レイド 乱数。 ポケモン剣盾 初めてのレイド乱数

ポケモン剣盾イベントレイド乱数調整

レイド 乱数

リスト出力&消費数確認補助ツールをつくりました。 たのしい!!! 準備 ・. NET Framework の最新のやつをインストールしておいてください。 バージョンが古いと動かないです。 ・Windowsにしか対応していないので、MacやLinuxでどうしても使いたい人は仮想環境とかで調べてください。 機能説明 ・seed特定は対応していないので、以下の方法のいずれかでseedを特定してください. - 推奨 めっちゃ検索速い. 8denSearchと機能が連携している. Windows用 - 3V以上しか出ない巣穴は未対応だが物凄く速い - コマンド叩くやつ. 実機のみでのレイド乱数を可能にした偉大なツール. Win以外でも使える - 1SSS 5世代ツールで有名な錆びたコイル氏のツール. チェックを入れていない条件は無視されます。 ・目標個体を見つけたら、[F]またはseedのセルをダブルクリックしてください。 消費補助ウィンドウが起動します。 直接書き換えても大丈夫です。 ・途中で消費数が合っているか確認するときは、いったんセーブしてから個体を捕獲し、「現在出現する個体」通りの個体が出たかを確認してください。 ・もし一致しなかった場合は消費数が間違っています。 個体値を調べ、「出現した個体」に入力して検索ボタンを押すと、候補が出力されます。 ・[F]か「ズレ」のセルをダブルクリックすると、「現在の消費数」を正しい値に修正してくれます。

次の

【ポケモン剣盾】乱数でレイドバトル産色違いが簡単に出せるようになったらしい。

レイド 乱数

乱数調整を始める前に 前提知識 これらの知識がないと乱数調整は難しいかもしれません。 わからない場合は事前にやなどで検索するなどして調べておいてください。 を完全に特定する方法• 時渡りの方法• チートモード ランクマバグ の入り方• レア柱の厳選方法 任意• キャンプバックアップ• 4日目以降はレイドの内容 レア度や種族など が固定されていない 必要なもの• ぼんじり氏制作のseed検索ツール。 自分が知る限り現存するツールの中で最も計算速度が速く、計算や巣穴マップ、V固定数なども実装されている。 SW Seed Calculatorと機能連携しており、プロファイルの共有が可能。 よくある質問 わからないことがあればまずページを確認してください。 実践 はじめに• おまかせレポートをOFFにする• ねがいのかたまりを用意する• 1匹のをレベル100にできるだけの飴を用意する• まじめミントを用意する• 用意できなければドーピングアイテムでもOK Step 1 準備 ツールのセットアップ SW Seed Calculatorのフォルダに8denSearchの. exeファイルをコピーする。 これにより、プロファイルやイベントデータを共有することができる。 SW Seed Calculatorを開き、 プロファイルの編集から乱数調整を行うデータの情報を入力し、登録する。 同じフォルダにコピーした8denSearchを開き、先ほど登録したデータが読み込めているか確認する。 読み込めていれば8denSearchを閉じる。 目的のを決める SW Seed Calculatorの 巣穴マップを開くから巣穴選択ウィンドウを開く。 ポケモンから巣穴を検索から目的のが出現する巣穴を検索することができる。 ワイルドエリアマップ画像のエリアや巣穴をクリックすることでも巣穴を選択することができる。 目的の巣穴が決まったら、 巣穴を決定を押してウィンドウを閉じる。 ねがいのかたまりを投げ込む。 ねがいのかたまりを投げ込んだ柱でしか乱数調整をすることができないため、必ずこの手順を行う。 Step 2 基準seedの特定 基準seedを計算するために使う個体を捕獲する 剣盾のレイドは初日から数えて3日間はレイドの内容が決まっているが、4日目以降は内容が決まっていない。 そこで、V固定数の異なる複数の4日目のとパズルを利用して、seed計算に必要な情報を集める必要がある。 4日目 1体目• SW Seed Calculatorの 巣穴選択ウィンドウの 出現するポケモンを参考にV固定数の最も少ないを確認する• V固定数が最も少ないが2Vの巣穴である場合、3Vのを使ってもパズルはできるが、2Vの方が確率が高いので2V推奨• 3回時渡りをし、4日目に該当のが出るまで厳選をする• 該当のが出たら捕獲し、赤枠内の必要なパラメータをSW Seed Calculatorに入力後、 リセットする• 個体値計算を使用してを求めることもできる。 ミントを使用にチェックを入れることで、 まじめミントを使用した前提で計算を行う。 メインウィンドウで選択した性格は変わらない。 結果を出力して終了を押すことでメインウィンドウの欄に反映される。 の求め方• まじめミントを使う• レベルを100にする• 4日目 2体目 に 6連または 5連と表示されたらへ進む• 表示されなければリセット後に時渡りを1回行ってセーブをし、4日目 1体目 の1. からやり直す• 連続数は多いほど計算が速いので、6連が出るまで厳選しても良い• を搭載したPCを使用している場合は 検索オプションCUDAやを使用した高速計算が可能なので、 4連で次へ進んでも良い 2Vを使う場合は4日目 2体目 は不要• CUDAやを使用した場合、最低 3連で計算を始めることができるが、を使用しても30分以上かかることがあるため気長に待てる人以外は非推奨 4日目 2体目• SW Seed Calculatorの 巣穴選択ウィンドウの 出現するポケモンを参考に4日目 1体目 でツールに指示されたV固定数のを確認する。 3回時渡りをし、4日目に該当のが出るまで厳選をする• 該当のが出たら捕獲し、必要なパラメータをSW Seed Calculatorに入力後、 リセットする 5日目・6日目• 5日目• 4回時渡りをし、5日目のを捕獲する• SW Seed Calculatorに必要なパラメータを入力する• 6日目• 5回時渡りをし、6日目のを捕獲する• SW Seed Calculatorに必要なパラメータを入力する seed検索 必要な情報を全て入力したら、自分の環境に合った 検索に使用するデバイスを選択し、右下の 検索ボタンからseed検索を行う。 OpenCL:GPUを使用する。 CUDA:Nvidia製GPUでのみ使用できる。 OpenCLと同様GPUを使用するがこちらの方が速い。 より引用 seed検索が終わったら出力されたseedをダブルクリックし、 セーブデータ出力に反映されたことを確認したら、 プロファイルの保存をする。 8denSearchを開いて今回使用したデータを選択するとseedが反映されているので、 読み込むを押して次に進む。 求めたseedが正しいか確認をする 任意 8denSearchを開いたら 計算を押し、表示されたリスト内部をダブルクリックして AdvanceSupporterを開く。 時渡りをせず1日目のを捕獲し、 レア度、種族、実数値、レベルを入力し、 検索をする。 [F]が0の個体がヒットすれば求めたseedが正しいと言える。 Step 3 目標個体の決定と乱数消費 目標個体決め 目的のを 選択し、 条件指定をしたら 計算をする。 表示されたリストから狙う個体を選び、ダブルクリックして AdvanceSupporterを開く。 乱数消費 3日前で止めるにチェックが入っていることを確認し、 残り消費数分だけ消費する。 今回は1410消費行う。 このとき多少余裕を持って消費し、最後に微調整することを推奨する 高速消費のやり方• へ移動する• ワイルドエリアで消費作業をすると、ゲームが落ちてしまうことがある• チートモードに入る• チートモードへの入り方 チートモードへの入り方 — めらるば larvesta10• ゲームへ戻らず日付変更を繰り返す• 高速消費のやり方 高速消費のやり方 — めらるば larvesta10• 1月などの31日まである月の 日だけを変更し、1周ごとに30消費とカウントすると数えやすいので推奨 3日前まで消費が終わったらセーブをして、時渡りをせず1日目のを捕獲し、 レア度、種族、実数値、レベルを入力し、 検索をする。 その後、リセットする。 ズレが0の個体がヒットすれば 消費作業は終了。 足りなかった場合はその分だけ消費する。 以前はこの手順もの特定が必要だったが、最新の8denSearchを使えば実数値で検索することができる 目当てのが出るまで厳選をする 乱数調整の手順は終わったので、最後に目当てのが出るまで厳選をする。 3回日付変更をし、4日目のレイドが目当てのになるまで厳選を繰り返す。 目当てのがでたら、その巣穴に他に欲しいがいないならセーブして良いが、他に欲しいがいる場合はキャンプバックアップを使用する。 目当てのが出るまで厳選する• その場でキャンプを開く この時点のバックアップセーブが保存されます• バックアップセーブはエリア移動したときなどに更新されてしまうので、そのような動作をする場合はバックアップが書き換わってしまってると思った方が良い。 別のを捕獲したいときはいつも通りゲームを始めて、3回日付変更をして厳選する手順をやり直す。 目的の個体が光れば成功です。 お疲れさまでした。 おわりに 剣盾の乱数調整が開拓されてから3ヶ月ほど経ち、ツールがほぼ理想系になりました。 また、今回記事にしたのは全てPCで完結させた剣盾レイド乱数調整ですが、以前書いた乱数との併用ももちろん可能です。 興味がある方はそちらも一度読んでみてください。 質問があれば自分が管理している乱数調整Discordまでどうぞ! larvesta10.

次の

ポケモン剣盾イベントレイド乱数調整

レイド 乱数

乱数調整を始める前に 前提知識 これらの知識がないと乱数調整は難しいかもしれません。 わからない場合は事前にやなどで検索するなどして調べておいてください。 を完全に特定する方法• 時渡りの方法• チートモード ランクマバグ の入り方• レア柱の厳選方法 任意• キャンプバックアップ• 4日目以降はレイドの内容 レア度や種族など が固定されていない 必要なもの• Discord『乱数調整』への参加• あれば便利 よくある質問 わからないことがあればまずページを確認してください。 実践 はじめに• おまかせレポートをOFFにする• 1匹のをレベル100にできるだけの飴を用意する• を各1つずつ用意する• ねがいのかたまりを用意する Step 1 準備 目的のを決める あたりを参考に乱数調整したい個体を決めましょう。 目的のが出る巣穴とレア度を確認します。 ねがいのかたまりを投げ入れる 自然発生したレイドは、日付が更新されると発生している位置と内容 イベントレイドの有無など が変わってしまいます。 そのため現在乱数調整が可能なのはねがいのかたまりを投げ入れた、位置と内容が変わらないレイドのみなので、 必ずねがいのかたまりを投げ入れたレイドで乱数調整を行います。 Step 2 基準seedの特定 基準seedを計算するために使う個体を捕獲する からseedを計算する際に、 V固定ではないが5つか6つ連続で必要となります。 V固定数が多いほど、1匹のからV固定ではないを確認できる数が減ってしまいます。 そこで、 パズルを使って、4日目のレイドから出るV固定数の違う複数のから、 連続した5つか6つのを確認します。 以降、seed特定が終わるまでは指示された場所以外ではレポートを書かないでください 4日目 1匹目 とパズル セーブしてる地点を1日目として、3日目まではレイドの内容が決まってます。 4日目以降は内容が決まってないのでレイド内容の厳選ができます。 これを利用して、4日目のを複数捕まえてパズルをします。 画像の黄色く塗りつぶされた4匹を捕まえることが目標です。 まずは、4日目 1匹目 としてその巣穴で最もV固定数の少ない個体を捕まえましょう。 捕獲後飴を使ってレベルを上げてを特定し、メモを取ったらリセットします。 念のため、特性、性格、性別などもメモしておくと役に立つかもしれません V固定数はにまとめられています。 3回時渡りをし、4日目にその巣穴で最もV固定数の少ない個体が来るまで厳選をする• を完全に特定したらメモを取り、リセットする! check5コマンド使って求めたを入力するとがパズルができそうか判断してくれます。 もしかしたらいつかパズルの解説も追記するかもしれないです…• パズルできそうです!と返されたら、に指示されたV固定数のを捕まえに行きます。 パズルできなそうです…と返されたら、時渡りで1日進めて2日目の時点でレポートを書き、その日を基準にして4日目 1匹目 からやり直してください。 このとき、1V個体を使うと この日はこの個体で十分です!と返されることがあります。 その場合は 4日目 2匹目 を飛ばして 5日目・6日目に進んでください。 1V個体を使ったけれどパズル可能だと出た場合は、パズルした方がseedがうまく計算できる確率が上がるので、 4日目 2匹目 に進んでください。 4日目 2匹目 先ほど行ったパズルの判定が通ったら4日目 2匹目 を捕まえに行きます。 に指示されたV固定数のであれば種族は問いません。 捕獲後飴を使ってレベルを上げてを特定し、メモを取ったらリセットします。 3回時渡りをし、 4日目 1匹目 の! check5で指示されたV固定数の個体が来るまで厳選をする• を完全に特定したらメモを取り、リセットする 5日目・6日目 4日目に調べた2匹の情報でseedの計算ができるようになりました。 しかし、このままでは多くのseedがヒットしてしまうので、5日目と6日目のを使って正確なseedを絞り込みます。 この2匹はどんな個体でも問題ありませんが、V固定数が多いほど絞り込みに使える情報量が減るので、誤ったseedが出てしまうことがあるようです。 なるべくV固定数の少ない個体が良いです。 5日目 - 4回時渡りをして5日目に出てきた個体を捕獲する• を完全に特定したらメモを取り、リセットする• 6日目 - 5回時渡りをし、6日目に出てきた個体を捕獲する• を完全に特定したらメモを取り、リセットする 自分は下記のようにポケ徹のカリキュレーターの結果をコピペしてメモを取ってました。 seedコマンドを打つとにseedを検索してもらえます。 ただしseed検索は1日1回の制限があるので、間違ったコマンドを入力しないように夜綱氏のを使って正しいコマンドを生成することをおすすめします。 なお、当ツールの『あほしね』はエラー文です。 入力ミス、あるいは条件を満たしていないです。 正しく入力しているのに Seedが見つかりませんでした。 再計算回数が多すぎるか、または入力された個体値に誤りがある可能性があります。 と言われてしまった場合は、さては日頃の行いが悪いですね?5連続よりも6連続を使ったほうがこの結果を返されてしまうことが減るのでオススメです。 リセットして1日進めて2日目の時点でレポートを書き、4日目 1匹目 からやり直してください。 ただし、今まで捕まえた個体は使い回しができることがあるので4匹全て捕まえ直す必要はありません。 例えば自分の場合は4日目の1V以外のと、6日目のの計2匹捕まえ直せば4匹揃えられることになります。 無事seedが出た人はおめでとうございます。 次のSTEPに進めます。 今回でた基準seedは 0x3FE7279157DEE376でした。 基準seedが正しいか確認をする seedが計算できたら、1日目のを捕まえてを特定してください。 Discordにて! fcheckコマンドを打つと現在の消費数を教えてくれます。 このとき、現在の消費数が0以外だった場合や、結果が出なかった場合は誤ったseedが計算されてしまった可能性があります。 この手順は省いてもいいですが、消費が終わってから誤ったseedだと気付くのはもったいないのでなるべく行った方が良いです。 確認後、リセットして消費作業を1から行います。 Step 3 目標個体の決定と乱数消費• 日付を1日変えてseedを1つ進めることを 消費といいます。 直近の色違いを探す Discordにて! shinyfコマンドを打つと直近の色違いが何消費行ったところにいるか教えてくれます。 画像の例だと、670回日付変更をすればstarエフェクトの色違いが、4345回日付変更をすればsquareエフェクトの色違いが出るということになります。 や特性も知りたい場合は、Discordにて! fdataコマンドを打つと、指定した 消費数、V固定数、隠れ特性の有無で出るのと特性を教えてくれます。 でリスト表示ツールが使いたい方はを使うと、性格、性別、特性なども含めたリストを表示してくれます。 ただし動作が少し重いのでPCが使える方は8denSearchなどを使った方が良いと思います。 SeedCheckerはイベントレイドには対応していませんが、8denSearchは基本的にすぐにイベントレイドに合わせてアップデートされます。 性別と性格を無視した、と特性のみであれはSeedCheckerでも確認することができます。 SeedCheckerの使い方• 目的の巣穴やレア度を選択する。 初期seedに求めた基準seedを入力する。 コピペする場合に、seedの先頭にある 0xはコピーしないでください。 入力できる桁数が限られているため下二桁が消えてしまいます。 始点と 終点にリスト表示する範囲を指定する。 計算ボタンを押す。 リストが表示される。 表示されたリストは、ヘッダーのところをタップすることで並び替えが可能です。 色を降順にソートすることで色違いの消費数が上に並びます。 特性欄の 1,2,Hは、それぞれ 特性1,特性2,隠れ特性を指します。 目標個体を決める 今回は4345消費先にいるsquareエフェクトの色違いを目標に設定します。 Discordに! settargetコマンドを打つと、基準seedと目標消費数を記録してくれます。 高速消費のやり方 まずチートモードに入ります。 この状態でないと日付を変更してもseedが進みません。 一度ホーム画面に戻ってからゲームに戻るときに、画面が一瞬暗転するようになったらチートモードに入れています。 チートモードへの入り方 — めらるば larvesta10 チートモードに入ったら、ゲーム画面に戻らずに、 日付変更してOKを押す1セットごとに1消費されていきます。 このとき、絶対にワイルドエリア内では消費を行わないでください。 処理が重くなりゲームが強制終了してしまうことがあります。 必ずに移動してから消費を行ってください。 高速消費のやり方 — めらるば larvesta10 実際に消費する 基準seedの特定のときにも話しましたが、セーブしてる地点を1日目として、3日目まではレイドの内容が決まってます。 4日目以降は内容が決まってないのでレイド内容の厳選ができます。 そのため、色違いにしたいを厳選したい場合は3日前で止めておかないといけません。 今回の例で言うと4342消費になります。 カウントミスなどで予定よりも多く消費してしまうリスクもあるので、5〜10くらい猶予をもって消費することをオススメします。 今回自分は5消費手前まで消費を進めました。 終わったらセーブをしてからを捕獲してを特定しリセットします。 Discordにて! fcheckを入力すると、現在の消費数と、目標までの残り消費数を教えてくれます。 なお、目標までの残り消費数の()の中の数字は、色違いが出る日の3日前までの消費数です。 画像未更新 ちゃんと残り消費数5でしたね。 残り3になるようにさらに2消費進めてセーブをします。 3回日付変更をし、4日目のレイドに入り色違いが出れば成功です。 おめでとうございます。 目当てのが出るまで厳選したい場合はリセットして3日前に戻ってください。 目当てのが出るまで厳選する 以上で乱数調整の手順は終わりました。 残すは目当てのが出るまで厳選です。 これが一番つらいかもしれない 3回日付変更をし、4日目のレイドが目当てのになるまで厳選を繰り返します。 目当てのがでたら、その巣穴に他に欲しいがいないならセーブしてしまって大丈夫です。 他に欲しいがいる場合は、キャンプバックアップを使いましょう。 目当てのが出るまで厳選する• その場でキャンプを開く この時点のバックアップセーブが保存されます• バックアップセーブはエリア移動したときなどに更新されてしまうので、そのような動作をする場合はバックアップが書き換わってしまってると思った方が良いです。 別のを捕獲したいときはいつも通りゲームを始めて、3回日付変更をして厳選する手順をやり直してください。 まとめ• check5でパズルが可能か判断する• パズルが可能なら先に進み、! seedでseedを特定する• fcheckで正しいseedか確認する• shinyfで色違いまでの消費数を調べる• settargetで消費数を設定する• fcheckで消費数を確認しつつ3日前まで消費を進める• レイドに出るの厳選をする おわりに Discordのを利用してseedが特定できるのは、ぼんじりさんが個人のPCをサーバーとしてを動かして、みんなの代わりに計算してくれているおかげです。 みんなのPC上で何十分もかかる計算をぼんじりさんのつよつよPCが爆速で計算してくれています。 ぼんじりさんに感謝を忘れないように。 また、必要のない負荷をかけないように最低限使い方を理解してから使うようにしてください。 わからないことがあればDiscordで質問していただければお答えします。 また、seed特定だけDiscordを使用して残りの作業はPCを使ってやることも可能です。 その場合はこちらの記事も参考にどうぞ。 Discordに参加したらまず初めに、必ず はじめに必ずお読みください チャンネルに記載されていることを読んでください。 また、の詳しい使い方に関しては gen8-rng-supporter- チャンネルの ピン留めされたメッセージに全て書かれています。 必ずお読みください。 あとおまかせレポートは必ずOFFにしましょう。 やべえ記事書いた張本人がおまかせレポートオンにしてて死んだ!w— めらるば larvesta10 larvesta10.

次の