クリスタ ipad サブビュー。 機能一覧

機能一覧

クリスタ ipad サブビュー

画面のカスタマイズ とりあえず、初期画面だとこんな感じになっています。 こんなふうにすると良いんじゃないかと。 めっちゃ変わってますね。 それぞれの区画(パレット)が独立して動くようになっていて、ドラッグ&ドロップで簡単に移動出来ます(赤くなっているところに移動出来ます)。 もし間違えてしまったら…… もし間違えて分からなくなった場合は初期設定に戻してください。 全体的な考え方とか こんな感じで整理しました。 右利きなので右側にツール系をまとめる(左側、下側は作業スペース)• よく使うもの、似たものを近くにグルーピングする• スクロールがあるものはなるべく縦長に領域を確保する 余力があれば独自のアイコンを作成したりとか、クイックアクセスをまとめるとなお良いと思います。 レイヤーに乗せることが多いので、レイヤーパレットと隣り合っていると便利かも。 あとは素材フォルダ内の整理もありますが、素材登録関係の記事で扱います。 コマンドバーは他で代用効くので非表示にしました。 イマイチ置き場のなかったオートアクションもここに。 これも作業効率化で使えるので、登録が増えてきたら場所考え直すかも。 レイヤーにカラーを設定して、塗りつぶしで塗って、透明色で消すやり方ですね。 一応レイヤー検索も残しています。 レイヤー構成については下記記事参照。 レイヤー枚数がかさむとフォルダ分けしても縦長になるので、なるべく 縦にスペースを取ったほうが使いやすいと思います。 横幅は下描きレイヤーの水色鉛筆がギリギリ表示されるまで狭めています。 特に 特殊効果ブラシは後から追加していくとかなりの数になるので、スクロールが必要になります。 あ、自分はツールプロパティでブラシサイズを変えるので、ブラシサイズのパレットは削除しています。 ツール、サブツールの関係 補足として。 サブツールが開く(サブツールはファイル(道具)のイメージ)• そのうちやろうと思うんですが、よく使う色(肌色とか)をカラーセットにまとめられればなお良いかと。 といっても よく使うのを並べただけですが。 同じタイプのものをグルーピング(ペン、漫画セット、特殊効果など)• コマ割りや定規など場所の分かりにくいもの、なげなわ塗りツールなどよく使うものを全部並べる ツール数が多いので1列ではなく2列にしています(横幅を変えるだけです)。 以下の情報を大いに参考にさせていただきました。 クイックアクセスについて クイックアクセスでよく使うものを一箇所に放り込むことも出来ます。 まあこのへんは使いながら改造していくのがよろしいかと。 参考 ワークスペース設定の保存 出来たワークスペース設定をきちんと保存しておきましょう。 おすすめ環境設定 次は環境設定です。 特にスペックの高くないPCでは動作が軽くなると思うので、ぜひ試してみてください。 ツール設定 以下の通り簡易表示&高速表示にチェックを入れて、切り替え時間は200ミリ秒くらいにしておくと良いらしいです。 最大200回ですが100回あれば十分かな。 インターフェース 淡色か濃色か選べます。 白は眼球疲労の原因になるため避けたいのですが、かといって濃色は黒すぎて見にくいので、淡色の一番濃い色にしています。 折衷案。 ついでにIME制御もONにしとく。 設定ファイルのバックアップ 設定情報は「CELSYS」フォルダに入っていますので、ファイルごとバックアップ取っておきましょう。

次の

【クリスタ】CLIP STUDIO PAINTのサブビューからスポイトで色が選べて便利!

クリスタ ipad サブビュー

iPad版クリスタのサブビューに端末内の写真を読み込みたい iPad版でもパソコン版と似た感じで使いやすくなっていて嬉しいです。 しかし、サブビューに画像を読み込もうとした時に、iPadのフォトライブラリーから画像を読み込みたいなと思い、 ここに要望を書かせていただきました。 iPadは資料として見る分にはsplit viewで写真アプリを表示する方法も あるのですが、サブビューに直接表示できれば色をスポイトで拾えるから便利かなと思っています。 サブビューはタブレットで使うには画面の面積を多く取ってしまうものですし、 現状強く要望しているわけではないですが、もし余力があるようでしたら是非よろしくお願いします。 1 Windows 10 MacOS X 10. 5 MacOS X 10. 6 MacOS X 10. 7 MacOS X 10. 8 MacOS X 10. 9 MacOS X 10. 10 MacOS X 10. 11 mac OS 10. 12 mac OS 10.

次の

iPad(第7世代・10.2インチ)レビュー!画面サイズが大きく価格が安いコスパ最強モデルに!

クリスタ ipad サブビュー

さて、あにめはっく. jpの更新をだいぶサボっていた訳ですが、 その数年間に私は wacom cintiq 12wxを買ったり、絵の描き方を根本的に見直したり、 イラスタ信者になったりと いろいろあり、過去記事を見るとわりと冷や汗が出るのですが 過去記事については追々直していくこととして...... 発売ということで イラスタ信者としては記事を書かねばなるまい と、更新を復活してみた次第です。 機能についての解説...... とか 絵の描き方に主眼を置いた使い方メイキング...... とか そういうCELSYSソフト初心者向け記事も書いてみたいとは思ったのですが、 ま、そういうのは他の人もやってるでしょうし、 公式ページがきっと充実していくと思いますので、 私は私好みにワークスペースを改造した話について書くことにしました。 他の方へ手順を伝えるいわゆるhowtoというよりは、 私はこんな風にしたよ、という記事になっております。 前提として、 私はIllustStudio、ComicStudio EX、RETAS STUDIOを持っている 訓練されたセルシス信者です。 今回発売されたCLIP STUDIO PAINT PROは無償でもらえるというので、嬉々として人柱になります。 インストール直後の状態。 ファイルのダウンロード場所等は省略します。 インストール方法などはわかりやすいpdfがついてくるので 不安な人はプリントアウトして見ながらやればいいと思う。 さて初回起動しました。 ツール類を極力しまって、作業領域を広くとったレイアウト。 Photoshop CSxを意識したレイアウトでしょうか。 予想通りどれも私の好みではないので、ワークスペースを改造します。 コンセプトを決める。 ・カラーイラストを描くことをメインに考える。 (モノクロイラスト・コミックについてはEXが出てから追って考える) ・作業領域は広めに欲しい。 ・色はカラーセットから選び、カラーサークルで調整する。 ・色系およびブラシサイズのパレットは右側に置きたい。 ・よく使うツールは1クリックで選択できるようにしたい。 というあたりが重視したいポイントであるわけですが、 これまでイラスタでイラストを描いてきてますので、 どういうパレット配置なのか、既に具体例ができておりまして ずばり、こういう感じにしたい。 ) 4. パレットを移動、表示/非表示。 一番近いのは多分「イラスト」ワークスペースなので、それ表示してから カラーサークルのパレットを右側に移動したりします パレットを移動するには、このへんをクリックしてボタン押したままドラッグすれば 手を離したあたりでパレットドッグに収納されたりその場に置かれたりしますが、 このへんをクリックしてドラッグすると 複数のパレットがまとめて移動され、ドッグに収納されます。 どこに吸い付くかは半透明赤で表示されます このへんの挙動不審さがphotoshop CS. xぽい感じですが、いじってるうちに多分慣れます。 右側にカラーサークル、カラーセット、ブラシ その左にツールパレットとサブツールパレットを配置しました。 サブツールはツールパレットの設定が終わったら追い出すので仮配置です。 レイヤーパレットは、ほんとは同じ画面内に収めたかったのですけど 1つ1つのパーツが微妙にイラスタよりデカいために入りきらず 大きな液晶タブレットを購入することも検討したのですが、けっきょく を購入しました。 LCD-USB10XB-T 感圧式のタッチモニタで、1万円台で購入できます。 ここにレイヤーと素材類、ツールプロパティパレットを追い出しました。 パレット位置以外に、 ・カラーサークルは三角形(HLS色空間)に変更。 ・サークルの直下のカラーコードもRGBからHLSに変更。 (イラスタではここのが起動するたびにRGBに戻るのが地味に嫌だったんですよ) ・カラーセットにイラスタで使ってたカラーセットを読み込み。 パレットの横のタイル数が微妙に変更されてるのが嫌なかんじですが、透明色で埋めて対処。 ・ブラシサイズパレットを移動&よく使うサイズ以外削除・調整。 ここまでの途中経過。 (私が普段落書きに使ってるサイズです) ・環境設定 メモリ、ツールのカーソル等。 鉛筆ツールの固有カーソルがペンと同じなのが違和感。 これは直して欲しい...... ・コマンドバー編集 png保存を削除、左右反転表示を追加、選択範囲ランチャとダブるコマンドを削除するなど。 好みにより、描画色と透明色の切り替え等も設定しておくとよいかもですね 5. ツールパレットの編集。 さいしょ、ツールパレットは縦横のカラム数(表示幅)しかいじれないのかと勘違いしていたのですが いじれました。 ツールパレット。 まず、ツールパレットでアイコンをクリックしてツールを選択しますと、 サブツールパレットにこういうふうに表示が出まして ツールを変更することができます。 カテゴリ分けもされていて大変見やすいです。 制作チームは何を考えてんだと思いましたが...... サブツールを、サブツールパレットからツールパレットにドラッグすると、 独立したツールになるではないですか。 ふえた あれ?これ、かなり便利じゃね? イラスタではパターンブラシがツールセットの中に増殖して、 フォルダ分けできるにしても見づらかった訳ですが、 この仕様なら、適度に分散できるから探しやすくなるじゃん。 例えば葉っぱブラシとか、地面質感ブラシとかカテゴリ分けしておいてそこから探すとか。 イラスタブラシが読み込めるようにならないことには本領発揮できませんが...... !!w 増殖したツールは、そのツールに属しているサブツールを すべて削除すれば消すことができます。 しかし元のツールが消えてしまった場合、 どうやって復活させればいいんだろう。 また、独立させたサブツールを(UI上の操作で) 元のツールの中に戻す方法がわからない。 サブツールの書き出しをしてファイル化してから、 元のツールで読み込めばいけますけど このへん、操作がいまいち分かりづらいので、改善を期待したいところです。 サブツールのアイコンじゃなくサブツールグループを他のツールのアイコンにドラッグすれば元に戻せるみたい。 と、いうわけで 暫定のワークスペースはこんなかんじになりました。 さて、ここまで見てきて、実際にCLIP STUDIO PAINTをいじった方には 違和感を覚える方もいるかと思います 「なんか文字が消えてない?」 タブとか、タイトルバー部分とか、あきらかに文字がありそうなところに 何も表示されてないんですが なんか噂ではMSゴシック以外のフォントにしてると表示されないバグだとか...... アクティブタイトルバーを 一太郎 承 プレミアムについてきた ヒラギノ 角5 ProN W6 に設定したら表示されない。 メイリオなら大丈夫だったのでとりあえずメイリオに戻しました。 なんなんだろう。 otf形式とかのフォントが表示されないっぽい。 公式に報告済み。 まぁ、セルシスですし、この程度のバグはよくあることですよn......

次の