しゅう けい きょう ふ しょう。 オンラインによる 日本語(にほんご)会話(かいわ)コミュニケーションシステム「Sail」の 参加(さんか) 募集(ぼしゅう)

「大患難」の間もエホバに忠実でいましょう — ものみの塔 オンライン・ライブラリー

しゅう けい きょう ふ しょう

仏教の一大叢書 そうしょ。 『大正新脩 しんしゅう 大蔵経』とも書き、『大正蔵経』または『大正蔵』と略称される。 1922年(大正11)にこの事業が着手されたのでこの名がつけられた。 全100巻(本蔵85巻、目録3巻、図像12巻)からなり、高楠 たかくす 順次郎、渡辺海旭 かいぎょく を都監 つかん とし、小野玄妙 げんみょう を中心とする多数の学者の協力のもとに、前後13年を費やし34年(昭和9)に完成された。 中国、朝鮮、日本で刊行されたすべての大蔵経を質的にも量的にも凌駕 りょうが した大蔵経の決定版であり、内外の学者が学術論文に仏典を引用する場合は、『大正蔵』の巻数、ページ数、段数を明示するのが通例である。 1巻から55巻までにはインド・中国撰述 せんじゅつ のものを集め、56巻から84巻までには日本撰述のものを収めている。 85巻には敦煌 とんこう 発見の古逸経と疑経 ぎきょう を収める。 本蔵(1~85巻)には3053部(重複を除くと2920部)1万1970巻の仏典を収録している。 『大正蔵』は収録部数がきわめて多いこと、校訂が行き届いていることと、新しい研究に基づいて全体を31部門(インド・中国が24部門、日本が7部門)に分類編集した点などに優れた特色がみられる。 校訂には高麗 こうらい 版を底本とし、宋 そう ・元 げん ・明 みん の3本、さらには天平 てんぴょう 写経や隋唐 ずいとう の古写経と対校して注記する。 サンスクリットやパーリ原典のあるものは術語や固有名詞などに原語を注記して研究の便を図っている。 85巻までの総ページ数は8万0634。 目録は正しくは『昭和法宝総目録』といい3巻からなり、各種大蔵経の目録や有名寺院所蔵の一切経 いっさいきょう 目録、『大正蔵』をはじめ近代の仏典叢書の目録などを網羅する。 『大正蔵』は1960年(昭和35)から再刊された。 東西の仏教系大学が協力して『大正蔵』の索引を作成・刊行しており、インド・中国撰述についての索引はすでに完成し、利用されている。 [岡部和雄].

次の

腰痛オンライン 脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

しゅう けい きょう ふ しょう

郡治所 陰陵県 ( いんりょうけん ) 特記事項• 当塗県 ( とうとけん )には 馬丘聚 ( ばきゅうしゅう )があります。 徐鳳 ( じょほう )はここで反旗を 翻 ( ひるがえ )しました。 下蔡県 ( かさいけん )はもとは 沛国 ( はいこく )に属していました。 平阿県 ( へいあけん )には 塗山 ( とざん )があります。 もとは 沛国 ( はいこく )に属していました。 義成県 ( ぎせいけん )はもとは 沛国 ( はいこく )に属していました。 洛陽 ( らくよう )( 雒陽 ( らくよう ))の東2,160里に位置します。 郡治所 宛陵県 (、 蕪湖県 ( ぶこけん )、、 蕪湖県 ( ぶこけん )、 えんりょうけん ) 特記事項• 蕪湖県 ( ぶこけん )の西には 中江 ( ちゅうこう )があります。 秣陵県 ( まつりょうけん )の南には 牛渚 ( ぎゅうと )があります。 廬江郡(ろこうぐん) 廬江郡 ( ろこうぐん )は 文帝 ( ぶんてい )が 淮南郡 ( わいなんぐん )を分割して置いたのが始まりで、 建武 ( けんぶ )13年(208年)に 六安国 ( りくあんこく )を廃して 淮南郡 ( わいなんぐん )に統合しました。 洛陽 ( らくよう )( 雒陽 ( らくよう ))の東1,700里に位置します。 郡治所 舒県 ( じょけん ) 特記事項• 舒県 ( じょけん )には 桐郷 ( とうきょう )があります。 尋陽県 ( じんようけん )の南には 九江 ( だいこう )があり、東に向かって合流して 大江 ( だいこう )となります。 晥県 ( かんけん )は鉄を産出します。 安豊県 ( あんほうけん )には 大別山 ( たいべつざん )があります。 会稽郡(かいけいぐん) 会稽郡 ( かいけいぐん )の場所 会稽郡 ( かいけいぐん )は 秦 ( しん )が置いたのが始まりで、もとの治所は 呉県 ( ごけん )にありましたが、 呉郡 ( ごぐん )を設置した際に 山陰県 ( さんいんけん )に移されました。 洛陽 ( らくよう )( 雒陽 ( らくよう ))の東3,800里に位置します。 郡治所 山陰県 ( さんいんけん ) 特記事項• 山陰県 ( さんいんけん )の南には 会稽山 ( かいけいざん )があり、山頂には 禹 ( う )の 塚 ( つか )があります。 浙江 ( せつこう )があります。 章安県 ( しょうあんけん )はもとの 冶 ( や )で、 閩越 ( びんえつ )族の土地です。 光武帝 ( こうぶてい )が改名しました。 永寧県 ( えいねいけん )は、 永和 ( えいわ )3年(138年)に 章安県 ( しょうあんけん )の 東甌郷 ( とうおうきょう )が県とされました。 呉郡(ごぐん) 呉郡 ( ごぐん )の場所 呉郡 ( ごぐん )は 順帝 ( じゅんてい )が 会稽郡 ( かいけいぐん )を分割して置いたのが始まりで、 洛陽 ( らくよう )( 雒陽 ( らくよう ))の東3,200里に位置します。 郡治所 呉県 ( ごけん ) 特記事項• 呉県 ( ごけん )の西には 震澤 ( しんたく )( 後 ( のち )の 具蹬澤 ( ぐとうたく ))があります。 もとは国でした。 毗陵県 ( ひりょうけん )の北には 北江 ( ほくこう )があります。 季札 ( きさつ )が住んでいたところです。 郡治所 南昌県 ( なんしょうけん ) 特記事項• 贛県 ( こうけん )には 豫章水 ( よしょうすい )( 予章水 ( よしょうすい ))があります。 南野県 ( なんやけん )には 台領山 ( だいりょうざん )があります。 鄱陽県 ( はようけん )には 鄱水 ( はすい )と 黄金采 ( おうごんさい )があります。 歴陵県 ( れきりょうけん )には 傅惋山 ( ふえんざん )があります。 彭澤県 ( ほうたくけん )の西には 彭蠡澤 ( ほうれいたく )があります。 平都侯国 ( へいとこうこく )はもとの 安平 ( あんぺい )です。 臨汝県 ( りんじょけん )は 永元 ( えいげん )8年(96年)に置かれました。 建昌県 ( けんしょうけん )は 永元 ( えいげん )16年(104年)に 海昬県 ( かいびんけん )を分割して置かれました。 スポンサーリンク 関連記事• スポンサーリンク.

次の

異型狭心症(いけい きょうしんしょう)

しゅう けい きょう ふ しょう

冠攣縮性狭心症とは、 冠動脈の一部が激しくけいれんを起こし、血流が低下するとともに 冠動脈の一部が急激に細くなってしまうので、 動脈硬化により 冠動脈が細くなった状態と一時的に同じになり、 血流が悪くなって心筋が酸素不足になってしまい、起こる狭心症のこと。 ストレスだけでもなると言われる冠攣縮性狭心症です。 冠動脈が痙攣して細くなるタイプは、安静時や朝方・夜中に症状が起き、 『冠攣縮性狭心症』 『血管攣縮性狭心症』 『異型狭心症』などと呼ばれます。 顕微鏡的な動脈硬化が原因であると言われており、 喫煙・飲酒・高コレステロール血症・ストレスや、遺伝が関係しています。 こちらも男性の方が多いですが、器質性狭心症に比べて 比較的若い方で起こります。 血管の痙攣を誘発する薬を使って、痙攣を確認することができます。 安静時狭心症の大部分は、この冠攣縮性狭心症で 一般的には、よくタバコを吸う日本人に多い病気で、男性に多い と言われています。 ですが、 私の母はタバコを吸ったことがないのに冠攣縮性狭心症に なりましたから、 タバコを吸わない人でもなる病気といえます。 どちらも、最近の食生活の欧米化や運動不足のため、 20代での発症も珍しくなくなってきました。 冠動脈が完全閉塞すると心筋梗塞へ移行し、突然死を起こす危険も。 一方、女性に多い狭心症は、『 微小血管狭心症』と呼ばれ、 細い血管の痙攣が原因と言われています。 命の危険はありませんが、入院して行われる一般的な狭心症の精密検査 (冠動脈造影など)で異常はみられず、なかなか診断してもらえません。 微小血管狭心症とは 心臓の筋肉(心筋)の中を走る細い血管が異常に収縮して 狭くなるこで起こります。 血管が狭くなってしまう原因に、深く関係しているのが、 女性ホルモンです。 女性ホルモンは、45歳〜55歳の閉経前後に急激に減少する、 いわゆる更年期と呼ばれる時期であり、 この更年期に微小血管狭心症は起こりやすいと言われています。 早い人では30歳代ではじまり、 60歳代後半になってからが多数をしめます。 この年代の女性の10〜20%が、 微小血管狭心症が原因の胸痛を経験しているとみられています。 閉経前の女性には、 男性によくみられる狭心症がほとんど起こらないのは、 エストロゲンの血管を拡張させる働きのためです。 起きやすい時間帯 なぜ血管がケイレンするのか、原因ははっきり分かっていません。 一見、異常のない動脈に強い収縮が起こっているようにみえ、 しかも、ある期間つづくとその後は治ってしまうのです。 しかし、くわしく調べると、冠動脈硬化性の病変があって、 内膜が剥がれているような状態がみつかることがあります。 このような内膜が剥がれている状態は、逆に血管を強く収縮させます。 つまり、 冠動脈硬化の初期病変があるときに 自律神経作用の微妙なアンバランスを生じることがある と冠攣縮が起こるのであろうといわれています。 結局は冠動脈硬化が原因であるとなると、 生活習慣上の注意は通常の狭心症の場合と同じであるということ。 治療薬について.

次の