和信 ペイント 水性 ウレタン ニス。 ニスのおすすめ人気ランキング10選【水性・油性・水性ウレタンも!】

【楽天市場】和信ペイント 和信ペイント 水性 ウレタンニス 艶消しクリヤー

和信 ペイント 水性 ウレタン ニス

ニスの用途 出典: DIYで家具や木工作品の仕上げとしてはもちろん、家で使っているテーブルや食器棚・椅子などの経年の使用によって剥げてきた塗面の塗り直しにもニスは重宝します。 また、木製だけではなく、粘土細工や陶芸作品などの最終仕上げにもニスは欠かせません。 その効果は、汚れや水気・カビ・虫・腐敗といった外敵から木材を保護してくれるほか、豊富な種類のカラーもあるため木材に合わせた着色もでき、表面の艶など仕上がりの見た目にも違いが出ます。 ニスの特徴として、木目を残したまま塗装ができるので、 木目など木材ならではの風合いを楽しめるのはペンキなどの塗料にないメリットでもあります。 ニスの選び方 ニスの選び方は水性・油性などの種類から選ぶ方法と、刷毛塗りやスプレー塗装などの塗装方法で選ぶ方法もあります。 仕上がり方や使用する対象によっても選び方で変わってきますので、目的に合ったタイプを選ぶことをおすすめします。 種類で選ぶ まずは、種類で分けて選んでみましょう。 ニスの種類は、水性・水性ウレタン・油性の3種類から選ぶことになります。 それぞれの特徴を押さえて、どのニスを選ぶのが適当か見てみましょう。 木工作品には水性ニス 出典: 木工作品の仕上げなどには、水性タイプのニスが向いています。 このタイプはアクリル樹脂が主成分で、 汚れや水気といった対象への保護力はありますが、耐久性はあまりなく、表面の仕上がりが柔らかめなのでキズがつきやすく、テーブルや椅子といった家具への使用には向いていません。 低価格で手に入ることや、塗りやすく扱いが簡単なこともあり、初心者の方におすすめです。 室内家具には水性ウレタンニス 出典: テーブルや椅子などの家具に塗装するには水性ウレタンニスが適しています。 アクリルウレタン樹脂の成分が塗装後に硬い塗膜を作るので、 耐久力が高くなり、キズがつきにくくなります。 水性タイプのウレタン塗料であれば、臭いなどもないので屋内に設置する家具に向いています。 耐久性が欲しい屋内外におすすめの油性ニス(ウレタン) 出典: 油性ニスは、水性ウレタンニスよりも 耐久力が高いので屋内外両方で使用できます。 商品によっては屋内用と屋外用が存在しますので、目的に合わせて選ぶようにしましょう。 耐久力の高さと、撥水性や防腐効果・紫外線吸収剤を配合している商品を選ぶことで、玄関扉など日差しやちょっとした雨に晒される木部の塗装にも使用できます。 その反面、臭いの強さや乾燥時間が長いなど、初心者には少し扱いにくいことが難点です。 環境に配慮したセラックニス 出典: あまり聞き慣れない種類に、セラックニスというタイプのニスもあります。 このニスは、タイやインドに生息する昆虫が、植物に寄生して分泌された樹脂質を精製したものをアルコールで溶解して造られたニスです。 そのため、 食品関係のコーティングにも使用されるほど安全性の高さがあります。 また、30分~1時間程度で乾く速乾性もあり、吸い込み防止・にじみ止め効果・ヤニ止め効果なども特徴です。 仕上がり塗膜は、滑らかで硬く弾力性もあり、木質にも密着性があるます。 乾くと粘着性がないので、家具などに塗装してもベタついたりしないのもメリット。 今でも高級弦楽器に使用されるなど、その仕上がりの美しさと効果は他のニスとは違います。 塗装タイプで選ぶ 塗装方法でも、商品の種類が幾つか分かれてきます。 ここでは3種類の塗装方法から選べるタイプをそれぞれ紹介していきましょう。 刷毛・ローラー塗りタイプ 出典: 一般的に選ばれるのがこのタイプです。 缶や瓶・プラスチックなどの容器に入ったニスを、平たいお皿やパレットなどの容器に一旦使う分だけ移してから、刷毛やローラーなどで塗装します。 塗りが厚く比較的頑丈な塗面に仕上がるので、床や階段・大き目な家具などの広範囲の塗装に向いています。 塗りムラのないスプレータイプ 出典: スプレータイプのニスは気軽に簡単に使用でき、それでいて 塗りムラをつくらないで塗装できるのが特徴です。 また、作品のツヤ出しやツヤ消しなどをしたい場合にも、それぞれの商品を選ぶことで希望の仕上がりにできます。 使用する環境に注意が必要で、風が強い時に屋外で使用すると流されてしまうことや、湿度が70%以上の場所や気候などの時には木材にうまく塗料が載らないこともあるので、環境選びを心掛けましょう。 スプレー塗装する時は、一度では塗膜が薄く下の木材が透けてしまうので、2回以上で乾燥時間を設け、何度かに分けて塗装することをおすすめします。 刷り込むように塗るジェルタイプ 出典: 他のタイプと比べ、商品数も少なめで珍しいタイプとしてジェルのタイプもあります。 液状タイプと違い、垂れにくいのが特徴です。 また、布やウエスなどで木材に刷り込むようして塗装することで、均一に塗りムラなく綺麗に仕上げることができます。 ニスのおすすめ人気ランキング10選 ここからは、ニスのおすすめ商品を10商品ご紹介していきましょう。 水性・油性・塗りタイプなどからそれぞれに選んでみましたので目的に合った商品を見つけてみて下さい! 1位 和信ペイント 水性ニス 透明クリヤー 300ml メーカー:カンペハピオ 容量:300ML 種類:油性ウレタンスプレー 塗り面積:0. 5~0. 高耐久性もあり、屋外で使用する木材家具などの塗装に最適です。 スプレータイプならではの塗りやすさや仕上がりの美しさが、Amazonでも高評価でとても人気のある商品です。 おすすめの商品一覧 製品 最安値 評価 リンク 548円 4. 8 1,431円 4. 37 1,551円 4. 6 1,261円 5 845円 2 720円 4. 93 895円 5 1,041円 4. 5 673円 674円 3 塗装の仕方と注意点 出典: ここからは塗装の仕方と注意点を紹介していきます。 まず、刷毛で塗るタイプの水性ニスは、臭いも少ないので室内で塗装しても大丈夫ですが、 水性でもスプレータイプの物は、新聞紙などで養生が必要になるので、屋外での使用がおすすめです。 また、刷毛塗りタイプの水性ではないニスの場合も、なるべく屋外での作業が好ましいでしょう。 塗装前の準備として、室内の床や階段・手すりといった移動できない箇所や、食器棚やダイニングテーブルなどの大型家具を水性ウレタンや油性ウレタン系のニスで塗装する場合、周囲や塗らなくていい箇所を新聞紙やマスキングテープを張って養生する必要があります。 ニスをしっかりと木材と密着させるためには、240番~400番台のサンドペーパーでのヤスリかけが必要です。 また、既に前の塗料が塗ってある場合にも、ヤスリがけをしておくと良いでしょう。 既に塗料が塗られている上から塗装する場合は、水性なら水性を、油性なら油性をと同じ種類のニスを塗るようにしてください。 でないと相性が悪く、うまくニスが乗りません。 塗装は、刷毛の場合もスプレーの場合も 商品の推奨する乾燥時間分しっかり乾燥させてから、2回以上重ね塗りをすると塗り上がりがキレイに仕上がります。 刷毛塗りの場合は、一度目の塗装と乾燥が終わったら、再度240番以上の細かい目のサンドペーパーで研磨し、研磨粉を布で拭いてから重ね塗りをすると刷毛の塗り跡が残りません。 まとめ 今回は木材を中心に作品や家具などを塗装するニスを紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。 ペンキなどの塗料と違い、木目などの木材ならではの風合いを残したまま、ツヤや保護を施してくれるので、木目などを楽しみたい方におすすめな塗料です。 今回ご紹介した選び方を参考に、ご自身に合ったニスを見つけ、趣味のDIYや作品作りに役立ててください。

次の

水性カラーフローリング用ニス 和信ペイント ニス 【通販モノタロウ】

和信 ペイント 水性 ウレタン ニス

ニスの用途 出典: DIYで家具や木工作品の仕上げとしてはもちろん、家で使っているテーブルや食器棚・椅子などの経年の使用によって剥げてきた塗面の塗り直しにもニスは重宝します。 また、木製だけではなく、粘土細工や陶芸作品などの最終仕上げにもニスは欠かせません。 その効果は、汚れや水気・カビ・虫・腐敗といった外敵から木材を保護してくれるほか、豊富な種類のカラーもあるため木材に合わせた着色もでき、表面の艶など仕上がりの見た目にも違いが出ます。 ニスの特徴として、木目を残したまま塗装ができるので、 木目など木材ならではの風合いを楽しめるのはペンキなどの塗料にないメリットでもあります。 ニスの選び方 ニスの選び方は水性・油性などの種類から選ぶ方法と、刷毛塗りやスプレー塗装などの塗装方法で選ぶ方法もあります。 仕上がり方や使用する対象によっても選び方で変わってきますので、目的に合ったタイプを選ぶことをおすすめします。 種類で選ぶ まずは、種類で分けて選んでみましょう。 ニスの種類は、水性・水性ウレタン・油性の3種類から選ぶことになります。 それぞれの特徴を押さえて、どのニスを選ぶのが適当か見てみましょう。 木工作品には水性ニス 出典: 木工作品の仕上げなどには、水性タイプのニスが向いています。 このタイプはアクリル樹脂が主成分で、 汚れや水気といった対象への保護力はありますが、耐久性はあまりなく、表面の仕上がりが柔らかめなのでキズがつきやすく、テーブルや椅子といった家具への使用には向いていません。 低価格で手に入ることや、塗りやすく扱いが簡単なこともあり、初心者の方におすすめです。 室内家具には水性ウレタンニス 出典: テーブルや椅子などの家具に塗装するには水性ウレタンニスが適しています。 アクリルウレタン樹脂の成分が塗装後に硬い塗膜を作るので、 耐久力が高くなり、キズがつきにくくなります。 水性タイプのウレタン塗料であれば、臭いなどもないので屋内に設置する家具に向いています。 耐久性が欲しい屋内外におすすめの油性ニス(ウレタン) 出典: 油性ニスは、水性ウレタンニスよりも 耐久力が高いので屋内外両方で使用できます。 商品によっては屋内用と屋外用が存在しますので、目的に合わせて選ぶようにしましょう。 耐久力の高さと、撥水性や防腐効果・紫外線吸収剤を配合している商品を選ぶことで、玄関扉など日差しやちょっとした雨に晒される木部の塗装にも使用できます。 その反面、臭いの強さや乾燥時間が長いなど、初心者には少し扱いにくいことが難点です。 環境に配慮したセラックニス 出典: あまり聞き慣れない種類に、セラックニスというタイプのニスもあります。 このニスは、タイやインドに生息する昆虫が、植物に寄生して分泌された樹脂質を精製したものをアルコールで溶解して造られたニスです。 そのため、 食品関係のコーティングにも使用されるほど安全性の高さがあります。 また、30分~1時間程度で乾く速乾性もあり、吸い込み防止・にじみ止め効果・ヤニ止め効果なども特徴です。 仕上がり塗膜は、滑らかで硬く弾力性もあり、木質にも密着性があるます。 乾くと粘着性がないので、家具などに塗装してもベタついたりしないのもメリット。 今でも高級弦楽器に使用されるなど、その仕上がりの美しさと効果は他のニスとは違います。 塗装タイプで選ぶ 塗装方法でも、商品の種類が幾つか分かれてきます。 ここでは3種類の塗装方法から選べるタイプをそれぞれ紹介していきましょう。 刷毛・ローラー塗りタイプ 出典: 一般的に選ばれるのがこのタイプです。 缶や瓶・プラスチックなどの容器に入ったニスを、平たいお皿やパレットなどの容器に一旦使う分だけ移してから、刷毛やローラーなどで塗装します。 塗りが厚く比較的頑丈な塗面に仕上がるので、床や階段・大き目な家具などの広範囲の塗装に向いています。 塗りムラのないスプレータイプ 出典: スプレータイプのニスは気軽に簡単に使用でき、それでいて 塗りムラをつくらないで塗装できるのが特徴です。 また、作品のツヤ出しやツヤ消しなどをしたい場合にも、それぞれの商品を選ぶことで希望の仕上がりにできます。 使用する環境に注意が必要で、風が強い時に屋外で使用すると流されてしまうことや、湿度が70%以上の場所や気候などの時には木材にうまく塗料が載らないこともあるので、環境選びを心掛けましょう。 スプレー塗装する時は、一度では塗膜が薄く下の木材が透けてしまうので、2回以上で乾燥時間を設け、何度かに分けて塗装することをおすすめします。 刷り込むように塗るジェルタイプ 出典: 他のタイプと比べ、商品数も少なめで珍しいタイプとしてジェルのタイプもあります。 液状タイプと違い、垂れにくいのが特徴です。 また、布やウエスなどで木材に刷り込むようして塗装することで、均一に塗りムラなく綺麗に仕上げることができます。 ニスのおすすめ人気ランキング10選 ここからは、ニスのおすすめ商品を10商品ご紹介していきましょう。 水性・油性・塗りタイプなどからそれぞれに選んでみましたので目的に合った商品を見つけてみて下さい! 1位 和信ペイント 水性ニス 透明クリヤー 300ml メーカー:カンペハピオ 容量:300ML 種類:油性ウレタンスプレー 塗り面積:0. 5~0. 高耐久性もあり、屋外で使用する木材家具などの塗装に最適です。 スプレータイプならではの塗りやすさや仕上がりの美しさが、Amazonでも高評価でとても人気のある商品です。 おすすめの商品一覧 製品 最安値 評価 リンク 548円 4. 8 1,431円 4. 37 1,551円 4. 6 1,261円 5 845円 2 720円 4. 93 895円 5 1,041円 4. 5 673円 674円 3 塗装の仕方と注意点 出典: ここからは塗装の仕方と注意点を紹介していきます。 まず、刷毛で塗るタイプの水性ニスは、臭いも少ないので室内で塗装しても大丈夫ですが、 水性でもスプレータイプの物は、新聞紙などで養生が必要になるので、屋外での使用がおすすめです。 また、刷毛塗りタイプの水性ではないニスの場合も、なるべく屋外での作業が好ましいでしょう。 塗装前の準備として、室内の床や階段・手すりといった移動できない箇所や、食器棚やダイニングテーブルなどの大型家具を水性ウレタンや油性ウレタン系のニスで塗装する場合、周囲や塗らなくていい箇所を新聞紙やマスキングテープを張って養生する必要があります。 ニスをしっかりと木材と密着させるためには、240番~400番台のサンドペーパーでのヤスリかけが必要です。 また、既に前の塗料が塗ってある場合にも、ヤスリがけをしておくと良いでしょう。 既に塗料が塗られている上から塗装する場合は、水性なら水性を、油性なら油性をと同じ種類のニスを塗るようにしてください。 でないと相性が悪く、うまくニスが乗りません。 塗装は、刷毛の場合もスプレーの場合も 商品の推奨する乾燥時間分しっかり乾燥させてから、2回以上重ね塗りをすると塗り上がりがキレイに仕上がります。 刷毛塗りの場合は、一度目の塗装と乾燥が終わったら、再度240番以上の細かい目のサンドペーパーで研磨し、研磨粉を布で拭いてから重ね塗りをすると刷毛の塗り跡が残りません。 まとめ 今回は木材を中心に作品や家具などを塗装するニスを紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。 ペンキなどの塗料と違い、木目などの木材ならではの風合いを残したまま、ツヤや保護を施してくれるので、木目などを楽しみたい方におすすめな塗料です。 今回ご紹介した選び方を参考に、ご自身に合ったニスを見つけ、趣味のDIYや作品作りに役立ててください。

次の

ニスの選び方とおすすめ人気ランキング10選【木製家具の保護と艶出し・塗り直しにも】

和信 ペイント 水性 ウレタン ニス

ニスの種類1つ目は水性ニスです。 水性ニスはアクリル樹脂でできたニスです。 家の中で飾るものの塗装に向いています。 ちょっとした塗装や小さいものはこの水性ニスで充分でしょう。 プラスチックの塗装にも使えます。 塗るタイプのほかにスプレータイプのものがあります。 つや出しとつや消しのものがあります。 長所は水で薄まること、塗りやすいことです。 また、水性なので伸びが良くきれいに塗れます。 使ったハケも水洗いできれいになります。 短所は水に弱いものが多く、乾燥に時間がかかることです。 経年劣化があり、水がかかるものの塗装はできません。 画像はダイソーの水性ニスです。 100均で手軽に買えるので人気があります。 屋外で使うものや屋内の家具を塗装するのに向いています。 水性のものより乾燥が早く、頑丈なので塗ったあと傷がつきにくいこと、油性なので水に強いのがメリットです。 値段も安めです。 プラスチックやブリキの缶にも塗装できます。 一方、塗装する際にはシンナーが含まれるうすめ液で薄めなければならないため、換気に気を付けなくてはなりません。 うすめ液を買わなくてはならず、その文のコストと手間がかかるのも難点です。 ハケなどの用具もうすめ液で洗う必要があります。 油性なのでニスに粘度があり、水性ニスよりも塗りにくいという難点もあります。 画像は和信ペイントの油性ニスです。 他のメーカーにはアサヒペンがあります。 水性ニスと同じく100均でも取り扱いがあるので身近なニスです。 つや出しとつや消しのものがあります。 水性ウレタンニスを塗るときに必要な道具は? 下準備のための道具:四角いもの・マスク・タオル・紙やすり 水性ウレタンニスを塗る前に、下準備をしておきます。 この準備をさぼると水性ウレタンニスをきれいに塗ることができないので注意しましょう。 まず、木材にやすりがけをします。 目の荒い紙やすりからかけて、ある程度なめらかになったら目の細かいやすりに変えます。 やすりがけが終わったら濡れタオルで拭きます。 こうすると表面に残った木の粉を取り除けるので、塗るときにハケに付いて色ムラになるのを防ぐことができます。 やすりがけをしないと塗料が入っていかないのでしっかりと作業しましょう。 表面にオイルなどの付着物がある場合があります。 大事な作業です。 初めてハケを使う場合、ハケにやすりをかけておくと扱いが楽になります。 そこでとの粉の出番です。 との粉は石を粉末にしたものです。 との粉の塗り方は、水で1:1に薄めてハケで塗ります。 塗り終わったら乾かない内に布でなじませ、余分な液を拭き取ります。 との粉は重ね塗りの必要はありません。 その後乾燥させてから磨きます。 目止めをしない場合、木目が浮き出たような荒い仕上がりになります。 表面に凹みがあるため塗料を塗りにくいという難点もありますが、木目を活かしたごつごつした雰囲気も味があるものです。 必要がないならこの作業は飛ばしてもかまいません。 との粉は和信ペイントから販売されています。 との粉は赤、白、黄色の種類があります。 色は木材の色味と仕上げの色と合わせて選びましょう。 ボアーステインという着色剤と混ぜることもできるので、目止めをするならこちらも混ぜると工程がひとつ飛ぶので楽になります。 より木目の出るステイン剤なので、との粉と合わせて使うと美しい木目を活かした塗装になります。 水性ステインは木材に着色するための塗料です。 塗り方は、水で薄めてハケで塗ります。 色ムラをなくすために液をしっかりと混ぜてから塗るようにしましょう。 きれいな塗り方のポイントは木目に沿って塗ることです。 液の付けすぎには注意してください。 水性ステインは原液のままでも塗れますが、薄く塗った方が失敗が少ないので薄めましょう。 色は透明のものからあります。 色が薄い場合は重ね塗りをしましょう。 30分置いてから重ね塗りができます。 理想の色になったら乾燥させます。 水性ステインは和信ペイントでは水性オイルステインという名前で販売されています。 臭いはきつくないとされていますが、作業の際には換気をしましょう。 ここまでが下準備になります。 水性ステインの作業はきれいに色を出すためのものです。 飛ばしても問題はありませんが、できれば塗っておいた方が完成度が上がります。 塗り方は、水で薄めてハケで塗っていきます。 塗る前に試し塗りをすると色の失敗がなくなります。 塗りたくない箇所がある場合はマスキングテープを貼っておきましょう。 こちらもしっかりと液を混ぜて、木目に沿って塗ります。 この水性ウレタンニスも原液のまま塗れますが、薄めて重ね塗りをしましょう。 水性ウレタンニスの塗り方のコツは薄く塗り重ねることです。 40分ほどで乾きます。 手で触って確認すると安心です。 塗り終わったら布でなじませて乾燥させます。 重ね塗りをする前に紙やすりで削るのを繰り返すと色がきれいに出ます。 水性ウレタンニスも臭いが少ない塗料ですが、作業の際は換気をしたほうがいいでしょう。 乾燥するのも早くなります。 水性ウレタンニスは100均での取り扱いはないので、ホームセンターかネット通販で手に入れましょう。 種類も豊富にあるので、どういったものが必要なのかある程度絞ると迷わずにすみます。 ポイント2つ目は色つきのつや消しウレタンニスを使うことです。 様々な種類のものがありますが、色塗りの手間が省けるので色つきのものを選ぶと便利です。 色は木材の色のものやブラック、ホワイトなどの色味があるものまで種類があります。 画像はけやきとエボニーを重ね塗りして比較したものです。 つや消しは文字通りつやを消すための塗料です。 つやが出ないので表面はマットな感じになります。 仕上げにだけ、つや消しのものを使うという方法もあります。 その場合はつや消し透明クリアーのものを選びましょう。 いい具合に反射を抑えてくれます。 つや消しを使うとアンティーク風に落ち着いた印象になります。 また、光が反射しないので写真がきれいに写ります。 一方、つや出しのもののほうがほこりが付きにくくなります。 長所と短所を比べて用途に合ったものを選んで使いましょう。 和信ペイントの水性ウレタンニスは唯一食品衛生法をクリアしています。 テーブルなど、食べ物をこぼしたりする家具にはもってこいの塗料です。 お子さんがいる家庭でも安心ですね。 他に食器やはしの口に入るものにも塗ることができます。 和信ペイントはニスと塗料のメーカーです。 ホームセンターで取り扱いのない店舗はほぼないでしょう。 老舗だけあって種類も豊富ですし、品質も信頼できます。 これから女性や初心者向けのウッドアトリエというシリーズが販売されるそうです。 詳細は和信ペイントのホームページをご覧ください。 塗料の塗り方も載っています。 水性ウレタンニスでDIYを充実させよう! 水性ウレタンニスは使い勝手の良い塗料ですが、他の塗料を塗ったり事前の作業がとても大事です。 時間のかかる作業が多いですが、他のニスの作業と比べると手軽にできるようになりました。 水性ウレタンニスで便利にDIYを楽しみましょう!•

次の