カルーア ミルク つまみ。 カルーア・ミルク

カルーアミルクのカロリーは?糖質制限には向いている?

カルーア ミルク つまみ

カルーアミルクの基本 カルーアミルクはコーヒーリキュールである『カルーア』に『牛乳』を加えたカクテルです。 シンプルながら香り高く、ほどよい甘さが口の中に広がります。 名前の由来やカクテルの特徴を知れば、より深く味わえるようになるでしょう。 カルーアベースの最も定番カクテル 『カルーアミルク』はカルーアベースの中でも最もオーソドックスなカクテルで、カフェラテに似た見た目や味わいから『大人のカフェオレ』などと称される場合があります。 『カルーア』はコーヒーとサトウキビからなる『コーヒーリキュール』で、コーヒーの香ばしさとモラセス(サトウキビの副産物)の甘さを兼ね備えているのが魅力でしょう。 製造工程の仕上げにはバニラやカラメルが加わるので、何ともいえない魅惑的な香りが広がります。 カルーア自体のアルコール度数は高めですが、牛乳で割ることによって飲みやすさが増し、お酒の苦さが得意でない女性に高い人気があることも特徴です。 カフェインもコーヒーに比べて微量なので、ディナー後や寝る前のカクテルタイムに最適でしょう。 カルーアミルクの由来 カルーアが誕生したのは1930年代のメキシコですが、その後世界中に出荷され、50~70年代のボストンでは、カルーアに生クリームを浮かべる『カルーアミルク』が大流行します。 文字通り『カルーアミルク』は、ミルクで割ったカルーアのことですが、そもそも『カルーア』にはどんな意味があるのでしょうか? 実は、アラビア語でコーヒーを意味する『kahua』が語源になっています。 ちなみに、『カルーア』は商品名でコーヒーリキュール全般を指すわけではありません。 現在のカルーアのパッケージは、メキシコ・ベラクルスの町並みが描かれた郷土色の強いものですが、発売当初はコーヒー豆のルーツである『アラビア(中東)』を意識した模様が描かれていたといわれます。 このように、アラビアとメキシコの両方のエッセンスが織り交ぜられたのが『カルーア』といえるでしょう。 お酒が弱い人は注意、アルコール度数 カルーアはお酒の中でも甘さが強く、牛乳で割るとさらに飲みやすくなります。 お酒の苦手な人でもついゴクゴク飲んでしまいがちですが、飲みすぎると悪酔いする恐れもあるので注意が必要です。 缶チューハイが3%、ビールや発泡酒が4~5. 5%前後だとすると、カルーアはかなり強いお酒の部類であることが分かるでしょう。 カルーアミルクは、カクテル分類の中で、長い時間をかけてのんびり味わう『ロングカクテル』に属します。 ビールやショートカクテルのようにグイグイ飲むお酒ではないことを覚えておきましょう。 飲み過ぎは気持ち悪い原因に ビールや日本酒を飲むときは、枝豆や珍味などの『つまみ』を注文しますが、カルーアはミルクや生クリームで割ることが多いため、つまみを食べずに飲む人も少なくありません。 食事やつまみがないと酔いが早く回り、数杯飲んだだけで気持ち悪くなってしまうでしょう。 また、カルーアミルクは、飲みすぎるとカロリーオーバーで太る可能性もあるので、量や飲み方には十分注意する必要があります。 牛乳の量にもよりますが、カルーアミルク1杯は約180kcal程度で、中盛りのご飯1膳分とおよそ同等です。 カルーアミルクのおいしい作り方 カルーアミルクの魅力は、ミルクとカルーアのコントラストが楽しめることです。 ポイントを抑えて、おいしくて見栄えもよいカルーアミルクを作りましょう。 用意するもの 最初にカクテルを作るための基本の道具と材料を用意します。 マドラー:お酒をかき混ぜるための金属の棒• 計量カップ:材料を計量するために使用• パフェ用の長いスプーン:ミルクを注ぐときに使用• グラス• アイスピッチャー、アイストング、氷• サントリーカルーア:30ml• 牛乳:90ml 基本的な作り方• グラスに氷をたっぷり入れてマドラーで軽くかき回し、グラス全体を冷やしておきます。 水が出たら流し、氷が足りなければ追加しましょう。 カルーアを注ぎ、3回ほど軽くかき回します。 次に牛乳を注ぎますが、パフェ用の長いスプーンをコップの中に入れ、柄の部分から流すようにするとキレイな二層ができます。 お好みでミントを添えて完成です。 カルーアを飲むときはマドラーやスプーンで軽くかき混ぜましょう。 ミルクの割合は1対3を基準に カルーアミルクをおいしく仕上げるコツは、カルーアと牛乳の割合を1対3にすることです。 この割合にすると、カルーアのアルコール度数はおよそ5%前後になり、濃すぎず薄すぎず、ちょうどよい飲み口になります。 以下はカルーアと牛乳の割合とアルコール度数の目安です。 自分の好みの濃さに調節しましょう。 (カルーア対牛乳)• 30ml対90ml=5%• 30ml対120ml=4%• 40ml対80ml=6. 休日の午後のティータイムやおやすみ前のひとときにいかがでしょうか?• 茶葉(ディンブラ):2. 牛乳:60ml• カルーア:40ml• 熱湯:80ml 温めたポットに熱湯と茶葉を入れて3分間蒸らし、通常の2倍の濃さの紅茶を作ります。 次に、たっぷりの氷を入れたグラスに紅茶を注ぎ、続いて牛乳、カルーアを注ぎましょう。 全体をよくかき混ぜたら完成です。 お好みでミントの葉を添えるのも良いでしょう。 冬場は温かい紅茶とミルクでカルーアを割り、仕上げにシナモンパウダーを振りかけるのがおすすめです。 ミルク以外のおすすめの割り方 他のカクテルと相対し、牛乳で割ったカルーアミルクは甘くてまったりとした味わいです。 さっぱりとしたお酒が好みの人はカルーアを牛乳以外のもので割ってみましょう。 3つのレシピを紹介します。 さっぱりした味わいに ソーダ割り カルーアを『ソーダ』で割ると、夏にぴったりのさっぱりとしたカクテル『カルーアソーダ』になります。 牛乳を入れない分、コーヒーリキュール本来の味わいが楽しめるのが特徴です。 ほんのりとした甘さがあるので飲みやすく、リフレッシュしたいときには最適でしょう。 カルーア:45ml• ソーダ:適量• レモンスライス:適量 作り方は簡単で、冷やしたグラスに氷をたっぷり入れ、カルーアとソーダを注いで軽くかき混ぜるだけです。 レモンスライスやミントを添えるとより爽やかさがアップします。 ほろ苦い大人のカクテル ウーロン茶割り 『カルーアウーロン』は、カルーアをウーロン茶で割るという一見不思議な組み合わせです。 しかし、どことなく紅茶に似た味わいがあり、すっきりとした味わいとほろ苦さは一度飲んだら癖になるでしょう。 さらにレモンジュースを入れると酸味やフルーティーさが増し、全体のバランスがよくなります。 カルーア:45ml• ウーロン茶:適量• フレッシュレモンジュール:適量 冷やしたグラスにカルーア、ウーロン茶とフレッシュレモンジュースを注ぎ、軽くかき混ぜて完成です。 強めを飲みたいなら ブラックルシアン 『ブラックルシアン』はカルーアベースの中でもオーソドックスなカクテルです。 ウォッカをブレンドするため、お酒の弱い人は控えたほうが賢明です。 ウォッカはほぼ無味無臭なので、カルーアの個性がグッと引き立つ1杯といえます。 度数が強い割には飲みやすく、琥珀色の色合いも綺麗です。 カルーア:20ml• ウォッカ:40ml 氷の入ったグラスにカルーアとウォッカを注ぎ、軽く混ぜるだけの簡単レシピです。 飲みすぎには十分注意しましょう。 購入可能なカルーアリキュール 日本におけるカルーアの輸入元はサントリーです。 日本にしかない限定フレーバーも取り扱っているので、カルーアのレシピがどんどん増えるでしょう。 日本で購入可能な2つのカルーアリキュールを紹介します。 こちらは200mlの『ベビーボトル』、350mlの『キューティーボトル』、家飲みに最適な700ml、パーティーに重宝する1000mlの4種類があります。 1本あればさまざまなオリジナルカクテルが作れ、外で飲むよりも経済的です。 商品名:サントリー オリジナルカルーア(700ml)• 価格:1278円(税込)• Amazon: サントリー カルーア 抹茶 『サントリー カルーア 抹茶』は、日本限定の抹茶フレーバーです。 カルーアの甘くて濃厚な味わいとまろやかな抹茶が絶妙にマッチし、スイーツのようなカクテルが作れます。 牛乳で割ると、美しいグリーンの色合いが楽しめるのもポイントでしょう。 たとえば、カルーア抹茶を豆乳で割った『カルーア抹茶ソイラテ』やカルーア抹茶ミルクにアイスクリームを添えた『カルーア抹茶フロート』は、女性のゲストに喜ばれます。 寒い日はホットにするのもおすすめですよ。 商品名:カルーア抹茶(700ml)• 価格:1490円(税込)• Amazon: 自宅でおいしいカルーアミルクを楽しもう カルーアが1本あれば、自宅で簡単にカルーアミルクが作れます。 カルーアは、コーヒーリキュールながら豆乳やソーダ、ウーロン茶との相性も抜群でカクテルの幅がどんどん広がるでしょう。 日本ではサントリーの『カルーア コーヒー』と『カルーア 抹茶』の2種類が購入できるので味の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。 甘くて飲みやすいので、くれぐれも飲みすぎには気をつけましょう。

次の

カルーア

カルーア ミルク つまみ

製造 [ ] 材料のコーヒーは、の高地で栽培されたのコーヒー豆のみを使っている。 手摘みして果肉を取り除いたうえ、乾燥させて豆のハスク(外皮)を取り除き、さらにに入れて6か月間させたのち、工場で少量ずつ焙煎(ロースト)する。 そして細かく豆を挽いたのち、大型・メーカーのような抽出器で豆とを混ぜ、コーヒー抽出液を作る。 もう一方の材料となるサトウキビの蒸留酒()は、同じくベラクルス州の高地で栽培されたサトウキビから作られる。 収穫してから茎の部分を粉砕し、その搾り汁を煮詰めてを抽出するときに廃糖蜜()という副産物ができるので、その廃糖蜜にとを混ぜて48時間ほど発酵させる。 それを規定のアルコール度数になるまでし、樽で貯蔵する。 最後に、コーヒー抽出液とサトウキビの蒸留酒を混ぜ合わせてとを加え、8週間寝かせたうえで濾過したものを瓶詰めする。 製品 [ ] 「カルーア」という商品名(商標である)は、でコーヒーを表す俗語「カフワ」 kahua から来ている。 はとからなる大胆なで、ベラクルス州の建築物でよく見られる特有の色合いとフォルムからインスパイアされたものである。 の形状は、商品誕生時からほとんど変わっていない。 のデザインには変遷があるが、コーヒーのルーツであるをイメージしている点では一貫しており、頃からはベラクルス州の土地柄も取り入れている。 コーヒーが原料なのでを含むが、1. 5当たり4. 85mgとかなり微量である。 日本独自のとして「カルーア 」が販売されている。 歴史 [ ] に、メキシコのでコーヒー栽培を営むアルバレス兄弟が地元の起業家ブランコの協力を得て作ったが、最初のカルーアである。 に化学者のモンタルヴォ・ララがアルバレス兄弟の豆を使い、現在のカルーアのレシピを作った。 には世界的に販路を広げ 、には世界で最もポピュラーなコーヒー・リキュールとなった。 カクテル [ ] カルーアを使ったカクテルには次のようなものがある。 エスプレッソ・マルティーニ• カフェ ショコラ ミルク• カルーア・ウーロン• カルーア・オレンジ• カルーア オン アイス• カルーア・コーラ• カルーア・コラーダ• カルーア・サワー• カルーア・ソーダ• カルーア・ベリー• カルーア・ラテ• カルーア・リッキー• コロラド・ブルドッグ• ジェントルマンズ ショコラ• スパニッシュ・コーヒー• ダーティー マザー• B-52• ビター・カルーアミルク• ブレイブ・ブル• フローズン・マドスライド• ベルベット・ハンマー• ホット・カルーア・ミルク• マインド・イレイサー• マドスライド• モンキーズ・ランチ 脚注 [ ]• デジタル大辞泉. 朝日新聞社. 2016年4月11日閲覧。 えん食べ. インターネットコム 2016年2月14日. 2016年4月11日閲覧。 -KAHLUA-. サントリー. 2016年4月11日閲覧。 ニュースリリース. サントリー 2016年1月19日. 2016年4月11日閲覧。 -KAHLUA-. サントリー. 2016年4月11日閲覧。 -KAHLUA-. サントリー. 2016年4月11日閲覧。 2016年4月11日閲覧。 Ted Carnahan 2007年1月22日. 2016年4月11日閲覧。 -KAHLUA-. サントリー. 2016年4月11日閲覧。 2016年4月11日閲覧。 2016年4月11日閲覧。 サントリー. 2016年4月11日閲覧。 Imbibe Magazine. 2016年4月11日閲覧。 関連項目 [ ]• - 日本での輸入元 外部リンク [ ]•

次の

ニコニコ大百科: 「カルーアミルク」について語るスレ 1番目から30個の書き込み

カルーア ミルク つまみ

カルーアミルクの基本 カルーアミルクはコーヒーリキュールである『カルーア』に『牛乳』を加えたカクテルです。 シンプルながら香り高く、ほどよい甘さが口の中に広がります。 名前の由来やカクテルの特徴を知れば、より深く味わえるようになるでしょう。 カルーアベースの最も定番カクテル 『カルーアミルク』はカルーアベースの中でも最もオーソドックスなカクテルで、カフェラテに似た見た目や味わいから『大人のカフェオレ』などと称される場合があります。 『カルーア』はコーヒーとサトウキビからなる『コーヒーリキュール』で、コーヒーの香ばしさとモラセス(サトウキビの副産物)の甘さを兼ね備えているのが魅力でしょう。 製造工程の仕上げにはバニラやカラメルが加わるので、何ともいえない魅惑的な香りが広がります。 カルーア自体のアルコール度数は高めですが、牛乳で割ることによって飲みやすさが増し、お酒の苦さが得意でない女性に高い人気があることも特徴です。 カフェインもコーヒーに比べて微量なので、ディナー後や寝る前のカクテルタイムに最適でしょう。 カルーアミルクの由来 カルーアが誕生したのは1930年代のメキシコですが、その後世界中に出荷され、50~70年代のボストンでは、カルーアに生クリームを浮かべる『カルーアミルク』が大流行します。 文字通り『カルーアミルク』は、ミルクで割ったカルーアのことですが、そもそも『カルーア』にはどんな意味があるのでしょうか? 実は、アラビア語でコーヒーを意味する『kahua』が語源になっています。 ちなみに、『カルーア』は商品名でコーヒーリキュール全般を指すわけではありません。 現在のカルーアのパッケージは、メキシコ・ベラクルスの町並みが描かれた郷土色の強いものですが、発売当初はコーヒー豆のルーツである『アラビア(中東)』を意識した模様が描かれていたといわれます。 このように、アラビアとメキシコの両方のエッセンスが織り交ぜられたのが『カルーア』といえるでしょう。 お酒が弱い人は注意、アルコール度数 カルーアはお酒の中でも甘さが強く、牛乳で割るとさらに飲みやすくなります。 お酒の苦手な人でもついゴクゴク飲んでしまいがちですが、飲みすぎると悪酔いする恐れもあるので注意が必要です。 缶チューハイが3%、ビールや発泡酒が4~5. 5%前後だとすると、カルーアはかなり強いお酒の部類であることが分かるでしょう。 カルーアミルクは、カクテル分類の中で、長い時間をかけてのんびり味わう『ロングカクテル』に属します。 ビールやショートカクテルのようにグイグイ飲むお酒ではないことを覚えておきましょう。 飲み過ぎは気持ち悪い原因に ビールや日本酒を飲むときは、枝豆や珍味などの『つまみ』を注文しますが、カルーアはミルクや生クリームで割ることが多いため、つまみを食べずに飲む人も少なくありません。 食事やつまみがないと酔いが早く回り、数杯飲んだだけで気持ち悪くなってしまうでしょう。 また、カルーアミルクは、飲みすぎるとカロリーオーバーで太る可能性もあるので、量や飲み方には十分注意する必要があります。 牛乳の量にもよりますが、カルーアミルク1杯は約180kcal程度で、中盛りのご飯1膳分とおよそ同等です。 カルーアミルクのおいしい作り方 カルーアミルクの魅力は、ミルクとカルーアのコントラストが楽しめることです。 ポイントを抑えて、おいしくて見栄えもよいカルーアミルクを作りましょう。 用意するもの 最初にカクテルを作るための基本の道具と材料を用意します。 マドラー:お酒をかき混ぜるための金属の棒• 計量カップ:材料を計量するために使用• パフェ用の長いスプーン:ミルクを注ぐときに使用• グラス• アイスピッチャー、アイストング、氷• サントリーカルーア:30ml• 牛乳:90ml 基本的な作り方• グラスに氷をたっぷり入れてマドラーで軽くかき回し、グラス全体を冷やしておきます。 水が出たら流し、氷が足りなければ追加しましょう。 カルーアを注ぎ、3回ほど軽くかき回します。 次に牛乳を注ぎますが、パフェ用の長いスプーンをコップの中に入れ、柄の部分から流すようにするとキレイな二層ができます。 お好みでミントを添えて完成です。 カルーアを飲むときはマドラーやスプーンで軽くかき混ぜましょう。 ミルクの割合は1対3を基準に カルーアミルクをおいしく仕上げるコツは、カルーアと牛乳の割合を1対3にすることです。 この割合にすると、カルーアのアルコール度数はおよそ5%前後になり、濃すぎず薄すぎず、ちょうどよい飲み口になります。 以下はカルーアと牛乳の割合とアルコール度数の目安です。 自分の好みの濃さに調節しましょう。 (カルーア対牛乳)• 30ml対90ml=5%• 30ml対120ml=4%• 40ml対80ml=6. 休日の午後のティータイムやおやすみ前のひとときにいかがでしょうか?• 茶葉(ディンブラ):2. 牛乳:60ml• カルーア:40ml• 熱湯:80ml 温めたポットに熱湯と茶葉を入れて3分間蒸らし、通常の2倍の濃さの紅茶を作ります。 次に、たっぷりの氷を入れたグラスに紅茶を注ぎ、続いて牛乳、カルーアを注ぎましょう。 全体をよくかき混ぜたら完成です。 お好みでミントの葉を添えるのも良いでしょう。 冬場は温かい紅茶とミルクでカルーアを割り、仕上げにシナモンパウダーを振りかけるのがおすすめです。 ミルク以外のおすすめの割り方 他のカクテルと相対し、牛乳で割ったカルーアミルクは甘くてまったりとした味わいです。 さっぱりとしたお酒が好みの人はカルーアを牛乳以外のもので割ってみましょう。 3つのレシピを紹介します。 さっぱりした味わいに ソーダ割り カルーアを『ソーダ』で割ると、夏にぴったりのさっぱりとしたカクテル『カルーアソーダ』になります。 牛乳を入れない分、コーヒーリキュール本来の味わいが楽しめるのが特徴です。 ほんのりとした甘さがあるので飲みやすく、リフレッシュしたいときには最適でしょう。 カルーア:45ml• ソーダ:適量• レモンスライス:適量 作り方は簡単で、冷やしたグラスに氷をたっぷり入れ、カルーアとソーダを注いで軽くかき混ぜるだけです。 レモンスライスやミントを添えるとより爽やかさがアップします。 ほろ苦い大人のカクテル ウーロン茶割り 『カルーアウーロン』は、カルーアをウーロン茶で割るという一見不思議な組み合わせです。 しかし、どことなく紅茶に似た味わいがあり、すっきりとした味わいとほろ苦さは一度飲んだら癖になるでしょう。 さらにレモンジュースを入れると酸味やフルーティーさが増し、全体のバランスがよくなります。 カルーア:45ml• ウーロン茶:適量• フレッシュレモンジュール:適量 冷やしたグラスにカルーア、ウーロン茶とフレッシュレモンジュースを注ぎ、軽くかき混ぜて完成です。 強めを飲みたいなら ブラックルシアン 『ブラックルシアン』はカルーアベースの中でもオーソドックスなカクテルです。 ウォッカをブレンドするため、お酒の弱い人は控えたほうが賢明です。 ウォッカはほぼ無味無臭なので、カルーアの個性がグッと引き立つ1杯といえます。 度数が強い割には飲みやすく、琥珀色の色合いも綺麗です。 カルーア:20ml• ウォッカ:40ml 氷の入ったグラスにカルーアとウォッカを注ぎ、軽く混ぜるだけの簡単レシピです。 飲みすぎには十分注意しましょう。 購入可能なカルーアリキュール 日本におけるカルーアの輸入元はサントリーです。 日本にしかない限定フレーバーも取り扱っているので、カルーアのレシピがどんどん増えるでしょう。 日本で購入可能な2つのカルーアリキュールを紹介します。 こちらは200mlの『ベビーボトル』、350mlの『キューティーボトル』、家飲みに最適な700ml、パーティーに重宝する1000mlの4種類があります。 1本あればさまざまなオリジナルカクテルが作れ、外で飲むよりも経済的です。 商品名:サントリー オリジナルカルーア(700ml)• 価格:1278円(税込)• Amazon: サントリー カルーア 抹茶 『サントリー カルーア 抹茶』は、日本限定の抹茶フレーバーです。 カルーアの甘くて濃厚な味わいとまろやかな抹茶が絶妙にマッチし、スイーツのようなカクテルが作れます。 牛乳で割ると、美しいグリーンの色合いが楽しめるのもポイントでしょう。 たとえば、カルーア抹茶を豆乳で割った『カルーア抹茶ソイラテ』やカルーア抹茶ミルクにアイスクリームを添えた『カルーア抹茶フロート』は、女性のゲストに喜ばれます。 寒い日はホットにするのもおすすめですよ。 商品名:カルーア抹茶(700ml)• 価格:1490円(税込)• Amazon: 自宅でおいしいカルーアミルクを楽しもう カルーアが1本あれば、自宅で簡単にカルーアミルクが作れます。 カルーアは、コーヒーリキュールながら豆乳やソーダ、ウーロン茶との相性も抜群でカクテルの幅がどんどん広がるでしょう。 日本ではサントリーの『カルーア コーヒー』と『カルーア 抹茶』の2種類が購入できるので味の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。 甘くて飲みやすいので、くれぐれも飲みすぎには気をつけましょう。

次の