ブリジストン タイヤ。 ブリジストンとダンロップ、違いは?(1/2)

ブリジストンB250という純正のタイヤの相当品は?

ブリジストン タイヤ

もくじ(クリック・タップで移動できます)• 「ポテンザ」シリーズに2つの新モデルが登場 ブリヂストンは、2020年2月1日から新たに「ポテンザ Adrenalin RE004」と「ポテンザ RE-71RS」の2種類を発売すると発表しました。 ポテンザ Adrenalin RE004は、優れた運動性能をもち幅広い車種に装着できるスタイリッシュなカジュアルスポーツタイヤとして、ポテンザ RE-71RSはストリートラジアル市場最速を追求したタイヤとなっています。 それぞれの特徴を詳しく紹介していきます。 ポテンザ Adrenalin RE004はこんなタイヤ 新しく登場したポテンザ Adrenalin RE004は、14インチから20インチまで、合計40サイズのラインナップを揃えたスタイリッシュなカジュアルスポーツタイヤです。 2015年から発売されていた1つ前の「Adrenaline RE003」から様々な改良が加えられており、ポテンザならではの高いグリップ力とハンドリング性能はもちろん、高い排水性を確保したほか、シリカを配合するコンパウンドによりウェット路面での安全性の確保と、耐ハイドロプレーニング性能にも配慮された設計になっています。 また「Adrenalin RE004専用コンパウンド」を採用することで従来品よりも転がり抵抗が低減されています。 ウェット面だけでなく、ドライ路面での操縦安定性能も向上しているのもポイントです。 ポテンザ Adrenalin RE004はこんな人におすすめ ポテンザ Adrenalin RE004は、セダンやスポーツカーはもちろん、ミニバンや軽自動車、コンパクトカーにも対応していますので、スポーツ志向の方におすすめです。 一般的なタイヤよりもグリップ力が強いタイヤなので、サーキットを走ったり、峠を攻めるような走り方をしなくても、カーブを曲がっているときなどのハンドリングやブレーキ操作時に路面に吸い付く感じがあり気持ちよく走ることができるタイヤになっていると思います。 ポテンザ RE-71RSはこんなタイヤ ポテンザ RE-71RSは、「Adrenaline RE004」よりもさらに高い次元で「最速へのこだわり」が詰まったタイヤです。 販売されるタイヤサイズは、13インチから19インチまで、合計63サイズのラインナップを揃えており、ブリジストンが持つモータースポーツで培ったノウハウや最新技術が詰め込まれたタイヤに仕上がっています。 今回発売するポテンザ RE-71RSは、モータースポーツ用タイヤ開発で培った技術を駆使し、路面との接地を高めるためにハイグリップポリマーを配合したトレッドゴムを採用しています。 また、ブリジストン独自技術「ULTIMAT EYE アルティメット アイ 」により、車両旋回中でも最大限接地面積を確保できるようパタンや形状も最適化されています。 最適化した「非対称パタン」や「非対称形状」により、サーキット走行で重視されるドライ路面でのグリップ力とコントロール性を高次元で両立するだけでなく、ロングライフを実現されているとのこと。 タイヤのパターンデザインはこれまで見たことがない新しいものとなっているのでサーキットでのタイムが気になるところですが、メーカーホームページによると、従来のタイヤと比べてサーキット走行時の最速ラップタイムにて2. 0%の短縮を実現し、摩耗寿命も5. 0%向上しているというデータが公開されていました。 どちらのタイヤも注目度が高い ブリジストンからのリリース文章を見ながら、ネット上の口コミもチェックしてみたのですが、発売直後なのに意外と情報量が多く、ユーザーの関心の高さが伺えました。 あと1ヶ月もすれば新しいポテンザを履いて走行した感想やタイムなども出てくると思うので、購入を待てる方であればぜひ他のレビューも参考にしながらタイヤを選んでみて頂けると良いと思います。 とはいえポテンザの人気度の高さや、タイヤに使われている高い技術力と性能は確固たるものがあるので購入して後悔することはないと思いますが、、 まとめ いかがだったでしょうか。 今回は発売されたばかりのブリヂストン ポテンザ「Adrenalin RE004」と「RE-71RS」について紹介してみました。 ポテンザの評価はかなり高いので、次回のタイヤ交換時にスポーツ志向のタイヤを検討されている方はぜひ候補に入れてみてはいかがでしょうか。

次の

ブリヂストンのオールシーズンタイヤ「NEXTRY Type S」

ブリジストン タイヤ

こんにちは ネームバリューで高くても売れるから、「BS」は 値段が強気で売っている。 「北海道で最も装着率が高いスタッドレス」というCMがあったけれど、それは完売網(店舗)が多いという時代の物でしょう。 ノーマルタイヤでも、BSのCONFORT系のタイヤの値段で、DPは、ワンランク上を狙えるという意味では、後者を選ぶでしょう。 私は「タイヤ専門」の店舗(メーカー直営ではない、あらゆる種類の中からコストパフォーマンスの良いものを在庫し、注文が有れば、一般的などこのメーカーのタイヤでも入荷できますという店)に ほぼお任せといった使い方を30年以上続けてきましたが 店長曰く「高いお金を払ってくれる人は、それは ありがたいことだから、BSは 止めはしないけど・・」 と、いうわけで、3年前からは ノーマルもスタッドレスも「TOYO」を使っています。 たとえば「今シーズンのスタッドレス」に限って言えば、ピレリと BSの新商品が良さそうですが、私の車のタイヤは、比較的大きい(215-55-17 または205-65-16が 車の指定)なので、TOYOに比べて2万円ばかり高くなってしまいます。 グリップ性能が高いタイヤは それなりに「ゴムが柔らかい」ので、寿命は短いことも考えると、コストの差は大きくなってしまいます。 「どちらが上」という質問は、単純に答えの出ない、難しい質問ですので、経験談にとどめます。 ん~・・・ 評判で言えば、BSでしょうかね スタッドレスタイヤの評判は、圧倒的にBS ノーマルタイヤだとヨコハマががんばってたりします ハイグリップタイヤだとダンロップが良いですね 総合評価で言えば、BSが上と言えるでしょう まぁ個人的な意見では、ダンロップが好みです しっかり国内で製造してるからです BSは、国内メーカーが国内販売してるにも関わらず、製造が海外です 海外製造でコストダウンしてるのに、価格は国産品と変わりません 品質も国産品と変わらないのだから、それで問題ないとも言えますが 国内メーカーにお金を払ってるのですから、やはりそのお金は国内で回って欲しいと個人的に思っているのでね まぁ本題には関係しませんが、某鳩さんが大株主ってのも気に入らない理由ではありますw A ベストアンサー ECOタイヤは ダンロップ エナセーブが一番売れていると聞きます サイズバリエーションと 価格でしょうか? 横浜 アースワンも良いと思いますが ブルーアースの方が 最新技術で タイヤ性能は少し良いかと思います。 (横浜の方が摩耗し難いと思います) 自分の考える タイヤ選び方 価格に見合った対摩耗性(長持ちするか) ウエット排水性(縦の溝の深さ、幅、本数) 静寂性 (パターン) どちらのタイヤでも 失敗は無いでしょう 個人的には 横浜を 試してみては?と思います。 カー用品店などは 利益の高い売りたい方を 良いイメージに説明しますし 個人のタイヤ屋さんも 主力取扱メーカー品を薦める傾向があり 販売員のアドバイスも当てになりません この点を加味し 店員の話は半分とし あとは ご自身の判断で 選んでOK 余談ですが BSは 販売価格が割高(ブランドバリュー) 摩耗は 早く 買い替えサイクルを 早めさせる様な設計にしか思えません 日本の技術力の悪用ですねー A ベストアンサー ついにHONDAが F1 で念願の 優勝 しましたね~。 ホンダの日本でのディーラー、ホンダカーズ では、交換タイヤにグッドイヤーを取り扱っているディーラー、多いですよね。 オプションの紹介でも、スタッドレスタイヤにブリヂストンに並んでグッドイヤーも選べますね。 honda. 4%と最大 2位はブリヂストンの18. 2% 3位はグッドイヤーの16. yahoofs. nikkeibp. たしかにブリヂストンは、現在のF1界に象徴されます通り、技術ではミシュランに次ぐ(同等)の技術を持っている会社ですが、 グッドイヤーだって決してこの2社より劣っている訳ではありません。 F1では、HONDA第1期のうちの2年間(1965・1966)はグッドイヤーでした。 F1 HONDA第2期10年間(1983~1992)全てグッドイヤーでした。 その後のF1 HONDA MUGEN 1993年から1998年まで(1997除く)全ての年でグッドイヤーでした。 (1999年からグッドイヤーはF1撤退。 F1はこの年から撤退しても、グッドイヤーは1950年代からずっとアメリカのNASCARにタイヤを供給しています。 ) 市販車用タイヤとレース用タイヤとは全くの別物と考えるかたもいるでしょう。 たしかにその通りですね。 市販車用タイヤは日本で売っている全てのモデルかは知りませんが、日本製のものはSRIグループ(住友ゴム工業)が製造したものですね。 よって、DUNLOP GOODYEAR FALKEN は同等の品質と考えてよいと思います。 rubberstation. htm) 2003年にはオーツタイヤ(株)(FALKEN)と合併 といった歴史で日本ではきています。 ひと言で言うと、「安い」だの、「性能はベストではない?」だの言うことは、グッドイヤータイヤ(製品)に対して失礼です。 といったところでしょうか。 安売りしてはいけないものが、安売りされている。 というのが現状といえます。 (つまり、安ければとてもお買い得!) たしかに、市販タイヤでブリヂストンはダントツぶっちぎった性能を持っています。 よって、自動車競技に出場でもするのでしたら、どうぞブリヂストンをとお勧めしますが、ごく普通に使う分には、わざわざ高いブリヂストンを買う必要はないともいえますよね。 私は、ブリヂストンは、スタッドレスと、ラリータイヤのPOTENZA RE480R だけは非常に信頼して好きですが、サマータイヤはブリヂストンを買う気がしませんね。 あえて避けてます。 ブリヂストンは、なんだかグリップが良すぎて私の運転スタイルに合わないのです。 (断っておきますが、私は走り屋ではありませんし、公道は安全を最も優先して考えています。 ) グリップが良すぎて、普通の市販車では車が{チャシー(chassis)が}負けてしまっている感じがするのです。 (「万が一の時にはコントロールが難しいな」といった感じ) よって、ブリヂストンが良いのか、グッドイヤーが良いのか、といったお話は、個々の好き好き(好み)の問題になってくると思います。 誰かがぜったいにこっちが良いと言ったからといって、ご質問者様も気に入るかどうかは分かりません。 一つ言える事は、グッドイヤーであれブリヂストンであれ、安全性能という点では遜色はありません。 ブリヂストンが最もグリップが良いことも事実ですが、お車のABSと相性が良いかどうかは分かりませんし…、 (一昔前のABS付き車は、なぜか異様にグリップの低いタイヤが新車装着されていますよね。 ) ブリヂストンのPlayzは、主観ですがデザインがカッコ悪いですし、REGNOは高い割にすぐにツルッパゲになりますし…。 両方とも一般にはとても良い評判のタイヤですよ。 もちろん実際に良いタイヤです。 良い(ベストな)タイヤだからこそ多少の悪口も書けるのです。 良いタイヤです。 ブリヂストンもグッドイヤーも。 ついにHONDAが F1 で念願の 優勝 しましたね~。 ホンダの日本でのディーラー、ホンダカーズ では、交換タイヤにグッドイヤーを取り扱っているディーラー、多いですよね。 オプションの紹介でも、スタッドレスタイヤにブリヂストンに並んでグッドイヤーも選べますね。 honda. A ベストアンサー 乗り心地と グリップ力は反比例するものです。 どの程度で妥協するかです パイロットプレセダPP2 ハンドル応答性とグリップに対して さほど乗り心地は悪いとは感じません こんなもんか程度で納得できるレベル。 良いタイヤです。 耐摩耗性は、ヨーロッパメーカーのタイヤは長持ちします。 逆に国産タイヤは、交換サイクルを考えた作りで 減りが早いです。 国内メーカーの言い分は、短距離走行が多く 走り出しから即 グリップ性能が出る(温まる)様に作るので 減る とか言ってます。 ヨーロッパでは 石畳やアウトバーンをかっ飛ぶので耐摩耗性は高く作っています。 実際に ヨーロッパタイヤを国内で履いても 違和感無く グリップも短距離でも問題はありません 減らないので好みです。 自動車評論家 三本和彦さんの著書でも ハンドリングを変えたければ ミシュランタイヤに履き替えろ!と記載されてます。 腰砕けなくしっかりしたタイヤです ビードワイヤーが固く はめ難いショップ泣かせなタイヤです 反面 バースト時等 リム部からビードが外れずに 出来るだけ安全に路肩へ寄せられるのです。 国産タイヤのビードワイヤーは、柔らかくはめ易い ので 外れ易いのです。 こんな理由から ミシュランは選ばれてます。 自分の最近聞いた情報では ヨーロッパ工場製が一番出来が悪いと聞いてます。 タイの工場は津波の被害で生産量が激減らしいい もう回復したかな?(タイは湿度の関係でゴム製品製造には向かないみたい) 日本国生産のパイロットプレセダPP2は 一番良いのでは? 人生で 一度は ミシュラン履いた経験した方が良いですよ。 タイヤの概念が変わるかも 乗り心地と グリップ力は反比例するものです。 どの程度で妥協するかです パイロットプレセダPP2 ハンドル応答性とグリップに対して さほど乗り心地は悪いとは感じません こんなもんか程度で納得できるレベル。 良いタイヤです。 耐摩耗性は、ヨーロッパメーカーのタイヤは長持ちします。 逆に国産タイヤは、交換サイクルを考えた作りで 減りが早いです。 国内メーカーの言い分は、短距離走行が多く 走り出しから即 グリップ性能が出る(温まる)様に作るので 減る とか言ってます。 ヨーロッ... A ベストアンサー タイヤは自動車に使用される部品の中では次のような特徴があります。 生産に多量の熱や電力を使用する。 製造工程が複雑で、人件費がかかる。 製造時間を短縮すれば、品質が安定し難い 自動車メーカー、消費者からの値下げ要求が厳しい。 使用される原材料は、世界中のタイヤメーカーで同じ 技術革新がない 一般的な使用用途では、値段の差が分かり難い こちらのURLを見て頂ければ.いかにタイヤの生産が大変か分かると思います。 yokohamatire. html 人件費やエネルギーコストの高い日本でタイヤを生産するには非常に不利です。 さらに最近は円高の影響もあります。 タイヤの性能は、使用されるゴムの組成、トレッドパターンなどにより決まりますが、 トレッドパターンなどは最近のシュミレーション技術である程度予測可能になっています。 昔のようにテストドライバーが、濡れた路面や速度を変えて試験する時間が大幅に短縮されています。 ゴムの性能ですが、確かに日本のゴム技術は世界一です。 しかし、F1等のレーシングカーでもない限り、タイヤに求められる性能は極端なものではありません。 10年、20年前の技術でも、一般の用途なら問題ないのです。 国内のタイヤメーカーのHPをみると独自技術の説明がありますが、 そのような独自技術を使っても、性能が、制動距離が数%短縮される程度でしょう。 ようは海外製品との差別化、ブランド戦略からそのような説明をしているに過ぎません。 (補足) 10年ほど前にミシュランがシリカを入れたグリーンタイヤを発売しましたが、これは革新的な技術でした。 これを除けば、タイヤの性能は20年前からそれほど進歩していません ですから、洗濯機や電子レンジ、衣料品、雑貨が国内生産からアジア製に変わって行ったように、 古い技術で生産できるもの、それ以上の技術革新が少ないもの、 人件費のかかる工業製品 価格競争の激しい商品は、今後国内で生産することは苦しいでしょう。 タイヤもその例外ではありません。 大手国産タイヤメーカーは独自技術で海外生産されたタイヤに負けないコスト削減をしているようですが、 その生産方法は極秘です。 伝え聞くところでは、性能の向上よりも生産コストの削減に焦点が当てられ、時間とエネルギーを大量に使用する従来の方法のほうが性能的には優れていると聞きます。 したがって、高級タイヤでなければ、車間距離を守った安全運転をするのなら、安いタイヤで問題ありませんよ。 タイヤは自動車に使用される部品の中では次のような特徴があります。 生産に多量の熱や電力を使用する。 製造工程が複雑で、人件費がかかる。 製造時間を短縮すれば、品質が安定し難い 自動車メーカー、消費者からの値下げ要求が厳しい。 使用される原材料は、世界中のタイヤメーカーで同じ 技術革新がない 一般的な使用用途では、値段の差が分かり難い こちらのURLを見て頂ければ.いかにタイヤの生産が大変か分かると思います。 yokohamatire. html 人... A ベストアンサー まずタイヤのサイズを確認してください。 ドアを開けたところの柱(笑)の部分あたりにステッカーが 貼ってあると思います。 実際に履いているタイヤと照らし合わせてメモでもとってください。 カー用品店などの広告チラシがあれば値段の大体の見当はつくと思います。 大手でいえばオートバックス、イエローハット、ジェームス、関東なら オートウェーブとかでしょうか。 店舗が分からなければホームページで調べれば載っています。 タイヤメーカー系列の店はタイヤ館、ミスタータイヤマン、コックピット、 タイヤランド、グランドスラムなどなど。 どちらでもタイヤ交換の設備は整っていますし、平日にいけば けっこう空いていて時間はかからないと思います。 参考URLの「あなたの街の会員」で検索できますし、 「適正表示で安心できるタイヤショップとカー洋品店の選び方」 を参考にしてください。 あと、変わったところでは出張サービスのタイヤ交換もあります。 …地域が限られますけど。 tire-net. tftc. ドアを開けたところの柱(笑)の部分あたりにステッカーが 貼ってあると思います。 実際に履いているタイヤと照らし合わせてメモでもとってください。 カー用品店などの広告チラシがあれば値段の大体の見当はつくと思います。 大手でいえばオートバックス、イエローハット、ジェームス、関東なら オートウェーブとかでしょうか。 店舗が分からなければホームページで調べれば載っています。 タイヤメーカー系列の店はタイヤ館、ミスタータイヤマン、コックピ... Q 次になんのタイヤを買おうか検討中です、スポーツタイヤにしようと思うのですがヨコハマSドライブ トーヨープロクセスT1R ピレリPゼロネロ ブリヂストンポテンザRE050です。 ブリヂストン以外の三社のタイヤは同じくらいの値段ですが、ポテンザだけ安くても一本プラス一万の値段です。 ポテンザは誰でも知ってる有名タイヤですが、高い分だけの価値(性能)はあるのでしょうか?ドライ、ウェットグリップの性能を一番重視してます、次に乗り心地や静粛性。 色んなタイヤを試してみたいのですが、タイヤは頻繁に変えるパーツでは無いので皆様の使ってみての感想が知りたいです。 上記四つの内どれか一つでも履いた事がある方、経験談を教えて下さい!ポテンザRE050について詳しく知っている方も色々教えて下さい!あと最後にブリヂストンはなんで全体的にタイヤの値段がたかいのでしょうか?ただのブランドなのでしょうか? A ベストアンサー クルマの研究で食ってる者で、専門は操縦安定性研究なのでタイヤは一応守備範囲となっています。 これは実際に色々なタイヤを装着して走行させた実験データで証明されている事であり、間違いはありません。 25年ほど前ポテンザRE71が発売されて以来、その時代時代で常に市販タイヤ中最強のグリップを持つタイヤがポテンザです。 そしてこの驚異的なグリップ(30年前のレース用スリックタイヤに匹敵するグリップレベルです)は、ウェットでの性能比較でも同様です。 別に峠やサーキットを攻めるワケでなくとも、ハイグリップタイヤは制動性能が段違いだからです。 危険回避で制動する時(後続車やバイク、歩行者、自転車などが一緒に走っている一般路では、ハンドルで回避する方法は賢明ではありません。 『まず止まれ』です)、衝突するのとギリギリで止まるのとは全く意味が違います。 故に例え1cmでも制動距離が縮まれば確実に安全サイドにつながるワケで、高価でライフが短く低燃費なハイグリップタイヤでも『保険代だと思えば安い』という事です。 (ABSが装備されているクルマでも、ハイグリップタイヤは確実に制動距離を縮めます。 ) ポテンザは、現在フツーに入手出来る『もっとも安全なタイヤの一つ』と言えるでしょう。 SNEAKER、B-Styleなどのスタンダードクラスの価格は決して高価というワケではありません。 実は・・・BSの上級クラスのタイヤの市販価格が何故高いか?というのは、我々クルマを『作る側』の者にはちょっと不思議なんですよ。 実は我々の評価でも、総合性能ではMi Pilotの方がBSポテンザより上となっていますが、それは乗心地や操舵レスポンス&リニアリティ、限界付近のコントロール性などで高得点なだけで、ポテンザよりハイグリップというワケではありません。 (Pilotは、特に高速走行時の乗心地と限界コントロール性のポイントが高いです。 ここは考えどころで、とにかくハイグリップというならBSポテンザですが、乗心地などの総合性を含めるとMi Pilotでしょうねぇ。 ・・・っというワケすが、ついでに3つばかり。 1.F1でBSワンメイクとなったのは、『たまたま』です。 MiがBSより先に撤退を表明してしまったので(BSも何度かチャンピオンを取って初期の目的を達成し、当時は撤退を視野に入れた計画を練っていた様でした)、FIAからの要請でタイヤ供給を続けている、とワタシはBSのエンジニアから伺いました。 ワタシが知る限り、F1に於いてBSがMiに完膚無きまでにタタキ潰されたのは、シューマッハが1勝しか出来なかった'05年だけです。 但し・・・あの年のインディアナポリスでのレースの予選中、Miタイヤはバンク走行での垂直荷重に耐えられない事が発覚、Miユーザはレースをキャンセルして残ったBSユーザのシューマッハが貴重な1勝を上げたワケですが、これはMiがそれほどムリな軽量化を図らなければBSに勝てなかったと言う事を示しています。 2.欧州で超高性能車を作っている自動車メーカの幾つかは、BSタイヤを標準装着しているか(フェラーリ、BMWなど)、リプレイスメントタイヤ(交換用タイヤ)として指定しています(ポルシェなど)。 欧州の自動車メーカの評価でも、BSはMiやPiなどと遜色ありません。 日本に於けるMi至上主義は根強いですが(それはまさしく信仰に近く、BSの技術者でさえ『Miにはなかなか勝てない』とこぼされる方もいらっしゃいます)、少なくとも我々の評価では、(確かにMi Pilotはスゴいタイヤですが)そんなに言うほど差は無いです。 3.全くの余談と言いますかマメ知識と言いますか。 BSの役員車には、MiではなくちゃんとBSタイヤが使われていました。 (これは実際に小平のテクニカルセンターで確認したので間違いないでしょう。 ) クルマの研究で食ってる者で、専門は操縦安定性研究なのでタイヤは一応守備範囲となっています。 これは実際に色々なタイヤを装着して走行させた実験データで証明されている事であり、間違いはありません。 25年ほど前ポテンザRE71が発売されて以来、その時代時代で常に市販タイヤ中最強のグリップを持つタイヤがポテンザです。 そしてこの驚異的なグリップ(30年前のレース用スリックタイヤ... A ベストアンサー 個人的な意見では タイヤ館>オートバックス(スーパー)>イエローハットの順かな? タイヤ館はブリジストンのタイヤに関しては、やはりプロだと思います。 価格も交渉で安く出来るんじゃ無いかな? 交換も予約すればキチンと時間通りやってくれる。 ただ予約しないと待たされる。 スーパーオートバックス(近所はこれしか無い)は設備が凄いです。 10台くらいのピットがあるので、一度にたくさん出来る。 交換代も無難。 ただ数こなしているけど、ベテランに当たらないと見てても不安なところがある。 ピットが多いので、予約しなくても店内を散策しているうちに終わる。 イエローハットはタイヤも交換も高い。 ピット数も少ないのでかなり待たされます。 (予約しても待たされた) なので、お勧めできない。 上記はあくまで私の周りの店舗で、私の主観です。 タイヤ交換は、それぞれの店舗でやった実績です。 ただし、今現在は、ディーラーに足繁く通っているので、ネットでタイヤを買って、タイヤを直接ディーラーに送ってもらい、交換だけディーラーでしてもらっています(12ヶ月点検の時とか) それが一番安いですねw 個人的な意見では タイヤ館>オートバックス(スーパー)>イエローハットの順かな? タイヤ館はブリジストンのタイヤに関しては、やはりプロだと思います。 価格も交渉で安く出来るんじゃ無いかな? 交換も予約すればキチンと時間通りやってくれる。 ただ予約しないと待たされる。 スーパーオートバックス(近所はこれしか無い)は設備が凄いです。 10台くらいのピットがあるので、一度にたくさん出来る。 交換代も無難。 ただ数こなしているけど、ベテランに当たらないと見てても不安なところがある。 ピットが...

次の

ダンロップとブリジストンってどっちが上ですか?

ブリジストン タイヤ

略称 BS 本社所在地 〒104-8340 三丁目1番1号 () 設立 (6年) 事業内容 、、 代表者 取締役代表執行役兼 代表執行役副会長 資本金 1,263億54百万円 (2018年12月31日時点) 発行済株式総数 7億6,153万6421株 (2019年12月31日時点) 売上高 連結:3兆5,256億円 (2019年12月期) 営業利益 連結:3,260億98百万円 (2019年12月期) 純利益 連結:2,925億98百万円 (2019年12月期) 純資産 連結:2兆3,442億90百万円 (2019年12月末時点) 総資産 連結:3兆9,465億5百万円 (2019年12月末時点) 従業員数 連結:143,509名 (2018年12月31日現在) 決算期 会計監査人 主要株主 10. 創業地のでは、とこの会社とで「ゴム三社」と呼ばれている。 元々は(5年)、 日本足袋株式会社(にほんたび。 現在のアサヒシューズ株式会社)のタイヤ部門として発足したのが会社の源流で、(昭和6年)に「 日本タイヤ株式会社」(にほんタイヤ)として独立分社化、その後、(昭和26年)に「 ブリヂストンタイヤ株式会社」に社名変更し、(昭和59年)に現在の社名となる。 (17年)、の社を抜き世界シェアトップとなる。 生産拠点数は25か国178拠点((平成24年)現在)。 売上高のおよそ2割はタイヤ以外の事業での売上。 同ブランドのスポーツ(やなど)用品事業と事業はグループ子会社。 化工品部門 自動車関連部品、ウレタンフォーム及びその関連用品、事務機器用精密部品、工業用資材関連用品、建築・配管関連用品、土木・海洋関連用品ほか。 関連会社の事業 [ ] 子会社で自転車事業を展開する。 1950年代にはブリヂストンサイクルでを製造したこともあったが後に撤退。 日本足袋から独立した経緯から、その後身のアサヒコーポレーション(現・アサヒシューズ)を通じて、ブリヂストンブランドのを発売している。 社名 [ ] は、のにちなみの「ブリッジ」()と「ストーン」()を合成したもの。 を直訳して、「ストーンブリッジ」ではが悪いので、逆さにして 「ブリヂストン」になったという。 また、その当時タイヤの世界的ブランドだったのような一流企業になりたいという思いも込められた。 ブリヂストンを略して「BS」と称される事が多い(1967年(昭和42年) - 1984年(昭和59年)当時のマークにBSが使われた)。 正式社名・読み方は「シ」に濁点ではなく「チ」に濁点のブリ ヂストンである(と同じ)。 ロゴとシンボルマーク [ ] キーストンマークの広告看板() シンボルマークとして、現在はアルファベットの『 B』をかたどったものが使われている。 1980年(昭和55年)に創立50周年「ブリヂストンは拡がる、世界へ、生活へ」の目標を掲げたプロジェクトの一環としての手によって手がけられたもので、1984年(昭和59年)に発表された。 2011年(平成23年)には、丸みを帯びたものに若干変更が加えられている(ロゴフォントも同様)、旧ロゴのRの文字が見やすく変更されたのが特徴。 1967年からCIが導入される1984年まで使用していたシンボルマークは、凸の中に『 BS』の文字をいれたもので、ブリヂストンはマークと称している。 現在使われているロゴは7代目。 社是 [ ] 創業者が掲げた社是の「 最高の品質で社会に貢献」は、現在も全世界のブリヂストンにおいて、企業理念の一要素である「使命」として受け継がれている。 沿革 [ ] 北九州工場()• 1930年(昭和5年) - 日本足袋株式会社(現・株式会社)タイヤ部により純国産タイヤ第1号が生まれる。 1931年(昭和6年) - 3月1日 - 日本足袋タイヤ部が独立し、に「ブリッヂストンタイヤ株式会社」設立。 1932年(昭和7年) - 商工省より優良国産品の認定受領。 米国フォード社やGM社の製品試験に合格。 東アジア等への輸出を開始。 1934年(昭和9年) - 久留米工場開設。 本格量産開始。 1935年(昭和10年) - ゴルフボールの本格量産開始。 1937年(昭和12年) - 本社を東京に移転。 Vベルト・ゴムホース製造と防振ゴム試作を開始。 1938年(昭和13年) - 横浜工場開設。 1942年(昭和17年) - 太平洋戦争激化に伴い、英語表記の社名を「日本タイヤ株式会社」に変更。 1947年(昭和22年) - 二代目石橋徳次郎保有の日本タイヤ株式と石橋正二郎保有の日本ゴム株式を交換し、資本・経営関係を分離。 1949年(昭和24年) - 販売店の登録代理店制度を発足。 「ブリッヂストン自転車株式会社」発足(1946年(昭和21年)より自転車の試作を開始)。 輸出事業強化に向けて輸出部を設置。 石橋正二郎が東京電気自動車 後のの源流 に出資。 1951年(昭和26年) - 社名を「ブリヂストンタイヤ株式会社」に変更。 社と生産・技術提携契約を締結(1979年(昭和54年)に解消)。 他社に先駆けタイヤコードのレーヨン化を開始。 東京にブリヂストンビルを竣工、「」を併設。 1951年(昭和26年) - の国産化を目的として石橋正二郎によりを設立。 1952年(昭和27年) - 横浜工場でフォームラバー生産開始。 ブリヂストン自転車にてオートバイの製造開始。 トラック・バス用タイヤ全サイズをレーヨンコード化し更に新パタンに切替え「U-LUG」と命名し発売開始、大ヒットとなる。 アジア諸国へ主張員を派遣し市場調査を開始。 石橋正二郎が会長を務める「たま自動車」が、初の乗用車「プリンス」を発売開始(同年、社名を「プリンス自動車工業」に変更)。 1953年(昭和28年) - 売上高100億円突破、業界首位に。 中近東諸国への出張員派遣を開始。 1956年(昭和31年) - 創立25周年記念式典挙行、記念事業の一環として石橋文化センターを建設し久留米市へ寄贈。 日本初のトラック用スチールタイヤ開発。 販売店の自社系列化政策を開始(販売会社化)。 戦後初の海外拠点としてシンガポール支店を設置。 1958年(昭和33年) - 欧米諸国への出張員派遣を開始。 1959年(昭和34年) - 他社に先駆けタイヤコードのナイロン化を開始。 1960年(昭和35年) - 東京工場開設。 横浜工場でウレタンフォーム生産開始。 「ブリヂストン液化ガス」(現:「」)を設立。 1961年(昭和36年) - 株式公開を実施(店頭 5月)、東京・大阪証券取引所に株式を上場(10月)。 1962年(昭和37年) - 日本初のトラック用スチールタイヤ開発。 東京工場敷地内に技術センター開設。 1963年(昭和38年) - 日本初の本格的レースであるに参戦。 1964年(昭和39年) - 日本初の乗用車用ラジアルタイヤ開発(試験開始は1957年(昭和32年))。 1965年(昭和40年) - マレーシアに戦後初の海外工場を設立。 欧州で最初の販売会社をスイスに設立。 米国インペリアル・イーストマン社と技術援助契約、「ブリヂストン・インペリアル・イーストマン」(現:「ブリヂストン・フローテック」)を設立(1981年(昭和56年)に子会社化)。 タイヤ品質保証部を設置し、品質の保証を体系化・体制の充実を図る。 1966年(昭和41年) - CMソング「」放送開始。 ブリヂストン液化ガス、三井物産と資本提携。 1967年(昭和42年) - アメリカに販売会社「ブリヂストン・アメリカ」を設立。 ブリヂストンタイヤショップ制度発足。 1968年(昭和43年) - 受賞。 社是制定。 アフリカで最初の駐在員事務所をヨハネスブルグに開設。 1968年(昭和43年) - 久留米商工会館屋上にゴム三社(月星ゴム〈現〉、日本ゴム〈現〉、そしてブリヂストンタイヤ〈現ブリヂストン〉)の回転式ネオン塔を設置。 1970年(昭和45年) - スチールコードメーカーのベルギー・ベカルト社と協同し「ブリヂストン・ベカルト・スチール・コード」社設立。 防振ゴム分野の米国クレバイト社と提携して、「ブリヂストン・クレバイト」(現:「ブリヂストンエラステック」)を設立。 第1回「ブリヂストンゴルフトーナメント」(現:「」)開催。 1971年(昭和46年) - 環境対策強化を睨み、環境管理部を設置、各種公害の軽減や資源リサイクル分野の強化を開始。 1972年(昭和47年) - の製造・テスト販売を開始。 米国クエスター社と合弁契約を締結、「ブリヂストン・スポルディング」を設立しスポーツ用品事業に本格進出。 1973年(昭和48年) - グループ3社(タイヤ・液化ガス・サイクル)提供番組「」(系)放送開始。 1976年(昭和51年) - に初参戦(但し1チームのみのスポット参戦)。 1977年(昭和52年) - に日本初のタイヤテストコース開設。 1979年(昭和54年) - 「ポテンザ」ブランド誕生。 1980年(昭和55年) - 販売情報の集約のため、全国の販売網との間にオンラインシステム「DOTシステム」を構築。 米国ユニロイヤル社を買収。 1981年(昭和56年) - 提供番組「」()放送開始。 ブリヂストン液化ガス、三井液化ガス(初代)に社名変更。 同年 - 同社のフラッグシップタイヤ「」ブランド誕生。 1982年(昭和57年) - 日本初の発売。 1983年(昭和58年) - アメリカののナッシュビル工場を買収。 1984年(昭和59年) - 社名を「株式会社ブリヂストン」に改称。 (導入)• 1986年(昭和61年) - 新タイヤ形状理論発表• 1988年(昭和63年) - アメリカのを正式に買収、子会社化。 1993年(平成5年) - スポーツ関連用品事業をに統合。 1997年(平成9年) - に本格参戦。 1998年(平成10年) - ブリヂストンの源流である株式会社が適用を申請。 ブリヂストン代表取締役は資金援助の拒絶を表明。 久留米市内の工場で同社の人員を受け入れる等の形で再建への協力を行う。 1999年(平成11年) - を子会社化。 2002年(平成14年) - 創業者の石橋正二郎が入り。 MotoGPクラスに参戦。 2003年(平成15年) - アメリカの統括子会社の社名を「ブリヂストン アメリカス ホールディング・インク」に、同様にヨーロッパの統括子会社の社名を「ブリヂストン ヨーロッパ エヌヴイ エスエー」に変更。 2003年(平成15年) - 栃木工場で大規模な火災事故が発生、操業を一時停止。 原因は工場内での中に火花が原料ゴムに着火したことによる。 2004年(平成16年) - にタイヤ事業を統括する普利司通(中国)投資有限公司を設立。 2005年(平成17年) - 日本市場向けとしては24年ぶりとなる新ブランド「Playz(プレイズ)」を発売。 2006年(平成18年) - ブリヂストン アメリカス ホールディング・インク、再生タイヤ大手バンダグ社 Bandag Inc. を買収。 石橋正二郎が入り。 戦略的事業ユニット(SBU)、グローバル経営プラットフォーム(GMP)、グローバル本社(GHO)からなる組織改革を実施。 2007年(平成19年) - リトレッド事業のリーディングカンパニー「バンダグ」社を買収、子会社化• 2008年(平成20年)5月16日 - 同業の第4位メーカーであると業務・資本を発表した。 2010年(平成22年) - 契約満了に伴い、F1へのタイヤ供給から撤退。 2011年(平成23年)3月1日 - 創業80周年を機にCI(ブリヂストンシンボル)と企業理念を変更(リファイン)し、新タグラインとして「 あなたと、つぎの景色へ(日本国外では Your Journey, Our Passion)」を制定。 2013年(平成25年)11月5日 - 東京都中央区京橋のへの本社移転に伴い、新本社での業務を開始(12月9日に移転完了)。 2014年(平成26年)6月13日 - (IOC)のTOPスポンサーになり、調印式をで行った。 主な関連会社 [ ] 国内• 国内卸売ほか• 国内チェーン 、 運営及び直営店運営• (製造・販売ほか)• (、用品製造・販売ほか)• (を始め、各種スポーツスクール、カルチャースクール)• (リトレッドタイヤの製造・販売ほか)• (リトレッドタイヤの製造・販売ほか)• (タイヤ生産設備設計・製造、工場設備保守・点検ほか)• (自動車用・産業用防振ゴムの製造)• (高圧用油空圧ホース・口金具製造)• (の製造・加工)• (の設計・製作)• (防振ゴムの製造)• (貨物運送及び倉庫業務)• (合成樹脂の成型・加工・販売、の加工・販売、寝装品販売)• (工業資材、建設資材、工業用ゴム、樹脂製品の販売及び施工)• (設備の設計・据付及びメンテナンス、、製品金型、の製造)• (金銭の貸付、債権の買取及び経理事務並びに給与計算の受託)• (システム開発・保守、インフラ構築)• (製造・販売ほか)• (タイヤ用金型の製造) 海外• (米国)• (米国) 主な工場 [ ] タイヤ工場 [ ]• 久留米工場()…1931年3月操業開始。 乗用車用、小型トラック用タイヤをはじめ、航空機用、レーシング用等の各種タイヤ、タイヤ金型を生産。 東京工場()…1960年3月操業開始。 技術センターと隣接しており、航空機用ラジアルタイヤを生産。 那須工場()…1962年3月操業開始。 乗用車用、小型トラック用、二輪車用、農業機械用、産業車両用タイヤを生産。 彦根工場()…1968年3月操業開始。 乗用車用、小型トラック用ラジアルタイヤを生産。 下関工場()…1970年6月操業開始。 建設・鉱山車両用タイヤ専門工場。 製品の大半を海外に輸出。 鳥栖工場()…1970年7月操業開始。 超偏平・高性能スポーツカー用タイヤをはじめとする乗用車用と小型トラック用ラジアルタイヤを生産。 栃木工場(那須塩原)…1971年4月操業開始。 トラック・バス用、乗用車用、小型トラック用、新交通用ラジアルタイヤ等を生産。 敷地内に廃タイヤ焼却発電設備を所有。 甘木工場()…1973年5月操業開始。 トラック・バス用、小型トラック用ラジアルタイヤ主力専門工場。 敷地内に廃タイヤ焼却設備を所有。 防府工場()…1976年10月操業開始。 乗用車用、小型トラック用ラジアルタイヤ、建設・鉱山車両用タイヤを生産。 敷地内に建設・鉱山車両用タイヤ試験センターを所有。 北九州工場()…2009年6月操業開始。 建設・鉱山車両用ラジアルタイヤ専門工場。 製品の大半を海外に輸出。 原材料工場 [ ]• 佐賀工場()…1982年3月操業開始。 スチールコードを生産。 多角化製品工場 [ ]• 横浜工場()…1938年7月操業開始。 コンベヤベルト、免震ゴム、防振ゴム等のゴム関連製品、事務機器用精密部品等を生産。 熊本工場()…1971年10月操業開始。 ゴムクローラ、高圧ホース、工業用ゴムホースを生産。 関工場()…1990年10月操業開始。 高圧ホース、プッシュロックを生産。 磐田工場()…2000年2月操業開始。 高機能フィルム(用接着封止膜ほか)、事務機器用精密部品などを生産。 生産工場は世界26か国169拠点(2017年(平成29年)4月1日現在) 主なブランド(タイヤ) [ ] 乗用車用 [ ]• (レグノ)• コンフォートタイヤのブランド。 F1タイヤ POTENZAブランド• (ポテンザ)• スポーツタイヤのフラッグシップブランド。 などでの展開が有名。 モータースポーツに於いては古くから多くの支持を得ている。 (エコピア)• 省燃費タイヤ のブランド。 当初は電気自動車用のOEM用ブランドで・などの電気自動車の新車装着から始まった。 EP001S EP100Sの後継モデルでラベリングAAA-aを達成したタイヤ。 EV-01 電気自動車「EV」専用タイヤ。 PZ-XC Playzシリーズと同じモデル名だが、Playzシリーズの後継モデルでエコピアシリーズになっている。 かつてはPZ-X、PRVモデル(ただしECOPIAシリーズで未発売の一部サイズのみPlayzシリーズとして販売継続)もあったが2016年2月に新Playzシリーズが発売されるのを機に販売終了。 EX10 EX10はBスタイルEXの後継モデルとして2010年2月に登場。 (サイズによって、パタンが異なる。 EX20シリーズ EX10の後継モデルとして2014年2月より順次発売開始。 一般車用がEX20、コンパクト車用がEX20C、ミニバン用がEX20RVの3種類の発売。 EX20RVはパタンデザインが左右非対称になっている。 NH100シリーズ 2017年2月よりEX20シリーズの後継モデルとして発売開始。 一般車用がNH100、ミニバン用がNH100 RV、コンパクトカー用がNH100 Cとなる。 NH100 RVはパタンデザインが左右非対称になっている。 MUD DUELERを装着したの。 DUELER(デューラー)• 用タイヤブランド。 HIGHWAY LUXURY(ハイウェイ・ラグジュアリー)の意。 HL850 HL683の後継モデルとして2014年2月より発売開始。 HIGHWAY PERFORMANCE(ハイウェイ・パフォーマンス)の意。 HP SPORT HP680の後継モデルとして2006年3月より発売開始。 一部サイズを残してALENA001へ移行。 AT001 AT694の後継モデルとして2017年2月より発売開始。 MT674 MT673の後継モデルとして2013年4月より発売開始。 MUD DUELER - 用の671がある。 (ネクストリー)• SNEAKERの後継に当たるエントリーブランド。 コンパクトカー用と一般車用とパタンデザインが異なる。 (プレイズ)• 運転者や同乗者のストレス軽減を主目的に開発された新しいブランド。 PZ-1 初代モデルで、2005年2月発売開始。 2代目はカテゴリー別にパタンや形状の違うモデルを設定 通常モデルをPZ-X、コンパクトカー用をPZ-C、ミニバン用をプレイズRV PRVで発売• エコピアブランドでプレイズシリーズの後継モデルが出たためミニバン用のみプレイズRV エコピア PRV-1 ecopiaとしてマイナーチェンジ、トレッドコンパウンドを省燃費ゴムに変更した。 3代目は、2016年2月より発売。 普通車用をPX、ミニバン用をPX-RV、コンパクトカー用をPX-Cが現行モデルである。 (スニーカー)• (ルフト アールブイ)• プレイズRVエコピアのパタンを使った低価格ゾーンのミニバン専用タイヤ。 (アレンザ)• DUELER HP SPORTの後継に当たるSUV用ブランド。 ALENZA001 2017年2月発売開。 (トゥランザ)• Touring Potenza ツーリング・ポテンザ から名前の由来が来ているコンフォートとパフォーマンスが売りの意。 輸入車や一部国産車、輸出用国産車の純正装着タイヤとして装着されている。 ERシリーズ 2011年頃国内販売カタログのラインナップから消滅したが、輸入車、日本国外専売車の純正装着タイヤとしては現存。 ER30、ER33、ER300、ER370が日本国外では現役モデル。 ER300とER370は左右非対称パタン。 ニュージーランドでは一部警察車両の指定装着タイヤとしてER300が装着されている。 Tシリーズ 事実上ERシリーズの後継だが併売されておりT001、T002、T005が現行モデル。 SERENITY PLUS EL64 日本国外専売。 通常のタイヤは新品装着時点で8mmの溝がある所、このタイヤは特殊技術により新品装着時点で10mm溝を実現。 ロングライフ、最低5万キロ保障なのが売り。 スタッドレスタイヤ [ ]• シリーズ(ブリザック)• ブランド。 雪国(特に・等の積雪地帯)での装着率は非常に高い。 REVO 2、REVO GZ、VRX、VRX2、DM-V1(SUV用)、DM-Z3(SUV用)が現行モデル。 ブランド。 2012年の冬から発売となる、ブリザックブランド以外のスタッドレスタイヤである。 主にブリヂストンタイヤショップやブリヂストン契約店向けの価格重視の専売商品である。 商用車用 [ ]• (ブイ・スチール) - ・・用のタイヤブランド。 (デュラビス) - ・・バス用のタイヤブランド。 (グレイテック) - トラック・バス用の超偏平高付加価値タイヤブランド。 後輪のを1本(単輪)化できる。 (エコピア) - トラック・バスの低燃費タイヤブランド。 Greatec M835A Ecopia のように、他のブランドのサブネームとしても使われる。 二輪車用 [ ]• (バトラックス) - 用タイヤの中核ブランド。 (サイロックス) - 主に用サイズのラジアルタイヤ。 (アコレイド) - クルーザー及びビンテージ車種用のバイアスタイヤ。 (ジーアンドエル) - ビンテージ型のレアサイズバイアスタイヤ。 (フープ) - 原付-大型スクーター用のバイアスタイヤ。 (スタンダード) - ビジネス車種向けのバイアスタイヤ。 (モーラス) - スクーター及びレジャーバイク用の小径バイアスタイヤ。 (トレイルウイング) - 用バイアスタイヤ。 (グリッティ) - オフロード用バイアスタイヤ。 上記TRAILWINGよりもオフロード性能に特化されている。 (エクステンザ) - ロードバイク(自転車)用のタイヤ その他 [ ]• (レジャー) - 、、、オフロードミニバイク用などの総合ブランド。 「一般公道では走行できません」と注意書きがされているものも存在する。 過去のブランド [ ]• RDシリーズ - RD10から始まったブリヂストン初のラジアルタイヤのブランド。 スチールラジアルとテキスタイルラジアルが混在した。 アクア- 上述のスーパーフィラーシリーズの中から、ウエット性能の向上を念頭に置いたコンパウンドを採用したタイヤに付けられたブランド RD209など。 現在は一部OEMを除いて廃盤 82シリーズRD108、70シリーズRD116など。 (ユーロード)- セダンスニーカーシリーズの後継。 SF215、SF226、SF229、現在はSF248の145SR10サイズのみ残存。 - ユーロードの後継。 70シリーズがSF236、65シリーズがSF215。 - ワールドロードの後継モデルでSFシリーズのスタンダードモデル、70シリーズがSF270、65シリーズがSF265。 商品のキャラクターとして「ルパン三世」がカタログやCMに使われた。 (アレフ)- SFシリーズのアッパークラスとしたブランド。 「アレフ・クエスト」のCMキャラクターとしてピンクパンサーが使われた。 - B-roadの後継モデルでドーナツ採用第1弾。 SR規格が中心で乗用車用はB70・B65・後にB80、その後HR規格のB60と2桁モデルが完成。 その後AQドーナツ構造のモデルとしてB700AQ・B650AQが発売、主にSR規格で一部サイズにHR規格があった。 ブリヂストン初のミニバン専用モデルとしてB-RVを発売開始。 その後B-RV AQと進化し、その後B'STYLEシリーズに移行。 日本国外向けではBシリーズの名で現役。 - 2001年に発売。 先に55偏平以上のロープロファイルモデルが発売となり、B60の後継サイズで60シリーズも発売。 後のB'STYLEのモデルチェンジの際にロープロサイズが設定される形で統合された。 - Bシリーズの後継モデル。 - 1980年代前半に登場したポテンザブランドより低価格なスポーティータイヤブランド。 (イーガー)- 310ターボの後継モデルと位置付けされたブランド。 GRID(グリッド)- EAGERシリーズの後継モデルと位置付けされたブランド。 (エクスペディア)- ハイパワー輸入車のOEMを主に開発したプレミアムスポーツタイヤ。 一部OEMを除いてポテンザに統合となった。 (Dコード)- パタンデザインを意識したモデル。 コンセルファが後継。 (キューテック)- 女性ドライバーの増加に伴い女性向のタイヤとして発売。 ターゲット車種が軽自動車、コンパクトカーでサイズ設定の関係上、コンパクトモデル専用タイヤとなっている。 商品キャラクターとしてがカタログなど使われた。 - WTシリーズなどスノー・スパイク・スタッドレスタイヤのブランド。 国内初のスタッドレスタイヤもこのシリーズである。 - 初代スタッドレスタイヤ専用ブランド。 ブリザックシリーズが発売され消滅。 - ブリザックより低価格でブリヂストンタイヤ契約店向けの専売モデル。 ST10. ST20. ST30とあった。 ST10はMZ02のパタン、ST20はMZ03のパタン、ST30はREVO1のパタンを使用し専用コンパウンドを使っておりREVO1のパタンでもREVO1の性能はなかった。 ER300は日本国内での市販モデルとしてカタログ掲載は2011年から消滅。 ただし輸入車用OEMモデルやランフラットタイヤ、国内新車装着用モデルとして残っている。 (ジープサービス) - オフロードに於ける走破性能に特化されたバイアスタイヤ。 末期は主に不整地を走行する用として位置づけられていたが、不整地走行を趣味とするクロスカントリー車のユーザーから根強い支持を集め続けたロングセラーブランド。 2000年代末に廃盤。 (グランドグリップ) - 「下駄山」パターンのクロスカントリー車用バイアスタイヤ。 上記ジープサービスとともにロングセラーを続けた。 (インターシティー) - 自家用ライトバンをターゲットに、RCOT採用で通常貨物車用タイヤより乗用車用モデルに近いパタンデザインにし乗り心地や走行ノイズを改善したモデル。 CT01やCT11などがあった。 T's• ブリヂストン専売店向けのロープロファイルサイズ限定のエントリーブランド。 初代T's01、2代目T's02は現行モデルでパタンはポテンザG3である。 ブリヂストン専売店向けのロープロファイル限定のエントリーブランド。 回転方向指定タイヤ。 MY01の後継であり回転方向指定パターン。 日本国外で現役。 世界展開 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年2月) 売上高の所在地別内訳は、日本国内が3割程でしかなく、6割が欧米である。 [ ] 2006年(平成18年)現在、世界シェアベースで競合の(仏)と(米)を抜き、世界第1位である。 (出典=タイヤビジネス誌)又、売上高ベースでも世界第1位である。 (出典=フォーチュン誌) [ ]。 2007年(平成19年)10月に、2008年(平成20年)からの5年間で設備投資費を1兆3千億円まで増額し、や等での生産能力を上げる事を発表したが、これにより2012年の連結売上高は4兆円の大台に達する見込みとなった。 も1988年(昭和63年)から2008年(平成20年)まで同社製タイヤのワンメイクとなっていた。 一方で下位クラスのGT300クラスにはタイヤ供給を行っていなかったが、よりに供給を開始した。 北米大陸では現在同社傘下にあるブランドでのタイヤ供給がメインで、現在(IRL)やその下位カテゴリーであるなどがファイアストンタイヤのワンメイクとなっている。 一時はIRL用のタイヤ製造の一部をブリヂストンの小平工場で行っていた時期もあった。 二輪レースでも近年急速に評価が高まったことにより、2009年(平成21年)からはのMotoGPクラスがブリヂストンのワンメイクとなっていたが、「ブランド力の向上や技術開発に一定のめどがついた」として2015年シーズンをもって撤退することを発表した。 このようにブリヂストンはモータースポーツで名声を獲得し続けたメーカーだが、近年は活動を縮小している。 F1、MotoGP、スーパーフォーミュラ、F3、ラリー向けタイヤからは撤退している。 四輪ではSUPER GTや、、全日本程度に限られており、世界選手権への供給はしていない。 二輪では(EWC)、、に供給を続けている。 F1での活躍 [ ] フォーミュラ1に関しては1980年代後半より基礎研究を重ね、当初1998年(平成10年)よりの参戦を発表したが、その後のテストの進捗が予想以上に順調であったことから、予定を1年繰り上げより参戦を開始。 総指揮は・タイヤ開発本部長のが撤退する2010年(平成22年)末まで務めた。 ので、のがを駆ってブリヂストンに初優勝をもたらした。 また、同年のでハッキネンがを、マクラーレンがをそれぞれ獲得し、ブリヂストンはを降して参戦2年目でダブル世界チャンピオンに輝いた。 1999年(平成11年)にグッドイヤーが撤退してから2年間はワンメイク供給を行ったが、2001年(平成13年)からはが参戦しての争いとなった。 2004年(平成16年)まではドライバー、コンストラクターそれぞれのタイトルをサポートできたものの、2005年(平成17年)、2006年(平成18年)はミシュラン(ともにおよび)に敗れている。 2006年(平成18年)のドイツGPにおいてF1通算100勝を達成した。 2007年(平成19年)からは、F1でのミシュラン撤退でブリヂストンのワンメイクとなる(契約上は2008年度 - 2010年度)。 2009年(平成21年)11月2日、2010年(平成22年)の公式タイヤサプライヤー契約の満了をもってF1活動からの撤退を発表、2010年(平成22年)末に正式撤退した。 F1で使用されるソフト側タイヤのライン(2008年は白、2009年は緑)は、特製によるスタッフの手書きだった。 流通 [ ] 国内で市販されているタイヤは、基本的にブリヂストン本体から、各にある販売会社がタイヤを買い、市場に供給している(但し、現在は一部地域を除き、経営統合によって全国1社化されている)。 尚、他のタイヤメーカーも同様の販売ルート体制である。 店舗ブランドとして「ブリヂストンタイヤショップ」・「」・「」・「ミスタータイヤマン」を持つ。 ブリヂストン美術館 [ ] 東京都中央区京橋にあった旧ブリヂストン本社ビル(現)には2015年までブリヂストン美術館が入っていたが、2016年からビルの建て替え工事に伴い長期休業中されていたが、アーティゾン美術館として2020年1月18日に再オープンされた。 関連人物 [ ]• ・(創業者・石橋正二郎の孫 母・が正二郎の娘)• - 元従業員。 - 元従業員。 - 元従業員。 - 元従業員。 - 社会人野球選手時代にブリヂストンタイヤ鳥栖工場野球部でプレーした。 - 元タイヤ開発本部長。 ブリヂストンのF1における総責任者。 山田宏 - 課長。 ブリヂストンのMOTOGPにおける総責任者。 - 元従業員。。 - ブリヂストン所属元プロ選手。 - ブリヂストン所属元プロテニス選手。 - スポンサー契約を結ぶ、同社のブランドアンバサダー。 脚注 [ ] []• 2010年現在の売上高ベース• 株式会社PAOS• 『業界が定めたグレーティングシステムで低燃費と安全性が一定以上のレベルを満たしたタイヤ』とブリヂストン側は説明している。 - BRIDGESTONE motorsport・2008年4月16日• 2014年5月1日. 2014年5月2日閲覧。 関連項目 [ ]• - に吸収合併されるまで、創業者・がのを務め、関係が深かった。 - 旧・時代から緊密な関係にある。 - 1956年(昭和31年)、ブリヂストンの創立25周年を記念して創業者・石橋正二郎が久留米市に寄贈して開園した総合文化施設。 - 大学の旭町御井町両学舎やの敷地の多くは石橋正二郎の発案によって彼が役員として働いていたの社宅用地の一部を寄付したものであり、石橋正二郎は学校法人のも務めた。 旭町の町名と久留米大学医学部本館の設計にその名残がうかがえる。 (東京・京橋)• - 上記の美術館を運営する。 現のがをつとめる。 - より使用されている。 作詞作曲:。 CMソングとしては珍しくに掲載された。 - 東京工場に併設されている広報館。 - タイヤ・ホイール・GTパーツ・オーディオ等を販売する全国チェーンのカー用品店。 一部の系列のナイター中継スポンサー。 - タイヤ・ホイール・オイル・バッテリー等を販売する全国チェーンのカー用品店。 - ユニフォームスポンサー。 - 大会の冠スポンサー(2013年〜)。 - 沿線スポンサー。 - 冠スポンサー。 - のが出資するのプロチーム。 現在はメインスポンサーが交代し渤海銀行となっている。 - 旧:日本ゴム、ブリヂストンの源流である。 - オフィシャルスポンサー。 - アトラクション「」のスポンサー。 - 劇場「」のスポンサー。 - が1981年4月から1989年9月に放送されたブリヂストン一社提供番組。 正式番組タイトルは『Bridgestone Sound Highway BEST HIT USA』• - 久留米工場にある職場吹奏楽団。 全日本吹奏楽コンクール全国大会の常連楽団。 過去には金賞を得ている。 - 小平工場の引込み線を改良した路線。 - 合成ゴムを中心とした化学メーカ、ブリヂストンが筆頭株主。 - 冠スポンサー。 - 冠スポンサー(2006年〜2018年)。 - 7月公開の。 と共にブリヂストンが特別協力。 - で- 24:00-24:53に放送されるの企業()の1つ。 ブリヂストンはのコーナー「地図に載らない、ウワサを探せ!ルートハンター」(オンエアは番組内24:30頃から)を担当し、番組中ではCMが流れる。 - 母体の一社に名を連ねる旧三井液化ガスは同社の石油化学部門が設立母体。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 BridgestoneBlog -• - チャンネル.

次の