アイコ 16 歳。 富田靖子&松下由樹の“生みの親”が涙 デビュー作「アイコ十六歳」豊橋で上映 : 映画ニュース

1980アイコ十六歳

アイコ 16 歳

アイコ十六歳 原題: 製作国: 製作年: 1983 配給: スタッフ 監督: 製作: 原作: 脚本: 企画: 撮影: 音楽: 音楽監督: 美術: 編集: 録音: スクリプター: 助監督: 照明: キャスト() () () (乃) () (子) () () (治郎) (剛) (豊) () (育代) (四郎) (あいつ) (二) (悟) (のぞみ) (の) (の男) (の女) () (屋の) (屋の) () (の) () 解説 をににの、ひと夏のを描く。 の作での「」の。 は「」の、と、の。 一の式の日の朝、でポケッとていたはにおこられ、へ出かけた。 をもらっての、はにつきあっていたあいつがといるのをた。 、彼とは顔もいないが気にはいる。 、はのに出かけた。 でも同じのかわいこのが、やに媚をうり、たちのにあっている。 から帰ったは、のに出されあいつがに入ったことを聞かされる。 が、のにのが。 のもあるのだった。 にもについて説いてくれるには。 、ののことでとしたは、に「とうなったわ」とを切る。 、はにへ出かけ、そこでひとり弓をうつをした。 、ののが届く。 しかもは中だったという噂に。 その中、は皆にむかってのをる。 話終わった後、のがてきた。 にをったはそこでに会う。 、のにぶつかり、その中のがをこえし命を失ったのをは、それがあいつのような気がして、して家に帰った。 、を休んでいるの、たちがやってきた。 そして、はせずいこうと思う。

次の

1980アイコ十六歳

アイコ 16 歳

解説 名古屋を舞台に弓道に明け暮れる女子高生の、ひと夏の青春を描く。 史上最年少の文学賞受賞作で堀田あけみの「1980アイコ十六歳」の映画化。 脚本は「俗物図鑑」の桂千穂、内藤誠コンビと秋田光彦、今関あきよしの共同執筆。 1983年製作/98分/日本 配給:ヘラルド映画 ストーリー 三田アイコは名古屋市内の県立高校に通う一年生。 一学期の終了式の日の朝、いつものように屋根の上でポケッと夢見ていたアイコは母親におこられ、急いで学校へ出かけた。 通知表をもらっての帰り道、アイコは中学時代につきあっていたあいつが女の子と一緒にいるのを見かけた。 中学卒業以来、彼とは顔もあわせていないが気にはかかっている。 夏休み、アイコは弓道部の合宿に出かけた。 合宿でも同じクラスのかわいこブリッコの花岡紅子が、男子やキャプテンに媚をうり、アイコたちの悪口総攻撃にあっている。 合宿から帰ったアイコは、親友のゴンベに呼び出されあいつが暴走族に入ったことを聞かされる。 2学期が始まり、アイコのクラスに生物担当の島崎愛子先生が着任。 彼女は全国大会入賞の経験もある弓道の選手だった。 授業中にも生きることについて熱心に説いてくれる先生にアイコはぞっこん。 ある日、弓道場の清掃のことで紅子と衝突したアイコは、母親に「死にとうなったわ」と告げ手首を切る。 翌朝、アイコは早朝練習に弓道場へ出かけ、そこでひとり弓をうつ島崎先生を目撃した。 数日後、島崎先生の自殺未遂の報告が届く。 しかも先生は妊娠中だったという噂にクラス中大騒ぎ。 その中、アイコは皆にむかって自分の胸の内を泣きながら訴える。 話終わった後、紅子の拍手が聞こえてきた。 病院に島崎先生を見舞ったアイコはそこで紅子に会う。 二人で帰る途中、暴走族の群れにぶつかり、その中の一人がパトカーを飛びこえようとして失敗し命を失ったのを見たアイコは、それがあいつのような気がして、錯乱して家に帰った。 翌朝、学校を休んで屋根の上にいるアイコのところへ、ゴンベたちがやってきた。 そして、アイコはくよくよせず頑張って生きていこうと思うのだった。 同名小説を基にした1983年の青春映画。 監督の今関あきよし、主演の富田靖子のデビュー作。 親友役の松下由樹も本作でデビュー。 デビュー尽くしでフレッシュ。 とにかく当時14歳の富田靖子のナチュラルな魅力! これに尽きる。 100年に一人の超美少女登場!とか、期待の超大型新星現る!とか、そんな感じではない。 何処にでもすぐ近くに居る普通の女の子。 それがダイヤモンドの原石のようで、稀有。 最近、そういうナチュラル・タイプで見出だされる新人女優、あまり見掛けなくなったなぁ…。 やれルックスとか、やれ演技力とか。 演技も悪くない。 伸び伸びリラックスした自然体。 あるシーンでは、胸中の複雑な思いを訴える熱演。 昨年も『友罪』で好助演を見せ、いい女優さんになっている。 話の方は… 剣道に明け暮れる16歳の女子高生アイコの青春の日々。 富田靖子の魅力や今関監督の演出で、一定の瑞々しい感性の作品には仕上がっているものの… ちと思ってたような作品とは違った。 好みのジャンルである何か 本作では剣道 に打ち込む王道の熱血青春ストーリー…のように一見思えるが、それほどメインではなく。 序盤の漫画チックな描写や演出に少々地雷臭したかと思いきや、 多感な時期の女の子の感情や心境が、時々シリアスに。 冒頭で幼い頃可愛がっていた猫を亡くした経緯、合宿中首吊り死体を部員が発見、憧れてる若い女の先生 紺野美沙子が美人! が自殺未遂を図ったり…と、生死感も見え隠れ。 緩かったり、真面目だったり。 女子高生のふんわりとした姿を描きたかったのか、楽しいだけではない青春のほろ苦さを描きたかったのか。 様々な経験をして、前向きに明るく生きていく…的な爽やかなラストではあるが、全体的にどっち付かず。 この作風は、原作の精神がちゃんと描かれているのか、監督の個性かも分からず。 まあでも、この雰囲気はそう嫌いじゃない。 十四歳靖子も含めて。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

「アイコ十六歳」アイコが走った夏の日

アイコ 16 歳

解説 名古屋を舞台に弓道に明け暮れる女子高生の、ひと夏の青春を描く。 史上最年少の文学賞受賞作で堀田あけみの「1980アイコ十六歳」の映画化。 脚本は「俗物図鑑」の桂千穂、内藤誠コンビと秋田光彦、今関あきよしの共同執筆。 1983年製作/98分/日本 配給:ヘラルド映画 ストーリー 三田アイコは名古屋市内の県立高校に通う一年生。 一学期の終了式の日の朝、いつものように屋根の上でポケッと夢見ていたアイコは母親におこられ、急いで学校へ出かけた。 通知表をもらっての帰り道、アイコは中学時代につきあっていたあいつが女の子と一緒にいるのを見かけた。 中学卒業以来、彼とは顔もあわせていないが気にはかかっている。 夏休み、アイコは弓道部の合宿に出かけた。 合宿でも同じクラスのかわいこブリッコの花岡紅子が、男子やキャプテンに媚をうり、アイコたちの悪口総攻撃にあっている。 合宿から帰ったアイコは、親友のゴンベに呼び出されあいつが暴走族に入ったことを聞かされる。 2学期が始まり、アイコのクラスに生物担当の島崎愛子先生が着任。 彼女は全国大会入賞の経験もある弓道の選手だった。 授業中にも生きることについて熱心に説いてくれる先生にアイコはぞっこん。 ある日、弓道場の清掃のことで紅子と衝突したアイコは、母親に「死にとうなったわ」と告げ手首を切る。 翌朝、アイコは早朝練習に弓道場へ出かけ、そこでひとり弓をうつ島崎先生を目撃した。 数日後、島崎先生の自殺未遂の報告が届く。 しかも先生は妊娠中だったという噂にクラス中大騒ぎ。 その中、アイコは皆にむかって自分の胸の内を泣きながら訴える。 話終わった後、紅子の拍手が聞こえてきた。 病院に島崎先生を見舞ったアイコはそこで紅子に会う。 二人で帰る途中、暴走族の群れにぶつかり、その中の一人がパトカーを飛びこえようとして失敗し命を失ったのを見たアイコは、それがあいつのような気がして、錯乱して家に帰った。 翌朝、学校を休んで屋根の上にいるアイコのところへ、ゴンベたちがやってきた。 そして、アイコはくよくよせず頑張って生きていこうと思うのだった。 同名小説を基にした1983年の青春映画。 監督の今関あきよし、主演の富田靖子のデビュー作。 親友役の松下由樹も本作でデビュー。 デビュー尽くしでフレッシュ。 とにかく当時14歳の富田靖子のナチュラルな魅力! これに尽きる。 100年に一人の超美少女登場!とか、期待の超大型新星現る!とか、そんな感じではない。 何処にでもすぐ近くに居る普通の女の子。 それがダイヤモンドの原石のようで、稀有。 最近、そういうナチュラル・タイプで見出だされる新人女優、あまり見掛けなくなったなぁ…。 やれルックスとか、やれ演技力とか。 演技も悪くない。 伸び伸びリラックスした自然体。 あるシーンでは、胸中の複雑な思いを訴える熱演。 昨年も『友罪』で好助演を見せ、いい女優さんになっている。 話の方は… 剣道に明け暮れる16歳の女子高生アイコの青春の日々。 富田靖子の魅力や今関監督の演出で、一定の瑞々しい感性の作品には仕上がっているものの… ちと思ってたような作品とは違った。 好みのジャンルである何か 本作では剣道 に打ち込む王道の熱血青春ストーリー…のように一見思えるが、それほどメインではなく。 序盤の漫画チックな描写や演出に少々地雷臭したかと思いきや、 多感な時期の女の子の感情や心境が、時々シリアスに。 冒頭で幼い頃可愛がっていた猫を亡くした経緯、合宿中首吊り死体を部員が発見、憧れてる若い女の先生 紺野美沙子が美人! が自殺未遂を図ったり…と、生死感も見え隠れ。 緩かったり、真面目だったり。 女子高生のふんわりとした姿を描きたかったのか、楽しいだけではない青春のほろ苦さを描きたかったのか。 様々な経験をして、前向きに明るく生きていく…的な爽やかなラストではあるが、全体的にどっち付かず。 この作風は、原作の精神がちゃんと描かれているのか、監督の個性かも分からず。 まあでも、この雰囲気はそう嫌いじゃない。 十四歳靖子も含めて。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の