行政書士試験範囲。 行政書士の試験科目を徹底解説! 出題範囲・配点・科目別攻略法まで

行政書士

行政書士試験範囲

行政書士の試験内容はどのようなもの? 大きく2つの分野に分けられる 行政書士の試験問題は、2つの分野に分けられており、一つ目は「行政書士の業務に関し必要な法令等(46問題)」、二つ目は「行政書士の業務に関連する一般知識等(14問題)」が出題されます。 法律全般を扱う行政書士の資格試験は、幅広い分野の範囲から出題さますが、実際に現場で通用するだけの知識を持ち合わせているかを確認するためでもあるのです。 2つの分野は、更に科目ごとに分けられています。 それぞれの科目と配点を見ていきましょう。 「行政書士の業務に関し必要な法令等(244点満点)」分野では、以下の科目に分類できます。 ・政治経済社会(28点) ・情報通信、個人情報保護(16点) ・文章理解(12点) 以上、合計300点満点になります。 それぞれの合格点数基準は、法令等科目では合計122点以上の得点、一般知識等科目では合計24点以上の得点、総合計で180点以上を獲得する必要があります。 たとえ、総合計180点を超えていても、それぞれの科目の基準点を超えていない場合、試験に合格することはできません。 出題形式や問題数などの詳細は、以下で詳しく解説していきます。 出題範囲1:行政書士の業務に関し必要な法令等(46問) 先ほども紹介したように「行政書士の業務に関し必要な法令等」分野は、46問題の合計244点満点で、それぞれ、基礎法学(8点)、憲法(28点)、行政法(112点)【行政不服審査法、行政手続法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法など】、民法(76点)、商法(20点)の以上に分類できます。 法令等科目は、試験合計点数の300満点中、244点という試験で大きな枠組みで設けられており、特に重点をおいて勉強する必要があるでしょう。 なぜなら、法令等科目は、合格に122点以上の得点が必要なため、行政法(112点)と民法(76点)が満点の場合188点、例えば、行政法と民法でそれぞれ満点の半分ずつ点数をとった場合も、合計94点は取ることができます。 行政法と民法は配点が高いです。 試験勉強では、内容の大枠やポイントがどこなのかを掴むことが大切なので、法令等問題に重点を置きつつ、更に行政法と民法を中心に勉強することで、多くの得点を得られて、法令等科目の合格点を目指せるでしょう。 ) 出題範囲2:行政書士の業務に関連する一般知識等(14問) 「行政書士の業務に関連する一般知識等」分野は、14問題の合計56点満点で、それぞれ、政治経済社会(28点)、情報通信・個人情報保護(16点)、文章理解(12点)の以上に分類できます。 一般知識等科目は、試験総合計300点の56点分で全体の約6分の1にあたり、法令等科目に比べると配点が少なくなっています。 そのため、まずは法令等科目のポイントを押さえた後に取り掛かることがおすすめです。 一般知識科目等では、それぞれの科目すべての問題形式がマークシートで、5肢択一式のみになります。 5肢択一式とは、5つの選択肢から正解を1つ選ぶ出題方法です。 行政書士として必要な知識や思考力などを問う内容になります。 ただし、一般知識等科目は、56点満点の約半分である24点以上の得点が必要なことを忘れないでください。 行政書士の業務に関し必要な法令等(46問)等の各科目について (1)基礎法学 法令等科目「基礎法学」の問題数は2問で、マークシートの5肢択一式になります。 基礎法学では、法学に関する基礎知識が求められます。 過去には、司法制度改革や日本裁判制度、判決・決定・命令の区別などが出題されました。 出題範囲が広く、内容が事前に読みづらい問題なので、対策するときは過去問を繰り返して頭に入れましょう。 どちらか1問は、簡単な問題が出る傾向が高いです。 難しい方の問題は、法律を先行にした人でも解けない問題もあるため、最悪解けなくても仕方がないと思って、他の科目でカバーする心構えが必要でしょう。 そのためにも、基礎的な知識を頭に徹底して入れておくことが大切。 基礎法学は、試験の割合では最も低い科目で、配点も低く問題数が少ないため、勉強優先順としては後にするのがおすすめです。 (2)憲法 法令等科目「憲法」の問題数は合計6問で、それぞれ、5肢択一式 (5問)と多肢選択式(1問)になります。 そのため、憲法の配点は合計28点です。 多肢選択式とは、マークシートで1~20個ずつある選択肢から、正解の4つに当てはまる選択肢を選ぶ出題方法になります。 試験内容では、人権に関するプライバシー問題、判例、統治機構などが出題されます。 試験において、受験者の正解が問題により大きく分かれる特徴があります。 配点は、行政法や民法に比べると低めですが、試験問題の最初の方に出題されるため、後の問題へのモチベーションを保つためにも勉強しておく必要があります。 6問中1問は、正解率が低く、難易度の高い問題が出る傾向があります。 そのため、初心者でも勉強すれば解きやすい、他の問題でカバーしておくことで、点数を稼げるでしょう。 (3)行政法 法令等科目「行政法」の問題数は22問で、5肢択一式、多肢選択式、記述式になります。 以上の配点で、行政法は合計112点になります。 記述式とは、問題の回答を自分で考えて記述する出題形式です。 行政法問題では、40字程度にする決まりがあります。 行政法では特に、 ・行政法総論 ・行政手続法・行政不服審査法 ・行政事件訴訟法・国家賠償法 ・地方自治法 以上の分野を中心に勉強することがおすすめです。 行政法は、法令等問題で大きな得点に繋がる科目なので、一番に取り組んで重点的に勉強してください。 行政法の配点が高い理由は、行政書士の業務内容に大きく関わる分野であり、実際に働き始めた現場で特に必要になる内容だからです。 出題範囲が広いため、ポイントを押さえるために、過去問題を数年分繰り返すことで、上記の分野問題傾向を掴めます。 法令等問題が合格点に達するかは、行政法で決まるといっても過言ではありません。 (4)民法 法令等科目「民法」の問題数は11問で、5肢択一式、記述式になります。 法令等問題が合格点に達するかは、行政法の次に大事な民法で決まると言えます。 5肢択一式については、過去問題集をできるだけ多く解き、内容の流れを理解することを意識しましょう。 記述式は、どれだけ民法への理解があるかを問われる内容になります。 そのため、対策を十分にしておきましょう。 記述式では、過去に出題された5肢択一式問題から、そのままアレンジされつつ、問題とし出題することもあります。 内容の理解も意識しながら、過去問題集を暗記することは、記述式対策にもなるでしょう。 民法では、法律改正点の問題が必ず出題されるため、この点も注意しながら対策を立てる必要があります。 配点が高い理由は、行政法の理由と同じく、行政書士として働き始めた現場で特に必要になる内容だからです。 行政法と同様に、民法は法令等問題で大きな得点に繋がる科目なので、重点的に勉強してください。 (5)商法 法令等科目「商法」の問題数は5問で、マークシートの5肢択一式になります。 商法は、条文の数が多すぎるため、初めて勉強される方に馴染みにくい分野かもしれません。 5問のうち1問は商法で、民法とどの点が違うのかを理解しながら勉強すると良いでしょう。 残り4問は会社法で、会社を設立する上での大まかな決まりごとなどを理解しておく必要があります。 特に、取締役関係の問題、株式会社の設立などに関わる問題は、過去に出題されている回数も多いので、ポイントとして押さえておくと良いです。 株式会社の設立に関わる問題がよく出るのは、覚えておくと実務で役立つことがあげられます。 基礎法学と同様に、配点が低めのため、法令等科目での勉強優先順としては後にするのがおすすめでしょう。 (6)政治経済社会 法令等科目「政治経済社会」の問題数は7問で、マークシートの5肢択一式になります。 「政治」問題では、日本の選挙制度、諸国の政治制度、行政改革。 「経済」問題では、財政問題や金融政策の基本的理解。 「社会」問題では、社会保障制度や環境問題などをテーマに出題されます。 一般知識等科目問題の中で、政治経済社会は7問あり、配点の約半分ほどを占めていますが、出題範囲が広いため、大枠を掴んだ勉強法がおすすめの分野でしょう。 政治経済社会では、細かいところまで勉強していると時間が足りなくなります。 そのため、ポイントを押さえて勉強することがおすすめです。 独学では、範囲が広すぎて重要な点を理解するのに時間がかかるため、外部の通信講座やスクールなどを上手く活用すると良いでしょう。 学生時代に使ったような教科書で基本的なことをおさらいしながら、日常生活では、新聞やニュースで社会情報に触れておくと、試験対策にも繋がります。 「行政書士の業務に関連する一般知識等」(14問題)の各科目について (1)情報通信 法令等科目「情報通信」の問題数は4問で、マークシートの5肢択一式になります。 ) 現在、外国人が在留するために必要な手続にも、ICの電子申請が可能になりました。 社会の情勢に合わせて、クライアントの個人情報を守るためにも、情報通信の知識が必要とされるため、試験問題に出題されています。 試験内容は、インターネットに関する情報や、通信技術に関わる基礎的な知識が求められる問題が出題。 法令等科目の勉強を終えてから、取り組むと良い一般知識等科目の分野と言えるでしょう。 用語を覚えておくだけで解ける問題も含まれるため、対策をしやすい出題内容が多いことが理由です。 情報通信で満点を取った場合、試験合格に必要な一般知識等科目の24点に大きく得点を近づけることができます。 (2)個人情報保護 法令等科目「個人情報保護」の問題数は4問で、マークシートの5肢択一式になります。 ) 試験内容では、個人情報保護法や行政機関個人情報保護法などの問題が出題。 特に、個人情報保護法は、大幅に改正されたこともあり、注意してみておく必要があるでしょう。 個人情報を保護するための知識は、実際に行政書士の資格を取って、クライアントを守る上でも役立ちます。 また、事務所のホームページを立ち上げる際などには、自身の個人情報も守れるのです。 情報通信に同じく、法令等科目の勉強を終えてから、取り組むと良い一般知識等科目の分野と言えるでしょう。 こちらも情報通信と同様に、対策をしやすい出題内容が多いことが理由です。 (3)文章理解 法令等科目「文章理解」の問題数は4問で、マークシートの5肢択一式になります。 対策が難しい分野になりますが、過去に出題された問題集に触れることで、問題出題と解くまでの流れが分かり、本番でも解答のイメージがしやすくなります。 問題の傾向として多く出題されているのは「並べ替え形式」「空欄補充形式」「要旨を把握する形式」の主に3分類。 並べ替え形式では、先頭や最後の文字を予測することと、接続詞の言葉に注目することが大切です。 空欄補充形式では、文章全体の枠組みを理解すること、空欄の近くにある言葉に注目すること、空欄を埋めたら文章の流れに違和感がないかを確かめることが大切になります。 要旨を把握する形式では、問題文の要約として適当なものを選ぶ問題で、文章をよく読んで意図がどこにあるか汲み取ることが大切です。 まとめ この記事では、行政書士の試験科目や配点の詳細についてご紹介してきました。 まずは、配点の高い法令等科目の行政法と民法を中心に勉強を始められることをおすすめいたします。 合格には基準点があり、法令等科目が122点以上、一般知識等科目が24点以上、合計180点以上を取る必要があります。 合計180点を超えていても、それぞれの科目で基準点を超えていないと、試験に合格することはできません。 試験では、点数に繋がる科目や重点ポイントを押さえた学習方法が大切であるといえます。 関連特集.

次の

行政書士と司法書士の試験科目

行政書士試験範囲

行政書士の試験内容はどのようなもの? 大きく2つの分野に分けられる 行政書士の試験問題は、2つの分野に分けられており、一つ目は「行政書士の業務に関し必要な法令等(46問題)」、二つ目は「行政書士の業務に関連する一般知識等(14問題)」が出題されます。 法律全般を扱う行政書士の資格試験は、幅広い分野の範囲から出題さますが、実際に現場で通用するだけの知識を持ち合わせているかを確認するためでもあるのです。 2つの分野は、更に科目ごとに分けられています。 それぞれの科目と配点を見ていきましょう。 「行政書士の業務に関し必要な法令等(244点満点)」分野では、以下の科目に分類できます。 ・政治経済社会(28点) ・情報通信、個人情報保護(16点) ・文章理解(12点) 以上、合計300点満点になります。 それぞれの合格点数基準は、法令等科目では合計122点以上の得点、一般知識等科目では合計24点以上の得点、総合計で180点以上を獲得する必要があります。 たとえ、総合計180点を超えていても、それぞれの科目の基準点を超えていない場合、試験に合格することはできません。 出題形式や問題数などの詳細は、以下で詳しく解説していきます。 出題範囲1:行政書士の業務に関し必要な法令等(46問) 先ほども紹介したように「行政書士の業務に関し必要な法令等」分野は、46問題の合計244点満点で、それぞれ、基礎法学(8点)、憲法(28点)、行政法(112点)【行政不服審査法、行政手続法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法など】、民法(76点)、商法(20点)の以上に分類できます。 法令等科目は、試験合計点数の300満点中、244点という試験で大きな枠組みで設けられており、特に重点をおいて勉強する必要があるでしょう。 なぜなら、法令等科目は、合格に122点以上の得点が必要なため、行政法(112点)と民法(76点)が満点の場合188点、例えば、行政法と民法でそれぞれ満点の半分ずつ点数をとった場合も、合計94点は取ることができます。 行政法と民法は配点が高いです。 試験勉強では、内容の大枠やポイントがどこなのかを掴むことが大切なので、法令等問題に重点を置きつつ、更に行政法と民法を中心に勉強することで、多くの得点を得られて、法令等科目の合格点を目指せるでしょう。 ) 出題範囲2:行政書士の業務に関連する一般知識等(14問) 「行政書士の業務に関連する一般知識等」分野は、14問題の合計56点満点で、それぞれ、政治経済社会(28点)、情報通信・個人情報保護(16点)、文章理解(12点)の以上に分類できます。 一般知識等科目は、試験総合計300点の56点分で全体の約6分の1にあたり、法令等科目に比べると配点が少なくなっています。 そのため、まずは法令等科目のポイントを押さえた後に取り掛かることがおすすめです。 一般知識科目等では、それぞれの科目すべての問題形式がマークシートで、5肢択一式のみになります。 5肢択一式とは、5つの選択肢から正解を1つ選ぶ出題方法です。 行政書士として必要な知識や思考力などを問う内容になります。 ただし、一般知識等科目は、56点満点の約半分である24点以上の得点が必要なことを忘れないでください。 行政書士の業務に関し必要な法令等(46問)等の各科目について (1)基礎法学 法令等科目「基礎法学」の問題数は2問で、マークシートの5肢択一式になります。 基礎法学では、法学に関する基礎知識が求められます。 過去には、司法制度改革や日本裁判制度、判決・決定・命令の区別などが出題されました。 出題範囲が広く、内容が事前に読みづらい問題なので、対策するときは過去問を繰り返して頭に入れましょう。 どちらか1問は、簡単な問題が出る傾向が高いです。 難しい方の問題は、法律を先行にした人でも解けない問題もあるため、最悪解けなくても仕方がないと思って、他の科目でカバーする心構えが必要でしょう。 そのためにも、基礎的な知識を頭に徹底して入れておくことが大切。 基礎法学は、試験の割合では最も低い科目で、配点も低く問題数が少ないため、勉強優先順としては後にするのがおすすめです。 (2)憲法 法令等科目「憲法」の問題数は合計6問で、それぞれ、5肢択一式 (5問)と多肢選択式(1問)になります。 そのため、憲法の配点は合計28点です。 多肢選択式とは、マークシートで1~20個ずつある選択肢から、正解の4つに当てはまる選択肢を選ぶ出題方法になります。 試験内容では、人権に関するプライバシー問題、判例、統治機構などが出題されます。 試験において、受験者の正解が問題により大きく分かれる特徴があります。 配点は、行政法や民法に比べると低めですが、試験問題の最初の方に出題されるため、後の問題へのモチベーションを保つためにも勉強しておく必要があります。 6問中1問は、正解率が低く、難易度の高い問題が出る傾向があります。 そのため、初心者でも勉強すれば解きやすい、他の問題でカバーしておくことで、点数を稼げるでしょう。 (3)行政法 法令等科目「行政法」の問題数は22問で、5肢択一式、多肢選択式、記述式になります。 以上の配点で、行政法は合計112点になります。 記述式とは、問題の回答を自分で考えて記述する出題形式です。 行政法問題では、40字程度にする決まりがあります。 行政法では特に、 ・行政法総論 ・行政手続法・行政不服審査法 ・行政事件訴訟法・国家賠償法 ・地方自治法 以上の分野を中心に勉強することがおすすめです。 行政法は、法令等問題で大きな得点に繋がる科目なので、一番に取り組んで重点的に勉強してください。 行政法の配点が高い理由は、行政書士の業務内容に大きく関わる分野であり、実際に働き始めた現場で特に必要になる内容だからです。 出題範囲が広いため、ポイントを押さえるために、過去問題を数年分繰り返すことで、上記の分野問題傾向を掴めます。 法令等問題が合格点に達するかは、行政法で決まるといっても過言ではありません。 (4)民法 法令等科目「民法」の問題数は11問で、5肢択一式、記述式になります。 法令等問題が合格点に達するかは、行政法の次に大事な民法で決まると言えます。 5肢択一式については、過去問題集をできるだけ多く解き、内容の流れを理解することを意識しましょう。 記述式は、どれだけ民法への理解があるかを問われる内容になります。 そのため、対策を十分にしておきましょう。 記述式では、過去に出題された5肢択一式問題から、そのままアレンジされつつ、問題とし出題することもあります。 内容の理解も意識しながら、過去問題集を暗記することは、記述式対策にもなるでしょう。 民法では、法律改正点の問題が必ず出題されるため、この点も注意しながら対策を立てる必要があります。 配点が高い理由は、行政法の理由と同じく、行政書士として働き始めた現場で特に必要になる内容だからです。 行政法と同様に、民法は法令等問題で大きな得点に繋がる科目なので、重点的に勉強してください。 (5)商法 法令等科目「商法」の問題数は5問で、マークシートの5肢択一式になります。 商法は、条文の数が多すぎるため、初めて勉強される方に馴染みにくい分野かもしれません。 5問のうち1問は商法で、民法とどの点が違うのかを理解しながら勉強すると良いでしょう。 残り4問は会社法で、会社を設立する上での大まかな決まりごとなどを理解しておく必要があります。 特に、取締役関係の問題、株式会社の設立などに関わる問題は、過去に出題されている回数も多いので、ポイントとして押さえておくと良いです。 株式会社の設立に関わる問題がよく出るのは、覚えておくと実務で役立つことがあげられます。 基礎法学と同様に、配点が低めのため、法令等科目での勉強優先順としては後にするのがおすすめでしょう。 (6)政治経済社会 法令等科目「政治経済社会」の問題数は7問で、マークシートの5肢択一式になります。 「政治」問題では、日本の選挙制度、諸国の政治制度、行政改革。 「経済」問題では、財政問題や金融政策の基本的理解。 「社会」問題では、社会保障制度や環境問題などをテーマに出題されます。 一般知識等科目問題の中で、政治経済社会は7問あり、配点の約半分ほどを占めていますが、出題範囲が広いため、大枠を掴んだ勉強法がおすすめの分野でしょう。 政治経済社会では、細かいところまで勉強していると時間が足りなくなります。 そのため、ポイントを押さえて勉強することがおすすめです。 独学では、範囲が広すぎて重要な点を理解するのに時間がかかるため、外部の通信講座やスクールなどを上手く活用すると良いでしょう。 学生時代に使ったような教科書で基本的なことをおさらいしながら、日常生活では、新聞やニュースで社会情報に触れておくと、試験対策にも繋がります。 「行政書士の業務に関連する一般知識等」(14問題)の各科目について (1)情報通信 法令等科目「情報通信」の問題数は4問で、マークシートの5肢択一式になります。 ) 現在、外国人が在留するために必要な手続にも、ICの電子申請が可能になりました。 社会の情勢に合わせて、クライアントの個人情報を守るためにも、情報通信の知識が必要とされるため、試験問題に出題されています。 試験内容は、インターネットに関する情報や、通信技術に関わる基礎的な知識が求められる問題が出題。 法令等科目の勉強を終えてから、取り組むと良い一般知識等科目の分野と言えるでしょう。 用語を覚えておくだけで解ける問題も含まれるため、対策をしやすい出題内容が多いことが理由です。 情報通信で満点を取った場合、試験合格に必要な一般知識等科目の24点に大きく得点を近づけることができます。 (2)個人情報保護 法令等科目「個人情報保護」の問題数は4問で、マークシートの5肢択一式になります。 ) 試験内容では、個人情報保護法や行政機関個人情報保護法などの問題が出題。 特に、個人情報保護法は、大幅に改正されたこともあり、注意してみておく必要があるでしょう。 個人情報を保護するための知識は、実際に行政書士の資格を取って、クライアントを守る上でも役立ちます。 また、事務所のホームページを立ち上げる際などには、自身の個人情報も守れるのです。 情報通信に同じく、法令等科目の勉強を終えてから、取り組むと良い一般知識等科目の分野と言えるでしょう。 こちらも情報通信と同様に、対策をしやすい出題内容が多いことが理由です。 (3)文章理解 法令等科目「文章理解」の問題数は4問で、マークシートの5肢択一式になります。 対策が難しい分野になりますが、過去に出題された問題集に触れることで、問題出題と解くまでの流れが分かり、本番でも解答のイメージがしやすくなります。 問題の傾向として多く出題されているのは「並べ替え形式」「空欄補充形式」「要旨を把握する形式」の主に3分類。 並べ替え形式では、先頭や最後の文字を予測することと、接続詞の言葉に注目することが大切です。 空欄補充形式では、文章全体の枠組みを理解すること、空欄の近くにある言葉に注目すること、空欄を埋めたら文章の流れに違和感がないかを確かめることが大切になります。 要旨を把握する形式では、問題文の要約として適当なものを選ぶ問題で、文章をよく読んで意図がどこにあるか汲み取ることが大切です。 まとめ この記事では、行政書士の試験科目や配点の詳細についてご紹介してきました。 まずは、配点の高い法令等科目の行政法と民法を中心に勉強を始められることをおすすめいたします。 合格には基準点があり、法令等科目が122点以上、一般知識等科目が24点以上、合計180点以上を取る必要があります。 合計180点を超えていても、それぞれの科目で基準点を超えていないと、試験に合格することはできません。 試験では、点数に繋がる科目や重点ポイントを押さえた学習方法が大切であるといえます。 関連特集.

次の

行政書士と司法書士の試験科目

行政書士試験範囲

1-1.行政書士試験と宅建試験の難易度比較 どちらの試験も法律に関する試験範囲となっています。 行政書士試験の試験範囲は、法令等の科目が5科目(憲法・民法・行政法・商法及び会社法・基礎法学)、一般知識の科目から6科目(政治・経済・社会・情報通信・個人情報保護・文章理解)となっています。 法令等と一般知識で配点が分かれており、両方の科目で60%以上の得点を取らなければ足切りが行われます。 問題形式は5肢択一式と多肢選択式、さらに記述式問題があります。 宅建試験の試験範囲は、宅建業法、民法等(民法・借地借家法・不動産登記法など)、法令上の制限(国土利用計画法・都市計画法・建築基準法・農地法など)、税・その他の科目から出題されます。 問題形式は4肢択一式問題となっています。 試験範囲や試験内容を比べてみると、宅建の方がやや法律の範囲が広そうに見えるのですが、行政書士試験の行政法と言うのは呼称に過ぎず、行政法を細かく見てみると宅建よりも多くの法令を勉強しなければいけないことがわかるでしょう。 さらに試験の問題形式ですが、 宅建試験は4肢択一式問題だけの構成となっているので行政書士試験よりも難易度的に言えば少し楽に感じるかもしれません。 行政書士試験の記述式問題は受験生の中でも得点しにくい形式となっているので、その点を考慮しても行政書士試験の方が難しいと言えるでしょう。 この2つの資格を取得して実際に役立つのは独立・開業してからになるかと思います。 どのような形で役立つかと言うと、宅建の仕事はほとんどが不動産関係の仕事となり主に不動産の売買が中心となってきます。 行政書士の仕事は幅広いですが、相続関係の仕事や離婚問題の書類作成及び相談業務などがあります。 例えば 相続問題や離婚問題の依頼を受けた時に、依頼者が土地や建物も処分したいと思っていた場合に同時に対応することができるのです。 こうした場合にダブルライセンスがとても役に立ってきます。 報酬的な観点からみると正直、不動産業の方が儲かっているケースが多いです。 そうなってくると 宅建の資格をメインで仕事を進めていく方が儲かります。 だったら行政書士の資格は必要ないのではないかと思いがちですが、不動産業を行っている人であればわかるかもしれませが行政書士に依頼することと言うのが結構あるのです。 その依頼することを自分でできるのであれば出費も抑えることができますし、逆に自分がその依頼を受けることできるのです。 行政書士も宅建も人が増えてきていて独立開業を行ったところで収入が少なくて生活するのでいっぱいいっぱいの人も結構いるようです。 難しい資格を時間を掛けて取得したにもかかわらず収入が少ないからという理由で一般企業に再就職する人もいます。 そうならないためにも仕事を受けられる幅を広げて、他の事務所や不動産業とは違うものを持っていかなければこの競争に勝ち残るのが厳しくなってきています。 そういった意味でもダブルライセンスを取得することに大きな意味はあるかと思います。 2019年度行政書士おすすめ通信講座!.

次の