光 の お父さん ネタバレ。 映画『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』ネタバレなしの感想。父のキャラクターが素晴らしく、緊張と緩和の連発で笑いが止まらない

光のお父さん(映画)のあらすじやネタバレは?元ネタや口コミも!

光 の お父さん ネタバレ

映画『光のお父さん』のネタバレがあります。 映画、当時住んでた家の近くにシネコンできた関係で 2010 - 2012 年の間見まくってました。 が、その後環境変わったり引っ越したりで次第に疎遠に。 もし当時のレビューなんかに興味のある方はへどうぞ。 さてこの日は久しぶりに映画館、『劇場版 ファイナルファンタジー XIV 光のお父さん』鑑賞へ。 やーアキラ先輩お懐かしいっすね。 先輩マジっすか。 予告編。 『ライオン・キング』すげえ。 もっふもふやぞ。 『IT THE END』は 11 月。 まずは前書いた TV ドラマ版の感想。 そう言えばまだドラマの感想書いてませんでした。 ぶっちゃけ回を追う毎にエオルゼアパートがウザくなってきてですね……。 最終的に飛ばしちゃいましたごめん。 リアルパートに登場する役者さんがいわゆる大根ちゃんであれば違和感なかったと思うんだけど、巧い人たちだからどうしてもお芝居としてのクオリティ差がね……。 エオルゼアパートで毎度引っかかりを感じるようになり、「んー、んー……」と。 いや面白かったんです。 でもガッチガチに制約のあるゲームアバターでお芝居してるからこれは仕方の無いことです。 実写でもなく、アニメでもない。 無茶なことをやり切った、と言う意味では実に素晴らしい。 この部分、今回は開発環境と同等のサーバーを借りてかなり時間かけて撮ったそうで。 洗練されてました。 引っかかりも全く感じず。 しかしそれはそれで今度は一般的な CG 作品と比較されそうだけど。 この辺り、ヒカセンじゃないひとの意見が聞きたいところです。 そちらからは「 CG ショボくね?」みたいな感想が出るかもしれない。 ストーリー。 努力と根性と勝利。 物語のオチもマジスポ根。 ケガを押してマウンドに立つ的なアレ。 ……いやいや『いのちだいじに』でいこうよつかなんでアキオくんログインしてツインタニアやろうとしてんのよ病院戻れ言った方がいいよまじで! おそらくネトゲ長くやってる人は「 そこは違うだろ」と冷静になり、ネトゲやってないかもしくは歴浅い人はそのまま「 おとうさんがんばえー!」と心の中で応援。 昨今の、 主に DQX 側に見られる MMO 依存から来る様々なトラブルについてプレイヤーに警鐘をならしつつ、その他にはネトゲの素晴らしさだけ持って帰ってもらう。 これは相当計算された、絶妙、かつ秀逸な物語の締め方ではないか。 その他。 オープニングタイトルが! そこで入るのかよ! FF ファン狙い撃ち。 初めてやったゲームがアトランティスの謎とはまた渋い。 ゴリオさんの声、男性にやってもらった方が一貫性あったのでは。 なるほど妹さん、そういう役どころで使うのね。 お父さん軽……。 しずる感ってなに……? やっぱりサジタリウスアローずるい。 サテライトビームではああはいかない。 投稿日: 作成者 カテゴリー , タグ , ,.

次の

ドラマ『FF14光のお父さん』原作あらすじとネタバレ!ここまでやる?

光 の お父さん ネタバレ

第6話「光のお父さんはすべてを打ち明けた。 」ネタバレ 光生(千葉雄大)は、ゲームのキャラクターを通して父・博太郎(大杉漣)から病気であることを告げられます。 しかし、事実を確認したくても面と向かって尋ねることができません。 父が出かけた隙に、健康診断の結果を探して父の部屋を物色する光生。 机の引き出しに入っていたのは、ブックカバーを裏返しにしたゲームの攻略本でした。 すべてのページに付箋が貼られ、父が熱心に書き込みをしているのを見て、嬉しくなる光生。 ゲームの中でもいつも通りの父を見て、光生は「やはり冗談だったんだ」と安堵します。 会社の先輩・袴田(袴田吉彦)がニューヨークに行くことになり、光生は担当を引き継ぐことに。 袴田と一緒に取引先に行くと、そこは父の学生時代の友人・大野肇(長谷川初範)が経営する会社でした。 光生は大野から父が病気であることを聞かされ、ショックを受けます。 自宅に電話するも父は電話に出ません。 会社で残業を頼まれた光生は、誰もいない職場でパソコンを開きます。 ゲームの中で、光生は父=インディと共にモンスターと戦いますが、後悔が押し寄せます。 「僕はいったい何をしていたんだ。 ゲームなんてしてる場合じゃなかったんだ。 もっと、もっとほかに、一緒にやるべきことがあったはずだ」 光生はゲームのキャラクターを通して、父に「大丈夫なのですか?」と尋ねます。 父は医者に手術を勧められたこと、しかし仕事だけが生きがいだった自分には手術が無意味に思えたことを語ります。 しかし、今は違うと父は告げます。 一緒に冒険をした数か月、世の中にはまだまだ楽しいことがあると知り、ようやく病気と闘う勇気が湧いたと。 感謝の気持ちを伝える父に、光生は涙が止まりません。 帰宅すると、父から病気を告白された母・貴美子(石野真子)が、光生にその事実を伝えます。 父はこれまでたくさんの敵を倒してきた。 第6話の感想 お父さんが、本心を打ち明けてくれました。 何を考えているのかわからなかった、お父さんの本当の気持ちです。 まさか、こんな泣ける展開になるとは。 親が子供に説経したり怒ったりすることは当たり前のようにあるけど、感謝の気持ちを言葉にすることって、あまりないですよね。 子供はいつも親と対等にありたいと思っているけれど、親の立場からしたら、そうはいかない。 しかも弱ってる自分に勇気をくれたなんて、なかなか子供に言えることではありません(同性だと特にね……)。 キャラクターの姿を借りたゲームの中では、お父さんと光生は対等になれた。 親子ではなく友達になれた。 だから、聞けた言葉なんですよね。 まだ、お父さんの病名はわかりませんが、手術が成功するといいですね。 次回はとうとう最終回。 すべてがうまくいきますように!! そして今回も稲葉家の夕食はカレーでした。

次の

光のお父さんあらすじネタバレ結末で最終回のドラマ7話です

光 の お父さん ネタバレ

手術の日、病院へ行くとそこには弱り切った父がベッドに。 子供の頃に見ていた父はもうそこにいませんでした。 アキオはかつてYouTubeや色々なゲームを父にダウンロードしてあげていました。 その時、ふと自分の中で沸いた疑問。。。 「僕はこの人が亡くなった時、泣くのだろうか?」 他人のように考えてしまう自分が情けなくて、残酷に思えました。 その時からアキオの 「光のお父さん計画」は始まっていたのかもしれません。 仕事一筋で何を考えているのかさっぱりわからなかった父が、突然会社を辞めて家に帰ってきました。 何もせずに一日中ぼーっとする父を見てアキオが思ったことは、 「お父さんの本音を知りたい」 ある計画を思いついて、アキオはオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」に父を誘導します。 試行錯誤の結果、無事お父さんとフレンドになれたマイディーさん。 お父さんは、そこから数々の試練を経て成長していきます。 最初はちゃんともできなかったのに、最終的には冗談も飛ばせるようになり、お父さんはどんどんファイナルファンタジーの魅力にはまっていきます。 もともとこの計画、 アキオがお父さんとフレンドになり、強大なボス「「ツインタニア」を倒した後に、自分が息子であることを公表するという計画でした。 そうすることで、 いままで知らなかった、お父さんの心が見えるようになるのではないか・・・という切実な思いもあります。 順調に物語は進み、最後の目的地に着き「ツインタニア」を倒すために試行錯誤するのですが・・・・ ネタバレしたらごめんなさい 楽しかったぜツインタニア! やっと念願の光のお父さんの話に追いついた。 このままずるずると時だけが経過していくのかと危惧していた矢先、チームメンバーである 「きりんちゃん」が引っ越しのため、一か月ほどゲームに来られなくなることになってしまいました。 このゲームでは、ボスを倒すためにはそれぞれに役割があり、きりんちゃんがいなくなるということは、きりんちゃんの勤めていた役割を誰かに代わってもらわなくてはならなくなります。

次の