キット カット 紙。 「キットカット」外袋をプラから紙に ネスレ日本のごみ減量対策

折り紙に再利用できる「キットカット」紙製パッケージに海外メディアから称賛の声

キット カット 紙

【京都】イシダ(京都市左京区、石田隆英社長、075・771・4141)は、菓子類などの食品包装に紙材の活用を提案する。 主流のプラスチック包装材と、環境負荷が低い紙材の両方に対応した縦ピロー包装機を近く標準品として販売する。 マイクロプラスチックによる海洋汚染の深刻化を踏まえ、身近な包装材を紙に変更できるようにして、脱プラスチックを後押ししたい考えだ。 ネスレ日本(神戸市中央区)がチョコレート菓子「キットカット」の主力製品について、今秋出荷分から外袋を紙パッケージに変更し、世界から注目されている。 この取り組みでイシダは包装機を担当。 プラスチック包装材向けの従来機を大幅改良した。 改良機を縦ピロー包装機「インスパイア」の標準品とし、国内外で展開する。 イシダは食品や小売り向け計量・包装関連機器メーカーで世界2位。 組み合わせ計量機などの多様な製品を手がけ、縦ピロー包装機の売り上げは年50億円規模で世界首位という。 両包装材対応の標準品の価格は、従来機とほぼ同等に抑える。 プラスチック包装材と比べて紙は伸びにくく、装置へのセット時やテンションをかけた時、内部で引っかかった時などに破れやすい。 菓子などの内容物は上部から内容量だけ落として閉じる。 紙の場合、入れ方を工夫しないとシール部分が内容物をかみ込む不具合が起きやすい。 そこで同社は紙とプラスチックの両方に対応するため、基幹部品を改良した。 装置内部の突起部を無くす工夫も加え、ある程度薄い紙でも包装できるようにしている。

次の

紙包装の菓子「キットカット」、中国ネット「世界一おいしい!」で、まさかのご本人登場|レコードチャイナ

キット カット 紙

プラスチックごみが埋立地や海にたまって汚染源になり、鳥や魚などの野生生物が危機的状況下にあることを受け、ネスレ日本は、プラごみ大幅削減を加速させるための取り組みを始めた。 チョコレート菓子「キットカット」の主力製品である大袋タイプ5品の外袋を、プラスチックから紙パッケージに変更し、2019年9月下旬出荷分から全量切り替える。 製品包装材料を、2025年まで100%リサイクル・リユース可能にするという方針を、昨年春に公表していたネスレ日本。 その具体的な取り組みとして今回のパッケージ変更が実現した。 これにより、同社は年間380トンのプラスチック削減を見込んでいる。 「廃棄物のない未来」を目指す同社。 国内で購入されるキットカットの1割が外国人による購入だといい、来年の東京五輪・パラリンピックも視野に、外国人にもネスレの方針を訴えていく。 また、紙に変更されたパッケージにメッセージを書き、「折り鶴」を作って大切な人に思いを伝えるコミュニケーション法を提案。 今まで廃棄されていたパッケージを、日本伝統の思いや願いを伝える象徴の折り鶴に変身させ、身近な家族や友人に応援や感謝の気持ちを伝えてもらおうという取り組みだ。 ネスレは、2005年に提唱した事業戦略の原則、「共通価値の創造」 Creating Shared Value、CSV に基づき、プラスチックごみによる環境への影響をゼロにしていくことを目指している。 今後、キットカット以外のブランド・製品にも取り組みを広げていくことを検討している。

次の

キットカット、イシダの紙包装で脱プラスチックへ!|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

キット カット 紙

最近、パッケージが 「紙」になった。 の担当者は、こうなる事を予想していたのでしょうか。 乗っかるつもりはなかったのですが、ちなちゃんが包み紙をくれたので(中身はくれませんでした)、私もやってみることに。 かといって、さい折りとか、ドラゴンや昆虫とかのThe・を作ってドヤっても、何だか大人げない。 佐藤ローズは、すでに作っている人いたし… なので、コレにしました。 「三ツ首の鶴」です。 ずっと出典が不明だったのですが、 さんの「本格折り紙」に掲載されている事が分かりました。 (Abrahamさん情報) 質感はさすが包装紙といったところで、かなり丈夫です。 パリッとして折りやすく、安心して進めることができます。 よほどの負荷をかけない限り、ほぼ破れる事はないでしょう。 をやりたくなる気持ちも、十分に分かります。 包装をすべて開いたら、この目印に沿って切ればOK。 端っこが不揃いな包装紙はカットラインに悩むので、これは助かります。 作品に影響はありませんでしたが… 皆さんはこうなる事のないよう、しっかり伸ばしてくださいね。 代表作は、やはり 「悪魔」でしょう。 折り紙の代表格であり、コレを折れることがスキルの指標にもなっています。 「前川悪魔が折れるレベル」といった表現がたまに使われるのですが… よくよく考えると、すごいネーミングですね。 前川悪魔。 恥ずかしながら未挑戦なので、近いうちに折ってみようと思います。 アキコさんは、包装紙でコレを折っていました。 猛者です。 こちらは以前、spoonの配信中にリクトをいただき、折ったことがあります。 折り紙のは2枚組(胴体+尾羽)の場合が多いのですが、こちらは1枚。 ちょっと難度高めですが、そこまでトリッキーではないので、気持ちよく進められる作品です。 他にもテキストには、入門編から上級編まで、レベル別にたくさんの作品が掲載されています。 書店に並んでいる事も多いので、ぜひ一度手に取って眺めてみてください。 なお、作り方は折り鶴とまったく違います。 構造についての話は、過去のコラムでも触れているので、良かったら後ほどお読みください。

次の