シンフォギア2 信頼度。 CR戦姫絶唱シンフォギア |シンフォギアチャンス(7+4回)中の信頼度|スロぱちワン

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2|ボーダー スペック 演出信頼度 保留 最終決戦 キャロル

シンフォギア2 信頼度

【広告】 今回も突破してやるぜ~と息巻いて、とりあえず飲み終わったコーラのボトルを捨てようと席を立ちます。 \みんなの歌声がくれたギアが…/ \私に負けない力を与えてくれるッ!/ ほえ?右保留貯めてないのに、乙女紳士の台からチャージしてる時の音声が聞こえ… アッーーー!? (涙目 しかも…… なんで終了してるのー!? くっ…せっかく無理矢理力業でシンフォギアチャンスにブチ込んだのに、これじゃあ全然足りねぇぜ! シンフォギアチャンス中のキャラはやっぱりキャロルがいい。 もう次からキャロルでいく。 これがハズレすぎだ。 全く…。 58回転、白響、てがみ 期待もせずに、レバーを惰性で変動開始時に押し込んだら… \ファファファファファーン/ デスフラ来てびっくりした。 スマホを落としそうになったが今回は耐えた。 よっしゃよっしゃ、早い当たりの連続ありがてぇ! 最終決戦…行っくぞーー! 目を瞑って、シャッフルや響が入賞するイメージをする(イメージ、イメージ) 【広告】 キタ!! コッコだー!うぉぉ~~! 右打ちぃぃぃあ! ひゃ~~~!? 響やシャッフルよりもっとエラいのおった~! クリス、クリス、絶唱、翼、クリス という配置。 やべー…絶対ハズしたくねぇよ。 前作から1度もハズしてない演出の1つだからな。 2枚目のクリスで送りバントでもこれば確信に変わるんだが…… \負けるなあああああ/ ふぁ!? 後はバトルタイプで3人の虹パネルが見れれば満足だ。 よーし! それじゃあキャロルたん行きましょう(ブヒヒ したらば…コレですよ ・いきたりラストまで駆け抜けて終了 寂しすぎるぜ…もう…本当に萎えr アッーーーアッーーー??!! 左打ちナビ出て来ない!ってことは!?

次の

PF.戦姫絶唱シンフォギア2|演出信頼度・保留・スペック・ボーダー

シンフォギア2 信頼度

スペック 199ver. LIGHTver. 信頼度 演出の種類 199ver. LIGHTver. なお、聖詠演出にはタイトルロゴギミックが揺れるチャンスアップパターンもアリ。 校章保留は、青のまま消化されれば超激アツで、変化する場合でも赤保留への変化が濃厚となり、大チャンスだ。 てがみ保留は内容次第で信頼度が変化するが、変動開始時にてがみが開いた場合はその内容に関わらずアツい。 ただし、ロングリーチに発展した場合はそのままハズれるパターンも確認している為、過度な期待は禁物だ。 全部の保留がてがみになるパターンはそれ自体では信頼度は変化しないが、当該保留になるまでの保留が変動開始時に開封し、「予兆」の文字が出現することが多いために上記の法則にあてはまる!? 9%! また、そのパターン発生でロングリーチ止まりもあるが、それでも信頼度は50. 信頼度 演出の種類 199ver. LIGHTver. 実戦上、一番多かったのが先読みパターンだ。 保留変化が発生した次変動開始時からボタンバイブ先読みが発生する事が多いので、保留変化が発生したら、ボタンに手を置いてバイブを待つのも一興だ。 結構楽しいので試してもらいたい。 また、先読み時の小刻み振動パターンのモノは絶唱のリズムとは別物だ。 頻度は高めではあるが、必ずしもコレ待ちという訳ではないぞ。 信頼度 演出の種類 199ver. LIGHTver. 特に不死鳥のフランメ予告は先読み無しなど、期待できない展開で出現しても、その後強予告がモリモリ絡んで当たるパターンが少なくないので、変動開始時予告の中では一番注目してほしい。 タイトルロゴギミックは先読み演出として発生する片落ちパターンから、当該変動で全落ちになるかが力の入れどころだ。 信頼度 演出の種類 199ver. LIGHTver. 伝えるためにぃぃッ!!! 」: 大当り濃厚 連続予告は、響ギミック落下で発生する突響予告に注目。 突響予告はキャラが1人しか登場しなければ、もう1度発生するという法則があり、発生すれば連続演出継続または装者リーチ強パターン発展の可能性が高いが、連続3回で突響1人でも装者前半止まりも確認しているぞ。 また、連続予告時は響のセリフパターンに要注目。 連続する毎にセリフが変化するぞ。 煽り成功で激アツな展開が待ち受ける本予告、発生時に他にスーパー発展濃厚演出がともなっていると演出成功となるので、複合する演出にも要注目だ。 『歌ってはダメぇッ!フリーズ』はフリーズ秒数が長ければ長いほどアツい展開になりやすく、連続予告2回目以降での発生が望ましい。 フリーズ解除時の移行先は「連続予告」「図柄テンパイ時」「聖詠演出」「絶唱演出」のいずれか。 「絶唱演出」に移行した場合は大当り濃厚となるぞ。 ただし、絶唱演出へ直接移行せずに70億の絶唱リーチに発展した場合は例外だ。 また、フリーズタイミングで実戦上大当り濃厚となるのが図柄テンパイ直後だ。 この場合は移行先が絶唱のみとなるぞ。 ギアペンダント役物の金は別格の信頼度となっているが、展開次第ではハズれることもしばしば。 他予告との複合次第だ。 ノイズ撃破予告は撃破成功でスーパー濃厚程度だと覚えておこう。 信頼度 演出の種類 199ver. LIGHTver. 見得予告はボタン押下から発生。 通常パターンの後ろの方で、SANKYOオフィシャルキャラの桐生七美が出現すると大当り濃厚だ。 レボリューションチャンスは連続予告なしで、装者リーチ途中(キャラのカットイン後)にクリスが画面奥から走ってくれば発生するぞ。 発生時点で必ずSUPERまで発展濃厚だ。 また、7図柄テンパイは別格の信頼度を誇り、左に7図柄が止まっただけで7図柄テンパイ濃厚となるぞ。 例えば、Rainbow Flowerなら因縁の未来エピソード、始まりの歌(バベル)が流れたら70億の絶唱リーチ発展濃厚だ! 「最短でまっすぐに一直線にッ!予告」はキャラ6人全員のスタンプがあっても70億の絶唱リーチ発展が確定するわけではないので注意。 リーチボイスの激アツ系は「激アツ」と発する訳ではなく、キャラ毎に専用セリフが設けられている。 見分け方としては、激アツ系はリーチ時のラインエフェクトが紫となるぞ。 ・ボタン発生時にゲージの真ん中が「熱(金文字)」であれば、70億の絶唱リーチに発展濃厚。 この法則が崩れば大当り濃厚だ。 それ以外のリーチ発展なら大当り濃厚となる。 LIGHTver. 毎回新規ボイスが流れる為、信頼度に影響はない。 信頼度 演出の種類 199ver. LIGHTver. 強予告単体から5ライン以下に発展してハズれる残念パターンもあるので、こういう場合は絶唱ゾーンなどの強予告が2つ複合or6ラインに発展する事を祈ろう。 弱い展開から発展した場合でも復活することが少なくない為、本機種の良い意味でも悪い意味でもアクセントになっている。 信頼度 演出の種類 199ver. LIGHTver. チャンスアップは赤系とカットインに加え、絶唱レバーやイコライザー役物稼働が望ましい。 他のもあれば頼もしい。 少し予告が物足りないと思った時はたとえ響リーチでもチャンスアップがないと厳しいぞ。 信頼度に影響はしないぞ。 信頼度 演出の種類 199ver. LIGHTver. こちらはどれだけ強予告が絡もうがハズれる可能性があるので気をつけよう。 「遥か彼方〜」はチャンスアップ無しでも押し切って当たることが少なくないが、チャンスアップがある方がもちろん頼もしい。 基本的には「喪失までの〜」に毛が生えた程度と考える方が気は楽だぞ。 信頼度 演出の種類 199ver. LIGHTver. チャンスアップは1つは欲しいところ。 また、演出の最後に発生する「レバーを引け演出」はデフォルトで、チャンスアップではないので注意。 また、装者リーチ途中で液晶上部から発生する絶唱文字煽りが特大(画面を覆い尽くす)パターンで70億の絶唱リーチに発展すれば信頼度86. つまり、特大発生時はかなり期待しても良いぞ。 信頼度 演出の種類 199ver. LIGHTver. 電チューに玉を5個入れたら打ち出しを止めても良いが、保留満タン以降も玉を入れ続けると制限時間まではパネルが昇格する可能性がある。 青や緑パネルでも十分当たるので希望は捨てないでおこう。 パネル色以外は赤文字、フィーネの顔アップや変動開始時のボタンバイブ発生に期待。 V-フラッシュの発生、ボタン押下時にハンドルボタン飛び出しなどのサプライズもあるぞ。 初当り後にヘソが残っている場合はそれを消化後にレバブルorV-フラッシュが発生することがあるが、1回転目のみ有効なので他のパネルには影響しないぞ。 また、直で響パネルの場合と昇格させて響パネルになった場合(他パネルも同様)は信頼度が変化しないぞ。 いつもと違うならアツい。 ギアペンダント色変化予告は保留満タン状態で電チューに玉を入れ続けると液晶下のギアペンダント役物の色が変化するおまけ的な演出。 入れ続けても大抵は緑にしか変化しないが、赤に変化すれば大チャンスだ。 また、テンパイ図柄にも注目。 偶数<奇数<3図柄<7図柄の順番で信頼度アップだ。 後者の「これが私たちの〜」は、シンフォギアチャンス2回転目以降の発生だと信頼度は約12. なお、あまり発生しないバトル演出に発展したからといって、特別アツいわけではないので注意しよう。 リーチ演出はボタン連打でメーターを0にできれば大当り。 繰り出す技は大抵がMEGA DETH PARTYなので、敵やその前の予告との組み合わせで総合的に見よう。 また、ボタン1回押しでゲージが一気にMAXに近づくパターンは実戦上かなりアツいと思われる。 キャラは変動中に切歌と調を自由に切り換えすることができ、切歌だとV-コントローラーを引くと告知が発生する可能性があり、調はいつ告知が発生するか分からないぞ。 信頼度 演出の種類 199ver. LIGHTver. すっごぉぉいッ!! リーチは1種類しかなく、赤系演出の発生でチャンスとなるぞ。 ただし、発展煽りのギアペンダントの色の赤以外はテンパイしないこともあるので注意しよう。 発展煽り手前は中・右図柄に6図柄が停止するが、これが7図柄の場合は激アツだ。 2%だ。 また、テンパイ煽り時のギアペンダント青でリーチ成立なら大当り濃厚。 つまり、電光掲示板の金文字が絡み、ギアペンダント青ならその時点で大当り濃厚だ。

次の

CR戦姫絶唱シンフォギア|保留・演出信頼度・スペック・ボーダー

シンフォギア2 信頼度

ジャンプボタン• このモードで大当たりを引いた場合には液晶上の連荘数と獲得出玉が引き継がれます。 特に意味はありませんが、良い気分にはなれる…はず 笑 SPリーチ別信頼度 キャラSPリーチ 響・前半 信頼度100% 響・後半 信頼度62% 翼・クリス 信頼度19% 切歌・調 信頼度16% マリア 信頼度25% 未来 信頼度100% キャラ系SPは響に発展すれば前半で当確。 後半に発展した場合にも響のみ別格なので熱い展開からは響発展を祈りましょう! 戦姫絶唱チャンスからの響発展は熱いという事になります。 なんで70億に発展したんだ?と疑問に感じ白タイトルの場合は大抵外れますので発展のみで過度な期待は厳禁。 全体的に熱い演出が複合するのが重要な台となっており、 演出よりも変動開始時や先読み時のレバブルの方が熱い仕様です。 通常時はひたすらレバブルの出現を祈りましょう。 ST中の演出はキャラによって微妙な差異がありますが、基本は同じ。 通常時は熱い演出の複合待ち。 ST時はテンパイ待ちといった感じになります。

次の