糸 こんにゃく アク 抜き。 今さら聞けない!こんにゃくのアク抜きって必要なの?【レシピ付】

こんにゃくのあく抜き、下処理の方法は?レンジや茹でて簡単下ごしらえ!

糸 こんにゃく アク 抜き

もくじ• こんにゃくの臭いの原因は? こんにゃくって何から作ります? そう、 こんにゃく芋ですよね。 こんにゃくの臭いの原因は トリメチルアミン こんにゃく芋に含まれる成分です。 水酸化カルシウムは強アルカリ性を示すため、こんにゃく自体もアルカリ性食品になります。 そのため生臭いにおいの アミン臭や アルカリ臭といった、皆さんにとって嫌なニオイが残ってしまうのです。 ちなみに、人が美味しいと感じる食品のph値は3~6phを示す領域です。 しかし、こんにゃくは約11phなのも苦手な人を多くしている原因。 でもこの独特な臭いやアクを除いてあげれば、すごく食べやすくもなります。 切ってから 2 の工程をした方が臭いをより軽減します。 そのまま粗熱をとります。 下茹でをしてアク抜きというのなら、みなさんよくご存知でしょう。 そこに一手間「塩もみ」をしてみてください! 塩もみが臭いとアクをさらに排出してくれます。 下茹でには電子レンジでも大丈夫です。 ですが、温める程度ではなくしっかり茹でないといけないですからね。 【新鮮な 食材宅配サービス】 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために『不要不急の外出』を控えることが大切です。 もちろん買い物にでかけることが禁止されている訳ではありません。 ですが、できる限り安全に美味しいものを食べたいという欲求は消えません。 そこでお薦めなのが 『有機野菜や新鮮野菜の宅配サービス』 食材宅配サービスのメリットは、• スーパーや混雑したお店に行くのを避けられる• 買い物かごやカートなどを触らなくてもよい• 多数の人が触った商品を買わなくてもよい• レジや狭い店内で人との接触を避けられる• 有機野菜のため値段がスーパーより高い• セット売りで野菜を選べない•

次の

こんにゃくのあく抜き・下ゆでの方法~糸こんにゃく・板こんにゃく

糸 こんにゃく アク 抜き

どちらもこんにゃく芋からつくられます。 こんにゃく芋をすりつぶしたもの、又は、こんにゃく芋を乾燥させて粉状にしたもの(こんにゃく精粉)を水に溶かし、凝固剤として水酸化カルシウムを加え、袋や型に入れて熱をかけて固めたものがこんにゃくです。 しらたきは、こんにゃくと同じように、凝固剤の水酸化カルシウムを加えた後、シャワーの出口のようなところからお湯の中に細長く出し、流して固めたものがしらたきです。 こんにゃく芋はアクが強く、素手で触るとかぶれることもあります。 その為、じゃがいも・里芋などのようにゆでたり、ふかしたりするだけでは食べることができません。 こんにゃくの白と黒の違いは? 作り方は同じですが、黒こんにゃくは海藻粉末が混ぜてあります。 昔のこんにゃくは生芋こんにゃくでしたから、芋の皮や芋のアクで茶色〜灰色のような黒っぽい色をしていました。 こんにゃく精粉だけでつくると白こんにゃくになるため、こんにゃくらしく見せるために海藻を入れていると言われています。 こんにゃくがスポンジのようにスカスカで固い・・・ しらたきが細く固くてはるさめのよう・・・。 どうして? 料理したら固くて食べられなかった・・・こんなときは、一度凍ってしまったものかもしれません。 冷蔵庫でも、冷気の吹き出し口や吹き溜まりは温度が低くなります。 水分が少ない食材と違って凍りやすく、部分的に冷えて凍り、庫内の位置変更や冷蔵庫の開閉によって再び解凍することがあります。 一度凍ってしまうと水分が抜け、解凍してもこんにゃくは固くごわごわした食感になり、しらたきは細く縮んで固くなってしまいます。 逆に、この変化を使って作られる「凍み(しみ)こんにゃく」という料理もあります。 「凍り(こおり)こんにゃく」とも呼ばれています。

次の

こんにゃくが生臭い!独特のニオイとあくを同時に消す方法

糸 こんにゃく アク 抜き

こんにゃくを下処理、あく抜きをする理由は? こんにゃくは、もちろんそのまま調理に使っても食べることができるのですが、下処理をするのにはちゃんとした 理由があります。 生で食べる 刺身こんにゃくや中には 「あく抜き不要」と書いてあるこんにゃくもありますが、それ以外は、あく抜きをしたほうがおいしくいただけます。 こんにゃくは、袋を開けたときに感じる方も多いと思いますが、 生臭いにおいがしますよね。 この生臭さは、そのままお料理に使っても臭いも味もぬけないので、匂いを消す方法としてあく取りが必要となり、とっておいたほうが料理がおいしく仕上がります。 こんにゃくを 下処理をする理由は次のような目的からです。 かならず加熱して食べましょう。 こんにゃくのあくの原因は? あくはほうれん草などにも含まれていますが、 えぐ味や渋味、苦味といった不快な味です。 こんにゃくの原料となるこんにゃく芋には、 シュウ酸カルシウムや臭み成分が含まれていることから灰汁が発生します。 また、こんにゃくを作るときに使われる凝固剤の 水酸化カルシウムなども合わさり、それもえぐみや生臭さなどの 原因の一つとなっています。 これを取り除くにも下茹でが必要となります。 また、あく抜きと同時に下処理をすることでこんにゃくの独特の臭みがとれて、ハリがでておいしくなり、プルンとした食感になります。 下処理したものとしないものでは、味や食感が全く異なりますのでまだ試したことがない方はぜひ、下処理をしてみてください。 食物繊維は整腸作用があることがよく知られていますが、腸の動きを活発にしてお腹の掃除をしてくれるので、 便秘の解消や改善の効果が期待できます。 食物繊維は食前、または食事と一緒に摂ることで、血糖値の上昇を抑える働きがあるので、 糖尿病の予防にも効果的です。 また、食前に食べることで満腹感も得られるので食べすぎを防ぎダイエットにも効果が期待できることからダイエット食品としても人気ですね。 下ごしらえ、あく抜きの方法は? こんにゃくのあくを抜く方法、基本は沸騰したお湯にくぐらせて油通しをするのが一般的です。 また、調理する方法によって、あく抜きの方法を変えることもできます。 ここでは 3通りの方法をご紹介します。 こんにゃくを茹でる これが一番基本の下処理、あく取りの方法です。 このこんにゃくの茹で方はしらたき、糸こんにゃくの下ごしらえにも使えます。 また、これにひと手間を加えて 塩もみをすると よりおいしく仕上がります。 その後に茹でます。 こんにゃくは保存するときにも下処理をしておくとすぐに使えて便利ですよ。 こんにゃくの保存法や保存期間、賞味期限はこちらをご覧ください。 叩くのもそうですが、塩もみをすると、水と一緒に臭みとあくをもみだすことができます。 こんにゃくを乾煎りする こんにゃくを乾煎りしても臭みは消えます。 この方法は 炒めたり、煮物にするときに下処理として使います。 煮物や和え物、炒め物の前に、炒っておくと味が良くなじんでおいしく仕上がります。 炒る前に先に、塩でもみ洗いをして、下茹でしたものを乾煎りするとより一層おいしく仕上がります。 以上、こんにゃくの下準備の仕方をご紹介しましたが、これでおいしいこんにゃくを調理する準備ができました。 また、どうしても下準備の時間がない場合は 水洗いをしておきましょう。 臭い消しにもなるのでしないよりはおいしく食べることができますよ。 スポンサーリンク レンジで簡単あく抜き! 時間がない、でもあく抜きはしておきたい!そんな時は、電子レンジを使うと便利です。 こんにゃくの量によって加熱の時間は変えてくださいね。 加熱し終わると水が若干濁って、こんにゃくの臭いがしています。 加熱後はこんにゃくがとても熱くなっているので やけどしないよう気を付けてくださいね。 電子レンジで下処理しても独特の生臭さやあくがとれてハリがあります。 糸こんにゃくも同じ方法であく抜きができます。 また、レンジで加熱する前に、塩もみをしておくとよりおいしく仕上がります。 塩もみの方法は、大さじ1ほどの塩でこんにゃくをしっかり揉みます。 こんにゃくから水分がでてきたら水で洗い流して、レンジで加熱します。 ご紹介した方法が、面倒なときは耐熱ボウルにこんにゃくを入れてラップし、電子レンジで3分ほど温めてザルにあげて冷水で洗います。 これでも十分臭みは取れますよ。 まとめ 今回はこんにゃくのあく抜きの仕方についてご紹介しましたが、下ごしらえをせずに使ってももちろん食べることはできるのですが、よりおいしく仕上がるなら、あく抜きはしておいた方がいいですね。 私もあまり下処理をせずにこんにゃくを使っていたのですが、最近はあく抜きをしてから調理しています。 また、下処理の方法も様々あるので、方法だけ知っておけばその状況に応じて使えますよね。 ちょっと今日はいつもよりおいしく仕上げたいという時には、塩もみしてから水から茹でるなどすればいつもと違ったおいしいこんにゃくを味わえますね。 こんにゃくをおいしく食べるためにも、ぜひひと手間加えて、下処理を習慣づけてみてくださいね。 スポンサーリンク•

次の