引っ越せおばさん。 引っ越し引っ越しさっさと引っ越し しばくぞー(笑)って騒音おばさん...

リーガルハイで懐かし「騒音おばさん」パロディー? 「引っ越し!引っ越し!」ネット盛り上がる: J

引っ越せおばさん

俺の部屋は高い 家賃わりと高い ついでに声も高い だけど腰は低い 隣のばばあ おせっかい 「やかんのお湯がわいてるわよお! 」 沸かしてない、お湯なんか沸かしてない それは 俺のハギシリ ギターソロ! ばばあソロ! 「高見沢さん! あまた自転車どけてくださらないと、 通れないじゃないの!? 」 ギターソロ! ばばあソロ! 「な~に、ちょっと高見沢さん!? おでん作り過ぎちゃったわよ!? 食べなさいよ あんたやせてるんだから」 エアギター! エアばばあ! 「はぁ~」 ハイトーン Wow Wow パンチがないぜ ローファット! Wow Wow 貫録ないぜ 俺はベリーナイスミドル 引っ越せ! 引っ越せ! 騒音おばさん 裁判したら俺が勝つ シャウト! シャウト! 高音おじさん しばくぞ! しばくぞ! レスポールでしばくぞ! 言えなくて 言えなくて 夜露に濡れてピンポンダッシュ! 引っ越せ! 引っ越せ! 騒音おばさん 俺はなんにも悪くない シャウト! シャウト! 高音おじさん 出るとこ出てもいいんだぜ 俺とお前の 俺とお前の スープも冷めないディスタンス.

次の

高見沢俊彦 騒音おばさんVS高音おじさん 歌詞

引っ越せおばさん

俺の部屋は高い 家賃わりと高い ついでに声も高い だけど腰は低い 隣のばばあ おせっかい 「やかんのお湯がわいてるわよお! 」 沸かしてない、お湯なんか沸かしてない それは 俺のハギシリ ギターソロ! ばばあソロ! 「高見沢さん! あまた自転車どけてくださらないと、 通れないじゃないの!? 」 ギターソロ! ばばあソロ! 「な~に、ちょっと高見沢さん!? おでん作り過ぎちゃったわよ!? 食べなさいよ あんたやせてるんだから」 エアギター! エアばばあ! 「はぁ~」 ハイトーン Wow Wow パンチがないぜ ローファット! Wow Wow 貫録ないぜ 俺はベリーナイスミドル 引っ越せ! 引っ越せ! 騒音おばさん 裁判したら俺が勝つ シャウト! シャウト! 高音おじさん しばくぞ! しばくぞ! レスポールでしばくぞ! 言えなくて 言えなくて 夜露に濡れてピンポンダッシュ! 引っ越せ! 引っ越せ! 騒音おばさん 俺はなんにも悪くない シャウト! シャウト! 高音おじさん 出るとこ出てもいいんだぜ 俺とお前の 俺とお前の スープも冷めないディスタンス.

次の

引っ越せおばさんとの対決

引っ越せおばさん

引っ越し引っ越しさっさと引っ越し しばくぞー 笑 って騒音おばさんかなり受けたのですが事実は嫌がらせをうけた被害者だとありましたが真相やいかに? 騒音おばさんの真相動画をみる限りすごくかわいそうな方だと思いました。 やはりマスコミが悪いのでしょうか?そしてできれば騒音おばさんをご存知の方ご近所のかたからみて実際のあの方の印象などもあればお聞かせ下さい。 それにしても創価学会って本当に電磁波攻撃や集団ストーカーなどやっているのでしょうか?よほど暇ですよね… 補足近所の方から鍵穴に接着剤でふさがれたと涙ながらに裁判で語ったそうでかなりいじめられてたみたいですね!近所の方ではなくても良いので動画をみた印象や創価の攻撃についての感想を教えて下さい。 マスコミでは加害者として報道された騒音おばさん。 しかしネットでは「騒音おばさんの真実」として、実はおばさんは被害者だったという真実が語られています。 けど、この真実はどこから出てきたのか、というと週刊新潮の一記事だそうですよ。 マスコミは真実を報道しない!ネットで真実を知った!と多くの方が憤慨なさってますが、結局出典はマスコミ… 結局自分の信じたい情報を信じているだけじゃ? 老夫婦が実は創価学会員だった、なんてのもソースはこの雑誌の記事だけです。 騒音おばさんの真実なんて、実際関係者じゃないとわからないでしょう。 あくまで説ですが、おばさんのあの行動は統合失調症の症状に似ているため、おばさんは統合失調症だったのではないか?という説も聞いたことがあります。 いずれにせよ、その根拠にない真実とやらを信じて、誰かに伝聞することは避けた方がいいと思われます。 この経緯は 騒音おばさんの旦那と三人の子供が、旦那側の家系の遺伝による難病に犯されている事を理由に、後から引っ越して来た宿敵学会員の老夫婦が、「創価に入れば病気が良くなる」と、根拠の無い事を言って騒音おばさんを勧誘したが断られ、それでもしつこく勧誘したが断られて、老夫婦は次第に嫌がらせをし出したそうです。 老夫婦の家に眩しい外灯が設置されて騒音おばさんが、眩しので光がうちに入らないようにお願いしたら老夫婦に拒否されたり、朝から布団叩きをしたり(後にこれがおばさんの反撃のメインになる)、学会員の仲間を20~30人を老夫婦の家に集めて騒音おばさんを集団で監視したりしたのです。 こういう陰湿な嫌がらせに反撃して、布団叩きながら、大音量の音楽を鳴らすようになったのです。 それも本当は言い合っているのを、創価の手により老夫婦の音声だけを消して、おばさんひとりが怒鳴っているように編集されたビデオがマスコミに提供されて、「私達はこんな被害に遭っています」なんて被害者に成り切っていたのです。 騒音おばさんは老夫婦が引っ越して来る前は近所で結構評判のいい人だったそうです。 ゴミ捨て場の掃除を自ら率先したり、花の手入れを教えてあげたり、騒音を出すようになってからも、うるさくして申し訳ないと、近所に菓子折りを配って回ったりしていたそうです。 老夫婦の家以外とは、普通に付き合いしていたそうです。 逮捕前にテレビ局のインタビューに答えていた映像がYouTubeにありましたが、ごく普通に対応してましたよ。 老夫婦は、「鳥のさえずりの聞こえるのどかな場所に住もうかと思っていた」なんて言ってました。 そんなんなら住宅街に住まずに、山奥でも住めばいいのだからただの馬鹿!老夫婦は身から出た錆ですよ!!.

次の