カードダス クラブ。 ディズニー・カードクラブ|ディズニー公式

データカードダス 仮面ライダーバトル ガンバライジング : GANBARIZING

カードダス クラブ

30周年を迎える「カードダス」のミニチュア自販機がプレミアムバンダイで売られていたので買いました。 高さ18センチで完全再現されています。 あ~懐かしい~! お年玉全部つぎ込んだわ~~!!!! 当時と同じく、10円玉2枚を入れることでハンドルのロックが解除。 回すことでカードが出てきます。 ハンドルの手ごたえも懐かしい…! キラ!! 中身のカードですが、同時に販売されていた「カードダス30周年記念 ベストセレクションセット SDガンダム外伝ver」をセレクト。 カード32種すべてがキラ! 自分の夢のカードダス自販機が作れる…! 「ラクロアの勇者」を含む5種類のディスプレイシートと…。 別途デコレーションシールを3枚入っていました。 ジムヘンソン一家だ! この後不幸になる! 最高!! カードは背面から自由に補充でき、吸い込まれた10円玉は下から取り出せます。 貯金箱にはなりますが、10円玉専用なので扱づらそうですね…。 あと自販機には、地味にうれしいカードダス20のステッカーが入っていました。 カードダス。 — 加藤 亮 katokato ちなみに、こんな遊び方もできますので、買われた方はいろいろ試してみてください。

次の

カードダス自販機のミニチュアを手に入れたらノスタルジーがすごい

カードダス クラブ

30周年を迎える「カードダス」のミニチュア自販機がプレミアムバンダイで売られていたので買いました。 高さ18センチで完全再現されています。 あ~懐かしい~! お年玉全部つぎ込んだわ~~!!!! 当時と同じく、10円玉2枚を入れることでハンドルのロックが解除。 回すことでカードが出てきます。 ハンドルの手ごたえも懐かしい…! キラ!! 中身のカードですが、同時に販売されていた「カードダス30周年記念 ベストセレクションセット SDガンダム外伝ver」をセレクト。 カード32種すべてがキラ! 自分の夢のカードダス自販機が作れる…! 「ラクロアの勇者」を含む5種類のディスプレイシートと…。 別途デコレーションシールを3枚入っていました。 ジムヘンソン一家だ! この後不幸になる! 最高!! カードは背面から自由に補充でき、吸い込まれた10円玉は下から取り出せます。 貯金箱にはなりますが、10円玉専用なので扱づらそうですね…。 あと自販機には、地味にうれしいカードダス20のステッカーが入っていました。 カードダス。 — 加藤 亮 katokato ちなみに、こんな遊び方もできますので、買われた方はいろいろ試してみてください。

次の

カードダス自販機のミニチュアを手に入れたらノスタルジーがすごい

カードダス クラブ

カードダス CARDDASS は、の、またはそれを販売するの総称。 同社ので、名前は当時話題になっていたにあやかり、子供の情報源を目指して命名された。 やなどのキャラクターを題材としているのが特徴。 カードダスに書かれた箔マークは、どのカードにもプリズムのように高級感のある部分を入れたいという意図と、悪質なコピー製品を防止する目的で導入されている。 自動販売機は1枚20円の「カードダス20」や、1991年より使用された 5枚セット100円の「カードダス100」などがあり、駄菓子屋やスーパーマーケットなどに設置された。 初期の『』にはカードダスを題材とした漫画『燃えろ武伊! 』も掲載。 Vフェスなどのイベントでも大々的に取り上げられ、公式本も発売された。 歴史 [ ] 初登場は1988年の「」。 当時、自動販売機を使ったカード販売は例が無かった。 当時、バンダイのイベンダー事業部は『』のの成功の流れでキャラクターカードの商品化を企画しており、それが形となった。 1988年6月から発売が開始され、最初のラインナップとして『SDガンダム』、『』、『』などのカードダスが店頭に並ぶ。 『』とのタイアップにより『SDガンダム』が成功し、1988年11月から販売が開始された『』が1991年には一番人気となり、『ドラゴンボール』と『SDガンダム』が売り上げにおける中心核となった。 1992年末からは『』、『』などのゲーム作品や、女児向けの『』のカードダスを販売し、購買層が広がる。 『セーラームーン』は1994年には『ドラゴンボール』と『SDガンダム』に並ぶ人気シリーズとなる。 にはカードダスの展示販売イベント「カードダス究極博」が開催されるなどブームとなった。 からでも発売が開始。 ヨーロッパでは1993年にスペインを始めに販売が開始。 台湾、香港、韓国、タイ、シンガポールのアジア圏、オランダ、フランス、スペインのヨーロッパ圏、アメリカにおいても各国の言葉で書かれた海外版が販売され、香港の文化傅信有限公司(ぶんかでんしんゆうげんこんす)刊「EX-am」など香港などにおける雑誌でも毎号特集記事が掲載された。 1992年からはカードダスの最新情報、小冊子「カードダスコレクション・アドベンチャー」も店頭で配布された。 1994年10月からは『』のキャラクターと中心とした展示、販売、イベント、オリジナルグッズ、プレゼント大会などが行われ、ドラゴンボールカードダス本弾の全種類の再発売も行われた「カードダス究極博」も開催。 このイベントは1995年にも開催されている。 1991年には累計14億枚を突破しており 、累計販売数は、3月末時点で約87億5000万枚。 自動販売機カードダスマシンの設置台数は約10万台に上る。 『』などが話題になると、カードダスもゲーム性の高いなどへと進化していった。 また2008年9月より、カードダス20周年を記念したオリジナルのTCG『』(バトスピ)を展開している。 同カードゲームはMTGの主要スタッフであるマイケル・エリオットが原案として関わっており、一部MTGの要素を受け継いでいる。 2018年にカードダス30周年を記念して「30周年記念カードダスミニ自販機」の復刻版が発売された。 また、『SDガンダム』、『ドラゴンボールシリーズ』の復刻版カードダスも発売された。 種類 [ ]• プリズム(表面に特殊箔加工がなされたもの。 いわゆる「キラ」)• 隠れプリズム(一見通常のカードに見えるが、2重構造になっており上のシールをはがすと下に隠されたプリズムが現れる)• 両面プリズム(プリズムが2重に重ねられているカード。 「リバースプリズム」ともいう)• カードダスハーフ(台紙にミニサイズのカードダス2枚が張り付けられたもの)• ジャンボカードダス(カードのサイズが下敷きほどになっているもの)• スーパージャンボカードダス(カードのサイズがA3程度になっているもの)• カードダスマスターズ• シールダス• ネットカードダス• ARカードダス 脚注 [ ] [].

次の