死にたい言わない主義の。 新婚アラフィフ。結婚ってこんなもの?死にたい。

死にたい、自殺したい人へ

死にたい言わない主義の

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 京都自死・自殺相談センターの竹本了悟さんに聞く 死にたい。 消えたい。 神奈川県座間市で9人の遺体が見つかった事件は、「死」を思うほどのつらさを抱える若者の姿を浮かび上がらせた。 そのような心に寄り添うには、どうすればよいのか。 京都市で7年以上、自死問題に取り組む民間団体がある。 電話とメールで受ける相談は年に約4千件。 その代表を務める僧侶の竹本了悟さん(39)の言葉は、ひとつのヒントになるかもしれない。 《この団体はNPO法人「京都自死・自殺相談センター」(愛称・Sotto〈そっと〉)。 電話相談は毎週金・土曜の夜7時~翌朝5時半に受け付けている。 夜から明け方は、死にたい気持ちが強まる時間帯とされる。 かかってくる電話の一言目は聞きづらいんですよ。 深刻な内容のときは特に。 か細い声です。 ずっとひとりきりで、人としゃべっていないのでしょうね。 もしかしたら、すでに死ぬ準備をしているのかもしれません。 だから受話器をとって最初に発するひと言から、精いっぱいのぬくもりを伝えようとします。 私たちは「死ぬより生きるほうがいい」という価値観を大前提にしていますよね。 今回の事件でも「『死にたい』というのは本当は『生きたい』のはずだ」というコメントに納得したくなる。 でも当事者が「死にたい」というときは、やはりその方向に振れているのだと思いますし、まずはその心を感じ取ろうとすることが大切です。 こちらからは「そうか、死にたいんか……」としか言えないかもしれません。 それでも、ぴたりと相手の横にいて心の波に一緒に揺られようとします。 小さいころ、親に痛いところを触れてもらっているだけで、痛みが和らぐ気がしたでしょう? けがをしている心も「手」を当てればぬくもりが伝わると信じています。 《メールでの相談も受け付ける。 6割近くが20代以下で、小・中学生と思われる相談もある。 一つの返信案ごとに複数の相談員が話し合って文面を練り上げる。 》 文字なので心を感じ取りづらい面はあります。 ひと言だけ「死にたい」と書いたメールもけっこう多く、心配になります。 何千字も書いてくる方もいますが、何往復でも応じます。 心の居場所をつくるという意味で、臨む姿勢はメールも電話もまったく一緒です。 《月に1度、つらさを抱える人が集まる「おでんの会」も開いている。 食事をしたり、悩みを語り合ったり。 参加した20代の女性はこんな感想をつづった。 「おでんの会に来させてもらった時は楽しいひとときを過ごすことが出来ますが、一人になるとまた死にたい気持ちがわきおこってきます。 でも、定期的におでんの会があることで、どうにか生きることができているように思います」》 おでんの会は、しんどいときに「自分のことを分かってくれる場がある」という感覚を持ってもらうため。 大海原を泳いでいて、浮いている丸太につかまってちょっと休憩する感じでしょうか。 その程度しかできないけど、「その程度」が今の社会に必要とされているのだと思います。 生きることは誰にも代わってもらえない。 生老病死(しょうろうびょうし)というように生きること自体が「苦」の一つです。 人って本質的に孤独であるうえに、「誰にも分かってもらえない」という絶望的な孤独感はつらいですよね。 みなさんの職場や家族にも「死にたい気持ち」を抱える人がいるかもしれません。 気付かれまいと隠している場合も多いでしょう。 もし打ち明けられたら、あるいはSOSに気付いたら、丁寧に接してください。 何かせねばと気負わなくていい。 他者を丸抱えすることはできないものです。 ただ、温かく隣にいてあげてほしいと思います。 ただし宗教色はない。 昨年は電話相談が2543件、メール相談は1382件。 相談用の電話番号は075・365・1616。 詳しくはホームページ()で。

次の

SNSで「死にたい」とつぶやく自殺志願者の本音 匿名だから生きづらさを吐き出せる

死にたい言わない主義の

何かに詰んで死にたいと考える人は多いだろう。 学生で自殺する人間は多い。 ましてやこの少子化のご時世に若者ばかりが自殺で減っている状況もある。 大人になったら猶更なのではないか。 この資本主義の世界で資金を集める手段としての職を失ったりすると生活する上で大きな障害となってしまい多かれ少なかれ死にたいと思うだろう。 最近では電車の飛び込み自殺などが多いのではないだろうか。 犬が散歩に出かけるように仕事場に行く人間のルーティーンがなくなるのは経済的な損失よりも大きい。 しかし実際に死を覚悟する人間はどのくらいの割合なのだろうか。 ホームから飛び込む人は吸い込まれるような感覚とかいう。 自分は実際にはそのような感覚は味わったことがないが死にたいという感覚は流石に感じたことはある。 6月中に起こるとか言われている(実際はここ10年近く言われ続けている)南海トラフ地震をどこか待っているような感覚があるのが具体的な例だが、先日「死」に対して恐怖した瞬間があった。 一つ目は「夜道を歩いている瞬間」である。 バイトの帰りに雨が降るかもしれないので自転車に乗らずに帰ることがあった。 いつも行き慣れた道なのに前を歩くサラリーマンや草むらが急に怖くなった。 それは何かおっかないものが出てきて自分を襲うのか、サラリーマンが急に刃物を手に迫ってくるとかそういったこと色々想定してしまったからなのだろう。 死に対して少しでもマイナスな感情を抱いたらまだこの世に留まるべき。 二つ目は「やりたいことが見つかった時」である。 海の近くで海鮮を腹いっぱい食べたいとか特大のステーキを食べていきなりステーキのランクを最高にしたいとかバイクでツーリングしたいとかムキムキになってモテたいとか色々考えることがあるとまだ死にたくないという感覚が芽生えてしまう。 実際には全部をやりきるのは出来ないが地震とかで人生強制終了するのも虚しい。 YouTubeを開いて小児がんの子が夢を語るも死んでしまったり故星野仙一監督のPVを見るだけでポロポロ泣いてしまうメンタルの持ち主である自分は何もすることがない。 限られた時間、限られた寿命の中で何ができるか考えていきたいしもう少し精神的に裕福な時間を過ごしたい。

次の

笑顔でない人は邪魔なので“消えましょう”【死にたい人必見の徹底講義】

死にたい言わない主義の

部屋が多少散らかったり、汚れたりは全然平気なんですが、やると決めたこと、メモした事、運動会や発表会の撮影、子供たちに行きたいと言われた所は本人達がもう忘れていても行かないと私の中で終われなくてモヤモヤする、店で気になった服は手に入れるまで頭から離れず落ち着かない、もし売りきれていたら同じ物を探し出してまで買う、他人にイヤミを言われたり嫌がらせを受けたら、その時の事を本人に指摘できるまで執拗に思い出す、とか、とにかく無数にあって、苦しくてたまりません。 他人からしたら、苦しいならやめたらいいじゃん、てことらしいのですが、やってしまうというか、やらないとスッキリしないんです。 同じような方いますか?• 少し違うけど、毎日掃除はしないといけない。 必ず全て片付けてから寝る。 潔癖症ではないのに。 決まりごとをたくさん自ら作って、何があっても実行。 掃除なんて毎日しなくても、自分を自分で追い込んでるって言われてた。 でも、今思うと私の場合は旦那が嫌でストレスがそこにいってたと思う。 数年後離婚してからそんなことがなくなりました。 掃除もできないときはしないし、 決まりごとがなくなりました。 たぶん、何か自分で気付かないストレスがあるのでは? 完璧にすることで満足を得ている感じが以前の私に似てる。 ストレス発散を違う形で見つけてみたらどうでしょう。 アロマもいいですよ。

次の