リモコン照明スイッチ。 照明をリモコン化する方法!後付けでも可能?

リモコンスイッチの販売特集【通販モノタロウ】

リモコン照明スイッチ

カーポートの柱2か所に3路スイッチを取り付け、どちらからでも照明をON・OFFできるようにしました。 とても便利ですが、少し気になることが…… 夜、暗い中でバック駐車するときには車のバックランプでOKと思っていましたが、やはり照明が欲しい。 この点、センサーライトは、車が近づくとパッと明るくなり、バックするとき、明るくていいだろうなと思います。 ただ、センサーライトは、無用な時に点灯したり、タイマーで勝手に消灯するので、どうも好きになれません。 そこで、先日取り付けた照明に、リモコンを組み込んでみたらどうかと考えました。 クルマの中からも、柱のスイッチでも、自在に操作できるなんて、すこぶる贅沢で便利な照明システムになりますね。 ではどうするか… あれこれ、妄想しました。 メカニカルリモコンライティングユニット 決め手は4路スイッチ さて、リモコンをどうやって組み込めばいいんだろう… カーポートの照明は、3路スイッチの回路で、2本の柱のスイッチどちらからでもON・OFFできます。 2階建て住宅で、階段の上と下のどちらからでも灯りがON・OFFできるのと同じ仕組みですね。 2箇所ある3路スイッチの間に「4路スイッチ」を組み込めば、ON・OFFできる場所をいくつでも増やすことができます。 4路スイッチと同じ動作ができるリレーを装備したリモコン装置があれば、簡単に構想が実現できるのですが、普通のリモコン装置に組み込んであるリレーは、単純なON・OFF動作はできても、4路スイッチのような複雑な切り替え動作ができるものはなさそうです。 リレーについて調べてみると、複数組み合わせれば4路スイッチの動作も可能なようですが、組み合わせるリモコンやリレーの入手など、ハードルが高そうなので、自分でもできそうな方法を考えることにしました。 手元には、壁スイッチから取り外した古い4路スイッチがあります。 この4路スイッチはシーソー式でなく、プッシュ式で、押すごとに中の接点が切り替わるタイプです。 ならば、人の手に代わってリモコンで機械的にスイッチをプッシュできないか… そうだ、そんな装置を作ってみよう。 名付けて 「メカニカルリモコンライティングユニット」 手づくり感たっぷりのネーミングですが、片仮名が並ぶとなんかカッコいい感じですね。 でもちょっと噛みそうなので、略して「リモコンユニット」と呼びます… 部品を集めよう これを実際に作れるかどうかは、部品の入手にかかっています。 単純にプッシュ動作をする部品なんて普通にありそうな気がして、調べてみると… ありました。 電磁石の力で直線運動をする「ソレノイド」という電気部品です。 アマゾンでDC 12V 2A 0. 8Nというソレノイドを見つけました。 8N ニュートン は0. 8㎏の物を1秒間に1m動かせる力の大きさらしいので、スイッチを押すには十分そうです。 次に、電源をON・OFFできるリモコン装置を探してみると、たくさんありますね。 ソレノイドがDC12V用なので、リモコンも同じ動作電圧のものを探しました。 送信機が2個ついた中華製のリモコンが良さそうです。 価格も安く、3種類のモードでリレーを動作させることができる優れものです。 「モーメンタリ」というモードを選べば、Aボタンを押している間のみリレーがオン、離せばリレーがオフになります。 これでソレノイドを動かせば、Aボタンを押してプッシュ、離して解除という、手の指で押すのと同じ動作ですね。 英語なのでわかりにくいです… 単語を調べながら読みました。 リモコンとソレノイド、そしてこれらの電源となる12Vの直流電源もアマゾンで中華製の12V3Aのものを見つけ、購入しました• 4路スイッチ(手持ち品。 ホームセンターで買えば1,500円くらい)• ソレノイド 601円• リモコン 1,592円• 電源 559円 これで主なアイテムがそろいました。 ネットで探したら大抵のものはありますね、安くて便利なアイテムが簡単に手に入るなんて、便利な世の中です。 (もっとも、「名付けてメカニカルリモコンライティングユニット」の同等品があれば一番便利なんですが…) あとは、これらをどのように工作して「ユニット」の形にするか、です。 工作は成り行きまかせ… へたくそな板金加工 購入した部品でユニットを組むのですが、中華製ということで品質に若干の不安もあります。 万が一発火しても大丈夫な金属製のケース入れることも考えましたが、手ごろなものが見つからず、結局、アルミ板に載せるだけの簡素な形になりました。 いきなり完成品? これはまだ未完成… 工作は、大体が現物合わせといった感じで、図も書かずに取りかかりました。 まずはアルミ板の加工から。 これを金切りノコで適当な大きさにカット。 アルミなのであまり手間取りませんでしたが、真っすぐに切れてないし、へたくそですね。 細く切った方は、折り曲げて、スイッチを固定するパーツに加工するつもりです。 こんな感じです。 雑な加工ですが、見えなくなるのでかまいません。 ただ、折り曲げ具合はちょうど良く、ピッタリはまりました。 精密に寸法を測っても、おそらくそのとおりにはいかないでしょう。 DIYの経験とカンの技ですかね。 ただ、もう一回同じ様にできるかは、自信ありません…。 スイッチの改良 スイッチには、プッシュ面に1㎜幅くらいの凸が1本あって、邪魔です。 削るか周囲を盛るかですが、薄いゴムシートで盛って高さ調整をしました。 ソレノイドの頭はダイソーのレジン 購入したソレノイドは、プッシュする側は小さなナットだけです。 これだとほぼピンポイントで押すようになるので、スイッチのど真ん中に当てないと、スイッチ面が傾いて確実に押せません。 なので、平らな面で押せるようにアタマをつけることにしました。 ボタンかツマミの様なものを探しましたが、適当な大きさや形のものが見つかりません。 そこで、ダイソーのUVレジンとシリコン型で、自作を試みました。 シリコン型と位置を合わせてソレノイドを固定します。 先のナット部分が浸かるようにレジンを流し込みます。 レジンは日光でも固まるようですが、UVライトの方が強力で速いですね。 こんな感じにできあがりました。 使えそうですね。 リハーサルテスト 12V電源、4路スイッチ、ソレノイドをアルミ板の上でレイアウトして、あとは固定用のビスの穴を開け、それぞれをアルミ板に固定します。 これで冒頭の写真の姿になりました。 次は、いよいよテストをしてみます。 ACコードとリモコン、ソレノイドの配線をします。 ユニットの仕組みは、まず電源がAC100VをDC12Vに変換、リモコンユニットのリレーがソレノイドに電流を流し、ソレノイドが機械的に4路スイッチを押すという訳です。 カーポートに取り付ける前に、カーポートの照明と同じ3路スイッチの模擬回路を作って、リハーサル風のテストをしてみました。 ケーブル類を組み付けて~完成だ テストはうまくいきましたが、ユニットとしての完成度はまだまだ。 カーポート側につなぐためのケーブル類を取り付けないとカーポートに組み込めません。 4路スイッチにVVFケーブルを、電源にACケーブルとリモコンの配線ケーブルを繋ぎます。 4路スイッチに接続した2本のVVFケーブルは、カーポートの2本の柱に取り付けた3路スイッチと接続します。 黒いのは電源のACコード。 細いケーブルはリモコン受信器につながっています。 ACコードはLED投光器から切り取った廃材を利用しました。 コネクタでケーブルと繋ぐため、より線の先に棒端子をハンダ付けしています。 リモコンの送信機と受信部です。 これが 名付けて「メカニカルリモコンライティングユニット」 の完成品。 はやる気持ちで カーポートへGO! 奥さんもお気に入り 配線図にリモコンユニットを追加 リモコンユニット(リモコンで操作する4路スイッチ)を既存の照明回路に組み込むので、当初の配線図にリモコンユニットの接続を追加しました。 矢印の部分です。 漏電ブレーカーで安全に いよいよ完成したリモコンユニットをカーポートに取り付けるのですが… その前に、リモコン化とは直接関係ないですが、安全のため漏電ブレーカーを組み込むことにしました。 配線図には、電源側に漏電ブレーカーのマーク「BE」を追加しています。 雨がかからない場所に配線を通し、器具も防水仕様にしていますが、強風が吹けば雨水が下から上に吹き上げられたりして、想定外のことがあるかもしれません。 もともと、照明の工事をしたときに気になっていたことなので、この機会に取り付けることにしました。 漏電ブレーカー(パナソニックBJS1512N) これは2P2Eですが、100Vなので素子が一つの2P1Eでかまいません。 リモコンユニットを梁の中に設置して完成 梁の中の配線の接続部をかき分けて、リモコンユニットを奥に入れました。 ユニットの4路スイッチからのVVFケーブルと12V電源からのACコードを配線に接続し、作業完了です。 リモコン受信部を、梁の上に両面テープで貼り付けて、 完成です。 では早速、.

次の

壁スイッチの無い部屋でのシーリングライトについての質問です。 これまで壁スイッチの無い部屋でプルスイッチの照明(蛍光灯タイプ)を使っていました。

リモコン照明スイッチ

古い壁スイッチ交換でIoT化、照明を音声操作 以下が実際できたこと。 アレクサに「電気消して」• 交換したスマートスイッチが反応• 照明が消える(つく) リモコン操作可能な照明の赤外線をスマートリモコンに覚えさせて操作するのではなく、 壁スイッチに直接命令 するところがポイントです。 赤外線を介さないので、 スイッチにリモコンを後付けする必要はありません。 取替え前の壁スイッチはさっきも出てきたこんな感じのよくあるやつ。 何度も言いますが交換してください。 交換前は、壁に埋め込まれたこの3つのスイッチを入り切りすることで、該当した3箇所の電気をつけたり消したりしていました。 家庭でよく見る普通のスイッチです。 この壁スイッチを外してwifiスマートスイッチを取り付けました。 そしてスマホに専用アプリを入れ、 アレクサアプリ&アレクサ本体と連動させることで電気のIot化を実現、声での照明操作が可能になりました。 以下設定方法を解説しています。 スマートwifiスイッチ接続方法、本体への電源供給が必要 少し手を加えると書きましたが、 実は結構大変だったりします。 以下、我が家での実例を紹介してみます。 まず一番の問題として、 スマートスイッチ本体を動かすには別途で電源が必要なんですよね。 買ってから知りました。 スイッチ本体に電気を供給しなくてはいけないので、 電気コードをどこからか引っ張ってくる必要があります。 場合によってはかなり面倒です。 今回は スマートスイッチをとにかく稼動させてみたかったので、見た目は後回しです。 スイッチ取り付け場所の一番近くにあった 天井照明からコードを分岐させて電源を取りました。 突貫のため配線がむき出しで見た目は悪いのですが、時間がある時にでもどうにかしようと思います。 写真では白と黒のどちらも分岐させていますが、 白だけ接続すれば大丈夫だったので、のちに黒コードは外しました。 で、のちに、モールで隠したりしてどうにかしました。 天井から照明に接続されている線を一度外し、二股に分岐をかけます。 一方は再び照明へ戻し、もう一方はスマートスイッチに給電できるよう結線していきます。 壁スイッチ側ですが、埋め込みタイプのスイッチに接続されていた線を全て外して、スマートスイッチの裏側に配線しなおします。 一番右の白コードは先ほど照明から分岐させてきた電源です。 写真は黒コードの取り外し前ですが、 照明とスイッチをつなぐのは白コードのみで大丈夫です。 我が家のこのスイッチの場所ではこの結線方法でうまくいきました。 接続したら、スマートスイッチを壁に戻しましょう…あれ… 入らない。 戻らない。 既存の壁スイッチよりスマートスイッチ裏の部分が大きくて入らない… 突貫のためスイッチが斜めのままで見た目は悪いのですが、時間がある時にでもどうにかしようと思います。 で、のちに、タイガーボードみたいなの削ったり してどうにかしました。 外した埋め込みタイプスイッチの裏は、こんな感じです。 スマートスイッチ自体の器具の大きさもありますが、結線後、 既存の穴に器具をきれいに戻す作業は少し大変かも。 電気のコードって固いんですよね。 今回は 天井から分岐することで電源を確保しましたが、結構大変ですよね。 もう少しイレギュラーになりますが、もあります。 各スイッチごとの音声操作も可能 あとはアレクサアプリで各ボタンの設定をしてあげます。 アプリ側でスイッチ名を変更してあげれば、例えば 電気A、電気B、電気Cなどと名称を変更してあげると、個別に音声操作できます。 今回は3つのスイッチのものを取り付けたので、写真左側には Switch1、Switch2、Switch3、電気(全体)の項目があります。 これらを 電気A、電気B、電気Cなど、任意の名称に変更します。 電気は全てのスイッチをまとめてオンオフする場合に使えます。 しかし、名前の付け方によっては、アレクサがうまく反応しない場合があり、 名前付けに若干コツがいるようで、例えば…• 電気A• A電気• 電気1• 1電気• 照明A• A照明 など。 項目名として、 電気にするのか、 照明にするのか、 ライトにするのか。 種類として、 Aにするのか、 1にするのか。 項目名を前にするのか、 項目名を後にするのか。 これらの組み合わせで、アレクサが聞き分けてくれたり、聞き分けてくれなかったりします。 どの組み合わせが良いか実験しましたが、 面倒になり途中でやめたので残念ながら正解はわかりません。 しかし、 まったく関係のない名前をつけてしまうと全然反応しないことは判明しています。 最初、ペットの名前とかを照明にしてみたところ(コタロウって名前にした) 「コタロウというデバイスは見つかりませんでした」とアレクサに言われてしまいました。 ちなみに、スマートスイッチをオン・オフする時、スマートスイッチの 見た目からは想像しがたいアナログな音がでます。 思いっきり「カチッ」って鳴る。 ちなみに、電気工事屋さん全員がスマートスイッチについて詳しくはないようです。 電気工事にはもちろん資格がいるのですが、知り合いの工事屋さんに相談したところ、スマートスイッチの事はあまり関わったことがなかったようで、僕の依頼後、自分なりに調べて、機器の事を理解したそうです。 このことから、中古住宅のスマートスイッチ化は普及しているとは言えない状態なので、いち早く取り入れて周囲を驚かせてあげましょう。 実際の使い勝手はどうか 小さな子供がいる我が家、トイレに行ったり、洗面所に行ったりと、子供は照明のついてない暗い場所に行く事を怖がったりしますよね。 まだ、そういった場所にスマートスイッチを設置できていませんが、 照明のwifi化を進めれば音声操作で電気をコントロールできます。 暗がりに行く前に、子供自身が、声で電気をつけることができます。 僕の家の場合はアマゾンエコーを使っていますが、 僕の声でも、嫁の声でも、子供の声でもアレクサは反応してくれています。 言うても「アレクサ!」って呼ぶのって抵抗はあるんですが。 なんか恥ずかしい….

次の

壁スイッチの無い部屋でのシーリングライトについての質問です。 これまで壁スイッチの無い部屋でプルスイッチの照明(蛍光灯タイプ)を使っていました。

リモコン照明スイッチ

) ===取り付け方法=== 1. 電源スイッチ(壁スイッチ等)を必ず切ってから行ってください。 現在ご使用中の吊り下げ照明器具の引掛けシーリングを外します。 天井のソケットに受信機本体を差し込み、固定します。 受信機のソケットに照明器具の引掛けシーリングを差し込み、 固定します。 ・初めて使用する時は必ずリモコンの電池用絶縁シートを引き抜いてください。 ・リモコン操作でOFFにした時は、壁スイッチやひもスイッチでの操作は出来ません。 ・照明器具の重量は5kg以上の物を使用しないでください。 落下の危険があります。 ・照明器具は合計で300W以下(最大電流3A以下)の物をご使用ください。 ・1部屋で2個以上使用すると、1つのリモコンで2個の器具が同時に作動しますので、 1部屋で1カ所のご使用としてください。 天井スッキリ!便利な照明パーツ他にもございます! こちらの器具は、上記のタイプにお付けすることができます。 また、連絡や梱包、発送対応も丁寧で良い買い物が出来ました。 早速、使ってます。 落下の危険があります。 so-net. 手数料はご負担下さい) ・ご注文頂いたお客様には当店が営業時間内に必ずご連絡差し上げております。 楽天市場からの自動配信メールの金額は、最終お支払金額ではございません。 ・クレジットカード番号や有効期限の記載ミスや取り扱い不可などの理由により、 クレジットカードが使えない場合は楽天市場より【カード情報再確認のお願い】 メールが配信されます。 3日以内に変更がない場合は、キャンセルになります。 キャンセルされた商品は、再度ご注文して頂くことになります。 メールに記載しておりますURLをクリックし、ご自身でカード情報のご確認、 ご変更をお願い致します。 購入履歴からもご変更が可能です。 ・沖縄県、離島につきましては、別途送料がかかる場合お客様へ送料のご負担の ご連絡を差し上げております。 必ずメールのご確認をお願い致します。 ・営業時間内にメールが届かない場合は、モバイルのドメイン指定、パソコンの メールの迷惑として処理をされているなどが考えられます。 manja-bali. com ck2. so-net. jp shop. rakuten. jp を受信できるようにご変更をお願い致します。 ・代金引換、銀行振込、郵便振替などクレジットカード決済以外のお客様とメール でのご連絡が取れない場合はご注文の受付を保留させて頂いております。 トラブル防止のためご了承下さいませ。 ・商品のご用意ができ次第発送の手配をさせて頂いております。 ・発送完了後にメールでご連絡を差し上げております。 ・予告なく仕様が変更になる場合がございます。 ・モニターなどご覧頂いている機器により、 実際のお色と若干違う場合に見えることがございます。 当店は以下の理由により、梱包材にリサイクル箱や古新聞などを利用し、 商品を発送させて頂いております。 お見苦しい点もございますが、ご理解頂けると幸いです。 ・コストを削減し、よりお求めやすい価格で販売するため ・資源の有効利用 ・簡単なラッピングを無料でさせて頂いております。 ・当店はプレゼント用などの専用のお箱はございません。 ・90サイズ以上の大型商品はプレゼント包装できません。 (梱包材の上からおリボンをお付けする程度になります) ・メッセージカードはスタッフの直筆になります。 当店では姉妹店など複数のSHOPにて販売を行っております。 ご注文のタイミングによっては品切れになることがございます。 何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます。 大量注文などにつきましては、予め在庫の確認のご連絡をお願い致します。 全国一律880円 税込み *3辺の合計が170cm以内の段ボールに収まる場合、何点でも同梱可。 *171cm以上の商品については別途送料をご負担頂く場合がございます ご注文合計金額が5,500円 税込み 以上で送料無料! *ただし1ヶ口<170サイズ以下>の場合のみ。 それ以上のサイズもしくは2ヶ口以上の場合は、 送料のトータル金額が変わる場合もあります。 ・配送ご指定日 時間 はあくまでも「ご希望」での承りとなります。 何卒ご了承下さいますよう宜しくお願い申し上げます。 ・大型商品と同梱ができない場合、複数のご購入の場合は、 別途送料ご負担の連絡をさせて頂いております。 ・配送業者はお選びいただけません。 (送料の安い配送業者で発送致します) 当店で取り扱っております商品の多くは、インドネシアのバリ島・ジャワ島を はじめ、タイやインドなどの東南アジア諸国の「家内工業」製品です。 日本国内で一般的な工業規格品とは違い、小キズや色ムラ、布の織り傷・ ほつれ、サイズ・形状のバラつきなど粗雑な部分もございますが、 「手作りならではの味わい」とご理解下さい。 このような特性による返品・交換はできかねますのでご了承下さい。 商品が届きましたらすぐに開梱し破損がないかなどご確認下さい。 商品の特性上、「小傷・色ムラが ある」や「サイズが若干違う」などと いった理由での返品・交換は、基本的にお受けいたしておりません。 予めご了承いただいた上、お買い求め下さいませ。 その他の事由につきましても、返品・交換の条件や期限などを 設けさせていただいております。 お客様に当店を利用して頂く際に得た氏名・住所・電話番号・e-mailアドレスなど お取引やご連絡に必要な情報(以下「個人情報」)を個人情報保護法の趣旨の元に プライバシーポリシーに則って取り扱います。 当店が責任もって安全に保管し、 第三者に譲渡・提供することは一切ございません。 〒590-0122 大阪府堺市南区釜室88番地 TEL : 072-297-4502 (平日10:00〜18:00) アジアン雑貨/インテリア雑貨/アジアン家具/バリ雑貨/照明器具/アジアンインテリア/インテリア照明/アジアン照明/アジアンランプ/フロアランプ/天井照明/壁掛け照明/ 寝室照明/バリ照明/テーブルランプ/ブラケット/シーリングペンダント/ペンダントランプ/インドネシア製/バリ/タイ製/ベトナム製/フィリピン製/インド製/輸入品/ 通信販売/店舗/商材/レストラン/カフェ/バー/ホテル/ヴィラ/高級/リゾート/お祝い/粗品/プレゼント/贈り物/アンティーク/おしゃれ/直輸入/ GRACE NOTE/グレイスノート正規販売店 Copyright (C) 2016 Asian Lamp Cahaya. All Rights Reserved.

次の