モンハンワールド 傷ついたイャンガルルガ。 【MHWアイスボーン】イャンガルルガの弱点と攻略|出し方【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンハンワールド:アイスボーンで『イャンガルルガ』が登場!過去の登場作について時系列順にまとめてみた

モンハンワールド 傷ついたイャンガルルガ

今回はPS4ソフト「モンスターハンターワールド:アイスボーン」でマスターランクの『傷ついたイャンガルルガ』を出す方法を紹介します。 『傷ついたイャンガルルガ』はイャンガルルガの歴戦あつかいとなっています。 マスターランクの『傷ついたイャンガルルガ』の出し方 マスターランクの『傷ついたイャンガルルガ』がマルチ以外で最初に出現する場所は「導きの地」です。 「導きの地」は本編クリア後に行けるようになるフィールドとなっています。 「導きの地」はエリア毎にレベルがあり、レベルが高いほど強い敵が出現します。 『傷ついたイャンガルルガ』が出現するのは森林地帯のレベル6以上となっています。 (レベル6にすることができるようになるのはMR70からとなっています) まとめると ・MR70以上にする ・「導きの地」のは森林地帯のレベル6以上にする となります。 これで、ランダムで傷ついたイャンガルルガが森林地帯に出現します。 最初は???と表記されています。 また、一度でも傷ついたイャンガルルガを倒していれば、痕跡を集めて調査レポートを発見することで、傷ついたイャンガルルガの調査クエストが入手できる可能性があります。 イャンガルルガが古代樹の森に出現することや、いつの間にか入手していた調査クエストを見る限り、古代樹の森で痕跡集めをするのが良いかと思われます。

次の

【MHWアイスボーン】イャンガルルガの弱点と攻略|出し方【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンハンワールド 傷ついたイャンガルルガ

広い攻撃範囲に加えて、高威力を兼ね備えているので予兆が見えたらガルルガの下に潜り込むように回避するのがおすすめです。 不動の装衣使用時は要注意 メテオブレスは多段ヒットする性質から、不動の装衣を着用していると瀕死はおろか1撃でやられてしまう可能性が高いです。 封印とまではいきませんが、使用時には特に注意が必要です。 空中からのサマーソルトが危険 傷ついたイャンガルルガは対空状態からのサマーソルトが危険です。 急接近からのサマーソルトなど、通常種よりも高い威力を備えているので早期に尻尾を切断してしまうのも手です。 素の火力が高いので、毒を解除しなければ攻撃から即落ちの可能性もあります。 閃光弾は通常種よりも長い滞空時に有効的です。 おすすめ装備• 防具データベース• 特殊装具•

次の

【MHWアイスボーン】傷ついたイャンガルルガ弱点クエスト対策装備攻略【モンハンワールドアイスボーン(MHWI)初心者攻略Wiki】|ゲームなう!

モンハンワールド 傷ついたイャンガルルガ

「モンスターハンターワールド:アイスボーン」に関する攻略情報をお届けします。 こちらの記事もどうぞ 傷ついたイャンガルルガの基本情報 激しい争いを生き延びた歴戦のイャンガルルガ。 弱点部位• 頭>尻尾先端 頭が一番の弱点になります。 頭意外だと尻尾の先端なども攻撃が通りやすくなっています。 弱点属性• 水>龍 その他• 罠〇 怒り時落とし穴無効• 状態異常〇• 咆哮大• 風圧大• 耐震小 古龍では無いため罠が有効です。 ただし 怒り時は落とし穴が無効な点に注意しましょう。 漢方薬などで毒対策をしよう サマーソルト攻撃などを被弾すると毒状態になってしまいます。 猛毒ではないものの、そもそものサマーソルトの威力が高いため毒で削られてやられるパターンが多いです。 わざわざ毒耐性を積む必要は無いかもしれませんが、 漢方薬などを持ち込んで毒対策をするようにしましょう。 「耳栓・怯み軽減」等は積んでおくと楽 傷ついたイャンガルルガは 咆哮・風圧・怯み・震動などの行動制限が多いモンスターです。 非確定コンボもシビアなタイミングでの回避やガードを要求されるので、避けられる自信の無い人は風圧無効や耐震スキルも発動させるのがオススメです。 ガトリングブレスに注意 傷ついたイャンガルルガの 飛行中のブレスは何発も広範囲にばら撒くため、回避が難しいです。 対策の基本としては 火耐性を上げるか、避ける場合は真下に入ると被弾せずに済みます。 旋回しながらのブレスやサマーソルト・クチバシで突き刺さってくる攻撃の場合は被弾してしまうので、しっかり見極めてから真下に入るようにしましょう。 また、 不動の装衣を装備中はガトリングブレスで瞬殺されるため大変危険です。 不動の装衣をそもそも持って行かないのがオススメですが、使用する場合は細心の注意を払うようにしましょう。 閃光弾やはじけクルミを有効活用しよう 傷ついたイャンガルルガは対空時間の長いモンスターになります。 そのため特に近接では 閃光弾や、はじけクルミ2発による撃墜が有効になってきます。 サマーソルトを使った後に素早くもう一度使って来たり、軸をずらしてすぐに使用してきたりします。 また、 滑空してからは高確率でサマーソルトに派生します。 滑空しているガルルガの周囲に風圧が発生するほか、滑空行動にぶつかると怯みが発生し非常に危険です。 滑空してから一度軸をずらしたり、もう一度滑空してきたりしますがいずれも最終的にはサマーソルトに派生する場合がほとんどなので、避ける用意をしておきましょう。 既に記載した通り、スキルで滑空による怯みや風圧を無効化することでもサマーソルトの被弾率を大きく下げることができるのでオススメです。 罠を有効活用しよう 傷ついたイャンガルルガは古龍では無いため罠が有効です。 捕獲や戦闘中のシビレ罠・落とし穴は戦いやすくなるので積極的に利用していきましょう。 ただし 怒り状態中は落とし穴が無効のため注意が必要です。 終わりに 「傷ついたイャンガルルガ」はアイスボーンの中でもかなり強敵の部類です。 気を引き締めて掛かりましょう! あくまで個人的な意見ですが、近接武器では耳栓と怯み軽減はあった方が戦いやすいのと、不動は使わないこと、疲労状態をぶっ飛ばしですぐ怒りに変えないようにするなどを意識すると戦いやすく感じました。

次の