竹原 ピストル オンザ ロード 歌詞。 竹原ピストル ON THE ROAD

竹原ピストル/おすすめ人気曲TOP5!心に響く、歌詞を考察!

竹原 ピストル オンザ ロード 歌詞

【プロフィール】 竹原ピストル 1976年、千葉県生まれ。 大学生時代の1995年、ボクシング部主将を務め全日本選手権に二度出場。 1999年、野狐禅 ヤコゼン を結成し音楽活動を本格化。 際立った音楽性が高く評価され、2003年にメジャーデビュー。 その後、6枚のシングルと4枚のアルバムを発表。 2009年4月に野狐禅を解散し、一人きりでの表現活動を開始。 シングル1枚、ミニアルバム1枚、アルバム4枚の作品を発表、毎年約250本のペースでライブも並行するなど精力的に活動を行う。 2014年、デビュー時のマネージメントオフィスであるオフィスオーガスタに再び所属、ATSUGUA RECORDSより発表された「俺のアディダス〜人としての志〜」が大きな話題を呼ぶ。 2015年、全国のライブハウスを行脚する傍ら、住友生命「1UP ワンアップ 」CMソングとして話題になっていた「よー、そこの若いの」を含むニューアルバム『youth』をリリース。 2017年4月5日、待望のニューアルバム「PEACE OUT」のリリースしオリコンウィークリー5位にチャートイン。 7月、大型音楽番組「THE MUSIC DAY」「音楽の日」に出演し「Amazing Grace」を披露、大反響を呼ぶ。 収録音源「Amazing Grace ep」を配信リリースする。 各地チケットソールドアウトが続いた、全国弾き語りツアーを終え、大晦日には紅白歌合戦にも初出場した。 2018年4月4日にニューアルバム「GOOD LUCK TRACK」のリリース、6月から全国弾き語りツアーの開催も発表された。 サントリーコーヒー「BOSS」TV-CMにも出演した。 【引用元: 】 「 竹原ピストル」さんの魅力は、心にストンと入ってくる歌詞。 シンプルでいて、力強い歌声は、心に深く響きます。 今回は、そんな「 竹原ピストル」さんの おすすめ 人気曲をまとめてみました。 併せて、聴きどころの歌詞を 私なりに「解説」していますので、ご一緒にどうぞ! こちらで紹介するランキングは、「 レコチョク」「 JOYSOUND」 人気曲&歌詞ランキング2018年最新の情報を元に作成しています。 実際にダウンロード数の多い人気曲の順に構成していますので、リアルな順位になっていると思います。 成長の過程には、いろんなことに悩み・苦しむことが沢山あります。 そんな時、世間や周りの「大人たち」からの意見によって、 救われることもあれば、逆に迷ってしまうこともあるんですよね。 でも、大人の意見が全て正しい訳じゃない。 結局は、自分で決めて「自分らしく進めばいいんだよ」と・・ いろんな経験をしてきた 大人だからこそ 言える言葉。 「これだけは、若者に聞いて欲しいんだ!」 という「竹原ピストル」さんなりのエールが詰まっている一曲です。 「言うこと聞け」って言ったり、「聞くな」って言ったり 笑 わかりにくい表現のようで、実は思いっきりストレートな歌詞。 余計な説明は必要ない、優しさが詰まった曲ですね。 歌詞に出てくる「あなた」は、きっと戦っている最中なのでしょう。 竹原さん自身も、「 大切な人の事を想って作った」と語っています。 大切な誰かを想いながら聞いてほしい曲です。 何かに一生懸命に頑張っている時って、すごく真っ暗なんですよね。 なかなか先が見えなくて、どんなに頑張っても、明かりが見えない。 でも、いつかは必ず光にたどり着ける。 越えられない壁は無い。 自分を乗り越えたい時に聞いて欲しい一曲です。 これも結構知っている人は多いと思います。 きっとあると思います。 眠れない日は、「眠っちゃいけない夜」なんだ。 そう割り切れば、少しは心も軽くなるのかもしれません。 過去の自分を懐かしんで、羨んだりすることもある。 でも、全ての過去を経て、今の君があるということ。 あの頃の気持ちも、きっと君の中にあるんだよ。 自分を見失いそうになったとき、聞いて欲しい一曲です。 そんな曲ですよね。 とにかく、やってみろ。 捨て身で、全力でやらなきゃ、何かを変えることは出来ないぞ! そんな風に、叱られているような、熱い曲です。 ぼくは限りない~One for the show~• Here we go!! ゴミ箱から、ブルース• どーん!とやってこい、ダイスケ!• 月光の仮面• のらりくらり• 本庄のド根性• I miss you…• 名も無き花• ドライブトライブ ~初代機材車、二郎号に捧ぐ~• オーバー・ザ・オーバー• Amazing Grace• よー、そこの若いの• リョウジ• Amazing Grace• カウント10• 俺たちはまた旅に出た• Forever Young• オーバー・ザ・オーバー•

次の

竹原ピストルの歌詞一覧リスト

竹原 ピストル オンザ ロード 歌詞

【プロフィール】 竹原ピストル 1976年、千葉県生まれ。 大学生時代の1995年、ボクシング部主将を務め全日本選手権に二度出場。 1999年、野狐禅 ヤコゼン を結成し音楽活動を本格化。 際立った音楽性が高く評価され、2003年にメジャーデビュー。 その後、6枚のシングルと4枚のアルバムを発表。 2009年4月に野狐禅を解散し、一人きりでの表現活動を開始。 シングル1枚、ミニアルバム1枚、アルバム4枚の作品を発表、毎年約250本のペースでライブも並行するなど精力的に活動を行う。 2014年、デビュー時のマネージメントオフィスであるオフィスオーガスタに再び所属、ATSUGUA RECORDSより発表された「俺のアディダス〜人としての志〜」が大きな話題を呼ぶ。 2015年、全国のライブハウスを行脚する傍ら、住友生命「1UP ワンアップ 」CMソングとして話題になっていた「よー、そこの若いの」を含むニューアルバム『youth』をリリース。 2017年4月5日、待望のニューアルバム「PEACE OUT」のリリースしオリコンウィークリー5位にチャートイン。 7月、大型音楽番組「THE MUSIC DAY」「音楽の日」に出演し「Amazing Grace」を披露、大反響を呼ぶ。 収録音源「Amazing Grace ep」を配信リリースする。 各地チケットソールドアウトが続いた、全国弾き語りツアーを終え、大晦日には紅白歌合戦にも初出場した。 2018年4月4日にニューアルバム「GOOD LUCK TRACK」のリリース、6月から全国弾き語りツアーの開催も発表された。 サントリーコーヒー「BOSS」TV-CMにも出演した。 【引用元: 】 「 竹原ピストル」さんの魅力は、心にストンと入ってくる歌詞。 シンプルでいて、力強い歌声は、心に深く響きます。 今回は、そんな「 竹原ピストル」さんの おすすめ 人気曲をまとめてみました。 併せて、聴きどころの歌詞を 私なりに「解説」していますので、ご一緒にどうぞ! こちらで紹介するランキングは、「 レコチョク」「 JOYSOUND」 人気曲&歌詞ランキング2018年最新の情報を元に作成しています。 実際にダウンロード数の多い人気曲の順に構成していますので、リアルな順位になっていると思います。 成長の過程には、いろんなことに悩み・苦しむことが沢山あります。 そんな時、世間や周りの「大人たち」からの意見によって、 救われることもあれば、逆に迷ってしまうこともあるんですよね。 でも、大人の意見が全て正しい訳じゃない。 結局は、自分で決めて「自分らしく進めばいいんだよ」と・・ いろんな経験をしてきた 大人だからこそ 言える言葉。 「これだけは、若者に聞いて欲しいんだ!」 という「竹原ピストル」さんなりのエールが詰まっている一曲です。 「言うこと聞け」って言ったり、「聞くな」って言ったり 笑 わかりにくい表現のようで、実は思いっきりストレートな歌詞。 余計な説明は必要ない、優しさが詰まった曲ですね。 歌詞に出てくる「あなた」は、きっと戦っている最中なのでしょう。 竹原さん自身も、「 大切な人の事を想って作った」と語っています。 大切な誰かを想いながら聞いてほしい曲です。 何かに一生懸命に頑張っている時って、すごく真っ暗なんですよね。 なかなか先が見えなくて、どんなに頑張っても、明かりが見えない。 でも、いつかは必ず光にたどり着ける。 越えられない壁は無い。 自分を乗り越えたい時に聞いて欲しい一曲です。 これも結構知っている人は多いと思います。 きっとあると思います。 眠れない日は、「眠っちゃいけない夜」なんだ。 そう割り切れば、少しは心も軽くなるのかもしれません。 過去の自分を懐かしんで、羨んだりすることもある。 でも、全ての過去を経て、今の君があるということ。 あの頃の気持ちも、きっと君の中にあるんだよ。 自分を見失いそうになったとき、聞いて欲しい一曲です。 そんな曲ですよね。 とにかく、やってみろ。 捨て身で、全力でやらなきゃ、何かを変えることは出来ないぞ! そんな風に、叱られているような、熱い曲です。 ぼくは限りない~One for the show~• Here we go!! ゴミ箱から、ブルース• どーん!とやってこい、ダイスケ!• 月光の仮面• のらりくらり• 本庄のド根性• I miss you…• 名も無き花• ドライブトライブ ~初代機材車、二郎号に捧ぐ~• オーバー・ザ・オーバー• Amazing Grace• よー、そこの若いの• リョウジ• Amazing Grace• カウント10• 俺たちはまた旅に出た• Forever Young• オーバー・ザ・オーバー•

次の

ON THE ROAD 竹原ピストル 歌詞情報

竹原 ピストル オンザ ロード 歌詞

【プロフィール】 竹原ピストル 1976年、千葉県生まれ。 大学生時代の1995年、ボクシング部主将を務め全日本選手権に二度出場。 1999年、野狐禅 ヤコゼン を結成し音楽活動を本格化。 際立った音楽性が高く評価され、2003年にメジャーデビュー。 その後、6枚のシングルと4枚のアルバムを発表。 2009年4月に野狐禅を解散し、一人きりでの表現活動を開始。 シングル1枚、ミニアルバム1枚、アルバム4枚の作品を発表、毎年約250本のペースでライブも並行するなど精力的に活動を行う。 2014年、デビュー時のマネージメントオフィスであるオフィスオーガスタに再び所属、ATSUGUA RECORDSより発表された「俺のアディダス〜人としての志〜」が大きな話題を呼ぶ。 2015年、全国のライブハウスを行脚する傍ら、住友生命「1UP ワンアップ 」CMソングとして話題になっていた「よー、そこの若いの」を含むニューアルバム『youth』をリリース。 2017年4月5日、待望のニューアルバム「PEACE OUT」のリリースしオリコンウィークリー5位にチャートイン。 7月、大型音楽番組「THE MUSIC DAY」「音楽の日」に出演し「Amazing Grace」を披露、大反響を呼ぶ。 収録音源「Amazing Grace ep」を配信リリースする。 各地チケットソールドアウトが続いた、全国弾き語りツアーを終え、大晦日には紅白歌合戦にも初出場した。 2018年4月4日にニューアルバム「GOOD LUCK TRACK」のリリース、6月から全国弾き語りツアーの開催も発表された。 サントリーコーヒー「BOSS」TV-CMにも出演した。 【引用元: 】 「 竹原ピストル」さんの魅力は、心にストンと入ってくる歌詞。 シンプルでいて、力強い歌声は、心に深く響きます。 今回は、そんな「 竹原ピストル」さんの おすすめ 人気曲をまとめてみました。 併せて、聴きどころの歌詞を 私なりに「解説」していますので、ご一緒にどうぞ! こちらで紹介するランキングは、「 レコチョク」「 JOYSOUND」 人気曲&歌詞ランキング2018年最新の情報を元に作成しています。 実際にダウンロード数の多い人気曲の順に構成していますので、リアルな順位になっていると思います。 成長の過程には、いろんなことに悩み・苦しむことが沢山あります。 そんな時、世間や周りの「大人たち」からの意見によって、 救われることもあれば、逆に迷ってしまうこともあるんですよね。 でも、大人の意見が全て正しい訳じゃない。 結局は、自分で決めて「自分らしく進めばいいんだよ」と・・ いろんな経験をしてきた 大人だからこそ 言える言葉。 「これだけは、若者に聞いて欲しいんだ!」 という「竹原ピストル」さんなりのエールが詰まっている一曲です。 「言うこと聞け」って言ったり、「聞くな」って言ったり 笑 わかりにくい表現のようで、実は思いっきりストレートな歌詞。 余計な説明は必要ない、優しさが詰まった曲ですね。 歌詞に出てくる「あなた」は、きっと戦っている最中なのでしょう。 竹原さん自身も、「 大切な人の事を想って作った」と語っています。 大切な誰かを想いながら聞いてほしい曲です。 何かに一生懸命に頑張っている時って、すごく真っ暗なんですよね。 なかなか先が見えなくて、どんなに頑張っても、明かりが見えない。 でも、いつかは必ず光にたどり着ける。 越えられない壁は無い。 自分を乗り越えたい時に聞いて欲しい一曲です。 これも結構知っている人は多いと思います。 きっとあると思います。 眠れない日は、「眠っちゃいけない夜」なんだ。 そう割り切れば、少しは心も軽くなるのかもしれません。 過去の自分を懐かしんで、羨んだりすることもある。 でも、全ての過去を経て、今の君があるということ。 あの頃の気持ちも、きっと君の中にあるんだよ。 自分を見失いそうになったとき、聞いて欲しい一曲です。 そんな曲ですよね。 とにかく、やってみろ。 捨て身で、全力でやらなきゃ、何かを変えることは出来ないぞ! そんな風に、叱られているような、熱い曲です。 ぼくは限りない~One for the show~• Here we go!! ゴミ箱から、ブルース• どーん!とやってこい、ダイスケ!• 月光の仮面• のらりくらり• 本庄のド根性• I miss you…• 名も無き花• ドライブトライブ ~初代機材車、二郎号に捧ぐ~• オーバー・ザ・オーバー• Amazing Grace• よー、そこの若いの• リョウジ• Amazing Grace• カウント10• 俺たちはまた旅に出た• Forever Young• オーバー・ザ・オーバー•

次の