パンテーン。 パンテーンでかゆいのは何が悪い?イライラをスッキリ解消するコツとは?

パンテーンは髪に良くないと聞きますが、シリコンシャンプーである事以...

パンテーン

ワンレンが流行していた1990年代前半。 なめらかなストレートヘアを手に入れたいと、髪のダメージケアに関心が集まっていました。 そんな女性たちのニーズに応えて、1991年に登場したのがヘアケアシリーズ「パンテーン トリートメント シャンプー&コンディショナー」です。 「健やかで輝く髪」をコンセプトに開発されたパンテーンシリーズ。 最大の特長は、ブランド名の由来でもある浸透性保湿成分「パンテノール(プロビタミンB5)」を、1991年発売時から配合しつづけていることです。 パンテノールは、1940年にスイスの製薬会社が、肌の研究の中で開発した成分。 その後、髪の健やかさや滑らかさの向上にも働くことが発見されました。 1947年、世界初のビタミン配合のヘアトニックとして、「パンテーン ヘアトニック」がヨーロッパで発売されると、ヨーロッパはもちろん海を越えて米国でも人気の製品となりました。 1999年、 「パンテーン Pro-V」シリーズとしてリニューアル。 髪本来の健康的な美しさを目指したこのシリーズは、新たにミクロプロビタミン処方を採用。 髪のカラーリングが一般に普及すると、ダメージケアへのニーズもさらに高まります。 2003年の製品リニューアルでは 「エクストラ ダメージケア」シリーズが登場。 ひどく傷んだ髪は、髪の内部のマトリックスが流れ出した状態。 そこで、キューティクルの保護だけに終わらず、髪の内部にまで有用成分を浸透させて補修する新処方を採用しました。 このとき、もう一つのシリーズ「モイスト スムースケア」もあわせて、ロゴやパッケージを一新。 高級感をさらに増しました。 2004年には、パンテーン初の 洗い流さないトリートメント「ディープ リペア エッセンス」が登場。 ヘアケアへの意識が高い日本女性の厳しい目を経て開発した製品は、海外へも展開されています。 そんなトリートメントへの深い知識を生かし、一日中いつでも、気になった時にヘアケアできるこの製品は、今も人気のアイテムです。 2007年には、 ウエラとの共同研究から生まれたプレミアムライン 「パンテーン クリニケア」が登場。 ヘアケアのエキスパートとして130年培ってきたウエラのノウハウと、パンテーンのテクノロジーを融合。 毛先のダメージ、髪のうねりやクセなど、大人の根深い悩みに応える製品展開でファンを獲得しています。 そして今年2013年、パンテーンの研究チームは、おそらく多くの人にとって意外な髪のダメージ要因にたどりつきました。 水の中に含まれる銅イオンが、髪のダメージ要因となりうるのです。 新処方ダメージブロッカーが、水中や髪の表面に蓄積した銅イオンをとらえて、髪をダメージから守ります。 ダメージケアへのあくなき追求。 健やかで輝く美しい髪を通じて、女性たちに自信にあふれて輝いてほしい、それがパンテーンの変わらぬ願いです。

次の

パンテーン×アホ毛フリーのCMが衝撃的!違和感の声も多数!

パンテーン

メーカーによって効果的な使用法を紹介していますので確認しておきましょう。 まずお風呂に入る前にブラッシングをして髪のもつれをよくときます。 これは シャンプー時に髪についた汚れやホコリなどを落としやすくするためです。 次は湯洗いです。 地肌から分泌される皮脂は毛先まで伝わり髪表面を覆うため、ぬらし始めの髪は水をはじきます。 シャンプーは泡立ちが洗浄効果に比例しますので皮脂分を洗い流しましょう。 その後シャンプー適量を手のひら全体にのばし、髪全体になじませます。 この時髪の毛の表面をクルクル回すようにして泡立てながら、 指の腹を使って地肌をマッサージするように洗います。 洗い流す前に余分な泡をしぼり取っておきましょう。 そしてシャワーを地肌にあてながらすすぎます。 髪の内側も忘れずにしっかりすすいで完成です。

次の

【元美容師が解析】購入は待て!パンテーンエクストラダメージケアシャンプー2つの駄目成分とは?

パンテーン

MENU• 日本だけでなく、世界中で販売されているシャンプーです。 もともとはスイスの製薬会社で、 髪のなめらかさに関わるパンテノールという成分名からパンテーンというブランドが誕生しました。 名前のとおり全てのシャンプーにパンテノールが含まており、髪の芯からケアができます。 シリーズ全体の成分などの傾向 残念なことに、メインの界面活性剤としてラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naが使われています。 どちらも 非常に洗浄力が高く、髪のパサつきを生み出す原因となる可能性が。 価格帯 ボトル1本あたり500円〜1200円程度です。 よくある市販の高級アルコールシャンプーの価格です。 安価に買えるため、日常使いに利用している人も多いかもしれませんね。 パンテーンシャンプーがオススメな人・オススメじゃない人! これらの特徴を踏まえて、どんな人におすすめなのか確認していきましょう。 おすすめ おすすめしない ・ハリのある髪になれるというパンテノールを試してみたい ・日常的に皮脂や汚れがつきやすく、洗浄力の強いシャンプーが欲しい ・肌が強いので界面活性剤は気にしない ・頭皮や髪をいたわりたい ・ダメージヘア ・頭皮の臭いが気になる ・くせ毛や剛毛など髪の悩みがある 安価ですし洗浄力も高いので、しっかりと汚れを落としたいという人にはおすすめできます。 頭皮の皮脂が多く、かつ髪が強くて頭皮も強いというような人ですね。 -全成分- 水, ラウレス硫酸アンモニウム, ラウロアンホ酢酸Na, コカミドプロピルベタイン, ラウリル硫酸アンモニウム, ジステアリン酸グリコール, コカミドMEA, 香料, セタノール, ジメチコン, ポリクオタニウム-10, クエン酸Na, クエン酸, 水添ポリデセン, 安息香酸Na, EDTA-2Na, エチレンジアミンジコハク酸3Na, 硝酸Mg キ , パンテノール, パンテニルエチル, EDTA-2Na キ , ラウレス-4, ラウレス-23, リシンHCl, サリチル酸 キ , 塩酸L-メチルチロシン, クエン酸 キ , ヒスチジン, メチルクロロイソチアゾリノン キ , 塩化Mg キ , メチルイソチアゾリノン キ , メチルパラベン キ 1. 界面活性剤 ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸アンモニウムという、油分を奪いやすい強力な界面活性剤をメインで配合した高級アルコールシャンプーです。 特に ラウリル硫酸Naは頭皮への刺激が強く、気をつけたほうが良い界面活性剤ですね。 最近ではその刺激性の強さから、シャンプーであまり使われなくなった成分です。 出典: まず、500mlの容器は結構迫力がある大きさで、どーんと構えている。 しばらくはこれで大丈夫だという感じ。 このトリートメントの売りはなんと言ってもボリューム感。 他のレビュアーの方の評には、ボリューム感は並というものもありますが、(個人差はもちろん大きいと思いますが)、いやいや、ボリューム効果、かなりすごいでしょう。 というのが印象、しかも結構な時間保持される感じがある。 ちなみに髪質はちょっと太めかもしれません。 個人的に結構いいなと思ったのは、べたつき感が非常に少ないという点です。 これは他のノンシリコンシャンプーよりはかなり優れていると思います。 全体的にはボリュームも含めて満足できるものだと思います。

次の