むやみ やたら。 【むやみ】の例文や意味・使い方

むやみに切なく キャスト・登場人物紹介 キム・ウビン、ペ・スジ主演韓国ドラマ

むやみ やたら

例文 地震 じしんなど、 大災害 だいさいがいが起きた時は、 むやみに動かないで 助 たすけを待ったほうがいいそうだ。 『ジュラシックパーク』では、人間が むやみに 恐竜 きょうりゅうの 遺伝子 いでんしを 操作 そうさして、大変なことになる。 インターネット上に、 むやみに自分の 写真 しゃしんをアップロードするのはやめたほうがいい。 むやみに 株 かぶを買うと、大きく 損 そんをすることがある。 他人 たにんを むやみに 批判 ひはんするのはやめたほうがいい。 薬 くすりには 副作用 ふくさようがあるので、 むやみに飲まないほうがいい。 むやみにタトゥーを入れて、 後悔 こうかいしている友人がいる。 信用 しんようしている人に対しても、 むやみにパスワードを教えてはいけない。 他人 たにんの 家庭 かていの 事情 じじょうを、 むやみに聞かないほうがいい。 話したくない人もいるだろう。 インターネットの 怪 あやしいリンクは、 むやみにクリックしないほうがいい。

次の

むやみの類語・言い換え

むやみ やたら

むやみに切なく 作品データ• 韓国KBS2で2016年7月6日から放送開始の月火ドラマ• 脚本:イ・ギョンヒ(이경희) 『本当に良い時代』『優しい男』• 演出:パク・ヒョンソク(박현석) 『スパイ』• 日本語の場合は甲乙という表現が多いですが、韓国では『甲』『乙』を単独で使用します。 頻出なので覚えておくと良いでしょう。 むやみに切なく 主要キャスト シン・ジュニョン(신준영)役 キム・ウビン(김우빈) 韓流最高のトップスター 俳優と歌手を行き来するこの時代最高のエンターテイナー、韓流最高のトップスター。 高慢で、ギスギスして、生意気で、各種『甲』質、また、断然独歩的であり、圧倒的だ。 最初から夢が芸能人ではなかった。 けれど、5年前、そのことは起こり、チュニョンの人生を丸ごと変えてしまった。 そして5年が過ぎ、チュニョンは、自分のドキュメンタリーを撮りにきたノ・ウルと再び会った。 死にたいほど忘れたかったその子、けれど、死んでも忘れられなかったその子、ノ・ウルがチュニョンの前に現れた。 ノ・ウル(노을)役 ペ・スジ(배수지) ドキュメンタリーPD 顔に鋼鉄板を二重に敷いたようなずうずうしさは基本であり、正体性自体が救済できない『乙』であり、俗物の中でも甲・オブ・甲だ。 彼女とて最初からそうではなかった。 一時は義をもって懲らしめ、1日24時間では足りない熱血出しゃばり屋だった。 けれど、二度の事故が彼女を、彼女の人生を180度変えた。 その時からだった。 権力の前で卑屈にし、金の前で崩れ、強者の前で虚弱で、卑怯に生き始めたのは。 そのように俗物で荒れ果てやつれ暮らしていた28、再びチュニョンに会った。 チェ・ジテ(최지태)役 イム・ジュファン(임주환) KJグループの総括企画本部長 ビジュアル、能力、性格、概念、家、未来・・・まるで神が決意して世に出した野心作のような男だ。 柔らかくてスイートでありつつ暖かく、親切で謙遜し利他的な・・・ノ・ウルに対する感情は初めは・・・ただ哀れみと罪責感だった。 そのように、自分の身分を隠したままノ・ウルのそばに留まっており、その間、自分も知らないうちにノ・ウルを愛するようになったが、それもまた、徹底的に隠してきた。 ところが、あいつが再びノ・ウルの前に現れた。 シン・ジュニョン・・・自分と同じくらい、いや自分よりも資格のないそいつが。 ユン・ジョンウン(윤정은)役 イム・ジュウン(임주은) KJグループ社外取締役兼オーナーシェフ 与党総帥となり、最も強力な大統領選候補であるユン・ソンホの娘。 二十歳の冬、泥酔したまま車を運転していた道で、一人をひき逃げした。 父のユン・ソンホはすべての権力と手段を利用してその日の真実を埋めた。 ヨーロッパの名門料理学校を優秀な成績で卒業した後。 KJグループ社外取締役の座に就いた。 もう残っているのは、チテとの結婚だけだったのに・・・チテの心にはすでにノ・ウルという女性がいた。 嫉妬する水準でさえない乞食の足布のような小娘が。 シン・ジュニョン周辺人物 シン・ヨンオク(신영옥)役 チン・ギョン(진경) チュニョンの母。 ユッケジャン店社長。 チュニョンを自分の父のように、判事や検事にさせて自慢するのが一生の願いだった。 なのに・・・司法試験1次までいったチュニョンが、一言の相談もなくいきなりに学校も辞めて芸人になった。 そう!どこでもお前の勝手に生きてみろ! お前はもう自分の子供でもない!! ヨンオクはチュニョンに勘当を宣言した。 チャン・ジョンシク(장정식)役 チェ・ムソン(최무성) クギョンとマノクの父。 坊主頭の中学生の時からヨンオクが好きだったし、ヨンオクのユッケジャン店で、台所及びサービングを見ている。 クギョンの事故を収拾してくれたチュニョンに深い罪悪感と感謝の念を持ち、チュニョンを自分の息子クギョンよりもっと大切にする。 ナムグン代表(ナムグン テピョ:남궁 대표)役 パク・スヨン(박수영) チュニョンの所属会社の代表。 チュニョンとは、愛憎入り交じった情が全て入った家族のような間柄だ。 チャン・グギョン(장국영)役 チョン・スギョ(정수교) チュニョンのマネージャー、チョンシクの息子。 ガラスの心臓で、チュニョンの一言に口を尖らせて一日中口もきかない小さい堪忍袋の所有者。 涙もろくて笑い多く、愛多く、好奇心旺盛で人情も多い。 チャン・マノク(장만옥)役 チャン・ヒリョン(장희령) 宇宙の大スター、シン・ジュニョンのコーディネーター。 クギョンの妹であり、チョンシクの娘。 毎日チュニョンの記事に、悪リプライを百個ほどつけて、退社後はユッケジャン店でヨンオクとともにチュニョンに不平を言って一日を終了する。 ノ・ウル周辺人物 ノ・ジク(노직)役 イ・ソウォン(이서원) 高校生、ノ・ウルの弟。 名前の通り正しくまっすぐな性格に、和やかな外貌に、ものすごく回る脳まで完璧な青年だ。 だたひとつだけ、姉ウルに関することには情け容赦なく荒れる。 言葉の端々で、『私のチュニョン・オッパに対して恐れもなく』ああだこうだと言いつつ、姉ノ・ウルに脅威をもたらすハルを、どのように人間にさせるかが最高の宿題だ。 コ・ナリ(고나리)役 キム・ミニョン(김민영) ノ・ウルの親友。 一時は『スユリのソン・イェジン』だったが、44サイズから99サイズまで増えた『逆変のアイコン』だ。 いつもノ・ウルのそばを頼もしく、またあたたかく守る。 キム・ボンスク(김봉숙)役 キム・ジェファ(김재화) 女、37歳、コプチャン(モツ)店の主人 ノ・ウルとチテがよく訪れるコプチャン店の主人。 きれいな女に妙な敵対感を持っていて、イケメンな男にとても寛大で慈悲深い。 チェ・ジテ周辺人物 チェ・ヒョンジュン(최현준)役 ユ・オソン(유오성) チュニョンの実の親、チテとハルの父。 法学部2年生の時、ヨンオクに会って恋したが、財閥家の娘であるウンスと結婚した。 その後スター検事出身で現在、国会議員まで出世した。 偶然にシン・チュニョンの家の前でヨンオクを再び見ることになった。 そして・・・彼女の息子がシン・チュニョンという事実も知るようになった。 イ・ウンス(이은수)役 チョン・ソンギョン(정선경) ヒョンジュンの妻、チテとハルの母、KJグループ会長。 財閥一家の婚約者と結婚してチテを生んだが、離婚し、以前から好きだったヒョンジュンと結婚式を挙げた。 ヒョンジュンは検事から国会議員へと成長し、ウンスの事業も順調に進んだ。 幸せしていたその時・・・シン・ジュニョン、あいつが現れた。 チェ・ハル(최하루)役 リュ・ウォン(류원) ヒョンジュンとウンスの娘、チテの妹。 優越した遺伝子を持って生まれたが、その家から出るのが難しい、めったに見ない浪人生。 宇宙の大スター、シン・ジュニョンに会えるという所ならどこでも行き、チュニョンにためであるなら何でもする。 そんなハルに最近、チュニョンよりもっと気を使わせる男が現れた。 チャン・ジョンジャ(장정자)役 ファン・ジョンミン(황정민) チョンシクの双子の姉。 ヒョンジュンの家の入居家政婦。 とても幸せでむつまじい家庭になったヒョンジュンの家庭を見るたびに、チュニョンとヨンオクが痛ましく、わざわざチュニョンのドラマをつけて、チュニョンの歌だけ聞いている。 過去に放送された韓国ドラマの情報をまとめている、韓国ドラマあらすじ団の別館 最近のコメント• に arasujidan より• に yuma より• に より• に より• に より カテゴリー• メタ情報•

次の

むやみの類語・言い換え

むやみ やたら

「やたらめったら」の例文1 先日ら、彼と彼女の2人が珍しく大喧嘩をしました。 普段はとても仲の良いカップルなのか、周りの人達が、2人が喧嘩しているシーンを見たことがなかったのです。 何がきっかけだったのかは、全く不明なのですが、 「彼女が彼氏を罵倒することの言葉は,やたらめったらに激しかったのです。 」 こんな時に使うことがあるかもしれません。 「やたらめったら」の例文2 噂を 「やたらめったら」に広めることはナンセンス。 誰も想像したことがなかった彼女の恋愛話。 彼女はとても素敵なイケメンの彼氏ができたのですが、誰にも気付かれないように水面下で密かに付き合っていたのです。 しかし、クラスメートのC君に見られてしまったのですから、もう大変。 「もう、やたらめったらに噂を広めているから重々、注意することだね。 」 「むやみやたらに声をかけている」というような感じでも使う 「やたら」ですが、 「もう、やたらめったらに声をかけている」という使い方もできます。 icon まとめ 「やたらめったら」という言い回しは、自分の周りで使うことが、結構あるのでは、ないでしょうか? もしかすると、さっきおしゃべりしていた中でも、使っていたりします。 それだけに身近な言葉なのですが、正しい使い方は、 「めったやたら」なのですから、少し迷って頭の中が混乱しそうになります。 「やたらめったら」と言うよりは、 「闇雲に動く」、 「やたらに動くな。 」、 「やたらに使っているだけで。 」 こんなふうに、色々なシチュエーションで使うことが多いのではないかと思います。 「滅多にありません。 」というセリフや言い回しをすることがありますね。 この時の 「滅多」は、 「やたらめったら」の 「めったら」なのです。 単語が並び変わっただけで、ほとんど意味が通用しなくなる言葉をあるかもしれませんが、 「やたらめったら」が何気なく深い意味もなく使われていることは、ちょっと不思議に思えるかもしれません。

次の