自己 愛 性 人格 障害 特徴 男性。 自己愛性パーソナリティ障害とは?症状・特徴・克服法を解説

男性の境界性人格障害の症状

自己 愛 性 人格 障害 特徴 男性

境界性人格障害の多くは女性で、患者の約8割にあたると言われています。 女性ホルモンの影響による気分変動が起こりやすいことも一因と考えられますが、男性もいない訳ではありません。 「女性」と「男性」の症状の違い 女性も男性も境界性人格障害の要因は、遺伝的要因と幼少期の家庭環境や親子関係にあるのは同様です。 しかし、症状が少し異なります。 女性の場合は、家族や恋人、友人への依存が強くなって人間関係を壊していきます。 男性の場合は、自分以外の人に対して威圧的、高圧的な態度を取ったり、社会ルールを守れず、反社会的な行動で周りに迷惑を掛けることがあります。 境界性人格障害と似ていますが、自己愛性人格障害、反社会性人格障害になりやすいのが男性との意見もあります。 「男性」の症状 幼少期から思春期までの母親との関係はその後のパーソナリティー形成に大きく関わっています。 その時期、息子が母をおかしいとか、嫌悪感を抱けば自立は成功しますが、 母を悲しませたくない気持ちから両依存、同一化することも少なくありません。 思春期に親族で性的関係を強いられたり、近親相姦の関係に陥りやすい親子関係は自己破壊的症状となり、本人も家族も将来を悲観する結果になりかねません。 しかし、親は息子の気持ちを知ろうとしないので変わりません。 子供は失望を憎しみに変え、精神的な痛みを怒りに変えることで昇華しようとします。 その怒りは時に他者を暴力で傷つけ、威圧的に押さえます。 気付くと我に返り後悔し、恋人や周りの人に異常に優しくするという繰り返しは、感情のコントロールを狂わしていきます。 「自己愛性障害」は悪化していく 境界性人格障害は思春期に表面化していき、年齢が進んでいくにしたがって落ち着いてくるのが一般的です。 しかし、男性に多く境界性人格障害と似かよっている「自己愛性障害」は、年齢が高くなっても症状は悪くなる一方です。 家族や友人、周囲の人々がまわりから居なくなってしまい、一人孤独になってしまいます。

次の

女性の自己愛性人格障害の特徴

自己 愛 性 人格 障害 特徴 男性

境界性人格障害の多くは女性で、患者の約8割にあたると言われています。 女性ホルモンの影響による気分変動が起こりやすいことも一因と考えられますが、男性もいない訳ではありません。 「女性」と「男性」の症状の違い 女性も男性も境界性人格障害の要因は、遺伝的要因と幼少期の家庭環境や親子関係にあるのは同様です。 しかし、症状が少し異なります。 女性の場合は、家族や恋人、友人への依存が強くなって人間関係を壊していきます。 男性の場合は、自分以外の人に対して威圧的、高圧的な態度を取ったり、社会ルールを守れず、反社会的な行動で周りに迷惑を掛けることがあります。 境界性人格障害と似ていますが、自己愛性人格障害、反社会性人格障害になりやすいのが男性との意見もあります。 「男性」の症状 幼少期から思春期までの母親との関係はその後のパーソナリティー形成に大きく関わっています。 その時期、息子が母をおかしいとか、嫌悪感を抱けば自立は成功しますが、 母を悲しませたくない気持ちから両依存、同一化することも少なくありません。 思春期に親族で性的関係を強いられたり、近親相姦の関係に陥りやすい親子関係は自己破壊的症状となり、本人も家族も将来を悲観する結果になりかねません。 しかし、親は息子の気持ちを知ろうとしないので変わりません。 子供は失望を憎しみに変え、精神的な痛みを怒りに変えることで昇華しようとします。 その怒りは時に他者を暴力で傷つけ、威圧的に押さえます。 気付くと我に返り後悔し、恋人や周りの人に異常に優しくするという繰り返しは、感情のコントロールを狂わしていきます。 「自己愛性障害」は悪化していく 境界性人格障害は思春期に表面化していき、年齢が進んでいくにしたがって落ち着いてくるのが一般的です。 しかし、男性に多く境界性人格障害と似かよっている「自己愛性障害」は、年齢が高くなっても症状は悪くなる一方です。 家族や友人、周囲の人々がまわりから居なくなってしまい、一人孤独になってしまいます。

次の

自己愛性人格障害の男性の恋愛には特徴あり!いつもこれで破局する!|自己愛性人格障害の夫からの脱出

自己 愛 性 人格 障害 特徴 男性

女性の自己愛性人格障害の特徴は外見へのこだわりと愛してもらえるような行動を取る事ですが、男性の場合はどの様な特徴があるでしょうか。 男性の特徴 恋人は自分が優位に立てる女性のみを選ぶ 自己愛性人格障害の男性は、恋人にする相手は外見などよりも先に「自分が優位に立てる」という事を重点にして選びます。 高学歴な女性や性格がサバサバしている女性、男性に人気がある女性はうまく自分を優位に立たせる事が出来ない為、地味な女性や優しそうな女性を恋人に選びがちです。 また、依存体質の女性や自立心が低い女性を特に好みます。 これは恋人を対等な関係とは思わずに「奴隷またはペットとして側に置ける人」と捉えている人が多い為です。 自分の意見に反対意見を言う人を側に置かない 自分の意見が正しいと思い込んでいるため、反対意見を言われると激しく怒りを覚えたり、逆に非常に心を傷付けてしまうため、自分の意見に対して常に賛成をしてくれる人を身近に置きたがります。 これは日常生活でも職場でも同様です。 対人コントロールが上手く、始めは魅力的な人物ではある 自己愛性人格障害の人は急に「愛している」「好きだ」等の言葉を何度も投げつけてきます。 しかしすぐに相手の事を裏切って絶望させます。 この様におだてては落とすという事を繰り返し、相手を上手くコントロールしようとします。 始めの内はとても相手の事を褒めてくれる為に惹かれる人は多いですが、その分裏切られる人も多いです。 これは日常生活でも職場でも同様な事を起こす可能性があります。 この様に、自分が常に優位に立てるコミュニティーの形成や恋愛関係の形成を行う点が男性の自己愛性人格障害の特徴と言えます。 学歴コンプレックスを抱えている場合が多く、自分よりも低学歴な人を身近に置いたり、自分よりも貧乏である人を身近に置く場合もあります。 友人関係でも、自分の我侭に素直に従ってくれる人を友人とする傾向があります。 また、男尊女卑や女性嫌悪を心の根底に持っている場合もある為、自分の言う通りになる女性を道具の様に使います。

次の