ライン スタンプ 作り方。 パソコンで簡単!LINEスタンプの作り方

LINE スタンプ(ライン スタンプ)作り方の紹介!審査手順、注意点なども解説|ドスパラ通販【公式】

ライン スタンプ 作り方

ペットや子どもの写真をモチーフに作ったLINEスタンプを、非公開にして親しい友だちや家族間でのみ使いたい人は多いはず。 厳密にいえば、作成したLINEスタンプを「販売しない」という選択肢はありませんが、設定次第で他人の目に触れることなく自分専用もしくは親しい人限定での利用が可能です。 また、自作スタンプ販売しないというニーズの高まりから、2019年6月26日以降にアプリ経由で申請したスタンプに限って、売上金が分配されない代わりに無料でダウンロードできるようになっています。 本記事では、実際に販売目的でないLINEスタンプを作成・申請し、無料でダウンロードするまでの流れを紹介。 申請するうえで気をつけたい点について詳しく解説しています。 自作スタンプの申請方法• 販売して売上金を得られる:WebのLINEクリエイターズマーケットのマイページから申請する• 売上金を得られない:LINE Creators Studioアプリ経由で申請する 一見、売上金を得られないアプリ経由での申請は損のように思えますが、自作スタンプをプライベートで使う目的なら、アプリ経由のほうがおすすめです。 売上金を得られない代わりに、クリエイターは無料で自作スタンプをダウンロードできるほか、スタンプの登録や申請手続きもWeb版より簡単です。 注意したいのが、無料ダウンロードできるのはスタンプを作成した本人のみという点。 友人や家族にシェアする場合は最低でも120円かかるうえ、その売上金はクリエイター本人に分配されません。 とはいえ、もともとスタンプの分配金は、売上総額からApp Store、Google Playの手数料などを差し引いた35%分が1000円以上にならないと受け取れない仕組みです。 いずれにせよ数個売れたくらいでは、売上金の申請はできないため、大きなデメリットとはいえないでしょう。 プライベート設定で非公開を選択する 自分や家族、友人など数人だけがその自作スタンプを使う想定なら、「プライベート設定」を忘れずにおこなってください。 プライベート設定で「公開」を選ぶと、売上金の分配はなくてもスタンプショップやLINE STOREで不特定多数の人が閲覧・購入可能になります。 自分だけもしくは限られた人だけで使いたい時には必ず非公開にしましょう。 非公開に設定していても、スタンプを受信した相手がトーク内でスタンプをタップすると、販売ページにアクセスしてスタンプを入手できます。 親しい人に自作スタンプを使ってもらいたいなら、作成したスタンプをトークで送りましょう。 逆にいえば、非公開設定であってもトークからであれば誰でもスタンプを入手できます。 もし、絶対に他人に入手されたくなければ、すぐにWebののマイページから、スタンプの販売を停止しましょう(アプリから販売停止はできません)。 販売停止にしたからといって、購入済みスタンプが使えなくなることはないので安心してください。 appllio. com 2 販売するスタンプを選択 スタンプができたら、販売審査の申請をしましょう。 販売目的でないとしても、LINE社による審査に通らなければLINEスタンプをダウンロードできません。 アプリのトップ画面から、販売したいスタンプのパッケージを選び、[販売申請]をタップ。 利用規約が表示されるので確認し、問題なければ同意してください。 スタンプの数を8~40の中から選び、販売するすべてのスタンプにチェックを入れます。 「メイン画像を選択」という画面が表示されたら、LINE STOREやLINEアプリ内のスタンプショップ、トークルーム内のタブに表示される部分のメインにしたい画像を選択し、次へをタップします。 販売情報の入力項目 タイトル スタンプのタイトル。 英名必須 説明文 スタンプの説明。 英文必須 写真の使用 1点でも使用されていれば「使用されています」を選択。 選択し忘れるとリジェクト対象になる可能性がある 販売価格 最低120円(50コイン)。 顔写真などが使われている、仲間内だけで使いたいといった場合は「非公開」推奨 コピーライト Creators Marketに登録したクリエイター名が表示される。 変更可能 販売エリア 販売可能なすべてのエリアか、選択したエリア(日本)のみか選べる テイストカテゴリ 「カワイイ・キュート」「シュール」「挨拶」といった中からテイストを選ぶ。 スタンプ検索のキーワードになる キャラクターカテゴリ 「男性キャラ」「とり」「食べ物」などから選択。 テイストカテゴリと同様、検索のキーワードになる LINEスタンププレミアム スタンプの定額制使い放題サービス。 「参加する」を選ぶと、会員に登録しているすべての人がスタンプを利用できる 写真が1点でも使用されていれば、「写真の使用」項目で[使用されています]を選択しましょう。 選択し忘れると、リジェクトされる(審査に落ちる)可能性があります。 なお、友人や家族には無料でシェアしたいところですが、現状では無料の設定はできません。 4 最終確認後、申請手続きを完了する 販売情報の入力が終わったら、スタンプのプレビューを確認します。 一番目立つ位置にあるのが「メイン画像」です。 その下のスタンプの並びは、スタンプを選んだ順番どおりになります。 肖像権、プライバシー権、パブリシティ権などについての注意事項が表示されます。 よく読んで問題がなければ、[上記の内容に同意します]をチェック。 続けて[リクエスト]をタップし、ポップアップの注意書きを確認したら[OK]を押します。 リクエストが承認されると「リクエスト完了」の表示とともに、登録したメールアドレスとLINEにメッセージが届きます。 審査の状況はTOP画面の[申請済みリスト]から確認できます。 はじめは「審査待ち」ですが、しばらく経つと「審査中」に変わり、通常そこからおよそ2日〜1週間程度で結果が出ます。 審査結果はLINEメッセージとメールの両方に届くので、アプリで何度も確認しなくても大丈夫です。 5 審査が通り次第、自作スタンプをダウンロードする 無事に審査に通ったら、申請済みリストのステータスが「販売開始待ち」になるので、[販売開始する]ボタンを押してください。 ポップアップの注意事項を確認後、[OK]をタップで販売手続きは完了です。 この時点で販売が開始されますが、プライベート設定を[非公開]に設定していれば、LINE STOREおよびLINEアプリ内のスタンプショップに自作スタンプが表示されることはないので安心してください。 この後、クリエイター本人にのみ届くLINEメッセージから、無料でスタンプをダウンロードできます。 メッセージが届くまで数時間がかかるケースがありますが、気長に待ちましょう。 先にも述べましたが、家族や友人が入手しようとしても無料ではありません。 また、LINE STOREおよびLINEアプリ内のスタンプショップで検索しても表示されないので、トークでスタンプを送信して購入ページに移動してもらいましょう。 もしくは、自作スタンプをプレゼントしてあげるという手もあります。

次の

絶対売れるLINEスタンプの作り方

ライン スタンプ 作り方

まずは「LINE Creators Studio」をダウンロードしよう まずは「」をダウンロードしてください。 「LINE Creators Studio」とは、LINEの公式アプリで、写真撮影、イラスト作成、文字の挿入、フィルター加工などができ、スタンプを作成・販売できるアプリのこと。 これがあればスマホ1台で誰でもLINEのスタンプを作成・販売できます。 作成したLINEスタンプが審査に通ったらLINE内のマーケットでスタンプを売ることができます。 もちろん、自分だけのスタンプとして非公開に近いかたちで利用することも可能です。 お子さんやペットの写真を使ってオリジナルのスタンプも作れるのです。 LINEスタンプ作成前に準備すべきこと 「LINE Creators Studio」のアプリをダウンロードしたら、Creators Marketへの登録を済ませましょう。 以下の手順に従って登録してください。 1.LINE Creators Studioを起動し、「設定」から「ログイン」をタップ 2.注意事項・規約に目を通し、「同意する」をタップ 3.ユーザー情報を入力し、「保存」をタップ 4.認証メールが届くので、メール内のURLをタップし、登録完了 登録が完了したら、マイページに戻り、クリエイター名を入力しましょう。 クリエイター名の入力は必須となります。 後で修正もできるので、安心して入力してください。 LINEスタンプの作り方 さっそく以下の手順でLINEスタンプを作っていきましょう。 1.「LINE Creators Studio」のアプリのホーム画面で「+新しいスタンプをつくる」をタップ 2.パッケージのタイトルを入力 3.「+」をタップして、作成メニュー「アルバムの写真を使う」、「カメラで写真を撮る」、「イラストを描く」という3つのアイコンの中から用途に応じたものを選択 ここから先は、写真を使う場合と、イラストを描く場合で手順が異なりますので、以下にそれぞれ紹介していきます。 写真を使ってスタンプを作る手順 写真を使ってスタンプを作る場合には「アルバムの写真を使う」、もしくは「カメラで写真を撮る」のアイコンをタップして作成を進めます。 写真を選んだらトリミングし、文字を入力するなどしていきます。 トリミングには「自動切りぬき」、「なぞる」、「デコフレーム」、「かたち」、「消しゴム」の5種類があります。 それぞれ感覚的に操作できるので、いろいろな方法を試してみてください。 イラストを描いてスタンプを作る手順 イラストを描いてスタンプを作る場合には「イラストを描く」のアイコンをタップして作成を進めます。 私のように絵心がなくても、それはそれで面白いスタンプになるので、ぜひチャレンジしてみてください。 笑 スタンプの追加と編集 スタンプを作成完了させると、パッケージの編集画面に戻ります。 この画面からスタンプの追加と編集ができます。 「+」をタップすると、新たなスタンプの作成ができます。 先ほど紹介した手順をもとに新たなスタンプを作成してください。 各スタンプの編集画面を開くと、下部に4つのアイコンがあり、それぞれこんなことができます。 「…」は、作成したスタンプを共有したり、スタンプを画像として保存できます。 「+」は、そのスタンプを複製できます。 右下のごみ箱マークは、作成したスタンプを削除できます。 ちなみにパッケージの編集画面では、スタンプの追加と編集以外に、以下の4つのことができます。 メイン画像の選択• タイトルの変更• 説明文の追加• 販売申請 審査申請から販売までの流れ スタンプを8個以上作成すると、販売申請ができるようになります。 ちなみに、1つのパッケージに対してスタンプは8個・16個・24個・32個・40個設定できます。 8個以上スタンプを作って、実際に販売してみましょう。 審査申請を行う 作成したスタンプは何でも販売できるわけではありません。 販売の前にはLINEの審査が必要になります。 審査の申請を出すまでの流れをチェックしてみましょう。 パッケージの編集画面の下部にある「販売申請」をタップ• スタンプの数を設定して、スタンプを選択• プレビューで内容を確認後、注意事項をよく読み、問題がなければ「上記の内容に同意します」にチェックを入れて「リクエスト」をタップ• それぞれ設定してください。 これで審査申請は完了です。 後はLINEの審査を待つだけ。 審査の状況はTOP画面の下部「申請済みリスト」をタップすると確認できます。 「申請待ち」から始まり「申請中」に変わったら1週間程度で結果の通知がLINEとメールに届きます。 スタンプを販売する 審査を受けてLINEから承認されたら、販売の手続きが必要になります。 以下の手順で進めていきましょう。 TOP画面下部の「申請済みリスト」をタップして、「承認」となっているスタンプを選択• 画面下部の「リリース」をタップ• 注意事項をよく読み、問題がなければ「OK」をタップ これでスタンプの販売が開始されます。 右上の「STORE」をタップすると、販売画面に移動します。 反映までには少し時間がかかるので、しばらく時間を置いてから確認してください。 実際に作ってみると分かりますが、LINEスタンプって意外と簡単に作れるものなんです。 もちろん凝ったものを作ろうと考えると、少し編集メニューが足りないと感じますが、簡易的なものであれば、「LINE Creators Studio」から簡単に作れます。

次の

LINEスタンプ収益化にはWEBからの申請が必須になりました…!

ライン スタンプ 作り方

LINEスタンプを収益化していきたい場合は、 今後は必ず 経由で申請する必要があります。 アプリ経由では、たとえいくつ売れたとしても、収益は発生しません。 ( ルール変更以前にアプリ経由から申請・販売されていたスタンプには、これまで通り分配金が発生します。 なお、 LINEクリエイターズマーケットのマイページ(WEB)から新規作成されたスタンプについては今後も変わらず売上の分配がされます。 そのため、売上金の分配を目的としている皆様には、今後LINEクリエイターズマーケットのマイページからリクエスト(スタンプ販売のための審査リクエスト)をしていただくようお願い申し上げます。 より (最終閲覧 2019年11月9日) こちらにもあるように、LINE クリエイターズマーケット(Webサイト)経由では、引き続き売上に応じた分配金が発生します! 私はパソコン作業が苦手で、 デジタル絵といえばいままで スマホに100均のタッチペンで描くくらいだった のですが、 iPadを活用することで、 LINEスタンプ制作、そして Web経由での申請も行えるようになりました! Web経由では、サイズ調整、余白、メイン画像やタブ画像(トーク画面でスタンプを選択するときのアイコン画像)の用意など、 カメラロールから画像をアップする感覚で作れるアプリ経由と比べると、作業に手間がかかります。 デジタル初心者だった私にはそれが複雑・難しく感じられていままで敬遠していたのですが、 「自分の創作を収益化していきたい」という気持ちがあったため これを機にWeb経由での制作・申請を始めました。 そもそもいままでアナログかスマホでしかイラストを描いたことがなかったのですが、 今回の件をデジタル技術向上の良い機会と捉え、 デジタルイラストを始めることにしました。 PCが苦手でも、iPad Proなら楽しい! デジタル絵の道具として、 板タブ・液タブなども検討したのですが、 最終的に…… アプリ経由は、本人は無料ダウンロード可能に 『LINE Creators Studio』でスタンプをつくったクリエイターさまご本人に限り、制作したスタンプが無料でダウンロードできるようになります。 より 分配金が0円になる代わりに、 LINE Creators Studio 経由で申請・販売されたスタンプは、 スタンプを制作した本人に限り、無料でそのスタンプを使用することができる、というメリットがあります。 (プレゼント等する場合は、別途1つずつ購入する必要があります) Web経由は自分用を買わなければ無料で収益化できる! 一方Web経由では、 スタンプを制作した本人も、 購入しないとそのスタンプを使えません。 (以前はアプリ経由も自分用に購入しないと使えなかったのですが、今回の分配金0円化に伴い、自分の分は無料になりました。 ) ただし、自分用スタンプ購入は義務ではないので、いらない場合は買う必要はありません。 (ただし、繰り返しになってしまい申し訳ないのですが、収益化するためには Web経由での申請が必須<アプリ経由は分配金0円>なので、その点はご注意ください……!!) 自分用・内輪用のスタンプはアプリ経由の方がおすすめ お子さんやペット、オリキャラさんのスタンプなど、 (上のリンクからキャラクター紹介ページに飛ぶことができます!) ブログ「じゅうにんといろ」は、 「カラフルなオリジナルキャラクターがあなたの創作&リアルどちらも応援!」 というコンセプトのブログです! 情報や作品・商品紹介にキャラクター同士の会話を取り入れ、 (時に雑談に脱線しつつ) 見て・読んで楽しい記事を目指しています。 せっかく自分たちで作ったブログなので、 「気軽にいろんなことを書いていきたい!」 という気持ちで、日記や雑記、つぶやき的な短い記事も少しずつ増やし中です。 制作・運営は「もみじ」が行っています。 感想など、お気軽にいただけたら嬉しいです。 お仕事のご依頼は、「お問い合わせ」よりお待ちしています。

次の