たかの しょう 力士。 隆の勝の家族・親や兄弟、彼女はいるの?出身中学は?飯テロツイートも|ア レ コ レ

貴大将 柊斗 力士情報

たかの しょう 力士

0% 優勝等 : 幕内次点1回,十両優勝2回,幕下同点1回,三段目優勝1回,序二段同点1回 成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,金星1個 幕内戦歴:140勝157敗18休(22場所)勝率:47. 1% 十両戦歴:151勝104敗15休(18場所)勝率:59. 2% 舛乃山 大晴 高安と共に平成生まれ初の関取。 度重なる怪我で序ノ口にまで落ちたこともあったが人気と相撲力は衰えず。 また、激しく息を切らせている様子から心臓病では?と疑われたが、これは呼吸法に原因があったことが分かりひと安心。 思い切り相撲を取って、また上を目指す スポンサーリンク 千賀ノ浦部屋の十両 貴ノ富士 三造 双子の兄で口元にホクロがあるのが貴ノ富士。 平成30年初場所後に新十両昇進を決めて、先に十両昇進を果たしていた弟の貴源治と共に「史上初、双子関取」の誕生となった。 しかし迎えた新十両である3月場所8日目に付け人に対し暴力を加えたことが発覚し9日目より休場、翌1場所の謹慎処分を受ける。 これにより幕下へと陥落。 平成31年初場所より四股名を貴公俊から貴ノ富士に改めて心機一転、翌場所再十両を果たすなど「土俵上」に集中できはじめたと思った矢先、再度暴行問題が。 これにより令和元年9月26日の理事会で自主引退を促す決議を受けた貴ノ富士は、一度は不服として徹底抗戦の構えをみせていたが、一転して10月11日に引退届を郵送、受理されて引退となった。 拓錦 広之(たくにしき ひろゆき) 最高位 :幕下6枚目 出身地 :千葉県市川市 本 名 :大山 広之 生年月日:昭和58年(1983)5月19日 出身大学:拓殖大学 所属部屋:千賀ノ浦部屋 初土俵 : 平成18年(2006)1月(22歳8ヵ月) 最終場所: 平成28年(2016)1月(32歳8ヵ月) 生涯戦歴: 208勝187敗18休/394出場(60場所) 生涯勝率:52. 7% 優勝等 : 三段目優勝1回,序ノ口優勝1回 舛ノ湖 大明 金沢市立工業高校出身。 全国高校相撲選手権大会個人戦3位などの実績を引っさげて千賀ノ浦部屋へと入門。 7% 優勝等 : 序二段優勝1回 千賀ノ浦部屋の歴代師匠 19代・千賀ノ浦 靖仁 石川県七尾市・春日野部屋の元力士で最高位は関脇。 高校横綱獲得と、拓殖大での全国学生相撲選手権大会決勝進出という実績を積んで春日野部屋に入門。 激しい立ち合いからの叩き込みは鮮やかで名人芸との声も。 引退後は千賀ノ浦部屋を創設、舛ノ山(舛乃山)らを育て上げた。 停年を迎えた平成28年4月に名跡を現師匠(20代)と交換、再雇用制度で部屋付き親方となった。 3% 優勝等 : 十両優勝1回 成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞1回,金星1個 幕内戦歴:313勝387敗5休(47場所)勝率:44. 7% 関脇:3勝12敗(1場所)勝率:20. 0% 小結:16勝29敗(3場所)勝率:35. 6% 前頭:294勝346敗5休(43場所)勝率:45. 9% 十両戦歴:276勝272敗22休(39場所)勝率:50. 4% 20代・千賀ノ浦 太一 神奈川県川崎市川崎区出身、二子山部屋の元力士で最高位は小結。 四股名は兄弟子だった隆の里と若三杉に付けてもらった。 新入幕までは早かったが以降は幕内と十両の往復、そして幕内中堅での攻防に。 平成3年1月念願の小結昇進は新入幕から58場所目だった。 引退後は二子山部屋~貴乃花部屋の部屋付親方として後進の指導にあたり、平成28年4月に元関脇・舛田山の千賀ノ浦親方停年を受けて名跡と同部屋を継承。 これにより千賀ノ浦部屋は出羽海一門から貴乃花一門へ。 貴乃花一門崩壊後は二所ノ関一門へと合流。 9% 優勝等 : 十両優勝1回,序二段優勝1回 成 績 :金星1個 幕内戦歴:472勝567敗26休(71場所)勝率:45. 4% 小結:6勝24敗(2場所)勝率:20. 0% 前頭:466勝543敗26休(69場所)勝率:46. 2% 十両戦歴:128勝101敗26休(17場所)勝率:55. 9% 現役の千賀ノ浦部屋力士の最新情報はこちら ここまでは過去から現在までの千賀ノ浦部屋の主な力士たちをご紹介してきましたが、 千賀ノ浦部屋の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。 相撲観戦と予習におススメです! カテゴリー• 119• 103• 108•

次の

力士・裏方さん紹介

たかの しょう 力士

千賀ノ浦部屋の隆の勝は2018年9月場所で新入幕を果たし、勢いに乗る期待の若手力士です! 平成6年生まれと、まだまだこれからの力士なのでさらなる番付上昇が楽しみなところ。 そんな隆の勝関ですが、なぜか「おにぎり」と言われています(笑)なぜおにぎりなんて呼ばれ方をしているのか気になっちゃいますよね? てっきりおにぎりが大好きなのか?と思っていたら、 おにぎりに似ていると舞の海秀平さんに言われたことで、「隆の勝 おにぎり」と検索されるようになったんだとか…。 中学時代は、千葉県代表メンバーとして全国大会にも出場していますが、同メンバーには同じく角界で活躍している「大翔鵬」が居たんですよね! ちなみに、大翔鵬関はモンゴル出身ですが小学生にときに千葉県柏市に移住しています。 隆の勝は「舛ノ勝」の四股名で初土俵を踏んだのが2010年3月場所の前相撲。 そこから序ノ口を1場所、序二段を5場所、三段目を5場所経験し2012年5月場所に幕下に昇進。 そこから幕下生活を長く続けることになった舛ノ勝は、2017年11月場所に十両にあがるまで32場所を経験しました。 実に初土俵から7年8ヶ月をかけて関取になり、8年半もの歳月をかけて新入幕を果たしたわけです! 順風満帆とは言えない力士人生だったとは思いますが、幕内力士となり更に番付を上げていくことが期待されいますね。 千賀ノ浦親方(元・隆三杉)は最高位・小結を経験していますから、隆の勝も小結まで突き進んで行って欲しいところですね。 あわせて読みたい 前頭の下位で負け越してしまうと十両陥落もすぐですから、前頭上位で相撲を取って上位陣との対戦にも慣れていく必要があるでしょう。 着実に昇進してきた隆の勝ですから、一歩ずつ上がっていきそうな予感がしていますね。 千賀ノ浦部屋には元貴乃花部屋の力士も合流! 2018年9月場所終了後に貴乃花親方が引退したことから、千賀ノ浦部屋に貴乃花部屋の力士が合流しました。 最初は戸惑いなどもあったかと思いますが、貴乃花部屋には2名の幕内力士と2名の十両力士が居ますので稽古相手には最高と言えるのではないでしょうか。 今までは千賀ノ浦部屋で隆の勝が最高位でしたから、どうしても強い相手とやるには出稽古などに行かなくてはならない立場だったはずです。

次の

貴景勝が負け越し 無観客も言い訳せず「関係なし」

たかの しょう 力士

0% 優勝等 : 幕内次点1回,十両優勝2回,幕下同点1回,三段目優勝1回,序二段同点1回 成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,金星1個 幕内戦歴:140勝157敗18休(22場所)勝率:47. 1% 十両戦歴:151勝104敗15休(18場所)勝率:59. 2% 舛乃山 大晴 高安と共に平成生まれ初の関取。 度重なる怪我で序ノ口にまで落ちたこともあったが人気と相撲力は衰えず。 また、激しく息を切らせている様子から心臓病では?と疑われたが、これは呼吸法に原因があったことが分かりひと安心。 思い切り相撲を取って、また上を目指す スポンサーリンク 千賀ノ浦部屋の十両 貴ノ富士 三造 双子の兄で口元にホクロがあるのが貴ノ富士。 平成30年初場所後に新十両昇進を決めて、先に十両昇進を果たしていた弟の貴源治と共に「史上初、双子関取」の誕生となった。 しかし迎えた新十両である3月場所8日目に付け人に対し暴力を加えたことが発覚し9日目より休場、翌1場所の謹慎処分を受ける。 これにより幕下へと陥落。 平成31年初場所より四股名を貴公俊から貴ノ富士に改めて心機一転、翌場所再十両を果たすなど「土俵上」に集中できはじめたと思った矢先、再度暴行問題が。 これにより令和元年9月26日の理事会で自主引退を促す決議を受けた貴ノ富士は、一度は不服として徹底抗戦の構えをみせていたが、一転して10月11日に引退届を郵送、受理されて引退となった。 拓錦 広之(たくにしき ひろゆき) 最高位 :幕下6枚目 出身地 :千葉県市川市 本 名 :大山 広之 生年月日:昭和58年(1983)5月19日 出身大学:拓殖大学 所属部屋:千賀ノ浦部屋 初土俵 : 平成18年(2006)1月(22歳8ヵ月) 最終場所: 平成28年(2016)1月(32歳8ヵ月) 生涯戦歴: 208勝187敗18休/394出場(60場所) 生涯勝率:52. 7% 優勝等 : 三段目優勝1回,序ノ口優勝1回 舛ノ湖 大明 金沢市立工業高校出身。 全国高校相撲選手権大会個人戦3位などの実績を引っさげて千賀ノ浦部屋へと入門。 7% 優勝等 : 序二段優勝1回 千賀ノ浦部屋の歴代師匠 19代・千賀ノ浦 靖仁 石川県七尾市・春日野部屋の元力士で最高位は関脇。 高校横綱獲得と、拓殖大での全国学生相撲選手権大会決勝進出という実績を積んで春日野部屋に入門。 激しい立ち合いからの叩き込みは鮮やかで名人芸との声も。 引退後は千賀ノ浦部屋を創設、舛ノ山(舛乃山)らを育て上げた。 停年を迎えた平成28年4月に名跡を現師匠(20代)と交換、再雇用制度で部屋付き親方となった。 3% 優勝等 : 十両優勝1回 成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞1回,金星1個 幕内戦歴:313勝387敗5休(47場所)勝率:44. 7% 関脇:3勝12敗(1場所)勝率:20. 0% 小結:16勝29敗(3場所)勝率:35. 6% 前頭:294勝346敗5休(43場所)勝率:45. 9% 十両戦歴:276勝272敗22休(39場所)勝率:50. 4% 20代・千賀ノ浦 太一 神奈川県川崎市川崎区出身、二子山部屋の元力士で最高位は小結。 四股名は兄弟子だった隆の里と若三杉に付けてもらった。 新入幕までは早かったが以降は幕内と十両の往復、そして幕内中堅での攻防に。 平成3年1月念願の小結昇進は新入幕から58場所目だった。 引退後は二子山部屋~貴乃花部屋の部屋付親方として後進の指導にあたり、平成28年4月に元関脇・舛田山の千賀ノ浦親方停年を受けて名跡と同部屋を継承。 これにより千賀ノ浦部屋は出羽海一門から貴乃花一門へ。 貴乃花一門崩壊後は二所ノ関一門へと合流。 9% 優勝等 : 十両優勝1回,序二段優勝1回 成 績 :金星1個 幕内戦歴:472勝567敗26休(71場所)勝率:45. 4% 小結:6勝24敗(2場所)勝率:20. 0% 前頭:466勝543敗26休(69場所)勝率:46. 2% 十両戦歴:128勝101敗26休(17場所)勝率:55. 9% 現役の千賀ノ浦部屋力士の最新情報はこちら ここまでは過去から現在までの千賀ノ浦部屋の主な力士たちをご紹介してきましたが、 千賀ノ浦部屋の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。 相撲観戦と予習におススメです! カテゴリー• 119• 103• 108•

次の