花沢徳衛。 花沢徳衛とは

御宿かわせみ 全集 DVD

花沢徳衛

「喜劇 女は度胸」倍賞美津子、河原崎建三 倍賞美津子 河原崎建三 今回は森崎東監督1969年製作「喜劇 女は度胸」をピックアップする。 本作は森崎東監督のデビュー作であり、倍賞美津子さんの第一回主演作品になる。 次の監督作品は、翌年に渥美清さん主演の人気シリーズ第2作「」になる。 世界観がまるで違う両作品だが、家族に対するシリアスなモチーフは、喜劇を前置きする必要はないと思った。 【追記・訃報】 「喜劇・女は度胸」「時代屋の女房」など庶民の反骨精神を明るく描いてきた映画監督の森崎東 もりさき・あずま さんが2020年7月16日死去した。 92歳だった。 1956年に松竹入社。 野村芳太郎や山田洋次の助監督に付き、69年、「男はつらいよ」第1作の脚本を山田とともに執筆する。 初監督は同年、山田の原案になる泥臭い人情ドラマ「喜劇・女は度胸」。 翌年には「男はつらいよ フーテンの寅」を監督するが、過激な描写が寅さんの雰囲気に合わないとして、シリーズからはずされる。 その後、「喜劇・女は男のふるさとヨ」「喜劇・女生きてます」など人情豊かな喜劇を監督。 「喜劇ではなく怒劇」と自ら称するように、社会から虐げられている庶民の怒りを代弁する作品を生涯撮り続けた。 75年フリーになり、「黒木太郎の愛と冒険」を発表するも不遇が続く。 83年に古巣松竹で撮った夏目雅子主演の「時代屋の女房」がヒット。 85年の「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」も話題を集めた。 04年の「ニワトリはハダシだ」で芸術選奨文部科学大臣賞。 認知症の母親の介護を明るくつづった13年公開の「ペコロスの母に会いに行く」が、キネマ旬報ベスト・テンの1位に選ばれた。 これが最後の作品になった。 2020. というのも、父泰三 花沢徳衛 は怠け者だし、母ツネ 清川虹子 は働く以外は生きる術を知らないし、ダンプカーの運転手をやっている兄勉吉 渥美清 は衝動的な若さを爆発させる動物のように思えたからだった。 学はこんな人間の集った桃山家を「家庭」だとは思わなかった。 彼は白い柵に囲まれた小さな芝生の庭のある「家庭」を夢みている。 そんな学が恋をした。 彼女の名前は白川愛子 倍賞美津子 、学は愛子にゲーテの詩集を贈り、二人で別の世界を築いてゆこうと心に決めた。 そんなある日、勉吉が見覚えのある詩集を持って帰って来た。 勉吉は酒くさい息で「あんないい子がコールガールやってんのかな……」と囁いた。 学の疑惑に苦しめられる毎日が始まった。 学は連れ込み旅館で問題の女に逢った。 その子は愛子ではなかったが、友達からあの本を借りたという。 学はホッとしたものの、恋人の仲間にこんな女がいるかと思うと気が狂わんばかりだった。 学の苦しみを見て泰三は愛子の友人笑子 沖山秀子 に会った。 この一件より勉吉は泰三と大喧嘩し、学も笑子とつき合っている愛子と絶交してしまった。 それからというもの、泰三も勉吉も学でさえも寝るため以外には家に戻らなくなった。 そんなある日、愛子と笑子が訪ねて来た。 愛子は学と、笑子は勉吉とよりを戻しにやって来たのだ。 二人を迎え入れたツネは、いつになく優しく「うちの倅と結婚してくれないかね……」と頼むのだった。

次の

御宿かわせみ 全集 DVD

花沢徳衛

レギュラー放送の開始以前にパイロット版が2回放送された()。 本項では、テレビ60周年のとして夏・正月に放送されたリメーク版『 クイズ面白ゼミナールR』(クイズおもしろゼミナール リターンズ)、以降不定期で放送されている『 新クイズ面白ゼミナール』(しんクイズおもしろゼミナール)についても述べる。 概要 [ ] 番組のタイトル通り、のを模したスタイルの学術的要素が強いクイズ番組であった。 司会を務めたは(ゼミナールの)「主任」で、解答者は「生徒(学生)」という位置づけで出演した。 解答者は3人1組でチームを作り、総勢4チームが後述のような各種クイズの得点を競った。 ゼミを模しているため、セットの作りは講義室の階段教室の様な作り であり、鈴木は学生に対して基本的に命令調で話しかけた。 また、講義の雰囲気を作るため、スタジオ内で様々な手法を用いて解説を行い、VTRを一切使わなかった。 番組はであったが、観客はスタジオの隅に仕切られたブースの中に隔離され、そこで映像が映し出されたモニターを観覧するシステムであった。 鈴木は番組内で多数の決まり文句を持つ。 私は当ゼミナールの主任教授でございます」という挨拶で始まり、「では、今晩の学生さんをご紹介します」と解答者の紹介へと続く。 最後に鈴木が「それでは今日の勉強はこれで終わります。 また勉強しに来てください。 さよなら、さよなら、さよなら」と締めくくり、学生(ゲスト)がスタジオを出るのを見送る映像が映し出され、エンドロールが流れた。 の放送で記録した42. 、から「 」ブランドでコミカライズ版が発売された(2016年現在は絶版)。 視聴率も軒並み高く好評であったが、司会の鈴木が1月末でNHKを定年退職したこともあり、同年の放送回をもって終了。 鈴木はエンディングで「それでは今日の勉強はこれで終わります。 皆様の知的な人生がますます豊かになることをお祈りしまして、これでお別れいたします。 ありがとうございました」と締めくくった。 出演者 [ ] 主任教授(司会) [ ]• 解答者の紹介、問題の出題、解答の解説、途中経過、成績発表など、番組全ての司会進行を担当した。 鈴木は本番組の高視聴率の影響 もあって、1983年 - に『』の白組司会に起用された。 鈴木は一つのテーマについて本代を7万円かけ、30冊程購入して読んでおり、問題の細かい数値データを含め台本の全てを完璧に覚えていたため、一切何も見ずに司会進行した。 テーマに関して他の全スタッフの調査量が鈴木1人に及ばなかったという話がある。 主な学生(解答者) [ ] 下記の出演者は準レギュラーである。 3人1組で構成される学生チームで、右の席から順に1番2番3番と呼ばれ、2番と呼ばれる人がリーダーとなり「東千代之介チーム」「柳生博チーム」 というようにチーム名にその名前が付けられた(後述)。 ほか クイズの体裁 [ ] 紹介クイズ(ウソ・ホントクイズ) [ ] 解答者を1人ずつ紹介 しながらその人だけに対してウソ・ホントの2択クイズを出題するコーナーである。 正解の場合は拍手が起こり、不正解の場合はブザーが鳴る。 その後で解答に関する補足説明が行われた。 教科書クイズ [ ] 学校で使われている教科書をもとに作成された問題 が、原則4択(初期は3択)で出題されるコーナーである。 正解発表 時は、単に正解を示すだけではなく丁寧な解説を入れた。 初期にはキャプテンがメンバーと相談して代表して解答するスタイルだったが、後に個人で解答する形式に変更された。 歴史クイズ [ ] 歴史の一片を演劇で紹介するコーナーである。 当時鈴木が『』を担当しており歴史上に関する知見を蓄えたこともあり、問題作成にも鈴木が中心に関わった。 問題の部分に差し掛かったところで和服姿の鈴木が登場して3択 クイズを出題する。 選択肢は、演劇に出演した役者 が示した。 最後には役者が全員ステージに並び、鈴木が「こちらが本日のオールスターキャストでございます」というセリフで締めた。 なお、次コーナーへ移行する時にがセットを押して移動し 、その時にお約束として舞台が真ん中から2つに分かれ、ちょうどその真上にいた役者が転んだり股裂きになったりして軽く笑いを取った。 次のゼミナールクイズへ行く前に休憩 が入り、出演者はのセットでお菓子を食べる様子が流される。 なお、末期においては歴史クイズは行われなくなった。 ゼミナールクイズ(特集クイズ) [ ] 毎週なんらかのトピック を取りあげ、それに関するクイズを鈴木 が出題するコーナーであった。 原則4択だが、まれに3択・5択もあった。 また、このコーナーでは取りあげたトピックの専門家を招き、特別講義として解説を行った。 最後の問題は「ボーナスクイズ」として、選択式ではなく近似値クイズ になっている。 ルール・成績評価 [ ] 基本的には問題に正解(オープニングクイズも含む)すると個人別に10点が加算されるが、鈴木の裁量で完全な正解でなくても何点かを与えたり、正解者が3人以内だった場合は「ご褒美」として20点(1人の場合)、15点(2人の場合)、12点(3人の場合)を与えた。 また、1人を除いて全員正解の場合、その人には慈悲で1点(2点のことも)与えたこともあった。 得点はボードに掲示し、点数が書かれたマグネットを付けた。 最後の問題のボーナスクイズ(近似値方式)では正解すると1人30点が加算され、的中でなくとも近い答えには鈴木の裁量によって部分点が与えられた。 ただし正解の数字と極端に離れていた場合、加点はしない。 正解者がいる場合には「正解者あり! 」と鈴木から告げられる。 またボーナスクイズで正解の数字と極端に離れすぎていたり、不正行為 は減点の対象となった。 減点はごく稀だったが、が2度の減点を犯した。 最終的に3人分の総得点がトップだったチームに優勝チーム(ゼミナール賞) 、個人最多得点者に優秀賞、2位に敢闘賞が贈られた。 ゼミナール賞の賞品はのがデザインした。 前から見ると「? 」、横から見ると逆向きの「」の形に見えるゴールデンであり「どこから見てもクエスチョンマーク」と称した。 また、個人賞は前から見ると「? ただし、トロフィーは1個ずつしかなかったことから実際には収録後に返還し、別のトロフィーを受け取った。 なお番組中、チーム3人の総得点がたったの10点という例が1983年4月24日放送分で発生し、その時には「同情賞」と称しての置物が与えられた。 放送時間 [ ] すべて(JST)• 毎週 20:00 - 20:49( - ) 月1回(原則最終週)は『』を放送したため休止した。 毎週 19:20 - 20:00(1982年 - ) 収録スタジオ [ ] 東京・渋谷 東本館1階 101スタジオ テーマ曲 [ ]• 番組は、が手掛けたものである。 『』、『』、『』のテーマ曲とよく似ている。 「教科書クイズ」の前のジングルは、『』の冒頭4小節を主題としたものだった。 最後の表彰の部分は、「」の「見よ勇者は帰りぬ」の一部をジャズアレンジにしたもので、表彰される人毎に流れた。 パイロット版 [ ] 番組開始前の(20:00 - 21:09)と(19:15 - 20:29)の2回パイロット版が放送された。 番組構成は教科書クイズ、歴史クイズ、時事クイズからなり、時事クイズは初回が「石油クイズ」、2回目が「クイズ食糧」であった。 また、解答者は初回が「人気番組レギュラー対抗」、2回目は「人気女優チーム対抗」でグループを組んだ。 クイズ面白ゼミナールR・新クイズ面白ゼミナール [ ] 放送終了から25年後の、の夏の特別番組として、『 クイズ面白ゼミナールR』(クイズおもしろゼミナールリターンズ)のタイトルで放送された。 番組フォーマット・テーマ曲・ジングルはレギュラー放送時のものを踏襲した。 当時の司会であった鈴木は84歳と高齢なこともあって「名誉教授」として、進行役としてNHKアナウンサーのが「見習い教授」として出演した。 学生(解答者)はNHKの・BSプレミアムの番組出演者で、7月放送ではかつてレギュラー放送時に学生としての出演者が「面白ゼミナールチーム」として、8月放送ではレギュラー放送時にはまだ生まれていない メンバーが「AKB48チームBS」として出演した。 また、にも放送された後、2014年3月29日放送分から『 新クイズ面白ゼミナール』に改題した上で不定期放送される。 各回の「ゼミナールクイズ」のテーマは以下の通り。 「新」第4回以降はゼミナールクイズはなし。 クイズ面白ゼミナールR 回 初回放送日時 テーマ 第1回 20:00 - 21:00 日本人とスマホ 第2回 2013年 20:00 - 21:00 日本人と氷 第3回 20:00 - 21:00 正月SP 日本人とお年玉 新クイズ面白ゼミナール 回 初回放送日時 テーマ 第1回 2014年 20:00 - 21:00 日本人と引っ越し 第2回 2014年 20:00 - 21:00 日本人と天気予報 第3回 2014年 21:00 - 22:00 日本人とロボット 第4回 2014年 20:00 - 21:00 第5回 1月1日 18:00 - 19:00 元日スペシャル 第6回 2015年 19:00 - 20:00 第7回 2015年 20:00 - 21:00 第8回 2015年 20:00 - 21:00 第9回 2015年 20:00 - 21:00 第10回 19:00 - 20:00 『クイズ面白ゼミナールR』では以下の点についてレギュラー放送と異なっている。 前述の通り、徳永が教授役として番組進行を担当しており、鈴木は名誉教授席に座り、徳永や学生への助言や補足説明を行う。 最初の紹介クイズの際、正解時は正解のチャイムが鳴る。 4択のプラカードは「クイズ」「面白」「ゼミナール」「R」に分けられ、Rのみ背景色が黄色になった。 8月の放送では、レギュラー放送にはなかった出題時にプラカードを回す際の効果音が流れた。 点数は字幕スーパー表示となる。 個人賞がなくなり、トロフィーは優勝チーム全員に渡された。 デザインはレギュラー放送時の優勝トロフィーと同じでサイズはレギュラー放送時の個人賞と同じである。 レギュラー放送時と異なり実際に持ち帰ることができる。 2013年8月と2014年1月の放送では、番組史上初めてVTRを用いたクイズが出題された。 2014年1月の放送では、1チームの人数が2人になった。 2014年1月の放送ではオープニングのウソ・ホントクイズを全員で答えるようになり、それとは別に2択のクイズが登場した。 ゼミナールクイズでは、レギュラー放送のような特別講義は行わない。 また、『新クイズ面白ゼミナール』では以下の点がレギュラー放送や「R」と異なる。 また鈴木のスタジオ出演がなくなり 、徳永が単独で番組を進行する。 4択のプラカードは「新」「クイズ」「面白」「ゼミナール」に分けられ、「新」の背景色が黄色になった。 歴史クイズ内の再現ドラマはが担当し、毎回ゲストアクター(、、、など)が登場するようになったほか、一部の役者がセリフを話すようになる。 第7回からはアシスタントの一人であるも再現ドラマに参加する。 また、徳永の衣装が歴史クイズのみ和装に変わることがなくなった。 第2回から紹介クイズが「ベスト3クイズ」に変わった。 あるテーマのベスト3を解答する。 アシスタントが4つの選択肢のプラカードを持っており、1つはダミーである。 解答者はプラカードを1つ選択して順位の解答台にさし込む。 解答は順位通りでなくても良い。 正解でチャイムが鳴って勝ち抜けとなり、次の解答者が別の順位を解答、不正解でブザーが鳴って列の後ろに並び直し、次の解答者が解答する。 制限時間は1分、ベスト3がすべて出揃うまでのタイムを競い、タイムが短い順に40点・30点・20点・10点が加算される。 ただし、1分を超えると失格となる。 ゼミナールクイズにはVTRが本格的に導入され、主任教授の徳永が直接取材に出向く。 第4回からはゼミナールクイズがなくなり、徳永のVTR問題も教科書クイズの扱いになった。 また紹介時のクイズがなくなり、ベスト3クイズは教科書クイズと歴史クイズの間になった。 関連商品 [ ] 書籍 [ ]• KODANSHA情報パック NHK クイズ面白ゼミナール()• 学研まんが ()• クイズ面白ゼミナール(、1983年) 小型のとカートリッジ、問題集がセットになっている。 カートリッジをゲーム機本体に差し込んで付属の問題集に書かれた問題を読み、答えをゲーム機に入力して正誤を判断する。 10問連続正解すると、本放送と同様に「?」の形をしたトロフィーを掲げた鈴木そっくりの姿が表示される。 カートリッジと問題集は歴史編・理科編・算数編の3種類が用意された。 (、2009年12月17日、専用ソフト) 番組を完全に再現し、声も鈴木本人が担当する。 番組では3人でのチーム戦だが、このゲームでは個人戦となる。 ルールも番組とは違い、ゼミナールクイズでは一般的な早押しクイズとなる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 上段に2チーム(左:赤、右:青)、下段に2チーム(左:緑、右:黄)であった。 名札板の名前の部分の前に左の人から順に1、2、3の数字が書かれ、2番の人がキャプテンでキャプテンの名前がそのままチーム名になった(ただし改編期にあたる4月と10月の初回は番組対抗となることがあった)。 「さぁ、書きなさい! 」など。 時には「答えを2つ書きなさい。 ハイどうぞ! 」というものもあった。 」と言った(同率順位がある場合は「60点が2チーム」と言っていた)。 極端に点数の悪いチームがある場合は「60点、40点、30点、何故(なぜ)か10点」と言い、観客の笑い声が聞こえるということがだった。 続けて同じ状況となった場合には「またもや」とも言った。 番組のオープニング・エンディングは当時のテレビのをイメージしたカットに、鈴木「主任教授」の顔写真をアニメーションにしたものを使った。 (日曜放送時代にはエンディングに鈴木「主任教授」の後ろ姿の写真もあった)• このオープニングの挨拶は、鈴木が何を言うか考えることを忘れていたまま本番が始まってしまい、とっさにの「知は楽なり」というフレーズを基に喋ったものだという。 この挨拶はのちの「クイズ面白ゼミナールR」では使われなかったが、「新クイズ面白ゼミナール」になってから司会の徳永に継承された。 「それではここで、ご褒美を上げることにします」• 「タッチの差でございましたが敢闘賞を差し上げます。 回によっては「それでは今日の勉強はこれでおしまいにします。 」と締めくくったこともある。 木曜放送時代はブルーバックを背にエンドロールが流れた• 最終回の優秀賞は、敢闘賞は、ゼミナール賞はチーム(花沢徳衛、、)であった。 番組開始当初からまではNHKとしてテロップは「鈴木健二アナウンサー」、1988年からはとしてテロップは「鈴木健二」と表示された。 その他、著書『』の大ヒットの影響もある。 これは『』においても同じだった。 スタジオのセットや画面には「東千代之介チーム」「柳生博チーム」等と表示されていたが、鈴木が呼ぶ場合には「東千代之介さんチーム」「柳生博さんチーム」というように敬称を付けた。 番組対抗で出演した解答者の中にはNHKアナウンサーも含まれたが、その人物についての紹介は解答者本人自ら自己紹介する形だった。 実際、(NHKアナウンサー)も番組対抗で気象情報チームの解答者として参加したことがあった。 コーナー冒頭では鈴木が「質問をしますから、ホントかウソかで元気よく答えてください」と言った。 基本的には日本の教科書が中心だったが、日本国外の教科書から取り上げる場合もあった• 4人のアシスタントが「クイズ」「面白」「ゼミ」「ナール」のを持って現れ、鈴木の合図で裏返して答えを表示する(裏返らなかった選択肢が正解である)。 とりわけ理科問題や家庭科の場合は、スタジオで実演をすることで分かりやすく解説した。 次の歴史クイズに行く前に、教科書クイズで行われた実験を出演者が行う場面が流される。 から9名が出演したという。 この手法は後の『』『』等に引き継がれた。 「休戦中」の旗が立てられた。 当時ニュースなどで話題になったものが選ばれることが多かった。 ここでの鈴木は原則スーツスタイルだが、トピックによってはそれに合わせた服装で進行することもあった。 3択の場合はプラカード最初の「クイズ」がなく、5択の場合はプラカードの「面」と「白」が分けられる。 で使われるような問題である。 ただし、「フェルミ推定」の語は番組放送当時日本ではほとんど広がっておらず、そのような考え方もごく一部の専門家を除き一般的ではなかったため、フェルミ推定を使ったと思われる回答者はほとんど見られなかった。 部分点は10 - 20点であった。 正解の数より1つ違いであればそのまま30点加算されることもあった。 本当は不正解だったのに正解が発表された後であわててフリップを正解のものに書き直し「当たった人〜」で書き直したフリップを出した場合など。 後に出入り禁止処分になった。 表彰時に流れるBGMはファンファーレではなく、表彰曲として知られる「」をイメージしたメロディーが流れ、ゼミナール賞のほか優秀賞及び敢闘賞とに分かれメロディーがアレンジされた。 鈴木が、前の人のBGMが終わらないうちに次の表彰の紹介をするので、切れ目なく音楽が流れ、ルーティンワーク的な雰囲気を醸し出した。 なお、レギュラー放送最終回で鈴木が「足掛け9年に渡って放送」と発言した理由は、このパイロット版2回分を含めたためである。 出演は当時AKB48の・当時の・の田島芽瑠の3名。 そのテーマに関係するゲストは引き続き迎えている。 これら以外は、基本的に『R』の形態を引き継ぐ。 初回は冒頭のVTR出演だけで、セリフも「おかげさまで、私の良き後継者を得ました」の一言のみ。 第2回以降は出演なし。 主に選択肢を示すところで。 1位正解後に3位を解答したり、途中で解答する順位を替えても良い。 出典 [ ]• ビデオ・リサーチ. 2013年7月20日閲覧。 『テレビ50年 in 』(刊)、『テレビ60年 in TVガイド』(刊)、週刊TVガイド 号「歴史への招待」記事より。 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部 『NHK年鑑'82』 日本放送出版協会、1982年、148頁。 2015年9月18日閲覧。 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部 『NHK年鑑'82』 日本放送出版協会、1982年、156頁。 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部 『NHK年鑑'81』 日本放送出版協会、1981年、152頁。 2013年7月16日. 2013年7月21日閲覧。 2013年6月19日. 2013年7月21日閲覧。 外部リンク [ ]• 関連項目 [ ]• - が司会を務めたの番組。 司会者が自らを「先生」に見立て、出演者を「生徒」とみなす形式がとられた。 木曜 20:00 - 20:49枠 前番組 番組名 次番組.

次の

脇役誕生

花沢徳衛

来歴・人物 [編集 ] 渋谷大向尋常小学校を5年で中退し、指物師として修行を開始(には花沢美術家具研究所を設立)。 に洋画家を目指してへ行き、に師事、家具職人をしながら洋画を勉強する。 が、絵だけでは生計を立てることが出来ず、を目指してに京都の(後の)の俳優養成所に入所。 に『』で映画デビュー。 戦後はに参加し、表門の防衛隊長を務めた。 争議の終結後、フリーとなり、の東京映画俳優協会の結成に尽力。 独立プロ作品に多く出演し、その後は『』シリーズで刑事役を演じた。 テレビドラマでは『』の祖父役で全国的な人気を得る。 絵の腕前はプロ級で、美術展にも入選しており、自らの個展も開いていた。 、のためで死去。 89歳没。 死に際し、からは「自分の考えや感性を貫いており、いい意味の頑固な役がよく似合った、貴重な俳優だった」とコメントされ、頑固な中高年役を得意としていた。 の党員でもあり、党歴は50年を越えた。 各種選挙で候補者の推薦人になり、紙上にたびたびコメントを寄せ掲載された。 刊行した著作は、しんぶん赤旗に連載したコラム記事や週刊誌などに寄稿したものへ加筆と新たに書き下ろした原稿(内容は時代描写に思い出等の、役者としての矜持や仲間への述懐など)、自らの筆による挿絵で纏めて構成したものである。 出演 [編集 ] 映画 [編集 ] 太字の題名はベストテンにランクインした作品• (1937年、)• 伊太八縞 (1938年、東宝)• (1942年、東宝) - 森岡二整曹 役• (1945年、東宝) - 浪人 役• 浦島太郎の後裔(1946年、東宝) - 放送員 役• (1947年、東宝) - 泥酔した温泉客 役• (1947年、東宝) - 伝田 役• (1947年、東宝)• (1947年、東宝)• 第二の人生(1948年、東宝) - 機関士西村 役• (1949年、東宝)• (1949年、東宝) - 百姓 役• 殺人者の顔(1950年、東宝) - ハゲの男 役• (1950年) - 床屋 役• (1950年、) - 鶴田上等兵 役• (1950年、新映画社) - チビ 役• (1951年、前進座) - トラックの男 役• (1952年、キヌタ・プロ)• (1952年、新星映画)• (1952年、北星)• (1953年、現代ぷろ) - 木下 役• (1953年、日本炭鉱労働組合)• (1953年、)• 赤い自転車(1953年、第一映画) - 源田 役• (1954年、新星映画) - 組の男 役• 勲章(1954年、俳優座)• ともしび(1954年、キヌタ・プロ) - 村長 役• (1954年、近代映画協会) - 几 役• (1955年、近代映画協会)• (1955年、山本プロ) - 市川弥太 役• 警視庁物語 逃亡五分前(1956年) - 吉岡刑事 役• 警視庁物語 魔の最終列車(1956年) - 吉岡刑事 役• 警視庁物語 追跡七十三時間(1956年) - びっこのもぐり医者 役• 警視庁物語 上野発五時三十五分(1957年) - 林刑事 役• 警視庁物語 夜の野獣(1957年) - 林刑事 役• 警視庁物語 七人の追跡者(1958年) - 林刑事 役• 警視庁物語 魔の伝言板(1958年) - 林刑事 役• 警視庁物語 顔のない女(1959年) - 林刑事 役• 警視庁物語 一〇八号車(1959年) - 林刑事 役• 警視庁物語 遺留品(1959年) - 林刑事 役• 警視庁物語 深夜便一三〇列車(1960年) - 林刑事 役• 警視庁物語 血液型の秘密(1960年) - 林刑事 役• 警視庁物語 聞き込み(1960年) - 林刑事 役• 警視庁物語 不在証明(1961年) - 林刑事 役• 警視庁物語 十五才の女(1961年) - 林刑事 役• 警視庁物語 十二人の刑事(1961年) - 林刑事 役• 警視庁物語 謎の赤電話(1962年) - 林刑事 役• 警視庁物語 十九号埋立地(1962年) - 林刑事 役• 警視庁物語 ウラ付け捜査(1963年) - 林刑事 役• 警視庁物語 全国縦断捜査(1963年) - 林刑事 役• 警視庁物語 十代の足どり(1963年) - 林刑事 役• 警視庁物語 自供(1964年) - 林刑事 役• 警視庁物語 行方不明(1964年) - 林刑事 役• (1956年、東映) - とん平 役• (1956年、松竹) - 栗田米次 役• (1957年、東映) - 伴野多吉 役• (1958年、東映) - 果物屋の親爺 役• 裸の太陽(1958年、東映) - ちょびひげの男 役• (1958年、松竹) - 勘六 役• 七つの弾丸(1959年、東映) - 江東タクシー配車係 役• (1960年、東映) - 宋老人 役• 白い崖(1960年、東映) - 宮原 役• (1960年、東映) - 雪の駅の駅長 役• (1961年) - 天下清助 役• (東映)• シリーズ(東映) - 青木丹左衛門 役• (1961年)• (1964年)• あれが港の灯だ(1961年、東映)• 俺が地獄の手品師だ(1961年、東映) - 竹森老管理人 役• (1961年、東映) - 放庵 役• 無宿者シリーズ(ニュー東映)• アマゾン無宿 世紀の大魔王(1961年) - 精神病院の患者 役• ヒマラヤ無宿 心臓破りの野郎ども(1961年) - 社会部長 役• 水戸黄門 助さん格さん大暴れ(1961年、東映) - 喜十郎 役• 天草四郎時貞(1962年、東映) - 与三右衛門 役• 丹下左膳 乾雲坤竜の巻(1962年、東映) - 中村大膳 役• (1963年、東映) - 朝舜和尚 役• (1963年、松竹) - 山ノ助 役• シリーズ()• 悪名市場 (1963年) - 菱屋 役• 悪名無敵 (1965年) - 元締 役• (1964年、松竹) - 浄閑和尚 役• 拝啓総理大臣様(1964年、松竹) - 浴場主任松本 役• (1964年、東映) - 蟹江夢斎 役• (1964年、) - 仁右衛門 役• (1965年、東宝) - 松造 役• 一発かましたれ (1965年、東映)• (1965年、東映) - 中井岡三郎 役• (1965年、東映) - 菊池浩一 役• 泣かせるぜ (1965年、)• (1966年、東映)• (1966年、東映) - 源八 役• (1966年、松竹) - 差配の源兵衛 役• 1966年、日活 -小雪の父正造 役• (1967年、東映) - 山崎 役• 喜劇 大風呂敷 (1967年、日活)• ドレイ工場 (1968年、「ドレイ工場」製作上映委員会) - 宇野組長 役• (1968年、東宝) - 遠山正介 役• 喜劇 女は度胸 (1969年、松竹)• (1970年、松竹) - 高利貸チンケ 役• (1970年、松竹) - 父清太郎 役• (1971年、ダイニチ映配)• 無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた (1971年、東宝)• 喜劇 女は男のふるさとヨ (1971年、松竹) - 徳田刑事 役• 喜劇 女売出します (1972年、松竹)• どぶ川学級 (1972年、「どぶ川学級」製作上映委員会)• (1974年、東宝) - 中川留市 役• (1974年、松竹) - 瀬音の小兵衛 役• (1974年、東宝) -老書房主 役• (1974年、松竹) - 三木の同僚安本 役• (1975年、東宝)• (1975年、東宝)• (1976年、東映) - 奥垣松夫 役• (1976年、東映)• 天保水滸伝 大原幽学(1976年、富士映画) - 長兵衛 役• (1977年、東宝) - 滝口伝蔵 役• (1977年、松竹) - 磯川警部 役• (1979年、共同映画) - 役場の吏員 役• (1979年、松竹) - 益田常吉 役• (1982年、東宝)• (1983年、東映) - 勘兵ヱ 役• (1983年、こぶしプロ) - 雑貨屋 役• (1985年、松竹)• (1987年、松竹)• (1987年、東映) - 待合室のおじさん 役• (1987年)• (1990年、松竹) - 松造 役• (1992年、松竹) - 老僕 役• (1992年、東映)• (1993年) - 特攻隊員の遺族 役• さくら (1994年、)• (1997年、) - 朝倉の父 役 テレビドラマ [編集 ]• 松本清張シリーズ・黒の組曲 第24話「弱味」(1962年、) - 北沢 役• (NHK)• (1965年) - ごんぞ 役• (1970年) - 与五兵衛 役• (1978年) - 才蔵 役• (1979年) - 役• (1982年、NHK) - 房五郎 役• 第26話「黒い香水」(1965年)• 第236話「喜劇・いらっしゃいませ集団万引様」(1969年)• 第290話「荒野の大列車襲撃」(1970年)• 第308話「結婚サギ師 責任とってもらいます!」(1971年)• 第317話「恋人を殺して姉弟心中」(1971年)• (NHK)• (1966年)• (1986年)• (1992年 - 1993年)• (TBS)• (1969年)• (1972年) - 市兵衛 役• おりん (1972年) - 金井忠作 役• 第43話「あった! 幻のパン!? 第4話「島抜大海原」(1973年) - 三左衛門 役• 第19話「元締無用」(1977年) - さそりの弥八 役• 第5話「本所立川」」(1978年) - 隼の俊次 役• 第17話「酔いどれ用心棒 -松山-」(1974年7月29日) - 牛方 役• 第29話「花嫁になったお新 -飯田-」(1976年12月6日) - 幸八 役• 第24話「裏切り武士道 -宇和島-」(1977年12月26日) - 巳之吉 役• 第11話「父子つないだ頑固そば -盛岡-」(1980年10月27日) - 清兵衛 役• 第37話「野望を断った天下の名刀 -高松-」(1984年7月9日) - 源兵衛 役• 第7話「花火にかけた父娘の意地 -岡崎-」(1986年6月9日) - 治平 役• 第65話「勘太 西へ参りまする」(1975年)• 第148話「実る情けの職人気質」(1977年) - 喜八 役• L) - 大家六兵衛 役• 第23話「持った病の人助け」(1975年3月10日)• 第16話「因業大家と人情大工」(1982年6月21日)• 第21話「母は天下の御意見番」(1983年9月12日)• 第7話「意地比べ江戸っ子気質」(1984年9月3日)• 第6話「鱈に当たった変な奴」(1990年5月28日)• 第52話「哀しみの蒸気機関車はふるさとを走る!! 」(1975年)• 第64話「たいやきブームに殺された女子高校生? 」(1976年)• 第99話「命を賭けた結婚式」(1976年)• 第1シリーズ 第17話「母子道に灯がともる」(1977年) - 卯平 役• 第2シリーズ 第12話「雨あがり」(1978年) - 六文屋 役• L) - 松五郎 役• 第14話「いのち炎の如く 梶警部の最期! 第15話「鳥葬! 第378話「怪盗組織の罠を暴け」(1979年) - 小指の吉兵衛 役• 第485話「花嫁絶唱お父っつあんの唄」(1981年) - 茂三 役• 第111話「ラジオカセットのある殺人風景! 」(1979年) - 結城金次郎 役• 第237話「木枯らしや…」(1981年) - 宮坂 役• 第455話「絆・ミッドナイトコールに殺しの匂い! 」(1986年)• 第14話「行け! (1980年 - 1982年、NHK) - 嘉助 役• 死刑執行五分前・息子は犯人じゃない! 第3シリーズ 第2話「兇賊」(1982年、テレビ朝日) - 鷺原の九平 役• (1982年、NHK) - 伊吉• (1983年、NTV)• 第12話「ヨメ子は天女になったので」(1983年) - 源吉• 第42話「清と老人と海と」(1990年)• (1985年 - 1986年、NHK) - 横沢与七 役• (1987年、NHK) - 菊田 役• 「帰郷」(1988年、)• 第2シリーズ 第10話「女賊」(1991年) - 瀬音の小兵衛 役• 第3シリーズ 第14話「二つの顔」(1992年) - 与平 役• 大逆襲! 第3話「老人ホームを救え! 第8話「代稽古」(1992年、NHK)• (1994年、NTV) - 斉藤 役• (1996年、フジテレビ) - 孫請国正 役• (1996年、NHK) 劇場アニメ [編集 ]• (1961年) - 安藤左内• (1963年、) - 野良犬A バラエティ [編集 ]• () 著書 [編集 ]• 『花沢徳衛の恥は書き捨て』(1986年、)ISBN 978-4406013765• 『幼き日の街角』(1987年、新日本出版社)ISBN 978-4406015097• 『芝居は無学の早学問』(1994年、近代文芸社)ISBN 978-4773326185• 『脇役誕生』(1995年、)ISBN 978-4000026277 出典 [編集 ].

次の