スプラトゥーン2 ガチマッチ 予定。 【スプラトゥーン2】ガチマッチで勝てない理由ランキング5選

【スプラトゥーン2】リーグマッチのルールとやり方|ゲームエイト

スプラトゥーン2 ガチマッチ 予定

スポンサードリンク ガチエリアのB帯で勝てない! ガチエリアのB帯で勝てない原因として「倒す数(キル)が少なく倒される数(デス)が多い」というのはよくありがちな原因であり、確かにその通りなのだが、それであれば基本的な立ち回りを練習するしかない。 ガチエリアはナワバリバトルの延長であり、他のルールと違い「ホコを持っていたからやられた」「タイミング悪くヤグラに乗って不利になった」ということがないからだ。 ただ、そういったわかりやすい原因ではなく 「敵をたくさん倒しているのに勝てない」「味方全体として倒している数も倒されている数も大体同じくらいなのになぜかノックアウトされてしまった」というようなよくわからないままに負けてしまうことがあるだろう。 恐らくこのページをご覧頂いている方も心当たりがあるのではないだろうか? ここがまさしくガチエリアのB帯を抜け出すキモになる。 ガチエリアでB帯を勝ち抜く立ち回りとは? ガチエリアは慌てて取り返さない ガチエリアを取られると相手のカウントが進む。 不利な状況にしたくないために、 スグに塗り返してカウントストップ、エリア奪取によるペナルティタイムを相手につけたい気持ちはよくわかる。 ところがこれを繰り返していると 不利になってしまう。 冷静に考えてみよう。 相手に塗り替えされたということは相手の前線が押しあがって塗り替えされた周辺には敵が潜んでいる可能性が大きい。 その状態ですぐに塗り返すのはそう簡単なことではない。 それにカウントストップまで塗り返せたとしても周囲に相手がいたらすぐにまた塗り替えされてエリアが相手のインクで染まってしまう。 ガチエリアを塗り替えされたら 意識したいのはガチエリアの周りだ。 相手からすればせっかく奪ったガチエリアをキープしたいという心理になる。 なので、ガチエリアには目が向きがちだが、その周辺はおろそかになりがちになる。 ガチエリアにはボムなどを投げて目を引かせておき、その間にエリアの周りを塗ってガチエリアを奪う準備をしておく。 味方が前線に戻ってきてないならガチエリアの周辺を塗り、余裕があれば敵を倒しながら奪うチャンスをうかがう。 そして、 ガチエリアの周辺を塗り反攻の準備が整ったら一気にエリアを奪取する。 このスピード感が大切だ。 エリアを取ったら前線をあげる! ガチエリアを取ったらあとはこのガチエリアを守り切ればいい! そう思っていないだろうか? スポンサードリンク ガチエリア周辺で戦うのは実は 守る側にとってリスクが大きい。 ガチエリア内でやられたら相手色のインクが飛び散ってしまうし、お互い攻め合っている中でうっかりエリアを取り返されてしまうと、形勢逆転されてしまう。 エリアを取ったら前線を押し上げる意識が大切だ。 ただ、相手のリスタート地点まで押し上げる必要はない。 エリアを守るためにはエリア周辺で戦うのではなく、そもそもエリアに来させないような位置で戦うこと。 これがポイントだ。 キル数、デス数は悪くないのに苦戦してしまう時はこの前線の押し上げが上手くいっておらず、エリア内に突っ込んでくる敵をぎりぎりで倒しているから見かけのキル数、デス数だけ良くなっている、というパターンが多い。 前線の押し上げ、意識してみよう。 自分の役割を意識しよう 自分が何の武器を選び、味方がどんな武器を持ってきたかで自分の役割が何になるのか意識しよう。 細かい役割を意識する必要はないが、 主に「塗り」をメインにするか、「キル」をメインにするかは最初に意識しながらバトルを始めるといいだろう。 例えば自分が52ガロンを持ってキルメインで行こうとしても味方の編成がスプラスコープ、ノヴァブラスター、ホットブラスターカスタムだったら自分が塗りメインで戦った方がチームの勝率は高くなる。 逆にこの編成であなたまでキルメインでいくと塗り負けてしまう。 細かく味方の武器が何でサブウェポンが何でスペシャルが何で…と見分ける必要はない。 ただ、シューター、ローラー、チャージャー、ブラスター…などおおまかな見分けはつけるようにしておこう。 エリアが二つある場合は味方の動きをよくみる ガチエリアが二つあるステージは味方4人で攻めるよりも1:3か2:2で別れたほうが効率がいい。 これは攻める時だけでなく、守る時も同じだ。 先ほどの『エリアを取ったら前線を押し上げる!』はエリアが二つある場合は、味方4人で前線を押し上げてはいけない。 必ず 一人は味方自陣側のエリア周辺に待機しておいた方がいい。 味方が一人残ってくれればあなたが進んでもいいが、逆に全員前線にあがってしまったらあなたは自陣側のガチエリア周辺に残ろう。 これはエリアを取り返す時も同様だ。 正直、負けている時の裏取りに近い行為は賛否両論あるが、B帯であれば、ガチエリアが両方取られている時は、味方自陣側に3人、敵陣側のエリアに1人で打開したほうが結果的に打開しやすいと感じる。 いずれにせよ、エリアが二つある場合は特に味方の動きを見ながら動こう。 スペシャルウェポンは打開のために使う 基本的にガチエリアでスペシャルウェポンを使うタイミングはエリアを取られて不利な状況からの打開の時だ。 そして打開は一人だけではできない。 取られているエリアにアメフラシやマルチミサイルを撃ち込んでも一瞬で塗り替えされてしまうだけだ。 味方の動きに合わせて援護するつもりでスペシャルウェポンを使うのがコツだ。 なお、ステージごとの打開ルートや打開方法は別記事にて解説予定だ。 準備出来次第お届けするのでお待ちいただきたい。 ガチエリアB帯での立ち回りまとめ ガチエリアのB帯を勝ち抜くための立ち回りで大切なのはエリアの周りに目を向けられるかということ。 エリアの周りの塗りはどうか、前線の押し上げはできているか、味方の編成と自分の役割はどうか、などなど。 単純に敵を倒したり、倒されるという数も大事だが、こうした状況判断を身につけることがb帯を勝ち抜くコツになってくる。 ぜひ何回もチャレンジしながら身に着けていってほしい。

次の

【ガチマッチ攻略】ガチマッチでなぜ連敗してしまうのか?連敗の理由の考察と連敗時に注意をすることについて【スプラトゥーン2】

スプラトゥーン2 ガチマッチ 予定

こちらのページでは『スプラトゥーン2(Splatoon2)』における、ガチマッチで勝つために徹底するべきことについてまとめています。 ガチマッチのルールを問わず共通して徹底するべきこと、覚えておきたいことなど、ガチマッチで勝つ方法そのものと言っても過言ではない立ち回り方について解説しているので、ガチマッチでなかなか勝つことができないと言う方は、ぜひ参考にしてください。 ガチマッチで勝つための大前提! ガチマッチはナワバリバトルとは違い、プレイヤー同士の衝突が非常に多いルールとなってます。 それはすなわち、キルのしやすさ、デスのしやすさです。 プレイヤーのテクニックが顕著にでるバトルルールなので、ガチマッチではある程度の実力を持っていること前提で挑まなければいけません。 それではその前提条件は何かと言うと… ・キルを取れるだけのプレイヤースキルを持っている ・各ルールにおけるシステムをしっかりと理解している この上記の2つになります。 この2つが前提としてプレイヤーに備わっているかどうかで、勝機の掴みやすさは格段に変わってきます。 キルを取れるだけのプレイヤースキルに関しては、ひとまずはバトル中の 敵との遭遇率・対面率に対して、勝率が5割以上であればまずまずと言ったところでしょう。 6〜7割ほどあれば、ある程度の勝率の安定感は期待できます。 各ルールにおけるシステムへの理解に関しては、勝敗に直接的に関わってくる部分です。 ガチマッチで勝てない方の多くは、このルールへの理解度の低さが原因であることがほとんどです。 どのウデマエ帯であっても、ルールへの理解度が高いか低いかで勝率は大きく変わり、ほとんどの場合、キルをたくさんとることよりも重要になってくるということをしっかりと覚えておきましょう。 ガチマッチで徹底するべき立ち回り5選! ルールやオブジェクトにしっかりと関わる ガチマッチでは、どれだけルールに関われるかでカウントの稼ぎやすさや勝利のしやすさに影響します。 それは、エリアを積極的に塗ることであったり、ヤグラに乗り続けることであったり、ホコを運ぶことであったり、アサリを集めることであったりと、ルールによって様々です。 そして必ずしも直接的に関わる必要はありません。 間接的にでも十分良く、それこそ所謂アシストであったりカバーであったりと、そのときルールに直接的に関わっているプレイヤーに対して、なんらかの形で関われているだけでそのプレイヤーの立ち回りやすさが大きく変わってくるのです。 ルールに対してなんの恩恵も発生しない立ち回りをしている方は、間違いなくその行動がチームを負けへ導く行動なので、今一度そのルールにおいて自分はどう動くべきか、そもそもそのルールはどういうシステムなのかと言うところを見直してみることをおすすめします。 野良でもチームとの連携を意識する 意思疎通の限られた野良であっても、チームとの連携は常に意識して行動したいです。 それは例えば、攻防を切り替えるタイミングであったり、打開に移るタイミングであったりです。 これらの 一部の行動は、チームと連携することでより効力が高まる行動であり、チームとの連携が取れた場合には、決定打として非常に強力な効果を発揮することができます。 腕に自身がなかったり、 自分はあきらかに弱い部類であると理解しているならチームとの連携を徹底しましょう。 そして、自分は普通よりもうまい部類だと言えるのであれば尚の事で、 同じチームのメンバーすら利用するつもりで連携をするようにしましょう。 チームの足を引っ張る無意味な行動をしない ガチマッチでは、チームの足を引っ張る行動は勝敗に大きく影響してきます。 それはキルの少なさやデスの多さでもありますが、なによりルールに関与していない行動をしているプレイヤーは間違いなくチームの足を引っ張っている状態なので、早急にルールへの理解や立ち回り方を改めるようにして下さい。 他にも、キルにかまけて前線やオブジェクトを放置している方や、防衛フェーズでもないのに安全地帯で潜伏待機している方など、実質的に人数不利の状況を発生させてしまっている方は、人数不利により発生するリスクの重大さを理解していないとしか考えられないので、間違ってもこれらの行動は取らないようにしましょう。 そうでなければ、敗因が自分であっても言い逃れはできません。 まとめ 結論:ルールへの理解度を高めよう! 最終的にはやはり、ガチマッチで勝つためには、ルールへの理解度を高める他ありません。 ガチマッチの各ルールにおけるシステムや、ルールごとのステージの状態、その時マッチングした味方の武器とルールとの相性など、限られた時間で理解しなければいけないことがたくさんあります。 しかしこれらを瞬時に判断し、それに応じた立ち回りで対応できるようになれば、ガチマッチで勝つことはもちろんのこと、連勝することだって難しくありません。 なので、もっとガチマッチで勝ちたい!と言うかたは、必ず前項の3つの要素を覚えてからガチマッチに挑むことをおすすめします。 少なくとも、自分が敗因にならないように注意をするだけでも変化はあるはずなので、そのつもりでガチマッチに挑んでいきましょう。

次の

【スプラトゥーン2】ガチアサリ最強武器ランキング|ゲームエイト

スプラトゥーン2 ガチマッチ 予定

スプラトゥーン2 ステージ情報 スプラトゥーン2 ステージ情報• レギュラーマッチ• ザトウマーケット• フジツボスポーツクラブ• ガチマッチ ガチホコバトル• デボン海洋博物館• エンガワ河川敷• リーグマッチ ガチヤグラ• ムツゴ楼• タチウオパーキング• レギュラーマッチ• 海女美術大学• コンブトラック• ガチマッチ ガチアサリ• ホテルニューオートロ• マンタマリア号• リーグマッチ ガチホコバトル• アロワナモール• アンチョビットゲームズ• レギュラーマッチ• アンチョビットゲームズ• マンタマリア号• ガチマッチ ガチエリア• ザトウマーケット• ホッケふ頭• リーグマッチ ガチアサリ• バッテラストリート• スメーシーワールド• レギュラーマッチ• タチウオパーキング• モンガラキャンプ場• ガチマッチ ガチホコバトル• アジフライスタジアム• ショッツル鉱山• リーグマッチ ガチエリア• デボン海洋博物館• マンタマリア号• レギュラーマッチ• エンガワ河川敷• アジフライスタジアム• ガチマッチ ガチヤグラ• モズク農園• 海女美術大学• リーグマッチ ガチホコバトル• フジツボスポーツクラブ• ガンガゼ野外音楽堂• レギュラーマッチ• ホッケふ頭• スメーシーワールド• ガチマッチ ガチエリア• モンガラキャンプ場• Bバスパーク• リーグマッチ ガチヤグラ• モズク農園• コンブトラック• レギュラーマッチ• チョウザメ造船• Bバスパーク• ガチマッチ ガチアサリ• ハコフグ倉庫• バッテラストリート• リーグマッチ ガチエリア• アジフライスタジアム• ショッツル鉱山• レギュラーマッチ• バッテラストリート• ムツゴ楼• ガチマッチ ガチホコバトル• フジツボスポーツクラブ• ガンガゼ野外音楽堂• リーグマッチ ガチアサリ• ホッケふ頭• Bバスパーク• レギュラーマッチ• モズク農園• ショッツル鉱山• ガチマッチ ガチヤグラ• アロワナモール• スメーシーワールド• リーグマッチ ガチホコバトル• ホテルニューオートロ• エンガワ河川敷• レギュラーマッチ• ホテルニューオートロ• ハコフグ倉庫• ガチマッチ ガチエリア• チョウザメ造船• アンチョビットゲームズ• リーグマッチ ガチヤグラ• 海女美術大学• フジツボスポーツクラブ• レギュラーマッチ• アロワナモール• ガンガゼ野外音楽堂• ガチマッチ ガチアサリ• コンブトラック• タチウオパーキング• リーグマッチ ガチエリア• ハコフグ倉庫• モンガラキャンプ場• レギュラーマッチ• ザトウマーケット• コンブトラック• ガチマッチ ガチホコバトル• マンタマリア号• デボン海洋博物館• リーグマッチ ガチヤグラ• バッテラストリート• アロワナモール.

次の