ボクシングch 年収。 井上尚弥

ボクシングのプロが予想するフロイド・メイウェザー vs 那須川天心の勝敗は?

ボクシングch 年収

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年11月) 井上 尚弥 基本情報 本名 井上 尚弥 通称 The Monster 怪物 階級 身長 165. 0cm リーチ 171. 0cm 国籍 誕生日 1993-04-10 (27歳) 出身地 家族 (父) (弟) 親戚 (従兄弟) スタイル 右 プロボクシング戦績 総試合数 19 勝ち 19 KO勝ち 16 敗け 0 獲得メダル 男子 金 2011 ジャカルタ ライトフライ級 井上 尚弥(いのうえ なおや、 - )は、の。 担当トレーナーは父の。 弟は同じプロボクサーの、従兄弟に同じくプロボクサーのがいる。 二児の父親。 圧倒的な実力と完璧なボクシングスタイルから『日本ボクシング史上最強にして最高傑作』との呼び声が高い。 また階級を超えたボクサーのランキングであるにおいては現在3位。 第36代日本王者。 第33代東洋太平洋ライトフライ級王者。 元世界ライトフライ級王者。 元世界王者。 現・世界王者。 世界3階級制覇王者。 アマチュア時代には、日本ボクシング史上初めて高校生にして7つのタイトルを獲得し、プロ転向後も8戦目での2階級制覇は国内最速記録(の世界最速となるプロ7戦目に次ぐ記録)。 血液型A型。 人物 [ ] アマチュア時代は同じく元アマチュア選手の父・真吾が経営していたで練習をしていた。 プロ転向に当たり、父はプロでの実績あるジムのトレーナーに息子を預けようとしたが、尚弥本人が「父は塗装業を経営していたのに、それを捨ててまで自分たちのトレーナーに就いてくれたからもっと頑張らなきゃと思うし、親子で二人三脚でやって世界王者になる事が一番意味がある事だから他の人では駄目」と希望したことで父も専属トレーナーとして大橋ジム入りしている。 井上はプロキャリアの初期からの持つ世界王座の日本人最多防衛記録(13度)の更新を目標に掲げている。 弟のもボクサーであり、2011年にはからインターハイのピン級を制して兄弟優勝を達成 、2013年12月にプロデビュー、2018年12月にWBC世界バンタム級を獲得し兄弟世界王者となった。 従兄の もまたアマチュア選手として時代に三冠を達成し 、に在学していたが 、4年で中退し和歌山県の建設会社所属で紀の国わかやま国体成年男子の部ライトウェルター級優勝 や全日本社会人選手権優勝 を達成しアマ五冠達成の後、プロに転向した。 通常体重は60kg弱のため、ライトフライ級時代までは減量に苦しんだ影響でパワーも半減していたが、階級をスーパーフライ級に上げて以降は減量苦が和らいだ事で本来の実力を発揮できるようになり、特にパンチ力が桁外れに上昇した。 相手がガードしていても、ガードの上からパンチを叩き込んでダウンを奪う軽量級離れしたパワーを誇る。 では3階級も上の世界ランク1位のを圧倒し、さらに14オンスのグローブを使っているにも関わらず日本フェザー級5位の(青木)は井上のボディブローを右腕でブロックして骨折してしまったという。 ボクシングスタイルは非常にオーソドックスで、攻防において非常に高レベルで多彩なスキルを発揮し穴の少ない戦いをする。 豪快なKOが印象的だがディフェンス技術にも非常に優れており、後述のようにドネア戦までプロアマ通じてクリーンヒットを貰うことがなかった。 プロ転向と同時に大橋ジムの大橋秀行会長によって付けられた「怪物(モンスター)」という異名について、当初はその爽やかなルックスもあってあまり似合わないという声が周囲からも多かった。 井上本人は2015年のでのとの対談にて、「正直あまり気に入ってなかったのでライトフライ級世界王座の初防衛戦の時、リングアナウンサーに『モンスターとは呼ばないでほしい』と頼もうとしたんですけど、大橋会長に『俺が気に入ってるからいいんだ』って言われてしまって、そのままになってます(笑)」と語っている。 また、減量苦から解放されて桁外れのパンチ力で豪快なKOを連発するようになったスーパーフライ級転向以降は「まさに怪物だ」と評され、ニックネームも定着している。 井上は強靭な体力とパンチ力があることから、プロ・アマ通じて一度もダウンを奪われた事がない。 それに加え、流血した経験も18戦目までは一度もなかったが、2019年11月7日のWBSS決勝試合の戦(19戦目)では2R左フックをもらい、右瞼をカットし、鼻血を出した上、右眼窩(がんか)底と鼻の右下の2か所を骨折する重傷を負った。 これに関して井上本人は、その後「ドネアが二人に見えていた」と語っている。 この試合は激闘の末、井上の3-0判定勝ちとなっている(井上は19戦全勝16KOであり、判定は3回しか経験がない)。 ロンドンオリンピック金メダリストのとは、国際大会や強化合宿で一緒に練習し、宿舎で同部屋だったこともあり、弟のように可愛がられていた。 また、秀でた才能と真面目な人柄はアマチュア時代、他の選手からも愛され、井上のプロデビュー戦には、、、といった選手の他に 、プロとの関係が正常化された日本アマチュアボクシング連盟(元・)会長のをはじめとする関係者らも来場した。 2015年12月1日に、相模原青陵高校にて同級生だった女性と7年の交際期間を経て結婚し 、2017年10月5日に長男が誕生 、2019年12月9日には長女が誕生した。 入場曲は佐藤直紀作曲で、ドラマ『』のテーマ曲である「Departure」を使用している。 かつてはの「FREEDOM」(サマートレック・ゴーキャットジム戦まで)、の『BIGBANG』(オマール・ナルバエス戦)を使用していた。 ノニト・ドネア戦では作曲の「」を布袋がアレンジした「バトル・オブ・モンスター」を使用した 来歴 [ ] アマチュアキャリア [ ] 小学校1年で父の下でボクシングを始める。 初の試合出場は6年生の時で、全国大会で中学2年生の相手に勝ちを収めた。 中学校3年のときに行われた第1回で優秀選手賞を受賞。 新磯高校(現・)1年で・・の三冠を達成し、アジアユース選手権で銅メダルを獲得。 2年時にはでベスト16入りし 、インターハイはベスト8に終わるものの、国体を連覇。 また、初出場のでは決勝で林田太郎に敗れ準優勝。 同階級だった()との対戦成績は4戦全勝。 3年時にはで初の国際大会金メダルを獲得。 さらに出場を果たし、で3回戦まで進むが、キューバの選手に12-15の判定負けを喫しベスト16。 国内ではインターハイに加え、全日本選手権で初優勝するとともに技能賞を獲得。 高校生初のアマチュア7冠を達成した。 2009年のトキめき新潟国体ではライトフライ級に出場し、準決勝で寺地拳四朗を破っている。 2012年に予選会を兼ねたに出場し、ライトフライ級で決勝まで進むが、過去にで銅メダリストとなっている地元カザフスタンのビルジャン・ジャキポフに11-16の判定負けを喫して銀メダルにとどまり、目標としていたロンドンオリンピック出場を逸した。 プロキャリア [ ] 、に入門。 ジムとの契約書には井上自身の希望で「強い選手と戦う。 弱い選手とは戦わない」との条件が付帯された。 7月2日に開かれたプロ転向・大橋ジム入りの発表会見では()が持つ世界王座最短奪取記録の更新を宣言した。 プロテストはでを受験。 実技試験はの興行内で公開され 、日本王者(川崎新田)相手に左右の連打でコーナーに追い詰めるなど、実力を示して合格を果たした。 プロデビュー戦は、10月2日に後楽園ホールにて東洋太平洋7位にランクされているクリソン・オマヤオ()と49キロ契約8回戦で対戦。 A級でのデビューは1987年の以来25年ぶり7人目で10代は初。 また、この試合は深夜録画ながらの地上波「」で中継された。 試合は1回に右ボディーブローでダウンを奪い、4回に左ボディーブローを打ち込んでマットに沈め4回2分4秒KOで勝利。 10代では初の8回戦デビューを白星で飾り、プロ転向からわずか3か月でOPBF東洋太平洋ライトフライ級10位にランクインし 、日本ライトフライ級6位にもランクされた。 1月5日、後楽園ホールにて前世界王者(大橋)の再起戦を前座に差し置き、メインイベントでタイライトフライ級王者ガオプラチャン・チュワタナ()と50キロ契約8回戦で対戦。 当初陣営は、世界ランカーとの対戦を計画し3選手と交渉し1選手とは契約寸前までいったが、相手側の交渉人が井上のデビュー戦の動画を見てキャンセルしてきたという。 また、この試合はTBSによってデビュー2戦目としては異例の夕方に地上波生中継された。 試合はガオプラチャンの右の打ち終わりに合わせたシャープな左フックで相手をキャンバスに沈め、1回1分50秒KOで下した。 この試合で、デビュー戦以来2試合連続となる月間最優秀選手賞をから受けた。 2013年4月16日、後楽園ホールにて日本ライトフライ級1位の佐野友樹()とノンタイトル10回戦で対戦。 この試合は(・ )で生中継され、同局では21年ぶりのでのボクシング中継となった。 試合は1回に左フックで相手の右目尻をカットさせると、2回に左ボディブローのフェイントから左フックでダウンを奪うが、3回に打った右ストレートが佐野の頭部に当たった際に右拳を負傷。 以降は右のパンチを打てず、左手一本での戦いを余儀なくされたが、それでも4回に左フックからの連打でダウンを奪い、10回1分9秒TKO勝ちで下した。 この勝利で日本ライトフライ級1位にランクされた。 5月19日の「」イベントのトークショーに(山上)らとともに参加。 日本王座獲得 [ ] 2013年8月25日、にて日本ライトフライ級王者の()と対戦。 試合は3-0(97-94、98-93、98-92)の判定勝ちで、以来23年ぶりに国内最短タイ記録となる4戦目での日本王座を獲得した。 この勝利でOPBF東洋太平洋ライトフライ級1位にランクインし 、世界ライトフライ級5位 、世界ライトフライ級10位 、世界ライトフライ級15位 にもランクされた。 また、田口からは『』誌のランクも奪い、この試合後には同誌の定めるライトフライ級ランキングにも初登場した。 2013年10月18日付で日本ライトフライ級王座を返上。 3日後の10月21日、八重樫東と3分2回のエキシビションマッチを披露した。 東洋太平洋王座獲得 [ ] 2013年12月6日、にて(ワタナベ)の王座返上に伴い行われた東洋太平洋王座決定戦で、OPBF東洋太平洋ライトフライ級2位のヘルソン・マンシオ(フィリピン)と対戦。 試合は2回に連打でダウンを奪うなど有利に進め、5回2分51秒TKO勝ちで八重樫東らと並ぶ当時の国内男子最短タイ記録となるデビュー5戦目(2014年にに更新される。 女子を含めた記録は当時はらの4戦だが、2014年が3戦に更新)でOPBF王座を獲得した。 2月28日、世界タイトル挑戦のためOPBF王座を返上。 6戦目での世界王座獲得 [ ] 2014年4月6日、にてWBC世界ライトフライ級王者()に挑戦。 井上の大橋ジムの先輩である、大橋ジム会長の、そして大橋が現役時代に所属していた会長のと大橋ジム系3世代に渡って日本人男子世界王座獲得最短記録更新に失敗しており、4世代目となる井上による悲願達成が期待されての挑戦となった。 試合の3週間前にインフルエンザにかかるなど、体調は万全に程遠かったが、試合開始早々からスピードと手数で一方的に圧倒し、4回終了時の公開採点でもジャッジ3者とも40-36のフルマークでリードしていたが、減量苦の影響で3回終了時から左足の太ももの裏がつってしまい、まともに足が動かない状態となった。 最終ラウンドまで左足がもたないと判断し、覚悟を決めて打ち合いを挑んだ6回に接近戦で右フックでダウンを奪うとレフェリーがストップし6回2分54秒TKO勝ちを収め 、プロテスト実技試験終了後に宣言した通り 、当時日本人男子最速となるプロ入り6戦目での世界王座獲得に成功した (後にがデビュー5戦目で王座獲得し記録更新。 女子も含めた最速はの4戦 )。 この勝利はWBCから評価され、2014年4月度の月間MVPに選出された。 試合を中継したフジテレビは5月18日深夜に、この世界王座獲得試合の完全保存版を放送した。 試合の一夜明け会見では、左足がつった事をはじめとして減量苦の影響が顕著である事を考慮して、防衛戦をしないまま王座を返上して階級を上げる事も検討する意向を示したが、その後「防衛戦を行う事は王者としての責任」と語り、階級を上げるのは初防衛に成功してからにする事を決めた。 2014年9月5日、にて元王者でWBC世界ライトフライ級13位の(タイ)と対戦。 試合は4回と6回にダウンを奪い、11回1分8秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。 試合後には改めて王座を返上し、階級を上げることを表明した。 8戦目での2階級制覇達成・世界ボクシング界の年間MVP獲得 [ ] 1階級上のでも減量が厳しいため、一気に2階級上のへの転向を視野に入れつつ、12月30日に予定している大橋ジムとフジテレビの主催興行での世界王座挑戦を目指して陣営の交渉が行われた。 まず、世界スーパーフライ級王者への挑戦を正式に申し入れしたが、河野の試合がになる可能性がある事に加え、河野が所属するは2011年以来、毎年12月31日に放送の元でを開催しており、河野も既に大晦日に防衛戦を行う事が内定していたため、断られた。 その後、大橋ジムからを依頼されたが、WBA世界フライ級王者(アルゼンチン)との対戦を交渉したが、レベコは10月31日にのとの統一戦が決まっており、年末に向けての本格的な交渉を始めるにはこの試合で怪我を負うことなく防衛することが条件であり、年末まで残された時間も短い状況だった。 その際、レベコのマネージャーが同じ(オズワルト・リベロOR・プロモーションズCEO)であるWBO世界スーパーフライ級王者のマネージャーも兼任していたため、両者のどちらかへの挑戦を見据えて交渉を行い、レベコが左腕上腕の筋肉を裂傷してヨーッモンコンとの統一戦が延期された事が決定打となり、ナルバエスへの挑戦が決定した。 2014年11月6日、へ転向するためにWBC世界ライトフライ級王座の返上を発表した。 2014年11月24日、元世界5階級制覇王者(フィリピン)からナルバエス対策のアドバイスを受けた。 2014年12月21日、トレーナーである父・真吾が2014年のを受賞した。 2014年12月30日、でWBO世界スーパーフライ級王者()に挑戦。 ナルバエスはフライ級世界王座を16連続防衛、WBO世界スーパーフライ級王座を11連続防衛中でプロ・アマ通じて20年以上150戦超のキャリアで一度もダウンを喫した事はなく、唯一の敗戦は1階級上のでノニト・ドネアに判定負けしたのみでスーパーフライ級以下では14年間無敗の王者であり、井上自身も試合前には「観客からのブーイング覚悟でKOは捨てて判定でもいいから勝ちにいかないと勝負にならない相手」とコメントしていた。 しかし、試合は序盤から井上が攻勢に出て初回から2度のダウンを奪う一方的な展開となり、2回も井上の攻勢は続き、この試合4度目のダウンでナルバエスが立ち上がることが出来ず、2回3分1秒KO勝ちを収め当時世界最速となる8戦目での飛び級での2階級制覇 現在はの7戦目 を達成し、それまで世界最速だったの9戦目での2階級制覇を20年ぶりに塗り替えた。 試合直後のリング上ではナルバエス陣営がグローブに鉛を仕込んでいるのではないか?とクレームをつけた。 大橋秀行会長が井上尚弥のグローブをその場で外して相手に確認させるとナルバエスのトレーナーは、苦笑いを浮かべて「グレートなニューチャンプだ!」と一言返したとのこと。 試合を放送したアルゼンチンのテレビも「ナルバエスはこれまでの全キャリアで食らったパンチよりも深いダメージを井上との2ラウンドで被ってしまった」と解説し、試合終了の瞬間、進行役が「イノイエ!」と絶叫したほどだった。 試合後、ナルバエスは「私のコンディションは良かったし、調整もきちんとしていたが、1ラウンドの一発目から効いてしまい、パンチ力に驚いた。 本当に超ストロングなパンチだった。 もっと上の階級のパンチ力だったし、パンチが速過ぎて見えなかった。 気力ではなく体が限界だった。 井上はよりも強かった。 私を負かし、驚かせた。 彼はまだ21歳。 大きな未来が待っている。 歴史的なチャンピオンになれると思う」とコメントした。 この試合で井上は右拳を痛めてしまい、4月に予定されていた初防衛戦ではオプションによって再戦権を持つナルバエスとの再戦が内定していたが、治療に専念するために延期した。 2014年12月31日、井上は、ボクシング・シーン・ドットコムとコンド・アウト・ドットコムに2014年の年間MVPに選出され 、1月1日にファイトニュース・ドットコムの2014年の年間MVPに選出された。 2015年1月6日、で行われた2014年の年間表彰選手選考会に於いて、井上は2014年最優秀選手賞とKO賞に選出され、上述のナルバエス戦が年間最高試合に選出されるなど3冠を達成した。 1月10日、WBOの2015年1月度月間MVPに選出された。 2015年3月、前年12月のナルバエス戦で痛めた右拳が脱臼していたことが判明した為、手術を行った。 2015年12月1日、弟・拓真とともに大手芸能プロダクションのと専属マネジメント契約を締結した。 2015年12月29日、でWBO世界スーパーフライ級1位の(フィリピン)と対戦。 パレナスはかつて日本の勝又ボクシングジムに所属しウォーズ・カツマタとして活動していた。 試合は2回にパレナスのガードの上から右フックを叩き込んでダウンを奪う衝撃的な破壊力を発揮するなど、2度のダウンを奪って1分20秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。 この一戦を評した元世界スーパーフライ級チャンピオンのは、パレナスとのスパーリング中にダウンを喫した逸話を紹介してパレナスの強さを称えつつ、そのパレナスを圧倒した井上を高く評価している。 2016年5月8日、有明コロシアムでWBO世界スーパーフライ級1位の指名挑戦者デビッド・カルモナ(メキシコ)と対戦。 初回から圧倒していたが、2回に右ストレートをカルモナのこめかみにヒットさせた際に古傷である右拳を負傷。 それでも井上は怪我をセコンドに伝えずに左手一本で戦い続け、5回開始前になってセコンドに怪我のことを伝えて指示を受けながら戦うが、8回頃に今度は左拳までも負傷してしまった。 しかし、それでも巧みな試合運びで主導権を握り続け、最終12回にはKOを狙って痛みに耐えながら猛攻を仕掛けてダウンを奪うなどKO寸前まで追い込み、12回3-0 2者が118-109、116-111 の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した。 2016年9月4日、スカイアリーナ座間でWBO世界スーパーフライ級1位でコンチネンタル王者の(タイ)と対戦。 当初はオプションによる再戦権を持つWBO世界スーパーフライ級1位の前王者オマール・ナルバエスとの再戦が予定されていたがナルバエスがバンタム級転向を理由に対戦を辞退。 続いて英国のメディアに対して井上との対戦を希望する発言を繰り返していた元世界スーパーフライ級王者でWBO世界スーパーフライ級2位のにオファーをしたものの、テテもバンタム級転向を理由に対戦を拒否したため、WBO世界スーパーフライ級3位のペッバーンボーンとの対戦となり、試合時にはペッバーンボーンはWBO世界スーパーフライ級1位となっていた。 序盤はジャブを丁寧に突きながら試合を組み立てるが、後半になると試合2、3週間前に患ったという腰痛、さらには右拳を痛めた影響が出て不用意なパンチをもらうようになる。 それでも相手にポイントは与えず、打ち合いの中で10回にダウンを奪い、10回3分3秒KO勝ちを収め3度目の防衛に成功した。 試合後のリング上で大橋ジムの大橋秀行会長は6日後に井上との対戦が期待されるがWBC世界スーパーフライ級王者カルロス・クアドラスに挑戦する試合を井上と共にアメリカで現地観戦し、来年にゴンサレス戦を実現させるべく交渉することを宣言した。 一夜明け会見で大橋会長は井上の次期防衛戦について、4日前に河野公平に勝利し、WBA世界スーパーフライ級王者になった()に統一戦のオファーを出したことを明らかにした。 10月10日、WBOは、井上をWBOの2016年10月度の月間MVPに選出した。 2016年12月30日、有明コロシアムで元WBA世界スーパーフライ級王者でWBO世界スーパーフライ級10位の河野公平(ワタナベ)と対戦し、6回1分1秒TKO勝ちを収め、4度目の防衛に成功した。 5月21日、有明コロシアムでWBO世界スーパーフライ級2位でWBOラテンアメリカ王者のリカルド・ロドリゲス()と対戦し、3回1分08秒でTKO勝ちを収め、5度目の防衛に成功した。 2017年9月9日、ので行われた「SUPER FLY」にてローマン・ゴンザレスvsシーサケット・ソー・ルンヴィサイ第二戦の前座でWBO世界スーパーフライ級7位で元北米王者のアントニオ・ニエベス(アメリカ)と対戦し、ニエベスが6回終了時に棄権した為、6度目の防衛に成功しアメリカデビュー戦を飾った。 この試合で井上は182,500ドル(約2000万円)、ニエベスは35,000ドル(約400万円)のファイトマネーを稼いだ。 またこの試合は米国ではのボクシング中継番組『』で中継された。 2017年12月30日、でWBO世界スーパーフライ級6位で元フランスバンタム級王者のヨアン・ボワイヨ()と対戦し、3回1分40秒TKO勝ちを収め、7度目の防衛に成功した。 16戦目での3階級制覇達成 [ ] 3月6日、同年5月25日に大田区総合体育館でWBA世界バンタム級正規王者の()と対戦し3階級制覇を目指すと発表した。 井上が保持していたWBO世界スーパーフライ級王座は同日付で返上した。 のプロモーターのカッレ・ザウアラントが、井上が今回3階級制覇を達成した場合、World Boxing Super Seriesのバンタム級に出場することで井上側と条件面で合意している事を明らかにした。 2018年5月25日、大田区総合体育館にて、WBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネルと対戦し、初回1分52秒TKO勝ちを収め、日本最速となる3階級制覇を達成した。 この試合はアメリカではのストリーミングサービス「」で生配信された。 5月31日、WBAの2018年5月度月間優秀選手賞に選出された。 World Boxing Super Series参戦 [ ] 2018年7月11日、WBSSが正式に井上の出場を発表した。 7月20日には・で組み合わせ発表会が開催され、主催者により第2シードに選ばれた井上は一回戦の相手に元WBA世界バンタム級()を指名した。 2018年10月7日、でWBA世界バンタム級4位で元WBA世界バンタム級スーパー王者ファン・カルロス・パヤノとWBSS一回戦を行い、1回1分10秒KO勝ちを収め初防衛に成功しWBSSの準決勝に進出した。 1分10秒の間に井上は3発しかパンチを放っていないが、井上の高速のワンツーがクリーンヒットしパヤノは後頭部から倒れ、パヤノの8年のプロ・キャリアで初めてのKO負けとなった。 この試合で井上は2018年度を受賞。 2018年10月20日、のCFE・アリーナで行われたWBSS一回戦の一つである世界バンタム級タイトルマッチを観戦。 勝者となったIBF世界バンタム級王者()とリング上で対面し、次戦となるWBSS準決勝での対戦を煽った。 5月18日、・のでWBSS準決勝としてIBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲスと対戦。 無敗の王者同士の対決で、この試合は事実上の決勝戦とされていたが、井上が2Rに3回ダウンを奪い、2R1分19秒でTKO勝ちを収め、WBSS決勝戦への進出を決めると共に、WBA王座の2度目の防衛、並びにIBF王座及び王座獲得に成功した。 なおこの試合は王座統一戦を行う場合にIBFはWBAの世界王座として最上位のスーパー王座しか認めていないため、王座統一戦として認められず、IBF世界バンタム級タイトルマッチとして、ロドリゲスのIBF王座のみが懸けられて行われた。 2019年5月31日、WBAはIBF王座を獲得した井上をWBA世界王者からWBA世界ユニファイド王者に認定した。 2019年11月7日、でWBA世界バンタム級スーパー王者と対戦し、試合は2回にドネアの左フックをもらってプロになって初めて右目上部をカット。 この後から最後まで、井上はドネアが二重に見えていたという。 8回にはドネアが攻勢を仕掛け、井上は鼻から出血した。 しかし、11回に井上は左ボディをヒットさせ、ドネアは下がるように歩いてから膝をついてダウン。 そのまま判定にもつれ込み、12回3-0(116-111、117-109、114-113)の判定勝ちを収め、WBA王座の王座統一による3度目の防衛、IBF王座の初防衛に成功し、WBSSバンタム級初代王者に輝いた。 この試合は、2019年度のを受賞した。 試合後の会見で、米プロモート大手のと複数年契約を結んだことを発表した。 一夜明け横浜市内の所属ジムで会見を行い、今後について「まだ具体的な話はしていない」とした上で、「ここまで来たら最強を証明していくだけ。 バンタムで敵がいないくらいにしたい。 ウバーリ、テテ。 残っているのはそれくらい」とバンタム級に残留しWBC王者、WBO王者の2人の名前を出し、四団体統一を視野に入れていることを明かした。 一方、ウバーリについては「また拓真がいけばいい」と発言した。 2020年1月31日、井上は都内で会見し、4月25日にラスベガスのでWBO王者かつ3階級制覇王者のと日本人初の三団体統一戦をメインイベントにて行うことを正式発表した。 この会見で井上は「この三団体統一という試合に凄く意味があると思っていて、バンタム級での四団体統一を目指す上で欠かせない試合。 まずはラスベガスでの試合を危なげなくクリアして次に進めたい」と語り、世界ボクシング史上4人しかいないを目指していく方針を明らかにした。 詳細は「」を参照 世界的な評価 [ ] 当時の日本人男子最短記録となる6戦目での世界王座獲得、世界最速8戦目での飛び級での2階級制覇達成といった記録もさることながら、日本人世界王者は『日本国内でしか戦わない』がゆえに海外での知名度・評価が低かったが、などの動画サイトの登場で井上の試合動画がアップロードされて世界中の人々が視聴できるようになったことで、世界のボクシング関係者からも高く評価されるようになった。 特に2014年12月30日に行われた戦は、例年アメリカのボクシング界は年末は不活発のため年末の日本での世界戦を待たずして早々と年間MVPを選出してしまう専門家が多かったが、2014年に関しては「今年の年間賞の制定は年末まで待つべき」と指摘する関係者が米国内にも存在するなど開催前から注目されており 、フライ級世界王座を16連続防衛、WBO世界スーパーフライ級王座を11連続防衛中のナルバエスを一方的に打ちのめしてKO勝ちで2階級制覇を達成し、その試合が動画サイトにアップロードされたことで、井上はプロ転向後はまだ一度も海外で試合をしたことがないにも関わらず世界のボクシング関係者とファンからの知名度と評価が急上昇した。 、、といった世界の超スーパースター達を抑えて井上尚弥が、ボクシング・シーン・ドットコム、セコンド・アウト・ドットコム、ファイトニュース・ドットコムといった世界的な大手ボクシング専門ニュースサイトからも2014年の年間MVPに日本人史上初めて選出された。 2016年4月、アメリカ老舗ボクシング雑誌が選定するランキングで井上が9位となり、、に続いて日本人史上3人目となるランク入りを果たしている。 所属する大橋ジムの大橋秀行会長は「井上尚弥にはラスベガス進出、5階級制覇、さんの日本記録を超える世界王座14連続防衛、メジャー4団体統一、ボクサー初のを取らせる」と公言している。 世界4階級制覇王者でリング誌を含む世界中のボクシング専門サイトでパウンド・フォー・パウンド最強王者に選出されていたとの夢の頂上対決が期待されていた。 井上本人もプロデビュー当初から「ロマゴンと対戦したい」という発言を繰り返し続けており、「アジア人のがアメリカや世界のスーパースターになれたのは同階級に、、ら既に北米でスターだったライバルとの対戦があったから。 僕にとってのロマゴンもそういう存在だと思う」と語っていた。 井上は減量苦もあってフライ級に落とすことは出来ないため、「やるならスーパーフライ級で。 ロマゴンと対戦できるのであれば2017年内まではスーパーフライ級に留まる。 それ以上は待てないので2018年からはバンタム級以上に階級を上げる」と度々コメントしており、2016年9月にゴンサレスがスーパーフライ級に上げて4階級制覇を達成したことで一時は対戦が現実味を帯びていた。 しかしその後、ゴンサレスがキャリア初黒星を喫して王座陥落し、井上自身もバンタム級に転級したため、ゴンサレスとの対戦については事実上立ち消えとなった。 中量級~重量級が主体で軽量級は不人気なアメリカにおいては、1990年代の軽量級の絶対王者でさえも、その強さゆえにライバル不在なこともあり、前座に甘んじることが多かった が、ゴンサレスが本格的にアメリカ進出を始めるのと時を同じくして井上もナルバエスに勝って名前を知られるようになったことで、日本だけでなくアメリカを含む世界のファンや関係者からも対戦が期待されていた。 また、バンタム級への転向が実現した場合には(、元WBC世界バンタム級王者)との対決も期待されていたものの、山中は2017年8月15日に(メキシコ)に敗れて王座を陥落してしまった。 但し、井上自身は「山中さんの今後(の去就)次第」としながらも、「ネリーに挑戦することも考えの中にある」として対戦意欲があることを明らかにしていた。 しかし一方で、2019年11月23日(日本時間24日)に米ラスベガスで行われる予定であったとのWBC世界バンタム級王座挑戦者決定戦の前日計量で、ネリーが2018年3月1日に山中との再戦以来となる2度目の体重超過により試合がキャンセルとなったことに対して自身ので「ネリどうしようもねぇな、、また計量失格。 こんな奴にゴタゴタ言われたくない。 ボクシング界から追放でいい」とつづっている。 バンタム級転向後、、、エマヌエル・ロドリゲスといった世界王者経験者3人を合計わずか441秒で倒しており、初回1分52秒で敗れたマクドネルは「最初の一撃で衝撃を受けた。 彼のパワーは本物。 」、初回1分10秒でキャリア初のKO負けを喫したパヤノは「全てにおいて圧倒的に異次元。 倒せる人間はいない。 」、井上が出場した主催者のは「イノウエがパウンド・フォー・パウンド PFP のキング。 」「最も世界を震撼させたボクサー。 」、リング誌編集長は「PFP最強のパンチャー。 」と評した。 WBSS優勝後、井上と複数年契約した米興行大手CEOは「ボクシング史上最高の偉人」と絶賛。 2019年5月18日、WBSS準決勝でエマヌエル・ロドリゲスを2回TKOで下しIBF王座を奪取、この試合で懸けられていたザ・リング認定ベルトも獲得。 これにより2014年12月の以来日本人史上2人目、日本最速となるプロ18戦目での主要4団体のベルトを制覇。 また日本人初のザ・リング認定ベルトを含める5本のベルトを獲得。 2019年11月16日、リング誌は最新のパウンド・フォー・パウンドを発表し、それまで4位だった井上は3位にランクアップ。 世界的に権威のある同誌PFPランキングで自身の記録を更新するとともに日本人初のトップ3入りを果たす。 編集者の間では井上を1位に推す声もあったという。 「ファイトマネーは戦うモチベーションの1つを占めている。 」と語っている。 軽量級としては破格のファイトマネーを稼ぐボクサーであり、WBSS準決勝では、基本給と勝利給を合わせて約80万ドル(約8768万円) 、WBSS決勝では主催者のによると100万ドル(約1億800万円)以上の優勝賞金を獲得している。 トップランク社と契約したことにより、海外メディアでは「ハイテク 精密機械 」の異名を持ち、パウンド・フォー・パウンド最強と評される世界最速の3階級制覇王者とのPFPトップ同士の世紀の一戦も期待されている。 これは井上がWBSS優勝後、階級をに転向する可能性があること、ロマチェンコがが適正と公言していることから注目が集まっている。 過去に「ゆくゆくは行けても」と語った井上だが、自身がゲスト解説を務めた vs 戦で、ガルシアがスペンスに大差判定負けした際、「階級の壁がある。 適正階級がいかに大事かよく分かる。 ガルシアが普通の選手になっていた。 あれじゃ階級を上げても意味がない」と述べ、WBSS優勝後の記者会見でも「しばらくはバンタムに留まる。 いずれ適正と思えば階級は上げる。 ロマチェンコ戦についての質問に 自分のパフォーマンスが発揮出来る階級であればやりたいが、適正階級でなければ望んでいない。 」と階級上げについてはあくまで適正と判断した際変更する意向を示した [ ]。 戦績 [ ]• プロボクシング:19戦 19勝 16KO 無敗 戦 日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考 1 2012年10月2日 勝利 4R 2:04 KO クリソン・オマヤオ プロデビュー戦 2 2013年1月5日 勝利 1R 1:50 KO ガオプラチャン・チュワタナ 3 2013年4月16日 勝利 10R 1:09 TKO 佐野友樹() 4 2013年8月25日 勝利 10R 判定3-0 () 日本タイトルマッチ 5 2013年12月6日 勝利 5R 2:51 TKO ヘルソン・マンシオ 東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦 6 2014年4月6日 勝利 6R 2:54 TKO 世界ライトフライ級タイトルマッチ 7 2014年9月5日 勝利 11R 1:08 TKO WBC防衛1 8 2014年12月30日 勝利 2R 3:01 KO 世界タイトルマッチ 9 2015年12月29日 勝利 2R 1:20 TKO WBO防衛1 10 2016年5月8日 勝利 12R 判定3-0 デビッド・カルモナ WBO防衛2 11 2016年9月4日 勝利 10R 3:03 TKO WBO防衛3 12 2016年12月30日 勝利 6R 1:01 TKO (ワタナベ) WBO防衛4 13 2017年5月21日 勝利 3R 1:08 KO リカルド・ロドリゲス WBO防衛5 14 2017年9月9日 勝利 6R 終了 RTD アントニオ・ニエベス WBO防衛6 15 2017年12月30日 勝利 3R 1:40 TKO ヨアン・ボワイヨ WBO防衛7 16 2018年5月25日 勝利 1R 1:52 TKO 世界タイトルマッチ 17 2018年10月7日 勝利 1R 1:10 TKO WBA防衛1/WBSS1回戦 18 2019年5月18日 勝利 2R 1:19 TKO 世界バンタム級タイトルマッチ IBF・王座獲得 WBA防衛2/WBSS準決勝 19 2019年11月7日 勝利 12R 判定3-0 スーパー・世界バンタム級王座統一戦 WBA防衛3・IBF防衛1/WBSS決勝 20 2020年 試合前 獲得タイトル [ ] アマチュア• 平成21年度全国高等学校総合体育大会ライトフライ級優勝• 第64回国民体育大会ライトフライ級優勝• 2010年アジアユース選手権ライトフライ級銅メダル• 第21回全国高等学校ボクシング選抜大会兼JOCジュニアオリンピックカップライトフライ級優勝• 第65回国民体育大会ライトフライ級優勝• 第80回全日本アマチュアボクシング選手権大会ライトフライ級準優勝• 2011年インドネシア大統領杯ライトフライ級金メダル• 平成23年度全国高等学校総合体育大会ライトフライ級優勝• 第81回全日本アマチュアボクシング選手権大会ライトフライ級優勝 プロ• WBA世界バンタム級スーパー王座(防衛0)• 世界バンタム級王座(防衛1)• 世界バンタム級王座(防衛1)• 優勝 受賞歴 [ ]• 2011年アマチュアボクシング部門 新鋭賞• 2012年プロボクシング部門 新鋭賞• 2014年プロボクシング部門 最優秀選手賞・KO賞• 井上尚弥)• 2015年プロボクシング部門 KO賞• 2016年プロボクシング部門 技能賞• 2017年プロボクシング部門 技能賞• 2018年プロボクシング部門 最優秀選手賞・優秀選手賞・KO賞• ノニト・ドネア)• 座間市体育協会 功労者(2013年)• 新人賞(2013年)• 2014年4月度月間MVP• 座間市市民栄誉賞(2014年)• Boxing Scene. com's 2014 Fighter of The Year• Secondsout. com 2014 Fighter of The Year• Fightnews. 2015年1月度月間MVP• WBO 2016年10月度月間MVP• 2018年5月度月間優秀選手賞• (2018年・2019年)• 日本プロスポーツ大賞 殊勲賞・NHK賞(2018年)• 2018年度(戦)• 2018年度WBA年間KO賞• IBF アジアで最も支配的なボクサー賞• 2019年度(戦)• 年間最高試合(ノニト・ドネア戦) 著書 [ ]• 真っすぐに生きる。 (出版、2014年4月)• 勝ちスイッチ(出版、2019年11月) スポンサー [ ]• テレビ出演 [ ]• (2014年2月22日、) - 練習生 役• (2014年5月29日・2019年8月8日、)• (2016年8月18日・2019年7月25日、)• (2018年2月27日・3月6日、)• (2018年12月31日、)• (2019年6月30日、)• (2019年7月1日、日本テレビ)• (2019年8月31日、)• (2019年9月6日、日本テレビ)• (2019年9月13日、)• (2019年11月12日、)• 最強スポーツ統一戦2019(2019年12月30日、フジテレビ)• (2019年12月31日、NHK) - ゲスト審査員 広告 [ ]• 「BODY WILD」(2019年1月 - ) 脚注 [ ]• 日刊スポーツ 2014年12月30日• INOUE BOXING&SPORTS GYM• 2010年6月12日. 2014年5月14日時点のよりアーカイブ。 2012年8月17日閲覧。 2012年7月3日. 2012年8月17日閲覧。 2013年2月11日. 2013年2月21日閲覧。 タウンニュース 2011年8月26日. 2012年8月17日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月30日• 井上ボクシングジム. 2012年8月17日閲覧。 拓殖大学ボクシング部 2012年6月7日. 2012年8月17日閲覧。 和歌山放送 2015年10月5日. 2015年10月6日閲覧。 日本ボクシング連盟 2016年3月28日• 日刊スポーツ 2016年3月28日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月1日• 善理俊哉 2014年4月7日. 2014年5月13日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年8月16日. 2012年8月17日閲覧。 2012年10月3日. 2012年10月8日閲覧。 善理俊哉 2012年10月3日. せりしゅんや的アマボク通信. 2012年10月8日閲覧。 日刊スポーツ 2015年12月4日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月7日• 日刊スポーツ 2019年12月11日• ベースボールマガジン社WEB 2018年11月26日• 産経ニュース 2019年11月6日• 日刊スポーツ. 2012年8月8日. 2012年8月15日閲覧。 竹下陽二 2012年10月3日. 2012年10月8日閲覧。 Amateur. Boxing. Strefa. 2014年7月1日閲覧。 Amateur. Boxing. Strefa. 2014年7月1日閲覧。 2011年11月20日. 2012年10月8日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年7月2日. 2012年8月15日閲覧。 全国高等学校体育連盟ボクシング専門部. 2012年8月15日閲覧。 (英語)• (英語)(2005年の世界選手権銅メダルを皮切りに、、などで多数のメダルを獲得)• Amateur. Boxing. Strefa. 2014年7月1日閲覧。 田口潤 2012年10月3日. 日刊スポーツ. 2012年10月8日閲覧。 スポーツニッポン. 2012年7月3日. 2012年8月17日閲覧。 2012年7月. 2013年7月4日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年7月12日. 2012年8月15日閲覧。 デイリースポーツ. 2012年9月28日. デイリースポーツ: p. 2012年10月3日. 2012年10月8日閲覧。 2012年. 2012年10月8日閲覧。 ボクシングニュース「Box-on! 」 2012年10月2日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年10月5日. 日刊スポーツ. 2012年10月25日. 日刊スポーツ. 2012年10月21日. ボクシングニュース「Box-on! 」 2013年1月5日閲覧• ボクシングニュース「Box-on! 」 2013年2月7日. 2013年2月21日閲覧。 デイリースポーツ. 2013年2月17日. ボクシングニュース「Box-on! 」 2013年4月16日閲覧。 日刊スポーツ. 2013年4月24日. スポーツニッポン. 2013年5月20日. ボクシングニュース「Box-on! 」 2013年8月25日閲覧• Boxing News(ボクシングニュース) 2013年9月6日• Boxing News(ボクシングニュース) 2013年10月23日• Boxing News(ボクシングニュース) 2013年9月13日• Boxing News(ボクシングニュース) 2013年10月19日• Chuck Giampa 2013年8月30日. 2014年3月4日閲覧。 日刊スポーツ. 2013年10月21日. 2013年12月12日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月6日• Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月28日• THE PAGE 2014年4月7日• Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月6日• デイリースポーツ. 2014年2月6日. Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月14日• 2014年5月13日. Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月5日• デイリースポーツ 2014年9月24日• 2014年11月• 2014年11月15日• Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月18日• Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月24日• Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月21日• Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月30日• 2014年12月31日• THE PAGE(ザ・ページ) 2014年12月30日• Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月1日• スポニチ 2014年12月31日• Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月31日• Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月24日• Boxing Scene. com (英語) 2014年12月31日• Fightnews. com 2015年1月1日• Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月6日• 2015年1月10日• Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月13日• Sponichi Annex. 2015年12月30日. Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月1日• Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月29日• THE PAGE 2016年5月9日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月8日• Boxing News(ボクシングニュース). 2016年7月18日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月4日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月5日• WBO公式サイト 2016年10月10日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年10月22日• 時事ドットコム 2016年12月30日• Fightnews. com 2016年12月30日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月30日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月21日• Fightnews. com 2017年9月9日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月10日• Bad Left Hook 2017年9月9日. 2017年11月18日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月30日• Fightnews. com 2017年12月31日• Fightnews. com 2018年3月6日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月6日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月11日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月25日• BoxingScene. com 2018年5月25日• ESPN. com 2018年5月24日. 2018年7月10日閲覧。 ESPN. com 2018年5月22日. 2018年7月10日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年6月1日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年7月12日• WBSS公式サイト 2018年7月11日. 2018年7月13日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年7月21日• ESPN. com 2017年7月21日. 2018年8月2日閲覧。 Boxing Scene. com 2018年7月20日. 2018年8月2日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年10月7日• THE ANSWER 2018年12月29日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年10月21日• Boxing News(ボクシングニュース) 2019年5月19日• 日刊スポーツ 2019年5月18日. 2019年7月29日閲覧。 WBA 2019年5月31日. 2019年7月29日閲覧。 日刊スポーツ 2019年11月7日• Boxing News(ボクシングニュース)2019年11月7日• 日刊スポーツ 2019年12月24日• 日刊スポーツ 2019年11月7日• THE ANSWER 2019年11月8日• 日刊スポーツ 2019年11月9日• Boxing News(ボクシングニュース)2019年12月2日• サンスポ. com 2019年12月6日• Boxing News(ボクシングニュース) 2020年1月31日• - Number Web(2015年7月26日)• - SPORTS COMMUNICATIONS(2014年12月19日)• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月13日• - Sportiva Web(2015年5月13日)• 東スポWEB. 東京スポーツ新聞社. 2017年8月18日. 2017年8月20日閲覧。 日刊スポーツ 2019年11月23日• 日刊スポーツ 2019年6月25日• Boxing News ボクシングニュース 2019年11月16日• スポーツ報知 2019年5月18日• Sanspo. com 2019年11月6日• 日本ボクシングコミッション 2012年1月6日. 2012年8月15日閲覧。 日刊スポーツ 2013年1月26日. 2013年2月9日閲覧。 日刊スポーツ 2015年1月6日. 2015年1月6日閲覧。 日刊スポーツ 2016年1月22日. 2016年1月23日閲覧。 日刊スポーツ 2020年2月7日• タウンニュース座間版 2013年12月20日. 2014年1月8日閲覧。 デイリースポーツ 2013年12月28日• Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2014年4月22日• Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月1日• Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月2日• スポーツ報知 2018年12月18日. 2018年12月18日閲覧。 スポーツ報知 2019年12月18日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月21日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月29日• 日刊スポーツ 2019年12月24日• 日刊スポーツ 2019年12月27日• Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月1日• efight 2019年10月28日• 日刊スポーツ 2018年5月23日• マイナビニュース 2019年8月29日• 日刊スポーツ 2019年12月20日 映像資料 [ ]• 試合全容. によるYouTube動画.. 2012年4月14日. 2012年8月15日閲覧。 会場で撮影されたYouTube動画.. 2012年7月14日. 該当時間: 6' 48"(世界王座最短奪取記録更新を宣言). 2012年8月15日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (2016年1月28日 - )• - ( - 2016年1月28日 旧公式ブログ)• (最終更新日2012年4月12日)• (英語)• - (英語) 前王者 第36代日本王者 2013年8月25日 - 2013年10月18日(返上) 空位 次タイトル獲得者 空位 前タイトル保持者 第33代東洋太平洋王者 2013年12月6日 - 2014年2月28日(返上) 空位 次タイトル獲得者 前王者 世界王者 2014年4月6日 - 2014年11月6日(返上) 空位 次タイトル獲得者 前王者 世界王者 2014年12月30日 - 2018年3月6日(返上) 空位 次タイトル獲得者 前王者 世界王者 2018年5月25日 - 2019年11月7日 空位 次タイトル獲得者 前王者 世界王者 2019年5月18日 - 現在 次王者 前スーパー王者 世界 2019年11月7日 - 現在 次スーパー王者.

次の

てんちむの結婚相手はシバター?ボクシング?ラファエル?かずよし?離婚歴は?

ボクシングch 年収

主に実況しているのはフォートナイトですが、Dead by Daylightなど他のゲームもプレイしているようです。 活動の拠点はYouTubeでの生放送で、今のところ他のプラットフォームでの活動は見られませんでした。 そのボクシングさんが手元動画を出すということで、こちらの動画には大きな注目が集まりました。 ボクシングさんが降下したのはフェイタル・フィールド。 激戦区というわけではありませんがそこそこ人の集まる場所で、実際降下直後に宝箱の争奪戦が始まりました。 その後も順調に生き残り、開始10分にはもう残り15人に。 余談ですがここで明かされたのが、ボクシングさんはいつも動画の元となる配信を早朝に行っており、この動画を撮影したのも朝の4時24分であるとのこと。 夏ならまだしも、冬だったら4時はまだ真っ暗ですねw 睡眠もあまり取っていないようなので、不規則な生活を送っていることが分かります。 終盤、のこり6人となると、戦闘エリアもかなり小さくなり少し歩けば敵に遭遇する状況になりますが、冷静な判断でほとんどダメージをうけずに突破します。 最後の一人も高低差を生かして追いつめ、こちらもほとんどダメージを受けず勝利となりました。 ボクシングさんはかなり手が大きいようなので、手の大きい方には参考になる動画だと思います。 次にボクシングさんのプロフィールについて! ボクシングさんは1996年2月14日生まれで、現在 23歳です。 誕生日については、2018年2月14日の配信でそのことを語っていたために分かったようです。 リアルでは会社員として働いており、職種までは分かりませんでしたが何か仕事をしているようです。 この数値からBMIを計算してみると22. 16で、体重もかなり適正体重に近い値であることが分かります。 何か運動をしているのかと思いましたが、先ほどの動画では「あまり体を動かしていない」という発言があったため、 少なくとも現在はあまり運動していないのかもしれません。 これはスーパーチャット YouTube Liveの投げ銭機能 を考慮していない動画収入のみの値のようなので、実際にはこれよりもう少し高いと思われます。 再生単価によってかなり左右されるので値には大きな開きがありますが、それなりに稼いでいるようですね。 ボクシングchは炎上した!?過去の暴言、アンチについて! ボクシングさんはかつていわゆる「 暴言系実況者」として有名でした。 BO3の時、ボドカさんのことを煽ってしまって本当に申し訳ありませんでした。 気にしてないと言ってくれてますが、不快な思いをさせてしまった事には変わりありません。 本当に申し訳ありませんでした。 これについては、上のツイートでも言っているようにかなり反省しているようで、 ボクシングさんは「 エンターテイナー的な面白い暴言ではなく、ただの悪の塊でしかない暴言だった」と語っています。 たしかに口が悪いと言っても、エンターテイメントの範囲内でプロレスを取るならそれは面白いと思います。 しかし、暴言がガチ過ぎれば本当の喧嘩になってしまうし、見ている側も素直に楽しめなくなる恐れがあります。 一見荒々しい実況をしている人でも注意して見るとかなり上手にバランスを取っているので、 ボクシングさんが本来やりたかったのもそういった笑いを生むことだったのかもしれませんね。 「 ボクシングch 引退」というワードがなぜか多く検索されているようですが、 ボクシングさんはつい最近も配信をしていたので、引退は完全なガセです。 確かに二人の関係性を見ると、恋人同士というよりはパートナーという感じがしますね。 youtubeではコラボ動画が上がるたびに公認カップルのような扱いを受け、 「早く結婚しろ」「付き合え」といった声も見られます。 もはや公認のような空気があるので、付き合ったとしても特に不思議はないと思います。 まとめ いかがだったでしょうか? ・年齢は23歳 ・暴言については謝罪している ・引退していない 当サイトはボクシングさんの活動をこれからも応援していきたいと思います。 以上、ゲーム実況者ボクシングの記事でした!.

次の

ボクシング(BOXING ch)の素顔がイケメン!父親は池山隆寛で本名・大学は?

ボクシングch 年収

88 ID:??? net メイウェザー、ウッズ退けスポーツ長者番付の首位奪取 【ニューヨークAFP=時事】米経済誌「フォーブス」は11日、スポーツ選手の長者番付を発表し、 無敗のボクサーであるフロイド・メイウェザー・ジュニア(米国)が年収1億500万ドル(約107億円) で1位に輝き、前年王者のタイガー・ウッズ(米国)を退けた。 メイウェザーは、2012年にも 8500万ドルで1位になり、男子ゴルフのメジャー14勝を誇るウッズが2001年から保持していた 高額所得スポーツ選手100人の頂点を奪っていた。 メイウェザーは今回、ウッズ以外で年収が 1億ドルを超えた初めての選手になったが、スポンサー収入がないため、昨年9月の試合で サウル・アルバレス(メキシコ)を下した試合と、先月マルコス・マイダナ(アルゼンチン)に 勝利した試合の、合計わずか72分で得たファイトマネーが唯一の収入源だった。 フォーブス誌では、 6月1日から1年間で得た賞金、給与所得、スポンサー収入を勘案して番付をつけている。 先月、オーストラリアのアダム・スコットに世界ランク1位の座を譲ったウッズは、ビデオゲームの スポンサー契約が打ち切られ、3月31日に圧迫神経痛の治療のため腰の手術を受けると、 第78回マスターズ・トーナメントと今週行われる第114回全米オープン選手権の欠場を 余儀なくされ、長者番付でも首位から後退した。 メイウェザーがアルバレスを下した試合では、 ペイ・パー・ビューで歴代最高となる総売上額2億ドル(約204億円)が記録されたが、 歴代最高視聴率をマークしたのは、2007年の対オスカー・デラホーヤ戦だった。 ロナウドは、11社のスポンサーと総額2800万ドル(約28億円) の宣伝広告契約を結んでおり、昨年9月には5年総額2億ドルともいわれるレアルとの契約に合意した。 NBAファイナル3連覇を懸け、サンアントニオ・スパーズとの激闘を繰り広げているマイアミ・ヒート からは、レブロン・ジェームズが7230万ドル(約74億円)で3位に輝いている。 ジェームズは、 NBAで最高のスポンサー収入を得ており、自身がモデルのシューズラインは、昨年だけで 3億ドル(約300億円)を売り上げている。 サッカーアルゼンチン代表のリオネル・メッシは、先月 FCバルセロナとの新契約に合意したことが大きく影響し、6470万ドル(約66億円)で4位に入った。 72 ID:??? net (からの続き) ロサンゼルス・レイカーズで故障中のコービー・ブライアントは、6150万ドル(約63億円)で 5位となっているが、そのうちの3050万ドル(約31億円)はNBA最高額の年俸が、 3000万ドル(約30億円)はスポンサー収入が占めている。 ブライアントは、昨年11月に レイカーズとの契約を2年延長しているが、今季は膝の負傷によりわずか6試合の出場にとどまった。 年収6120万ドル(約62億円)のウッズは6位で、スポンサー収入、出場料、 ゴルフコース考案料の総額は5500万ドル(約56億円)に上り、ウッズがデザインした 最初のゴルフコースが、今秋にもメキシコにオープンすることになっている。 1月の全豪オープンテニスで2度目のグランドスラム制覇を果たした李娜(ナ・リー、中国)は、 2360万ドル(約24億円)で41位となった。 セレーナ・ウィリアムス(米国)は、スポンサー収入、出場料と賞金が半分ずつの 2200万ドル(約22億5000万円)で、全体では55位となっている。 「世界のスポーツ選手長者番付」トップ5のうち3人がサッカー選手 2位C・ロナウド51. 85 ID:30ehRnIQ0. 24 ID:SaAWvT510. 78 ID:sxcPMCFK0. 00 ID:jaHpZSe50. 46 ID:h1xLrnjx0. 97 ID:tmSSOHok0. 22 ID:qRNdkOmt0. net サッカーが多いな。 まあワールドスポーツだからな。 87 ID:qFFXHnLe0. net ミハエルさんがいなくなってから、F1レーサーが入らなくなったね。 62 ID:4QwghYoti. 25 ID:xUYb1MjHO. 06 ID:f59ycC780. 00 ID:G9Dbe4FI0. 72 ID:WBLTJjFM0. net 【深イイ話】アントニオ猪木氏 春一番について語る。 03 ID:f59ycC780. fightnews. Q:フランスボクシング界の現状はどうなっています? A:非常に悪い!現在世界王者が1人もいない、そしてテレビ局は全くボクシングを報道しない。 ボクシング界には大改革が必要だと思っています。 現在、ボクシング界を変えるべく、そして一般人に関心を持って貰えるよう取り組んでいます Q 記者 :キコ、スペインでの世界タイトルマッチをスペインのテレビ局が放送しなかったことについてどう考えている? A キコ・マルチネス :スペインのテレビ局はボクシングに背を向けている。 でも会場はボクシングファンで満員だった。 俺が防衛を続ければ、スペインのテレビ局がボクシングに興味を取り戻してくれることを切望するよ。 Q:スペインでボクシングはしばらく休止状態で、新聞やテレビにもごくわずかしか取り上げられないのに君はどうやってこのスポーツに興味を持ったんだい? A:そうだね。 カスティーヨやカンピーリョのような世界チャンピオンがいたけど、ここ10年間ボクシングはスペインであまり調子が良くないね。 俺に関しては、サッカーをやってるスペインにありふれたごく普通の子供だったけど、14歳の時にたまたまボクシングジムに入ってのめり込んだんだ。 35 ID:HBHB4oci0. net メイウェザーこの前レストランでラッパーのT. 59 ID:eyiN06Wn0. 32 ID:xwr55f8q0. net これだけ現役選手が稼いでても、マイケルジョーダンも5位くらいの額は稼いでるんだろ。 22 ID:Zbr9shPr0. 07 ID:qRNdkOmt0. net ハメロドも仲間いりだろう。 93 ID:Zbr9shPr0. 78 ID:qFFXHnLe0. 53 ID:clkWzIqh0. 36 ID:30ehRnIQ0. 59 ID:uCTI21Vo0. 22 ID:egHy7Nc10. 10 ID:LJLRWdLn0. 76 ID:62EaA02q0. 47 ID:qRNdkOmt0. 36 ID:s0yQVsyQ0. 49 ID:fqILznaP0. 78 ID:JCXOUjem0. 58 ID:HRQxHY4h0. 35 ID:MMkwFcRT0. 18 ID:fqILznaP0. 48 ID:tmSSOHok0. 23 ID:egHy7Nc10. 64 ID:HRQxHY4h0. 34 ID:Zbr9shPr0. 08 ID:xUYb1MjHO. 56 ID:1QVQuVhx0. 13 ID:fqILznaP0. 64 ID:h1xLrnjx0. 03 ID:qRNdkOmt0. 28 ID:UOyNxjCqO. 55 ID:xUYb1MjHO. 80 ID:62EaA02q0. 22 ID:s0yQVsyQ0. 94 ID:h1xLrnjx0. 54 ID:EZkqdMRm0. 28 ID:JCXOUjem0. 36 ID:eNXuqF3i0. net フォーブス・アスリート・パワーリスト2014 1. LeBron James(バスケ) 2. Floyd Mayweather(ボクシング) 3. Kobe Bryant(バスケ) 4. Roger Federer(テニス) 5. Tiger Woods(ゴルフ) 6. Rafael Nadal(テニス) 7. Cristiano Ronaldo(サッカー) 8. Kevin Durant(バスケ) 9. Peyton Manning(アメフト) 10. 26 ID:fqILznaP0. 86 ID:kRsaHqoG0. 54 ID:kRsaHqoG0. 79 ID:pSVUuEZp0. 26 ID:qRNdkOmt0. net 世界的名声は当たり前だが 金銭面もサッカー強いね。 86 ID:eNXuqF3i0. 02 ID:7TwKRvuE0. 82 ID:kRsaHqoG0. 96 ID:DEX4xoj10. 01 ID:OIWRyRcy0. 19 ID:d0oGvbqx0. 65 ID:kRsaHqoG0. 31 ID:DEX4xoj10. 85 ID:62EaA02q0. 65 ID:kRsaHqoG0. 30 ID:yrA1XGfa0. 27 ID:EYxHf4tt0. 22 ID:s0yQVsyQ0. 07 ID:3qdVC0Y20. 91 ID:chIlMQ5R0. 49 ID:mj7ZZKnp0. 82 ID:kRsaHqoG0. 14 ID:UwXQIWJm0. net メイウェザーなんてボクシング界では超有名だけど、ヨーロッパのサッカー界の人間からすると、誰?って感じだろうな。 ロナウドもメイウェザーなんて知らんだろ。 53 ID:JWEPWWT40. 09 ID:EYxHf4tt0. 16 ID:CibsG8tr0. 55 ID:HRQxHY4h0. net メイウェザーの顔見たけどカワイイやん 総レス数 976 306 KB.

次の