動画 格闘技。 【衝撃動画】激レア異種格闘技戦「カンフー vs テコンドー」

格闘技動画:日本総合格闘技の黒歴史

動画 格闘技

試合を見たり、スパーリングをして巧いな、強いなと思わせる選手は 「角度を作る」のが巧い。 相手に対して正面から攻めるのではなく、右へ左へ動いて角度を作りながら攻める。 自分から角度を作ると、相手は攻撃しにくく自分は攻撃しやすい位置取りができる。 つまり、カウンターされにくい位置取りができる。 昨日、UFC元ライト級&フェザー級世界王者のコナー・マクレガーの角度を作って攻める打撃テクニックを解説したファミリータイムの動画を見た。 同じマクレガーの打撃テクニックを解説した海外の動画を思い出した。 角度を作って攻めるのは、僕の直近の課題だ。 特に MMAルールで、パンチをメインに闘うには必須のテクニックだ。 ファミリータイムの動画 コナー・マクレガーの必殺技【KOコンビネーションを分析】 1:42頃のTACTICS2 CORKSCREW UPPERCUT - CROSSがファミリータイムの動画と同じコンビネーションの説明。 ファミリータイムと違う点は 「アッパージャブ~ストレート」の部分のみ解説していることと説明者がサウスポーであること、また、MMAなのでキックボクシングのファミリータイムよりも間合いが遠い。 サウスポーなので、 「相手の左外側へステップしながら右アッパージャブ~左ストレート」と解説している。 サウスポーなので、マクレガーと同じだ。 実際のスパーで使っているシーンも流れる。 シンプルだが分かりやすく、マクレガーの他のテクニックも解説されている。 実際に練習したさいの気づき 実際に使う場合は、ファミリータイムのように 「ジャブ~ストレートのフェイント」から入るのがいい。 アッパージャブから入るのは、 顔面のガードが空いた瞬間が相手に見えやすく危険だ。 「ジャブ~ストレートのフェイント」からじゃなくても、 ジャブから、プッシュから、ガードで固まったところ、 相手の攻撃にカウンターでと 相手がカウンターしにくい状況で狙う方がいい。 ファミリータイムで解説されているが、このコンビネーションは、相手の外側に 斜めにステップ するので、 真っ直ぐに下がるバックステップでかわされやすい。 そのため、リングのロープ際などに追い詰めたときなど、 後ろに下がるスペースがない状況で使うのが効果的だ。 その場合、 前に進み過ぎないように注意が必要だ。 前に進み過ぎて距離が詰まると、角度を作っていてもフックやタックルでカウンターをとられる危険性がある。 前に進むことよりも相手の左外側に 横 に動くのを意識するのがいい。 ファミリータイムの実演のように、 後ろ足が少し右横に動 くくらいがいい。 Reemus Boxingの動画George Foreman Later - 5 Masterful Types of Uppercuts - Boxing Skills Art of Boxing フォアマンの「左 リード アッパー~オーバーハンドライト」。 ボクシング元ヘビー級世界チャンピオンのフォアマンは、左ジャブの代わりに左アッパーをリードブローとして使う。 そして、リード左アッパーの勢いのまま、左足右足と2歩右へ歩く、 左足を軸に反時計回りにターンして「角度を作り」オーバーハンドライトへつなぐ。 動画では、0:25くらいからWalking Uppercutとして解説されている。 フォアマンは、右ストレートから、左ジャブから、プッシュから、クリンチから・・・と様々な状況からこのコンビネーションを使う。 動きはゆっくりだが、左リードアッパーの威力と「角度を作る」ことでカウンターを防いでいる。 悠然と歩く姿は、しびれるくらいに格好がいい。 格闘技を始めるかもしれない息子に伝えたいこと• 52本 息子が生まれた。 家には格闘技に関する本やDVDが溢れているし、僕は毎日、家で練習をしたり、格闘技関係の動画を見て過ごしていることが多い。 息子が格闘技を始める可能性は高いだろう。 その時、僕の経験を活かせるように書いて残していく。 もっと早く知っていれば良かったと思うジムの探し方、テクニック、練習方法、トレーニング、独学方法…時間、お金を無駄にしてしまったと後悔していること…将来、息子が格闘技を始めた時にこれを読んで、僕がした失敗を回避し、より楽しく格闘技が出来るようになることを願う。

次の

格闘技動画:日本総合格闘技の黒歴史

動画 格闘技

試合を見たり、スパーリングをして巧いな、強いなと思わせる選手は 「角度を作る」のが巧い。 相手に対して正面から攻めるのではなく、右へ左へ動いて角度を作りながら攻める。 自分から角度を作ると、相手は攻撃しにくく自分は攻撃しやすい位置取りができる。 つまり、カウンターされにくい位置取りができる。 昨日、UFC元ライト級&フェザー級世界王者のコナー・マクレガーの角度を作って攻める打撃テクニックを解説したファミリータイムの動画を見た。 同じマクレガーの打撃テクニックを解説した海外の動画を思い出した。 角度を作って攻めるのは、僕の直近の課題だ。 特に MMAルールで、パンチをメインに闘うには必須のテクニックだ。 ファミリータイムの動画 コナー・マクレガーの必殺技【KOコンビネーションを分析】 1:42頃のTACTICS2 CORKSCREW UPPERCUT - CROSSがファミリータイムの動画と同じコンビネーションの説明。 ファミリータイムと違う点は 「アッパージャブ~ストレート」の部分のみ解説していることと説明者がサウスポーであること、また、MMAなのでキックボクシングのファミリータイムよりも間合いが遠い。 サウスポーなので、 「相手の左外側へステップしながら右アッパージャブ~左ストレート」と解説している。 サウスポーなので、マクレガーと同じだ。 実際のスパーで使っているシーンも流れる。 シンプルだが分かりやすく、マクレガーの他のテクニックも解説されている。 実際に練習したさいの気づき 実際に使う場合は、ファミリータイムのように 「ジャブ~ストレートのフェイント」から入るのがいい。 アッパージャブから入るのは、 顔面のガードが空いた瞬間が相手に見えやすく危険だ。 「ジャブ~ストレートのフェイント」からじゃなくても、 ジャブから、プッシュから、ガードで固まったところ、 相手の攻撃にカウンターでと 相手がカウンターしにくい状況で狙う方がいい。 ファミリータイムで解説されているが、このコンビネーションは、相手の外側に 斜めにステップ するので、 真っ直ぐに下がるバックステップでかわされやすい。 そのため、リングのロープ際などに追い詰めたときなど、 後ろに下がるスペースがない状況で使うのが効果的だ。 その場合、 前に進み過ぎないように注意が必要だ。 前に進み過ぎて距離が詰まると、角度を作っていてもフックやタックルでカウンターをとられる危険性がある。 前に進むことよりも相手の左外側に 横 に動くのを意識するのがいい。 ファミリータイムの実演のように、 後ろ足が少し右横に動 くくらいがいい。 Reemus Boxingの動画George Foreman Later - 5 Masterful Types of Uppercuts - Boxing Skills Art of Boxing フォアマンの「左 リード アッパー~オーバーハンドライト」。 ボクシング元ヘビー級世界チャンピオンのフォアマンは、左ジャブの代わりに左アッパーをリードブローとして使う。 そして、リード左アッパーの勢いのまま、左足右足と2歩右へ歩く、 左足を軸に反時計回りにターンして「角度を作り」オーバーハンドライトへつなぐ。 動画では、0:25くらいからWalking Uppercutとして解説されている。 フォアマンは、右ストレートから、左ジャブから、プッシュから、クリンチから・・・と様々な状況からこのコンビネーションを使う。 動きはゆっくりだが、左リードアッパーの威力と「角度を作る」ことでカウンターを防いでいる。 悠然と歩く姿は、しびれるくらいに格好がいい。 格闘技を始めるかもしれない息子に伝えたいこと• 52本 息子が生まれた。 家には格闘技に関する本やDVDが溢れているし、僕は毎日、家で練習をしたり、格闘技関係の動画を見て過ごしていることが多い。 息子が格闘技を始める可能性は高いだろう。 その時、僕の経験を活かせるように書いて残していく。 もっと早く知っていれば良かったと思うジムの探し方、テクニック、練習方法、トレーニング、独学方法…時間、お金を無駄にしてしまったと後悔していること…将来、息子が格闘技を始めた時にこれを読んで、僕がした失敗を回避し、より楽しく格闘技が出来るようになることを願う。

次の

プロレス・格闘技・ボクシングの情報配信|カクトウログ

動画 格闘技

格闘技動画一覧• 群馬県高崎市出身。 アメリカ合衆国フロリダ州ココナッツクリーク在住。 栃木県宇都宮市の作新学院高校卒業。 アメリカン・トップチーム所属。 元修斗世界バンタム級王者。 UFCの中で好きな選手にはケイン・ヴェラスケスを挙げている。 元々有名になったりテレビに出演したりしたいという欲求がなかったが、人目につかないと稼げないと思い、これがRIZIN参戦のきっかけとなった。 アマチュア相撲断念後にKRAZY BEEに入門した石浦将勝を、スパーリングでボコボコにしたことがある。 石浦は、相撲に避けるという概念が無いのが敗因であると2018年に神取忍から受けたインタビューで振り返っている。 MMA とは 「Mixed Martial Arts」の略。 英語では「混合格闘技」を意味する。 1984年ロス五輪のレスリング金メダリストで、プロレスやUFCの解説も行っていたジェフ・プラトニックが日本の「総合格闘技」という言葉を参考に造語したといわれる。 ウィキペディア 参照.

次の