豚 コレラ 三重。 豚コレラ、三重に拡大 岐阜・愛知に続き 4千頭殺処分:朝日新聞デジタル

養豚場で初の豚コレラか 三重、国が検査へ :日本経済新聞

豚 コレラ 三重

【野生イノシシへの感染が報告された豚コレラ対策本部幹事会=県講堂棟で】 三重県は26日、岐阜県に隣接するいなべ市で家畜伝染病「豚コレラ」に感染した野生イノシシ2頭が見つかったと発表した。 県内で感染イノシシが確認されたのは初めて。 イノシシが養豚場の豚への感染を媒介しているとみられ、感染拡大への懸念が高まった。 県畜産課によると、いなべ市職員が25日午前9時ごろ、いなべ市北勢町と同市藤原町の畑でわなにかかった野生イノシシを発見。 26日、国の検査で豚コレラの陽性反応が確認された。 岐阜県などで発生した豚コレラのウイルスと同じ型だった。 県は発見現場から半径10キロ圏内にある養豚場1農場を監視対象とした。 この農場はすでに監視対象とされており、7月5日までとしていた監視対象期間を延長。 6月27日から同28日の間、異常の有無の報告や出荷前に豚の健康状態の確認を求める。 また、県は14日に出した緊急消毒命令について、消石灰の散布完了時期を1週間前倒しし、7月5日までに完了させるよう家畜保健衛生所から各農場に通知した。 同12日までに家畜保健衛生所職員が農場を訪れ、消石灰の散布状況を確認する。 イノシシへの経口ワクチンの散布が決まった矢先の発生だった。 感染イノシシが県境まで迫っていたため、県が国と散布について協議し、25日に実施が決定。 養豚場での感染が確認されていない地域で経口ワクチンの使用が認められるのは全国で初めて。 県は2回にわたって岐阜県に接する桑名、いなべ両市の延べ200カ所に経口ワクチンを計4千個を散布し、イノシシに抗体ができているか検査する。 散布は7月20日ごろに始める予定。 27日に県や桑名、いなべ両市などで経口ワクチン対策協議会を設立する。 鈴木英敬知事は同日、「野生イノシシへの経口ワクチンの散布について準備が整ったところで期せずして(見つかった)」と危機感をあらわに。 「やれることは全部やる。 生産者の不安の解消のために緊張感を持って取り組む」と報道陣に語った。 県は26日夕、豚コレラ対策本部の幹事会を開催。 会議の開始直前に国から検査結果が届き、野生イノシへの感染が確認されたと各部局の危機管理担当に報告した。 25日までに県内55農場に消毒用の消石灰の配布が完了したことなども説明した。

次の

豚コレラ感染確定できず 三重・いなべの養豚場 :日本経済新聞

豚 コレラ 三重

令和元年7月24日 農林水産省 本日、野生イノシシ陽性確認地点から10km以内にあり監視対象となっていた三重県いなべ市の農場において豚コレラの疑似患畜が確認されました。 本病の防疫措置等について万全を期します。 現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれがあることなどから厳に慎むよう御協力をお願いいたします。 発生農場の概要 所在地:三重県いなべ市 飼養状況:4,058頭 2. 経緯 (1)三重県は、7月22日(月曜日)、農場から、飼養豚が死亡したとの報告を受け、家畜防疫員による検査を実施しました。 (2)同日、家畜保健衛生所での検査により豚コレラの疑いが生じたため、23日(火曜日)、材料を農研機構動物衛生研究部門(注)に送付し、遺伝子解析を実施しましたが、臨床症状と検査結果が一致しなかったことから、牛豚等疾病小委員会の意見を踏まえ、再検査を実施することとしました。 (3)再度検体を採取した上で検査を実施したところ、本日(7月24日(水曜日))、豚コレラの疑似患畜であることが判明しました。 (注)我が国唯一の動物衛生に関する専門研究機関 3. 今後の対応 「豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」に基づき、以下の防疫措置等について万全を期します。 (1)当該農場の飼養豚の殺処分及び焼埋却、移動制限区域の設定等の必要な防疫措置を迅速かつ的確に実施します。 (2)移動制限区域内の農場について、速やかに発生状況確認検査を実施します。 (3)感染拡大防止のため、発生農場周辺の消毒を強化し、主要道に消毒ポイントを設置します。 (4)感染経路等の究明のため、国の疫学調査チームを派遣します。 (5)本病の早期発見及び早期通報の徹底を図ります。 (6)関係府省と十分連携を図るとともに、生産者、消費者、流通業者等への正確な情報の提供に努めます。 (7)農場の消毒や野生動物の農場への侵入防止等の飼養衛生管理基準の遵守に関する指導を徹底します。 (8)感染経路等の究明及びまん延防止のため、あらゆる可能性を想定し調査します。 その他 (1)豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。 また、感染豚の肉が市場に出回ることはありません。 (2)現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれがあること、農家の方のプライバシーを侵害するおそれがあることなどから厳に慎むよう御協力をお願いいたします。 特に、ヘリコプターを使用しての取材は防疫作業の妨げとなるため、厳に慎むようお願いいたします。 (3)今後とも、迅速で正確な情報提供に努めますので、生産者等の関係者や消費者は根拠のない噂などにより混乱することがないよう、御協力をお願いいたします。

次の

三重県|家畜衛生:CSF発生に伴う県内での対応について(6月11日更新)

豚 コレラ 三重

【豚コレラの対応を確認する県幹部ら=三重県庁で】 三重県は6日、豚コレラの感染が確認された愛知県豊田市内の養豚場から三重県内の養豚場に82頭が出荷されていたと発表した。 養豚場を立ち入り検査したが、検査結果は陰性で豚コレラの症状もなかった。 一方、県は豚コレラの対策本部を設置し、警戒態勢の強化を確認。 今後も養豚場への立ち入り検査などで症状がないかを調べる。 豊田市内の養豚場では4日、6頭の豚に食欲不振などの症状があり、5日に5頭から豚コレラの陽性反応が出た。 この養豚場は先月14日に82頭の子豚を三重県内の養豚場に出荷していた。 県中央家畜保健保健衛生所は5日夜、県内の養豚場を立ち入り検査。 豊田市から出荷された豚に加え、これらと接触した可能性が高い計102頭を検査したが、いずれも陰性だったことが6日午前に判明した。 県によると、この養豚場が飼育している約200頭に豚コレラの症状はない。 県は検査結果が陰性だったため、養豚場の所在地を発表していない。 豊田市の養豚場は三重、長野、岐阜、滋賀、大阪の1府4県に豚を出荷していたが、三重だけ感染が確認されなかった。 県畜産課は「他県よりも出荷の時期が早かったことが影響したのでは」とみている。 県は6日、幹部職員らでつくる「豚コレラ対策本部」(20人)を立ち上げ、初会合を開催。 服部浩危機管理統括監は「県内での感染は確認されなかったが、気を引き締めて臨んでほしい」と呼び掛けた。 鈴木英敬知事は同日の定例記者会見で「感染ルートが確定していないことを肝に銘じて警戒に当たる」と説明。 「感染した豚の肉を食べても人体への影響はない。 冷静な対応をお願いしたい」と述べた。

次の