁寧にありがとうございます」というと、相手の気遣いに対して感謝を示すことができます。 同様に、何かをしてもらった際に「お忙しい中ありがとうございます」は、貴重な時間を割いてもらったことに対するお礼の言葉となります。 常套句ではありますが、覚えておくと便利です。 まとめ 「わざわざ」とは「そのためだけに何かをする」という意味と「しなくてもよいことをやる」という2つの意味があるため、使い方によっては嫌味・皮肉に捉えられることがあります。 失礼にならないためには、相手への感謝を示す際に使うことが一番のポイントです。 断る際・否定する際には使用しないのがマナーと覚えておきましょう。

次の