リン ウェイツ。 リン・ウェイツゥ!!

林威助

リン ウェイツ

カム・オン・アップ・トゥ・ザ・ハウス〜ウィメン・シング・ウェイツ/エイミー・マン、シェルビー・リン、アリソン・ムーラー、コリーヌ・ベイリー・レイ、パティ・グリフィン、ロザンヌ・キャッシュ、キャット・エドモンソンほか ぼくがトム・ウェイツという名前を意識するようになったのは1974年。 イーグルスがアルバム『オン・ザ・ボーダー』でウェイツの代表曲「オール55」をカヴァーしたときだった。 1973年の本格デビュー作『クロージング・タイム』は、確か東芝から国内盤が出ていたと思う。 が、同じアサイラム・レコードからリリースされたジャクソン・ブラウンやイーグルス、ジュディ・シルあたりのLPを買うのでぼくは精一杯。 トム・ウェイツはその名すら意識することなくスルーしていた。 アンテナが甘かった。 悔やまれる。 イーグルスの「オール55」を聞いてぶっとんだぼくは、遅まきながら作者であるトム・ウェイツの素性を調べだした。 調べるといってもウィキペディアはまだなかった。 だから、雑誌をくまなく読みあさる程度。 でも、調べた。 1974年にアサイラムの配給権が東芝からワーナーに移ったこともあり、国内盤『クロージング…』などもはや影も形もなし。 ぼくが足を運んだ範囲内では輸入盤も中古盤も見かけなかった。 でも、アマゾンもない。 ヤフオクもない。 そんな感じで何ヵ月か。 そしてようやくトム・ウェイツの新作が出るらしいという朗報にたどり着いた。 国内盤が出る気配はなし。 改めて輸入盤屋さん詣でを繰り返し、1974年暮れ、忘れもしない西武デパート渋谷店の地下に店舗を構えていたディスクポートで、リリースほやほやだった『ハート・オヴ・サタデイ・ナイト』をゲットしたのだった。 ああ、懐かしい。 ペダル・スティール・ギターの響きと爽快なコーラスが印象的なイーグルスの「オール55」を聞きながら、ぼくはトム・ウェイツのことをちょっとカントリー寄りのシンガー・ソングライターなんだろうなと勝手にイメージしていたのだが。 ジャケットを見て、まず驚いた。 フランク・シナトラの『イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ』のジャケットをぐっといかがわしく、チープにうらぶれさせたような世界観。 ニルソンの『夜のシュミルソン』に近いかなとも思ったが、もっとやばい何かが潜んでいるような…。 そんな印象に少し怯えつつ盤面に針を落とした瞬間、ぼくは一気にやられた。 衝撃だった。 ジム・ゴードンのタイトなドラム・フィルを受けて炸裂するマイク・メルヴォインのジャジーなピアノ。 ジム・ヒューアートの深いウッド・ベース。 そして例のダミ声。 その後どんどんダミ声度を増していったトム・ウェイツだけに、今聞くと『ハート・オヴ…』での歌声はずいぶんとまともにも思えるのだが。 当時はあれで十分やばかった。 かっこよすぎた。 こんな音楽、それまで聞いたことがなかった。 以来、ぼくはトム・ウェイツのとりこだ。 彼の場合、特に初期、アサイラム・レコード在籍時、音の基調はジャズだった。 といっても、当時のコンテンポラリーなジャズでもなく、過去のジャズでもない。 実際にはどこにもない、現実とパラレルに存在する時代/世界のジャズ。 そんな音楽を奏でながら、私的な体験をブコウスキーやケルアック、ギンズバーグ、あるいはバロウズあたりを彷彿させるドラマティックな神話へと再構成して歌い綴っていた。 その後、アイランド・レコードへ移籍したころ音楽的にも大きな変革が訪れる。 ハウリン・ウルフが吠える『三文オペラ』、みたいな? すごい人だと思う。 まじ、最高です。 ただ、ご存じの通り、この人、過剰だから。 どんどん凄味を増し、深みにハマっていった感もあり。 言い方は悪いが、どこかとっつきにくい、ハードルの高い存在になっていったのも事実。 と、ここまでが前フリです。 長かったですね 笑。 すんません。 本題はここから。 そういう話です。 その1枚というのが、今日ピックアップする『カム・オン・アップ・トゥ・ザ・ハウス〜ウィメン・シング・ウェイツ』というコンピレーション。 タイトル通り、トム・ウェイツの様々な楽曲を女性シンガーたちがカヴァーしたトリビュート・アルバムだ。 ウェイツさんも12月7日に70歳になるのだとか。 それをお祝いする企画でもあるらしい。 プロデュースは元デル・フエゴズのウォーレン・ゼインズ。 ダスティ・スプリングフィールドやトム・ペティの評伝を著わしたり、エルヴィス・プレスリーのアンソロジーを編纂したりもしてきた彼が言い出しっぺとなって制作された。 幕開けは3人姉妹バンドのジョセフ。 以降、参加アーティストと曲目、出典をだだーっと書き連ねておくと。 ジョセフ「うちへおいでよ(Come On Up to the House)」(1999年のアルバム『ミュール・ヴァリエイションズ』より)• エイミー・マン「ホールド・オン」(『ミュール・ヴァリエイションズ』より)• フィービ・ブリジャーズ「ジョージア・リー」(『ミュール・ヴァリエイションズ』より)• シェルビー・リン&アリソン・ムーラー「オール55」(1973年の『クロージング・タイム』より)• アンジー・マクマホン「テイク・イット・ウィズ・ミー」(『ミュール・ヴァリエイションズ』より)• コリーヌ・ベイリー・レイ「ジャージー・ガール」(1980年の『ハートアタック・アンド・ヴァイン』より)• パティ・グリフィン「ルビーズ・アームズ」(『ハートアタック・アンド・ヴァイン』より)• ロザンヌ・キャッシュ「タイム」(1985年の『レイン・ドッグ』より)• キャット・エドモンソン「ユー・キャン・ネヴァー・ホールド・バック・スプリング」(2006年の『オーファンズ』より)• アイリス・ディメント「からっぽの家(House Where Nobody Lives)」(『ミュール・ヴァリエイションズ』より)• コートニー・マリー・アンドリュース「ダウンタウン・トレイン」(『レイン・ドッグ』より)• ザ・ワイルド・リーズ「トム・トラバーツ・ブルース」(1976年の『スモール・チェンジ』より) ジャズ、アシッド・フォーク、カントリーなど様々なジャンルから的確に選ばれた顔ぶれ。 出典的にはずいぶんと偏っているかな。 『ミュール・ヴァリエイションズ』、大人気ですが… 笑。 個人的には、選曲、パフォーマンスともども、大好きなキャット・エドモンソンの「ユー・キャン・ネヴァー・ホールド・バック・スプリング」がいちばんぐっときた。 シェルビー&アリソン姉妹もいい。 パティ・グリフィンも泣けた。 フィービ・ブリジャーズやアンジー・マクマホンの静謐な表現も胸に迫ります。 そのためにも、現在、本格的な営業再開に向けて頑張っているを応援したい。 というわけで、みなさまにご支援をお願いする配信イベントを開催。 残念ながらCRTのような洋楽レコード・コンサートのネット配信は権利の問題上難しいため、完全トーク・ライヴとなります。 が、ここ最近の新譜や再発を紹介したり、みなさんとの近況報告リモート飲み会ってことで楽しく盛り上がりたいと思います。 みなさまの晩酌タイムに、いつものメンバーがお邪魔して音楽談義! すみませんがおつまみとBGMは各自、ご自宅でご用意ください。 4月にゲスト出演予定だった奥田祐士さんがリモートで登場。 ポール・サイモン伝記の話や、あれやこれやのオタク話で盛り上がります。 アーカイブは遅延なくご覧いただけますので予めご了承ください。 《アーカイブについて》 アーカイブ期間は3日間となります。 配信終了後から6月24日(水)まで視聴可能です。 また、入り待ち・出待ちなどの行為も禁止させて頂きます。 ご了承ください。

次の

林威助

リン ウェイツ

(ま、どっちでもいいですが…) 今日は何と一番に濱中、サードにシーツ、ファーストがスペンサーでした。 かなりビックリ&不安。。 スペンサー大丈夫か? 序盤、先発福原がビミョーな判定もありぴりっとせず。 でも、ここを1失点ずつに切り抜けたことが大きかったですね。 得点シーン。 矢野、鳥谷の連打は良かったけど、その後は那須野君に 貰った点だから、あそこでアニキがゲッツーに倒れた時は かなりイヤなカンジがしました。 でも、次の回福原が先頭打者を出しながらも無難に切り抜けられたので 今日の勝利が見えてきたんじゃないかなー。 あとは、林の一撃。 あれはスゴイHRでしたね!めちゃ飛びました。 ホント、ストレートを打たせたら半端ないですね。 凄かったです。 ってか木塚、林にあのストレートじゃ絶対に打つよ(笑) その後、藤本出塁、濱ちゃんのときにエンドランが決まって無死一三塁、 この場面でも得点できず。 打線はまだまだ重いですね… 監督インタビューによると今日の打順&守備は一日限定だそうですね。 今日は何とかなったけどスペ一塁固定はかなり危険な気がします。。 なにはともあれ今日は勝てただけでよしです(笑) 明日も勝ってくれ〜〜!!.

次の

林威助

リン ウェイツ

詳細 2020年6月2日 18:28更新 阪神タイガースの林威助(リン・ウェイツゥ)選手ファンのコミュニティです。 お知らせ 2010年6月26日より、参加条件について「管理人の承認が必要 公開 」から、「誰でも参加できる」に変更させていただきます。 林選手の活躍のお陰でメンバーも増えました。 その反面、マナーを守れないメンバーや発言も時に見られますので、皆様のご協力をお願いします。 もしも、ご本人が見ていたら・・・(仮定の話ですが)喜んでいただけるようなコミュにしたいです。 よろしくお願いします。 *トピックは自由に立ててください。 ただし、重複する内容がないかを事前にご確認下さい。 また、皆様に向けて、分かりやすく公平な内容であるか、よく推敲してください。 林選手のプライバシーに関する内容の書き込み、およびそれに類する行為ははご遠慮ください。 *阪神球団や首脳陣、他球団、他選手を批判したり、見下げるような内容はお控え下さい。 林威助選手のファンである前に、一プロ野球ファンとしての良識ある書き込みをお願いいたします。 *内容が不適切と判断した場合は、管理人が編集・削除します。 *管理人が不適切と判断したメンバーも削除します。 お手すきの時に *初代管理人:すぱいだー(2005年04月30日〜2011年12月3日) *2代目管理人:酉 -. - はる(2011年12月3日〜現在).

次の