バスクチーズケーキコンビニ。 コンビニのバスクチーズケーキを食べ比べ!最強ケーキはどれだ(セブン・ローソン・ミニストップ)

バスクチーズケーキ比較・コンビニ【ローソン・セブン・セコマ】編

バスクチーズケーキコンビニ

令和ナンバーワンヒットスイーツ!「バスクチーズケーキ」を食べ比べてみた 2019年ナンバーワンヒットのスイーツといえば……そう、「 バスクチーズケーキ」! バスクチーズケーキとは、真っ黒に焦げたクラシカルなルックスが特徴的な、スペイン発祥のチーズケーキ。 見た目のオシャレさもさることながら、万人から好かれるおいしさで日本のみならず世界中で人気沸騰中なのだ。 2020年もその人気はまだまだ加熱する一方。 「バスチー」のネーミングでブームを加速させたローソンに続き、コンビニ各社やスーパーでもオリジナルのバスクチーズケーキが続々発売されている。 そこで今回は、手軽に買えるチェーン店のバスクチーズケーキを食べ比べてみることに! スイーツコンシェルジュとして活躍中のよしもとさんに協力いただき、コンビニやスーパーなどで今すぐ買えるバスクチーズケーキの食感、味わいを分析する。 ぜひ、あなたのお気に入りのバスクチーズケーキを見つける参考にしてみて! 上段左からローソンストア100、成城石井、ローソン、下段左からセブンイレブン、ミニストップ、ミニストップ(ソフトクリーム) ブームの火付け役・ローソンだけでなくセブンイレブンやミニストップ、成城石井でもバスクチーズケーキが販売されていた。 街を歩けばバスクチーズケーキに当たる、といった勢いでその人気ぶりがうかがえるよう。 ずらりと並べてみると、サイズはだいたい同じだが焼き色などは千差万別。 そもそも、バスクチーズケーキはどういったケーキなんだろうか? よしもとさん: バスクチーズケーキとはその名の通り、スペインとフランスをまたぐバスク地方で生まれたケーキです。 はじめて見た人は「失敗作?」と思ってしまうほど真っ黒な焦げ色ですが、これがおいしさの秘訣。 プリンのカラメルのような香ばしさが非常にいいアクセントになっています。 もともとは、スペインの「ラ・ヴィーニャ」というバルの名物デザートとして有名になったと言われています。 バルとは、食堂とバーが一緒になったような気軽なお店のこと。 お酒と一緒に楽しめるよう作られたケーキなので、甘さが控えめなのも特徴です。 食感はベイクドチーズケーキとレアチーズケーキの良いところ取りをしたよう。 ねっとりとトロリの間くらいの、絶妙なやわらかさです。 うーん、聞いているだけでヨダレが出そう……! それでは早速、1個目のバスクチーズケーキから試食してみよう! 3日間で100 万個売れた!やっぱり強いローソンの「バスチー」 サイズは6個の中でも小ぶりな方 重さは75gと、今回食べ比べた6個の中では小さめサイズだ。 それでは、よしもとさんに味の感想を聞いてみよう。 よしもとさん: キリッと苦いカラメルの風味をしっかり感じられますね。 チーズ生地は濃厚でなめらか。 底までカラメルが染みているようで、どこを食べてもほろ苦いカラメルとまろやかなチーズを良いバランスで楽しめるのが嬉しいです。 食感については、中心までしっかり濃密ですね。 本場のバスクチーズケーキほどの「とろける」ようなやわらかさではありませんが、舌触りはザラつき感も一切なく、ねっとりとした食感を楽しむことができます。 チーズのコクやカラメルのバランスについては、専門店のバスクチーズケーキに迫る本格的な味わいですね。 食べごたえたっぷりの82g 価格はローソンよりも40円ほど高いが、重さは82gと食べごたえ十分だ。 フランス産クリームチーズや北海道産生クリームに、ブランド卵の「エグロワイヤル」を使用したというこだわりようだが…… よしもとさん: とてもクリーミーな口当たりですねですね! ローソンよりも若干重たい生地で、ねっとり、しっとり、舌触りはなめらか。 口溶けもいいですね。 焦げ色が薄い見た目の通り、カラメルのほろ苦さはあまり感じません。 甘さがしっかりしているので、子どもや甘いものが好きな人にオススメです。 チーズの酸味やクセなどはおだやかなので、チーズが好きな人には物足りないかもしれませんが、セブンらしい万人受けするバランスに仕上がっていると思います。 78gと食べ比べた中では平均サイズ つやつやと黒光りした表面がいかにもバスクチーズケーキっぽい……と思ったら、どうやらトップはゼリー状のカラメルを後のせしているようだ。 なのでもともとの焼き色はかなり「美白」ぎみだが、お味のほどはいかがだろうか。 よしもとさん: 食感はかなりしっとりやわらか。 焼き色が薄い分、焼き時間が短くなったのか、とろけるような食感になっています。 すっと舌の上で溶け、他社のバスクチーズケーキよりも軽く上品な印象です。 チーズの香りや酸味もほどよく感じられ、とてもおいしいのですが……いわゆるバスクチーズケーキらしさを期待するとちょっと違うかも。 後のせのカラメルゼリーもあまり存在感がなく、カラメルとチーズのマリアージュは感じられませんでした。 バスクチーズケーキとソフトクリームの相性は……? よしもとさん: 卵感たっぷりのソフトクリームがひんやりとろけ、その後にどっしり濃厚なチーズケーキが口の中でほどけます。 口溶けのいいソフトクリームはさすがのおいしさですね! ふわりと香るほろ苦さは、表面ふりかけられたローストシュガー。 これがバスクチーズケーキらしいカラメル感を演出しています。 ただ、ソフトクリームでしっかり冷やされているせいか、肝心のチーズケーキの食感はかなりしっかり目。 もちろん、これはこれでおいしいのですが、とろけるようになめらかなバスクチーズケーキのイメージからは少し遠いかも。 ですが、ソフトクリームが溶けてくる頃に変化が。 溶けたソフトクリームとチーズケーキがなじんで、しっとりやわらかな舌触りに変身するのです。 まるで2種類のチーズケーキを食べたよう。 色々な食感、風味が楽しめて大満足の一品ですね。 値段が高い分、サイズも一番大きかった 値段が高い代わりに、85gと今回食べた中でもっともビッグサイズ。 また、表面の焦げ具合もかなり本格的だ。 よしもとさん: スプーンを入れた感触は、ずっしり、どっしり。 かなり濃密ですが、「ねっとり」とまでのチーズの濃さはなく、ほろっと崩れるような若干の空気感、軽さもあり絶妙なバランスですね。 生地の高さがあるので、中心にいくほどクリーミーでやわらかになる食感の対比も楽しめます。 味については真っ黒なルックスに反して、カラメルの苦みはさほど感じません。 ローソンのようなほろ苦さを期待しているとガッカリしてしまうかもしれませんが……ほどよい塩気と酸味でとてもおいしく仕上がっています。 生地が重すぎずさっぱりしているので、万人から愛される安定感のあるおいしさです。 繊細な食感は、さすがの高級感! 100円なので、さすがにサイズは小さめ ローソンの「バスチー」に比べると、パッケージがポップになってより手軽な印象に。 サイズは66gと小ぶりで、ちょっとしたおやつにピッタリ。 しかし100円となると、心配なのは味の方だが…… よしもとさん: うーん、チーズ感は薄いですね……! やはり本家「バスチー」と比べてしまうと、チーズの風味の薄さや、舌触りのザラつきが気になってしまいます。 しかし、価格は驚きの「100円」。 そう思うと、バスクチーズケーキのしっとり感や濃厚さがよく表現できているように思います。 チーズの味わいが少ない分、卵感が強め。 「チーズ蒸しパン」のしっとり版、といった印象です。 コーヒーのお供にミニサイズのおやつを……なんてときにピッタリじゃないでしょうか。 食べ比べてみるとこんなに違う! 今回6種類のバスクチーズケーキを食べ比べてみたが、それぞれが驚くほどに個性的! カラメルの苦味が強いもの、チーズの風味が際立っているもの、口溶けがなめらかなもの。 それぞれに違ったおいしさがあり、好みは人によって分かれそうだ。 きっとベイクドチーズケーキやレアチーズケーキだったらここまでの違いは表れなかっただろうが、この懐の広さこそバスクチーズケーキの人気の所以なのかも! 最後によしもとさんに、今回食べ比べた6種類から好みのバスクチーズケーキの選び方を伺った。 よしもとさん: バスクチーズケーキにカラメル感を求めている人なら、圧倒的にローソンがオススメ。 チーズがあまり得意でない人は、セブンイレブン。 すっと溶ける上品な口溶けは成城石井、とろけるようなやわらかさならミニストップですね。 ミニストップのバスク風チーズケーキソフトはソフトクリームもバスク風チーズケーキも楽しめてとってもお得ですし、 ローソンストア100のバスクチーズケーキは、100円以上の値打ちがありますよ。 まだまだ留まる所を知らない、バスクチーズケーキの人気ぶり。 専門店はもちろん、コンビニやスーパーでもおいしいバスクチーズケーキが買えるようになった今、毎日食べ比べても飽きないかも! ぜひ色々なバスクチーズケーキを食べ比べて、理想の一品を見つけてみて!• 374• 154• 394• 100• 135• 708• 314• 106• 435• 103• 139• 115•

次の

【実食レポ】コンビニ3社の「バスクチーズケーキ」を食べ比べてみた

バスクチーズケーキコンビニ

バスチー -バスク風チーズケーキ- 北海道産生クリームと卵黄でさらにしっとり濃厚になりました。 配合と焼成方法を見直して、表面の焦がしカラメルのべたつきを軽減しました。 ローソン標準価格 215円 税込 カロリー 244kcal デザート その他の商品• プレミアムロールケーキ 150円 税込• CUPKE 夏モンブラン くず風ミルクゼリー使用 295円 税込• ミチプー -ミッチリプリン- 240円 税込• パリとろ -パリとろブリュレ- 285円 税込• ふわしゅわ -ふわしゅわスフレ- 240円 税込• お抹茶バスチー -バスク風チーズケーキ- 380円 税込• 生バウム -生バウムクーへン- 165円 税込• チョコクランチエクレア 165円 税込• モアホボクリム -ほぼほぼクリームのシュー- 200円 税込• チョコチップクレープ 生チョコ入り 165円 税込• ふんわりワッフル カスタード&ホイップ 140円 税込• ふっくら生地のプチシュー 13個 300円 税込• ふっくら生地のプチエクレア 7個 300円 税込• どらもっち あんこ&ホイップ 180円 税込• もっちりとした白いたい焼き 130円 税込• 桜餅 こしあん 2個 180円 税込  オリジナル商品 カテゴリ一覧• 地域商品•

次の

【検証】セブンとローソンの「バスクチーズケーキ」を食べ比べてみたよ! カロリーの差にビビった件

バスクチーズケーキコンビニ

ベルツのバスクチーズケーキ ベルツのバスクチーズケーキ 価格:700円くらい カロリー:不明 サイズ:直径6高さ5 これは広尾でのベルツというお店で販売しているバスクチーズケーキです。 一応正式なバスクチーズケーキというのかな。 コンビニのはバスク風チーズケーキなんですよね。 比較基準のためにこのケーキから紹介。 バスクチーズケーキの特徴は グラデーションになった食感です。 外側は硬めのベイクドチーズ。 内側はスフレのような柔らかさ。 中心はほぼクリーム状になっています。 そのどこを食べてもチーズが濃厚。 もちろんオールチーズでよけいな物は何もありません。 なので並のケーキとは比べ物にならないくらい ずっしり重いです。 真っ黒に焦げた表面はインパクトがありますが、この部分は別に苦くありませんよ。 5 3月26日発売 コンビニで最初に発売されたのがローソンのバスチーです。 出たのは3月ですが、10月時点でもまだまだ販売が続きそうなロングセラーになっています。 力を入れている商品なのでいつでも買いやすいのは大きなメリット。 コンビニスイーツはすぐ消えちゃいますからね。 焦げ目のかわりにカラメルソースをかけてあるのが特徴。 食感のグラデーションはありませんが、柔らかめのベイクドチーズのような口当たりはなかなかのもの。 コンビニ他社と比べると最もさっぱりしたケーキです。 価格も一番安いので一般受けしそうなケーキとも言えますね。 5 10月8日発売 セブンイレブンのバスクチーズケーキはとにかく濃厚。 他社も十分濃いんですが、これは甘さもあってコッテリ具合はNo. あまり黒くないけど本家と同じ焦げ目だけのシンプルなビジュアルです。 外側しっかり内側とろりのグラデーションもできていて再現度は一番高いと思います。 欠点はカロリーと値段の高さですかね。 若干の高級感を打ち出してきて、見た目では一番売れやすそう。 このケーキも外側が硬めで中心がトロリとした食感になっています。 とくに中心のクリーミーさはセブンイレブンの上を行っています。 チーズは濃厚ですがセブンのバスクチーズケーキより甘さは控えめです。 見るからに甘そうなカラメルソースもほとんど甘さなし。 うまく再現しつつクドくならないバランスに仕上げてあります。 5 3 ローソン 215円 260kcal 風味軽め 3 4 ミニスト 226円 291kcal 濃厚甘少 4 4. 5 正直、味はどれも美味しいです。 食べて一番パンチがあるのがセブンイレブン。 さっぱりでコスパがいいのはローソン。 ほどよいチーズ感とバランスの良さのミニストップ。 私はミニストップのバスク風チーズケーキが好きです。 クリーミーなチーズの後味が気に入りました。 けど一番最初に消えそうなんだよなあ…。

次の